かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

この国には大変な仕掛けがあるようです!

2015-07-31 19:17:05 | かごめかごめの真実とは

2015年7月31日(金)

三冊目の出版になる原稿も入稿し、・・でも、完成するなり、

誤字脱字や文章の不具合はないかとチェックしていたらいつの間にか深い眠りに・・・。

そして目を覚ますと、明日行く琵琶湖の竹生島と、それから行く亀山を描いて・・、そして・・。

出来上がった図を見て・・・。 もう一匹 蛇が・・・。

これは大変な大変なことを教えられました!

淡路島と琵琶湖

淡路島の勾玉山と琵琶湖の竹生島とが全く陰と陽の鏡合わせで造られています。

そして、大亀山と亀山

大亀の近くには蛇が居ました。

それなら・・、亀の近くにも蛇が居てもよいのでは・・・ということで見ていると・・。 蛇が・・。

これは・・この国には・・・、大変な仕掛けがあるようです!!

 


この記事をはてなブックマークに追加

モーセも一つ地上絵を造った

2015-07-31 15:45:51 | かごめかごめの真実とは

2015年7月31日(金)

 31日 原稿を入稿しました。 今度の本、それはそれは面白い本ですよぉ~!

・・作り話でなく、全て本当の話ですから、またまた不思議な世界を書き綴りました。

  その一部を・・・

上森も驚愕した、モーセの生涯の真実

 

 モーセの墓を特定した上森は、モーセは実は日本生まれだったことを知らされた。それまで思い込んでいたように、モーセは中東に生まれて、後に日本に来たわけではなかったのだ。

 といっても、モーセが生まれたのは、超古代のことだから、当時、日本という国が存在したわけではなく、より正確にいえば、モーセは後に日本列島の本州と呼ばれるようになった島の西北の海側、現在の鳥取県米子市で生まれていた。

 以下が、空海の神霊と同じ層から上森に届いた、モーセとその子孫の歴史に関する記録だ。

 「モーセの生年月日は、いまの西暦にすれば、紀元前3674年の10月17日だった。そして、モーセは紀元前3287年の12月28日0:00時に、日本で亡くなった。享年387歳だった。

 モーセは長男として生まれたが、姉と弟がいた。アロンとはモーセの弟の名前だ。身長は177センチで、血液型はB型だった。

 モーセは日本を拠点としていたが、仕事で中央アジアやエジプトの方に2回、行っていた。

 日本史では来歴が分かっていない丹後王朝とは、実はモーセの王朝で、モーセは、出雲から新潟までを支配していた。出雲から新潟県の弥彦まで分布している四隅突出型古墳は、その忘れ形見だ。

 モーセの勢力は実際には中国の千山から新潟にまで及んでいた。千山を中心として発達した道教の仙人も千山の人=千人=モーセのことで、長い間生きていたモーセは、中東から日本にいたる広い範囲で活躍していた。

 モーセは日本で10人、中央アジアで9人、計19人の子宝に恵まれた。

 長寿を全うしたモーセは、日本列島で、丹後王朝の王様として葬られた。

 モーセの陵墓は本人が亡くなる以前から築造されていた。亡くなったのは出雲だったが、亡骸は36日に及ぶ葬列で京丹後に運ばれた。その時、お墓の周りには雪が積もっていた。

 

 これだけでも・・世界の常識から外れに外れた内容です。 でも・・実体験を通して、神様から教えられた内容を忠実に書きました。

「全て書きなさい!」と言われますので・・。

そして・・、このことは、今度の本には書いていませんが、

「モーセも一つの地上絵を造った」と教えられています。

「人間とは何ぞや!?・・と。それで三角の帽子をかぶった人の顔の地上絵を造った」と。

・・・

   皆さんには、その人の顔、 分かりますでしょうか!?

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

琵琶湖畔にもトンカラリンか!?

2015-07-30 12:15:57 | かごめかごめの真実とは

2015年7月30日(木)

777の日に敦賀市の気比神宮へと行って、その帰り道で、

白髭神社の岩戸社で、武部さんの写真に大変大喜びされた御霊らしき光が映っていましたが、

それは正にそのようなことを思わせるものでした。

私も初めて行きましたが、その神社の屋根を上空から見ると・・、なんと十字架が浮かび上がる屋根の構造です。

そしてその神社が向いている方角には424,5mの山頂を向いています。

(コンパスグラスで163°を向いて建っていました)

その山の南には大きな大きな亀の磐座が造営されている長命寺があります

その長命寺には、十字の図形も彫られた巨石もありました。

んん~~、岩戸社の穴、これはキリスト弾圧の時のトンカラリンかもしれません。

キリスト弾圧を逃れて信仰した人達のお祈りの地下聖堂への出入り口かもしれません。

    

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

テラファイターズ結成!

