逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

「世界征服」は可能か? (2)悪の組織の「世界征服」に関する考察。

2009年01月05日 | 軍事、外交
「世界征服」とは何か。

世界征服を目指しているかに見える『北斗の拳』の最大の悪役で自ら「世紀末覇者」を宣言しているラオウは、未だに日本はおろか世界中から熱狂的なファンが付いているが、単なる喧嘩好きな大男にすぎない。
どこかに強い奴がいると聞くと、行ってケンカして帰ってくる筋肉馬鹿の一人である。
それに比べ後半に出てくる南斗聖拳の聖帝サウザーは大勢の子供を労働力として酷使して巨大ピラミッド建設を目指すので『悪』『世界征服』のイメージに近いが、ちゃんと真面目に『世界征服したい』と考えているのか疑わしい。
目先の快感や思いつきに振り回されて、自分の野望を見失っている。本人にはじっくりと反省してもらいたい。

『人類絶滅』

これは文句無く悪の帝国の究極の完全世界征服バージョンである。
『宇宙戦艦ヤマト』にでてくるガミラス星人は遊星爆弾で地球を放射能で汚染して人類を絶滅しようとするが、ガミラス人は放射能と亜硫酸ガスの大気がベストなのでこの作戦は攻撃と環境の適正化(環境浄化)で『引越し前にバルサンを焚いてゴキブリ等の害虫を駆除する』のと同じ行為で論理的・知的な侵略作戦である。
しかも攻撃に使う遊星爆弾の製造・発射基地は冥王星に有るため地球からの攻撃が届かず、ガミラス側にはほとんど戦死者は出ない。
イスラエルのガザ空爆かアフガン駐留アメリカ軍のパキスタン現地武装勢力へのミサイル攻撃みたいな話です。
イスラエルやアメリカの攻撃を正当化するものは、出エジプトの約束の地カナン(パレスチナ)は既に異民族の異教徒が住んでいたので、これ等の民族絶滅を聖戦として正しい事(正義)であるばかりでなく義務でも有ると旧約聖書の記述であろう。
また新約聖書のヨハネの黙示録では人類絶滅がキリスト再臨(至福の千年王国)の絶対条件とされているので原理主義者にとっては『人類滅亡』や地球の消滅は『待ち望まれている』喜ばしい未来なのです。
ですからガミラス星人とイスラエル・アメリカの原理主義者はほとんど同じ立場、行動原理で有ると言って差し支えない。

『支配されそうだから逆に支配する』

世界征服の理由としては、実にリアルな目的である。
『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国がこれ該当するが、ジオン公国は地球連邦からの独立を求めて独立戦争を仕掛ける。
地球連邦の支配から離れジオン公国の完全独立を求めているわけですから240年前のイギリスとアメリカ13州の関係とそっくりである。
普通に考えると被支配民族が独立戦争をしかけているのですから、被支配民族側が正義で支配者は悪となりそうですが、ガンダムではアメリカ史とは逆に描かれている。
ジオン公国の悪事が、これでもかこれもかと繰り返し描かれ悪の帝国であるとの評価は定まっているようだが、悪の帝国であったから負けたとの歴史認識は正しくなく、話は逆で負けたから悪の帝国との歴史認識が定まったのである。
地球連邦に勝ってさえいればどれ程の悪事でも隠蔽する事が出来るし逆に地球連邦の悪事を大々的に記録する事も出来る。

ジオン公国と全く同じように現、近代史上この『支配されそうだから、支配する』を実践して見せた国家が、誰あろう日本列島にかって存在し周辺諸国に恐れられた強大な軍事大国、我が『大日本帝国』である。
大日本帝国の最初の戦争の動機は欧米列強の支配から逃れる為であったかもしれないが緒戦の日清日露の勝利の甘い蜜が、理性を狂わせ自分の実力以上の世界支配の野望まで膨らませて滅亡する。

ジオン公国も大日本帝国も、実力以上の世界征服(異民族支配)など目指さず、自国の完全独立(自主独立)を目指してさえいれば国家崩壊に至らず、地球連邦(アメリカを主とする連合国)による屈辱的な全面占領とそれに続く、より屈辱的な軍事・政治・経済・文化・思想等の全面支配に屈する事も無かった。
敗戦ののち大日本帝国はかって地球上に存在した『悪の帝国』として現在世界の人々に記憶されているが、機動戦士ガンダムのジオン公国と同じで有ると理解すれば今の若い人でも歴史が分りやすくなる。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界征服」は可能か?(1) | トップ | 暮らしに思いを馳せる経済学... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リクエスト (愚樵)
2009-01-05 16:26:50
ラオウとデスラーとギレンの画像を貼ってください(笑)
う~ん。困りましたね~。 (ブログ主)
2009-01-06 18:41:09
愚樵さん。コメント有り難う御座います。

