かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

5月21日の二つの出来事は、大きな暗示を投げかけています

2014-05-28 16:48:55 | かごめかごめの真実とは

大飯原発3・4号機差し止め請求裁判

   5月21日 判決 勝訴

主文:大飯発電所3・4号機の原子炉を運転してはならない

5/21 関西電力大飯原発3,4号機運転差し止め訴訟 福井地裁判決謄本

<time class="my_time" datetime="2014-05-21" style="BACKGROUND: url(http://www.cnic.jp/wp/wp-content/themes/cnic/images/common/post-pen.png) no-repeat 0% 50%; PADDING-BOTTOM: 2px; PADDING-TOP: 2px; PADDING-LEFT: 16px; DISPLAY: inline; PADDING-RIGHT: 0px; MARGIN-RIGHT: 10px"></time>2014/05/21 

関西電力大飯原発3,4号機運転差し止め訴訟 福井地裁判決謄本_前半部 ダウンロード

関西電力大飯原発3,4号機運転差し止め訴訟 福井地裁判決謄本_後半部 ダウンロード

・・・

この画期的判決が出される数時間前、アメリカ軍が日本へ圧力か!?

2014.05.23

きのこ雲 アメリカ軍が訓練  RBCニュース 522

http://m.youtube.com/watch?v=NuoMZkvpjug&fulldescription=1&client=mv-google&gl=JP&hl=ja&guid=

21日久米島沖で大きな爆発音ときのこ雲が確認されたことについて、アメリカ軍は21日午前に訓練を実施したことを明らかにしました。

久米島では、21日午前大きな音がして地面が揺れたあと、アメリカ軍の鳥島射爆撃場のある島の北の方角できのこ雲のような煙が高く上がったのが住民により目撃されています。

これについてアメリカ軍は、22日、沖縄防衛局を通じて久米島町に対し、21日午前10時から11時の間にアメリカ軍機が鳥島射爆撃場で訓練を行ったことを明らかにしましたが、使用した機種や具体的な訓練内容は明らかにしていません。

久米島町では、以前に鳥島射爆劇場で劣化ウラン弾の誤射があったことから島の北側の5か所で22日、放射能の測定調査を行いましたが異常は確認されなかったということです。

町では、23日、アメリカ軍に対し、使用した機種や訓練の具体的な内容について文書で質問することにしています。(ソース)

上記の二つのニュースは、5月21日の日本での出来事ですが、きのこ雲の話は全くと言っていいほど、報道されていません。

 ・・・

ぜひとも、上記大飯原発の運転差し止め訴訟判決文の謄本全文を読んでください!

樋口英明裁判長が判決文にしたためた、「・・、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」と私達に大和魂を説いています。

「私達日本政府は脅迫されています」とも言えませんでしょうし、もし仮にも他国から脅迫されて意のままに操られるのであれば、それは国富の喪失になります。

 ・・・

このことは、我が国一国の国富の問題ではなく、地球に住む人類すべての人々の富の喪失となる問題ですから、人類世界平和の為に大和民族は結集しなければなりません。

 大和民族は、目先の利益や他からの脅迫にも毅然とした態度を示さなくてはなりません。

この日本が、しかも大飯原発問題に絡んだ場所がこれから世界の聖地として残されている重大にして重要な場所なのです。

そこには、モーシェやイエス・キリストを祀る地下神殿や、邪馬壹国の女王卑弥呼の墓や、本当のイエス・キリストの墓など、東経134度80(十進表記)に並んでいたり、人類的世界遺産が残されているのです。

そして・・、大飯原発から250キロメートル圏内には実は聖書に則った生命の樹や、そこには日本神道の神社の原型が、山の上に山を積み上げたり、壮大なスケールで地上絵として残されていたり、その中には、モーセが神と崇めたメノラーの巨大な地上絵など、重大な人類的遺産がキッチリと残されているのです。

 これからは神様の計画に添う行いをしなければなりません。

 何人も世界の聖地になる日本を侵すことはできません。

 今、その時が来たようです。

 世界人類の為に!立ち上がれ日本人!!

