抜かない歯医者のひとりごと

歯の健康は全身の健康につながる。渋谷で開業中の保存学認定医が、なるべく歯を抜かない治療にまつわるトピックを語ります。

終末医療とは、程遠い、終末商売……。と、( インプラントの地獄巡り。)

2017-03-06 | 歯科治療

繰り返し、断言します!歯の病気では、死にません。死ぬことはないのです。


(だからこそ、また、歯を、可愛がって、大切にしてほしいのです。)


私の角川書店からの新刊、

【やってはいけない歯の治療】

読んでみてください。


ラジオの取材でも、「結構、厳しいことを、シビアに書いてますね。」と、言われましたが、私は、しごく、まともなことしか書いてない、と思っています。


《歯は磨くな!(一理、ありますが、)とか、》

《歯の痛みは歯に関係ない。》とか、


《インプラントは、高齢者でも、大丈夫。自分の歯のように噛めます。》等々‥。


(売らんがためのような、)デタラメなことは、書いてません。


しかし、残念ながら、歯科の本は、私のを含めて、今一つ、売れません。


医科の本は、トリッキーで、トンデモ本、9割以上が、嘘、出鱈目でも、売れているのが、あります。


《体を温めたり(アッタメタリ)


内臓や、筋肉や、足を揉んだりで、万病が治る、‥云々。》の、詐欺まがいの本も、売れています。


しかし、私が、
《歯を磨いて、叩くだけで、万病が治る。》みたいな本を書いても、まず、売れないでしょう。


【誰もが、みんな、どこかで、強く、歯の病気では死なない。


歯は、命に関わっていない。】と、強く、無意識に、思っているからです。


[ただ、改めて、私は、、ここで、繰り返し、断言しておきます。(無意識は、当たっているものです。)


そうです。歯の病気では、死にません。

歯は、断じて、命に関わっていません。]


《それを、歯の病気でも、死にます、歯は、命に強く、関わっています。》

と、不安を誘い、煽っているのは、詐欺師まがいの歯医者達です。

(歯科医師会すら、不安を煽りぎみです。)


まともな医者で、不安を煽るようなこと言っている人は、皆無です。

(もちろん、しごく、まともな歯医者も。)


私は、だからこそ、強く、主張します。

【歯の病気では、死なないからこそ、歯を大切に、いたわり、可愛がってほしい。】と。


さて、まともと言えば、強姦、準強姦で、逮捕された、医者がいましたね。


まさに、ケダモノです。人間じゃありません。

医師免許を、即、剥奪すべきだと思いますが、


現在、医師免許を、言い訳なしに、無条件に、即、剥奪されるのは、殺人とヘロイン、モルヒネの類の麻薬のみです。

(覚醒剤、大麻、ドラッグでは、剥奪されません。)


《強姦に、準も何もありません。私は、強姦、準強姦も、即刻、その場で、医師免許を剥奪すべきと、確信し、主張します。‥当然です。》


こういう、輩は、死刑に値します。


ただ、私は、死刑も殺人と思っているので、死刑反対論者です。


【強姦野郎は、終身刑。一生、刑務所に、隔離することです。】


‥強姦は、ある意味、殺人より、重罪だと思います。


(殺人には、正当防衛ということもあります。)

強姦に、正当防衛云々?
笑止千万。強姦には、一切の言い訳は通用しません。)


《自分の身を守るためには、相手を殺すこともやむを得ない、弱肉強食、ケダモノの仕業以下の行為が、強姦なのです。》


[強者と弱者との紛争から、手を引くということは、強者の側に着く、ということだ。

中立になる,ということではない。]


という賢者の、的を得た、厳しい警告があります。


 信ずる者は、救われる。… 謙虚に、自惚れず。改めて、偉そうにせず!


 前にも記しましたが、ノーベル医学賞を受賞した人達らのデーターでも、

 「あらゆる病気の、10%は、医者によって劇的に回復する。

10%は、医者によって、悪化する。


 ‥ 残りの80%は、医者にいっても、いかなくても、同じである。」

  私も、全く、その通りだと、納得、実感しますが、


 改めて、考えると、この、医者によって、劇的に回復する10%が、大切で、意義があるのだと、強く、思い直します。


  歯の病気は、(死にはしないけど、)かなり、痛いことがあります。


 私も、歯が弱く、小学生時代から、高校まで、しょっちゅう、歯医者にかかっていました。


 歯の痛みは、実感をもって分かります。


 特に、私は、歯内(しない)=歯の神経が専門です。


  歯は、痛い時は、飲めません。食べられません。

   憂うつ、やになります。

だから、…

《歯の痛みの8割は、歯ではない。》等と、云っている本や、主張も、間違い、紛いものです。


 歯の痛みも、全身が関係していること、これは、もちろん、あります。


  しかし、…

【概ね、歯の痛みの原因の8割以上は、やはり、ダイレクトに歯の神経が、関わっているのです。】


 歯が、関わっていない歯の痛み等、歯の痛みの1割以下に過ぎません。


 私は、歯の神経の専門医です。優秀な専門医です。(こと、歯の神経に関しては、謙遜はしません。)


  また、私自身、歯が悪く、口の中は、治療歯だらけ、金属だらけです。(普通の保険の金属です。)


  高校時代まで、夏休みごとに、歯医者に通いづめでした。

(文学的志望だったので、歯が悪かったから、歯医者を目指したのではありませんが。)


 いずれにしても、歯の痛み、その苦痛、不快さは実感として、身に沁みて分かります。


歯の痛みは、やはり、歯医者に取ってもらうに限ります。

 【医者によって劇的に良くなる病気のひとつに、歯の神経の痛みはある。】と思います。


 まあ、ほっとけば、痛みは、取れるかもしれませんが、それは、歯が腐るだけで、…歯は悪くなるばかりで、再生はしませんからね。

 (但し、死にはしませんけどね。

そこは、ポリシーの問題です。)


  だから、《歯の痛みは、歯ではない。》とか‥、やたら、歯医者に行くな。‥と、主張してる本も、紛い物です。


一流の出版社から刊行されてるもので、歯の神経に触れているのは、(専門書は別にして、)私の著書だけです。


  後は、(真面目なものも含めて、)自費出版の類いです。


 私の著書は、幻冬舎と、角川書店です。

  共に、メジャーな一流出版社です。



時に、衝撃的なものも出版しますが、インチキなものは、出版しません。
(万一のことがあれば、即、回収されます。)


批判、反論はあっても、私の著書は、私に言わせれば、ごくごく、まともなものです。

  《歯周病で死ぬとか、虫歯が、心臓を蝕む‥等々‥。》

 【私の本には、たいしたことのないことを、難しく、重大事のようなことのように、主張するでたらめ、インチキは、一切書いてません。】


ここで、また、九州のM歯科の被害者から、手紙が来ました。


  《歯の歪みを取れば、全身が治る。》と、オカルトみたいに、患者さんを洗脳して、やたら、インプラントにする手口のですが、…。


  そのインプラントの後遺症の為に、全身の不調を訴えると、(入院した人も、少なからず、います。)


 《インプラントは、口の中のことだけで、全身には、関係ない。

   あなたが、望んで、インプラントにしたことだ。

   インプラントと、後遺症は、科学的に、その因果関係は、証明はできない。》

 と言って、何百万円の金を、保証せず、治療のやり直しもせず、


  やり逃げ、取り逃げ、やり放題、やりっ放し、

 まさに、振り込み詐欺そのものです。


 《歯の歪みを取れば、全身が治る。》と、患者を騙して、


  失敗すると、《インプラントは、口の中のことだけだ。》と、悪びれず、言い訳する。


  唖然呆然、詐欺です。インプラント詐欺です。

  私に、匿名で、訴えた人、(公表はしませんから、)私には、実名で、訴えてほしいです。


 また、被害者に合った人は、実名で、しかるべくところに、堂々と公表する気構えを持ってほしいですね。


 【私は、原則、医者、歯医者の味方です。


 私自身、トンデモない、非常識な、患者さんから、(何軒の歯医者から、大学病院も含めて、レントゲンだけで、抜くと言われた歯を、)


 私が、初めて、治療して、「これは、私でも、残せないかもしれません。」と言ったら、

  「じゃあ、治療費と、(交通費まで、)返せ。」と言われましたからね。


私は、原則、医者、歯医者の味方です。

 (精神的にはもちろん、)医者、歯医者も、肉体的にも、ハードです。


 【だからこそ、だからこそです。

 インプラント詐欺師を許せないのです。


  インプラント詐欺師は、都会にはもちろん、田舎にも、結構、潜んでいます。


 【盲(めくら)蛇に怖じず】

  勉強してないと、ワカラナイから、無謀になる面も、人間にはありますから。


  ただ、このインプラント詐欺師と、何ら変わらないことをしている歯医者が、

 国立(こくりつ)の東京医科歯科大学のインプラント科の教授というのも、…呆れます。唖然呆然です。


居留守を使って、患者さんを、精神科に回して、自分は、ひたすら、引きこもる。


(おかしいですよね? インプラント科のK教授。

あなたにその患者さんを紹介した、やはり、医科歯科大学出の開業医のY先生も、逃げています。

落ちる入れ歯を作って、インプラントを勧めた、Y先生です。)


 私の駆け込んだ患者さんは、困っています。
(肉体的に、インプラントの後遺症のうえに、精神的にも。)


 私は、その患者さんに、処方された精神薬を、やめさせました。


 (精神科に回される筋合いはありません。と、説明して。

 必要なら、私が、精神科の医者を紹介しても、と。)


私は、インプラントを、全否定するものではありません。


 《インプラントは、最終兵器です。》


真面目に、インプラントに取り組んでいる歯医者はもちろん、


大多数の、真面目な地道な歯医者の為にも、インプラント詐欺師は撲滅しなければいけません。


 何故、こんなにも、インプラントの後遺症に悩んでいる人がいるのに、

 (インプラントとの因果関係が、明確に証明できないから、と云うだけで、)


 【少しも明るみに出ません。】

 不思議でもあります。


 《また、インプラントによる死人が出るまで、無視するのでしょうか?》

 今さらですが、やはり、【医学部・歯科】でないと。


 医者も、もっと、歯のことを勉強しないと。


 歯医者は、もっともっと、医学を勉強しないと。

  それにしても、今さらながら、偏差値と学問と人間性は、関係ないのですね。


 日々、人間、勉強ですが、

 賢人、優れた、哲学者、文学者、も、云っている…、

  【人間、知識があっても、知性がなくては、駄目だ。】ですね。


 私も、どこにでもいる凡人ですが、


 謙虚に、日々、勉強、治療技術(スキル)に、研鑽します。


 {歯科の初心は、まずは、その歯が残るか、残せるかです。(抜くことも含めて、)そこからが治療なのです。}


【迷ったら、初心に還れ。】


私の、角川書店の本、(幻冬舎の本、共々、)改めて、よろしくお願いいたします。


  【私の治療技術(スキル)は、それなりの優れたものです。】


 自惚れず、初心を見失わず。心して、歩んでいきます。… …。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯も体(からだ)‥インプラントと、歯科医の不都合な真実‥!

2017-02-07 | 歯科治療

まず、私の新刊が、角川書店(KADOKAWA)

より発売されました。

【やってはいけない歯の治療】

というタイトルです。


前の著書《この歯医者がヤバい・幻冬舎新書》より、分かりやすくしたのですが…。


前の時は、歯科大学生の、低レベル、教養のなさから、歯科の世界を、その惨状をえぐったのですが、


今回の、【やってはいけない歯の治療・角川書店】
は、患者の視点から、歯科の惨状をえぐりました。


主なものに、インプラントの後遺症があります。


「死に至る病、それは絶望である。-キルケゴール。」


医者の原点、初心は、患者を絶望させないことです。

肉体的に生かすことだけではありません。


確かに、非常識な、およそ酷い患者もいます。

(私も、直に、経験しています。)


《しかし、肉体を病んでいる人は、なにがしかの精神的な負担も、かなり担っているものです。》

青臭いかもしれませんが、医者に限らず、人間、理念を見失ってはいけない、と思います。

特に、歯医者は…!
(自戒も込めて。)


作家の五木寛之氏が、記しています。

「…現代医学は、想像を絶する進歩をとげているらしい。

しかし、人びとの日常の不自由については、ほとんど無力のような気がする。

命にかかわる、というほどでない普段の苦痛こそ、耐えがたいものなのだ。

…足のむくみ、‥シビレ、耳鳴り、慢性的な頭痛…(立ち眩み、めまい、関節痛‥目のかすみ‥等々。)


いろんな日常的不具合を研究しても、ノーベル賞にはならないかもしれない。

【しかし、そんな手術とまでいかない日常の苦痛こそが、人の心を萎えさせるのである。】…」


この五木寛之氏の言葉、警告こそ、まさに、私が、目の当たりに見ている
《インプラントの後遺症》なのです。


【インプラントの後遺症に悩み、心が萎えている人達なのです。】


学者は、楽天的、臨床医は、少し悲観的な方がいい。と、言われてます。

原則、臨床医は、患者さんを、実験台にしてはいけません。

不確かなことには、慎重にならなければ、いけないのです。


【臨床医は、だから、思想ではなく、…常に、正当な保守的なものをを、理解していなければ、いけないのです。】


では、正当な保守的なものとは?

