畑・畑・畑

2006年5月より、安全で美味しい野菜づくりに挑戦しています。

べか菜の収穫が続いています。

2017年01月18日 | ・べか菜の栽培


寒さで一段と美味しくなっている

べか菜を美味しく食べ続けています。 11月1日に初収穫を紹介しましたが、現在は2回目に種まきしたもの収穫になっています。
寒い日が続いていおり畑は霜柱が溶けてぐちゃぐちゃですが、べか菜は寒さで美味しさも増し、虫の害などもなく収穫できています。
都べか菜、東京べか菜と呼ばれ、白菜の仲間の山東菜の一種で半結球葉菜、くせがないので我が家では好まれており栽培をよくしています。


網かけをしているだけですが、寒さの中でもしっかりしています。

 

2月始めくらいまで収穫が続きそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーフレタスの種まきをしました(1回目)

2017年01月16日 | ・レ タ スの栽培


2品種を15ヶ所ずつ播種

リーフレタスの種まきをしました。 10日のホウレン草が畑の初種まきでしたが、レタスは家での初種まきになりました。
寒波のために寒い日が続いていますが、種まきは室内(サンルーム)でおこない、発芽器は使わずにガラス越しに日光を当てて暖かくして発芽させます。
種子は、昨年の残りのリーフレタスグリーンリーフレタスレッドの2品種を、古い種なので発芽が心配で多めに播いておきました。
昨年は、1月14日に種播き、2月26日に植え付け、収穫は4月24日から始めました


培養土をトレーに詰めて種まきをする(左がグリーン、右がレッド)


薄く覆土してから霧吹きでそっと水やりをする

 
不織布で包みサンルームで日光に当てておく、夜は室内に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春~夏の作付計画をつくりました(2017年)

2017年01月13日 | <菜園全般>


(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

作付計画をつくりました。 冬休みの間にカタログや雑誌などを読んだりして今年の構想を練っていました。
栽培する野菜を決め、連作にならないように、どこに何を栽培するか決めていくのは大変な作業でした。
多くの品種を狭い畑で効率よく栽培するには計画をしっかり立てから取りかかる必要があり、今後も畑で何度か検討して修正しながら完成させていくことになります。
品種によっては少量でいいものは狭い場所に、スイカのように好きな野菜は大量に収穫する為に広い場所にと考えていますが、今年は落花生を大量に栽培することにしてあります。
計画を立てながら早く畑の作業をやりたくなってしまいましたが、厳しい寒さはこれからの1ヶ月くらいなので、しばらくは品種の選定などに取り組むつもりです。
黒文字は栽培中の野菜、赤文字は春から夏に栽培予定の野菜です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の初収穫はキャベツでした。

2017年01月11日 | ・キャベツの栽培


きれいなキャベツでした

キャベツの収穫をしました。 少し硬そうですが虫の害もなくきれいな玉でした。
野菜が高値で困るなどの報道がありますが、我が家は不自由しないので喜んでいます。
12月になって寒くなり虫の害もなくなったので掛けていた網を外したのですが、今度は鳥が突き始めたので、あわてて網を簡単にかぶせておきました。
残り10個くらいあるので収穫が続きますが、寒さが心配でもあり様子をみて早めに収穫してしまうことになりそうです。
間もなくキャベツの種まきをしますが、今年も種まきして自作苗を植えつけて収穫する栽培に こだわって取り組んでいきます。

美味しそうなサラダキャベツは収穫を待っている。

 

鳥から守るために網をかぶせて守っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初作業は ほうれん草の播種でした。

2017年01月10日 | ・ほうれん草の栽培


5回目の種まきは100穴に500粒を

冬休として長く休みましたが、少しずつ投稿を始めます。 ほうれん草の種まきは7日におこなったのですが、風邪を引いてしまい投稿が遅くなってしまいました。
ほうれん草の種まきは5回目になりましたが、更に1月末くらいに最後になる6回目の種まきを予定しており、種まきの畝の準備は既に終えています。
5回目は、12月14日に種まきした4回目に続けて100穴に5粒ずつ計500粒を種まきし、いつものように ふるった土を被せ更に籾殻燻炭を被せ、不織布を掛けてから水やりし網かけもしておきました。
寒い日が続きますが、ほうれん草はゆっくりですが発芽して生長しています。4回目(12/14播種)は ほぼ全てが発芽しており、3回目(11/3播種)も枯れることなく生長しています。
収穫2回目(10/5播種)をおこなっており、4月末まで途切れることなく収穫が続くことになる見込みです。


