逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

国際公約のペナルティー「罰ゲーム」の原発視察

2013年09月23日 | 政治

(6年前に下痢で政権を放り出した安倍晋三首相が、福島第一原発事故現場の視察で下痢でもないのにオシメ着用の不徳)

『名札の漢字も間違えられ…(東京電力提供)』との注釈付きの赤ヘルの安倍晋三総理の映像。
ガックリと肩を落として放射能汚染水が垂れ流される港湾を呆然と眺めている風にも見えるから不思議である。
山頭火の『うしろすがたのしぐれてゆくか』では無いが、アベノミクスや消費税増税、集団自衛権に浮かれ騒ぐ安倍首相の後姿が、何故かやつれて小さく見える。

『安倍視察は逆効果 「防護服フル装備」に世界はショック』

安倍晋三は去年の総理就任後、直ぐに福島第一原発の事故現場を視察しているが爆発炎上した1~4号基建屋は通り過ぎるバス内からの視察だった。
ところが、今回は本格的に防護服を着ての視察を行っている。
日刊ゲンダイ(2013年9月20日)は、
『たった2時間半で一体何が分かるのか。19日、福島原発を視察した安倍首相。「汚染水は港湾内にブロックされている」「私が責任者として対応したい」と得意げに話していたが、IOC総会で国際公約した「コントロール」発言のための世界に向けたアリバイ作りは、“空振り”に終わった。』
9月19日安倍晋三は、9月8日の国際オリンピック委員会(IOC)総会での『影響は湾内の0.3平方キロメートル以内の範囲において完全にブロックされている』との、現実と違いすぎる恥ずかしい真っ赤な嘘を、今回も世界の記者団相手に繰り返している。
日本国首相の嘘は安倍晋三個人の恥にとどまらず、国恥以外の何ものでもない。
しかし、流石の安倍晋三でも『状況はコントロールされている』との阿呆丸出しの表現は一切使わなかった。
安倍晋三は原発視察に集まった世界中のマスコミを意識して、東電への唐突な福島第一原発5、6号機の廃炉要請を発表している。

『意味不明の冷温停止中の5、6号機の廃炉』

『安倍首相は「事故対応に集中させるため」と説明していましたが、両機は震災のダメージも少なく、原子炉は冷温停止で安定しています。今すぐ作業に取り掛かる必要は全くないから、パフォーマンスですよ』と科学ジャーナリストはバッサリと気って捨てる。
誰がどう考えても、一刻も早く対策を打つべきは、今でも大量の放射能が漏れ続ける1~4号基である。
もしも廃炉作業を始めればその分、今の1~4号基の人手が足りなくなるのは明らかなのです
5、6号基の優先順位は限りなく低くゼロ以下、安倍晋三の廃炉要請はまったくの邪魔、見当外れにも程がある話である。
元レバノン大使の天木直人は、
『海外メディアを視察に同行させたというのは、安倍さんがそれだけ世界の目を気にしているということ。その海外メディアは防護服姿で視察する安倍首相の姿を厳しい目で見たでしょう』
日刊ゲンダイは『現場で陣頭指揮に当たる姿をアピールする狙いだろうが、これはハッキリ言って逆効果だ。安倍がどんなに「安全」を宣言しようが、福島原発はいまだにこんなオバケのような重装備でなければ立ち入れない。それを映像で見せびらかしたのである。世界中があらためて大ショックを受けたのは間違いない。』と酷評している。

『福島第一原発の置かれている過酷な現状』

マスコミは全員が『武士の情け』なのか理由は不明だが、6年前に下痢で政権を放り出した安倍晋三がオシメ着用で福島原発を視察している事実を報じない。
ロケット発射時とか宇宙遊泳時の宇宙飛行士と同じで、放射能防護服を着た状態ではトイレには絶対に行け無いのですから、安倍首相も海外のマスコミの取材陣も全員が必ずオシメ着用での福島第一原発の視察になる。
もちろん日本のマスコミ人も同様。しかし絶対に報道しない。
マスコミ人の中では唯一、下品で粗野なみのもんただけが9月7日のラジオ放送で福島原発視察時のオシメ着用の、隠したい真実を世間に暴いていた。(不可解な次男の窃盗未遂での逮捕とも関連している可能性が高い)
福島第一原発の現場ですが、宇宙旅行並の想像を絶する過酷な環境なのですが、そこでは今でも爆発事故から2年半もの長い間1日数千人の作業員が働き続けている。
誰の目にも、原発の収束作業がもう限界に来ているのは明らかなのです。