当ブログの趣旨は、渡辺京二氏の名著『逝きし世の面影』と同じように(150年前ではありませんが)数十年前の普通の日本人なら誰でも知っていた事実や知識、しかし、今では(ほとんどの人に)忘れ去られている半世紀前の真実をいくらかでも書き残す。というものです。
ですからブログの体裁も最も古臭い形のもので、表も絵も無く文字だけ、
画像を貼り付けるなどの、大それた事は考えた事もありません。

それより一番大事なのは、イスラエルアメリカ=ガミラス星人説や日本帝国VS連合国=ジオン公国VS機動戦士ガンダム(地球連邦)説に賛成して頂けるかどうか、ですね。
何と言っても。う~ん。この説は賛成者が少なそうです。
なるほど、 (カーク)
2009-01-07 19:48:24
>ジオン公国も大日本帝国も、実力以上の世界征服(異民族支配)など目指さず、自国の完全独立(自主独立)を目指してさえいれば

本当にそう思います。
アジアと共同戦線を張れなかったのが敗因です。
アジアを敵に回してしまった。
それは今もしっかり影響していて、東アジアはまとまれないってことですね。
仰られるとおりです。 (ブログ主)
2009-01-08 10:16:24
今でも冷戦や、それどころか第二次世界大戦の諸々の問題点を引きずる状態から脱していません。
ヨーロッパは二度の世界大戦の結果、国境を接する相手国を非難するナショナリズムや愛国者(ナショナリスト)が、彼等の本来の目的(主張)とは全く逆に、けっして自国の為にならない事を学んだが、一回しか世界大戦を経験していない日本国(日本人)はまだまだ学習が足らないのでしょうか。
好き嫌いとは別に、自国の安全保証の為には朝鮮韓国はもとより中国、ロシアと友好関係を結ぶ以外に日本に道が無い事を理解していない人が大勢います。
日本は、アメリカに完膚なきまでに叩きのめされた為に『アメリカにさえ睨まれさえしなければ』とか『アメリカさえ満足すれば』全てが上手くいくと考える『アメリカ命』の情けない国家になってしまっている。
賛同します! (愚樵)
2009-01-09 04:18:40
>それより一番大事なのは、イスラエルアメリカ=ガミラス星人説や日本帝国VS連合国=ジオン公国VS機動戦士ガンダム(地球連邦)説に賛成して頂けるかどうか、ですね。

賛同しますとも。だから、画像を貼ってくださいとお願いしたんですが...(笑)。それは諦めましょう。

特に面白いと思ったのは、日本帝国VS連合国=ジオン公国VS機動戦士ガンダム(地球連邦)説。面影さんがどこまでガンダムの内容をご存知かわかりませんが、ジオン旗印は「ニュータイプによる革新」というものでした。ニュータイプっていうのは、宇宙に適応して非常に共感力が高まった人間のこと。で、ニュータイプが新たな秩序を打ち出すべき、とするんですね。これなんか、八紘一宇・大東亜共栄圏という発想と通底するものがある気がします。
有り難うございます。 (ブログ主)
2009-01-09 11:07:32
日本のアニメの水準の高さには驚かされるばかりで、ハリウッドのアクション映画なんか比べようも無いほど内容が濃い。
日本の『ドラゴンボールの世界』に文字どうり世界の大人たちまでが嵌ったいたことは知っていましたが、機動戦士ガンダムまでが、これ頬高い思想的裏付けが有るとは全く知りませんでした。
ガンダムは巨大ロボット兵器に人間が入って操縦する設定に違和感を覚えて最初から全く見ていないので内容はもちろん知りません。
今回全く見ずに岡田 斗司夫 (著) 「世界征服」は可能か? の記述から推察して判断している事を愚樵さんには見破られたが、恐るべし日本のアニメ。
わが日本に欲しいハワイ一国独立党 (現田石)
2010-11-01 17:55:21
政党と外交の関係をあれこれ考えている折、HP「雁屋哲の美味しんぼ日記」中の「福澤諭吉について5」を通して福澤諭吉にも世界征服論があると知りました。時事新報社説「圧制もまた愉快なる哉(かな)」1882年3月28日;全集第8巻64ページ、社説「東洋の政略はたして如何せん」同年12月11日;全集第8巻436ページ、著作集第8巻230ページ。雁屋氏の話を読んだら、次の新聞社説風の主張が湧いてきたので書きます。
(以下現田石の主張)
次の国政選挙で、福澤諭吉先生の「一身独立して一国独立」精神を受け継ぐ「ハワイ一国独立党(はわいいっこくどくりつとう)」という政党が結党されることを私は望む。ハワイは、明治の半ばまでれっきとした独立王国であった。私はこの「ハワイ国」再独立のためにハワイと米国の仲介をする外交活動に全力を注ぐ党があればと思う。私は房総半島東岸の生まれだが、子供のとき親から「この海岸は、東に太平洋を挟んでアメリカ合衆国と直接つながっている」という話を聞かされなんとなく恐ろしかった記憶がある。若き日の福澤諭吉先生のように、太平洋地域の平和のためには雄大な構想が必要なのではなかろうか。
評価が逆転する韓国の福沢諭吉 (宗純)
2010-11-02 15:54:30
現田石さん、コメント有難う御座います。