(これが、思想だ、政治だと、絡まって、誤解されがちなのです。

右も左も、革新も、関係ないのです。)


臨床医は、正当な保守的なものを、身につけてないと、ヤバいのです。

では、真の、保守的なものとは何か?


かの、天才作家、三島由紀夫が、定義しています。


「さて、保守的であるとは、…見知らぬことより、慣れ親しんだものを好むこと、試みられたことのないものより試みられたものを、

神秘より事実を、

無制限なものより、限度のあるものを、

遠いものよりも近くのものを、

完璧なものよりも重宝なものを、

可能なものよりも、現実のものを、

理想郷における至福よりも、現在の笑いを、

好むことである。…」


思想云々ではなく、臨床医は、冒険家ではありません。

野心家であっても、臨床医は、無謀なことは、患者の命を前にしては、してはいけません。


[思い切りが必要な時でも、正当な保守の精神が、その根底になければ、
患者を殺してしまいます。]


しかし、今の歯科医はどうでしょう?


平均年収が、医科の半分以下、せいぜい三割。

歯医者の過剰と、…


地道な歯医者も、患者を掘り起こし、むやみに、通院させる。


歯科医師会も、

《歯の病気でも、死にます。虫歯でも…ましてや、歯周病は、…。》

と、煽り、脅かし、不要、無用に、患者さんを不安にさせる。


地道な、歯医者はまだしも、

ひたすら、金儲けの為に、インプラントに走る歯医者がいる。


《歯の病気でも、死にます。》
と、煽り、宣伝しておいて、


歯を抜いても、インプラントにしても、‥失敗しても、


冒険しても、

死なないからと、

(本音、本当は、歯の病気では死なない。)

と、わかっていて、甘えて、患者を試す、実験台にする。


《この醜い歯医者の二枚舌。》


それが、また、医療の向上とは、およそ、かけ離れている、ひたすら、金儲けの為です。


誤解を恐れずに言えば、
《戦前、更には、戦時中等に行われた、医療の向上の為にした、許されない人体実験以下です。》

死ななければ、いいや、何とかなるという、軽い乗り(ノリ)で。


《確かに、現在、歯医者は、保険診療だけでは、喰えません。》

贅沢云々でなく、喰えないのです。。


代々、の不動産等、別の収入源のある人以外、…
歯医者は、保険診療だけでは喰えません。


だから、また、田舎の金持ちの歯医者は、

ある意味、金儲け主義でない好人物も居ますが、

ただ、田舎の歯医者は、(つぶれないからと)勉強をしてない。

治療も下手。(医者になれなかった落ちこぼれ。向上心はない。)


《田舎の歯医者は、金儲けというより、治せないから、分からないから‥、死なないから、歯を抜いてしまう。》

で、下手な入れ歯を作る。

で、入れ歯が噛めないからと、患者さんは、都会に来る。


今度は、人のいい田舎の人達は、インプラント詐欺の餌食(えじき)、いいカモになる。


で、私の所に駆け込んで来る。


【私は、その惨状を、目の当たりにしているのです。

絶句、息が詰まります。】

金銭的にも、何百万と‥取られて、

(歯を抜かれて、)インプラント。


ようやく、噛めてはいても、(生きてはいても、)


日常的な、体の不調、不具合。

{精神的にも、心も、萎えています。}

歯医者は、インプラントは、上手くいっている。
インプラントのせいではない。

と、逃げをかまず。


ここで、医科にいっても、

《医者も、案外、歯のことを知らないものです。》


で、医者も、歯科のことに、かまっていられないし、

自分のことで手一杯。


《医者も、歯の病気では死なない。と、当然、思っているし、

第一、歯科ごときのトラブルなんかに、巻き込まれたくない。

面倒だ。》


インプラントの後遺症、日常の不具合、不調。

患者さんも、はっきりと、インプラントの後遺症とは、気がつかない。


もちろん、人間の体の方にも、治癒力はあるのですが。


もちろん、人間、全て、完璧に健康な人はいないし。…。いません。


東京医科歯科大学のインプラント科のK教授、

聞いてますか?


あなたが施したインプラントの後遺症に悩む患者と会おうともせず、電話にも出ず…


患者さんを精神科に回し、

《不具合は、インプラントの後遺症ではない。

心因性だ、と、責任逃れ。


あげく、患者さんが、カルテの提示を求めたら、いまだ、のらりくらり。》


あるドラマで、患者が、後遺症に苦しんでいるのに、説明を逃げ、

「生きているのに、医者のせいにするな。

気のせいだ。心因性のものだ。」

と、言った医者に対して、

「医者は、患者の不安も取り除くこと、希望を与えるのも、務めだ。

おまえ、医者の資格がない。」

と、先輩の医師に諌められる話があります。


(確かに、現実には、非常識な患者もいるし、

また、概ね、誠実な医者が、大多数ですが。)


ただ、‥そうはいっても、また、

現実に、私は、目の当たりに、医者の資格がない人も、その犠牲になった患者も、少なからず、見ています。


東京医科歯科大学のインプラント科のK教授、あなたには、医者の資格はありません。

ましてや、教育者でもありません。


そして、歯科の病気でも死にます。と、不安を煽り、

治療もせずに、レントゲンだけで、(なかには、レントゲンも撮らず、)

歯を抜いて、インプラントにする歯医者も、医者の資格はありません。


私の新刊、【やってはいけない歯の治療・角川書店】には、歯を治療もしないで、抜く(抜かれる)ことの危険性、


インプラントの後遺症、
また、医学的に評価されている、歯と歯周のケア等も、記されています。

どうなることやら、期待と不安で、…考えることしきりです。


早速、雑誌等に、[簡単な口臭予防法]として、私の新刊から、引用、紹介されたようです。

ラジオにも出演します。

結構、毒気のある本ですが、早速の好意的な紹介、ありがたいです。


  さてさて、ここで、一端、話を変えて、……。戻して、

レントゲンは、治療ではありません。


 何を今さら、とか、あたりまえ、当然、と、思うかもしれません。


 今、私の所には、

【私でなくては、できない治療。】

 【私でなくても、できる治療。】

 に、大きく分けられます。


これだけなら、(プレッシャーはありますが、)

 しかし、プレッシャーはもちろん、大きなストレスになっているのは、


 《私が、正直に告発しなければ、治療ができない、確信犯的治療のやり直し、後始末です。》

  つまり、私でなくても抜かない治療ができるはずなのに、‥


 「抜かないと、いけません。」と、

 断言された患者さんです。

 《患者さんは、案外、私より、最初に、抜きます、と、断言した歯医者を信じきっていることがあるのです。》


  要は、私の所に来なかったら、(誰がやっても、抜かない治療ができるレベルのものても、)

  抜かれていたわけです。


  医者の資格以前=確信犯=詐欺=犯罪行為ですよね。

  患者さんも、どこかで、歯を軽く見ているのです。

 私は、本にも書いてます。

 【歯の病気では死なないからこそ、歯をいとおしく思ってほしい。可愛がってほしい。と。】


繰り返します。

 歯科の初心は、まずは、その歯が残るか、残せるか、です。

  そこからが、(抜くことも含めて、)治療なのです。


 レントゲンは、治療ではありません。

 〔大切な、診断資料ですが、レントゲンは、治療ではないのです。〕


 改めて、私の新刊、

 【やってはいけない歯の治療・角川書店(KADOKAWA)】

 よろしくお願いいたします。


 [この歯医者がヤバい・幻冬舎新書]

 共々、よろしくお願いします。


 インプラント詐欺師達は、私の本の批判、反論は、一切しません。

 《徹底して無視、無視します。無視するのです。

 私の本が、知られては困るから、

…こういう本が出てるんだと、知られては困るからです。…


知られたくないのです。
知らせたくないのです。

私の本を知らせたくないからです…!》


角川書店(KADOKWA)も、幻冬舎も、メジャーな、一流出版社です。

(感謝の意を、改めて、表します。)


よろしくお願いいたします。
 … … …。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

私は、謙虚で、頑固で、つむじ曲がりな、優しい名医(めいい)= 迷医(めいい)です。

2017-01-05 | 歯科治療

 かのソクラテスは、云っています。


[ 数学の答えは、多数決では決まらない。善悪の判断も同じだー… …。]

 私は、原則、医者、歯医者の味方です。(当然です。他人事ではありません。)


 しかし、詐欺師の肩を持つことはできません。(これも、また当然です。
…他人事でないからこそです。)


【上顎(ウワアゴ)は、頭蓋骨です。眼、耳、鼻に直結しています。】


頭蓋骨は、首に直結しています。

首は、背骨に直結し、背骨は、腰に直結しているのです。


下顎(シタアゴ)は、上顎(ウワアゴ)に比べ、原始的です。


口は、原則、あらゆる動物に、

…原始的動物にもあります。


口には、上と下があります。


上が、指示しているとはいえ、下がなければ、上顎(ウワアゴ)だけでは、食べられません。生きられません。


《原始的故に、下顎は、生命、本能に直結しているのです。》


動物は、口で食べられなくなったら、生きていけません。

終わりです。おしまいです。


《野生では、決定的です。》


【口で食べること、食べられることのありがたさ、幸せ。】


そんな、大切な上顎(ウワアゴ)、下顎(シタアゴ)に、インプラントをするなんて…やはり、考えものです。



改めて、年頭に当たり、原発避難をしてきた人達を、いじめる人達に、はっきり言います。


 原発避難者を、いじめる人達は、飛行機も乗らないことです。温泉にも行かないことです。


 癌になっても、侵襲の少ない放射線治療は絶対しないで、副作用と苦痛の多い抗がん剤と、リスクの多い外科手術で、臨むことです。


  で、原発避難者をいじめる人達は、大量の放射線を浴びている宇宙飛行士のことも、非難して、いじめることです。


  更に云えば、病院にも行かず、山にも行かず、
ましてや、歯科の放射線を恐がるのなら、外も歩かないことです。


 科学的根拠のない、全くのでたらめの、人間性のかけらもない(恥ずかしいことです。)


 優しさの微塵のない原発避難者のいじめは、本当に、多大な心理的な痛みはもちろん、肉体的な痛みも、伴います。



さてさて、国立の東京医科歯科大学のインプラント科の教授、

あなたの犠牲者の五十代の婦人の話を続けます。

最初は4本のインプラントが、

 8年で、上の歯を全部抜き(抜かれ)、


 今や、上は1本の歯もなく、‥

7本のインプラントの上に、12本の歯を連結で、固定され、


  その後、耳鳴り、鼻づまり、頭痛、難聴、めまい、目のかすみ、立ちくらみ、等々、

 (実際、家でも外でも転び、)


 日常生活の不具合が続き、教授に説明を求めても、会ってくれず、


 《インプラントのせいではない。

  納得してインプラントにしたのだから、…。》

 医局員に言わせるばかり。


  インプラントにかかったお金は、600万円以上。


  あげく、精神科に回されたそうです。

  今も、精神科も含めて、たらい回しです。


  で、私の所に駆け込んできたわけです。
(夫婦で来たことも。)

  で、まず、私は医療関係者、報道関係者、法律に詳しい識者に相談もしてみました。


結果、(私も、想定していました。)


《医者が、患者を、精神科に回すのは、責任逃れの常套手段、》だそうです。


  何か、自分にとって不都合が生じた時、責任を患者のせいにするわけです。


  《おかしいのは、患者だ。私の治療のせいではない。》と。


私も、治療費はもちろん、交通費まで返せという、理不尽なことを言われ、モンスター患者に絡まれたことがあります。


  【確かに、おかしな患者さんも居ます。】


 しかし、このインプラントの犠牲者の患者さんは、(大学病院の教授、それも、有名な人ということもあり、》

ひたすら、従ったとはいえ、


  インプラントにする前の8年前までは、特に持病もなく、こんなに、病院に通うことはなかったのです。


確かに、入れ歯が落ちるからと、安易にインプラントにしたのは愚かです。


 しかし、インプラントなら落ちない、と言って、いきなりインプラントにするのは、もっと安易で、

 残酷で、詐欺です。

 【教授で、有名だからこそ、犯罪行為に近い。】と思います。


  ましてや、患者さんに会おうとしないで、精神科に回し、医局員に対応させるなんて!


