畑・畑・畑

2006年5月より、安全で美味しい野菜づくりに挑戦しています。

トウモロコシの収穫は、まだまだ続きます。

2017年07月24日 | ・トウモロコシの栽培


6本を収穫(クリックを)

トウモロコシの収穫はちょうど半分まで来ました。 6月15日の初収穫から70本以上を収穫しています。
4畝のうち2畝を収穫し終わり、途切れることなく収穫が続き、飽きるほど食べ続けています。
残りの2畝には、5回目(5/13播種)、6回目(6/4播種)、7回目(6/19播種)の約70株あり、8月半ばまで収穫が続くことになります。
枝豆をコンパニオンプランツとして混植しているためなのか、虫の害がほとんど無いのですが、梅雨も明け暑い日が続いているのでアワノメイガの被害も出てくるのではと警戒しています。

4畝あるうちの2畝を収穫、全体のちょうど半分まで来ました。
 


今年は虫の害もほとんど無く、とてもきれいに収穫できています。


残り2畝があり、8月中旬くらいまで収穫は続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクラが絶好調、困るほどの収穫量です。

2017年07月23日 | <その他の果菜類>


14本を収穫する(クリックを)

オクラの収穫が続いています。 6月30日に初収穫を紹介しましたが、その後も順調に収穫できています。
5月10日に自作苗を植えつけ、今ではがっちりした株に生長、収穫記事のその1その2でも紹介したように、ほぼ毎日収獲が続いています。
丸オクラで少々大きくなっても固くならないのですが、なるべく早めに収穫するようにして、収穫時には葉切り、わき芽の摘み取りもするようにしており、一本立ちですっきりした株になっています。
今後は追肥もして、9月末までは収穫を続けたいと考えています。

 
株の様子、1ヶ所に2株ずつに、脇芽と葉切りを続けている。


収穫時に、これくらいの葉を切り取るようになる。


花も次々に咲いており、これからも収穫が続くでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落花生は生長、防草マルチを取り外しました。

2017年07月22日 | ・落花生の栽培


大きく生長している(クリックを)

落花生の雑草対策のマルチは全て取り外しました。 7月7日にも最初に植えた株のマルチを取り外しましたが、2回目に種まきした株の方も全て取り外しました。
6月6日に2回目の種まきをし7月7日に防草マルチはを円く切り取っておきましたがどんどん生長してきたので全てを取り外しました。
5月12日に植え付けた1回目の株は、順調に成長し隣の株と接して土が見えないくらい大きく伸びています。
全部で100株以上あり、花も次々咲いているので、草の生えるのに気をつけながら、8月末からの収穫を楽しみしています。

 マルチを外す前の様子、左の株は大きく生長した1回目。


子房柄を引き抜かないようにマルチをハサミで切りながら慎重に取り除く。


落花生は全部で100株以上ある、左が1回目、右がマルチを取り除いた2回目。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キュウリは取り木で増やし155本を収穫。

2017年07月21日 | ・キュウリの栽培


キュウリの全景、収穫は150本を超える(クリックを)

キュウリの収穫が続いています。 7月4日に続いての紹介です
5月1日に自作苗4株を植えつけ 初収穫は5月28日、その後はほぼ毎日収穫があり、7月20日までに150本を超えました。
収穫している株は多いわけではなく、最初に植えた4株とポット播きして植えた1株、それに取り木して増やした3株の計8株からの収穫です。
途切れることなく収穫するために種まきをしましたが、2回目の2株は大きく生長し間もなく収穫に、3回目は1個しか発芽せず1株だけがなんとか生長し始めています。
種まきから育てると収穫まで期間がかかるし暑くなるとなかなか発芽しないので、取り木して3株を増やすことに成功、今後も取り木で増やして収穫を続けるつもりです。
追肥は定期的に続けており、枯れ葉は切り取って整理するなど、よく世話をしていることが収穫が続いているわけでしよう。


収穫しているのはこれだけの株、ほぼ毎日4本前後の収穫が続いている。
 


2回目に種まきした2株、大きく生長して間もなく収穫が始まる。


3回目の種まきは1株のみ発芽、6本の収穫で計155本になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茎ブロッコリーの種まきをしました。

2017年07月20日 | ・ブロッコリーの栽培


10ポットに播種(クリックを)

茎ブロッコリーの種まきをしました。 毎年7月20日前後に播種することにしています。
品種はグリーンボイス、1畝で栽培するので10ポットにしました。
1ポット3粒ずつ播いて、涼しい所に置いて発芽させますが、植えつけは9月始めくらいになります。
普通のブロッコリーも栽培しますが、茎ブロッコリーは甘くて美味しいので、昨年に続いての栽培となります。
緑黄色野菜として秋から冬の我が家になくてはならない定番野菜になっています。 (昨年の様子


1ポットに3粒ずつ種まきをする、茶色のタネで見にくいです。


10ポットに播種、覆土して霧吹きで水やりして日陰に置いておく。


7月2日に種まきしたキャベツは発芽して生長中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンジンのタネまきをしました(夏1回目)

