映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

戦火の馬  WAR HORSE

2012-03-21 | 映画 さ行
「戦火の馬」見に行ってきました。
見に行こうかどうか、かなり迷いました。
というのも・・・、予告編を見て涙、うるうる。
映画館で見たら号泣かも?と二の足を踏みました。

動物ものはアカーン。
古くはディズニーの「三匹、荒野をゆく」や
ジャック・ロンドン原作、チャールトン・ヘストン主演の「野生の叫び」。
動物が飼い主のもとから離され、数奇な運命を辿ることになるというストーリーで
何度泣いたことか。 だから、こういう映画は家でこっそり一人で見ると決めていたのに…。

「シー・ビスケット」も今だ見る勇気無く、
「犬と私の10の約束」は文字になった10の約束を読んだだけで涙…10の約束はこちらにあります。
ただでさえ涙もろいのに、わんこを飼っているのでどうしても感情移入してしまいます。
もし何らかの理由で私のもとを離れたら…このこはどうなるの?と思うだけで
案外、逞しく生き抜くかも?

幸い、公開から日数が経っていたので映画館はわりと空いていて、
私の周りに座っている人はいませんでした。よかった~。

スピルバーグ監督、このストーリーはズルい!
如何にも「泣かしたろ~」という下心がミエミエやないの~。
そして、見事に術中にはまり、ジョーイが軍馬としてフランスに行ってから、ずっと泣いてました。
エンドロールが始まって、鼻をかんだのは私です
今もまだ、目が赤くて痛い。
明日は目がはれるかも? です。



  **********************

        戦火の馬  WAR HORSE

  **********************


 < ストーリー >
第一次世界大戦前のイギリスの農村で、1頭の馬が貧しい農家にひきとられる。
この家の少年アルバートは、その馬を「ジョーイ」と名付け、絆を深める。
しかし戦争が始まり、地主に払う小作料のためジョーイは英国軍の軍馬として売られ、
フランスの戦地に送られる。ジョーイを買った英国将校が戦死し、ジョーイはドイツ軍に捕えられ、
ドイツ軍を脱走した少年兵の幼い兄弟、両親を失し祖父と住むフランスの少女の手に渡り、
再度ドイツ軍で大砲を運ぶ過酷な使役につく。出会いと別れを繰り返しながら、生き抜くジョーイ。
英国軍に入隊し、フランスの戦場に来たアルバートに、出会うことができるのか?

           
               ジョーイとアルバート

「戦火の馬」は1982年にマイケル・モーパーゴ氏が発表した児童小説で、
舞台化され、5部門でトニー賞に輝いているそうです。
舞台では本物の馬を使うんでしょうか?


第1次世界大戦は1914年から1918年にかけて戦われた人類史上最初の世界大戦です。
従来の歩兵、騎兵の戦いから、初めて機関銃、戦車、飛行機、毒ガスが導入された近代戦争です。
機関銃の使用で騎兵突撃が意味をなさなくなり、弾を避けるために塹壕を掘るのが主流となりました。

因みに、「トレンチコート」の「トレンチ」とは、「塹壕」のことで、
第1次大戦で、寒いヨーロッパでの戦い様に英国で作られた防水型の軍用コートが元々です。
肩のストラップは水筒や双眼鏡、拳銃の紐をかけるもので、腰には手榴弾を引っかけて運ぶD環が付き、
襟や手首のストラップは寒風を防ぐために絞れるようについていたそうです。
カッコイイ飾りではなくて、非常に実用的だったということですね。
「トレンチコート」の話はこちらの本「シネマクローゼット」で知りました。


英国から海を渡った100万頭の馬のうち、帰ってきたのはわずか6万2000頭で、
残りの馬は戦死、もしくはフランスで食肉処理されてしまったとか。
英国では、戦争に行ったうちの8人に1人、88万6000人の男性が戦死したそうです。

ウィキペディア調べ
 戦闘員の戦死者は900万人、非戦闘員の死者は1,000万人、負傷者は2,200万人と推定されている。
 国別の戦死者はドイツ177万人、オーストリア120万人、イギリス91万人、フランス136万人、
 ロシア170万人、イタリア65万人、セルビア37万人、アメリカ13万人に及んだ。
それまでの常識をはるかに超える物的・人的被害がもたらされた戦争です。

以前見た1942年の映画「心の旅路」は第1次大戦に従軍し記憶喪失になった男性の話でした。
戦争によるPTSD研究が始まったのも第1次大戦後です。


塹壕を走り抜け、有刺鉄線に絡まったジョーイを助ける為に英国とドイツ両軍が一時休戦して
両国の兵士が協力して助けるエピソード。
そんなうまい話があるかいな?と思うむきもあるでしょうが・・・、
この戦いで英国軍とドイツ軍が休戦し、将校・兵士でクリスマスを祝う交歓会が
無人地帯で行われたそうです。(未見ですが「戦場のアリア」はこれを基にした映画ですね)
クリミア戦争でもアメリカ南北戦争でも「クリスマス休戦」はあったそうですが、
1914年の第1次大戦が最後だそうです。
甚大な被害は出たけれど、以降の戦争を思えばまだまだ古き良き時代だったのかもしれません。