2015-07-29 12:30:32 | ゼロ地場発生装置テラファイト

2015年7月29日(水)

ゼロ磁場エネルギーを、もっと広げたい!ということで・・・

 テラファイターズ結成!

  みんなで「ファイト」しよう 

と、嬉しくなる月刊情報誌が事務所に届きました。

株式会社 トータルヘルスデザインの皆様のファイトあふれる思いが届けられ、

私もテラファイターズにまけないように「ファイト」したいと思いました。

「ファイト」・・「戦う」がしっくりきませんと、特に海外生活が長い方々が言われますが、

何と戦うか・・、それは他と戦うのでなくて自分自身との戦いなのです。

この世知辛い世に、正義の自分を隠して生きている人がどれだけ多いことでしょう。

押し流されていけません。

この世は自分との戦いです。 本当の自分を取り戻してほしいとの願いで「テラファイト」と命名しました。

テラとは地球との意味もありますし、テラヘルツのテラでもあるかもしれません。

そして、テラはお寺さんのテラでもあるかもしれませんよ。

「世界文明の起源は日本だった」で私は、我が国の天照大御神は、父祖テラを大御神として祀っています。

父祖テラはアブラハムのお父さんの事ですと、「書け!」と契約の主に言われて書きましたが、

今度の本に、そのテラの墓とアブラハムの墓とモーセの墓の事も書いています。

さぁ~ テラファイターズにまけずに、「卑弥呼、世界に行くわよ~~!!」と。

   


この記事をはてなブックマークに追加

マヤ歴のスタートの日に

2015-07-28 11:06:47 | かごめかごめの真実とは

平成27年7月26日(日)は、黄金比率の十字架の根元へと行くツアーでした。

空海様が修行した地、四国は徳島の太龍寺さんへと行って、それから、日本書記にも古事記にも出てこない御姫様を祀っている津峯神社へと行ってきました。

新神戸駅をノアの箱バスが出発するなり、一番前の席にいた私の目に飛び込んできたのは、鳳凰にそっくりの雲でした。 

まさに、よみがえり、復活を願うご先祖様達が祝福しているようでした。 

そして・・、バスが出発するなり博多から来られて二番目の席に座られたすてきなMさん曰く、「今日はマヤ歴の正月で、一年のスタートの日ですよ」と。

私は全くそのようなことは知りませんでしたから、「ちょっと皆さんにMさんから説明してください」と私。

どこまでどこまで行っても神様のシナリオとしか言いようがありません。

徳島へはアッと言う間に着いてしまいましたねぇ。 本当にアッと言う間ですよ。

そして・・、太龍寺の大師堂では大いなる発見があった私でした。

本堂正面上の彫り物に大きな意味を持たせていました。

 何度か行っていた私でしたが、その意味は今までは分かりませんでしたが、みなさんに説明し、会話のやり取りしている中で、

「そうかぁ! 分かったぁ!!」と大きな声を上げた私でした。 

分かったんです。 西洋人風の男性と動物の彫り物の意味が・・。

そしてその上に彫られていた鴨と鳳凰の意味も・・・。  謎が解けた瞬間でした。

答えは、ノアの箱バスに搭乗された方々はご存知です。 あえてここでは書きません。

 

 

     

     

 

 

      

 津峯神社から見える上の写真の島が伊島です。 卑弥呼さんの黄金比率の十字架の根本にあたる島です。

・・・

 津峯神社でもドラマがありました

バスの中で、「可愛いシャモが皆さんを迎えてくれますよ」と言ってた私でしたが、一番最後に境内に着いた私でしたが、お出迎えのシャモが一羽も居てません。

それで宮司さんに聞いて見ると、「全部鷹にやられてしまいまして・・」と言われた言葉に私は、

「神様はそこまでやるか」とつぶやいていました。 そして生野銀山の資料館にある刺繍の絵柄を思い出していた私です。

「鷲にヤラレタ、サラワレタ」とご先祖様、神様が教えてくれました。 「わしは鷲にやられた」と。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ封印解除のようです