2017年07月19日 | ・ニンジンの栽培


4列20穴に3粒ずつ(クリックを)

ニンジンの夏1回目の種まきをしました。 梅雨明けの報道はないのに真夏のような暑い日が続いており、発芽させるのが大変になりそうです。
7月17日に準備した畝の1/3にあたる4列20穴に3粒ずつ播いたもので、午後に雨が降るとのことだったのでチャンスだ思っていたら大雨になり降りすぎのようでした。
播種後、覆土し籾殻燻炭を被せ、更に麦ワラを被せておきましたが、日差しが強い時にはスダレも掛けるつもりで準備しておきました。
発芽したら2回目、3回目と種まきしていきますが、色々工夫して何とか発芽させたいとおもっています。

品種はベーターリッチ、播種して薄く覆土してから籾殻燻炭を被せる。


麦ワラを被せ水やりをする、飛ばないように支柱を載せて置く。


日差しが強すぎる時にはスダレを掛けるつもりで準備する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜の収穫は続いて困るくらいの量です(その2)

2017年07月18日 | <菜園全般>


スイカは27個で一旦終了(7/16)(クリックを)

野菜の収穫が続いています。 7月12日に続いての収穫の記事になり、12日からの収穫の様子で困るくらいの量です。
スイカは27個を収穫して一旦終わりに、毎日食べ続け知人に差し上げ続けています。
キュウリは、収穫がほぼ毎日つづき143本に、毎日食べていますが暑い時期なので飽きることはありませんが、雨が降らないので株が弱るのではと心配です。
オクラの収穫も続いており、ゴーヤーは大きい実になり、ナス、トマト、トウモロコシも途切れることはなく収穫が続き、インゲンの収穫は一つずつ取るのが面倒です。
早朝に畑に行き、3時間~4時間近く作業をして家に帰り、冷えたスイカを食べるのが無上の喜びです。

 
7月15日の収穫。オクラ、キュウリはほぼ毎日収穫、株ネギも、ゴーヤーは大きくなる。


7月14日の収穫。ピーマンも収穫、ナスも続いている、スイカは大きいものが3個も。


7月13日の収穫。インゲンが続いており収穫するのは大変。


7月12日の収穫。ナスはカウントしてないが大量に、キュウリは毎日収穫している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンジンの種まき畝を準備しました。

2017年07月17日 | ・ニンジンの栽培


12列60穴を準備(クリックを)

ニンジンのタネまき準備が終わりました。 遅くなっているので間もなく種まきを始めます。
ゴボウを栽培していたところを耕うんなどしてマルチまで準備が終わりました。
穴あきマルチは、玉ネギなどに使っている物で、1列に5穴で12列60穴を準備しておきました。
真夏の種まきなので発芽させるのが大変で、毎年いろいろ工夫していますが、今年は雨が少なく苦労しそうです。

石灰は過日施しており、堆肥、鶏糞、化成肥料などをまいて耕耘、手前は春ニンジン。


春ニンジンは収穫中、5本を抜いて持ち帰る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナスの収穫は続き、追肥をしておきました。

2017年07月16日 | ・ナ ス の栽培


マルチの周りに追肥する(クリックを)

ナスの収穫が続いているので、追肥を始めました。  
元肥は深い穴を掘って大量に入れてあるので、様子をみながら10日おきくらいに追肥していくつもりです。
追肥といっても、畝の周りに化成肥料をパラパラとまいておくだけで、至って簡単な作業ですが効果のあるものです。
株の成長がよくない時にマルチを持ち上げて追肥したこともありましたが、根は深く伸び横にも広がるので、通常は畝の周りに施肥します。
収穫が続くと、実のつきが悪くなったり花の数が少なくなると追肥するだけで回復するものですが、早くから定期的に追肥することで大きなナスの収穫を持続させることができます。

 収穫は続き、大きなナスが穫れている。


1回目の追肥なので根がマルチの外まで伸びていないと考え、まず5㎝弱くらい耕す。


化成肥料をパラパラとまいておく、雨が降るといいのだが晴れが続いている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーヤーの収穫が好調になってきました。

2017年07月15日 | ・ゴーヤーの栽培


収穫量が増えてくる(クリックを)

ゴーヤーの収穫が大量になってきました。 3株で栽培していますが、次々に大きくなって収穫が間に合わないくらいです。
7月3日の初収穫に比べて大きなゴーヤーが穫れるようになり、7月12日の記事にも写っていますが収穫量もどんどん増えてきています。
大好きなので毎日チャンプルーにして食べていますが、家だけでは余ってしまうので、友達に届けるようにしています。
月3日に播いた種は無事に発芽して生長し始めており、今の株が衰える頃には収穫が始まるでしょう。