4回目はよく発芽する(左側)、1列置いて5回目の種まきをする。

 

 覆土し籾殻燻炭をかぶせてから不織布を掛け水やりをする。

 

隣の畝の左が収穫中の2回目、右が本葉が出て生長中の3回目。

 

柔らかくて美味しいほうれん草の収穫は続いている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年のご挨拶

2017年01月01日 | <菜園全般>

 

 謹 賀 新 年

新年の ご挨拶を申し上げます。 畑・畑・畑ブログをいつも閲覧いただき ありがとうございます。
ブログを開設して11年目になります。 土地開発の為に畑が利用出来ずにブログを約7ヶ月も休んだこともありましたが、新しい畑で再開して間もなく4年になります。
今年は、4年目になる開墾畑 と 3年目になる広くなった新畑の計約160坪で野菜づくりに取り組みます。
多品種の野菜を工夫しながら栽培する様子を、写真だけでなく文章を多くして発信し続けるつもりでおります。
今年もよろしくお願いいたします。  (写真は畑からの初日です)

1~2月は,農閑期になり,畑作業がなくなりますので,しばらくは毎日でなく時々の投稿になります。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ しばらく冬休みにします。

2016年12月28日 | <菜園全般>


西側の新畑はきれいに

ブログは、しばらく冬休みにします。
閑期であり、環境整備の作業も終わり、畑へ行くのは収穫のみになりました。
家の掃除や庭の片付けなど、お正月を迎える準備も進めなくてはなりません。
元旦挨拶の投稿はするつもりですが、1月もブログはしばらく休んで作業など始めたら再開するつもりです。
今年も、たくさんの方に訪問いただき ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

東側の開墾畑も整備が終わってきれいに。

 

秋ジャガイモは収穫せず、土を盛り上げて保存する。
 

 

 玉ネギは順調、大根、ブロッコリーの収穫は続く。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

エンドウは寒さに耐えて生長しています。

2016年12月27日 | ・エンドウの栽培


3品種とも元気に生長している

エンドウが生長しています。 寒い日が続いていますが、3品種とも生長しています。
スナップエンドウツタンカーメンエンドウは全てが発芽しましたが、実エンドウ(グリーンピース)は発芽がうまくいかずに追加で種まきしたので生長が遅くなっています。
今年は、昨年までより早く種まきして収穫を早めようと考えていますが、生長が早すぎて蔓が伸び倒れてきており、今後の様子を見ながら支柱など立てるか検討するつもりです。
寒さの本番はこれからなので、枯れたりしないように無事に冬越ししてくれることを願っています。

10月31日に種まきしたスナップエンドウ(中央の畝)

 

11月4日に種まきしたグリーンビスの久留米豊(左側の畝)
  

 

  11月8日に種まきしたツタンカーメンエンドウ(右側の畝)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白菜の防寒対策が終わりました。

2016年12月26日 | ・白 菜 の栽培


9株を防寒対策、3株は間もなく収穫に

白菜防寒対策をしました。 間もなく畑は終わりにして冬休みにするのでおこなったものです。
12月19日に90日型の初収穫を紹介しましたが、2畝で栽培している右側の9株だけの防寒対策をしておきました。
両手両足そして体も使って抱きかかえるようにして外葉を持ち上げて、ヒモで縛ってまとめました。
てっぺんには毎年やっているように葉を載せておきましたが、先端の霜枯れを防ぐのに効果があるので続けています。

 
1畝9株をヒモで縛る。隣の玉ネギは順調に生長。

 

外葉で包んで縛った後、てっぺんに葉をのせる。

 

 てっぺんの葉が風で飛ばされるので網をかぶせることになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サツマイモ(紅はるか)が美味しいです。

2016年12月23日 | ・サツマイモの栽培


甘すぎるくらい美味しいです

サツマイモを焼き芋にして食べ始めました。 11月に収穫した「紅はるか」です
収穫を終えてから日に干して土を落とし、新聞紙で包んで段ボールに入れて保存していました。
焼き芋にしたのは1回目、これまでは小さい芋を蒸かして食べていましたが、やはり焼き芋にした方が甘くて美味しいです。
紅はるかは、鹿児島で青果用のサツマイモで最も人気のある品種で、名前の由来「他の芋よりはるかに美味しい」のとおり、甘すぎるくらい甘くて美味しいサツマイモです。

新聞紙で包んで保存しているもの10本を出す。

 