2015-07-27 20:19:29 | かごめかごめの真実とは

平成2月2日(月)

「早く封印を解いてください」と言うことのようでした。

7 7 7の日に私が見せられたものは、鶴と亀と「成就」の文字でした。

詳しくは後日と言うことで・・・。

 」

 

 

    

 白髭神社の岩戸社では武部さんが・・・

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

どんどんと埴岡の里の秘密が浮き彫りになっていきます

2015-07-23 12:26:36 | かごめかごめの真実とは

2015年7月23日(木)
現在の生野、神河町には大変な秘密がかくされていることが分かってきました。
もうこれは神様、空海様が明らかにしなさいと言ってると私は理解しています。

・・・このことは世界市民が共有すべき大切な事柄です。
一部の人で、隠ぺいできるものでもありません。
それは・・、あまりにも巨大な国仕掛けがされているからです。
天から降ってくる雨を防ぐこともできないことと同じようなものです。

今、この国と世界の歴史の秘密と謎を書きとめた本の原稿を執筆中ですが、
それはそれは・・常識ある人々には到底、理解できないでしょう。 
人間の常識をはるかにこえた世界があることを知ることになります。

これらのことをいち早く、26日(日)のツアーで話す予定です。 話さずにはいられないでしょう。
ノアの箱バスは 新神戸をAM9:30出発します。 
神河町の秘密を解き明かした市川慎先生がどんなことを話してくれるのか、今から私も楽しみです。
ノアの箱バスの限られたシートに座られる方々も、もうこの世に生まれた時からそのことは決められているようです。
そうとしか思われないような出来事が昨日もありました。

「私は北海道生まれです。それが今は明石市に住んでいます」と言われる女性の方が、
台風11号の夜、お友達の家に泊めてもらったら、お風呂が温泉と全く同じ感じだったと感動されて、
ネオガイアをすぐにでも取り付けたいと来店され、「日曜日ツアーがあるんですけど行かれませんか」と言うや、
「神様が行きなさいと言うことですね。私行きます!」
「お金はここで払ったら良いですか」と、それはそれは決められていたような流でした。

 ノアの箱バス、もう少々席はあるようですが、どなたが座られるのか・・・楽しみな私です。
 この世の真実を・・、自分のルーツを知ることで、人生は大きく変わることでしょう。

 ノアの箱バスには間違いなく空海様が乗られ、皆さんを御案内されることでしょう。

「大事なお客様たちが今度の日曜日においでになるので、ちゃんと打ち水をしっかりとお願いしますよ」と空海様。

 ・・・

 パラパラとページをめくると・・・

 


  ・・・に、大年神社は造られていました。
 加古川市志方町にある公的なイエス様のお墓の麓にも大歳神社があります。どちらも、そこから手を合わす方角にイエス様のお墓があるのです。
 ただお参りするだけで、自然に、イエス様の御霊に手を合わすように神社が造られているとは、まったく驚きです。
 なんと、ここ大年神社で手を合わせると、本当のイエス様が眠られている陵墓に向かって手を合わせるような設計になっているのです。
 先人達の思いと技術力の崇高さと素晴らしさには、心が熱くなります。」 



