こまちカフェ「歩いて楽しいまちづくり」

3月19日(日) こまちカフェ「歩いて楽しいまちづくり」

 毎回、ゲストを招いて交通まちづくりのホットな話題をみんなで語り合う「こまちカフェ」。

 「こまち」とは「たかつき交通まちづくり研究会」の愛称です。

 今回は、JR摂津富田駅と阪急富田駅間のにぎわい空間創出のヒントにしようと京都市建設局道路環境整備課事業促進担当課長の永田盛土さんをゲストに招いて京都市四条通歩道拡幅整備事業についてお話ししていただきました。

 四条通歩道拡幅整備事業は一昨年10月に整備事業が完了。

 人と公共交通優先を目的に、京都市最大の商業集積地区である四条烏丸から市場京阪までの東西片側二車線の車道を一車線にして歩道を拡幅する事業です。

 整備事業によって歩道幅は片側3.5mから6,5mに拡幅。

 市バス・京都バス・京阪バス3社で16か所に分散していたバス停をテラス型バス停4か所に集約して、バス待ち利用者と歩行者とが交錯せずにゆったり歩ける空間を確保。

 商業地の荷捌き車両の駐停車を15か所整備して、車道への駐停車による渋滞緩和を図っているとのことでした。

 事業推進の下になったのは、2012(H22)年に制定された「歩くまち・京都」憲章の制定。

 地元商業者で構成する「四条通繁栄会商店街振興組合」の力も大きかったようです。

 誰もが安全・安心にゆったりと歩けるにぎわい空間創出は、「歩いて楽しいまちなか」創出の大きな要素だと財認識しました。

 時間を割いてお越しいただいた永田課長さん、ありがとうございました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

島本町議選・東田正樹さんを囲む会

3月18日(土) 島本町議選・東田正樹さんを囲む会

 お隣の島本町議選が4月11日(火)公示で16日(日)が投票

 公示投票まで1か月を切った昨日夜、島本町ふれあいセンターで東田正樹さんを囲む会が開催され、出席しました。

 JR島本駅を降りるとそこかしこに各候補者の事前ポスターが貼られていて、すっかり選挙モードです。

 東田正樹予定候補は前回町議選で惜しくも惜敗して議席を失い、今回は民進党ただ一人の公認候補として雪辱を果たす選挙戦です。

 囲む会は、岡井すみよ高槻市議が司会を務め、後援会長、連合北摂代表等のあいさつの後、辻元清美衆議院議員と対談形式で島本町政の課題について述べた後、選挙戦にのぞむ決意を表明。

 最後に、参加者全員で必勝をめざして頑張ろうを三唱しました。

 今回は是非とも議席を奪い返し、再び町議として活躍してほしいですね!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巣立ちの春

3月17日(金) 巣立ちの春

 今日は地元の富田小学校卒業式に学校評議員として出席しました。

 児童数減で卒業生は30名という少規模になりましたが、今年度で第143回という歴史を感じさせる卒業式です。

 卒業証書授与では、一人一人が家族や友達への感謝や決意を述べながら校長先生から卒業証書を受け取りました。

 卒業していく一人一人の顔を見ていると、ついこの間入学したばかりなのにと感慨ひとしおです。

 4月からは中学生、第四中学校の入学式で会えるのが楽しみです。

 小学校卒業式と並行して、今日午前10時が府内公立高校の合格発表日でした。

 学習支援教室わんぴーすに来ているT君も、わざわざWAKWAK事務所にも合格発表を知らせに来てくれました。

 わんぴーす受講生徒で公立高校を受験した3年生は全員合格を果たしてくれました。本当に良かったです。本人たちの頑張りに拍手です!

  卒業式を終えて、社福つながりでの業務。

 夜は島本町議選・東田正樹予定候補者を励ます集いに出席しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大阪コミュニティ財団の助成金事業に採択されました

3月16日(木) 大阪コミュニティ財団の助成金事業に採択されました

 今日はほぼ一日、タウンスペースWAKWAKでデスクワーク

 高槻市・市教委・市社協に提出する後援事業報告書もほぼ作成し終えました。

 先日の運営スタッフ会議理事会社員総会とそこで承認いただいた年度事業計画・予算、そして29日に開催する春休み富田子ども食堂「とんだ ”わくわく”食堂」の案内記事もWAKWAKホームページに掲載アップしましたので是非ご覧ください。。