 【患者さんはもちろん、問題の教授にも、いい年を迎えてほしいですね。】


 東京医科歯科大学のインプラント科の教授‥!、

こそこそ、汚く、言い訳ばかりで、逃げ回らず、


  人間です。(私なんか、欠点だらけ、失敗だらけです。)

‥傷口をこれ以上広げず、早いうちに、反省して、


 正直に、真摯に(紳士に、)患者さんに対応してください。


  繰り返します。
 私は、原則、医者の味方です。


 《だからこそ、東京医科歯科大学のインプラント科の教授、


‥まずは、逃げずに、患者さんに直接、誠意を示しなさい。》と、云っているのです。


  何もかも患者さんのせいにしないで、現実を直視してください。


 真面目に、現実と向き合ってくれれば、

  私は、原則、医者の味方です。


 作家の五木寛之氏は、言ってます。

 〔 死なないまでも、‥日常の不具合が、患者の心を萎えさせるのである。耳鳴り、腰の痛み、頭痛、‥歩行困難、難聴、目のかすみ、‥水虫だって、そうかもしれない。

  医者は、ノーベル賞云々でなく、


こうした患者の日常の、日々の不具合が、

‥いかに、患者の、人間の心を萎えさせるかを、改めて、肝に命じて、接してほしい。…〕

と。


死ななければ、何とかなると、甘えてはいけません。


 《日常の不具合、日々の不具合が、長く続くのは、心を萎えさせるのは、半殺しです。》


 特に、歯医者は、歯でも死にます。と、煽っておいて、


  どこかで、歯では死なないと、甘えている。

(患者さんも、正直、どこかで、歯をなめている。)



 二枚舌です。
(詐欺師の手口です。)

 歯医者は、(私も、時に、ふらふらします。)
【歯医者は、医者と比べ、異常ともいえる過剰と低収入と、格差と、

インプラントのせいで、‥路頭に迷っています。】


   私もそうです。

リーダーになるべく、国立の大学病院の教授にして、このていたらくです。


 しかし、くどいようですが、


 【歯科の初心は、まずは、その歯が残るか、残せるか。です。


 (抜くことも含めて、)そこから、治療がスタートするのです。】


  今年は、酉年、(またどうせ、日々、躓き、しんどいと、思います。)

反省、学習の日々、試行錯誤の苦しい日々でしょう。


  しかし、正直に、真面目に、やります。羽ばたきます。


正直に、真面目にやっていれば、何か良いことがあると信じています。


第一、そうするより他に手立てもありません。



私は、私の患者さんを大切にします。


  ネットを過信せず、私を、生半可な知識と、生兵法で比較しないでください。


 私は、厳格で、優しい、名医…迷医……です。



ただ、なにがなんでも、謙虚でいたいですね。

 何故?…ナゼって、私は、謙虚な人が好きだからです。


私は、患者さんを第一印象では判断しません。

しかし、相性もあります。


《私をヤダと思ったら、試しに予約したり、ドタキャンしたり、

他の歯医者と、安易に比べないでください。》



私は、その時間と精力を、私の治療技術(スキル)を、


私を必要としてくれる、
私の患者さんの為に、誠意と全力をもって、尽くしたいのです。


私の患者さんに捧げたいのです。



《試しに予約したり、ドタキャンしたり、ましてや、無断キャンセルする人には、安易に、私を他の歯医者と比較してほしくないし、来院してほしくないのです。》



【私とは、謙虚に接してしてください。


{私は、あなたより、より、あなたと謙虚に接します。}


絶対、そうします。何故か…。

私は、プロフェッショナルだからです。】



[私の〈歯をできるだけ抜かない治療技術(スキル)は、〉おそらく、あなたの思っている以上です。]


今年、もうすぐ、私の新刊が、角川書店(KADOKAWA)より、出版されます。


 【この歯医者がヤバい・幻冬舎新書】


  共々、改めて、よろしくお願いいたします。……。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

歯は、顎の皮膚からできるのです。(骨からではないのです。)

2016-12-06 | 歯科治療

相変わらず、…

「レントゲンだけ、見て、抜く(抜かれる)と、言われました。」

と、いう患者さんが、(セカンドオピニオンも含めて、)

よく来ます。


 もちろん、全国から。〔大学病院でも、抜く(抜かれる)と、言われた人達が…。


【……と、ここで、たいへんな患者さんが、駆け込んできたので、急遽、先に記します。…!】


国立(こくりつ)の東京医科歯科大で、インプラント治療した患者さんが、来院しました。


〔左上4本(歯)の義歯が、ゆるくて落ちてしまう。と、言ったら、

「インプラントにすれば、落ちません。」

と、言われ、半年位待って、インプラント科の教授が、左上4本(歯)を抜いて、インプラント手術をしました。

(教授だし、信頼もしました。)


インプラントが、落ち着くまでも、左では、ろくに噛めない状態が続き、
まあ、インプラントを入れたわけです。


メンテナンス、定期検査には、3ヶ月に1回、きちんと、通っていたのです。


しかし、半年、1年と経つうちに、ドミノ式に、インプラントの隣の自分の歯から、悪くなり、

順番に、歯を抜き(抜かれ、)


7年が経ち、【上の歯は、全部、無くなり、


左上は4本、右上は3本のインプラントが、連結で、埋め込まれ、

《そのインプラント上に、連結で、12本(歯を作られた。》


という状態です。

で、なんと、下の左右の奥歯、4本(歯)も駄目になり、抜いて(抜かれて、)

インプラントになっていました。


最初のインプラント手術から、8年。


左上4本(歯)以外、全て、自分の歯だったのに、なんと、自分の歯は、
【上は無し、下は、左右奥4本がインプラントで、なんとか、10本。


とにもかくにも、24本(歯)あった自分の歯が、8年で、なんと、自分の歯は、上の歯は(10本(歯)あったのに、)全部無くなり、


下の歯は(14本(歯)全てあったのに、)10本(歯)だけになってしまったのです!


8年で、下の歯だけの10本(歯)だけに…
‥。なった。(された。)


まだ、50代前半の女性です。


で、今、下の前歯も揺れていて、(私が、最も大切な、人間にだけにある小臼歯も、)欠けたりしています。


【何よりも、本人が、私に訴えているのは、頭痛と、耳鳴りと‥立ちくらみがあり‥、時々、目もかすむ。‥ということでした。】


東京医科歯科大では、CTも何回か撮り、MRIまで撮ったということでした。

私は、素直に、普通のレントゲンを撮り、

全ての歯、顎、歯肉、を直接触り、


噛み合わせの音を聞き、

においも嗅ぎ、顔、肩、姿勢も触り、見て(観て、診て)、‥直接触り(私は、手袋はしません。)


レントゲンを見せて、説明をしました。

《まず、上の7本のインプラントが炎症で膿んでいて、鼻に感染していること。


そもそも、噛み合わせが合ってないので、過剰な力で噛み込み、顎関節が、左右ずれていること。
【顎関節は、耳の穴に直結しています。】

眼、耳、鼻、口は、全て、通じ合っているのです。


で、何より、何よりも、
《入れ歯が落ちるのなら、落ちない入れ歯=義歯を作ればいいので、

インプラントなら落ちません。などと言うのは、言語道断!…問題外です!》


【落ちない入れ歯=義歯を作れない歯医者は、インプラントも、ろくにできないのです。(任せてはいけません。)


落ちる義歯を作る歯医者は、

インプラントはもちろん、他の治療も、おそらく、たいしたことはないのです。


ましてや、インプラントなら落ちません。なんて。

詐欺ですよ。


それも、国立(こくりつ)の、東京医科歯科大の教授ですよ!


普通に、俗世間的に考えて、教授の言うことでしょうか‥?‥!


「あなた、これは、重大な症状ですよ。」

私は、その駆け込んできた患者さんに告げました。


患者さんは、頷いて、応えました。


《しかし、当の教授に、説明を求めても、会ってくれない。(逃げてる?)

対応は、下の医局員がするとのこと。


また、会ってくれてた時は、その教授は、言ったそうです。

「あなたが、納得して、インプラントにしたのですから。」

(責任逃れ、逃げてる?)


で、上のインプラント、7本、全て取ってください。それだけでも、すっきりします。

と言ったら、


部下の医局員達は、
(本当に、困った顔をして、)

「自分達では、どうしようない。…ここは、インプラント科だし。」

と、困惑して、何もしない(できない?)、してくれない。という始末です。】


医科でもそうですが、教授だからといって、治療が、手術が上手いとは限りません。


ただ、(頭でっかちかもしれませんが、)教授になるには、それなりの勉強は、必要です。

(もちろん、運もタイミングも、若干?の、政治力もありますが。)


医科も歯科も、狭い世界で、縦社会です。


医局員達も、困ったでしょう。

教授が逃げてたら、話になりません。

また、歯科の大学病院にありがちな、横との連携が、あやふやです。


ただ、このインプラント科の教授は、義歯の専門の科や、口腔外科や、

また、(私のような、保存治療の専門医)には、回したくないのでしょう。

自分のミスが、みえみえになり、ばれますからね。


ましてや、教授の手前、部下の医局員達は、動けないのでしょう。


しかし、患者さんは、どうなるのでしょう。

どうするのでしょう。

「歯の病気でも、死ぬこともありますよ。」
と、さんざん、煽って、やたら、無用に患者を呼び寄せて‥、


その先頭に立っている大学病院の教授が、


インプラントの後遺症に苦しんでいる患者さんに、
「あなたが、納得して、インプラントをしたんだ。」と、いい放ち、

以後、患者さんと会おうともしない。


《‥で、万が一、その患者さんが、死んだら、どうするの?

やはり、本音は、歯ぐらいで、死にやしない。と、甘えているのでしょう。

それも、教授のメンツと、上から目線で。


ひたすら、世間体と、愚かな保身で。》


【死ななきゃ、何とかなる。】と、‥。

教授としてはもちろん、人間としても、最低ですね。


私も、大学病院も含め、10軒の歯医者に抜くと言われた歯を、

「私でも、1時間以上、6回、治療しましたが、やはり、抜くのが、いいかもしれません。」と、言ったら、

交通費と治療費を返せ、と、理不尽なことを言われた経験があります。


それはそれは、やなもの、重苦しい、気持ちになり、非常なストレスとプレッシャーです。


だから、何よりも、医者、歯医者の、患者さん絡みの苦しみも、身に沁みて分かります。

原則、医者、歯医者の味方です。


(私は現在、この東京医科大で、どんなに、頑張っても、抜かず、残すのは、難しい。半年はもたないと、言われた患者さんの歯を、抜かない治療をしています。
(少なからず、居ます。)

渋谷のサイトウなら、残せるかも、と、言われた患者さんを。


大阪、名古屋、関東圏はもちろん。


私は、週刊ポスト、週刊現代、サンデー毎日等々雑誌、新聞、テレビ等、
取材は続いてますが、
どうも、大手メディアは、大学病院、特に、教授には、甘いです。


《インプラント詐欺、抜け抜け詐欺師達を排出しているのは、大学病院なのに。‥教育しているのに。》


日本は、国の調査で、
 〔弱者を、助けるべきですか?〕

 という質問に対して、
《 助けることはない。》と、回答した人が、38%で、

 アメリカの24%、中国の14%に比べても高く、韓国はもちろん、ヨーロッパ、北欧諸国などは、みな、数%で、その割合は、一桁です。


日本の《弱者を助けることはない。》という割合が、38%というのは、

先進国でも、突出しています。


 当然、《日本は、弱者に冷たい国。》というのが、国際的評価です。


  私は、数字ほど、日本は、冷たい国とは思いませんが、

特に、意外とも思いませんでした。


  文化の違いもありますが、日本人は、責任感が強く、きちっとしていて、だらしない人間を嫌います。


  中には、忌み嫌い、排除しようと、強く思っている人もいます。


  《弱い人間=弱者は、だらしない人間だ。》

《そうなったのは、自分が悪いのだ。
   自分の責任だ。》    と、思う人が、多くいるのが、日本です。


 しかし、私は、思います。

 実際、古今東西、賢者も云っています。


 【だらしない人間は、弱い人間かもしれないが、
 「弱者は、弱い人間である。」と、断定するのは、間違いである。】と。


  私も、だらしない人間は、嫌いです。大嫌いです。

 だらしない人間は、弱い人間だというのは、


 【だらしない人間というのは、意志が弱いのです。】


弱者を助けるべきか?というのは、


 ここでいう弱者とは、経済的弱者のことを云っているのです。


 経済は、緊密に政治と関係しているので、政治が悪ければ、当然、経済的弱者が、生じます。


 《当然、経済的弱者は、全て、個人の責任だとは言えませんし、だらしない人間だ、意志が弱いのだ、弱い人間だ。とは言えないのです。》


 しかし、日本人は、わりと、エコノミックアニマルと、国際的に称されることが、多々あり、わりと、金銭に卑しい国民でもあります。


《文化に金を使わない。のは、日本の欠点です。》

 文化は、儲からない。これは、いけません。


 だからこそ、また、教育、文化に金を投じる、優れた芸術家、文化人などは、‥意志が強い、頑固な人ほど、日本では、経済的弱者になりがちです。

 《残念なことです。》

 しかし、だらしなく、働かないから、経済的弱者なるのだ。

自己責任だ、と、日本人の多くは、思いがちです。


 【日本人の気質です。】

 でまた、高倉健の映画のような、

損得抜きで、筋(すじ)を通す人、男気のある、侠気、任侠を褒め称え、憧れます。


 《これは、気持ちはあっても、現実には、日本には、少ないことが、わかっているからです。》


 日本人は、働き者で、がんばり屋です。


結果、金で報われなかったら、正直、わりに合いません。


 【これらは、日本は、島国で、多民族国家ではないことにも、起因しているのでしょう。】


視野が狭く、うち向き、井の中の蛙で、寛容さに欠けるのでしょう。


日本は、陸続きでないので、ある意味、恵まれたいい国なのです。

私は、三島由紀夫を尊敬し、信条とする保守ですが…(多くの日本人も、思っているでしょうが、)

