まつたけ秘帖

徒然なるままmy daily & cinema,TV drama,カープ日記

ジハーディスト潜入取材!

2017-01-19 | フランス、ベルギー映画
 「メイド・イン・フランス パリ爆破計画」
 ジャーナリストのサムは、取材のためイスラムテログループに身分を偽って潜入。爆弾テロ計画を警察に密告し、サムはグループを抜けようとするが、警察はサムに組織の上層部を探るよう強制する。しだいにサムの身にも危険が迫り…
 この映画が公開される直前、奇しくもパリで同時多発テロが発生。あまりにもタイムリーすぎる内容のせいで公開が延期になってしまった、いわくつきの問題作です。
 確かに被害者や遺族にとっては、つらすぎる悲しすぎる映画かもしれません。でも、決して興味本位の話題性を狙った軽薄な作品ではなく、リアルな描写とシビアな目線で、パリのジハーディストたちに迫った真面目な映画です。
 怖いな~とつくづく思ったのは、テロリストたちが何食わぬ顔をして、善良な市民としてカフェやデパートで働きながら、社会に溶け込んでいたこと。私たちとは縁のない人たち、では決してないかもしれない恐怖。ひょっとしたら、同僚が?隣人が?いや、家族が?!…本当に、恐ろしい時代になったものです。

 テロリストたちが決して一枚岩ではなく、それぞれの信仰心にも落差があり、それが亀裂の原因となっていたのが興味深かったです。皆殺しも辞さない派と、一般市民は巻き込みたくない派。ガチガチの狂信者と、カッコいいからみたいなノリでやってるミーハー派。いずれにしても、自分たちと考え方が相容れない奴らは死んでいい、殺すべき、という考え方は、どうやっても理解することはできません。

 あんな素人に近い少人数の末端信者でも、大規模なテロは実行できる、という事実にも戦慄。志が高いわりには、能力と団結力に欠けていたせいで、どんどん綻んで瓦解、やがて悲惨極まりない破局にまっしぐら、が息詰まる緊迫感に満ちていて、なかなかサスペンスフルでした。若い黒人、アラブ系のテロリスト二人は、信仰心よりも政府への恨み、不満に突き動かされての仲間入りだったようだけど、もっと他に方法なかったのかな~と、無残に命を散らす彼らが痛ましくも虚しかったです。
 サム役は、大好きなボーギャルソン、マリク・ジディ

 マリくん、頭髪はかなりヤバくなってるけど、やっぱ童顔で可愛いですね~。おじさん臭くなく、今でも青年っぽい爽やかさが。実際にも半分アラブ人である(両親のどっちかが確かアルジェリア人)マリくんなので、この役はまさに適役。知的なので、ジャーナリスト役も似合う。イスラム風ファッシンも可愛かったです。幼い息子がいる役なのですが、その優しそうなパパっぷりもトレビアンでした。マリくんみたいなカッコカワイいパパ、いいですね~。

 白人なのにテロに加担してるイスラムおたくなクリストフ役は、「Five」でもアホ可愛かったフランソワ・シヴィル。こんなアホが仲間で、大丈夫なの~?と心配になってしまうクリストフのキャラ、コメディリリーフ的な役割を担ってて、いい感じで緊迫感を和らげてくれてます。黒人青年ドリス役のナシム・シ・アフメドが、すごい美男でした。セクシーな肉体美も披露してます。

 ↑1975年生まれだから、マリくんももう41歳か~。可愛いおじさんですよね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜のけものみち

2017-01-15 | 北米映画 15~
 「Nocturnal Animals」
 アートギャラリーを経営するスーザンのもとに、元夫エドワードから小説の原稿が届く。あるおぞましい事件を描いた小説に、スーザンの心は激しくかき乱されるが…
 世界的デザイナーであるトム・フォードの、映画監督デビュー作「シングルマン」に続く待望の第2作。今回はミステリアスなサスペンスドラマ。ジャンルは違えど、処女作同様に映像も演出もファッションも、他の監督とは一線を画したエレガンスやスタイリッシュさがあって、さすがトム・フォードな作品でした。ようやく日本での公開も決定したみたいで、めでたいめでたい邦題はどーなるんだろ?そのまんまノクターナル・アニマルズ(夜行性動物、という意味)かな?

