まつたけ秘帖

徒然なるままmy daily & cinema,TV drama,カープ日記

ホロウ・クラウン④~⑧ ヘンリー4世

2016-09-25 | 欧米のドラマ
 「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」第4話から8話、ヘンリー4世編を観ました~。
 リチャード2世を退け即位したヘンリー4世は、息子であるハル王子の放蕩を苦々しく思っていた。そんな中、王に不満を抱くパーシーが一族と共に謀反を起こす。ヘンリー4世はハル王子に内乱鎮圧を命じるが…
 ヘンリー4世役は、名優ジェレミー・アイアンズ。あまたいる英国俳優の中にあって、とりわけ身分の高い役が似合う人。ホームレス役でも高貴に見えてしまうほどです。英国王らしい気高さと威厳は、やはりハリウッドのスターとは違います。そして、相変わらずの美しさ!まさに美老人。美しく老いるには、やはり内面の美徳、知性と強さを保たなければならないんだろうな~。アイアンズおじさま、まさに高齢者の理想形です。

 若かりしヘンリー・ボリングブルックが、年齢を重ねてヘンリー4世になったのですが。ローリー・キニアがジェレミー・アイアンズになるってのは、ちょっと???です。様変わりしすぎ!
 ヘンリー4世の悩みの種である、ドラ息子ハル王子を演じてるのは…

 「マイティ・ソー」シリーズのロキ役で人気、今や日本ではベネディクト・カンバーバッチと双璧の英国スターであるトム・ヒドルストン。私には正直、そんなに惹かれる存在ではなかったのですが、このドラマのトムヒには惚れた!今まで観た出演作の中では、断トツのカッコよさ、可愛さ、そして役者っぷりです。まず、スタイルが良すぎ~!超小顔、スラ~っとした長身、長~い手足。モデルも真っ青。現代で着てもオシャレな赤いレザーの衣装とか、スタイリッシュに着こなしてたり。颯爽と躍動感ある身のこなしとか、若々しいエネルギッシュさとか、気取らない気さくで親しみやすい笑顔とか、こりゃあ何しても誰にも憎まれない、愛されるよな~と納得できるトムヒの魅力が炸裂してます。

 うつけのフリをしているハル王子は、さしずめ織田信長的キャラ?おバカな遊び人を演じて韜晦してるハル王子ですが、本当は爪を隠しているという本性の部分が、あまり描かれてなかったような。ハル王子の二面性が、もうちょっと見たかったかも。あと、ヘンリー4世との親子の葛藤や衝突も、あまりなかったのが物足りませんでした。父王が死んだと思ったハル王子が、王冠をかぶって泣きながら王座に座ったら、このヤロー王冠返せー!と死んだはずのヘンリー4世がベッドから起き上がって突進してくるシーン、コントみたいで笑えた。

 ヘンリー4世とよりも、下々の者たちとハル王子が仲良くバカ騒ぎしてるシーンが多く、中でも百貫デブ老人フォルスタッフとの友情に重点が置かれてました。シェイクスピア劇のキャラの中でも人気が高いというフォルスタッフ、滑稽で悲しいキャラで笑わせ泣かせてくれます。ラスト、王座に就いたハル王子とフォルスタッフの別れは、苦くて切ないです。ハル王子と悪友ポインズとのサウナ?シーンが、ちょっと妖しくて腐はニヤリ。トムヒの肉体美も楽しめます。
 トムヒも素敵でしたが、MYイケメンレーダーをビビビ!と反応させたのが、反乱を起こすパーシー役のジョー・アームストロング。

 カッコカワイい!猛々しく激情的で反骨偏屈なパーシーのキャラ、言動、女房に対するスウィートなドSさも、男らしくてチャーミングでした。猛き者もつひには滅びぬ…なパーシーを熱演したジョー・アームストロングも、要チェキな英国イケメンの一人となりました。TVドラマ中心みたいなので、映画にもっと出てほしい!パーシーの父ノーザンバランド公役の俳優さんが、ジョーにそっくりなのでホントの父子みたいだな~と思って調べたら、アラン・アームストロングさんというベテラン俳優さん。実の父子共演でした。
 
 ↑若くてカッコカワいいパーシーに比べると、嫁がおばさんすぎ~
 詩的で機知に富んだ台詞も美しく、あんな言葉を言ってみたい言われてみたいものです。戦場シーンでも見事な映像美で、こんなんに慣れたら日本や韓国の時代劇が、ほんとチャチく思えてしまいます。
 ヘンリー5世編に、話は続きます…