だから、有刺鉄線に絡まった馬を双方が助けるなんてことも、あったかもしれません。
いや、あって欲しいと思います。

アルバートの父の過去と内に秘めた悲しみ、
絆で結ばれたジョーイとアルバートの別れ、
ドイツ少年兵の兄弟愛・家族愛と悲劇、
戦争で両親を失ったフランス少女と祖父の愛、
ドイツ兵の「戦争はすべてを奪うもんだ」という台詞、
そして、命を落とした多くの兵士と軍馬。
戦争は悲しいなぁ。


あまりにも、ジョーイに感情移入したため冷静に見れませんでした。
当分、動物ものは止めときます。
動物ものはDVDのリリースを待って、家で一人でこっそり見ることにします。





 にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 3月21日 「戦火の馬 WAR HORSE」@TOHOシネマズ海老名

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漂えど沈まず~小説家・開高健の... | トップ | 聖トリニアンズ女学園  St. Tr... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2012-03-23 14:19:53
TB ありがとうございます。

たしかに ずるいかも 笑
王道な、素直に感動、涙

映像の美しさにもヤラレマした
Unknown (リバーさんへ(ryoko))
2012-03-25 01:54:05
こちらこそ、トラコメありがとうございます。

ズルいですよね~。
涙、涙・・・涙、感動。

美しい英国の風景、
ジョーイが戦場を疾走するシーン、
最後の「風と共に去りぬ」のエンディングのようなシーン、美しかったです。

「タンタン」は未見です。DVDだと2D、やっぱり劇場に行くべきだったかなぁ~。
Unknown (セレンディピティ)
2012-03-26 11:32:24
TBありがとうございました。
この作品、予告を見た時から
泣かせにかかっているな~と思いながら
スピルバーグ監督の術の中で、なすがままに
素直に泣いて、感動ました。
物語を彩る映像や音楽もすばらしかったですね。
全ての世代の心に響く、すてきな作品でした。
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2012-04-01 16:58:25
やっぱり泣きました?
私は予告編から泣いてますから、泣きっぱなしです。すっかり、術中にはまりました。
音楽も、映像も美しかったです。
イージーゴーイングとの批判もありますが、児童文学が原作なのでピュアに、なすがままに感動ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
戦火の馬 (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ジェレミー・アーバイン     エミリー・ワトソン     デビッド・シューリス 第一次世界大戦下、軍馬として売られていった馬と、そこにまつわる人々とのお話。 いつの間にか140分という時間が終わってました。 ホ....
戦火の馬 (風に吹かれて)
出逢った人達に愛されて [E:horse]公式サイト http://disney-studio.jp/movies/warhorse原作: 戦火の馬 (マイケル・モーパーゴ著/評論社)監督: スティー
戦火の馬/War Horse (LOVE Cinemas 調布)
マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出演となるジェレミー・アーヴァインが演じている。共演に...
『戦火の馬』 アメリカは壊れているか? (映画のブログ)
 アメリカはずいぶん変わった。  2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観て、私はそう感じた。  私の好きなアメリカ映画は、たとえば『大いなる西部』(1958年)や『大脱走』(1963年)である。 ...
映画『戦火の馬』 観てきてボロボロに泣いた~っ (よくばりアンテナ)
特に観たいわけじゃなかったんだけど、いや、時間もあったから。 そしたらもう泣けて泣けて。 めっちゃ感情移入してしまうんですよ・・・・馬に イギリスのある農家で暮らす少年アルバートのもと...
映画『戦火の馬』 観てきてボロボロに泣いた~っ (よくばりアンテナ)
特に観たいわけじゃなかったんだけど、いや、時間もあったから。 そしたらもう泣けて泣けて。 めっちゃ感情移入してしまうんですよ・・・・馬に イギリスのある農家で暮らす少年アルバートのもと...
戦火の馬 (だらだら無気力ブログ!)
146分はちょっと長かった。
戦火の馬 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://disney-studio.jp/movies/warhorse/ スピルバーグ作品と聞いたら観ないわけにはいかない。 でも、予告編を観る限りは“らしくない”作品のような感じがしたのが気がかり・・・ 農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の愛馬であ...
戦場を駆ける馬。スティーブン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(War Horse) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説(1982年出版・なんと馬目線の一人称)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化『戦火の馬』(舞台版は2011年第65回トニー
戦火の馬 (あーうぃ だにぇっと)
戦火の馬@丸の内ピカデリー
[映画『戦火の馬』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。  ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^...
劇場鑑賞「戦火の馬」 (日々“是”精進! ver.A)
“繋がり”があれば、きっと会える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203020004/ 戦火の馬 オリジナル・サウンドトラック サントラ SMJ 2012-02-22 売り上げランキング : 74358 Amazonで...
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゜...゜;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
戦火の馬 (Akira's VOICE)
千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!  
戦火の馬 (佐藤秀の徒然幻視録)
馬同士の友情物語 公式サイト。原題:War Horse。マイケル・モーパーゴ原作、スティーブン・スピルバーグ監督。ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス ...