人類の聖地、神河町の遺跡を守り祀らなければばらない

 上森が発見したイエス・キリストの陵墓は、きちんとした手順を踏んだ末に、やがてはしっかり調査され、上森が神様から教えられたと主張してきたことが真実であると証明される日が来るのだろう。
 「十字架に架けられたはずのイエス・キリストは、実は我が国に来て、理想国家建設の初代大王になり近代日本の礎を築かれました。そして、紀元後99年11月17日に亡くなり、現在の兵庫県神河町の陵墓に手厚く埋葬されました。享年102歳でした。後には、多くの人が気軽にお参りに来れるような山の中腹に、公的なイエス・キリストのお墓も造られました。
 初代大王キリストのもとで、倭国は統一され、平和と共存繁栄を謳歌しました。が、統一の要だったキリストが亡くなると倭国大乱の時代となりました。南北に分かれた勢力の和解に向け、女王として共立されたのが、イエス様の直系の卑弥呼でした。卑弥呼さんはいまの西暦でいえば199年、22歳のときに女王の座につかれました。
 でもいろいろあって、卑弥呼さんは、国譲りを強いられることになり、248年11月17日、イエス様の命日を選んで、自ら、神河町の墳墓に入定されました
 そうした古代の秘史の舞台となった現在の生野、神河町は、世界の聖地なのです。
 そしてその地には、日本の神道の神の祀り方の原型も、巨大なスケールで残されています
 イエス様の陵墓と並ぶハートが教える鶴と亀の地上絵に、日本神道の原型がそこに刻まれているのです。
 地上絵のなかには、イエス様のご先祖さまでもあるモーセの子どもたちが、日本にやってきたときに造ったものもあれば、モーセの時代、それよりずっと昔の時代のものもあるようです。
 イエス・キリストの十字架も大地に刻まれていました。その十字架の交点にイエス様の陵墓は造られていたのです。
 瀬戸内海に浮かぶ上島(神島)から小富士山と仁寿山の間を通って、北へ行って、亀ヶ壺を通ってメノラーの地上絵を通って行った先に、イエス様のお墓はあるのです。
 私が発見した地上絵は、私がその存在を公表した後に、グーグルマップでは見えないように手を加えられたりして、世の人々にはその存在が分からないようにされています。
 イエス・キリストの墓も同じように壊されることがあるかもしれません。
 心ある人たちの目、世界中の人々のより多くの方々の目で監視が必要です。
 特に、地元神河町の人達には大事な大事な世界の聖地ですし、人類的世界遺産の監視をお願いしたいと切に願う次第です。
 みんなで世界の聖地を守りましょう!!」


この記事をはてなブックマークに追加

先人達の知恵に触れる時、私は感動する

2015-07-21 12:39:13 | かごめかごめの真実とは

2015年7月21日(火)

神河町の雰囲気の良い喫茶店 「楽しや」 さんの近くに大年神社があります。

今まで、何度も何度もその横は通っていましたが、昨日20日も楽しやさんで地元の古代史研究家の市川慎さんと打ち合わせの後、大黒茶屋さんにも寄りましたが、

「神社へ行って角度を測りなさい」と言ってるような気がして、わざわざ大年神社へと行きました。

そしてコンパスグラスで大年神社がどちらを向いて建てられているか調べてみました。

その角度は・・・111°   なんとぉ、神様の数字です!

ですから、どちらに向かって手を合わせるかと言いますと・・・。

180°足して291°です。  偏角補正をした場所に・・・なんとぉ!! ビックリです。 本当のイエス様のお墓があります。

それもそれも、陵墓に遺体を埋葬されたポイントにズバリの場所に向かってお祈りするように神社は造られていました。

加古川市志方町にある公的なイエス様のお墓にも大歳神社がありまして、そこから手を合わす方角に本当のイエス様の陵墓があって、

ただお参りするだけで自然にイエス様の御霊に手を合わすように神社が造られているとは驚きです。

なんと、ここ大年神社で手を合わせても、それと同じように、本当のイエス様が眠られている陵墓に向かって手を合わせるような設計になっていることに、

先人達の思いと技術力には崇高さと素晴らしさで心が熱くなります。 

近くを通られましたら、ぜひとも、我が国の初代大王、人間イエス様に、大国主命様に手を合わせていただけましたら幸せに存じます。

・・・

・・・

「日曜日にイエス様のお墓に行ったんですが、ダムのところで入れませんでした」と愛知県のH君。

「朝4:30に起きて友達と行って朝8:00には着いたんですが・・、圏外になってて電話も通じませんでしたので・・」と。

・・・

H君のご両親は養父市のご出身ということでしたから、H君のルーツをたどればイエス様に行きつくかもしれません。

朝4:30から車を飛ばして神河町のイエス様に会いに行ったのも、そのようなDNAがそうさせるのかもしれません。

これからどんどん、本当のイエス様に会いに行かれる方々が急激に増えることでしょう。 もうその流れは止められないでしょう。

神河町は、まほろばの地で、かごめかごめの故郷でした。

神河町は本当に素晴らしいところです

 

       

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

イエス様の陵墓へは一切行けない措置が講じられたようです

2015-07-20 20:50:18 | かごめかごめの真実とは

2015年7月20日(月・祝)

台風11号の影響で、神崎南インターから北へは有料道路が閉鎖され、出口あたりで大渋滞でした。

お陰様で、「右手に卑弥呼様のお墓で~~す! 左手にイエス様が眠る御山が見えま~~す」という写真を写す絶好の機会に恵まれました。

   

イエス様のお墓へ行くために、太田ダムの第一ダムの駐車場に停めて、ゲート横の簡単に入れる柵から入ってほどなくしたら

「速やかに出てください!」と、どこからとなく聞こえてきたので、「私達のことでは・・」と言うことで戻りました。

ダムの方からは一切行けないようになっていました。 

私有地に付、「一切侵入禁止」という厳戒体制のようです。

 

   

それで、昼食の後、取材を終えて帰ってきました。

  

帰ってきて写してきた写真を見て私は、???