 ↑ジョー・アームストロング、1978年生まれ(ガエル・ガルシア・ベルナルやリィウ・イエ、ドミニク・クーパーやジェームズ・フランコ、日本だと小泉孝太郎と同い年)、現在38歳。TVシリーズの「ロビン・フッド」の彼も超イケてます!観ねば!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホロウ・クラウン①~③ リチャード2世

2016-09-21 | 欧米のドラマ
 シェイクスピアの戯曲を基に、イギリス王室の愛憎と権力闘争を描いた歴史ドラマ、「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」シーズン1を観ることができました~。大好きな英国王室もの、そして英国映画・ドラマファンにはお馴染みの名優や人気スター、注目の気鋭俳優がたくさん出演しているので、前から気になってたTVシリーズ。まずは、第1話から3話までのリチャード2世編。

 若く美しい王リチャード2世は、いとこであるヘンリー・ボリングブルックを宮廷から追放。さらに、アイルランドの反乱を鎮圧するための軍資金を捻出するため、ヘンリーの父ランカスター公の財産を没収する。ひそかにイギリスに戻ったヘンリーは、蜂起してリチャードを退位へと追いやるが…
 英国王室もの大好き!なんて言いつつ、いまだにチンプンカンプンな私です。王さまも貴族も、同じような名前が多いですよね~。The Tudorsなんて、いったい何人の“トマス”がいたことか。人間関係も入り組んでて複雑すぎる。そこが面白くもあるのですが。血で血を洗う骨肉相食む政争、詐術陰謀、愛憎と欲望渦巻く宮廷ドラマには、毎度ワクワクさせられます。日本の宮廷陰謀劇と違って、かなり野蛮で荒っぽいところが怖くて好きです。

 で、リチャード2世…って、ゲイ、だったのですか?いちおう王妃はいるけど、いつも一緒で親密そうなのは、イケメンや美少年の取り巻きたち…やっぱイギリスは腐ツボを突いてきますわ。リチャード2世を演じてるのが、今やゲイを演じさせたら世界一、英国の輝けるBLスター、ベン・ウィショーなのだから、これほどの適役もない。ベン子さん、今回も水を得た魚のごときゲイゲイしさで、リアルかつチャーミングでした。

 もう仕草や表情、目つきからしてノンケの男とは違います。座ってる時の足が、ほとんど乙女。でも、ぜんぜん気持ち悪くなくて、可愛いくてカッコよくもあるんですよね~。そこがベン子の魅力&実力です。臣下への優雅な驕慢さが、まさに生まれながらの王者って感じ。ベン子の気品と威厳に魅せられました。臣下同士が争ってるのを面白がってるようだったり、優しくしたり冷たくしたり、楽しそうに悪だくみしたり、ちょっとイケズな小悪魔オネエさんなベン子が可愛かった。大柄な男たちに囲まれた小柄で華奢なベン子さんは、まさにヒロインのような可憐さ。

 白玉のような無邪気すぎる自由すぎる心ゆえに、臣下にも民にも憎まれ恨まれ、破滅してしまうリチャード2世。暴政を敷いた身勝手で冷酷な王、というより、浮き世離れした不思議ちゃんっぽく演じてたベン子さん。王位を奪われてからが、舞台俳優としての本領発揮。感情豊かな長い台詞まわしは圧巻。特に印象的だったのは、リチャード2世がヘンリーになかなか王冠を渡さないシーン。当てこすりしまくりな悲劇のヒロイン愁嘆場。イヤよ!やっぱりイヤイヤ~!と文字通りひっくり返ってダダこねるリチャード2世の往生際の悪さに、ヘンリーだけでなく視聴者も唖然。すごい緊迫感かつ滑稽さを醸すベン子の演技に圧倒されました。

 牢獄のリチャード2世が悲惨すぎ。まるで洞窟の原始人ついさっきまで金枝玉葉、栄耀栄華だったのに。まさに一寸先は闇。リチャード2世もですが、王さまなんてちっとも羨ましくない身分です。特に英国王室は、無事生きながらえるほうが稀で、だいたいは断頭台行きだもん。リチャード2世は首チョン切られ末路ではなかったけど、ある意味もっと無残で哀れな最期でした。衣装や風貌など、リチャード2世をどこかキリストっぽく演じてたベン子さんです。

 ベン子の役者っぷりを堪能できる作品でしたが、べン子に負けない存在感と魅力で私を瞠目させたのが、ヘンリー役のローリー・キニア。ダニエル・クレイグの007シリーズで、ボンドの仲間ビル・タナーを演じてる英国俳優です。007ではフツーのおじさんって感じですが、このドラマの彼はすごくカッコいいです!美男とかイケメンとかではないけど、男らしくて勇壮で優しそうで哀愁もあって、いい男!

