映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

マネー・モンスター

2016-06-23 | 映画 ま行
今週はちょっと余裕ができたので、「帰ってきたヒトラー」と「マネー・モンスター」を見てきました。
どちらも非常に見ごたえがあり、最後まで目が離せませんでした。
たまたま選んだ2本だったのですが、
片やドイツを舞台に政治を、もう一方はアメリカを舞台に金融をテーマにしているにもかかわらず、
共にテレビ業界を中心に、ネットでつながる普通の人々、観客として映画を見ている私たちに
「これでいいのか?」と迫る強いメッセージを感じました。
(次回「帰ってきたヒトラー」をアップするつもりです)

現在進行中のEU残留・離脱をかけた国民投票の開票結果は明日午後にははっきりするようですが、
その裏では残留・離脱のどちらかに賭け通貨や株の大型売買が繰り広げられ、巨額のマネーが
動いているんでしょうね。
読みが当たればデカいけれど、外れたら…お金は「モンスター」ですねぇ~。

       **********************

            マ ネ ー ・ モ ン ス タ ー

       **********************

  < ストーリー >
司会者リーのお遊びトークと企業情報で人気の経済エンタメ番組「マネー・モンスター」。
デリバリーを装った男が生放送中のスタジオに乱入。拳銃を手にリーを人質にとり番組をジャック
したのだ。「銀行に預けるよりかたい」というリーお勧め、躍進するIBIS社の株に全財産を
つぎ込んだが、突如の暴落ですべてを失ったと言う。テレビを通じ何が起こったのか説明を求める
犯人カイル、リーと番組ディレクターのパティは世界中の視聴者が見守る中、情報を集め
暴落の裏にあるからくりに迫っていく。
        
          番組の司会者リーを演じるのはジョージ・クルーニー
 
本作の監督は女優のジョディー・フォスター。
すっかりマネーゲームと化した金融投資の悲劇を見ごたえあるエンタメに仕立てた手腕は流石です。

金融商品を購入するときは「リスクがありますよ~」「自分の判断で購入していますよね?」
「余裕資金ですね?」とか念押しされますものね。
全財産をすった犯人カイルの側に立てば気の毒というしかないですが、暴落前に株価がグングン
上昇していた時は「俺って才能あるかも?って有頂天だったんじゃないのか」という一言、
厳しいけれど納得の台詞です。
 
   番組のディレクター、パティを演じるのはジュリア・ロバーツ。てきぱきした指示が
           
番組ディレクターのパティが暴落の原因を探る中で、
IBIS社のアルゴリズムを作った韓国人のプログラマーやアイスランドのハッカーを動員し
監視カメラの映像や情報を集める緊迫のシーンは凄いと同時に怖さを感じました。

そして、ことの顛末をいろんな場所のテレビで固唾をのんで見守る人たち。
煽る者、興味本位で現場に近づく者、SNSに情報を流す者、などなど。
でも事件が一段落すると、何事もなかったように、またサッカーボードゲームに戻ったシーンや、
マネーゲームの黒幕のぶざまな姿を加工して動画を続々とYoutubeにアップするのは
苦笑いというか、動画アップはやりそうだからねぇ。
         
               IBIS社のCEOと広報担当coo 
そんな中、ライブ中継を必死に続けるリーとパティ、映像を撮り続けたカメラマンの絆、
リーと犯人との間に生まれた感情の変化に対し、「金を儲けて何が悪い」と悪びれることなく
言い放つIBIS社のCEOの姿と犯人の結末に、言いしれない虚しさを覚えました。

ちょっと寝不足気味だったのですが、どういう終わり方なのか?
展開の面白さに2時間弱見入ってしまいました。

   
  ***** 見た 映画 *****

 6月22日 「帰ってきたヒトラー」@TOHOシネマズ川崎

 6月23日 「マネー・モンスター」@TOHOシネマズ海老名

コメント   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

これが私の人生設計  SCUSATE SE ESISTO! (DO YOU SEE ME?)

2016-06-22 | 映画 か行
イタリア、ローマ市長に初めて37歳の女性が当選!トリノでも女性市長誕生!のニュースに、
ちょっと前に見た本作が書きかけであったことを思い出しました。
本作によると、コメディ要素を差し引いても、イタリアの男尊女卑は日本よりも酷い。
女性のみならず、男性の就職もままならないようで、全体の失業率は12%弱、
若者の失業率にいたっては37%!(昨年最高時は脅威の42%)で海外に出る若者が多いようです。
   (トレイディング エコノミクス調べ)
そんな中、女性の市長誕生は画期的と言えるのではないでしょうか。
ビルジニア・ラッジ新市長はEU懐疑派「五つ星運動」に所属だそうで、いよいよ今週23日に迫った
英国のEU残留・離脱を問う国民投票に何らかの影響はあるのでしょうか?
英国のみならずイタリアやスペインでも60%を超える人達が反EUって…EU大丈夫なの?
(ギリシャにいたっては反EUが9割って…まぁ納得)

本作は海外で活躍後望郷の念断ち難く、イタリアに帰国したものの男性優位社会で孤軍奮闘する
女性建築家描く、実話に基づくコメディーです。
やっぱりイタリア映画は、面白い!楽しい!元気が出るわぁ~!