だらしない人間が嫌いなだけで、弱者に冷たいわけでもないのでしょう。

三島由紀夫のいう保守は、弱者にはやさしいです。

シンプルなシンパシイ、
単純な同情心を生活信条にするものです。


  私は、反戦、反原発、核廃絶…インプラント廃絶です。


 だからこそ、だからこそ、福島から避難してきた人達をいじめる人間は、軽蔑、侮蔑します。


 科学的にはもちろん、人間としても、最低だと思います。

 ましてや、教育者なら。

  思想、云々以前です。
 【人間は、医学的には、性格は変えられないが、行動パターンは変えられる、と云います。】


 避難してきた人達をいじめた人、猛省して、行動を改めることです。


来年、私の新刊が、角川書店(KADOKAWA)より、出版されます。
 どうか、既刊の【この歯医者がヤバい・幻冬舎新書】も、よろしくお願いします。

  大学病院の批判もしてあり、

 今も、真面目なメディアの人達からは、評価され、逆に、その評価が、また高まっています。(本当です。)


改めて、よろしくお願いいたします。… … 。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多すぎて、居ないのが歯医者です。

2016-10-31 | 歯科治療

多すぎて、居ないのが歯医者です。

居なくてもいいのが衛生士です。


《泣きっ面に蜂》ということわざがあります。


的を得ていますが、この手の、ことわざ、成句は、世界中にあるそうですが、人間の共通した性(さが)‥皮肉な運命?なのでしょいか。


《泣きっ面に蜂》、《痛い上の針》‥弱り目に祟り目‥踏んだり蹴ったり‥。


まさに、これらのことわざを、なぞるような、酷い歯医者の治療が重なった患者さんが、山形から私のところに駆け込みました。

(まさに、駆け込んで来たのです。)


山形で、上の前歯、4本(歯)を治してもらおうとしたら、6本(歯)治さないといけない、と言われ、あげく、噛み合わせが悪くなり‥。


で、ネットで探した、(東京まで来て、)新橋の歯医者に通い‥、

今度は、噛み合わせを治すには、「奥の歯も治さなければ‥。」
と言われ、

左の奥を4本(歯)を、削られ、‥


あげくに、神経の治療が駄目で、膿を出したら、
《ガーゼを、歯肉の中に、取り残され、臭くなり。》


またまた、ネットで、今度は、表参道の女の歯医者に通い‥。

さらには、「きちんと治すには、下の奥も治し、左側だけでなく、右の奥も治さなければ。」
と、言われ、


左下奥、4本(歯)、右下奥の4本(歯)、

都合、表参道で、8本(歯)、削られ、


《なんと、山形で、上の前歯、4本(歯)治しに行ったのに、新橋の歯医者を経て、‥表参道の歯医者に来た時は、


都合、18本(歯)の削られたのです。》

で、「耳鳴りまでする。」ということで、

私の所に、駆け込みました。


で、表参道の歯医者は、
「更に、もう少し削り、治療しないと‥。」

と、言ったそうです。


山形、新橋、表参道と、3軒の歯医者で、

月二回位のペースで、二年間、通い、‥


治療費、諸々で、500万円は、かかったとのことでした。


正直、引きずられ、騙された、患者さんにも、問題はあるとは思います。
(また、私は、患者さんだけの意見しか、聞いてないので。)


ただ、私は、患者さんの口と歯を、直接見て、噛み合わせの音を聴いて、口のにおいも嗅ぎ、


レントゲン写真も、見て(診て)、

もちろん、歯も口も、直接触り、精査しています。


《何ゆえ、4本(歯)の歯の治療が、18本(歯)まで、削られたのか?!》


これは、絵空事ではありません。


(私の所には、インプラントの被害も含め、

抜け抜け詐欺、‥


[削られ過ぎ詐欺]て、騙された患者さんが、また、増え、…駆け込んできます。)


  以下、科学的データです。

   歯医者は増えて、衛生教育は行き渡り、…虫歯は、顕著に減りました。

 (長寿になった分、)歯周病は増えましたが、…しかし、また、検診の勧めの普及も、広まっています。


 第一、やたら、検診だ、クリーニングだと、やたら、不要に、患者さんを呼んでいる歯医者が、たくさん、居ます。


  〈本来なら、こんなに、インプラントをする人が増えるのは、歯を抜く(抜かれる)人が増えるのは、科学的にも、おかしいのです‥!〉


 【つまり、インプラントが増えているというのは、

   抜いている(抜かれている)歯が増えているということに他ならないのですから。】


 単純に、おかしくありませんか?


  《抜いているというより、【ただただ、抜かれている】としか、思えないでしょう?》


みんな、騙されているのです。

まずは、インプラント詐欺師達を、減らし、


  技術=スキルと教養のない歯医者(特に、田舎の名士?)を減らし、


  無用に、クリーニングをして、デタラメな歯ブラシ指導をする衛生士を減らせば、自ずと、抜く(抜かれる)歯は、自ずと、減っていくはずです。


  データを、きちんと見て素直に分析すれば、誰でもがわかることです。


  《でも、現実には、実状は、インプラントは増えている。


  インプラント詐欺師達が潤っている。》

  ………
 【抜かれている歯が増えている。】ということです。


 改めて、これ、おかしいでしょう?‥!


  歯医者が増えて、虫歯が減って、衛生教育も向上して、…栄養も良くなっているのに。


  「長生きになったから‥。」と、云う人も居るでしょう。


  しかし、それは、医科ならともかく、歯科では詭弁です。


 老人の医療費は、断トツに増えています。

  しかし、歯科の医療費は、増えていないのです。


  もちろん、ここで云う医療費というのは、通常、保険医療の医療費のことです。


歯科の場合、保険の医療費は増えていない分、


 いかに、老人に、インプラントをしているか、ということになります。


 《現に、90歳の人にインプラントをして、成功した。と、ラジオで、自慢気に言っている歯医者がいました。》


 長寿になったとはいえ、日本人の平均寿命は、幾つだと、思っているのですか!‥?


 (しかも、自分で、自ら、自分の口で、食事のできる、健康年齢を考えてみてください。)


 【詐欺師達の餌食(えじき)になるのは、常に老人です。】


  噛む力の減っている老人に、果たして、インプラントが必要でしょうか?

  医療検査機器のデータを、時には、微妙に狂わせ、


 第一、(ただでさえ、増えている)骨粗鬆症の副作用、リスクのあるインプラントが、老人に、本当に、必要でしょうか?

《もちろん、個々、個人差はあります。》


 私は、インプラントを全否定するものではありません。


 先日、サンデー毎日の取材を受けました。

 (また、取材が増えています。)


   要は、歯医者が過剰で、都会では、家賃も高く、インプラントで儲けられないと、やっていけない。


  都会で、潰れた歯医者が、田舎に逃げる。


(もともとの田舎の地元の名士?‥の歯医者は、勉強もできず。金持ちかもしれないが、治療はできない。)


  概ね、勉強のできない者は、勉強をして、精進しようなどと思わない。

  当然ですよね。


 地元の名士?で、田舎の人の人の好さに甘えて、暮らしているから、向上心もないし、その必要もない。


   《田舎には、都会で潰れた歯医者と地元の名士?の歯医者しか居ない。》


で、かたや、‥

《都会には、都会の喧騒とジャングルの中で、
家賃とゼイタクな生活のために、

  抜け抜け詐欺と、削り過ぎ詐欺の歯医者が、横行している。》

[あと、やたら、患者を、無用に来院させる【呼び過ぎ詐欺】。]


 歯医者が過剰なことと、歯科の保険点数が、医科に比べて低すぎる、

 という制度的な問題もありますが、


何より、歯医者も、(患者さんも、)

《歯では死なないと、頭のどこかで、強く、無意識に、思っているからです。》


  で、悪徳な美容整形のようなものも、加わり、アノテコノテで、口車に乗せられ、騙されるのです。


古今東西、名医は、少ないです。(科学的にも、データでも。)


  ただ、医者は、八割以上が、普通以上のレベルです。
(ダイレクトに、命に関わりますし。)


  歯は、命に関わらないとばかりに、歯医者は、医者と違って、


【歯医者の八割以上は、
(私の実感では、九割以上)が、普通以下のレベルです。】



  サンデー毎日をはじめ、各種、マスコミのデータでも、


   歯医者の過剰と、不要な衛生士と、


 その勉強、学問、知識ののレベルの低下、

 何より、治療技術(スキル)の低下、


  検査機器、材料、道具がよくなったことに乗じて、安易に、歯を抜く(抜かれる)


これらの‥科学的データに基づく事実の増加。


   【結果、歯を残す治療技術(スキル)の、急激な低下。】


 サンデー毎日の記者は、私に言いました。

 「先生、先生のように、歯を残す治療技術(スキル)を持つ歯医者が少なくなり、


   何より、歯を残す治療を、学問的にも、

  技術的にも、教え、直接、指導し、その治療技術(スキル)を伝えられる歯医者が居なくなっているのです。」


 私は、日々、これは、実感、身に沁みて実感しています。


  恐ろしいほどです。



私は、また、繰り返します。

 過剰な歯医者と、不要な衛生士は、(真摯に、紳士に、)

  教育をし直し、介護従事者にすることです。


  でないと、歯を抜き(抜かれ)、


  インプラント詐欺、削り過ぎ詐欺、

   無用、むやみに、患者を、呼び、

クリーニングだ、検診だと、称して、

 (せいぜい、年にニ~三回でいいのに、)


  無用な衛生士の人件費のために、デタラメの、クリーニングと、ブラッシング指導をして、

呼び過ぎ詐欺。


 あげく、「この歯は、残りません。」


 何のための、検診か、クリーニングか、ブラッシング指導か‥。

… …

私の所には、(セカンドオピニオンも含め、)

  全国から来院します。

 恐縮します。


 しかし、同時に、嘆きます。


  私にも、限度、限界があります。


  《ただ、ただ、実感として、何と、多くの残る歯が、残せる歯が、抜かれているか。》


 【中には、何でもない、健康な歯までが、犠牲になっているのを、目の当たりに見ているのです。】


   私は、歯全般では、まだ名医ではないかもしれません。


  日々、勉強、反省、その治療技術(スキル)の向上に、努め、研鑽、修練しています。


 ただ、歯を残す治療では、私は、全国でも、名医かもしれません。


謙虚に、日々、反省、学習していきます。


 【歯科の初心は、まずは、その歯が残るか、残せるか、です。】


  そこから、抜くこと、削ることも含めて、治療が始まるのです。


  むやみに、抜かない(抜かれない)、

  削らない(削られない)ことです。


 時には、(いい意味で)そのままにしておくことです。


  焦らず、急(せ)かされず。煽(あお)られず。

{ …見逃し、見守るのも、名医です。}


 (噛めない、痛いのも、困りますが、)


 [金かけて、噛めない、痛い、治らない、(治せない。)ではね。]


 【この歯医者がヤバい・幻冬舎新書】に続く、

  新しい本が、大手出版社から出ます。


  また、よろしくお願いいたします。


 それまでは、改めて、【この歯医者がヤバい・幻冬舎新書】

 を、よろしくお願いいたします。


 いまだ、内容は、古びていません。


 マスコミ各社も、むしろ、先取りしていると、言ってくれます。


 「先生は、むしろ、業界では、おそらく、自身が思っているより有名ですよ。」とも。


  恐縮します。自戒し、より謙虚に、


 (しかして、また、肩の力を抜いて、)


 公私とも、心身共に、改めて、身を引き締めます。… …。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

歯は、抜くのが楽(ラク)‥ 今や、インプラントは、狭き門ではない。

2016-10-01 | 歯科治療




 私は、ここで、改めて、強く、云います。


【私は、インプラントはできるけど、やりません。
   かつ、 …、自身の口にも、やらせません。】

科学者は、やりたがります。試したがります。


 もちろん、そのおかげで、科学の進歩と、救われた命も、‥今更、

云うまでもありません。


  ただ、そこには、常に、犠牲が伴っています。(命=死者も。)