 ちょっと不揃いな前歯が、何か可愛かった。ヘンリーのキャラが、男らしく誠実かつ何かお人よしでもあって好感。リチャード2世や親族に振り回されるヘンリーの悩める姿に胸キュンでした。

 ↑Qとビル・タナー、ではなく、リチャード2世とヘンリー。二人のやりとり・関係は、かなりBLっぽい♡
 その他のキャストも、ヘンリーの父ランカスター公役にXメンシリーズのプロフェッサーXことパトリック・スチュワート、その弟ヨーク公役に名探偵ポアロ役ことデヴィッド・スーシェ(後で知ってビックリ!ぜんぜん気づかんかった!別人!激シブでカッコいい!役者ってスゴい!)と、日本でもお馴染みの名優が。リチャード2世の寵臣のひとり、ヨーク公の息子オーマール役のトム・ヒューズは、ちょっと山下智久似?あと、争ったヘンリーともども追放になる貴族トマス・モウブレー役のジェームズ・ピュアフォイも男前!

 キューティブロンド主演の「悪女」でも男前だったピュアフォイさん。出番少なくて残念!また出てくるのかしらん?あれで出番終わりなら、男前の無駄づかいだわ~。
 舞台を観ているような演劇的な演出と、ロケ地の美しさも活かした映像の巧みな融合も秀逸。当時の英国王室の、華美ではないシンプルな衣装や堅牢な城なども目に楽しかったです。セットも、お金かかけてるな~と感嘆。日本や韓国の時代劇のチャチいセットとは大違い。
 物語はヘンリー4世編へと続く…

 ↑ベンちゃんみたいな奥さんがいて、ダンナさんが羨ましい

 ↑そのダンナさん、マーク・ブラッドショウ氏はオーストラリア人の音楽家。陽気でオチャメな人柄っぽい彼は、ベンより2歳年下の夫。「ブライト・スター」のサウンドトラックを担当、主演のベンと恋に落ちたんだとか。いい感じのカップルですよね~。末永く幸せに(^^♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワケアリ物件にご用心!

2016-09-19 | 日本映画
 「残穢 住んではいけない部屋」
 作家の“私”は、女子大生の久保が住むマンションで起こる怪奇現象に興味を抱く。久保と共に調査を開始した“私”は、マンションの建つ土地に残る呪われた穢れに次々と行き当たるが…
 結論から申し上げると…ぜんぜん怖くなかったですこれはまあ、映画の出来のせいでもあるけど、ホラー不感症な私にも問題はあります。貞子とか、怖いどころかクスっと笑っちゃうんですよね~。この映画も、ワタシ的には完璧にコメディでした。ウケる~これ絶対笑い狙っとるじゃろ~こんなんで私を怖がらせようなんて、1000年早いわ!なんて、怖い(と思しき)シーンにはプっと笑ってばかりでした。

 こういう映画を観ると、ほんと損した気分になります。フツーの人は、キャーキャーと楽しく怖がることができるのに。幽霊とか呪い系とか、あまりなじみがないので(なじみがあるのもいかがなものですが)、ほとんどファンタジーなんですよね~。現実には社会にも私の周りにも、悲惨で恐ろしいものがたくさん渦巻き犇めいているので、目に見えないものを怖がる余裕がない。幽霊よりも通り魔に遭遇するほうがイヤです。

 悪いもの、穢れたものが家や土地に残りこごって、次々とそこに住む人々を狂気や死に追いやる、というお話なのですが。この世に人間がいるかぎり、ドロドロした愛憎や怨嗟がない場所なんてないですよね~。ここにはヘンなものが居る!住めない!な残穢に敏感な人、霊感が強い人が、本当に気の毒。私なんか何にも感じないので、一家惨殺事件とか無理心中があった部屋にも、平気で住めそう中東人や中国人しか住んでないマンションとかには、怖くて絶対ぜったい住めないけど
 霊感がある人ない人みたいに、残穢も憑く人と憑かない人に別れるのでしょうか?久保さんは大丈夫そうだったけど、“私”はヤバそうだったし。無残悲惨な末路を遂げた人々もいれば、フツーに暮らしてる人もいたり。どこで別れちゃうのでしょう。とりあえず私は、悪霊にも嫌われてるみたいなので安心♪

 ブラブラ揺れて畳に衣擦れする首吊り死体、這いながら近づいてくる黒い影、異常な怪電話、床下の精神異常者…趣味を凝らした?怪奇シーンは、なかなか目に楽しかったです。古い新聞記事とかも、不気味な雰囲気を出してました。嬰児殺しとか精神病者の私宅監置とか、昔の日本の陰々滅滅さがヤバい。