『部下の口から出まかせの嘘八百を信じる安倍晋三の無残』

『汚染水の影響範囲知らず発言か 首相「0・3平方キロはどこ?」』
東京電力福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が19日に現地を視察した際、放射性物質による海洋への影響が抑えられていると説明する東電幹部に、「0・3(平方キロ)は(どこか)」と尋ねていたことが20日、分かった。
首相は東京五輪招致を決めた国際オリンピック委員会(IOC)総会で「汚染水の影響は港湾内0・3平方キロの範囲内で完全にブロックされている」と説明していたが、実際の範囲がどの程度か理解しないまま発言していた可能性がある。
安倍首相は東電の小野明所長から放射性物質の海への流出や海中での拡散を防ぐ対策の説明を受けた際に「0・3は?」と質問した。
2013年9月20日 (共同)
『0・3平方キロ』とは福島第一原発のハの字形の防波堤の内側面積である。
ところ福島第一原発の防波堤出入り口には現時点では何の設備も無く、干満の潮位差で自由に海水が行き来している。

『裸の王さまと二人三脚の哀れなマスコミ。マスコミを信じるしかない、もっと哀れな一般国民』

現実の福島第一原発は事故以来2年半もメルトダウンした原子炉に流入して放射能に汚染した地下水が海に垂れ流されていた。
ところが9月8日のIOC総会で安倍総理は『0・3平方キロ内でコントロール』の仰天発言を行ったからマスコミが大混乱に陥った。
この時、日本国内のマスメディアは安倍晋三の嘘発言に迎合して、恥ずかしげも無く、ハの字防波堤出入り口にシルトフェンス(水中カーテン)があると虚偽の報道を繰り返していたのである。
現実にオイルフェンスに似た水中カーテン(シルトフェンス)があるのは原発の護岸壁であり、安倍首相の大法螺の0・3平方キロの数十分の1の小さな面積。
テレビなど日本のマスコミ報道の全部が真っ赤な嘘だったのであるから驚き呆れる。
我が日本国では裸の王さま安倍晋三の一目で分かる勘違いを、誰一人も諌めるものが無いとは絶句。
今の日本ですが、もう完全に終わっています。
21世紀の現実世界ではなくて、19世紀のアンデルセン童話の『はだかの王様』の虚構の世界に日本人全部が迷い込んで抜け出せない。
現実世界と架空世界の区別が無くなっているのですが、まさに悪夢ですね。

『IAEAで「東電には資金もアイデアも無い」が「責任は東京電力にある」と断言』

9月16日ウィーンで開かれた国際原子力機関(IAEA)総会で日本政府主催の汚染水の説明会で、政府は福島第1原発汚染水漏れで各国の専門家に対して、『抜本対策の第一義的な責任は東京電力にある』(自分たち政府には直接責任が無い??)と繰り返した。
日本の経産省の担当者は、『法的な責任は東京電力にあり、我々はサポーターの立場。東電には資金もアイデアもなく、2年間も良くない状況が続いてしまった』と釈明すると、会場の専門家から『責任転嫁ではないか』との失笑が漏れたと、毎日新聞が報道する。
ところが同じ16日の国際原子力機関(IAEA)総会では、安倍晋三総理のお友達の山本一太科学技術担当相は『政府が責任をもって取り組む』と胸を張った。
山本一太ですが、厳しい現実と美しい夢(妄想)の区別が付かないアベシンゾウシンドローム(安倍晋三症候群)である。
同じ日付のウィーンでのIAEA総会での日本の経済産業省の『責任は東京電力』と山本科学技術担当大臣と、どちらか一方が完全に妄想(嘘八百)を世界に向かって喋っているのである。

『日本政府によるケツマクリ』

9月8日ニッポン国の最高責任者である安倍晋三首相は『原発は完全にコントロールされ放射能は完璧にブロックされている』と国際公約してしまった。
9月20日経済産業省は、34年前(1979年)のスリーマイル島原発のメルトダウン事故でアメリカが海外の専門家からも広く知見を集めた例に倣い、放射能汚染水対策を募る英文の専用ホームページを開設したと発表した。
福島第1原発の爆発炎上から2年半も経った今、経産省が海外からの提案を受け付ける英語表記のHPを開設した理由は、『海外の研究者やメーカーから照会が相次いでいた。』
『当初は日本語のみで受けつけていた提案書を、英語でも提出できるようにするためだ。』と説明する。
福島第1原発の発生からから二年半。
やっと日本政府にも現実が見えてきたのです。
それにしてもIAEA総会で『東電には資金もアイデアも無い』と言いながら同時に『責任は東京電力にある』と、世界に向かって断言した破廉恥な日本政府(経済産業省)ですが、ここまで鉄面皮だと『命令拒否は死刑か懲役300年』の石破茂や『ナチスの手口に学べ』の麻生太郎と同じ意味で最早『天晴れ』でさえある。

