哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

個人力の少数寡占

2017年03月27日 | yyy56マシンガンとスマートフォン


問題は、現代のこれら個人力の大きな人々がごく少数しかいない。つまり、集中している、少数寡占の状態になっていることです。世界の個人力の総和が一定であるとすれば、そこで少数寡占状態となれば大多数の人々は個人力を奪われた状態にあることになります。









拝読ブログ:

DAZN で F1 開幕戦を観る



拝読ブログ:

赤外発散論文詳解の続き



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トップが巨大な個人力を持つ | トップ | 経済的不満にも勝る虚無感、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。