 ホラーなのに笑える、というのも結構トホホですが、せっかく日本的な陰々滅滅なネタ盛りだくさんなのに、それをおどろおどろしく描けなかった点も、すこぶる残念。昔の日本家屋の冷暗さ重苦しさが、あまり感じられなかったので穢れも軽く感じられて。市川崑監督の「犬神家の一族」とかのほうが、何か出る…的な雰囲気が充満してたような。タモリの「世にも奇妙な物語」で観たことがあるようなTVドラマっぽさが、かなり惜しい。TVでは放送できないようなエグいヤバいシーンとか、あってもよかったのでは。
 “私”役は竹内結子、久保役は橋本愛。すごい我の強そうな大女優の競演です。

 U子さんは久々に見ましたが、45、6歳にしては若い、きれいだな、と思ったら、あわわ、まだ35、6歳と知り、それにしてはやっぱ老けてるな、と思い直しました相変わらず鼻の穴が気になった。でも、やっぱ美人ですね。恋愛もののヒロインならキツけど、地味なおばさん役ならイケてます。性格強そう、キツそうなところは、もっと強調してもいいのでは。性悪女の役とか似合うと思う。悪女役をオハコにしてる菜々緒よりも、リアルなU子さんのほうが怖そうだもんね。

 愛ちゃんは、ほんと美人ですよね~。懐かしの美女、白都真理似?ちょっと男みたいなIちゃん、男装とか似合いそう。彼女もU子さんも、まったく怪奇にビビってないところが、彼女たちらしかったです。二人とも実際にも、お化けとかにキャーキャー騒ぎそうにないですもんね。あんな気持ち悪い目に遭っても、二人とも淡々と平然としてるのが笑えた。女優魂炸裂なホラー顔とか、でもやってほしかったなあ。気や我と違って、演技に対する意欲は強くなさそうなU&Iのせいで、誰がやっても同じな役になってしまった。
 ヒロイン二人の調査を手伝う青年役、坂口健太郎が可愛かった!

 プッシュされまくってた福士蒼汰や山崎賢人にはピンとこない私ですが、健太郎くんには久々にMYイケメンレーダーが反応しました!可愛いですね~。星野源+昔の向井理、みたいな顔?スラっとした長身も素敵。いかにもメンズノンノって感じのイケメンですね。チョイ役で残念。今後はいい役に恵まれて、第二のムカイリーになってほしいものです。

 あと、前住人が自殺した部屋に住んでる青年役の男の子もメンズノンノ系で、ムダに可愛いイケメンだった。U子の夫役の滝藤賢一、作家役の佐々木蔵之介は、普段はムダに濃ゆい彼らにしては地味~な、目立たない存在と演技。編集者役の山下容莉枝の、ナニカアルっぽさが好き。何もないフツーの役でもったいない!
 
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

鯉は天に舞った

2016-09-11 | カープ
 生きてるうちに、この光景が目にできるとは…神さま仏さま、そしてカープ!ありがとう!本当にありがとう!
 カープ、ついに優勝!実に25年ぶりのV達成です!25年前って、ぜんぜん覚えてないわ~。って、覚えとるわけない!だってわし、19歳じゃけんね♪
 昨夜は熱狂の坩堝と化した広島。はしゃいで騒いで泣いて笑って…一夜明けて祭りのあと、興奮はさすがに鎮静化し、今はあまりにも大きい歓喜による疲労に心地よく浸りなが(喜びすぎると、疲れるんですね!初めて知った)ら、昨夜の闘いを思い返しています。
 運命の一戦。ノーゲーム移動日の優勝決定、という味気なさすぎる事態は何とか回避、敵地東京ドームで巨人にトドメを刺し、巨人の目前で胴上げできるチャンスが巡ってきた!東京ドームも、どっちのホームか分からないほど真っ赤。ファンの応援の熱量が違います。
 カープの先発は、男気200勝の最重鎮選手、広島の現人神、黒田博樹。カープ優勝のためにメジャーの巨額オファーを蹴り、広島に還ってきた英雄の登場に、ファンのボルテージは早くも絶頂に。今季で引退の可能性が濃厚な黒田さんが、優勝をキメる。出来すぎとも言える、完璧で最高の優勝!何てドラマティックでロマンティックなんだろう!