 シングルマンは、良い意味でも悪い意味でも趣味が高いというか、トム・フォードの服とは無縁なユニクロ系庶民に用はない、と言わんばかりの高級志向というか、気取ったタカビーさが無きにしもあらず、中年ゲイの自己陶酔がグダグダ続くだけの退屈な雰囲気映画なので、好き嫌いがハッキリ別れてしまう、かなり観る人を選ぶものでしたが、この第2作目はミステリ仕立てでショッキングなシーンや展開もあったり、敷居が低くなってるというか、腐とファッション好き以外の人にも楽しめる映画になってます。
 現在のスーザン、スーザンが読む小説の物語、過去のスーザン、3つの物語が交錯する構成になってます。謎めいた不気味な雰囲気を醸す演出が、洗練した才気を感じさせます。スーザンを取り巻く世界はダークでスタイリッシュ、小説の物語は殺伐と荒々しい、というコントラストも独特でした。小説に動揺するスーザンの不穏すぎる様子から、ひょっとして書かれている悪夢はフィクションではなく事実で、スーザンとリンクしているのか?と観客も想像をかきたてられます。
 この映画、雰囲気映画で終わらずにすんだのは、集結した一流どころの俳優の怪演、熱演のおかげとも言えるでしょう。豪華キャストが濃ゆい演技と個性をぶつけ合ってます。

 ヒロインのスーザン役は、今や名女優としてハリウッドで不動の地位を築いているエイミー・アダムス。彼女もすっかり熟女の貫禄がついてきましたね~。濃ゆいメイクが、いろんな感情や秘密を隠した女の仮面のようでした。明るくて気丈な庶民派アメリカ女なイメージが強いエイミーさんですが、どこか病んだコワレた抑圧女の役してもお上手ですね。
 スーザンの元夫エドワードと、小説の主人公トニーの二役を演じてるジェイク・ギレンホールの熱演もインパクトあり。ジェイク、すっかり怪優になっちゃってますね~。何もしなくても何か怖いんですよ。何かやらかす感がハンパないです。エドワードは静、トニーは動の怖さ。どっちも巧みに演じ分けてるジェイクです。
 ハリウッドの怪優といえばこの人、マイケル・シャノン。彼もジェイクに負けず劣らずの怪演。小説の中の刑事役なのですが、はじめはシャノン氏にしてはフツーっぽいなと油断してたら、ジワジワとヤバい本性をあらわしていって、あ、やっぱシャノン氏だ♪とヘンな安堵を覚えてしまいました。
 スーザンの現夫役で、アーミー・ハマーも出演してます。そんなに出番はないけど、相変わらずカッコカワいいイケメン。若いので、エイミーとは年の差ありすぎ夫婦に見えて仕方なかった。実際、エイミー43歳、アーミー31歳でひと回りも違うし!

 ジェイクもシャノン氏も激ヤバでしたが、最もイカレた役を怪演して美味しいとこどり、見事ゴールデングローブ賞で助演男優賞をサプライズ受賞した、英国俳優のアーロン・テイラー・ジョンソン。不快指数MAXな彼の不潔なキ○ガイっぷり、これは相当の覚悟と役者魂がないとできない汚れ役です。早く死んで!と願わずにいられない有毒男なんだけど、よく見れば、いや、よく見なくてもやっぱイケメンなんですよね~。イケメン崩し、イケメン隠しって難しいんですよね~。彼の屋外排便シーンも強烈。それにしても。なぜあんなところにトイレが?!アメリカではフツーなの?!それはそうと。アーロンってまだ26歳だとか。日本の若手イケメン俳優も、こういう役して日本アカデミー賞とやらを獲ってほしいものです。
 スーザンのファッションや邸宅のインテリア、ギャラリーの作品など、趣味が高尚すぎてちっとも着たいとか住みたいとか飾りたいとか思わないけど、珍奇な魅力があって目には楽しいです。

 ↑アーロン、GG賞おめでと!トム・フォード先生は、イギリス男が好きなのかしらん?次回作も楽しみ。フォード先生のおめがねにかなうNEXT イケメンは誰?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

砂漠に血の雨が降る

2017-01-13 | 南米映画
 「Desierto」
 アメリカへ向かうため、砂漠を渡るメキシコからの密入国者たち。しかし、人種差別主義者である国境警備員サムによって、彼らは次々とライフルで射殺され、猟犬に噛み殺されていく。生き残ったモーゼとアデラは、サムの執拗な魔手から逃げ惑うが…
 大好きなガエル・ガルシア・ベルナルの映画、久々に観ました。いや~やっぱ彼いいですね~。相変わらずちっこくて可愛い後姿だけだと、がっちりした子ども背が低くても、たくましくて男らしい。同じチビでも、某事務所のタレントは貧相ですもんね。少年っぽい男と老けた子どもみたいな男、の違いでしょうか。