   **************************

        こ れ が 私  人 生 設 計

   ***************************

 < ストーリー >
世界各地で建築家としてキャリアを積みロンドンで順風満帆の生活を送るセレーナ。
ある日ふと里心がつき、故郷イタリアへ帰ることにする。しかしイタリアの建築業界は
男性優位でろくな仕事につけず、レストランのウエイトレスを掛け持ちすることに。
レストランのイケメンオーナーのフランチェスコに恋心を抱くが、彼はゲイ。
ふたりは友情で結ばれる。そんなとき、公営住宅のリフォーム案の公募を知ったセレーナは
満を持して応募するが…。

フランチェスコを演じるラウル・ボヴァのイケメンぶりには目を見張ります!
絵にかいたような、超イケメン!どこかで見たような…
「向かいの窓」「トスカーナの休日」に出演していたイケメンさんです。
何回「イケメン」言うねんとおしかりを受けそうですが、こんな正統派イケメンなかなか
いませんよ。セレーナがウットリするのもむべなるかな。
   
             残念ながらフランチェスコはゲイという設定。 ↓このセレーナの厳しい表情。
                                 
しかし、イタリアってこんなに男性優位の社会なんですか?
若者の失業率が40%前後と知れば、就活の大変さがうかがわれます。
公営住宅のリノベーションコンペのポスターを見て、住民に聞き取りをして挑戦するセレーナ。
最終候補にのこったものの女性というだけで却下されそうになり咄嗟についた嘘。
フランチェスコを建築家に仕立て、自分は彼のアシスタントとしてプロジェクトを
乗り切ろうとする過程で、ドキドキハラハラ。
                                           フランチェスコは日本に出張中でネットで会議に出席するということにするが…

男性優位の社会を皮肉りつつ、マンマには逆らえないイタリアの温かさと、
立場の弱い人たちに寄り添う優しさ、それらを笑いで包むバランスがとてもいいんです。
スカッとするエンディングに見ているこっちまで元気になれる映画です。
        
            アシスタントに甘んじてきた優秀な秘書もセレーナに影響されて…

ローマ市長に女性が就任ってことはイタリア社会の変化の兆しでしょうか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デッドプール

2016-06-21 | 映画 た行
なかなか映画館に足を運ぶ余裕のないこの頃。
久しぶりに足を運びブログ更新というのにこの映画って…いかがなもんだと思いつつ。

ファンというわけではないのですが、なんだか気になるライアン・レイノルズ。
2010年「ピープル」誌が選ぶ「最もセクシーな男」に選ばれたとはいえ、
日本での知名度は低め(ですよね)。(ファンの方、ごめんなさい)
イケメン俳優というよりは、私生活の方で注目を浴びているような。
というのも、あのスカーレット・ヨハンソンの元夫。そして現在はブレイク・ライブリーの夫です。
               
        元妻            現妻   二人とも、美形で売れっ子さんです。

しか~し、ライアンはなかなかの役者だと私は密かに思っています。
年上女性上司に振り回されるヘタレの年下男を演じたかと思えば「あなたは私の婿になる」、
緑のタイツに身を包んだヒーロー「グリーン・ランタン」(これでライブリーと共演ですね)で大コケ。
その後、デンゼル・ワシントンと共演の「デンジャラス・ラン」、
ヘレン・ミレンと共演の「黄金のアディーレ」で、
自信なさげでなんとも頼りない若造が、後半追い込まれ、シマッタ~じゃなくてキリっと締まった表情に
見事に変貌!大きな成長を遂げました。
その表情や立ち振る舞いの説得力ある変化に「やるじゃないか~」っと魅せられたのでした。
そんなわけで、本作は巷の評価も高かったので鑑賞してきました。

    **********************

          デ ッ ド ・ プ ー ル
  
    **********************

  < ストーリー >
ウェイド・ウィルソンは、特殊部隊の元傭兵。今は小悪党を脅してヒーローを気取って
金を稼いでいる。恋人ヴァネッサとの結婚も決め幸せの絶頂の中、末期ガンを宣告される。
そんな時、ある組織に勧誘され、ガン治療と引き換えに人体実験を受け不死身の体になるが
無残な顔になりマスクをかぶって組織に挑む。

