世界平和を実現しよう

世界平和の実現を目指しています。
軍隊を国際救助隊に変えよう。
世界連邦を実現しよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

爆発はなかった 魚雷もなかった

2010-05-29 06:11:30 | Weblog
ライジングサンさんより、韓国哨戒艦が沈没した件で、韓国国会で推薦された専門家がクリントン国務長官に宛てた手紙 ☀ http://am6.jp/azjXCZ を手に入れました。

○             ○                ○

http://www.spark946.org/bugsboard/index.php?BBS=s_news&action=viewForm&uid=2529&page=1
Solidarity for Peace And Reunification of Korea
2010年3月26日ソウル市内の教会における「Cheonan号沈没の真実に関する 
Shin Snag-Chul さんのスピーチから、および同氏によるヒラリー・クリントン国務長官への手紙
http://www.seoprise.com/board/view.php?table=seoprise_12&uid=154146

 
                          爆発はなかった 魚雷もなかった
                   There was no Explosion. There was No Torpedo.
                                                        
                                                                    by Shin Sang-Chul

* Date : May 26, 2010
Title : Opinion about Accident of PCC-772
PCC-772の事故に関する意見

Dear Hillary Clinton U.S. Secretary of State,
Welcome to Korea and I hope you could have a good chance to discuss about the Peace in East Asia including Korean Peninsula.

ようこそ韓国へ。長官が朝鮮半島を含む東アジアにおける平和を話合う好機を得られるよう望みます。

I am S.C. Shin, a civil investigator recommended by Korean National Assembly for the sinking of Cheonan and I'm writing this letter to let you know the truth exactly here in Korea.

私は沈没した天安号調査のため韓国国会によって推薦された民間調査員、S.C.Shinです。ここ韓国における真実そのものを長官にお知らせしたくこの手紙を書いています。

I have graduated Korea Maritime University in 1982, served 2 years in Navy as a sailing & gunnery officer, worked for Hanjin Shipping on a containership regular line between Far East & West coast of U.S as a navigator for several years and experienced shipbuilding inspect affair for 7 years in Major Shipyards in Korea such as Hyundai, Samsung, Daewoo and Hanjin Heavy Industry.

私は韓国海洋大学を1982年に卒業し、航海および砲術士官として2年間海軍に在籍、その後、韓進海運で航海士として数年間極東と米国西海岸の定期航路貨物船に乗船勤務し、さらに現代、サムスン、大宇、韓進重工のような韓国大企業の造船所で7年間、造船検査業務を経験しました。

I have built 3 bulk carriers of 136,000 tons and 10 container ships of 2,000~4,000 ton in charge of hull structure, shipping machinery and outfittings,paint and nautical equipments including navigation system.

私は136,000トンのばら積貨物船3隻、2,000~4,000トンのコンテナ船10隻の建造で、船体構造、船用機械と装備、塗料と航行システムを含む航海器具を担当しました。


Unbelievable conclusion and posture of the Administration
韓国政府の信じがたいような結論と態度

I didn't agree with the conclusion of the Korean military administration and now sued for libel by them.  Can you imagine this situaton? I was the only person stood on the opposite position. That's the only reason I am sued. I cannot understand how this happens in a democratic country in the world. So I want to talk to you about my oppinion and I think this might be ameaningful information to lead you to the truth of the unfortunate accident in Korea.

私は韓国軍当局の結論に合意しませんでしたので、現在名誉毀損により訴えられています。 この状況がおわかりでしょうか? 私は当局に反対の立場にたった唯一の人間です。それが私が訴えられた唯一の理由です。私は世界の中の民主主義国家において、どうしてこのようなことが起こったのか理解できません。それで私は自分の意見をあなたに述べたいと思いますが、さらにこれがあなたを韓国でのあの不幸な事故の真相へと導く、有意義な情報であるかもしれないと考えます。

As you know, this is so much important problem for the peace of Korean Peninsula devoting to the world's peace that you and your country eagerly pursue to complete.

ご存じのように、この事件は世界の平和に貢献する朝鮮半島の平和にとりあまりに重要な問題で,そのためあなたとあなたの国は熱意をもって完璧(な調査)にしようと追求するものです。

The Military Administration made a conclusion that Cheonan had torn in two and sunken by the 'Explosion of Torpedo'.

軍当局は「魚雷の爆発」によって天安号が2つに割れて沈んだという結論に達しました。

But my oppinion is quite different from it because I could not find even a slight sign of 'Explosion' but could find so many evidences of grounding in/out of the vessel.