 でもここのところ、決して好調ではない黒田さん。ボロボロの身体をムチ打って戦ってる悲壮感が、痛ましくも切ない。その夜の対戦相手は、狂犬マイコラス。賭博だの黒い交際だのと、ただでさえ良くない巨人のチームの雰囲気を、態度の悪さや怠慢さでさらに乱している問題外国人。こないだもキャッチャーの小林に、このド下手くそ!と言わんばかりに罵倒しながら詰め寄ろうとしてましたよね~。同じチームメイトに、人前であんな態度、ありえんわ~。ベンチでバット折るわグラブ投げつけるわの大暴れな姿も、ヤバすぎ~。いくら実力があっても、あんな外人カープにはお断りじゃ~。
 で、男気黒田VS狂犬マイコ。黒田さんの時は、なぜか打てないカープ野手、というイヤな予想通り、なかなか打線に火がつかない。一方、巨人は早々と坂本が2ランHR!ひえー!!あかん~!目の前が真っ暗になりかけたが、いや!カープといえば今や、逆転がお家芸!わしらにできることはただ、信じて応援するのみ!ああ神さま仏さま黒田さま~と、祈るように応援。
 劣勢でも、カープナインの士気は熱いまま。狂犬マイコが、得意?のデッドボールを連発!殺人球をぶつけられた安部が、激痛で悶絶!これに激高したのが、黒田さん&新井さん。

 おどれ何やっとんじゃー!!と、野太い大阪弁+広島弁で、狂犬マイコにガン飛ばして詰め寄ろうとする、血気盛んなおじさん二人。それに比べたら、若鯉はやっぱおとなしいですね~。
 全国のカープファンの熱い祈りが、天に届いた!菊池が打ったボールを、2ランHRを打ったばかりの坂本がエラー?して、1塁にいた田中が一気にホームへ!すごい激走だった!これでカープようやく1点。これが導火線に火をつけ、出た!神ってる男、鈴木誠也!今や何かやってくれるという期待度No.1、神の子セイヤが、痛快なHR!!
 セイヤの同点HRの直後に、また天恵が降りた!赤いアンパンマンこと松山も、豪快なアンパ~ンチHR!!ぎゃ、逆転だー!!こうなりゃ一気呵成で巨人を潰す!さらに再びセイヤがHR!!まさに神ってる…
 辻や阿部がエラーするなど、巨人がトホホプレー連発。もう流れは完全にカープ!かと思いきや、黒田さんが再び1失点で降板。続くカピバラ長男イマムーは、堂々の無失点。続くジャクソンは、苦手な巨人相手にちょっと苦戦、一点を献上してしまう。うう~ん、ちょっと不安な雲がたれこめ始め、いよいよ最終ラウンド、若き守護神中崎どんが登場。ブルペンで、いっちーや大瀬良くんが、戦場に向かう中崎どんをに見送ります。
 息をのむ最終ラウンド。中崎どん、果たして胴上げ投手になるか?!それとも、この期に及んで巨人が悪あがき、優勝はお預けか?!もうファンも最後の気力で応援してるので、ここで決めてほしい!中崎どん、頑張れ!!
 ビシっ!バシッ!と、巨人打者を討ちとっていく中崎どん。いよいよ、亀井を抑えれば歓喜の瞬間が。カープ巨人両軍ナインも、東京ドームの観客も、広島県民も固唾をのむ緊張感の中、中崎どん渾身の一球!

 やったー!!\(^_^)/ついに、ついに優勝!!
 飛び出してくるカープナイン、大興奮で笑顔笑顔笑顔!ああ、何も言えねぇ~…感無量すぎて、茫然と彼らを見つめるだけの私。歓喜の輪の中には、号泣しながら抱き合う黒田さんと新井さん…

 これが、間違いなく最も感動的なシーン。私の目頭も、じ~んと熱くなりました。険しく波乱に満ちた道のりを、不屈の精神と不断の努力で駆け抜けてきた二人の胸の内を、あの涙でカープファンは知ることができました。他球団には、二人のような物語ってあるのかな?

 ↑デカい黒田さんと、ちびっこい菊池の抱擁は、何だか萌え数値が高くて(^^♪菊池が泣くの、初めて見たわ~

 ↑一回り以上の年齢差を感じさせない仲良しこよしな新井さん&菊池
 そして、胴上げ!まず、緒方監督。優勝監督インタビューでの、緒方監督の興奮っぷりも感動的でしたね。あの冷静沈着な緒方監督が、可愛いほどにハイテンション。かな子夫人も大喜び!かな子さん、カープ優勝記念でグラビア復帰もあり?!

 続いて、号泣してる黒田さん、そして新井さんを胴上げ!若鯉たちの、二人への敬意と愛情であふれんばかりの胴上げでした。

 興奮冷めやらぬ中、場所を移して今度は悲願のビールかけじゃ~!