 早いもので、ガエルっちもアラフォー。若い頃に比べたら、さすがに顔は年齢を重ねていますが、やっぱ端麗な美男!大きなグリーンアイズの美しいこと!そして、唇がエロすぎる!♂フェロモンも充満。なので、彼の色気をまったく活かさない映画はトホホすぎる。脱がないヤらないガエルの、何と味気ないこと。ただ砂漠を逃げ回るだけのガエルに、これって彼じゃなくてもいいじゃん!と、ファンは物足りないことこの上なし。
 
 エロ可愛いガエルを期待するとガッカリしますが、美男子でも超いい人っぽいガエルに好感を深めずにはいられません。自分も大変なのに、困ってる人、弱ってる人を助けたり、命がけで守ったりする人の善い役が、彼には似合うんですよね。あれがもし他のイケメンスターだったら、あんたなら見捨てて逃げるだろ~と鼻白んだでしょうし。

 若者が殺人鬼に追っかけまわさる、それだけ的な、よくある話。舞台が沙漠、という点が出色。ウニョウニョいる巨大ヘビ、痛そうなサボテン、過酷な荒野など、ぜったい迷い込みたくない地獄でした。
 殺人鬼サムも怖かったけど、いちばん恐怖だったのは、サムの愛犬。どこにいても嗅ぎ付け、マッハで追っかけてきてガブ!まさに殺人犬!なんだけど、サムには忠実なところは可愛かった。すごい賢いところも驚異。あんなに人間を噛み殺しまくった悪魔犬なのに、悲惨な方法で退治されて可哀想だった。人間が殺されるシーンは、見慣れてるせいか何とも思わないけど、犬が酷い目に遭うシーンにはショック。

 殺人鬼サム役のジェフリー・ディーン・モーガンも、なかなかシブい男前でした。淡々とした人間狩り、百発百中のスナイパーぶり(でも、なぜかモーゼには一発も命中しないのが笑えた)が怖かった。不法入国のメキシコ人など、虫けら同然に駆除しまくる非道な人種差別主義者サムは、トランプさんが放った刺客でしょうかトランプさん、国境に壁を築くより、殺すほうが良策とか思ってそうだし。
 この映画のジョナス・キュアロン監督は、「ゼロ・グラビティ」でオスカーを受賞し、ガエルとは「天国の口、終わりの楽園。」で組んだアルフォンソ・キュアロン監督の息子さん。新作の“Z”でも、ガエルを主演に迎えています。近未来版快傑ゾロの物語、楽しみ!パパのほうのキュアロン監督とも、またいい仕事してほしいな~

 ↑今も可愛いアラフォーのガエルっち。最新作の“Neruda”は、「NO」のパブロ・ラライン監督作で、アカデミー賞外国語映画賞のチリ代表作です。ラライン監督といえば、ガエルの元カノであるナタリー・ポートマンが絶賛されてる「ジャッキー」の監督でもありますね~。

 ↑この頃のガエルっちが、神ってるイケメンでしたわ~

 ↑スターウォーズ新作に出演するなど、ハリウッドでも活躍中の相方ルナちんとは、今も昔も恋人同士のような仲良しぶり
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

砂漠のイケメン王子

2017-01-12 | フランス、ベルギー映画
 「Day of the Falcon」
 20世紀初頭のアラブ。部族間の対立を終わらせるため、ネシーブ王とアマール王は平和協定を結ぶ。その条件として、アマール王の幼い息子サリルとアウダが、人質としてネシーブ王のもとで養育されることに。アウダ王子が繊細な読書家の青年に成長した頃、ネシーブ王は国を近代化するため、アメリカ人の石油発掘を許可する。それは、平和協定を破ることを意味していた…
 日本では劇場未公開、DVDスルーもされていない歴史大作。「薔薇の名前」などの名匠ジャン・ジャック・アノー監督作品。
 砂漠が舞台のスペクタクル映画といえば、やはり何と言っても「アラビアのロレンス」ですが、この映画はロレンスほどの格調の高さやスケールの壮大さはないものの、なかなかドラマティックで美しい佳作に仕上がってます。そして、イケメン度、男前度に関して言えば、こっちのほうがロレンスより高くて濃密かも。
 まず、主人公のアウダ王子役のフランス俳優、タハール・ラヒムがイケメン!