  目覚めよ 日本人!! 

・・・

「地震だけの問題ではないのです。水爆が仕掛けられたり、ミサイルが一発でも撃ち込まれたりしたらどうなるんですか」と裁判長もアメリカ軍もそう言ってるようでなりません。

それなのに・・どうしてアメリカ軍が教えてくれている重要なことをニュースで取り上げないのでしょうかねぇ。

「私達のメッセージを日本の皆さんに伝えてくださいよ~!」と。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

本当に院長先生は魔法の癒しの指を持っていました

2014-05-25 12:47:50 | テラファイトと三鍼法とStapsalon鍼灸院
驚愕の三鍼法
施術後F君は、「目力が付いたのが自分で分かります!」と。
 

2014年5月24日(土)

STAPSALON鍼灸院が開業して一週間が経った今日、知人のF君がスタップサロンへPM4:15分にやってきました。

F君と出会ったのは今から7年前ほどからでしょうか、このサロンの場所へと引っ越して来る前からなので、私の変化の在り様を誰よりも知っている一人です。

F君:「ひぃやは~かわりましゅたねぇ」

私 :「ようこそ・・、変わったでしょう」

・・と久しぶりの挨拶を交わしました。

・・と、言いますのも、多機能不全で兵庫医大病院へ緊急入院して奇跡的に一命を取り留めたF君は、3回ほど入退院を繰り返し、自宅療養を続けていることは本人からも聞いていましたが、なにせ今年に入って突然のトルネードに巻き込まれてしまったようで、ドタバタドタバタの日々が続き、STAPSALON鍼灸院が始動しだして一週間してやっと気分的にも落ち着いたなぁ~との思いと同時にFさんの顔が浮かんだので電話をかけてみました。