 もう、泡だらけで誰だか分かんない!いや~ほんと、幸せの阿鼻叫喚!お祭り系男のはっちゃけぶりも楽しいけど、普段はクールな人のイメージを覆すキャラ大崩壊が見られたのも、優勝のおかげ!緒方監督もハイテンション。いちばん被害?に遭ってたのは、やっぱ黒田さん。若鯉も外国人選手も、緒方監督まで黒田さんをビール攻撃。目が痛い痛い~、かけたの誰や~と、ヒーヒー言いながらも嬉しそうな黒田さんが可愛い!黒田さ~ん♡と、ニコニコしながらビールかけて黒田さんに抱きつくヤブたんも、超可愛かった!
 カープを牽引したタナキクマル(田中・菊池・丸)&ノムスケの1989年組も、カピバラ3兄弟(イマムー、大瀬良くん、いっちー)も、外国人のジョンソンやジャクソン、ヘーゲンズも、子どものようにはしゃいでます。中崎どんの、周囲の狂騒に何だかビクビクしてるような様子が、か、可愛い!なぜか金髪のおさげウィッグをかぶった松山と、選手会長の小窪との仲良しぶりも、相変わらず微笑ましい。選手としては活躍できなかったボボさんだけど、人徳はすごく高い人。影で選手を支えてくれてたんだろうな~。いつもは無表情なルーキー岡田くんも、さすがに相好崩してニコニコ。岡ちゃん、笑顔可愛いじゃん!一年目で優勝だなんて、ほんとラッキーだったね!すごいイケメンがビショ濡れになってる!堂林くんだ!彼もまったく優勝には貢献しなかったけど、やはりカープの花といえば腐ってもプリンス堂林。水もしたたるイケメンぶりでした。梵さんもいます。優勝がほぼ決まってから、チョコチョコ1軍入りしてたベテラン梵さん。同じ広島出身の新井さんのような大復活とはならなかったのが残念。梵さんも、おそらく今年で引退。最後のひと花、CSで咲かせてください!

 ↑きゃーカピバラ3兄弟+ヤブたん!ヤブたん、4男として加入?!可愛いがってた後輩たちの活躍、そしてカープ優勝を、海の向こうでマエケンも喜んでくれてるでしょうね~。優勝パレードには、マエケンもスライリィーの中に入ってこっそり参加するとか、しないとか…

 ↑フレーフレーカ~プ🎶マエケンもカープを熱烈応援!
 あの人も、この子も、大活躍した人も、しなかった人も。ビールまみれになって狂喜乱舞してるカープ選手を、楽しく見ていてふと思った。いない選手のことを。福井、ルナ、下水流、九里、戸田、中村恭平etc.いたのかな?TVに映らなかっただけ?中村、九里と戸田は、堂々と有頂天にはなれないはず…

 ↑金髪美少女まっちゃん
 華やかな勝利の宴で、まばゆいスポットライトを浴びる選手は、栄光の男たちだけ。NHK、民放各局のインタビュー席を忙しく回っていた選手たちが、まさにそれ。同じ優勝チームでも、明暗を分けた選手。プロ野球の厳しさもまた、楽しさ同様に痛感しました。
 花の嵐のような一夜が明けて…再び巨人戦。寝不足だろうけど、気を引き締めて!優勝の余裕でしょうか、ずっと2軍だった野間くんとか塹江くんを、お試し起用。しかし。巨人を、やっぱナメてはいけません。そんなんで勝てると思うなよ!バカにすんな!と言わんばかりに、優勝翌日のゲームはカープがボロ負けCS、そして日本シリーズ、大丈夫よね?!まだまだ、胃痛な日々は続きそうです
 ともあれ、カープ優勝おめでとう!勇気を、希望をありがとう!私も、もうちょっと頑張ってみよう、と思えるようになりました。明日は、仕事帰りにちょっと優勝セールのぞいてみよっかな♪
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

愛すれど疑わしく

2016-09-09 | 日本映画
 「怒り」
 東京の住宅街で、夫婦が惨殺される事件が発生する。逃亡中に整形した容疑者の若い男を警察が追う中、ゲイの優馬、元風俗嬢の愛子とその父親、沖縄に住む女子高生の泉は、それぞれに謎めいた男と出会い、関わりを深めていくうちに、恐ろしい疑惑にかられるようになるが…
 「パレード」「悪人」そして「横道世之介」に続く、芥川賞作家・吉田修一の小説の映画化です。試写会にて鑑賞。
 全国の腐の皆さ~ん!ひと足お先に観ましたよ~!腐は絶対、公開されたら劇場に駆けつけましょう!腐マスト映画です!もちろん、腐じゃない方々もぜひ!でも、筋金入りの腐じゃない人、もしくは生粋のゲイでない方が観たら、ちょっとショッキングだったり気持ち悪い思いをするかもしれません。私の席周辺に座ってたマダムたちも、BLシーンでは動揺のあまり軽い悲鳴、ヘンなうめき声を上げてましたし私なんかからすると、けっ!これぐらいで狼狽えるんじゃねーよ!でしたが、確かにBL慣れしてない保守的な人は、気まずい思いをするかもしれません。家族とは絶対、一緒に観ないほうがいいです