花は次々に咲いて、小さい実もたくさんついている。
 


葉の茂りは足りないが、日陰も出来てきて休憩できるようになる。


2回目の種まきは無事に発芽する、間もなく1株にして伸ばしていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑のお礼に耕耘機で耕しました。

2017年07月14日 | <菜園全般>


耕耘機で耕しておきました(クリックを)

畑を借りているお礼に耕耘をおこないました。 借りている畑の隣は使われていなくて草地になっています。
今年の4月までは刈払機で草刈りをしていましたが、耕した方が草が生えにくいと聞いたので耕すことにしたもので、今後は耕耘して草退治するつもりです。
雑草は困るほどは伸びてはいないのですが、近隣の畑に迷惑になるといけないので、早めに耕すことにしました。
使っている畑の方に草が攻めてこない為でもあり、夏は月に1回くらいの耕耘になりそうです。


ネットのこちら側を借りてスイカと落花生を守るために入れないようになっている。
 


約2時間かけて耕耘を終える、8月になったら耕耘することになりそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株ネギを整理して追肥をしておきました。

2017年07月13日 | ・ネギ類の栽培


追肥して土寄せまでしました(クリックを)

株ネギの整理をして追肥と土寄せをしておきました。 忙しくて放っておいたらアブラムシがついて乱れてしまいました。
枯れた葉を取り除いたら大量に出てきてビックリ、草取りもしてきれいにしてから、追肥して土寄をしておきました。
株ネギは、地域で栽培されている分蘖ネギで、分蘖し続けて大株のネギに生長する便利で美味しいネギです。
今年は一本太ネギは栽培していないので、しっかり管理して9月くらいから収穫出来るようにしなければなりません。


端から順に枯れ葉を取り除いて草取りもする。
 


枯れ葉があまりにも多くてビックリしてしまう。


株元に化成肥料をパラパラと追肥して土寄せもしておきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜の収穫は続いて困るくらいの量です。

2017年07月12日 | <菜園全般>


収穫は毎日あります(クリックを)

野菜の収穫が続いています。 あまりの収穫量で困ることもありますが嬉しいものです。
キュウリ、ナス、オクラはほぼ毎日、インゲンは2日おきに収穫しており、これにスイカ、トウモロコシ、トマト、ゴーヤーとあるので嬉しい悲鳴です。
写真にありませんが、ニンジン、ピーマンは必要な時だけ収穫し、間もなくマクワウリの収穫も始まるでしょう。
早朝に畑に行き、昼間はあまりの暑さなので家で休むようにしています。

 
キュウリ、ナスは好調で、スイカもほぼ毎日に。


ゴーヤーも多くなり、インゲンは途切れることなく収穫できています。


オクラは大きく生長、収穫はほぼ毎日、まだ背丈が低いので収穫しにくい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイカの収穫は続き美味しく食べています。

2017年07月11日 | ・スイカ の栽培


昨日は4個を収穫(クリックを)

スイカの収穫が続いて毎日美味しく味わっています。 真夏のような暑い日が続きスイカはいっそう元気に生長しています。
7月1日に初収穫しましたが、昨日(7/10)までに13個を収穫、最初に植えつけた株と遅れて植えた2株に残り15個くらいが収穫を待っています。
2回目に種まきした5株は絶好調、蔓はどんどん伸びて次々に結実しており、8月になってからの収穫が楽しみになっています。
カメハメハは、カタログでは3㎏~3.5㎏くらいの赤肉小玉の枕型となっており、小玉スイカの中でも大きい品種ですが、6㎏以上もある大玉のようなものもあります。
果皮は厚く裂果がほとんどないとの説明があり裂果しにくいのは安心して栽培できますが、皮が硬くて切りにくいのには少々大変です。


最初に植えた株は少しずつ枯れ始めており、次々に収穫している。


2回目(5/15)に種まきした5株は、どんどん伸びて元気である。


葉をめくると大きくなってきたスイカがたくさん出てくる。


授粉後40日前後で収穫、左の大きいのは6㎏以上、右が普通の小玉より少し大きい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マクワウリは生長、摘芯と摘果をしています。

2017年07月10日 | ・マクワウリの栽培


大きく生長(クリックを)

マクワウリが生長し実も目立ってきています。 4月18日に種まきして、5月始めに自作苗2株を植え付けたものです。
6月12日に整枝を始めたことを紹介しましたが、約1ヶ月で大きく生長しているので摘芯し枝を整理、実がつきすぎると株がダウンしてしまうので摘果もしています。
メロンシートを敷きながら数を調整しており、2株なので20個弱にして確実に収穫するようにするつもりです。
品種はなり駒マクワ、毎年種採りをして栽培を続けています。収穫適期になると自然に蔓から離れるので収穫が簡単です。

 2株で大きく生長、防草シートの上で栽培、整枝しやすいので麦ワラは敷かず。


枝が多すぎるので摘芯し整理して実が見えるようにしている。


結実したマクワにはメロンシートを敷いている、蔓から離れたら収穫することに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加