戦火の馬 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WAR HORSE】 2012/03/02公開 アメリカ 146分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・....
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 というより奇跡の馬だね (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  マイケル・モーパーゴの原作をS・スピルバーグによって映画化された。背景は第ー次世界の英国。小作農の子アルバートと、愛馬ジョーイとのかけがえのない絆を描いたお話である。 序盤はよくある少年と小馬の愛情物語なのだが、戦争が始まり、運悪く嵐によ...
馬が繋ぐもの (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...
『戦火の馬』 (こねたみっくす)
奇跡の馬ジョーイの数奇な運命。戦争映画大好きスティーブン・スピルバーグの第一次世界大戦を描きたかっただけという本音。 一頭の馬を狂言回しに表面上は様々な人間としての誇 ...
「戦火の馬」みた。 (たいむのひとりごと)
最近は原点回帰気味な印象のあるスピルバーク作品だけど、戦争映画も十八番なわけで、「きっとそう来るだろう」と分かっていても、思わず涙をこぼしてしまう王道の戦争映画になっていた思う。ものすごく強運ながら、
”映画の天才”試写会 『戦火の馬』 (2012.3.2公開) (理性と感情の狭間で)
twitterでフォローしている映画のお兄さんこと中井圭さん主催の”映画の天才”試写会で「戦火の馬」を観てきました。 あらすじ 第一次世界大戦の直前のイギリス。貧しい農家に引き取られた馬のジョーイ。一家の息子(ジェレミー・アーヴァイン)が世話をし、一家を支え...
戦火の馬 (心のままに映画の風景)
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられた仔...
映画「戦火の馬」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「戦火の馬」観に行ってきました。イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜...
「戦火の馬」 (セレンディピティ ダイアリー)
スティーブン・スピルバーグ監督の最新作、「戦火の馬」(War Horse)を見に
「戦火の馬」 お馬さん版「マイウェイ」、ではない (はらやんの映画徒然草)
類いまれな資質をもって生まれたサラブレッド、ジョーイ。 そしてジョーイに愛情を注
戦火の馬 (迷宮映画館)
馬に尽きます。
戦火の馬 (悠雅的生活)
梟の鳴き声。幸運のお守り。ノーマンズランドの奇跡。
『戦火の馬』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
戦火の馬 オリジナル・サウンドトラックSMJSMJ 『戦火の馬』 2012年(米)監督:スティーブン・スピルバーグ ●王道を進まぬ映像作家スティーブン・スピルバーグ  想像力を創造する作家がハリウッドにいる。それがスピルバーグである。彼は常に観客の想像力を信じ...
戦火の馬 (Movies 1-800)
War Horse (2011年) 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、ピーター・ミュラン 第一次世界大戦下の欧州を駆け抜けた1頭の馬とその飼い主の青年の物語。 安心のブランド、S・スピルバ-グ監督作だけに、長めの上映時...
戦火の馬 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年3月18日(日) 18:45~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:700円(買っていない) 『戦火の馬』公式サイト 第一次世界大戦中、波乱万丈な人生を歩む馬の話。 競走馬系なのに農場に落札されるも、開戦と同...
映画「戦火の馬」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『戦火の馬』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 第一次世界大戦中の英国。農家の少...
ただ、前だけを見て~『戦火の馬』 (真紅のthinkingdays)
 WAR HORSE  20世紀初頭、英国・デヴォン州。少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン) は、生まれたばかりの一頭のサラブレットに心を奪われる。父(ピーター・ミュ ラン)が競り...
「戦火の馬」 War Horse (2011 ドリームワークス) (事務職員へのこの1冊)
かつてキャメロン・クロウはビリー・ワイルダーにこう質問した。 「ジョン・ウェイン
「戦火の馬」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「War Horse」 2011 USA アルバートにジェレミー・アーヴァイン。 母親ローズに「奇跡の海/1996」「ミス・ポター/2006」のエミリー・ワトソン。 父親テッドに「トレインスポッティング/1996」「BOY A/2007」のピーター・ミュラン。 大地主ライオンズに「ニュー...
映画『戦火の馬』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-25.戦火の馬■原題:War Horse■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:147分■字幕:戸田奈津子■観賞日:3月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ◆エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)◆デヴィッド・シュー...
戦火の馬 (いやいやえん)
動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな~どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点々とする。持ち主の小作人の息子アルバートもやがて徴兵され、...
【映画】戦火の馬…お利口映画ですが嫌いじゃないです。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日、2013年4月5日(金曜日)に太陽光発電機の売電メーターが取り付けられ、目下売電中ですが、5日以降、天気って悪かったですねぇ…春の嵐とか言うやつで…もっと早く付いていれば結構発電していたんでしょうけど…まぁ今日は晴れているので、まずまず 近況では、他に...