きれいに洗って乾いてからオーブンレンジに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメを無事に植えつけました。

2016年12月22日 | ・ソラマメの栽培


14株を植えつける

ソラマメを無事に植え付けました。 12月3日に完成した畝に、11月に種まきした苗を植えつけたものです。
昨年は12株を栽培しましたが畝が短く間隔が狭くなったので、今年は管理がし易いように株の間隔を広くして14株を植えつけました。
昨年までは、11月1日くらいに種まきし11月末には植えつけていましたが、収穫時期の5月は実家に出かけるので、収穫を遅くするために種まき植え付けを遅らせています。
大株での越冬は耐寒性が弱くなりますが、小苗なので枯れることはないでしょう。 防寒と鳥害から守るために網は春まで掛けたままにしておきます。
これで今年の植え付けは終わりになりました。 (昨年の初収穫)

苗は、何とか植えつけるくらいに大きくなりました。

 

手前から大きい順に並べて植え位置を決める。

 

防寒と鳥害から守るために網かけを、春までこのままに。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

環境整備2-古カーペットで霜柱を防ぐ。

2016年12月21日 | <菜園全般>


ハウス前に2枚のカーペットを敷く

農閑期になり畑の作業も少なくなってきています。 この時期に普段できない環境整備をおこなっています。
家の片付けで使わなくなった「電気カーペット」を使い、ハウスの前に敷いて霜柱でぬからないようにしました。
作業は無くなっても収穫は続くので、これで畑に行ってもハウスの出入りに困ることはなくなるでしょう。
これからも片付けや修理などの環境整備をおこなうつもりです。  (環境整備1)

 
ハウス前には手作りテーブルを置いて作業などしている。

 

180㎝×180㎝のカーペットを2枚敷く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干しカゴを購入、干し野菜をつくります。

2016年12月20日 | <菜園全般>


カリフラワー、ブロッコリー、大根を試す

干し野菜をつくることにしました。 12月16日のカリフラワー記事で、jamさんにコメントをいただき、干し野菜をつくりたくなりました。
早速ネットで探し、とりあえず小さい干し網を買うことにして注文、使ってみてから大きい干し網に買い替えることも考えています。
届いた干し網を洗ってから大根、ブロッコリー、カリフラワーを干してみました。 試行錯誤しながら干し野菜づくりに取り組むつもりです。
野菜は有り余るほどあるので、人参、大根、ネギ、カリフラワーなど多くの野菜を試してみるつもりでおり、そのうち魚のひものにも挑戦したいおもっています。
冬季は畑が休みになるので、干し野菜づくりが楽しみごとになりそうです。


ファスナーを開いて野菜を入れるようになっている。

 

干す所は3段あり1段目の下にも網がある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白菜は90日型の収穫になりました。

2016年12月19日 | ・白 菜 の栽培


90日型の白菜は5㎏もあった

白菜は90日型を初収穫しました。 8月30日に種まきし9月30日に植えつけたものです
12月1日にも60日型の収穫を紹介しましたが、60日型はその後も収穫が続き終わっています。
90日型は、60日型より一回り大きく巻きもしっかりしており、収穫した2個は重さが5㎏を超えるもので喜んでいます。
寒さが続いており更に美味しくなるとおもうので、鍋などに使い大いに食べ続けるつもりです。
間もなく防寒対策として縛ったりするつもりです。(晴天で写真が明るすぎました)

残り90日型の2畝になっている、17株を植えて2株が枯れる。

 

手前が収穫した2個、次の4個と網かけも90日型。

 

網かけの方は間もなく防寒対策を、右の4株はそのままで収穫することに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カリフラワーは大きすぎて食べきれません。

2016年12月16日 | ・ブロッコリーの栽培


巨大に生長したカリフラワー

カリフラワーの収穫が続いています。 初収穫で紹介したものより2倍以上の大きさで食べきれないので困ってしまいました。
昨年はつくりすぎて困ったので、今年は7株だけの植えつけにしたのにブロッコリーや茎ブロッコリーの収穫も続いており、老夫婦だけでは食べることはできません。
誰かに差し上げるなどしなければと考え、妻の友人宅に届けましたが、来年は栽培数を減らしたり、ずらしての種まきや植え付けを更に考えなくてはなりません。

 カリフラワーとブロッコリーは2畝で栽培

 

大きすぎるカリフラワーになってしまう。

 

ブロッコリーも大きすぎる花蕾を収穫する。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加