しかし私の意見はそれとは全く異なります、なぜなら私は「爆発」を示すものはかけらも見つけることができず、反対にその船の座礁と離礁を示すいくつもの証拠を見つけることができたからです。

I want to ask you fully understood that a tiny voice for the truth may prevent unexpected disaster and assure the safety of 70 million people in Korean Peninsula.

私は、真実をもとめる小さな声が予期せぬ災いを防ぎ、朝鮮半島にいる7,000万人の人間の安全を確実にするということを、あなたに十分に理解して欲しいと思います。

Well, I'm going to tell you about the circumstances which Baengnyeong-do is located in and especially about the gelogical background with natural environment, critical for vessels sailing this area.

これから、ベンニョン島の位置する環境、特にこの付近での船舶航海にとって重要な自然環境を含む地理学的背景について話します。

(※ここから先は、リンクからご覧ください。)

○                ○                 ○
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

原発たったの40年、 放射性廃棄物は永遠!!

2010-03-16 20:00:37 | Weblog
われながら、説得力のある標語を作ったと思うのだが、みんな使ってくれないかな?

「原発たったの40年、 放射性廃棄物は永遠!!」

原発の何が40年かといえば、もちろん、原発の寿命が40年といってよいのではないだろうか。
しかし、その原発が生産する、猛毒の放射性廃棄物は
その毒性がなくなるまで、短いもので100年くらい。長いのは何万年らしい。
人様には永遠の時間といってよいのではないか?
したがって、まさに、原発は子孫につけをまわす無責任な発電方法といってよいのではないか。

核エネルギーを発電に使うには、100年、いやいや、1000年早いのかもしれない。
何よりも放射能についてもっと研究すべきである。
そして、放射線から保護や、放射能除去についての技術が開発されるまで、原発は稼動を止めるのが正しい判断であると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転載【重要】都条例「非実在青少年」の規制について

2010-03-08 21:25:42 | Weblog
これは一大事です。どんどん広めてください。法案の成立を阻止しないと恐ろしいことになります。

○            ○           ○

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、2月24日に、東京都青少年健全育成条例の改正案が出され、その中に、「非実在青少年」(つまり実写でなく、マンガ・アニメ・ゲームに出てくる青少年)への規制が盛り込まれています。
これは、 「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの」と規定されており、つまり設定が18才以上になっていても、「18歳以下に見えれば」ダメ、ということです。
 つまり、国の方で何度も改正(改悪)が話題に上りながらも、反対が多く先に進まないでいる「児童ポルノ法」における、「単純所持規制」(=とくに売買する意思を持っていなくとも、「児童ポルノにあたるもの」を単純に「持っている」だけで逮捕)、「マンガ・アニメ・ゲームその他、画像として描かれる青少年の姿にも児童ポルノ法を適用する」というもくろみを、都の条例で先に決め、規制してしまおうという法律です。
 なので、今のところ罰則はありませんが、「単純所持」も禁止されています。
 おまけに、上記に規定された意味での「児童ポルノ」(つまり非実在青少年を含む)の根絶に向けて努力し、都に協力するのが「都民の義務」と規定されています。

第十八条の六の四 何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する。
2 都民は、都が実施する児童ポルノの根絶に関する施策に協力するように努めるものとする。
3 都民は、青少年をみだりに性的対象として扱う風潮を助長すべきでないことについて理解を深め、青少年性的視覚描写物が青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害するおそれがあることに留意し、青少年が容易にこれを閲覧又は観覧することのないように努めるものとする。

 これだけ読むと、青少年が読まないよう留意すればいいのかと思うかもしれませんが、成人が読むものもすべて、規制の対象になります。
都条例の改正案の全文は以下で読めます。
このうち、後半の、とくに赤で反転してあるところが重要な部分です。
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-cbc1.html

また、今日、いままさに行われている緊急集会のお知らせ
http://icc-japan.blogspot.com/2010/02/blog-post_27.html
も含め、この問題に関する基本情報をまとめたサイトは以下です。
http://mitb.bufsiz.jp/

「18歳以下に見える」とか、「不健全」とか、いくらでも恣意的に解釈できる条文の上に、これらの規制を推進しようとする都に対し、全面的に協力するのが「都民の義務」とするなど、これは戦前戦中のファシズムか? 「非国民」!とどこが違うの? と言いたくなるくらい問題のある法律なのですが、問題は、

今の状況だとほぼ間違いなく、この法律は通ってしまう!