 しかし、まあ、歯は、なんと、軽く、かるく、カルク、扱われ、処理され、犠牲に、と言うより、いい実験台になっています。


織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の、三人それぞれの性格を伝える、言いぐさになぞらえると、

  今、インプラントと自分の歯は、こんな感じです。


 「抜かぬなら、抜いてしまえ。(ホトトギス)」

 「抜かぬなら、抜いて(抜かせて)みせよう。(ホトトギス)」


 「抜かぬなら、抜く(抜ける)まで待とう。(ホトトギス)」


日本人は、豊臣秀吉が好きな人が多いから、


  インプラントをする歯医者達の心境、


インプラントに誘導する歯医者達の心境は、

 豊臣秀吉の性格に例えた、

 「抜かぬなら、抜いて(抜かせて)みせよう!…。」

  というところでしょうか。


しかし、インプラント詐欺=抜け抜け詐欺師達の心境は、


 織田信長のように、

「抜かぬなら、抜いてしまえ!抜かせてしまえ!…」


とばかりに、部下の歯医者達に命じているようです。


  私は、新聞、テレビ、雑誌等に取り上げられてからというもの(以前にも増して、)

全国から、セカンドオピニオンも含めて、来院してくれますが、           (正直、経済的には、潤うどころか、マイナスです。)


  《とにかく、歯医者は、歯を抜きすぎです。》

それが、ますます、実感として、私には、身に沁みます。

   分かります。


 はっきり、言います。
 中には、全く、健康な歯もあります。あるのです。

歯は、抜かない、削らないが、原則、ベストです。


  《インプラントの原点は、なくなった歯を補うのにあたり、

  ブリッジだと、隣接する歯を削る短所があり、
(特に、隣接する歯が、健康な歯なら、なおさらです。)


  義歯は、見映えと、噛み心地に、いくらかの問題がある。ということでした。》


  しかし、義歯は、噛み心地はもちろん、

 見映えも、審美的にも、だいぶ、優れたものができてきました。


   インプラントは、隣の歯を削らない利点が、何よりの原点ですが、

   噛み心地は、よくありません。


  義歯もそうですが、インプラントも、それ自体は、噛んだ感覚は、伝えません。


  《義歯は、歯肉を介在して、

     インプラントは、直接、骨に刺激が伝わります。》


 【自分の歯は、歯根膜という優れた繊維の膜を介在して、刺激が伝わります。】


  歯も臓器です。1本ずつに膜(まく)があるのです。

  人間の臓器は、腹膜、胸膜、脳膜…骨膜……という具合です。…人間は、膜に包まれ、…とりわけ、膜(まく)は、感覚を司っているのです。


  で、私の心境は、こうです。

  【抜くのなら、残してみせよう。(ホトトギス)】です。

  という気概です。


  膜(まく)のないインプラントが、《自分の歯のように、噛めるわけがない》のです。


  インプラントは人工物ですよ。

インプラントも、入れ歯の一環です。


 歯は、(くどいようですが、)そのひとつひとつが、立派な臓器ですよ。

  歯は体の大事な一部です。


近頃、また…

 私は、なんか、(意地になって? )私は、歯を残すことに、執着しています。


  【抜くのなら、残してみせよう。(そんな歯も、どんな歯も。

 …抜くと言われたそんな歯も、どんな歯も。】


  これくらいの気概で構えないと、

  《今や、健康な歯をも、抜いてる(抜かれて)いるのが、現実なのです。》


  セカンドオピニオンも含めて、北海道から沖縄まで、私のところに来院してくれます。(恐縮します。)


  私は、だから、目の当たりに、健康な歯すら、抜く(抜かれる)‥

抜いている(抜かれている)実態を、見、聞き、‥生々しく、実感しているのです。


  【だから、私を、安易に、比較しないでください。】


  レントゲンだけで、あなたの歯を、直接見もしない、触りもしない‥噛み合わせの音も聞かない。(私はにおいも嗅ぎます。)‥そして、何より、口全体を精査しないで、

 「この歯は、抜く以外にありません。」などと‥!

 分かるわけないのです。
だからこそ、
繰り返します。私を、比較しないでください。


【私のところに、来ようと思ったら、

 ネットやらなんやらの、生半可な知識で、ネットサーフィンやらで、
  私を比較しないでください。


 私の直接の診察を、まず、受けてください。】


  そのうえで、改めて、もとの歯医者に戻るなり、他に行くなり、大学病院を検討するなりしてください。


 (但し、大学病院こそ、玉石混淆ですよ。)

大学病院は、教育機関でもあります。


原則、最終的には、責任も含めて、面倒はみてくれますが、

 実験台になることも覚悟して、通うことです。


   《やはり、いきなり、大学病院に行くのは無謀です。》


 私は、大学病院に助けられてもいますが、

 (全国各地の大学病院からの紹介も含めて、)大学病院の尻拭いも、数多くしています。


[渋谷のサイトウなら、この歯を残すかも…。]と、大学病院で言われて来る人も、少なからず、いるのです。


 だから、そんな私を、安易に、(私の診察を、直接、受けもしないで、)比較しないでください。

 【私の、(患者を直接触る診察を受けないで、)私を比較しないでほしいのです。】


 私は、日々、(原則、完全予約制で、)歯を残す治療に、執着し、その治療技術=スキルを研鑽しているのです。


 半端な気構えではないのです。


 だから、また、私は、頑固で、つむじ曲がりです。

 もちろん、それは、治療に於いてです。


【私は、プロフェッショナルだからです。】


私は、自分の患者には、トコトン、親切に、誠意を尽くします。

但し、それには、患者さんの方も、病識(びょうしき)があってのことです。


《病識(びょうしき)というのは、知識ではありません。》


【病気に対する真面目な関心、認識、聞く耳を持つということです。】


とりわけ、私のところには、何軒かの、歯医者を渡り歩いている人、大学病院も含めて、尻拭いの治療もあり、


常に、ストレスとリスクを抱え、日々、プレッシャーの連続です。


(患者さんもストレスですでしょうが、)私も、一生懸命です。疲れます。


尤も、誰でも、真面目に地道に仕事に取り組んでいるプロは、プロフェッショナルほど、当然でしょうが。


【だからこそ、ここは、お互い、初心に還って、聞く耳を持たないといけません。】


[信頼関係を築くことです。]


改めて、断言しますが、私は、患者さんを色眼鏡では、決してみません。
(16年いる優秀な二人のスタッフとも、プライベートで、コーヒー一杯、共にしたことはありません。)


【私は、プロです。

初心と信頼と相性です。

加えて、患者さんの病識(びょうしき)あってこそです。】


 と、云っても、 普段の私は、もちろん、どこにでもいる、平々凡々な男です。


決して、怒らず、人間関係には、不器用です。

 わりと、親切なところはありますが、方向音痴で、人見知りです。


 {話を戻します。}
さてさて、ここで、改めて、真摯に断言します。

 【とりわけ、大事な歯は小臼歯です。】

 歯並びを治す矯正治療で、一般的に抜くのが、小臼歯です。

   《私は、安易に小臼歯を抜かず、大臼歯を抜いて矯正してほしいと、提唱していますが、

どうも、難しいようで、浸透しません。》


  小臼歯を抜いて、歯並びを治した人の副作用として、年が経つにつれ、歯と歯が開いて、いわゆる、[スキッ歯(すきっぱ)]なることがあります。

 結構、悩んでいる人がいます。


   また、小臼歯は、歯をスムーズに動かす司令塔なので、

矯正して、小臼歯が足りないと、
  若干、食べる時に、(工夫しないと、)クチャクチャ音が鳴ったり、いささか、品のない食べ方になります。


  まあ、これらは、個人差もありますが、日々のケアと年2~3回の検診と、工夫で、だいぶ、予防でき、治せますが。


小臼歯がないと、噛む効率が悪くなり、(時に、品がなくなります。)


歯並びを治す、矯正治療に、小臼歯を抜くことがある。ということは、

【歯並びの悪くない人が、

   小臼歯を抜く(抜かれる)と、


    てきめんに、歯並びが悪くなる。経年的に、
   歯並びが悪くなってくる。】

と、云うことなのです。

  シンプルイズベスト。
  《素直に考えれば、誰にでもわかります。
自明です。》

だから、とりわけ、小臼歯は大切にすることです。


   しかし、そんな私も、こんな経験をしました。
 「10軒以上の歯医者に行きましたが、その歯は抜きますと言われました。
  大学病院でもです。」
 と、私に訴えます。

《しかし、何か、最近の治療の形跡もなく、(拙い直感ですが、)妙な感じはしました。》

 「私でも、無理なら、抜くこともあります。」と、説明して、

 一回に、1時間以上の治療をしました。


  しかし、クイシバリが、予想外に強く、問題の歯は、壊れるリスクがあり、残せないかも?と、改めて、説明しました。
すると、その患者さんは、抜きたくないからと、検討する、ということで、しばらく、治療を中断しました。


が、2ヶ月程経ち、‥
 その患者さんから、突然、

「大学病院で、抜くことになったから、6ヶ月分の治療費と交通費を返してくれ。」

 という旨の文書が、私に届きました。

 私には、当然、初めての経験でした。


 6ヶ月といっても、月1回でしたので、私の所には、6回の来院です。


  私は、歯科医師会に相談し、悩みました。


 歯科医師会には、医師、歯科医師だけでなく、弁護士、第三者も控えています。


 しかし、その患者さんは、歯科医師会の話を聞き入れず、

《患者は、弱者だ、犠牲者だ。》といい放ち、‥
私を直に責め続けてきました。


 …結果、何とか、歯科医師会の第三者が納めてくれましたが、

 その患者さんの性別、その他、素性は、守秘義務もあり、明かせませんが、… 医師も含めた、第三者の話だと、

  いうところのクレーマーで、医者、歯医者云々でなく、自分の意にそぐわないと、(モンスター的に)戦っている?そうです。


   私は、家族にまで、恐怖感があったので、警察への相談もよぎりましたが、留まりました。

 《弱者を装う、モンスター?》


   警察の権力が強くなるのは、原則、歓迎しませんが、ストーカーは、本当に、悪質な犯罪行為だと、身に沁みました。


  私は、どこにでもいる平凡な人間です。


 しかし、近年、【歯を抜かない、残す治療では、少し、全国的に有名になり、】

  リスクの多い難しい治療が増えました。


 自身、至らない時は、治療費無しで、治療のやり直しもしていますが、…
(改めて、謙虚に身を引き締めます。)

【医者も歯医者も患者さんを救いたいのです。】

 インプラント詐欺を始め、悪質な医療行為は、もちろん、断罪すべきです。

 しかし、医者もまた弱者です。

 患者さんもまた、徳川家康のように、じっくり構えて、

 「いずれ、ダメになります。」に、騙されず。焦って、抜かない、抜かれないことです。


【この歯医者がヤバい】(幻冬舎新書)に続く、

私の本が、大手出版社より出ることになりました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

抜いて嬉しい花一匁。(ヌイテウレシイ・ハナイチモンメ)。‥ インプラントが欲しい!

2016-09-05 | 歯科治療

【良医とは、患者に安心感を与える人。】のことです。



焦らず、慌てず、患者の身体をくまなく、よく診て、…

治療方針を描き、

治して当たり前。とくに、ほめられることもなく、‥期待もしない。


私は、勿論、まだまだ、良医ではありません。

しかし、日々、謙虚に、良医を念頭にして、初心を見失うことなく、治療に携わらなければ…と、努め、務めています。


しかし、歯医者は良医どころか、‥

‥医者であることも辞めました。


‥この歯は要らない。その歯も、要らない。インプラントが欲しい!


インプラントが欲しい
  お金が欲しい!