『海外メディアを解禁する一方で福島県の地元メディアを排除』

『汚染水は完全ブロック』との、福島県民が激怒する嘘八百発言を繰り返す安倍晋三首相は福島第一原発を視察したあと、最大の被害者である被災者や漁業者とは会わずにそそくさと東京に帰って仕舞った。
また、今回の安倍首相の視察は外国のマスメディアに初めて開放されたのに、逆に福島民報などの一般の福島県民が見る地元紙は招かれず最初から排除されていた。
朝日読売毎日など全国紙が読まれているのは東京大阪など大都市圏限定で、普通は地元で発行される地方紙が読まれている。
シェアトップの福島民報が41.5%、2位の福島民友が27.1%。7割の福島県民は地元二紙を読んでいるのです。(全国紙は朝日がトップだが10.5%しかなく大きく水をあけられている)
福島民報によると『取材は首相官邸内の記者会に所属する全国紙や通信社、主要テレビ局に限られた。』と報じている。
外国メディアはOKで、一番大切だと思える地元メディアはNOなのですから、安倍晋三の今回の原発視察の目的があまりにも胡散臭い。

『名前の誤字問題で自民党が大騒ぎ』

福島県民無視の極みであると見られかねない摩訶不思議な対応(広報活動としては大失敗)をした安倍晋三の2回目の原発視察では、他にも初歩的なお粗末なミスが発生していた。
安倍晋三首相が東京電力福島第1原発を視察した際、東電が準備した防護服の名札に『安倍』ではなく『安部』と印字されるミスでは、20日の自民党会合で『笑い事ではない』などの東電批判が噴出。
IOC総会の『完全にブロック』『コントロールされている』の安倍首相発言の世界的な巨大ミス(大失敗)とか大事な地元紙排除は不問で、些細な名札のプリントミスを騒ぐ自民党ですが、たったの3年間の野党暮らしで骨の髄まで野党根性が染み付いたのでしょう。
今の自民党ですがご臨終。政党としては完全に もう終わっています。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「敗戦前夜の陰鬱」見せしめ... | トップ | 「この国は恐ろしい国だ」気... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しろー)
2013-09-22 00:09:07
毎回、読ませていただいております。

安倍は世界に向かって大嘘をつきました。
福島原発を視ることで、自らついた嘘の重みがいくらかでも心に響いたでしょうか?
敷地を覆い尽くすように増え続ける汚染水タンク。
敷地はほどなく一杯になるでしょう。そして、そのタンクもほんの一時的にしかもたない脆弱なものです。いずれ、汚染水は「海に放出するしかない」のが現実でしょう。
そんな現場に立ったら、重みというか痛みを感じるのが普通でしょうが、安倍は普通の人間ではないようですからねえ。
そんな安倍を60パーセントの国民が支持????
悪夢としか思えません。
美しい夢か、厳しい現実か (宗純)
2013-09-22 15:58:39
しろーさん、はじめまして。コメント有難う御座います。

今の日本ですが非合理的過ぎる、何とも不思議な成り行きであり、到底現実の話とは思えない。
今の日本政府の有様を、ブログ記事ではアンデルセンの『裸の王さま』の話を出したが、同じアンデルセンでも、現実の苦しさのあまりに幻想に逃避した挙句に道端で凍死する悲惨な『マッチ売りの少女』の悲劇の方がぴったりかも知れない。
鉢呂大臣「死の町」辞任劇、アメリカンドリームが悪夢に変る時
2011年10月15日 | 政治
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/129fc05188760235fcb2af7557f956cd
あまりに現実が厳しすぎて救いが無いので、ありもしない美しい夢幻に逃げているのですよ。
安倍晋三ですが、別に本人は意識的に嘘をついているとの自覚は無いと思いますよ。信じているのです。
あるいは有りもしない幻覚(白日夢)を見ているのです。
それなら丸っきり安倍晋三はアンデルセンのマッチ売り状態なのですが、これでは絶対に日本は助からない。

これは意外な… (十澄)
2013-09-22 16:01:11
我が郷土福島の二紙が締め出しくったのですか、意外ですね…。
「放射能なんか気にスンナ」および「風評被害」プロパガンダに一生懸命取り組んできた両紙なのに、この扱いはちょっと酷すぎますね。
今後続々「しこり」が発見されるようになった場合の、スケープゴートの前触れでしょうか?
弱い者、田舎者はどうあっても犠牲にされる運命なのか。
辻褄が合わない日本政府の地元紙排除 (宗純)
2013-09-23 11:18:13
十澄さん、コメント有難う御座います。