 アラブ系のラヒムくんなので、砂漠やターバンが似合います。はじめの頃はナイーブな文系青年、後半は凛々しい英雄。可愛くてカッコいいラヒムくんに胸キュン胸ムズ♪でも彼、イケメンなんだけど、王子さまって感じではないんだよな~。ロイヤルな高貴さとか気品はないです。彼がいちばん似合うのは、やっぱパリの底辺社会でもがく移民青年役とかチンピラ役なんですよね台詞はすべて英語だったので、大変だっただろうな~。

 30過ぎてるのに、男くさい風貌なのに、すごく少年っぽいところもラヒムくんの魅力です。時おり見せる子どものような無垢な笑顔、ウルウルな瞳は、演技が巧いだけではできない天性のものです。すごい美男、すごい演技派でも、性格の悪さが祟ってキレイな笑顔ができない俳優って、多いですもんね~(誰とは言わんが)。実父、義父、異母兄、臣下や奴隷など、年上の男たちから可愛がられ愛される役も、ラヒムくんらしかった。父性本能をくすぐるんだろうな~。ラヒムくんを見てると、少年っぽい男と老けた子どもみたいな男の違いを思い知らされます。メガネ男子な彼も可愛かったです。
 アマール王役は、売れっ子の英国熟年俳優マーク・ストロング。

 激シブ!いい男ですね~。ぶっちゃけ、褥を共にするならラヒムくんよりストロング氏がいい、なんて思ってしまうほどに老父役なんて、まだ早いほど熟年男の色気にあふれてます。ストイックで悲劇的な雰囲気、遠いまなざしがいいんですよね~。私が若い男だったら、ストロング氏みたいな熟年になりたいな~と憧れてたことでしょう。英国俳優だけど、エキゾチックな風貌なので彼もアラブ人役が似合ってました。
 ネシーブ王役は、かつては特濃の色男として名を馳せていたアントニオ・バンデラス。シブくなったな~。若い頃より好きかも。いい感じに枯れてきてるけど、現役男の濃さは残ってる、みたいな。ストロング氏VSバンちゃんの熟年対決も見ものですが、ネシーブ王が改進的すぎ、アマール王が保守的すぎ、二人の考え方が両極端すぎたのが、争いの原因なんですよね~。二人とも良き王さま、良き父親なのに、もうちょっと互いに妥協できてたら。やっぱ何事においても、意固地になりすぎるのは得策ではりませんね。
 アマール王の庶子で、アウダ王子の異母兄である医師のアリ役は、「ジェイソン・ボーン」でmy イケメンレーダーを反応させた、パキスタン系英国俳優のリズ・アーメッド。

 やっぱ彼、ピエール・ニネにちょっと似てますね~。ニネっちを濃ゆくした感じ。クールでひねくれてるけど、異母弟を命がけで守るお兄ちゃん役で、カッコよかった!イケメン兄弟同士、もうちょっと濃厚に親密な絡みがあれば、もっと萌えたのにな~。
 砂漠映画といえばの、決死の灼熱・渇き地獄横断。あんなの、ぜったい無理!私なら、一日ももたずに死んでますわ。砂漠での戦闘シーンも、なかなか迫力ありました。砂漠を疾走するシーンがカッコよかったです。

 ↑ 最近では英語圏の作品にも積極的なラヒムくん。黒沢清監督の「ダゲレオタイプの女」早く観たいんですけど…

 ↑ ピエール・ニネ似?の最近気になる男、スターウォーズのスピンオフ「ローグワン」にも出演してたリズ・アーメッド。俳優業のかたわら、ラッパーとしても活動してるとか。今年のGG賞ではTV部門の主演男優賞にノミネートされてましたね!彼の作品もいっぱい観たいです

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エルの勝利!

2017-01-10 | 映画雑記
 ゴールデングローブ賞が発表されました
 受賞結果は…

 作品賞(ドラマ) ムーンライト
    (ミュージカル・コメディ) ラ・ラ・ランド
 監督賞 デイミアン・チャゼル
 主演男優賞(ドラマ) ケイシー・アフレック
      (ミュージカル・コメディ) ライアン・ゴズリング
 主演女優賞(ドラマ) イザベル・ユペール
      (ミュージカル・コメディ) エマ・ストーン
 助演男優賞 アーロン・テイラー・ジョンソン
 助演女優賞 ヴィオラ・デイヴィス
 外国語映画賞 Elle

 大驚喜だったのは、もちろんイザベル・ユペールの受賞!大方の予想通り、「ジャッキー」のナタリー・ポートマンが無難に獲るんだろうな、つまんねぇ!と半ば諦めてたので、ユペりんの受賞に狂喜乱舞!ようやくハリウッドも、神女優イザベル・ユペールに敬意を払ってくれた感じです。まあ、フランス映画なんか観ない大半のアメリカ人、日本人にとっては、納得できない、ていうか、このおばさん誰?なんでしょうけど日本のニュースでもGG賞のことが伝えられてましたが、ナタポーを抑えてのユペりんの受賞は、まるで巨人がカープに負けた的なニュアンス。分かってない!何にも分かってないわ!