 貧乏人は、保険で安く済ませばいい。


  《とにもかくにも、まずは、歯を抜くことだ。》


 私は、実は、本当に、真面目に困っています。

 悩んでいます。

 (フザケテなんかいられないのです。)


   真剣に、困惑しています。


 (正直、週刊ポストに取り上げられたこと等、たいしたことではありません。)


  ただ、日本全国から、セカンドオピニオンで来る患者さと接して、

「ずいぶん、歯医者って、いい加減なんだなあ。」
 というのと、


「患者さんも、歯そのものも含めて、… 歯磨きも含めて、歯の手入れのイロハもわかっていないんだなあ。」
 ということです。


何故、こんなにも、私から、初めて言われた。


  今までの歯医者からは、そこまで、(私くらい、うるさく注意、指摘されなかった、)と、

いう人が多いのか、定期的に歯医者に行って人こそ、特に驚いています。


まずは、歯ブラシの仕方。

   {歯だけを磨いているのでは駄目なのです。歯肉のマッサージをしっかりして、血行を良くすることを、教えていない。(教わっていない。)


  《歯周病のバイ菌は、酸素を嫌うバイ菌だから、歯肉の血行を良くして、しっかり、マッサージして、出血しても、マッサージして、血行を良くして、


    酸素を歯肉に運び、歯周病のバイ菌がイヤガルこと、歯周病のバイ菌が増えないようにしないと、…歯だけを磨いているのでは、駄目なのです。》


  虫歯のバイ菌は、酸素が好きだから、歯だけを磨いていてもいいのですが、


   年齢を重ね、年とともに、一生付き合い、つきまとうのは、虫歯ではなく、歯周病の方です。


  歯周病の予防、治療には、歯肉のマッサージが不可欠なのです。


 それを、バカな衛生士が、歯間プラシの使い方やら、なんやら、グダグダ教える。


  歯間プラシの使いすぎで、無駄に歯肉を傷つけている人も、かなりいるのです。

  《医学的な根拠もなく、歯ブラシ指導をしている証です。》


 歯肉のマッサージをしないで、歯だけを磨いていても駄目なのです。


 歯医者も、そうした指導をしていない。


  私の所に、きちんと来ている人は、

 「歯肉のマッサージをしていると、気持ちいいです。」

 と、言ってくれます。


    当然です。毎日のことです。

   【適度な運動=有酸素運動が、気持ちいいのと一緒です。】


  きちんとした獣医も、飼い犬の歯ブラシ指導の際、

  「ペットの歯など、それほど、磨かなくてもいい。


    マッサージ用の指サックで、しっかり、飼い犬の歯肉のマッサージをすることです。」

 と、強調、指導しています。


 犬等、肉食動物の歯は、虫歯になりにくい形状ということもありますが、

 飼い犬、ペットは、雑食化しています。

 虫歯はもちろん、歯周病のリスクも高いのです。

 で、何より、歯肉のマッサージは、口臭の予防、=酸素には、消臭作用があります。


   犬の口も臭いですが、虫歯のほとんどない若い人からも、

   歯肉のマッサージの励行による、口臭の予防、口臭の消失による、そのマッサージ効果に、私は、感謝されます。


 (当たり前のことなのですが、ありがたいことです。恐縮します。)


  《もちろん、歯肉の出血のある人は、出血させて、悪血を出すことです。

    で、歯肉が、締まって、出血が少なくなることが大切です。》


【毎日のことです。

   歯周病は、周知の通り、生活習慣病です。】


 歯ブラシひとつとっても、私に、初めて云われたなんて!


   で、検診だけなら、年二回、せいぜい、三回程度でいいのに、


  中には、毎月、クリーニングだ、指導だと称して、患者さんを来させている歯医者もいる。


で…

  《ヤることといえば、衛生士が、いい加減なクリーニングと指導をしているだけ。


   時間と金の無駄どころか、歯が悪くなります。》


 一事が万事、…歯ブラシひとつとっても、

《私に初めて云われたなんて…他も推して知るべしです。》

 それも、日本全国。


 医科に比べ、歯科の病気は、概ね、虫歯と歯周病で、

   歯科の範囲は、狭いです。

  特に、一般の開業医は、虫歯と歯周病の治療に追われます。(負われます、逐われます。)


なのに、ことさら、愚かにも、やたら、ことを大きく振る舞う歯医者が増えました。

 (大学病院も含めて。)
  顕微鏡やら、マイクロスコープやら、CTやらを大げさに持ち出して。


   もちろん、視野の明示、より正確な診断は必要です。


  しかし、それらを持ち出して、患者さんを、大袈裟に大仰に煽り、威かし、不安を抱かせるのは、いかがなものでしょうか?


  《医者の初心=患者の不安を取り除くのが、医者の務め。》


     患者に安心感を与えるという医者の原点に逆行しています。


  人間としても、おかしくありませんか?


  《で…歯を抜くように、恐怖心を刷り込み、不安をつのらせ。》

 歯を抜かせる気持ちにさせて、誘導する。


  【冷静に、素直に考えてみてください。

  これ、詐欺師の手口と一緒、同様の手口です。】


 歯は抜いたら(抜かれたら、生えてきません。

   歯は、現在では(今は、将来的にも、)再生はしません。


   《インプラントは、断じて、自分の歯でないのは、もちろん、

   自分の歯のようにも、噛めません。

 噛み心地はよくありません。》


   私は、インプラントを全否定するものではありません。


ただ、週刊ポストでも、「不必要に歯を抜いてはいけない。」


 と、言っているインプラントの専門医も、

 「しかし、インプラントは、きちんと、治療すれば、自分の歯のようになります。噛めます。」
 と、主張しています。

 で、半永久的にもつ、とも。

   これは、違います。


 あと、やたら、歯を抜きたがる歯医者は、

  虫歯、歯周病に加えて、《この歯は、割れてます。》

  と、威かし、不安を煽ります。


おかしいですよ。


 歯医者は過剰だし、生活も苦しいです。


確かに、割れてる歯は、残すのは、私でも、残すのは無理なものもあります。

  あと、重度の歯周病で、臭いが酷く、ぐらついている歯、私でも、抜くことはあります。


【しかし、あなたが、その歯が、煩わしく、嫌いでなかったら、

 愛着があるのら、焦って、抜く(抜かれる)ことはないのです。】


  確かに、歯は、消化器でもあり、見てくれにも、快楽にも、深く関わっています。


  ただ、《早く抜いた方がいい。

     とか、今のうちに、抜かないと、他の歯も悪くなるとか。


 中でも、何より、悪質なのは、〔抜かないと癌になる。〕とか、


    〔いずれその歯は駄目になる。〕とか…等々…エトセトラ……。》


医学的根拠とかどころか、全くのデタラメ!


 焦って、口車に乗らないこと、騙されないことです。


 何より、仰々しく、CTやら、レントゲンやら、見せるだけで、


 【歯を、直接、触りもせず、噛み合わせの音も聞かず、口の中を見ないで、臭いも嗅がないで、…
  とにかく、直接、五感を働かせないのは、…

(私には、加えて、第六感があります。)】


 人間、ある種、権威と恐怖をもって、云われると、案外、コロッと騙されるものです。


 《これが、詐欺師の手口なのです。》


 【裏付けのある、根拠のある権威なら、

   人を安心させることはあっても、不安を煽ることなど、ありません。】

  ましてや、医者です。 ただでさえ、患者は不安を持っているのですから。


 《不安感に、恐怖心というスパイスを加えると、平常心が、隠されてしまうのです。》


 冷静でいられなくなり、焦って、自分を見失ってしまうのです。


  インプラントが、認知症に悪いのも、週刊誌には、近頃また、掲載されていますが、


 私は、拙著、
 【この歯医者がヤバい・幻冬舎新書】にも、記したし、


   数年前から、発表しています。


 週刊誌は、今になって、私を後追いしているのです。


   ただ、人間、相性もあります。


  セカンドオピニオンも増え、全国から、来てくれて、
(本当に、恐縮します。
   ありがとうございます。)

 【各地の大学病院からも、あいつなら、抜かないかも…と、紹介されます。

   大学病院には、もちろん、私も助けられています。改めて、恐縮します。】


 しかし、敢えて、苦言を呈します!


 大学病院の権威で、患者を威かし、

   インプラントをやりたがる歯医者、…患者を試そう、実験台?にしよう、という輩もいます。


  また、研修医には、未熟な者も多いです。


 大学病院は、教育の場でもあります。

 それは、覚悟することです。


 しかし、大学病院は、原則、責任を持って、最後まで、面倒はみてくれます。


 だから、合わないと思ったら、遠慮なく、大学病院の場合は、担当医を変えてもらうことです。

 最高責任者は、教授なのですから。


  さてさて、私も患者さんを選びます。


 私はつむじ曲がりです。

 人間、理屈抜きの相性と、直感があると云います。

 私は、そこらにいる平凡な、欠点だらけの人間です。


 【ただ、プロの矜持(プライド)は、確かです。】


 私は、私の患者さんを、大切にします。

  トコトン、誠意を尽くします。

親切にします。


  ただ、なんとなく、理屈抜きに、私から離れて行く人…、


  私も離れて行くこともあります。


  ただ、再三、繰り返してますが、私は、患者さんを色眼鏡では見ません。


 知り合いが患者さんに来てくれることはあっても、

  患者さんとは、プライベートな付き合いは一切しません。


  もう15年いる、わりと美人な、優秀な助手二人とも、一切、プライベートな付き合いはしていません。



《インプラントも歯を抜くのも、やれば、医者の方が上手いでしょう。》

  またまた、繰り返します。


【歯科の初心は、まずは、その歯が残るか、残せるか、です。!

   (抜くことも含めて)、そこからが治療なのです。】


  年取って、口も小さくなり、骨もやせます。


 何より、噛む力も、顎の力も弱ります。


  そこに、インプラント…というのも、


 この機会に、改めて、よく考えなおさないといけません。

  医学的にも、


 私自身も、医者と歯医者の原点=初心に還って…。…!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯も臓器です。 人間(誰にでも)、どこに、完璧な臓器など、あるのでしょうか…?!

2016-08-01 | 歯科治療

 改めて、近頃、また、【駆け込み寺】の感が強くなり… …。



  週刊ポストに、少し紹介され、(私は、本の出版も、新聞、雑誌、テレビの出演、取材等、…

  自身、売り込んだことはありません。


  ただ、狭く、閉鎖的な世界です。

 取材には、慎重に、かつ、誠実に、対応しています。


  それでも、脅迫めいた電話、手紙等は、あります。)


 本当に、歯科の世界は、閉鎖的で、

   医科の比ではありません。


 で、また、医科にある政治力もなく、加えて、医科への劣等感、
 ‥卑屈です。

  (私は、もっと開かれていいと思うのですが、)

  ますます、《村社会》になり、…

ひたすら、「自分だけを守ろう。」と、引きこもります。


  いいですか?           歯医者は、【自分たち】を守ろう。

ではなく、
【自分だけ】を守ろう。なのです。


  だから、歯科界の、歯医者全般のためには…

 今後の‥将来の歯科、歯医者のためには…云々というのは、

概ね、却下されます。


   というより、《無視される》のです。


  今、ここの、日々の生活に、追われ、視野狭窄に陥っています。


 《自分だけしか見ない。 あとは、

 見ざる、聞かざる、言わざる‥です。》


 また、偏差値も低く、高校、大学と、教養を、きちんと身につけていないし、


 大学も、教養課程を重視していません。


  もともとの頭が悪い学生が、努力もしないで、教養課程をクリアしてしまうので、


  倫理観の低い人間が多いのです。

 (で、また、田舎の歯医者の息子など、なまじ、代々、それなりの金持ち、土地持ちも多く、‥ 頭も悪い、教養もない、‥向上心もない、
  倫理観にも欠ける。)

  そんな歯医者ばかりです。


 【私は、日本各地、全国から、来院してくれる患者さんを、診て、観て、直接、触れて、】


直に、話を聞いて、それを、ますます、身をもって確認し、確信しました。


 (私も金は欲しいし、お金は大切です。)


 やはり、医科との収入格差が、歯医者を卑屈にしています。


(世間が、思っているよりも、医科と歯科との収入格差は大きいです。)

歯科医の平均年収は、医者の3分の1以下です。
(新卒は、5分の1です。)


 で、医者への劣等感が加わり、ますます、歯医者は卑屈になります。


  《人間、誰しも、卑屈と劣等感が、重なると、良からぬことを、考えるものです。》


  これは、自身、自戒を込めての、確信です。


 一生懸命やっても儲からない。


  尊敬もされない。所詮、医者にはかなわない。

 歯医者は過剰です。縛りも制約も厳しい。

 まさに、厚生省とのいたちごっこ状態です。


 …で、結果、歯医者がすることは、…


(通常、一般的には信じられないと思われますが、真実なのです。)…それは、


 《歯医者が、最も、安全に、安心して、収入につながる治療が、抜歯=歯を抜くことなのです。》

  自分で、患者さんの問題の歯を抜くのが危ういと思えば、大学病院に依頼して、抜いてもらえばいいのです。


 繰り返します。        [今や、歯医者にとって、最も安心、安全、楽で、トラブらない治療は、歯を抜くことなのです。]


  歯を抜いても死なない。根本は、それにあり、それに尽きるのです。


[抜歯=歯を抜くことことこそが、安全、安心の治療で…

そこから、インプラントに誘導することが、儲かる花道なのです。]


 しかし、歯は臓器です。胃や腸、肝臓、腎臓、果ては、心臓と同じ、立派な臓器なのです。


 【医者が、そんなに、やたら、臓器を取りますか?