福沢諭吉ですが、同時代の人物としてはNHK大河ドラマで有名な坂本龍馬や高杉晋作と近いのですね。
現在の韓国では初代朝鮮統監伊藤博を暗殺した安重根は義士として天まで持ち上げています。

伊藤博文暗殺犯安重根処刑100年、追悼ではなく顕彰一色の韓国
2010年03月27日 | 東アジア共同体

この流れで韓国では福沢諭吉は韓国の開明派を援助したのですが、これ等は親日派として今では国を売った連中としてしか評価されていないようですが、当時の封建主義の影響下にあった日本にしろ韓国にしろ欧米的な近代国民国家の概念がどれ程理解できていたのでしょうか。疑問です。
福沢諭吉ですが、独自の理論を展開した思想家というよりも教育者や翻訳家の性格に近いのではないかと思っています。過渡期の人物ですね。

コメントを投稿

軍事、外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

化学教科書の「神話」が崩れた瞬間! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
ゴム状硫黄「黄色」です―17歳が実験、教科書変えた (朝日新聞) について  私も35年ほど前に気付いていたけど,化学の先生は意地でも教科書の見解をまげようとはしなかった.イオウの純度が上がるほど,イオウの結晶は黄色くなる.  私も実際に阿蘇山へ行ってイオ...
「坂本」某や「みのもんた」は「死刑」に処せよ! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
「本当に働こうという人か」=派遣村で発言-坂本総務大臣政務官(時事通信) - goo ニュースについて  こういう人でなしの特権階級は滅ぼすべきだ! 自分の立場を利用して,弱い立場の人間を食い荒らす悪魔の化身そのものである!  ついでに,みのもんたもこのような...
新年、そして・・ (関係性)
 開けましておめでとうございます。  本年も宜しくお願いいたします。  言うまでもなく、大変な1年が始まったが、企業を解雇された人たちからすると新年どころではないだろう。昨年の暮れから間断なく寒さに耐えている人たちが増加し、各地の公園の炊き出し行列に胸が...
NO.852 イスラエル地上軍がガザに侵攻!戦争はごめんだ、即時停戦を! (大脇道場)
 事情を詳しく理解していなかったので、遠慮していたが・・・。戦争は止めろ!だけでも声にすべきだと思い転載します。 地上部隊 ガザ侵攻 ...
朝鮮・韓国 22 (反戦塾)
戦争が生み出すもの 新年早々イスラエルとパレスチナ・ガザ地区の戦闘の報が続きます。国内の暗いニュースに押されがちですが、先の見えない不毛な戦争が続くことに心が痛
坂本哲志先生、大丈夫ですか? (喜八ログ)
激動が予想される平成21年(2009)。坂本哲志先生(自民党所属衆議院議員)が、いきなり飛ばされていますね。はなはだ「お節介」のようではありますが・・・。坂本哲志先生、大丈夫ですか?
日本共産党は日米安保、憲法九条と自衛隊をどう考える? (未来を信じ、未来に生きる。)
憲法九条と自衛隊 どう考える? --------------------------------------------------------------------------------  〈問い〉 2月19日付本欄で、憲法9条と自衛権の問題について書かれていました。日本共産党は、自衛隊について、どう考えているのでしょうか?...
ガザをもとの平和的な自治政府へ! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
攻撃止んだ3時間、ガザ市民ら買い出し・負傷者搬送(朝日新聞) - goo ニュースについて  今日は 美爾依さんのブログ から,幾つかの画像をお借りして,イスラエルの暴挙に抗議したい.まず,上のバナーは http://www.deviantart.com/deviation/80081967/ に掲載された...
蟲師 (愚樵空論)
タイトルにまた「蟲」の字を登場させてしまいました。そして、今回もまたマンガの話。といって、今回はマンガの話をダシにして、いろいろわ...
悪の帝国も勝てば正義である。 (【菊と竹】 専制主義を再考する。)
参照記事:「世界征服」は可能か? (2)悪の組織の「世界征服」に関する考察。 スターウォーズや宇宙戦艦ヤマトにしても、 「侵略して来た悪の帝国軍が、自由なる解放軍に倒される」という民主主義の夢が描かれている。 しかし、現実的に考えて 「動機が正しければ、...