かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

イエス様と共にこの国の礎を築かれた人のお墓まいりへ

2015-12-31 13:07:45 | かごめかごめの真実とは

2015年12月31日(木)

28日(月)に神河町にある高星山(1015m)に登りました。

登りたくて登りたくて、でも行けなくて・・、やっと念願の登頂でした。 武部さんに感謝です。

そこへ登る途中から、八幡山や卑弥呼さんが暮らした居城があった場所も綺麗に見えました。

また、高星山の頂点からは、イエス様の山も、その入り口の太田ダムも綺麗でした。 輝いていました。

高星山は実は・・、この国の礎をイエス様と共に築かれた人の陵墓なのです。

その方とは、年が明けて9,10,11と三日間の御祭りの主役のお方なのです。・・誰でしょう??

・・・

 武部さんがブログにこの日のことを詳細に連載されることでしょう。私も楽しみにしています。

 高星山の巨石群-1 林道から尾根まで

  高星山巨石群-2 巨石群と山頂

   


この記事をはてなブックマークに追加

第3幕ゲームオーバー

2015-12-30 19:59:01 | かごめかごめの真実とは

2015年12月30日(水)

ぎりぎりのタイムで謎解きが完了しました。

本当にぎりぎりでした。

重要ポイントとなる山へとたどり着くことができました。

2:1:√3  1:1:√2が重なる重要ポイントの山でした。

この山は以前から見つけてはいましたが、やっとその意味が分かった上で行くことができました。

これも、先日のセミナーでメッセンジャーのHさんTさんの指示によるものでした。 

「開く、開く!」と・・・、やっと開く手はずとなりました。 第3幕を開くための日、月、火の三日間でした。

明日31日から1日へと暦が変わる時刻に神様にご報告に参ります。大事な大切なポイントへ!

Hさん、Tさん、ありがとうございました。 

        

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

朝日輝き夕日が照らす

2015-12-29 15:23:14 | かごめかごめの真実とは

2015年12月29日(火)

28日(月) 神河町八幡山連峰を西から眺めました。

女王卑弥呼の祈りの場である八幡山が左に綺麗に見えます。

そしてそこから画面中央左手に卑弥呼が暮らした居城(針葉樹と広葉樹の境目あたりです)。

それから画面右端にポコンと丸く飛び出したところが永遠の眠りについた陵墓である婀月山です。

神河町は王家の方々が眠るまほろばの地です。  素晴らしい情景をみてきました。

 

生野(イヤ)のそばから、御竜車が三つ下る。

九里きて、栗行って、九里もどる。

朝日かがやき、夕日が照らす。ない椿の禰に照らす。

生野の谷から何が来た。

恵比寿、大黒、積みや降ろした。

伊勢の御宝、積みや降ろした。三つの宝は、庭にある。

生野の空から、御竜車が三つ下る。

・・つづく

 


この記事をはてなブックマークに追加

篠山へ

2015-12-28 20:57:13 | かごめかごめの真実とは

2015年12月28日(月)

27日(土)のセミナーには沢山の方々においでいただきました。

ありがとうございました。 感謝申し上げます。

さて・・、セミナーに来られた方が、何かメッセージを告げて帰られたようで、翌日の日曜日に兵庫県篠山市へと行ってきました。

出口なおさんの旅が始まったようです。

この場所は、イエスの陵墓から卑弥呼の陵墓を通って、亀岡の三郎ヶ岳を結んだ霊ライン上に位置していました。

そしてその近くには綺麗な三角形のピラミッド型の山もありました。

何な大いに意味のある場所のようでした。


この記事をはてなブックマークに追加

超古代秘密を解く鍵は、特定の山々や磐座にあるようです

2015-12-25 14:04:27 | かごめかごめの真実とは

2015年12月25日(金)

  武部さんがブログで詳しく 舞鶴の弥仙山 のことを紹介されて居られます。

弥仙山がどのような山かは、全く知らなかった私でしたが、空海様に教えられたとおりにそのポイントポイントの山々は人の手で美しく造形されていました。

超古代の歴史が、星座に似せた山々や磐座から解けそうです。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

国造りのお酒 邪馬壹国

2015-12-24 10:22:09 | かごめかごめの真実とは

2015年12月24日(木)