 「歯を抜いても、死なないから。」と…安易にやたら、歯=臓器を取っていいのですか?】


  理屈抜きに、素直に、シンプルに考えても、おかしいですよね。


人間は、やたら、自分の歯を抜く(抜かれる)と、精力が弱ります。

(動物なら、死ぬこともあります。インプラントも入れ歯ですが、動物には、野生動物はもちろん、通常、入れ歯はありません。)


  だから、私は、自分の著書でも、若干、下品な言い方ですが、


 {インプラントはインポラントである。}と、書いています。


  臓器を取れば、精力は弱ります。


 歯は臓器です。
   物理的に、唯一、食べ物を砕く、消化器であり、
  非常に優れた感覚器です。


それを、
 「いずれ、その歯はダメになるから、
 今のうちに、抜いて、インプラントにしましょう。

   でないと、いずれ、隣の歯もダメになりますよ。」


  バカらしい!           胃だって、腸だって、肝臓だって、腎臓だって…いずれ、ダメになりますよ。


  心臓だって、いずれ、ダメになって…で、死にますよ。


  いいですか。
 【歯を抜いても、死なないからこそ、
  だからこそ、

  焦って、抜く(抜かれる)ことは、ないので。】


 自分が、その歯が嫌いなり、(自分の不養生もあるかもしれませんが、)

  《その歯の存在が、ストレスになり、食生活も含めて、日々、肉体的にも、精神的にも、支障になってきたら、

そうなって、初めて、
   治療の一環として、抜くことを検討すればいいのです。》


  まだ、その歯が好きだったら、できるだけ、抜かず、抜かれず、残してあげてください。

  【根本の、生死に関わる問題でないのなら、

  自分の歯、その歯を大切にすることです。】


  インプラント詐欺師たちの、抜け抜け詐欺の甘言に乗り、騙され、誘導されないことです。


私の所には、北海道から、九州まで…来てくれますが、(本当に、恐縮します。)


 先日、初めて、沖縄からも来てくれました。

 (東京の病院に通っていることもあり、)私の所にも、通院するとのことでした。


だからこそ、ということでもないのですが、


  予約を取った限りは、無断キャンセルはもちろん、ドタキャンもせず、…やはり、ちゃんと来て欲しいですね。


 《もちろん、私よりも優れた歯医者はたくさんいます。》


  あなたにとって、(相性も含めて)優れた歯医者を選択して、信頼してください。


 私はつむじ曲がりです。

  私も、患者さんを選択します。


【私は私です。

若干、異色の歯医者です。

他の歯医者とは、あちこち、ネットサーフィンなんかでは、比べてほしくないですね。】


 私は、私の患者さんには、とことん、誠実に治療します。親切にします。


 歯を、あなたのその歯を抜くのは、30分でも、その歯を残すのは、30分では、とうてい済みません。


しかし、なかには、やはり、この歯を残すのは【私でも困難です。】と、言うと、


 と、私が精査して(私はレントゲンはもちろん、  直接、触って、観て、嗅いで、聴いて、診断します。)

というと、…


なかには、「抜くのだったら、まるで、私の精査も、診断も、無駄たった。」

というニュアンスで言われることがあります。


もちろん、私の前に、他の歯科医、(大学病院にも)残すのは困難と言われています。


  今、大学病院でも、インプラントをやりたがります。


 多くこなして、インプラント治療を向上させたいのですが、


 …しかし、大学病院すら、いささか、安易に、歯を抜いて、インプラントに誘導しすぎです。


  患者さんは、みんな、いい人ばかりです。


 ただ、私の所には、ダマサレテ、精神的にも不安定な患者さんも、結構来ます。


正直、私も、日々、しんどいです。


 しかし、こうも、抜け抜け詐欺が横行していると…。



 日本も、格差社会になりました。


 中国の格差は、まさに、残酷です。(貧困層には、喰えず、人身売買までしいる人達までいます。)


 金持ちは、豪遊、爆買いです。


中国の識者の中には、金持ちの豪遊、爆買いを見て、

 「あの人達は、あまりにも、貧しくて、金(かね)しか持っていない…。」

と、云っている人達がいるそうです。


 もちろん、お金は大切です。


 《しかし、金は宗教です。

その為に、金の為に、人間は、時に、…

理性、常識を失い、殺人すら、簡単にします。》

己、ポリシーを持ってないと、溺れます。


自戒、反省を込め、…日々、私も、自身、見直します。



 【歯科の初心は、まずは、その歯が残るか、残せるか、です。】


 そこからが、(抜くことも含めて、)治療なのです。


 歯は、臓器です。


 歯も含めて、人間、完璧な臓器など、誰しもが持ってないのです。


  優秀な生物学者が言ってます。

人間にとって、何が一番、体に悪いのですか?との、問いに、

(笑いながら、かつ真摯に、)

「年を取ることです。」

と、応えたそうです。



《その歯、いずれダメになります。》

 の甘言に、乗らず、安易に、焦って、自分の歯を、抜かない(抜かれない)ことです。


 【歯では死なないのなら、なおさらです。】


 あなたが、その歯を嫌いにならない限り… …。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

この格差社会の中【安全神話の上に胡座(あぐら)をかくインプラント詐欺師達…!】

2016-07-04 | 歯科治療

この格差社会の中、

【安全神話の上に胡座(あぐら)をかくインプラント詐欺師達…!】



{まずは、始めに、全国共通の、インプラント詐欺師達の常套句に騙されないこと!と、記して置きます。}

で、続けます。


……ドキュメンタリー番組の取材もされて。


…で、その最中(さなか)

借金150万円をして、二本のインプラントをして、咬めなくなった人が来院しました。


(借金してインプラントすることが、まず愚かそのものですが、)


「一生ものだ、自分の歯だ。骨のあるうちに!」と言われ、歯を抜いて(抜かれて)インプラントにしているのです。


(私の所には、全国各地から来院しますが、)
まあ、借金してインプラントという人は少ないですね。(でも、何人かは来院してます。)


この人は、地方の人で、インプラントは新宿のS歯科という所でしてました。

《まさに、抜け抜け詐欺です。》


振り込み詐欺、オレオレ詐欺と一緒で、案外、人間は、簡単に騙されるのです。


「私は大丈夫!」が、落とし穴、=…騙されるのです。


《2万本のインプラントをして、実績も失敗もない!

治療はできてる!》

と言って、話を聞かないということでした。


【2万本のインプラント?それだけ、むやみに歯を抜いて(抜かれて)いる証です。】


何事も、両面から検討することです。


その新宿の歯科医院は評判のインプラント詐欺医です。

「自分には、日本一の顧問弁護士がついてる!」とも、言ってたそうです。


【それだけ、どうしようもない治療、トラブルを起こしているのでしょう。

日本一の弁護士を雇わなければならないほど…。】

視点を変えれば、そうなりますよね。


(患者を脅し、上から目線で。)


自分の治療(インプラント)に自信がなくて、後ろめたい証です。


そりゃ、後ろめたいでしょう!


相当数の抜かなくても済む歯、

治療もせず、


中には、レントゲンやらCTやらで、見るだけで、

健康な歯まで、
《インプラントにするために=儲けるために、抜いてしまうのですから。》

そりゃ、後ろめたいでしょう?…でもないかな?

そういう人って、
面の皮が厚いか。


良心の呵責などないか!
ツヨイんだろうな…。


いいですか!

2万本のインプラントをしたなんて、…それ、実績ですか?


《10年で、2万としたら、1年で、2千本近く歯を抜いて(抜かれて)いるわけです。


20年のスパンを考えても、1年で、1千本近くの歯を抜いて(抜かれて)いる計算になります。》


インプラントが普及したのは、ここ10年…。


《特に、リーマンショックで、歯医者の台所事情も苦しくなった、平成20年以降、=西暦2008年前後からです。》


[因みに、インプラントの死亡事故が起きたのは、平成19年(西暦2007年)です。]


年間2万本の実績等と、銘打って、標榜、宣伝している歯医者など、絶対に行ってはいけません。

【1年で、1千本以上、2千本近くの歯を抜いて(抜かれて)いるなんて、そら恐ろしいです!

ゾッとします。おぞましいです。】


異常です!実績も何も、ハッタリ以前の問題です。

《医者じゃないです。(やはり、歯医者は、医者じゃないのか…?)…。です。》


冷静に、頭を冷やして、深呼吸して考えてみてください。


《あなたの、その歯を、自分の歯を抜く(抜かれる)前に。…!》


この手のインプラント詐欺師は、全国どこにでもいます。(散らばっています。)


九州などにも、宗教めいたインプラント詐欺師がいます。


(田舎には、また、患者さんの人の良さにツケコム、偽物の名士?がいて、
ライバルも少なく、レベルの低い歯医者が、やりたい放題、抜き放題です。)


《直接、その歯を触りもしないで、抜くと断言するなんて、…医科では考えられません。》


私は、直接触れることはもちろん、噛み合わせの音を聴いて、…においも嗅ぎます。


器械に従い、器械に使われ、器械に土下座する歯医者逹… …。


医科の原点が、

【患者の命を救うこと。】ならば、


歯科の原点は、
【患者の歯を救うことにあるはず!】にあるのは、至極、当然ではないでしょうか?!


医者が、その原点を見失うと、患者は死にます。 {実際に、安易な腹腔鏡手術等で死亡事故(事件)が起きてます。)


しかし、歯医者が、安易に歯を抜いても、事件になりません。


《歯を抜いても、死なないからです。》


歯医者は、何故、こうも、安易に歯を抜くのでしょうか?


《歯を残しても、儲からないからです。》


医者との収入格差が、ありすぎるのです。

《歯を残しても、わりに合わない思いが、強力なストレスになっているのです。》


 私の拙著、【この歯医者がヤバい・幻冬舎新書】
 改めて、読んでみてください。

(近く、中国語版、韓国語版が、正式に出版されます。)


  初版から1年半経ち、歯科大学関係の資料が、最新のものと異なりますが、

  《その本筋は、変わらないどころか、歯科の世界のその状況は、ますます、より、悪化し腐っています。


  その展望も、打開策も何もなく、暗い将来しか見えず、暗澹たる思いばかりです。》


  欧米では、歯を残す治療と、インプラントは、原則同額です。


  日本では、40倍から100倍の差があります。

   但し、アメリカ等は、医療保険制度が確立していないので、

 金のない人は、インプラントはもちろん、歯も残せません。


  若い人でも、カタカタと安い入れ歯をしているか、(場合によっては、)抜きっぱなしです。そのままです。


 (因みに、歯を残す治療は、先進国だけで、日本は、本当は、優れた治療技術=スキルがあるのです。)


   それが、何しろ、保険診療では喰えないから、やたら、歯を抜き、


 削ります。通わせます。

 (本当のことならいいのですが、)


 「銀歯は悪い。金属はいけない…。」

  「インプラントは、自分の歯だ。」

全部、でたらめ、嘘です。


    いいですか!
【歯は臓器ですよ。
   消化器であり、…

 (快楽にも深く関わっている感覚器ですよ。)


  【胃や腸や、…内臓を取って、自分のもの以上に優れた、人工のものがありますか?!…


  「自分の胃より、消化がいいですよ!」
 と、安易に胃を取る医者がいますか?


 (安易に、自分の内臓を取ってもらう患者がいますか?)


  【健康な自分の内臓に代わるものがあるわけがないのです。】


 死なないからと、臓器でもある自分の歯を、そんなに、安易に抜いて(抜かれて)いいのですか?…!


  今、私の患者さんで、右上下、4本の奥にインプラントをしている人が通っています。


  半年前に終わり、左上下の4歯も抜いて、インプラントにしましょう。と言われ…


  抜きたくなく、私が、手術含め、左上下の歯は、抜かず、柱を立て、被せました。


  (普通の保険の金属冠です。)

   で、半年…。


 ケアで、私が、口の中を、全体にクリーニングして、歯ブラシ、歯肉のマッサージ指導、チェックしたところ…。


 その患者さんは、私にこう言ってくれました。

 「先生、やっぱり、自分の歯はいいですね。

右奥のインプラントより、左奥の自分の歯の方が、ずっと噛み心地がいいです。」


  当然です。
自分の歯には、歯根膜という優れた感覚器があるので。

  腹には、腹膜、胸には胸膜。

 脳には、脳膜…。

  すべての臓器には、膜(まく)があり、感覚を司っているのです。


 歯には歯根膜(しこんまく)という優れたものが、あり、噛み心地、噛み具合、…を、伝えているわけです。


   インプラントをはじめまして、入れ歯、義歯には、それがあるわけがないのです。


 インプラントも、入れ歯の一環、自分の歯の代わりになるわけがないのです。


インプラント詐欺師達の常套句、

(全国共通の)

「早く抜かないと癌になる。

   骨のあるうちに、早く抜きましょう。

 いずれ、この歯は駄目になります。…云々。」


  バカらしい!
「いずれ、人間は死にます。…だから、長生きする努力など無駄です。」
  というのと一緒の論理=理屈です。


  古今東西、賢者は、云います。


【人間、身も蓋もないことは、言ってはならない。その行き着く所は絶望だ。

絶望は、死に至る病である。】


  いいですか?
《その歯は、いずれ駄目になる。

  人間、いずれは死ぬ。
 だから、生きていてもしょうがない。》


  それはそうでしょう。   やがて、歯は駄目になりますよ

  人間、やがて、死にますよ。


  だから、歯を残す努力は無駄なのですか?


