畑・畑・畑

2006年5月より、安全で美味しい野菜づくりに挑戦しています。

大根の間引きが遅くなり大きく生長してしまう。

2016年12月06日 | ・大 根 の栽培


大きな間引き大根に

大根の間引きをしましたが、遅くなって大きく生長してしまいました。
10月12日に種まきした130日型は来春2、3月に収穫するので、うっかりして間引きが遅くなってしまったものです。
収穫した間引き菜と小さい大根は何かに使えるか妻と相談して利用したいと考えているところです。
今年の大根は順調で、2畝に4回、4品種をずらして種まきしたので、10月7日の初収穫から美味しい大根を収穫し続けています。
今は9月11日に2回目の種まきをした「冬自慢」を収穫中、甘すぎて美味しいので差し上げた人からも喜ばれています。

 大根は2畝で栽培、右側が収穫中、右は奥が3回目で手前が4回目。

 

10/12に種まきした4回目の間引きをする。

 

 間引き菜は硬そう、大根は大きく生長。

12月になり畑の仕事は更に少なくなっています。寒くなり畑で過ごす時間も短くなってきています。
冬期は農閑期なので、収穫の様子や環境整備の様子などの投稿だけになり、毎日投稿でなく何かあった時だけの投稿になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直播き玉ネギは、怖いほど順調です。

2016年12月05日 | ・玉ネギの栽培


順調すぎる玉ネギ

玉ネギは直播きで栽培しています。 9月4日に極早生種の種まき、 9月26日に中晩生種の種まき11月6日にも順調に生長と紹介しましたが、更に大きく生長しています。
直播きを2畝のすべてで栽培するのは初めてで、少し心配していましたが、苗を育てて植えつけるよりもスムーズに生長しています。
生長が良すぎるとトウ立ちの恐れがあるといわれており、今度はトウ立ちが心配になるくらい順調です。
根元の枯れ葉を放置すると病害虫が発生するので取り除き、草取りもして畝と畝周りをすっきりさせておきました。
防鳥糸を張っていましたが、大きく生長し糸と絡んできたし、鳥のイタズラもないので外すことにしました。

 大きく生長した「極早生種」、右は中晩生種。

 

中晩生種のネオアースも順調に生長している。

 

 防鳥糸を張っていたが、被害がないので全て外す。

 

畝の横にバックアップ用の苗、使うことはないようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメの畝が完成、植え付けは2週間後に

2016年12月03日 | ・ソラマメの栽培


エンドウ(左)の横に完成

ソラマメの植えつけ畝が完成しました。 今年は収穫を遅くする為に種まきや畝づくりを遅らせています。
畝の中央に溝を掘って元肥として堆肥と肥料を入れ、軽く混ぜてから埋め戻し、少し高く畝を整え黒マルチを張っておきました。
肥料は、窒素肥料を少なめにリン酸肥を多めにすることで初期生育と耐寒性を高め根粒菌の着生を助けるそうなので、過リン酸石灰も施肥しておきました。
始めはエンドウの隣で栽培するように考えていましたが、2年続けて落花生を栽培しており、ソラマメは極端に連作を嫌うし豆科を栽培した後はやめた方がいいそうなので、その隣のナスなどの後に畝づくりをしました。
苗は育苗中、芽は出ていますが寒さが続き生長がゆっくりなので、植え付けは12月中旬くらいになりそうです。

 過日石灰を施肥し耕耘しており、まず溝を掘る。

 

堆肥を大量に投入、化成肥料と過リン酸石灰を、右はサツマイモの蔓

 

レーキでよく混ぜてから埋め戻し畝を整える。

12月になり畑の仕事は更に少なくなります。寒くなり雨も多くて湿りがちで、畑で過ごす時間も短くなってきています。
冬期は農閑期なので、収穫の様子や環境整備の様子などの投稿になり、毎日投稿でなく何かあった時だけの投稿になると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株ネギを収穫、2本が20本に分蘖する。

2016年12月02日 | ・ネギ類の栽培


20本に分蘖していました

株ネギの収穫が続いています。 2本植えつけ20本の大株に生長していました。
3月18日に植えつけたもので、2本ずつ植えつけ約8ヶ月、分蘖して10倍の大株に生長したもので喜んでいます。
株ネギは、地域で栽培されている分蘖ネギで、植えつけたものが大株に生長し冬にはなくてはならないネギです。
時々追肥と土寄せをするだけで、どんどん生長するので手もかからず栽培しやすいネギです。

 大株に生長した株ネギ、このネギを収穫中。

 

今回収穫した株、分蘖して大株に生長していた。

 

引き抜いた直後の様子、ばらばらにした状態がTOP写真。

 

根を切り枯れ葉を取り除いて持ち帰る。

12月になり畑の仕事は少なくなっていきます。寒くなり雨も多く畑で過ごす時間も短くなってきています。
冬期は農閑期なので、収穫の様子や環境整備の様子などの投稿だけとなり、毎日でなく何かあった時だけの投稿になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白菜の収穫が続き、美味しく食しています。