 次年度事業に関わる助成金の採択結果もこの時期に集中。

 公益財団熊西地域振興財団の採択に続いて、大阪府商工会議所関連の公益財団法人大阪コミュニティ財団山口淑子基金の採択が決定しました。

 コミュニティ財団助成は昨年に続いて連続の助成決定となりました。

 申請事業は「生活困窮はじめ様々な課題を持つ子どもたちと親へのの支援事業」で助成金額は50万円です。本当にありがとうございました。

 画像は昨年度の助成金贈呈式のものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

WAKWAK社員総会を開催しました

3月15日(水) WAKWAK社員総会を開催しました

 年度末を控え、昨日午後6時半からタウンスペースWAKWAK運営スタッフ会議、引き続き社員総会、理事会を開催しました。

 運営スタッフ会議ではこの間の事業報告とあわせ、「ただいま〜と言えると子ども達の居場所づくり事業」について協議しました。

 引き続き、社員総会には正会員12名中8名が出席。2017年度事業計画案、予算案について提案し議決いただきました。

 社員総会終了後、理事会を開催。

 財政基盤強化の一環として、オンライン寄付サービスの導入、旅費規定の改定等を決定しました。

 今日は、岡井すみよ議員が隔月発行している「すみよNUHOU」の折り込み作業

 いつもご協力いただいている女性ボランティアのみなさんの手で午前中に作業を終えました。

 ありがとうございました!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

市内中学校で卒業式

3月14日(火) 市内中学校で卒業式

 今日は高槻市内公立中学校の卒業式。

 私も地元第四中学校の卒業式に出席しました。

 第70回を迎える卒業式では115名の卒業生に一人ひとり卒業証書が手渡され、式辞のあと、在校生代表が「送ることば」、卒業生代表が「決意のことば」を述べました。

 卒業生合唱はレミオメロンの「3月9日」。女子生徒に交じって男子生徒も涙ぐんでいるのが印象的でした。

 学習支援教室わんぴーすに来ている6名も一緒に卒業。

 昨日は、わんぴーす3年生でささやかな卒業を祝う会を開催。1年生から一緒に参加してきたわんぴーすの生徒たちもすっかり成長しました。

 講師の大学生も涙ながらにエールを。公立受験の生徒たちは17日(金)が合否発表です。

 何とか全員、合格を果たしてほしいです!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ただいま~と言える子どもたちの居場所をつくる」立ち上げ講演会を開催

3月11日(土) 「ただいま~と言える子どもたちの居場所をつくる」立ち上げ講演会を開催

 東日本大震災から6周年の今日、午後1時半からただいま~と言える子どもたちの居場所をつくる」立ち上げ講演会を富田ふれあい文化センター小ホールで開催しました。

 講演会には予想を超える156名の方にご参加いただき、80部用意していた資料を急遽増刷するとともに椅子も搬入しての開会となりました。

 来賓として高槻市市民生活部中村部長代理、橋本紀子・市議会議長、倉橋・高槻市社会福祉協議会会長からもご挨拶いただくと共に、ご多忙の中、平安女学院大子ども教育学部・三木学部長大阪人間科学大鶴野学長補佐、今回の事業に助成決定いただいた公益財団法人熊西地域振興財団・熊西代表理事のみなさんもご出席いただきました。

 講演会の一部では桃山学院大・金澤ますみ准教授さんから「子どもたちの夕刻を支える場」をテーマにご講演いただきました。

 金澤さんからは「子どもの居場所の重要性「「居場所としての重要な要素」「夕刻を支える場の意義」と共に各地の実践事例についても紹介。

 講演の最後には、金澤ますみさん、幸重忠孝さんらが制作したCDから「夕刻を支える場のテーマソング」のライブ演奏も。

 休憩をはさんで、二部ではWAKWAKとしてスタートさせる「居場所づくり事業構想と事業内容」の説明と共に、参加者への具体的な協力要請をさせていただきました。

 講演会は午後4時で終了。

 引き続き、4時半からは会場を代えて、重忠孝さんがファシリテーターとなってのワークショップを開催しました。

 参加者は各班に分かれて、標準世帯月収34万円と相対的貧困世帯月収17万円それぞれでの家計支出を算出。

 その後、「夕刻を支える場」で取り組む内容についてのアイデアを各班で出し合いました。

 ワークショップには、地元第四中学校の生徒さんの代表も参加。

 平安女学院大・三木学部長大阪人間科学大鶴野学長補佐はじめ学生さんも住民のみなさんと一緒に参加して若い世代の感覚もいろんなアイデアに発展。

 「お誕生会」「お泊り会」「映画会」「カラオケ大会」「しゃべり場」など様々なアイデアがふくらみ、最後に、模造紙に貼られた各班のアイデアに参加者全員で投票しました。

 ワークショップは午後6時に終了。

 ご多忙の中、講演会にご参加いただいたみなさん、ワークショップまで残っていただいたみなさん、そしてご講演いただいた金澤ますみさんと幸重忠孝さん、取材のマスコミのみなさん、そして関係者のみなさんに厚く御礼申し上げます。

