映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

2012-02-17 | 映画 ま行
今週末公開の本作。
久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。
18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の
4階から、列ができていました。

会場は満席。
トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共演や、
「9・11で父を亡くした少年の、喪失と再生の物語」というキャッチフレーズ、
そしてこの不思議な長いタイトルに映画への期待が感じられました。

そして・・・泣きました 
映画が終わった後、目の周りと鼻が赤くなっていて恥ずかしかったです。

でも・・・アカデミー賞では、作品賞と助演男優賞のみ、ノミネート。
アメリカでの評判はいま一つのようです。



  *******************************
       
      ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
           EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE

*******************************


 < ストーリー >
9・11アメリカ同時多発テロで父(トム・ハンクス)を亡くした9歳の少年オスカーは、1年が過ぎても
父の突然の死を受け入れることができない。ある日、そのままになっていた父のクローゼットで
棚の上の花瓶を落とし、「ブラック」と書かれた封筒に入ったカギを見つける。
それが父からのメッセージであると信じ、カギに合う「カギ穴」を探す旅を始める。
人と関わることが苦手なオスカーだったが、父との思い出を勇気に変え、ニューヨークに住む
472人の「ブラックさん」をひとりずつ訪ねていく。
果たして、オスカーはカギ穴を見つけ、父からのメッセージにたどり着くことができるのか?




この年頃の男の子って落ち着きが無かったり、言葉で表現することができなくて乱暴になったりと
扱いにくかったりすることがあります。
オスカーもアスペルガーの可能性が疑われたりしていますが非常に利発な少年です。
そんな繊細で不器用なオスカーを優しく見守り、テコンドーや天文学、調査探検ゲームへと誘う父。
息子とこんなにいい関係を築けるお父さんって素晴らしい。
そんな固い絆で結ばれていた父を、突然失ってしまったオスカー。

今の時代、TVのライブ中継や携帯電話で、死の間際まで繋がっていられるってショックが大きい。
通話終了のツーという音は、まるで心電図の心肺停止音のそれと同じようです。


突然父を亡くし、怒り、悲しみ、喪失、孤独など・・・こころの中で渦巻くやり場のない感情を
じっとこらえたり、時としてこらえきれなくなって早口で爆発させるオスカー。
時として怒りの矛先は母へ向かい、心にもないことを口走る。
大人でも辛く苦しいのに・・・9歳の子供にはこの状況はキツイ。

偶然見つけた鍵が父との探検ゲームの手がかりであると信じ、母には内緒で週末に
鍵穴をを探しまわる。
悲しみが深い時、辛い時、苦しい時は何でもいい、無心でまず体を動かすことが大事です。
この「ブラックさん探し」の手順のまぁスゴイこと。 

一人であちこちの家庭を訪ねて行って大丈夫?
母(サンドラ・ブロック)の影が薄いなぁ〜、どないなってんの?と気になっていたのですが…
ちゃんと理由がありました。
「親」という字・・・「親は木の上に立って見ている」だけじゃなくて、見えない所で奔走していた
お母さんの行動力も素晴らしい。

この鍵探しを通して、様々な人に会い、苦手なことを克服し、オスカーは成長していく。


   御年82歳のマックス・フォン・シドーはアカデミー助演男優賞候補です。
       「ロビン・フッド」「シャッター・アイランド」など話題作に次々出演
          


監督のスティーブン・ダルドリーは「リトル・ダンサー」の監督さんなんですね。
「リトル・ダンサー」は大好きな映画です。
ジャンパー」でも書きましたが、
13歳の時に「リトル・ダンサー」で鮮烈なデビューをかざったジェイミー・ベル。
不安や怒り、孤独など言葉にならない感情をぶつけた彼のダンス、踊っている時の表情は素晴らしく
「この子は、いったい何者?〜」と驚きましたが、今回のオスカー役トーマス・ホーン君も
抱えきれないほどの悲しみと、どこにぶつけてよいかわからない苛立ち、孤独などの感情がスクリーンから
伝わってくるようでした。
この二人の少年たちの元々の才能なのか? 
演技経験のない少年にここまで感情の発露を演じさせた監督の力なのか?


主人公の名前が「オスカー」なのに・・・アカデミー賞が取れそうにないのはちょっと痛い。






 にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 2月15日「マイティー・ソー THOR」DVD マーヴェルコミックス原作

      「恋は3000マイルを超えて Every Jack has a Jill 」DVD メラニー・ロラン主演
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラッド・ダイアモンド  Bloo... | トップ | 今さらながら…試しました »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2012-02-21 10:42:10
こんにちは。「ものすごく…」とってもすてきな作品でしたね。
サンドラ・ブロックはコメディエンヌとしてもチャーミングな女優さんですが、私は「しあわせの隠れ場所」でのパワフルママの役が大好き。この作品でも、やっぱりサンドラに泣かされました…。
トーマスくんの才能には圧倒されました。
役柄での生意気な話し方が、かわいかったです♪
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2012-02-21 11:34:37
こんにちは。
ご覧になったのですね。
間違いなく今年のベストに選ぶであろう素敵なストーリーでした。
最初にオスカーと母サンドラがぶつかるシーンに泣きました。そして最後「そうだったんだ〜」でボロボロでした。「しあわせの隠れ場所」の母リー・アンも胆の据わった素敵なお母さんでした。

アメリカでは何故か評価が低いようです。ストーリーが出来過ぎということのようですが、アメリカの受けた傷は想像以上に深いということなのでしょうか?
Unknown (ANDRE)
2012-03-05 00:24:00
ものすごくご無沙汰しております。