2016年12月01日 | ・白 菜 の栽培


60日型3個、4キロ前後で重い

白菜の収穫が続いています。 鍋に使い美味しく食して満足しています。
収穫しているのは、11月11日に収穫を始めた60日型の郷秋60、巻きは更にしっかりして重さは4キロ前後になり、寒くなって一層美味しくなっています。
8株あった60日型は残り2個となり、網かけしていましたが、すぐに収穫することになるので網は外しました。
次の収穫は、90日型になりますが、雪も降り寒くなってきたので少し葉が開いてきており、防寒対策を間もなくすることになります。

収穫前の60日型の白菜、網かけしていた。

 

90日型は2畝、15株があり間もなく防寒対策を。

 

南側から見る、60日型は残り2個、90日型は網かけしてある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刈払機で今年最後の草払いをおこなう。

2016年11月30日 | <菜園全般>


使っている刈払機

草払いをおこないました。 刈払機を使っての草払いで、今年最後になります。
草が畑の方に攻めてこない為と地主さんへの御礼もかねて、年に4、5回ほど草刈りをおこなっています。
生えている草は、今はほとんどがスギナ等の柔らかい草なので、チップソー(刃)は使わずにナイロンカッターで草払いをしました。
ナイロンカッターを使うと危なくないし、土を根ぎわから削るように刈り払いが出来て、ほぼ全ての草が無くなり気持ちのいいものでした。
服装は、作業服、フェイスシールド、手袋、長靴、前掛けを着用して安全におこないました。

 
小麦の北側の耕作されていない畑を草払いをする。

 

ナイロンカッターは根ぎわから削るように草払いができる。

 

ナイロンカッターを付けて草払いをする。

 

 約1時間30分で終了、数日で枯れ葉になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほうれん草(マルチ栽培)の4回目の種まき。

2016年11月29日 | ・ほうれん草の栽培


一穴に5粒ずつ播種

ほうれん草4回目の種まきをしました。 11月3日に播いた3回目に続けて播いておきました。
今年のほうれん草は良くなくて、1回目は「タネバエ」が発生して全滅、2回目も半分くらい発芽不良や発芽しても枯れてしまい困っていましたが、寒くなって収穫できるようになりました
播き穴は、13列65穴で、1穴に5粒ずつ計325粒を播種、ふるった土を被せ更に籾殻燻炭を被せ、不織布を掛けて網かけをしておきました。
種まきの間隔があいてしまいましたが、あと3回の種まきを予定しています。

 13列65穴を深さ1センチくらいに平らにしてから播種。 

 

覆土して不織布を掛けてから水やりをする。

 

11月3日に種まきした3回目は遅れての発芽もあるが、ほぼ発芽。

 

収穫は続き順調になってきている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カリフラワーを初収穫、茎ブロッコリーも順調てす。

2016年11月28日 | ・ブロッコリーの栽培


白くきれいな花蕾と茎ブロッコリー

カリフラワーを初収穫しました。 11月22日のブロッコリーに続いての初収穫、茎ブロッコリーの収穫も順調です。
7月に種まきし、9月に植えつけたもので、天候不順で苗づくりがうまくいかず収穫が昨年より遅くなりました。
花蕾には日光を当てないように外葉で包むようにして栽培すると黄色にならずに収穫できるそうですが、とくに何もしなかったのに白くきれいな花蕾で喜んでいます。
カリフラワーは我が家で、茎ブロッコリーは娘たちに、夕食で食しましたが美味しくてとても満足しています。

収穫する前のカリフラワー、白くてきれいな花蕾で喜んでいます。

 

茎ブロッコリーは側花蕾が次々に収穫できている。

 

ブロッコリー、カリフラワー、茎ブロッコリーを2畝で栽培。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小麦の麦踏みをしました。(1回目)

2016年11月27日 | ・小 麦 の栽培


地下足袋で踏みました

小麦の1回目の麦踏みをしました。  11月13日に生長するも鳥の被害もの記事を投稿しています。
麦踏みは、何とも不思議な行為、やっと発芽して成長し始めているものを、踏みつけるのですから怒られそうな作業です。
踏むことで土が締まり、霜柱によって土が持ち上げられることも少なくなり、茎の分蘖を促し麦を生長させそうです。
草も生えてきたので、麦踏みの前にきれいにしてから始め、4列だけですから簡単に終わりました。 次は12月末に踏むつもりです。

大きく生長、雨や雪で少し遅くなる、まず草かきをする。

 

地下足袋に履き替えて踏み始め、2列を踏み終えたところ。

 

麦踏みを終える、耕耘機を通す為に間隔が広くしてある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマノイモは今年も豊作でした。