 最近の邦画、それも有名スターが出演してる映画にしては、かなり思い切った挑戦的なゲイシーンでした。かなりゲイゲイしいので、ライトなBLファンにもキツいかも。ほとんどファンタジーなBLと違い、リアルなゲイの世界が今の邦画で見られるとは、嬉しい想定外。優馬がはっちゃけるゲイパーティ、優馬が直人と関係をもつ発展場のサウナ、優馬と直人のむさぼるようなディープキス、全裸での絡み…洋画では珍しくもないけど、邦画だとすごく新鮮に、かつドキっともさせられた。特に発展場のサウナは、隠微で秘密めいた地下世界の妖しい雰囲気がよく出てました。そこはまさに、男たちの汗と吐息で充満した完全女人禁制の秘園。ほんとにこんな場所があるのか~潜入してみたいな~なんて思ってしまいましたあの発展場シーンは、映画化の際はきっとカットされると思ってたので、忠実な再現には驚嘆させられました。それにしても…三島由紀夫の「禁色」の時代に比べると、アメリカほどではないけど日本のゲイ社会も、かなり明るくオープンになってきてるんですね~。優馬なんかすごい堂々としてて、後ろ暗さとかコソコソ感とか全然なかったし。
 ゲイ描写すごく頑張ってた!けど、あくまで“今の邦画にしては”という前置き付きなので、あしからず。ゲイ一色な映画では決してありません。むしろ、欲張りな腐は物足りなさを感じるかも。ゲイの恋人たちを演じた妻夫木聡と綾野剛の健闘は、心から讃えたいです。

 吉田修一の原作小説が映画化され、優馬役はブッキーと聞いた時、ついにキター!!ブッキーがゲイ役キター!!と、腐的興奮に心乱れてしまった私散々じらしてくれたなブッキー!今までゲイ役やらなかった理由、この映画を観て何となく解かったよ!あまりにもハマっちゃうからだろ!
 
 ブッキー、何がきっかけで思い切ったのでしょう。結婚して、もう疑われる心配がなくなったから?モノホンとしか思えぬゲイゲイしさ全開で、その魅力を遺憾なく発揮してました。こういうブッキーが、見たかったんですよね~。初登場シーンから、掴みはOK!裸で汗だくになって、男たちに囲まれ踊るブッキーの、ハンパない色っぽさときたら!小柄で痩せてて、肉体美って感じではないのに、すごいエロいんですよね~。発展場での、ピッチリしたビキニパンツ姿も、超絶エロい!発展場で出会った直人を押し倒して、ほとんど犯すノリでセックスする野獣なブッキーもエロい~。あの可愛かったブッキーが、若い男を後ろから前から攻めるワイルドなタチ野郎の役だなんて、嬉しい隔世の念だわ。ああ~美少年になって、ブッキー兄さんに攻められたいわ~。

 ラブシーンでは、ケツも堂々と披露してるブッキー。同じ事務所の後輩である池松壮亮に、負けられない!邦画でエロい脱ぎ男といえば俺!そんなブッキーの脱ぎっぷりも、この映画の見所のひとつです。久々に適役、魅力を発揮できる役にめぐり会えたブッキーです。エロい脱ぎだけでなく、予期せぬ本気の愛による戸惑いや多幸感、不安や嫉妬に揺れる、情熱的で繊細な演技もなかなか胸に迫るものがありました。都会の享楽的で空疎なゲイライフに倦んだ気怠さも、ちょっと演技を超越したモノホンのかほりがしました…
 ただちょっと、いや、かなりワタシ的に残念だったのが、やはり相手役が綾野剛だったこと…綾野くん、個性的な良い役者なんですが、いかんせん爬虫類系の顔がタイプじゃないという、ミもフタもない超個人的な理由で、せっかくのBLシーンも萌えなかった…直人役は、やっぱ池松くんにやってほしかったな~。ブッキーと池松くんのBLシーンなんて、想像を絶するエロさ、切なさになりそう♪

