逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

胡乱なアサンジ(ウィキリークス)の拘束

2018年12月10日 | 政治
『ウィキリークスのアサンジ氏、ついにエクアドル大使館から出るのか。その背景とは?』 大使館暮らしは6年間にも及んでいる   2018年12月08日 The Huffington Post Japan 内部告発情報サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏(47)が、捜査当局による身柄拘束から逃れるために身を寄せているロンドンのエクアドル大使館を退去する可能性が出てきた。 大使館への . . . 本文を読む
コメント (2)

米英5アイズ vs 中国ファーウェイ5G

2018年12月09日 | 政治
『ファーウェイ副会長、避けた米国訪問 8月には逮捕状』2018年12月8日(土) 朝日新聞 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モンワンチョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された事件で、米司法当局が身柄拘束に向けて周到に準備を進めていたことが明らかになってきた。中国と通商摩擦を繰り広げる米国に、孟氏の身柄が引き渡されるのかどうかが今後の焦点になる。 孟氏の . . . 本文を読む
コメント (2)

人口大変動 優生保護法と入管法改正

2018年12月02日 | 政治
生命35億年、人口大変動『一つのコインの裏表の関係だった日本の人口爆発と優生保護法の強制断種』 今は人口減少を心配しているが、ほんの少し前には丸っきり逆に人口増加を心配していた 1868年の王政復古(戊辰戦争)からちょうど100 年目となる1967年(昭和42年)に我が日本国の人口は初めて1億人を超えていた。 当時、世界の国々の中で、人口が1億人の大台を超えていたのは、1位中国、2位インド、3位 . . . 本文を読む
コメント (4)

ウイグル民主化(アルカイダ)の嘘

2018年11月30日 | 政治
『石油価格が4割暴落』 2008年に1バーレル140ドルまで高騰した石油価格がリーマンショックで40バーレル以下にまで3分の1以上の変動幅の大暴落した。その後徐々に上昇していた石油価格ですが2014年6月をピークに再暴落した。その後2018年10月には80ドルまで上がった石油価格が現在は50ドルを切り極短期間に4割も下げていた。 アメリカの傭兵組織のアルカイダ(安田純平の拘束)の動きと石油価格と . . . 本文を読む
コメント (4)

退職後だったゴーンの年10億円報酬

2018年11月28日 | 政治
日本 \(^o^)/オワタ    2018年(平成30年)11月27日 河北新報朝刊(事実なら日本中がアッと驚く大問題) 『オルタナティブ・ファクト』もう一つの『別の真実』 11月19日に東京地検特捜部が、日本入国時の羽田空港のプライベートジェット機の機内まで入り込んで、カルロス・ゴーンを強引に引きずり出して逮捕した世界的なお馬鹿大事件ですが、NHKなどマスコミが大騒ぎしていた容疑内容(年間1 . . . 本文を読む
コメント (9)

悪党ゴーンを叩くあざといカタルシス

2018年11月26日 | 政治
大山鳴動、挙国一致、国家総動員の猫だまし『1週間前のゴーン逮捕について「脱税事件では無い」と断言したWSJ紙東京支局長のピーター・ランダース』 TBS系列で生放送されている報道・情報番組『情報7days ニュースキャスター』土曜日の22:00 - 23:24(JST)にメインキャスターとして11月24日に出演したピーター・ランダース(アメリカを代表する有力経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルの . . . 本文を読む
コメント (6)

トランプ vs リベラルメディア (CNN記者)の最終バトル

2018年11月11日 | 政治
10年も前にトランプ大統領の勝利を予言していたクリント・イーストウッド(監督・主演)の映画「グラン・トリノ」  町山智浩さんがリツイート 『映画秘宝』2009年6月町山智浩による『グラン・トリノ』ポイント解説! 公開前に必読! 『グラン・トリノ』を完全に理解するための5つのポイント 『グラン・トリノ』はアメリカについて何も知らないで観ても感動する映画だけど、知っているともっと深く観ること . . . 本文を読む
コメント (3)

菅野完がPCに変身?与党公設秘書1億円強盗

2018年11月10日 | 政治
昔に流行った大藪晴彦の荒唐無稽で過激なハードボイルド小説の世界が実体化していた日本の現実社会  すべてのものが上部のエスタブリッシュメントから、土台ごと壊れていく日本国 『1億円強盗は佐藤ゆかり議員の元秘書 ポルシェで通勤「ホストのような恰好で議員はメロメロ」』2018.11.8 週刊朝日 2010年9月、京都市左京区で女性にナイフを突きつけ、両手を縛って、現金1億円を奪った事件で、京都 . . . 本文を読む
コメント (5)