ということです。
 そして、出版社のほとんどすべてが東京に集中している中で、この法律が通ることは、国の法律ができたのと同じ効果を持ちます。
 にもかかわらず、不思議なことに、ネットでも、マイミクさんの日記やMLでも、この問題はほとんどまともには話題になっていません。おそらく、あまりにもばかばかしい規定ゆえに「半笑い」的なコメントが多く、みんな「こんなばかばかしい規定、通るはずない、と思っているのだと思います。なぜかネットでも、個人のブログや痛いニュース以外に、信頼できるとされる一般メディア(新聞系のニュースなど)でこれを取り上げているところはないし、新聞でも報道されていないので、みんな冗談だと思っているのだと思います。
 けれど、繰り返しますが、

 今の状況だとほぼ間違いなく、この法律は通ってしまう!

 2月24日に案が発表されて、都民が意見が言えるのは25日まで(つまり1日だけ)。
 議会での質問が許されるのは3月4日(代表質問)・5日(一般質問)だけで、これも数日前には質問を提出していなければならない。(つまり議員でさえ、検討できるのは3日程度)
 で、18日の13:00の付託議案審査がもっとも重要で、今月末には投票、決定、ということになります。

 現在、都議会の会派は石原都政与党(自民、公明、平成維新の会)が62議席、石原都政野党(民主、生活者ネットワーク、共産、自治市民)が65議席という構成です。
 野党が全員反対にまわれば、否決できるのですが、今のところ、民主党内ですら、意見統一がとれていない。知人によれば、

①都議では野党の民主議員が全部法案可決に反対しても過半数に満たず、
民主自体もきれいに可決反対で意見がまとまっているわけではない。
②今回はこの法案はケイタイ・ネットに関する法案とセットで提出されており、
このケイタイ・ネット関係の法案はちょっと現段階ではあまりに穴がありすぎ、ほぼ通らない
ということになっていて、それが災いする可能性も高い。つまり二つあげたもののうち二つともが
否決されることは珍しく、ひとつを通さない代わりにひとつを通すということは議会ではよくある。
こうしたことから、この法案は何もしないでいると通る可能性が高いだろう」

ということです。
 けれど、先日、もう賛成を決めているからダメだろう…と言われていた、「生活者ネットワーク」の議員さんにヤマダさんたちと一緒にお話をしに行ってきたら、ちゃんと聞いてもらえた、という感触を持ちました。そして、この法案の危険性を訴えたのが、ほぼ私たちが初めてのようだったのが印象的でした。
 都議の方たちも、あまりにも現場から何も反対の声が上がってこないので、不思議に思う状況のようです。現場から反対の声があがらないとどうしようもない、との声も聞かれました。
 私もあまりにみんな騒いでいないので、半信半疑だったのですが、各方面に確かめても、「このままだと通る」ことは確実です。
 まだ間に合うかもしれません。広報の手段を持っている方は、この法案の危険性を、早く、広く、伝えていただければと思います。

○            ○             ○
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国内の被災者を救わないで何の国防か?

2010-03-03 07:06:21 | Weblog
国内の被災者を救わないで、何が国防か?というわけで、
自衛隊を分割して、国際救助隊を創設しよう。
自衛隊が地方の災害に急行できないのは、軍隊の片手間仕事だからだ。
自衛隊よ、専門の常設の救助隊になりなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現場に一番に急行することである。

2010-03-02 19:25:15 | Weblog
国際救助隊の命は、現場に一番に急行することである。
そのための要件は、
1.常設であること
2.非武装であること
3.各国と救助協定を締結すること
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際救助隊は、非武装である

2010-02-27 07:22:21 | Weblog
私は国際救助隊の創設をめざしています。
国際救助隊は、非武装の常設の緊急救助隊であり、軍隊を削減して、国際救助隊に変えるように提唱しています。

平和憲法を持つ日本は、国際救助隊を世界に先駆けて、設立できる、してほしい国です。
国際救助隊は、日本の新しい安全保障を体現するものと確信します。

○        ○         ○

国際救助隊を創設しようヤフー掲示板

国際救助隊は、非武装である。 2010/ 2/27 7:06 [ No.1847 / 1847 ]
http://post.messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020085&tid=9qbadd5dfbdubba4raoc0dfa47a4ha4a6&sid=552020085&mid=1847&n=1