自分もこの映画を観終えた後、
目を真っ赤にして泣いてました・・・。

「親」という字!まさにその通りでした!
その場面が一番泣いてしまったところで、
大変なことになってました。

ちょっと話がずれてしまいますが、
「恋は3000マイルを越えて」もご覧になったのですね〜。
メラニー・ロランが可愛かったですが、
ちょっとシュールで不思議なラブコメ(?)でしたよね。

Unknown (ANDREさんへ(ryoko))
2012-03-09 01:36:16

お久しぶりです〜。コメントありがとうございます。
恥ずかしいほど後半涙が止まりませんでした。
サンドラ・ブロック、後半見せましたねぇ〜。


最近数本メラニー・ロラン出演作を見ました。本当にかわいい女優さんですね。「恋は・・・」は不思議なラブストーリーでした。
こんばんは (はらやん)
2012-03-11 21:42:37
ryokoさん、こんばんは!

アメリカでの評判はいまいちなんですねー。
まだこの話題はちょっと生々しいのかな??
母親のエピソード、よかったですよね。
子供が自分の力で乗り越えるのを信じて見守っている姿にじんときました。
自分のことだけでもいっぱいいっぱいなはずなのに。
自分のことを信じてくれる親を持てたというのはオスカーにとっては幸せなことですよね。
Unknown (はらやんさんへ(ryoko))
2012-03-13 23:29:39
こんばんは!
コメントありがとうございます。

アメリカでの評価は何故か低いようです。
アカデミー賞でもマックス・フォン・シドーだけだったし・・・。作品賞とかいけそうなストーリーでしたが、やっぱり生々しいんですかね?
前半影の薄かったお母さん、後半グイグイきました。なかなか黙って見守れませんよね〜ニューヨークだし、自分のことで精一杯ですから。

見終わって長い奇妙なタイトルにも納得でした。
先日映画館の電光掲示板を見たら「ものすごくうるさくて、ありえない」で切れていて笑っちゃいました。

コメありがとうございます。 (タケヤ)
2012-11-06 08:58:20
試写会で観られたんですね。

僕は他の作品を映画館で観た時に
何回か今作品の宣伝を見て
(あ〜観たいなあ。)と思ったのですが、
残念ながらソフトにて鑑賞となりました。

(泣く映画は家で思い切り泣いて見たい派です。)
という事ですが

家だといいですよ。夜、真っ暗にして
1人で観るとどんなに泣いても誰に
見られても恥ずかしくありません(笑)
Unknown (タケヤさんへ(ryoko))
2012-11-09 22:05:37
コメントありがとうございます。
はい、ないことに試写会が当たって有楽町まで行きました。
いやぁ、泣きましたよ。
明るくなった時、恥ずかしかったですが、結構泣いている方が多かったです。
泣く映画はやっぱり家で、まわりを気にすることなく力一杯泣きたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
少年の一歩 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ラムの大通り)
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...
[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死に...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]Amazonアソシエイト by
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (あーうぃ だにぇっと)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール
映画 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (ようこそMr.G)
映画 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 2012年2月2日 ワーナー・ブラザース試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 を試写会で鑑賞です。 私は大好きな映画でした 【ストーリー】  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカー...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (まてぃの徒然映画+雑記)
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
「9.11文学の金字塔」と言われるベストセラー小説の映画化。これがタイトルなの?とそれだけで気になる感じなのだけど、原題が「Extremely Loud and Incredibly Close」とい
ものすごくうるさくてありえないほど近い (★tip of the iceberg★)
ユナイテッドシネマ豊橋18にて試写会。 会場は超満席でした。 前から2列目の席で画面もありえないほど近かった。 話の内容は、前半「ハマった」と感じるものの、後半どんどん良くなって行きました。 同じくユナイテッドで試写会に当たった『P.S.アイ・ラブ・ユー』に...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (悠雅的生活)
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Extremely Loud and Incredibly Close監督:スティーブン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、etc...ものすごく繊細で、ありえないほどの愛情 (が、いっぱい。。。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (A Day In The Life)
初日にての観賞 解説 大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の 残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。 ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクス とサンドラ・ブロックとい...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を駆け巡る息子オスカーと彼に関わる人々を描いた感動の物語。 原作は、2005年にアメ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <文京シビックホール> 監督:スティーブン・ダルドリー 製作:スコット・ルーディン 製作総指揮:セリア・コスタス、マーク・ロイバル、ノーラ・スキナー 原作:ジョナサン・サフラン・フォア 脚本:エリック・ロス あの日父を失くした少年の、喪....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (心のままに映画の風景)
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (セレンディピティ ダイアリー)
ジョナサン・サフラン・フォア原作のベストセラー小説を、「リトル・ダンサー」「愛を
鍵穴を探す旅〜『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (真紅のthinkingdays)
 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
古い鍵と472人のブラック。 祖母の部屋の間借人。 6件目のメッセージとブランコ。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Movies 1-800)
Extremely Loud & Incredibly Close (2011年) 監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック “9.11”で父を亡くした少年の喪失感を埋める道のりを描くファミリー・ドラマ。 身近な人間を失う...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (Andre's Review)
extremely loud incredibly close アメリカ 2011 2012年2月公開 劇場鑑賞 書店で原作を見かけたときから気になっていた作品が映画化され、それがスティーヴン・ダルドリー監督とあったら見ないわけにはいきません。 主人公の少年オスカーは、大好きな父(トム・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) −監督− スティーヴン・ダルドリー −原作− ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 −出演− *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー
ものすごくうるさくてありえないほど近い (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした 少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと 考えたオスカーは....
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...