 昨年の受賞者、レオナルド・ディカプリオから授与されるユペりん。レオとユペりんの異色すぎるツーショットが実現するとは!壇上のユペりんは、興奮気味で喜びをあらわにしていて、すごく可愛らしかった!
 本命視されてたナタポーは、さぞやガッカリだったことでしょう。ナタポーの演技も、きっと受賞に値する素晴らしさなのでしょう。でも、緻密にリサーチしたの!一挙手一投足ご本人と同じ!的なモノマネ演技って、もう食傷気味なんですよね~…「Elle」のユペりんは、そんなソックリさん演技とはまったく別物、次元が違うんです。ナタポーの演技がElleのユペりんを凌駕してるとは、とても信じられなかった私としては、ユペりんの勝利に何か溜飲がさがった思いです。もちろん、ナタポーの「ジャッキー」も早く観たいです♪

 オスカーでは選外となってしまった「Elle」が、GG賞では見事外国語映画賞を受賞!オランダが生んだ天才変態、ポール・ヴァーホーヴェン監督がまたハリウッドで認められて、ファンとしては嬉しい。壇上から監督に讃えられ、ユペりん嬉しそうでした。大女優のユペりんが素直に喜びを爆発させてるのに、他の受賞者、若いエマ・ストーンやデイミアン・チャゼル監督とか、みんなクールというか、いい子ちゃんというか、はしゃぐのはダサい、カッコよくキメるぜ、みたいなスピーチでしたね~。それにしても今年のGG賞は、ララランド祭りでしたね!候補になった部門、コンプリート受賞!まさに完勝って感じでした。

 仲良く主演男優女優賞を受賞したライアン・ゴズリング&エマ・ストーン。二人とも、今後のハリウッドを牽引する存在になりそうですね。「ラ・ラ・ランド」早く観たい!デイミアン・チャゼル監督、可愛いですよね。
 
 ベン弟のケイシー・アフレックが主演男優賞。ケイシーよりも、プロデューサーのマット・デーモンが気になって♪プレゼンターとしても登壇したマット、えらい貫禄が出てきたな~。マット、トム・ハンクス化しそうですね。助演女優賞のヴィオラ・デイヴィスもスゴい貫禄。最大のサプライズ受賞だったのが、アーロン・テイラー・ジョンソンの助演男優賞。「野蛮な奴ら」や「ゴジラ」の彼が、まさか賞レースに参戦する俳優になるとは。23歳年上!の嫁がいるってのも驚き。

 ↑これ、キット・ハリントンですよね?めっちゃ可愛かったわ~
 ニコール・キッドマンやエイミー・アダムス、ジョン・トラヴォルタやライアン・レイノルズがノリノリ出演してた、オープニングのラ・ラ・ランドパロディも楽しかった。ハリウッドのスターって、ノリがいいから好きです。車の中で居眠りしてたイケメンは、ひょっとしてキット・ハリントン?エマ・ストーンが受賞した時、なぜかライアン・レイノルズと、エマの彼氏(元カレ?)であるアンドリュー・ガーフィールドとが、ブチューっとキスする衝撃映像も話題に。あれ、何?!やらせ?!ヒュー・グラントが、すっかりお爺さんになってたのも衝撃でした。ガエル・ガルシア・ベルナル&ディエゴ・ルナの仲良しコンビも可愛かった!
 テレビ部門では、トム・ヒドルストンが「ナイト・マネジャー」で受賞!トムヒもカッコよかったですね~

 ラ・ラ・ランドを筆頭に、ムーンライト、マンチェスター・バイ・ザ・シー、ジャッキー、メッセージ、ライオン、ラビング、Nocturnal Animals、そしてもちろんElleも映画館で!今年は例年以上に観たい映画だらけだわ!
 さあ、次はいよいよ頂上決戦!オスカーです!GG賞を制したとはいえ、いまだノミネートも危ういユペりん。オスカー会員はお堅い高齢者が多いらしいので、ユペりんのトンデモ演技が受け入れられるかどうか、心もとない。外国語映画賞に続いて彼女まで無視するようものなら、ハリウッドも所詮は狭量なトランプさんと同じじゃん、と失望するわ~。去年は黒人排除!と非難されたオスカー。有色人種だけでなく、国や演技に関しても多種多様性を受け入れる寛容さを、今年こそ示してほしいものですね。

 ↑ユペりん、おめでと!オスカーに、まずはノミネートされますやうに…
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加