現場では一切気づきませんでしたが・・・、大きく拡大してみると・・・!?

イエス様の陵墓の上に 未確認飛行物体? 

UFOがイエス様の陵墓を守っているのでしょうか!

・・それとも、無人偵察機!?

 

神河町は本当に素晴らしいところです


この記事をはてなブックマークに追加

イエス様に会いに神河町へ

2015-07-20 08:23:36 | かごめかごめの真実とは

2015年7月20日(月)

 我国の初代大王イエス様に会いに、神河町の陵墓へと行きます。

台風11号の影響で、道路などが崩れていないか見てきます。

台風が大気の埃を落として、南の方角が淡路島まできれいに見えるか楽しみに・・。

今日はズバリ、取材です! 

映像は瞬時にして世界の人達につながる時代です。 素晴らしい映像が撮れますように・・・。

  

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

神様との約束の原稿の締め切りが・・・

2015-07-18 19:09:42 | かごめかごめの真実とは

平成27年7月18日(土)

プロローグ

朝、電車の窓から何の気なしに空を見上げる。うわ~~~、きれい!! なんだろう、あの色・・!! 白いモコッとした雲のわずかな切れ目に、うすい紫がかったブルーの、神秘的な色。

その一層の雲は、まるでこの世とあの世を繋ぐトンネルの入り口のように見えた。 あまりにも美しい、その色をとおして、神様が「それでいいんだよ。」と応援してくれているようだ。

私が不思議な世界へと誘われて丁度5年が来ようとしている。

一切の宗教にも関わりのなかった私だったので、神社にもお寺にも教会にも行くことが無い人生を送っていた。

 ・・でも、物心ついた頃からと言うのか、自我がハッキリと芽生えた頃からと言うのか、なぜか、「神様も安心して姿を現す世界を造らなければ・・」と、いつも思っている私が居た。

私は、少年時代から、ひとりで寝転がって空を見るのが、とても好きだった。

私は宗教が説く神様ではなく、生まれた時から、いや、生まれる前からかも知れない、私を誰よりもよく知ってくれている、ある絶対的な存在がいて、それを「神様」とよんでいる。

56歳7ヶ月のあの時まで、私は、ただただ一方的に神様に話しかけるだけで、神様がことばを発してくれるとは想像もしていなかった。

黙って空をながめては雲の形や流れを楽しんだり、野山を吹き抜ける風に身をさらして心地よい思いをしたりして、神様を感じていた。

私にとっての神様は、そんな寡黙な存在だった。

ところが、2010年8月11日、56歳7ヶ月のその日、私は、初めて、はっきりと、神様の声を宗像大社で聞いた。

「よぉ来たのぉ~」・・・

これが神様からの初めてのことばだった。そして、その時から、私は、神様が私に語りかけてきてくれる声が、よくわかるようになった。

それは、しばしば直接的であったり、「そう言われている“気”がする」という状態であったり、また多くは人々の口を通して伝えられてきたり、である。

その声の主は、時に左耳からは空海様のようであったり、右耳からは天皇家の誰かのようであったりもする。

そうやって聞こえてくると、ほとんどの場合、言われるとおりに動かないと、居ても立ってもいられない心境に追いやられる。

まだ初期の頃のある時、私に契約を迫った神様との交渉の中で、白紙委任状にサインさせられる、という事態まで起きて、それまでの、ごく普通の生活を一変しないとならなくなった。

建築家としての仕事はもちろん、偶然に偶然が重なってできあがった超自然的な器具ネオガイアテラファイトを製造するにも販売するにも十分な時間を与えられることなく、

神様の指示に、ただひたすら従う、という生活に完全に変えられてしまった。

神社仏閣にもほぼ無縁の生活を長い間送ってきた私が、数え切れないほど次々と神社・寺めぐりさせられたり、穴掘りさせられたり、山登りさせられたり、事務所にいればいたで、テーブル上に大きな地図を広げて、真剣に、行ってきた場所にポイントを打って、無数の線やら図形やらを描き続けて、一見、仕事らしい仕事もしなくなってしまった。

かつての私を知る人達が皆、異口同音に「上森は頭がおかしくなった。気がふれた。」と言って、去って行ってしまわれたのも無理からぬことと判っている。

こんなにまで私を使って、神様は、いったい何をしたがっているのか?