 いずれは、死ぬから、一生懸命、生きていても、
 生きる努力は無駄なのですか?


  賢者は、続けます。
 楽しく、酔っぱらっても、
   いずれは、醒める。


   だから、酒は呑むな。飲んでも無駄なのですか?

  酒を楽しむのは、無駄なのですか?

  賢者は、続けます。

 【酒は、酔いは、醒める。それが大切。

  楽しみは、やがて醒める。

  人間、楽しみだけで生きているのではない。

  それなら、年中、酔っぱらって生きていればいい。

 …だが、人生、そうもいかない。…】


インプラント詐欺師達の常套句に騙されてはいけません。

  《やがては、その歯は駄目になるから、早く抜いてインプラントにしましょう。

  インプラントは自分の歯ですよ。》


 人間、年と共に、顎の力も、年相応に弱くなります。(もちろん、個人差はあります。)

  年と共に、骨も弱くなります。

 インプラントは、(すぐ取れてしまうのは論外ですが、)

 骨にダイレクトに着いているので、

 感覚器である膜(まく)がないので、加減がわからないのです。

   膜(まく)=クッションがないので、噛み心地は悪いのです。


 自分の歯のような噛み具合にはなりません。
 (もちろん、義歯、インプラントも含め、入れ歯は、そういうものです。)

 自分の胃や腸より、消化できる人工のものがあるわけはないのです。


  安易に、今のうちに、早く臓器を取る人は(取られる)人は、いません。

 やがて駄目になるから、と、すぐ、胃や腸を取る理屈がどこにあるのですか?


  ましてや、健康な歯を…歯では死なないからとばかりに。安易に。


 金儲けの為に。

 【歯では死なないのですから、焦って抜かない(抜かれない)ことです。】

  で、…今度は、
 「早く抜かないと癌になる。」です。


 バカらしい!


 癌なら、それを心配するなら、…

歯科でなく、医科に行くことです。

  冷静に考えれば、わかることです。


  【健全な歯医者だったら、癌を疑ったら、医者を紹介します。

    医科への受診を指示します。】


  あなたが、その歯を嫌いなったら、抜くことです。


   インプラントを、常套句で勧められたら、

 (インプラントをしてない、真面目な歯医者にも診てもらうことです。)

 いずれはその歯が駄目になるなら、インプラントも、やがては駄目になります。

 早く抜かないと癌になるのなら、

 インプラントを入れると癌になりますよ。

 という…バカらしい理屈になります。


  歯科(しか・シカ・
 はか・バカ)に、
  騙されてはいけません。


  繰り返します。         【歯科の初心は、まずは、その歯が残るか、残せるか、です。】


 そこからが、抜くことも含め、治療なのです。


私は、インプラントを全否定するものではありません。

  真面目に、地味に地道な大多数の歯医者も、これでは報われないのです。…!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今や、医者が最もなりたくない、忌み嫌っている職業は、歯医者かもしれません。

2016-05-29 | 歯科治療

…今、また、私には、新たな思いがよぎります。


《歯は大切にしない方が、歯医者に通わなくて済むのではないか。》…と。


発想、視点を、思いっきり変えて考えることが大切です。(凝り固まった頭を柔らかくして。)

【歯は快楽の道具というのを、最優先して、第一義にして、考え、治療してもらうことです。】



医者が、今、一緒にされたくない職業、それが歯医者です。


   もともと、医者になれない人が歯医者になったのですが、

今や、歯医者はそれ以下です。


   …というのは、さて、また、週刊文春が、


《銀歯は8年で駄目になる。歯医者は自分の家族には、原則、銀歯は使わない…云々。


  で、高額なセラミックがいい。…》
   と。(日本歯科大の教授のコメントも添えて。)


  正直、短いし、たいした記事ではありません。
(近頃の文春の素晴らしく面白い記事に比べたら、ベタ記事でつまらないです。)


  ただ、ここには、隠された事情、意図、真実、(陰謀?)があるのです。

   ここで報じている銀歯とは、パラジウム合金のことです。


  色は銀色ですが、所謂シルバーのことでありません。

(このことは、文春も、きちんと、書いてます。)


 で、記事では、パラジウムは保険適用で安価だ、と書いてあります。

  しかし、パラジウムは、歯との適合が悪く、良くない。


  きれいで、何よりも優れてているのが、セラミックだ。(但し、1本、通常、15万円はする。)と…。


  これは、科学的には、全くのデタラメです。

  歯との適合性が最も優れているのは、メタル(金属)です。


  それも、ゴールドです。ゴールドに勝る材料はありません。


  「……ただ、近年、審美性の問題もあり、セラミックや、プラスチックも進化、進歩しており、広く使用されている…。」

と、論文には記されています。


  つまり、審美性を考えなければ、歯にとって、最も良いのは、ゴールドなのです。


   もちろん、ゴールドは、高価で、保険適用ではありません。


  さて、ここで、保険適用で使用されているのが、パラジウム合金です。

   これは、パラジウムは、審美性はともかく、結構優れているのです。
(科学的には、セラミックやプラスチックよりも、歯に良いのです。)


  《ただし、文春が報じているように、パラジウムは安価ではないのです。!》

 【とどのつまり、正直、保険適用とはいえ、パラジウムの使用は歯医者には儲けがゼロ、と言っても過言ではないのです。】


  パラジウムは、ロシアからの輸入が主で、

今、これがとても高価で、現在の、保険点数では、到底、採算が合わないのです。その手間隙を考慮すると赤字なのです!

  《パラジウムが安価なら、こんなに、

銀歯が悪い!と大騒ぎすることはなかったのです。

文春にお願いすることもなかったのです。》


  パラジウムは、科学的には、歯に良いのです。

   シルバーだって、(アレルギーの問題があるといいますますが、原則、安全です。)


   実際、セラミックはともかく、プラスチックのアレルギーもあります。
 (ただ、安全性だけで言えば、メタルもセラミックも、プラスチックも、原則、みんな安全です。


  【日本は、安全性には、世界一です。

 ましてや、国民的に流布されている保険制度ですよ。】


  なかでも、ゴールドアレルギーというのはありません。、皆無と言っていいでしょう。


  「…で、文春は、歯医者は、家族には、歯に良くないので銀歯は使わない… 云々。」


  これも、チャンチャラおかしいデタラメで、

 《普通、家族には、治療費は取らないので、材料費だけで済むのですから、

    ゴールドなど、歯に良いものが、治療費抜きでできるのですから、

  まあ、銀歯は使わないでしょうね。


【医者も、まあ、通常、家族の治療は、無料で治療するし、いろいろ、安く治療ができます。】


[世の中、どんな業界でも、役得というものがあるでしょう?ちょっと考えれば、自明です。当然ですよね。]


(ただ、私自身など、一部、前歯はセラミックを使用していますが、奥歯など、銀歯だらけです。)


  文春は、「銀歯の寿命は、8年…。」


   統計の問題もありますが、

《それを言ったら、科学的データでは、インプラントもセラミックも、寿命は8年です。

プラスチックは、それ以下です。》


   今、やたら、歯医者が、審美性の名のもとに、  金属を遠ざけよう(体に悪いなどと、デタラメを煽るのは、)


  (ひたすら、金!、かね!、カネ、カネ!…なのです。)


  何しろ、金属代の高騰で、困っているのです。

  ましてや、保険では、赤字になることがあるので!


 歯医者は肉体労働です。(もちろん、医者も。)
 で、このストレス社会。

   真面目にやって、儲けがゼロに近いのでは、わりに合いません。



 もちろん、私もきれいごとは言いません。

(正直、私も、日々、シンドイし、苦しいです。消耗します。)


  しかし、私は、言い続けます。


 「多くの歯医者は、自分の家族にはインラントははしません。

家族です。安く、インプラントはできても。


  ましてや、優れた医者は、インプラントはしません。勧めません。」



   話を戻します。

 とにかく、文春など、雑誌に、歯医者が嘘を頼むのは、(文春は、今、優れているし、読者も多いし、一流雑誌だし、嘘も少ない…ということでしょう。)


ひたすら、金だけの為です。(文春も科学的データの裏付けは取ってないのでしょう。)


   私も、若い頃、映画評論を書いていたから、実感はありますが、

 新聞、雑誌などは、結構いい加減です。


 (誰もがわかりますよね?)

 ましてや、このネット社会。


   もちろん、私の主張も含めて、言語は伝達手段です。


 解釈、知識、関心、正確な真実は、伝えきれません。


  それでも、言語以外、そのコミュニケーション手段ははないのです。


 (触れて、見て、嗅いで、聴いて、

 で、五感、第六感。)


  それら、全て、統合するのは、言語です。


  ただ、いくらなんでも、儲からないからと、ここまで、銀歯が体に悪いと、煽るのは、詐欺です。犯罪です。


  【貧乏人は早く死ね、ということですよね?】

  でも、まあ、大丈夫。歯の病気では死にません。
(医科は深刻ですけれど。)


 私など、金持ちが騙されて、健康な歯を抜いて(抜かれて)、インプラントにして、命を縮めるのはともかく、


  保険では儲からないからと、健康な歯を抜いて(抜かれて)いる現状、現実、事実には、


  近頃、また、唖然、呆然ですね。


 中には、騙されて、借金までして、インプラントにしている人、…


 されそうな人が、全国から来ます。


 さすがに、私も消耗します。


(尻拭い、やり直しは、始めからの治療より、数倍たいへんです。)


  インプラントは、最終兵器です。


  オバマ大統領が、広島で《核廃絶》を訴えました。


 核廃絶は、無理な話です。人間はどこまでも愚かです。

しかし、平和への希求の為、核廃絶を訴えることは大切です。


《インプラント廃絶も無理でしょう。》


   かつまた、私は、インプラントを全否定するものではありません。


   《骨折など、事故、支障、障害を伴ったもの、
(もともと、インプラントは、整形外科の産物です。)


 …健康な歯を多く削るのを避けるには、インプラントも、ひとつの選択肢でしょう。》


  遠い先の話かもしれませんが、歯の再生治療も確立するかもしれません。

    優れた義歯の開発も進んでます。


  いずれにしても、自分の歯に代わるもの、代替です。自分の歯ではありません。


 (当然です。騙されてはいけません。)


 金は欲しいし、必要です。大切です。


   しかし、金の確かな一面、金は宗教でもあります。


    【金に宗教に溺れてはいけません。

 ましてや、インプラント教=抜け抜け詐欺に騙されてはいけません。】


私の尊敬している作家、山口 瞳は書いてます。

 「人生は残酷だが、真面目に誠実にやっていれば、必ず、何かいいことがあると信じている。

(… …) 第一、そうするより、他に手立てがないじゃないか。…。」

   感動します。


  日々、反省、修行、学習、

     見直しです。


  歯科の初心は、まずはその歯が残るか、残せるかです。
 (抜くことも含めて)そこから治療が始まる、始めるのです。


 《自分のその歯が嫌いになったら、抜くことです。まずは、そこに初心を置いてください。》


   歯医者は、末期症状です。


  特に、田舎の名士?の歯医者は、医者のはしくれでもありません。

   何もしない、何もされない方が、歯の為、自分の為、世の為…幸せです。

  世の中にない方がいい職業が、衛生士。

  廃絶すべきは、インプラント教の抜け抜け詐欺。(特に、田舎の)


  今や、医者が、一緒にされたくないお仲間が、これらの、似非名士=歯医者です。


この人逹のした(された)インプラントのあと始末。

 ことに、認知症になったら、


 家族の負担、何より、本人の苦しさ。


真面目な歯医者、良心的な医者、介護者の苦労。

  ぞっとします。… … …!


私は、残らない、残せないと、断言された歯も、まず抜きません。

残します。残せます。
その自信、自負、信頼は、相当あります。


全国の大学病院からの紹介もあり、その信頼も得られています。

また、全国の真面目な医者、歯医者からも。


そして、何より、その患者さんから。(遠方でも、近くでも、恐縮します。)

{セカンドオピニオンも含めて、}


その、医学的評価も得られた、実績と、その治療技術(スキル)をもって、全力を尽くします。


達成感もあります。

(時には、叱られ、
時には、驚かれ、…
時には、また、感動され。)


しかし、あなたがその歯が嫌いなら(本当に、健康に悪いなら、)


…専門医として、…


あなたの快楽の為になら、唯一、その歯を抜きます。……。


【嫌いな奴と無理して同居してることはありません。……!】


歯医者は、いまや、末期症状です。


焦らないでください。
騙されないでください。

そこで、一息入れて、一旦、止まってみてください。…。


時には、その、あなたの視点を変えてみることです。


でないと、私は、日々、ゾッとしています。!


クタクタです。


《アーア。》…!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加