   
                                   中身はライアン・レイノルズ 
<ストーリー>を読むと、「アイアンマン」のようなヒーローをイメージしてしまいそうですが、
全く違うテイストです。
マーヴェルコミックを読んでいないのでそもそも「デッド・プール」がどんなキャラなのか?
全く知らずに見たので、思い入れも嫌悪もなくニュートラルな姿勢で見たのですが…
ヒーローものとしては予想外、おバカ映画・ヒーロー好きのアメリカ人には大好物じゃなかろうか?
R指定のダークなトーンのアメコミで、シリアスなんだかお笑いなんだか?
                               
レイノルズが端正な顔に不釣り合いな筋肉隆々のマッチョな姿で、バイオレンスとアクションてんこ盛り。
時に高田純次のごとく笑いを取り、観客に話しかける。
ヒーローもの再挑戦で二枚目をかなぐり捨て、兎にも角にもキレッキレ~です。
これからも、ライアン・レイノルズ注目していきます。

敵役フランシスの側近のゴツイ女性、どこかで見たような…っと思ったら「エージェント・マロリー」の
ジーナ・カラーロ。
「エージェント…」の時よりも二回りくらいゴツくなってる!
       
                         恋人役のモリーナ・バッカリンが美人です。       

デッド・プールを更生させ「X-メン」に引き入れようとする鋼鉄ミュータントのコロッサスと
坊主頭のかわいいミュータント、メガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド。
             
新しいキャラが次々出てきて何が何だか。
デッド・プールは「X-メン」系、アントマンは「アヴェンジャーズ」系…ですね?
もうゴチャゴチャです。
どちらかと聞かれたら「アントマン」が好き~。




 ***** 見た 映画 *****

 6月 1日 「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」@ヒューマントラスト有楽町

 6月 8日 「デッドプール」@TOHOシネマズ海老名 

 6月13日 「ディセンダント」DVD ディズニーのヴィランズ(悪人)の子供たちの物語

 6月15日 「I LOVE スヌーピー」DVD

 6月19日 「Re:LIFE ~リライフ~」DVD ヒュー・グラント主演

 6月20日 「IMAGINE」DVD ポルトガルのリスボンの盲学校を舞台にした物語 
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

海よりもまだ深く

2016-05-31 | 映画 あ行
是枝監督の最新作、公開早々見てきました。
家族を描く是枝作品、毎回いろいろと考えさせられます。
家族神話の裏に潜むドロドロを、さりげない日常会話のなかに見え隠れさせ、
家族のあるある~な台詞で笑いをコーティングし、重過ぎず絶妙なバランスです。

  <これまでの作品>
  ブログ開始が2007年なので、それ以降の作品です。
      ・歩いても歩いても
      ・奇跡
      ・そして父になる
      ・海街dialy

みんながみんな子供の頃なりたかった大人になれるわけじゃない。
夢見ていたような大人になれず、夢も失った家族をも諦めきれずにもがくダメ男と
年老いた母、別れた妻と息子、彼を取り巻く人間模様。
今回、登場しない(すでに亡くなった)父親は超えられない大きな存在ではなく、
あんな風にはなりたくなかったという反面教師のようなダメ男のよう。
でも、なぜか似ちゃってるんだね。
親子って、良いところが似ないで、似ないでいいところが似ちゃうんだなぁ。

    **************************

             海 よ り も ま だ 深 く

    **************************

 < ストーリー >
15年前に小さな文学賞を一度受賞したものの、その後は全く売れず。作家としての成功を追い続け
小説のリサーチと称して探偵事務所で働く良多。別れた妻に未練タラタラで、仕事の合間に彼女を
張り込みし金持ちの新恋人の登場にショックを受ける。息子にはグローブやスパイクをプレゼントして
父親をアピールしたいが、ギャンブルにはまり妻に渡す養育費も滞りがち。
月に一度の息子との面会日、団地で一人暮らしの母の家に行くが台風で帰れず、
良多、母、元妻、息子の4人でひと晩を共に過ごすことになる。


こんな旦那さんは困るよなぁ~っというダメ男「良多」を演じるのは阿部寛さん。
是枝監督は「良多」という名前がお好きみたいですね。
   
     後輩に借りたお金を競輪で増やして…って、お決まりの皮算用。
            
                  元妻に張り込み。

是枝監督作品にはさりげな~く、深く胸にギュッとくる台詞が散りばめられている。
  (良多が植えた植物を見て)花も実もつかないんだけれど、なんかの役に立ってんのよ。
  幸せってのはね、何かを諦めないと手にできないもんなの。  
  どこでまちがえたんだろうねぇ?
そして、前から思ってましたけど、台詞の中にはっきり言わずに「あれ」ってのが結構多いよね。