国際救助隊は、非武装である。
非武装でなければならない理由がある。
なぜなら、国際救助隊は、災害が発生すると直ちに現場に急行しなければならないからである。急行するためには、いちいち被災地の出動許可を取っている時間は無い。そのような時間は、人命救助の障害になる。そのために、国際救助隊は、災害発生に際して、現場に急行するための救助協定を前もって各国と結ぶ必要がある。その際に必要なものは、国際救助隊と該当国(あるいは地域)の信頼であり、従って、国際救助隊は非武装でなければならないのである。
国際救助隊は火事場泥棒的侵略者になってはならない。よって、国際救助隊は非武装なのだ。

○        ○         ○
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校授業料無償化から朝鮮学校をはずしてはならない

2010-02-25 19:47:10 | Weblog
高校授業料無償化から朝鮮学校をはずすべきかのネット調査。「はずすべきではない」ボタンをクリック! http://research.news.livedoor.com/r/40856
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とっとと、ふるさとに帰りやがれ、この馬鹿たれが(怒)!よその国で何てことするんだ!

2010-02-21 17:52:10 | Weblog
やはり、米軍は危険です。もう、広い領土持っているんですから、そこで訓練すればいいんです。

○      ○      ○

米軍訓練で「非人道兵器」白リン弾使用 大分・日出生台
http://www.asahi.com/national/update/0220/SEB201002200038.html

 大分県の日出生台(ひじうだい)演習場で2日から11日まで実弾射撃訓練をした在沖縄米海兵隊が、人体に触れると重いやけどにつながる可能性があり、非人道的兵器として批判のある白リン弾を使っていたことが、わかった。地元の市民団体からは反発の声が上がっている。

 訓練で使われたとされる白リン弾(M825)は空中で炸裂(さくれつ)し、白リンを含む100個余りのフェルト片が周囲に飛散して発火する。イスラエルが2008年末から09年にかけてパレスチナ自治区ガザで使い、民間人多数が死傷したことから、国際人権団体などが非人道的兵器として批判している。

 3日の訓練公開時、M825とみられる水色の砲弾が現場にあったため、朝日新聞が確認を求めたところ、訓練を指揮した第12海兵連隊第3大隊のショーン・ウェスター中佐がM825を使ったと文書で回答した。

 訓練公開後の3日午後、演習場で枯れ草が約1500平方メートルにわたって焼ける火災があったが、訓練を監視していたローカルネット大分・日出生台(事務局・大分県由布市)の浦田龍次事務局長は「出火は砲弾が連射された直後で、白リンの破片が周囲に飛散し、火事になった可能性がある」としている。

 米海兵隊は、08年の矢臼別演習場(北海道)での実弾射撃訓練でも白リン弾を使ったと認めている。(野崎健太)

○      ○      ○
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テロとの戦いが、政権をつぶす。

2010-02-20 19:24:05 | Weblog
テロとの戦いは間違っています。何度も言います。
当然のことです。これは差別でもあります。
「テロとの戦い」なら、よその国に武力行使してよい、
見知らぬ国の肌の色も違う一般市民は死んでもよいという、
これは人権侵害でもあります。

○         ○          ○

オランダ、連立政権が崩壊 アフガンからの撤退めぐり
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100220STXKG020220022010.html

 【ブリュッセル=共同】オランダからの報道によると、同国のバルケネンデ首相は20日、アフガニスタンからの軍撤退をめぐる意見対立により連立政権が崩壊したことを明らかにした。

 オランダ政府は年内の部隊撤収を検討していたが、北大西洋条約機構(NATO)側から再考するよう要請を受けていた。オランダ軍はアフガン南部ウルズガン州に約2千人の兵士を派遣している。(16:00)

○         ○          ○
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抑止力を良く思慮深く考えてみる。

2010-02-19 23:04:38 | Weblog
えー、鳩山さんは少し前に、抑止力のためなら、沖縄に海兵隊は必要かもと言っていたような気がします。気がするだけです、まちがっているかもしれませんけど。

ところで、抑止力って何なんでしょう?
よーく考えると、核抑止力に核拡散の抑止力はありません。
したがって、核抑止力に核戦争の抑止力はないのではないでしょうか?
真の核抑止力とは、核兵器削減です。
これしかないです。
同様に、真の戦争抑止力は、軍事力を削減することです。
もちろん、それだけではだめですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加