  29日(木)のプレ子ども食堂、そして新年度からの「夕刻を支える場」が子どもたちの未来を切り開く場となるように決意を新たにさせていただきました。

 本当にありがとうございました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富田小学校評議員会に出席

3月10日(金) 富田小学校評議員会に出席

 毎週月金は社福つながりでの業務

 社会福祉法事制度改革に伴う定款変更についても所轄庁である高槻市福祉指導課との数度のやり取りを経て、ようやく認可の報告をいただきました。

 14日付で正式に定款変更認可証が交付されることになります。

 夜は5時半から、地元の富田小学校評議員会に出席しました。

 来年度から新学習指導要領が施行され、小学校3年生から英語教育が導入されるとともにアクティブラーニングも強化されます。

 評議員会では、学校教育目標「人と人とがつながる学校づくり」「社会参画力を育む教育づくり」に沿って取り組みが報告され、今後の課題について議論を交わしました。

 年度末を控え、会議出席が多くなります。今週は夜も会議が連続、来週も会議の連続になりそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

障がい者権利条約高槻推進フォーラム

3月9日(木) 障がい者権利条約高槻推進フォーラム

 今日は午前中、富田ふれあい文化センター利用登録団体研修会に出席。

 「人のこころをひびかせることばとは~世界で一番貧しい大統領のスピーチより」をテーマに、南米ウルグアイのムヒカ前大統領の演説内容についての講演がありました。

 話を聞くうちに、「本当の幸福とは何か」について改めてムヒカ前大統領の本に興味がわきました。

 午後から、現代劇場文化ホールで開催の障がい者権利条約高槻推進フォーラムに出席。

 講師は昨年に続いて、NPO法人おおさか地域生活支援センターネットワーク理事長の北野誠一さんです。

 北野さんからは障害者差別解消法における合理的配慮としての当事者の意思決定権・表明支援の重要性と津久井やまゆり園事件についての検証について提起がありました。

 講演終了後、市人権・男女共同参画課との協議

 引き続き、夕方から社福つながりでの業務

 法人賃金規程見直しと夜間支援型障がい者グループホーム開設に向けた職員就業規則改正について法人事務局長、社労士さん等との協議をさせていただきました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

障がい者権利条約高槻推進フォーラム

3月9日(木) 障がい者権利条約高槻推進フォーラム

 今日は午前中、富田ふれあい文化センター利用登録団体研修会に出席。

 「人のこころをひびかせることばとは~世界で一番貧しい大統領のスピーチより」をテーマに、南米ウルグアイのムヒカ前大統領の演説内容についての講演がありました。

 話を聞くうちに、「本当の幸福とは何か」について改めてムヒカ前大統領の本に興味がわきました。

 午後から、現代劇場文化ホールで開催の障がい者権利条約高槻推進フォーラムに出席。

 講師は昨年に続いて、NPO法人おおさか地域生活支援センターネットワーク理事長の北野誠一さんです。

 北野さんからは障害者差別解消法における合理的配慮としての当事者の意思決定権・表明支援の重要性と津久井やまゆり園事件についての検証について提起がありました。

 講演終了後、市人権・男女共同参画課との協議

 引き続き、夕方から社福つながりでの業務

 法人賃金規程見直しと夜間支援型障がい者グループホーム開設に向けた職員就業規則改正について法人事務局長、社労士さん等との協議をさせていただきました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

消化管ドッグ

3月8日(水) 消化管ドッグ

 昨年1月に人間ドッグを受けてから1年がたち、愛仁会保健センターから受診勧奨がきていたので予約を入れ大腸内視鏡検査を受診しました。

 WAKWAKスタッフメンバーは、先週に引き続いて夕刻を支える子どもたちの場」づくりの視察のため午後から幸重忠孝さんと合流して滋賀県へ。

 おりしも滋賀県北部は大雪警報発令でスタッドレスタイヤの車に乗り換えての視察でしたが、雪はなかったようで一安心。

 今回は女性スタッフ、大学生ボランティアも多く参加しての視察でしたが多くのことを学ばせていただいたようです。お疲れ様でした。

 私は、ドッグ予約を入れていたので視察には参加できず、昨晩おかゆを食べて以来検査の午後1時半まで絶食。

 おまけに腸を空にするため、朝から2時間かけて下剤液1リットル強を飲んで準備。

 内視鏡カメラを入れる際、鎮痛剤を注射いただいたおかげで痛みもなく、無事検査を終えました。

 正式な検査結果は後日になりますが、腫瘍・ポリープ等もなく異常なしでした。ほっ!