      
    不本意にも元義理の母の狭い団地で一泊することになり戸惑う元妻を演じるのは真木よう子さん。     
           
               樹木希林さんは是枝作品には欠かせないお母さん。                  

動画前半、阿部寛さんと池松壮亮くんのさりげない会話が深く胸に痛い。
池松壮亮くん、上手いなぁ。
そして「ハナレグミ」のエンディングテーマ。 いいわぁ~
何回も聞いちゃいます。
   

 ♪ 夢見た未来って どんなだっけなぁ~
   わたしの夢見た未来は…内緒です。
   本作を見ると、自分の子供の頃の夢に想いを馳せるんじゃないでしょうか。

4人にとってあの台風の夜は忘れられない夜になったでしょうね。
特に息子の慎悟君にとって。
良多のその後は…果たして?

見終わった時、主人公である良多のダメ男ぶりに、なんだかなぁ~っと思ったのですが、
エンディングテーマ曲を聴いたり、内容を振り返ったりする度に、
後からじわじわ~っとくるスルメのような味わいのある映画です。



 ***** 見た 映画 *****

 5月24日 「海よりもまだ深く」@TOHOシネマズ海老名

 5月26日 「マイ・インターン」DVD アン・ハサウェイ、ロバート・デニーロ主演
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「若冲展」→「黄金のアフガニスタン」

2016-05-20 | 展覧会
ぼちぼち復帰…と思っていたのですが…。
元々筆無精な性格なもので、一度「書く」ことから離れるとなんだかすっかり文章を書くことが
億劫なってしまいました。
いざ書き始めても、なかなか進みません。8年間続けてきたのに、3か月休んだだけで
こんなに書けなくなるなんて…ちょっとショックです。
リハビリが必要です。

っというわけで、映画レポートの前に、上野の展覧会レポートおば。
      
行ってきました「若冲展」!
いや、上野には行ったけれど、待ち時間150分!の表示に諦めました。
友人のYさんからチケットをいただき、ネットでググってみたところ、数時間待ちは当たり前。
朝は6時台から皆さん並ばれるとか、今まで5時間待ちの日もあったなどの書き込みに
かなり腰が引けましたが、残る会期は1週間。
今週火曜日は朝から雨だったので、午前中に用事を済ませ、午後から上野へ。
まぁダメ元で、15時着。
150分待ち~!って、入館したら閉館時間じゃない!?
雨の中待ち時間のプラカードを持つお兄さんに、私たち同様「雨の午後なら何とか」と
訪れた女性がしきりに質問しているのを聞いたのですが、
皆さん考えることは同じのようで、逆に「連休明け」や「雨の日」の方が入場者は多いです
との無常なお答え。若冲人気、おそるべし!

10年ほど前に「プライスコレクション」か何かで若冲を見たときはこんなとんでもない
状況ではなく、ゆったりと観ることができたのに・・・。
朝から夕方までの太陽光の変化によって、六曲一隻の屏風の印象がどんな風にかわるのか
をいうユニークな展示に感激し、若冲は江戸時代のポップアーティストやなぁ~と
魅せられたのでした。
今回は残念ですが、諦めました。 

横浜から上野まで来て、手ぶらじゃ帰れんと、同じく上野の東京国立博物館で開催中の
「黄金のアフガニスタン ~守りぬかれたシルクロードの秘宝~」へ。
    
これがなかなかどうして、素晴らしい!
ソ連の軍事介入以降政情不安な中、国宝を守ろう!っと立ち上がった博物館員たち。
秘密裏に運び出し地下金庫に隠し、守り続けること10数年。
「自らの文化が生き続ける限り、その国は生きながらえる。」
紀元前数千年から交易の要所、文化の十字路アフガニスタンで出土した
それぞれの時代の眩いばかりの細かい金細工、象牙の緻密な細工、ガラス製品などなど。
「ハート型」って一体どこで誰が始めたデザインなんでしょう?
黄金にトルコ石のブルーが映えます。
西洋と東洋が入り混じったヘレニズム、ギリシャ・ローマやエジプトから渡ってきた物。
仏教の影響が色濃いもの。
 
いったいどんな人たちが身に着けていたのかしら~っと思うだけで、ロマンだわぁ。

キプリング原作、ショーン・コネリー、マイケル・ケイン主演の「王になろうとした男」(1976)を
思い出しました。 
  

              
     使えなかったこのチケット、残念です! 諦めた方、多いんじゃないでしょうか?


 にほんブログ村 映画ブログへ
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加