騙し絵の様なトランプ中間選挙の勝敗

2018年11月08日 | 政治
『2年前の今日。共和党のドナルド・トランプがアメリカ合衆国大統領に選ばれる』 2年前の今日。2016年11月8日はアメリカ合衆国大統領選挙の投票が行われて、共和党のドナルド・トランプが民主党のヒラリー・クリントンに勝利した記念すべき日である。 議院内閣制の日本で総選挙の勝利と首相指名・就任とは連続している。ところが、大統領制のアメリカでは2ヶ月以上のタイムラグがあり、まだ民主党のオバマが大統領で . . . 本文を読む
コメント (3)

中間選挙直前のムーアの「華氏119」

2018年11月03日 | 政治
『中間選挙を前に「華氏119」を公開したマイケル・ムーア監督の焦燥』11月02日 フォーブス ジャパン マイケル・ムーア監督は、2016年7月トランプ大統領誕生をいち早く予想していた。 本来、民主党支持者が多いミシガン州、ペンシルバニア州、オハイオ州、ウィスコンシン州の4州はアメリカの製造業の中心を担ってきたが、1970年前後から、より安い労働力を求めて生産が国外へと移され始めると、不況の波にさ . . . 本文を読む
コメント (3)

スパイだったので殺されたカショギ記者

2018年10月25日 | 政治
3年ぶりに無事生還した安田純平 『首相 “速やかに安田さん本人か確認したい”』2018年10月24日 NHKニュース シリアで武装組織に拘束され行方不明になっていたフリージャーナリストの安田純平さんについて、安倍総理大臣は、24日午前、記者団に対し、解放の情報に接し安どしているとしたうえで、速やかに本人であることを確認したいという考えを示しました。 シリアに入ったあと、武装組織に拘束され、3年に . . . 本文を読む
コメント (9)

トランプ(共和党)勝利の予感?

2018年10月18日 | 政治
『柳の下の二匹目のドジョウ』 アメリカ議会中間選挙で、マスコミも有識者も一人の例外も無く全員がトランプ(共和党)敗北を言っていたのに、 『アメリカに付いて行けば100年安心』の岡崎 久彦の部下で、日本版CIA(外務省国際情報局長)で、その主張のほとんどが護憲左派の有識者と重なる、あの孫埼享ですが、日本や欧米リベラル・メディアの約束事であるトランプ批判を今までは飽きることなく延々と続けているのです . . . 本文を読む
コメント (4)

Crocodile tears?歴代国防相が号泣する日本

2018年10月08日 | 政治
『大統領弾劾で辞任したニクソンの涙』 英語のことわざでCrocodile tears(ワニの涙)とは『嘘泣き』とか『偽りの涙』の意味で、これはワニが獲物を食べるときに(ウミガメが産卵するときと同じように)体の構造上、涙を流しているように見える現象から出来たと言われている。野性のイリエワニの大型個体(4m超)が涙を流す瞬間をとらえたのはおそらく世界初。 crocodile tears(ワニの涙) . . . 本文を読む
コメント (8)

メルトダウンと貴乃花の国政出馬

2018年10月05日 | 政治
渡邉英徳‏ @hwtnv 52年前の今日。1966年10月5日,エンリコ・フェルミ原子力発電所の高速増殖炉が,史上初の炉心溶融(メルトダウン)事故を起こした。写真は2007年に撮影された発電所の空撮。 ★注、 この渡邉英徳‏ @hwtnvの写真はメルトダウンした高速増殖炉(フェルミ1)ではなくて、その後に同じ場所に建設されたエンリコ・フェルミ第二原子力発電所(沸騰水型軽水炉)の画像。 . . . 本文を読む
コメント (7)

過失ではなく故意のブラックアウト(疑似同時多発テロ)

2018年09月24日 | 政治
意識的なミス?? \(^o^)/オワタ 『キャセイパシフィックの機体に巨大スペルミス』 自虐ネタか?2018.09.20 (CNN) 香港のキャセイパシフィック航空が運航する旅客機ボーイング777―367型機で、機体に描かれた「パシフィック」の文字に巨大なスペルミスが見つかった。胴体部分には、「CATHAY PACIFIC」と描くべきところを、「F」が抜けて「CATHAY PACIIC」と描か . . . 本文を読む
コメント (4)