契約を迫ってきた時、神様は必死の様子で「時間がない! 時間がない!」と怒るように言われた。

はじめは神様の指示が何の脈絡もないものと感じていたのだが、地図にひかれた線が十字架を示すものであったり、

そのうち、きれいな正三角形や二等辺三角形が描けて、図形の点と点の場所にそれぞれ大きな意味が見いだせてきたりして、これは、ただならぬことだとわかるようになった。

神様からの声もやり方も相変わらず続いている。

しかし、神様の方では本当に時間が限られているようで、今年に入ってから、特に5月の連休あたりから事態は急速に進み出した。

5年間、神様と文字通り会話することで、神様の全知全能ぶりもわかるようになった。

私たち、3次元に肉体をもって生きている人間は、実は、無限の力をもっているのだが、真実を覆い隠されているために、自身を限定してしまっている。

3次元の眼で見える事物しか見えていない。見える世界と見えない世界、この世とあの世、この両方の領域で私たちは生きているのだが、この事実を知らないでいる。

また、もっと言えば、私たちは、過去も現在も未来も同時に生きている。

それは、神様と一致した時、つまり、自我をなくした時、たいへんよく感じられるようになる。

もし、教えられ、思い込まされていた過去が、全く違ったものであるとしたら、当然、現在の状況も、未来の予測も、違ったものになる。

ほとんど教科書的な歴史の知識のない私が、それこそ神様から直接教えられた“歴史の真実”を語ることで、その内容を信じてくれるなら、そして、たったひとりでも勇気をもって行動を起こしてくれる人がいるなら、明らかに現在も未来も、想像外の世界を創りだせる。

最近、自分自身でも驚くくらい、神様はいろんな事を一気に、おそらく誰も知らないであろう事柄を、私に直接教えてくれている。とても信じがたいような、奇想天外な話である。

たとえば・・・

モーセ イエス 卑弥呼・・ と 

 

神様しか知らないことを・・

「全て書くんですか」と私。

「お前の趣味の為に教えているのではない。 全てを書け!」

「全てを書くんですね」と私。

   ・・と続きます。  神様との約束の原稿の締め切りがぁ・・・・。  ああ・・時間がありません。 時間がぁ・・・。

 

 でもこの本、本当に面白いですねぇ! 実に不思議な物語ですぅ。   読み返している私がワクワク、ドキドキです。

  

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

毎日良い日バンザイ!

2015-07-17 09:53:28 | テラファイトと三鍼法とStapsalon鍼灸院

平成27月17日(金)

んん~~ん、良い日ですね。 なんでもない日バンザイ!