間違いなく、『「放射能なんか気にスンナ」および「風評被害」プロパガンダに一生懸命取り組んできた両紙』
だったのです。
それなら、なおさら『福島の二紙の締め出し』の理由が分からない。
本来なら他紙を締め出しても福島民報など地元紙だけは最優先すべきでしょう。
これが沖縄県なら絶対に有り得ない種類の話ですよ。
もしも福島県ではなくて、沖縄普天間の海兵隊基地の被害の視察に来て、日本政府が全国紙と海外メディアだけに開放して地元の琉球新報や沖縄タイムスを締め出したと想像して下さい。
地元紙が文句を言う程度では収まらず、すぐさま100万人の大抗議集会が開かれて大騒動に発展する。
ところが今のところ福島県では何の動きもありません。
22日の朝日テレビの報道ステーションに出演した安倍晋三は、ニュースキャスターに9月8日のIOC総会での『完全にブロック。コントロールされている』と現実の福島第一原発の矛盾点を追求されて、
お坊ちゃまの安倍晋三は『風評被害の除去』が目的だったと、正直に語っているのですね。
それなら。なおさらのこと、福島県の地元紙の排除が余計に辻褄が合わない。
何か。とんでもなく悪いことが密かに進行中なのですよ。
『スケープゴートの前触れ』で、
本来なら政府が前面に出るべき仕事を今までは資金もアイデアも人材も無い東電とか福島県が行っていた。
誰の目にも失敗は明らかなのです。
ところが、失敗の責任を部下に押し付けて、自分だけ逃げる上司との、ドラマ半沢直樹的な典型的な日本的な解決策を企んでいるのですよ。たぶん。
いよいよ危なくなりにっちもさっちもいかない。
もしも今、日本政府が東電とか福島県に失敗の全責任を丸投げして自分だけ逃げる算段なら、
福島県当局と二人三脚と言うか一蓮托生と言うか、共同歩調で地元の「風評被害」プロパガンダに一生懸命取り組んできた両紙の排除は当然なのです。
がっかり (Unknown)
2013-09-26 00:24:44
えーシルトフェンスが湾の入り口に取り付けてなかったのですか?
図解を見て「ふーん、これでも一定の効果はあるのかな」と思っていました。
首相より偉い勝俣さんや中曽根さんやナベツネさんが「かまわん」といってるんですかね?
福島の2紙が締め出されたのは、外国メディアと接触させないためではないですか。
挙国一致の大本営発表 (宗純)
2013-09-26 16:21:58
日本国の、すべてのマスメディアが一致して、はの字型防波堤の出口部分にオイルフェンスがあると報道していたのですね。
ですから
『図解を見て「ふーん、これでも一定の効果はあるのかな」と思っていました。』
は、当然の判断なのですが、
しかし『ゆめ』か幻であり現実とは違い過ぎる。
国家ぐるみの擬装。まっかな嘘なのですが。
はずかしい嘘八百を全員で唱和している姿は浅ましい。
残念ですが、今の日本は68年前の敗戦直前に酷似しているのです。
間違いなく近い将来に敗戦を知らせる玉音放送か、それとももっと悪い一億玉砕かのどちらか一つが待っています。


『逝きし世の面影』では、良好なブログ環境の維持と、コメント管理の必要性から名前もタイトルも無いコメントは不掲載とするローカルルールがあり、次回の投稿時には何でも結構ですから個人を特定出来るHNを忘れず御記入下さい。宜しく御願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
安倍→安部、東電ミス (反戦塾)
MSN産経ニュース2013.9.20 21:43(写真入り) 安倍晋三首相が東京電力福島第1原発を視察した際、東電が準備した防護服の名札に「安倍」ではなく「安部
あえて諫言する。多くの読者を敵に回す覚悟で、、、。 (黄泉の国から)
基本的に日本にははじめっから「野党」などと言うものは存在しない。なぜなら反権力というものがそもそもあり得ないからである。 我が国では正義とか悪がもともと何を基準にして ...
国際決済銀行が破綻? (Dendrodium)
日本や世界や宇宙の動向に、国際決済銀行が破綻?という記事が載っています。 これは金融大崩壊が近いという事らしいです。 アメリカやドル、そして円はどうなるのでしょう? ニュー・ワールド・オーダーは世界中から搾り取れるものを、総て搾り取り終わるまでは、アメ...
【堺市長選】報道機関数社の中盤情勢調査の結果を表にまとめてみた (名無しのデムパ論)
9月29日投開票の大阪府堺市の市長選挙について、 週末にかけて中盤の情勢分析のための世論調査が行われたようなので、 主だった結果を表にしてみました。 以下の表が読売、毎日、朝日、共同、日経の5社が行った世論調査の結果です。 堺市長選挙の主な...
なるほどの街角バナー (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
9月も後半になって、ヤップ島近海で立て続けに台風が発生しているので、連日、すっきりしないお天気が続いている。そんななかで、身辺にやることが一杯一杯で、なかなかブログにたどりつけないでいる今日この頃…(汗)。 ようやく少し晴れ間が出た本日、突然あちこちに...