 いよいよ国造りのステージも第三から第二のセフィラに移動しました。

・・ので、第二のセフィラである淡路島で作ることになりました。

そしてその・・「国造りのお酒 邪馬壹国」が届きました。

ケースのラベルには女王卑弥呼が暮らし、祈りを捧げた大事な山である生野、神河町にある八幡山をバックにしたデザインです。

理想国家建設の再スタートは、生野、神河町から始まりました。

世界の聖地が、生野、神河町であることがこれから立証されていきます!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

京丹後市大宮へ

2015-12-23 19:45:07 | かごめかごめの真実とは

2015年12月23日(水)

20日、奈具海岸から連れていってもらったところは、京都府京丹後市大宮でした。

古墳時代後期の古墳と言われる石明神。

次に境内全域は京都府の古代祭祀史跡に指定されているという大宮売神社でした。

そこには盃状穴や線刻文字もあったりして、・・でも無造作にそこらに転がっているという様子でした。

きっと、大きな大きなメッセージをこれらの石は私達に語りかけているのかもしれません。

神社が向いている方角にはキッチリと綺麗なピラミッド型の山もあり、何かを語りかけているようでした。

石明神

      

 大宮売神社

            

 


この記事をはてなブックマークに追加

太陽と月と雲と、龍と大亀

2015-12-23 10:53:56 | かごめかごめの真実とは

2015年12月23日(水)

弥仙山に登った翌日には京丹後の宮津へと誘われましたが、日中にお月さんもくっきりと見えていました。

太陽に月 エネルギー態の雲は龍に見えたり、海岸には大亀もいてたりと、私は一日中それはそれは幻想的な光景の中に浸っていました。

弥仙山と宮津に誘ってくれた神様と、kさんに感謝するばかりです。

・・・

雲と太陽と龍

   

月も出ていて

   

海岸には亀さんもいてて・・、この海底には竜宮城があるとか・・。

    

亀さんの横には四角い玉手箱もありましたねぇ。

 


この記事をはてなブックマークに追加

奈具海岸へと

2015-12-22 11:05:58 | かごめかごめの真実とは

2015年12月22日(火)

20日(日)「本を読みました」と電話をいただいたKさんに、宮津駅から連れて行ってもらったところは奈具海岸でした。

      

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

やっと会えましたぁ!

2015-12-21 14:07:18 | かごめかごめの真実とは

2015年12月21日(月)

 

  

 初代大王亡き後の倭国大乱を終焉させるべく、大王の直系である卑弥呼を共立して創られた国が邪馬壹国(邪馬台国)でした。

その時、何を持って国土設計をしたのか。  ・・・それはオリオン座を模しての国造りでした。

ベテルギウスがイエスや卑弥呼が眠る王家の人達が眠る丘でした。  ・・ここが世界の聖地です。

一昨日は、ベラトリクスにあたる弥仙山に登り、その山が自然の山に手を加えた痕跡を見るために行きました。

そこには私が想像し期待したものをキッチリと見せてくれました。

岩山に手を加えた痕跡や、立派な方位石もキッチリと存在していました。

そしていつもながらに武部さんを隊長とする清掃部隊に早変わり。

おそらく今までに沢山の方々がこの山に登頂されたことでしょうが、重要な役割をはたしている磐座がそこに存在している意味を分かっているかたは少ないのかもしれません。

丁寧に掃除しました。 ・・・んん~~ん、そこからでしょうかね、出口なおさんが、「長い間この山の重要さを分かってもらえる人をここで待っていましたぁ。 やっと会えましたぁ!あなたたちと共に旅をさせてください」と、どうもついてこられたご様子としかいいようのない出来事が翌日にも起こってしまいました。  ・・・ つづく。

                  

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

出口なおさん現る

2015-12-20 20:56:19 | かごめかごめの真実とは

2015年12月20日(日)

 19日(土)  オリオン座のベラトリクス星にあたる丹波富士と呼ばれる弥仙山に呼ばれて登りました。

そして、その山が最高に綺麗に見えるポイントにも誘われました。

そして今日は,宮津へと行って、 昨日に続き大変驚かされました!

私の本を読まれたというKさんから2日前に電話があったので、その方に電話して宮津駅で12時半前に出会って、連れて行ってもらったところが・・・!!