 優馬と直人の数奇で悲しい恋物語だけで、一本映画が作れそう。ていうか、ぶっちゃけ他のパート要らん、とさえ思ってしまった同じ墓に入ろうと誓い合うまでになった、もう二度とめぐり会えないような運命の愛だったのに、コップの中の澄んだ水に一滴落とされた墨汁のように、どんどん広がって真っ黒になっていく優馬の不信と保身が、何ともやるせなさすぎて。私でも優馬と同じことをすると思う。でも、優馬には信じ抜いて試練に打ち克ってほしかった。でも、直人は薄命だけど薄幸ではなかったような気がします。刹那的でも、深く優しい愛に生きることができたし。長生きしたって、そんな経験できる人はほとんどいませんしね~…
 とまあ、優馬と直人のカップルばかり気になって、千葉と沖縄のパートは早送りしたくなりましたが(^_^;)群像劇はかなり公平に、偏りなく時間も割かれ、見せ場も作られてるのですが、腐はどうしてもゲイカップルのほうに感情移入しちゃうし、役者の好き嫌いで、どのパートに感動し衝撃を受けるかが左右されてしまう。
 キャストの中で、最もインパクトがあり、演技も存在感も群を抜いてたのは、沖縄編に出てくる謎の放浪者、田中役の森山未來です。

 未來くん、久々に見ましたが、やっぱ演技うまいですね~。怪しい役、怪しい風貌でも、ヘンにエキセントリックな演技ではなく、クールで優しそうなキャラにしてたのが、返ってユニークで好感を抱けた。森山未來、綾野剛、松山ケンイチ、殺人犯かもしれない男を演じた3人の中では、文句なしに未来くんが頭ひとつ抜けてました。演技力の差が顕著に出てました。未来くんの役がいちばんの儲け役!とも言えるけど、あの放浪者の役を綾野くん、松山くんにやらせてたら、たぶん残念な結果になってたはず。並み居る人気スターを食って場をさらった未來くん、ちょっと鈴木誠也に似て見えたのは私だけ?
 そんな未來くんを凌ぐ好演だったのは、意外な人でした。泉のボーイフレンド、知念辰哉役の男の子こそ、この映画のMVPかもしれません。朴訥な沖縄弁も、素人っぽい素朴な顔も、演技してる役者とは思えぬ自然さ。佐久本宝くんという、実際にも沖縄出身、地元の演劇で活動している役者さんだとか。賞あげたいわ~。

 愛子の父役、キャストの中ではいちばんの大物であり、見た目もいちばん濃ゆい渡辺謙が、意外なほどフツーでした。謙さんじゃなくてもいい役でしたが、大スターの俺がやるんだかからもっと見せ場増やせ!なんて、無茶な特別扱いを要求せず抑え気味だったところは、高く評価できるのではないでしょうか。愛子役の宮崎あおいは、殺人犯より不気味だった。イタすぎる幼女おばさん役。白痴みたいな喋り方と服装、そしていつも浮かべている薄ら笑い、虚ろな目つきは、ほとんどホラーでした。すっぴんに近いメイクは容赦なく年齢を感じさせて、心と体のアンバランスをある意味、果敢に表現してたとも言えます。松山ケンイチは、可哀想なぐらい影が薄かった。

 キャストの中では、最も厳しい目で見てやろうと姑視線を向けた広瀬すずが、想定外に良かったのがちょっと拍子抜け顔も喋り方も苦手ですが、リアルすぎるレイプシーンはかなり迫真の大熱演で、めっちゃ怖かった沖縄の強姦鬼畜米兵、ほんと許せんわ~。
 あと、事件を追う刑事役のひとり、三浦友和&百恵の次男、三浦貴大がイケメンでした。

 彼もチョコチョコいろんな映画やドラマに出てるわりには、なかなかブレイクできませんよね~。すごくカッコカワイいのにね。いっそのこと、直人役は三浦くんにやらせてあげてほしかったかも。直人の友人役で、とと姉ちゃんこと高畑充希がチョコっと登場。彼女も働き者ですよね~。可愛くなった野沢直子、みたいな顔?ブッキーとは「バンクーバーの朝日」でも共演してましたね。また歌い出すんじゃないかとヒヤヒヤしました(笑)。
 坂本龍一の音楽が、ちょっと大仰で押し付けがましいかも…殺人犯の指名手配写真、森山未來+綾野剛+松山ケンイチの合成写真で笑えます。
 この映画の元ネタとなった、逃亡整形殺人犯の市橋達也は今、獄中で何を思って生きてるんでしょうね~…
 原作小説を映画を観る前に読むと、どうしても犯人役の俳優を注視してしまうことに。なので、未読のまま映画をご覧になることをお勧めします♪
 数ある吉田修一原作の映画の中では、吉田先生ご自身が監督したショートフィルム「Water」がいちばん好きかも…
 最後に、お松的「怒り」キャスト成績表… 
 
  1位 佐久本宝
  2位 森山未來
  3位 妻夫木聡
  4位 広瀬すず
  5位 宮崎あおい
  6位 綾野剛
  7位 渡辺謙
  8位 三浦貴大
  9位 高畑充希
 10位 松山ケンイチ

 「怒り」ぜひTVで連ドラ化希望!その際は、優馬は向井理、直人は池松壮亮がいいな~♪
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加