2016年11月26日 | ・イモ類の栽培


乾かしてから土を落として並べる

ヤマノイモは今年も豊作でした。 (24日の雪で畑はぬかるんでいるので、ヤマノイモの紹介です。)
11月10日に初収穫し11月17日には自然薯も掘り出し始め、全ての収穫が終わり芋の土も落とし終わりました。
掘り出すのが大変で折れたり傷つけたりしたものもありますが、慎重に掘り出すようにしたので見栄えのいい芋をたくさん収穫できました。
自然薯は、長いもので85㎝も、大和芋(イチョウ芋)はゴジラの手のような大きいものもありビックリしてしまいました。
友人知人にもあげますが、種芋にする部分を切り取って来年の植えつけに保存しておくことになります。 (昨年の種芋の様子

掘り出してたら、しばらく日に干して乾かすして持ち帰る。
 

 

 長い方は先が折れてしまうが85㎝もある。

 

大和芋(イチョウ芋)は大きくなりすぎに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪が降り寒い一日でした。

2016年11月25日 | <その他>


庭は雪景色に

が降りました。 まだ11月なのに5㎝ほど降り、とても寒い一日でした。
早朝からの雪との予報でしたが、降り始めは6時くらいで、みぞれから雪に変わり一面の雪景色に、午後3時くらいまで降り続きました。
気温は朝方より日中の方が低く、寒さが苦手なので畑にも行かず閉じこもっていました。
テレビで雪のニュースを見ていると「緊急地震速報」が、震度2くらいの揺れでした。雪も困りますが、地震は続いているので怖いですね。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大根は65日型の収穫を始めました。

2016年11月24日 | ・大 根 の栽培


真っ直ぐで形のよい65日型を初収穫

大根の収穫が続いています。 9月11日に種まきした2回目の65日型の収穫を始めました。
種まから65日くらいから収穫できる「冬自慢」で、よく生長して形もよいものが収穫できて喜んでいます。
9月24に種まきした100日型の3回目は大きく生長10月12日に種まきした130日型の4回目も間引きをするくらい順調に生長しています。
寒くなってきたので大根はさらに美味しくなり収穫は途切れることなく続きます。

 左の奥が1回目 手前が2回目、右の奥が3回目 手前が4回目です。

 

9/24に種まきした3回目は大きく生長、12月末から収穫に。

 

10/12に種まきした4回目は間引きするくらい生長。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンジンの収穫も始まっています。

2016年11月23日 | ・ニンジンの栽培


大きさは揃っていませんが、

ニンジンの収穫も始まっています。 7月に何回かずらして種まきしたものです
8月から9月にかけての天候不順で、発芽したと思ったら豪雨で流されたり枯れてしまったりして、収穫できるのかと心配していました。
1穴に3本が生長したり、全く発芽しない所もあるなど、これまでのニンジン栽培よりはよくないのですが、収穫が続いて安堵しています。
収穫を続け、冬になって葉は枯れても地中で自然に保存されるので、このまま置いて必要な時に掘り出すつもりです。 (昨年の夏ニンジン様子

葉がよく茂る、大きい株から収穫している。向こう側は里いも。

 

形は揃っていないが味は美味しいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブロッコリーを初収穫、美味しいものでした。

2016年11月22日 | ・ブロッコリーの栽培



美味しいものでした

ブロッコリーを初収穫しました。 7月に種まきし、9月に植えつけたものです
天候不順で苗づくりがうまくいかずに収穫が遅くなってしまいましたが、これからは収穫が続くことになります。
11月14日に茎ブロッコリーの初収穫を紹介しましたが、側花蕾も次々に伸びており茎ブロッコリーの収穫も続くことになります。
カリフラワーの花蕾も大きく生長して収穫も間近なので、これからはブロッコリーと茎ブロッコリー、カリフラワーの3品種をたくさん収穫できることになり喜んでいます。
網かけして栽培していましたが、寒くなってきたので蝶や虫の活動も弱まっており、虫取りに努めることで対応するつもりです。

ブロッコリー等は2畝で栽培、網を外してから収穫する。

 

収穫間近のカリフラー、大きく生長している。

 

茎ブロッコリーの側蕾花も大きく生長している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショウガの収穫は豊作で喜んでいます。

2016年11月21日 | <その他の根菜類>


収穫した生姜、2列に植えていた

ショウガを収穫しました。 5月6日に知り合いにもらった種ショウガを植えつけたものです
なかなか萌芽しないので心配していましたが、夏になり何とか萌芽し始めて紹介記事も7月30日の1回だけでした
4年ぶりの栽培ですが、よく生長して引き抜くと大きなショウガをたくさん掘り出すことができ嬉しくなりました。
しばらく置いておくと、茎のつけ根のピンク色は自然になくなり、繊維もしっかりと形成され生姜の色も濃くなるのだそうです。
ショウガの保存温度は13~15℃で、乾燥にも弱く長く保存することは難しいので、いろいろと加工したりして食すつもりです。

よく萌芽して葉は茂り、黄化してしてきたので収穫に。
 

 

一株が大きく生長したものもあり感激する。
 

 

 葉を切り取って持ち帰るが、重たいもので喜んでいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加