なんの事前の打ち合わせもなしに連れて行かれて降り立った場所から、沖合に見える島の話で飛び出した言葉ではじめて、「大本教の開祖、出口なおさんが山からついてきたな」と。

昨日登った山に、出口なおさんが籠られた話に続いて今日も、「あの沓島に出口なおさんが籠られて・・」と話が出てそれはもうビックリ仰天で・・。

私はその出口なおさんとやらの事は全く何も知らないし、宮津のその島とその話も今日が初めてでしたから、完全にその方の御霊が動き出したとしか考えられません。

そして、沖合の島を眺めていると何となく眼下の大岩から何か視線を感じるのでよ~~く見ると・・、なんとぉ!! 大亀さんでしたぁ!

黄金の玉手箱まであって・・・と。  

丹後半島にしてはこの季節、全く考えられないような小春日和で、どこまでも空は青く、一日中、月も姿を見せていて、空一面にエネルギー態の雲がたなびいていました。

この二日間、不思議な不思議な異空間に連れて行かれたようでした。  この話はちゃんとご報告できますでしょうかぁ・・・。

  

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

三本の柱に・・

2015-12-18 22:44:37 | かごめかごめの真実とは

2015年12月18日(金)

葦嶽山の謎、解明できました!

 ドルメンの謎と意味、解けました!


この記事をはてなブックマークに追加

最澄様も応援に

2015-12-17 20:56:38 | かごめかごめの真実とは

2015年12月18日(金)

スタップサロンに天台宗のお寺の住職様が施術に来られました。

今までは、ほとんど空海様に教えられて謎解きをさせられてきた私でした。

そして今、第四冊目の原稿を書き上げるべく資料の整理をしていますが、今度は空海様についての謎の7年間や2年7ヶ月の行動と、その思いを綴りたいと思っていますが、「私もお忘れなく」と最澄様が登場されたようです。

どうして天台宗住職のKさんが遠方の但馬から来院されたのだろうかと、Kさんの住所地と比叡山延暦寺根本中堂と、神戸市六甲道にあるスタップサロンの3点を結んでみました。

そうすると・・、なんとぉ! 見事に2:1:√3 の図形を描きました。 これっていったい何なのでしょうかぁ。

この偶然過ぎる偶然をKさんはどうとらえるでしょうか。

不思議なことは今尚、止まることなく進行中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

価値と評価

2015-12-17 11:33:30 | かごめかごめの真実とは

2015年12月17日(木)

 秘密NIPPONの《超建国》裏返史 が発売されて1ヵ月ほど過ぎましたが、中古品がアマゾンから出ています

その値段は2000円から13500円となっています。

やっとカスタマーレビューも2件でて、なかなか評価は難しいかもしれませんが、この本の内容は100%神様からの申し伝えで行動した事実によるものですから、今の時点では評価することもできないでしょう。

でも時間の経過とともに価値と評価は爆発的なものとなるでしょう。

だって、モーセ、イエス・キリスト、卑弥呼の陵墓の位置情報もキッチリと私は公開しました。

思いつきで書けるものではありません。 必ず立証されるその日その時がやってきます。

そのような意味でも、特に3000冊の初版本はプレミアム本となることでしょう。  

中古本でも倍にも何十倍にもなる時が必ず来ます。 

その価値は誰よりも私が一番知っています。 私のサインがあったら、それはそれは・・・なおさらに・・!!


この記事をはてなブックマークに追加

日本建国の生命の樹

2015-12-16 17:33:59 | かごめかごめの真実とは

2015年12月16日(水)

 倭国大乱後、卑弥呼を共立してスタートした邪馬壹国(邪馬台国)の前の日本建国の生命の樹が浮かび上がりました。

この建国プランによると、王冠の場所が竪破山(たつわれさん)で、中心になる美しい都ティファレトは岡山県備前市です。

そして11番目のダートの場所が栃木県足利市で、関東の高野山と言われる行道山が意味ある山のようです。

全て自然が配置した霊峰霊山や磐座と古墳などがそれらが重要な場所であることを教えています。

邪馬壹国(邪馬台国)時代の国事国体の宮は生野、神河町(兵庫県)で、政治政体の都は纏向でした。

しかしその前身の初代大王大国主命の理想国家建設の設計プランでは、岡山県備前市を中心に国造りが行われたことを生命の樹は教えています。

そしてこのことも空海様はご存じでした。


この記事をはてなブックマークに追加