 夜6時から市民活動サポートセンター管理運営委員会役員に出席。

 5月総会役員改選のための推薦委員会も立ち上げることになりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富田富寿栄住宅建替研究会

3月7日(火) 富寿栄住宅建替研究会

 今日はタウンスペースWAKWAKでのデスクワークでした。

 年度末を控え、ボーダレスアート学習支援等事業等の高槻市・市教委、市社協に提出する後援実績報告書や民間助成金実績報告書の作成準備にとりかかりました。

 午後から地元老人会との協議

 夜6時から富田富寿栄住宅建替研究会に出席。

 高齢者の買い物支援に関わるマップについて協議。市にも早く、研究会本来の建替計画についての議論に入りたいのですが、市の計画が遅々として進まず足踏み状態です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

社会福祉法人制度改革にともなう新評議員を選出

委員会3月6日(月)社会福祉法人制度改革にともなう新評議員を選出

 寒い日があったり暖かくなったりと春への兆しが感じられるようになってきました。

 知的障碍者支援施設サニースポットの梅も今が満開です。

 今日は社福つながりでの業務。4月施行の社会福祉法人制度改革も大詰めです。

 午後から福祉と人権を基調とする府内社会福祉法人で構成するつばめ会の全体会議に出席後高槻に戻り、午後5時から制度改革に伴う法人評議員選任解任委員会を開催しました。

 これまで法人評議員は理事会で選任していましたが、制度改革によって第三者の外部委員を含めた選任解任員会を別途設置し、個の選任解任に員会が評議員を選任議決することと変更されました。

 現在の評議員の任期は3月末で終了し、新たに4月から任期開始となる新しい評議員10名の選任を議決いただきました。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高山右近フェスタが開催

3月5日(日) 高山右近フェスタ

  キリシタン大名として高槻城主であった高山右近が、バチカン・カトリック教会から聖者に次ぐ「福者」として承認されたことを祝って、「高山右近フェスタ」が昨日開催されました。

 主催したのは郷土史家・宇津木秀甫さん、画家・小坂謙造さんを代表とした実行委員会。

 右近フェスタ開催に精魂を傾けておられた宇津木秀甫さんにおかれてはリハーサル直後に90歳で急逝され、在りし日の宇津木秀甫さんの遺影が飾られた会場での開催となりました。

 フェスタは、午前・午後の2回にわたって行われ、私は午後の部に出席。妻は、宇津木さんが主宰する「昔はなし語り部集団」の一員として事務局裏方を務めていました。

 フェスタは、地元女性合唱団「カンティ・サクレ」の合唱に始まり、「キリシタン音楽の邦楽への影響を探る」と題して箏・三味線の演奏、紙芝居「たかやまうこんさま」と続きました。

 そして宇津木さんが監修された「高山右近物語全16章」の中から「バテレン禁止令で右近国外追放」「右近、マニラで死す」を昔話語り部集団の方々が語り。

 途中には、「私と高山右近」として市民からの意見発表もありました。

 会場確保が難しく高槻商工会議所ホールになったそうですが、この地が高山右近天守教会堂跡だったことも印象深いですね!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ボーダレスアート教室「作品バックをつくろう」

3月4日(土) ボーダレスアート教室「作品バッグをつくろう」

 今日は朝8時から民進党第10(高槻島本)総支部の幹事会に出席。4月に行われる島本町長・町議選について協議しました。

 幹事会を終えてから富田青少年交流センターを会場に実施しているボーダレスアート教室「わんだーぼっくす」へ。

 今期開講日も残りわずかとなり、今日は教室で制作した作品を持って帰ってもらえるように「作品バッグづくり」をしました。

 教室で用意した布製バッグに思い思いの絵をクーピーで描いてもらってオリジナルバッグが完成。

 この1年間、わんだーぼっくすで制作した作品をバッグに入れ、みんな本当にうれしそうに持ち帰ってもらいました。

 わんだーぼっくす今年度後期は3月25日(土)でいったん終了。5月から新年度前期がスタートします。

 午後からは、高槻商工会議所で開催の高山右近フェスタに参加しました。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