いえいえ素晴らしい、ユダヤの人々が一年で最高の日と崇める日ということのようです。

台風11号と共に空海様が浄化の旅をされているようです。

昨日も台風の風に乗って、スタップサロンを初めて訪ねられ、

施術を終わられてから少しだけ話をさせていただきましたが、

初めて会ったような気がしない私でした。

何か見えない方々が、話をなされているようで・・・。

元Jリーガーの内藤さんと、田中先生に身体を整えられて座られたHさん。

んん~~ん、ルーツ探しをされて居られたご様子に感じられました。

そして私も気づきをいただきました。 ありがとうございました。

今日、京都は素晴らしい御祭りにてご先祖様たちが集まっての宴のことでしょう。

私達のこの世は素晴らしい世界です。 でも・・向こうの世界も楽しいかなのようです。

最近私がセミナーなどで口からでてくる言葉は、

私達はタクシーの運転手さんのようですと。

自分の身体にご先祖様や、立派な神様が乗って居られて、「あちらに行ってほしい」

「どこそこまで直ぐに行ってほしい」とか言われるようです。

でも・・「忙しいので・・」とか「お客さん、そこよりもあそこの方が良いですよ」と、乗られたお客さんを無視して勝手に車を走らせてしまいます。

結果、お客さんから怒られる訳です。

お客様あっての自分なのに、どうも私の人生、私の勝手でしょ、とブツブツ言ってたら、「勝手に好きなようになされたらよろしい」と神様。

「ああ・・もう少し時間をください、ちゃんと言い聞かせますから」とご先祖様。

「もう何回ありましたか、こんなこと・・」と言って神様は、他のところに行ってしまわれる訳です。

ああ~~これは怖いことです。 知らないとは言え・・・。

そうなると・・「高貴な御霊で王家のDNAを引いている人を私は・・と、この時を待っていたんです」と、バッ!と身体を占領されます。

ああ~~これは怖いことです。知らないとは言え・・・。

身体の不調、不慮の事故、等、当然として起きてきます。

・・ですから、このような人達が施術家や医師を頼って行かれる訳ですから、そのような憑かれたと言いますか、

エネルギーが引き潮のように不調な人に、当然としてより多く接するプロの方ほど、何かを受けてしまい、身体に変調を感じることが多いという事実があるようです。

私は目に見えない不思議な世界を体験し、今もそれは進行中ですが、

スタップサロン鍼灸院で、人の心と身体がどのような関わりにあるのかを自分なりに答えが見えつつあります。

それは、心の在り様であり、その心は他との在り様で健全に満たされます。 そのことで心身共に健康で暮らせます。

 早く多くの方々に気づいてほしいと思う私です。

・・・

 東京のA神さん、出会いに感謝です。 ご先祖様たち、神様、ありがとう。

私がネオガイア・テラファイトを造らされた神様の真意を即座にご理解していただくとは・・。

多くを語らなくてもことがスムースに行くということは、神様の御意志の表れそのものです。

「お客様どちらまで!?」

「東京は板橋区まで・・」

「ヘイ合点でぇ!」

「運転手さん、東京でちゃんとした水道業者さんを覚えてないかい」

「ハイ了解しましたぁ。今も工事をやっているか聞いてみましょ!」

・・確かに、ご先祖様、神様たちの会話のような一日でしたぁ。

 7 7 7  今日は何かが起きると思っていましたが、 神様のお手伝いができた良い日でしたぁ!

 


この記事をはてなブックマークに追加

台風11号は・・

2015-07-16 17:28:12 | かごめかごめの真実とは

2015年7月16日(木)

台風11号室戸岬に上陸のようです。

・・・

「26日、まだ行けますか」と博多のMさん。

「行けますよ。友達も連れてきてもらってもOKですよ」と私。

空海様は、10日先のツアーの為にお迎えの御準備でしょうか。

いえいえ、それも兼ねてでしょうか、空海様が修行をなされた御厨人窟(みくろど)がその岬にありますが

空海様が台風に乗って生野、神河へと行かれるご様子です。

空海様は大忙しで、神河へ行ったり徳島、高知へと行ったり来たりのご様子ですよ。

行ったり来たりと・・・。

26日のツアー、空海様が招待状を各郵便ポストに・・、いえいえ窓ガラスにコンコン、トントンと届けて居られるようです

 


この記事をはてなブックマークに追加

ぽか~~ん!?✝ ✞ ✟ ♥

2015-07-15 20:45:39 | かごめかごめの真実とは

2015年7月15日(水)

朝早くから新幹線で東京へ。

    


この記事をはてなブックマークに追加

蘇我氏はダン族だった

2015-07-14 11:07:25 | かごめかごめの真実とは

2015年7月14日(火)

 今、原稿の仕上げを急いでいますが、「もっと真実を入れこめ!」と、次々と声が聞こえてくるようです。

「今まで行ったところの意味をもう一度考えろ・・!!」・・と。

昨日のブログに書いた 南  灘  ナン  の解答の先に北辰信仰がありました。

もうすぐ謎は解けそうです。 もうすぐ・・・。

王様(亀と鶴)が眠る先には、ダン族のお墓である段ヶ峰がありますが、そこにはダン族のシンボルである蛇が山を使って巨大なアートを描いていました。

その段ヶ峰と淡路島で3番目に高い山である先山と、蘇我馬子の古墳と言われている石舞台古墳とを結ぶ三点が綺麗な直角二等辺三角形を描きます。

これらが描く図形は重要にして重大です!

いくら隠ぺいをやっても隠ぺいしきれないものがあります。 それは御霊が描く神紋です。

さぁ・・完全解明まで・・もう少しです。

 

 

  石舞台古墳は、人面岩で、天空を見上げるように造られていますね。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加