私 :「どうしてますかぁ! 体調はどうですかぁ?」

F君:「じゅっつちょ、いえにいましゅ・・」

・・と言うことで、

私 :「脳血管障害などで言語障害や不遇な身体など蘇らすという中国は道教の聖地千山に伝わる秘法秘儀を受け継ぐ、三鍼法を行う鍼灸院を始めましたが、興味はありますか」

F君:「ありましゅ・・」

私 :「じゃ~4時ぐらいに来れますか」

F君:「はいイキマシュ」

・・と言うことになり、彼がやってきました。

施術が終わって、本殿テーブルで興味ある話をTさんから聞いていたところへ、手水鉢の横に現れた姿は、杖をついてちょっと不自由な身体のFさんでした。

F君:「おひさしゅぶりでしゅ・・」

私 :「ようこそ・・!!・・」

・・挨拶もそこそこに、看護師の横山さんが問診を始めました。

私 :「F君、スリッパは!?」

F君:「シュリッパがはけないんでしゅ・・」

私 :「そうですかぁ・・」

・・してF君は田中先生が待つ診療室へと入って行きました。

・・・

・・・ そして、40分ほどして施術を終わらして再び私とご対面することに・・。

「有難うございました・・」とF君。

・・なんと、朝の電話口からの喋り口と、来院時のもつれていた喋り口調はしっかりとした口調に変わっていました。

私 :「サンシンポウをされたんですか」

院長先生 :「三鍼法をしました

F君 :「スッキリした感じです」

・・・もう話す口調はしっかりしたものでしたが、長い間の癖なのか杖をついていました。

・・ので、

私 :「F君、杖を放してください」

F君:「ダメですよ・・」

・・と、少し不安そうにしているF君に、

「では、これを持ってください」と私のポケットから取り出したテラファイトの水が入ったアトマイザーを渡して、彼の杖を私が預かりました。

Dscf4297

「エ~~ッ、どうしてですかぁ!!ちゃんと立てます!!」と驚きのF君。

私 :「もう今日から杖は要りませんから・・・」

・・と言いながら、近くに引っ越ししたTTCの事務所へと案内しました。

道中、杖をつかずに背筋を伸ばしてシャンとした姿で歩くF君に、

院長先生 :「もう杖に頼ろうとしないでくださいね。脳はまだ記憶をとどめていますが、立派にちゃんと歩けていますから、杖はバッグにしまいこんでください」・・と。

人間の身体の不思議を思い知らされた喜びの瞬間でした。

F君曰く、「杖が不要になったり、うまく喋れるようになったのもですが、目力が付いたのが自分で分かります!」と、語ってくれました。

やはり、院長先生は魔法の癒しの指をもっていました。

~ 翌日の朝 ~

三鍼法の大先生:「当たり前だろ、それぐらい・・。何!?! それで嬉しくて皆でカンパ~~イ!だと、バカもんが~~言語道断だ!」

Stap salon 鍼灸院 は Terafight研究室の役割も担っています。

神戸市灘区備後町5丁目3-1-301

 ご予約 TEL 078-855-2816 完全予約制です。


この記事をはてなブックマークに追加

小人さんはパソコンを使って自由にテレポートできるのでしょか

2014-05-23 22:08:33 | かごめかごめの真実とは

2014年5月20日(火)

 阿吽のシーサーもサロンにやってきて、定位置に着席していただきました。

Dscf4259  Dscf4261

武部さんも忙しいようでしゅねぇ!」 と阿吽のシーサー君達。

・・・

朝のミーティングで、神社で言えば本殿にあたる丸いテーブルで田中先生と横山さんと私が話をしていると、何故か私が神様に言われて穴を掘っている、とうりゃんせの舞台の入り口で出会った小人さんの話になっていました。

私 :「今年の1月3日にオーラが観える天野先生と、私が穴を掘っている場所へと案内すると、小人さんが出てきて天野先生の肩のあたりに飛んだり跳ねたりして、又、髪の毛を引っ張ったりしてねぇ・・」と小人さんの話で盛り上がって話していると、

田中院長先生:「あれっ、上森さんが座っている奥宮あたりを小人さんが、ホラッ!一人、二人・・三人・・・・と、飛び跳ねているよ、ホラッ!観える見える!」と。

看護師の横山さん:「エ~~ッ、見えるんですかぁ~!」

私 :「エ~~ッ、そんなに沢山の小人さんが居てるんですか!?」

院長先生 :「観えます!感じ取れます!!」

私 :「じゃ~今度、天野先生が来られたら観えるか楽しみですねぇ」

横山さん:「その時、小人さん、 出てきてくれたら良いのにねぇ」

・・と、朝から「どうして私達はここに居てるんでしょう、不思議で仕方ないですねぇ」

と会話している三人でした。

・・・

私  :「はい! じゃ~そろそろ仕事を始めましょうかねぇ」

・・と言って、奥宮の中にある私のパソコンのデスクトップのスイッチを入れると・・

・・と・・と、 なんと、1月3日天野先生と一緒に私達を車に乗せて連れて行ってくれたYさんが、小人さんと戯れていた天野先生を写した時の写真がデスクトップに大きく表示されていて、

私 :「チョットこれなんですぁ!!??、見てください! 一切何もその写真の画像を最近見たこともないのに、何ですかぁ!! この小人さんが居た時の写真が出ています、これ見てください!」と驚きの声を上げた私でした。

 小人さんたちが、勝手に私のパソコンの画面を動かしていて、そして・・、そこからスタップサロンんの奥宮に出入りすることがあるのか、こんど27日に天野先生がサロンに来られるので、天野先生の目に小人さんが映るのかが今から楽しみです。

加古川市の横山が1月3日に天野先生と小人さんが戯れている時に撮った写真が下の写真です。 天野先生の肩のあたりがボワ~~ッと曇っているのがお分かりになれますでしょうかぁ

 この写真がデスクトップの画面に操作もしないのに出ていた、不思議な不思議なお話ですぅ・・。 さぁ 先生の手から頭の部分に何か光の変化を感じられますでしょうかねぇ。

20140103151200000001

スタップサロンは、どうも不思議なパワースポットのようです。 ゼロ磁場フィールドです!


この記事をはてなブックマークに追加

STAPSALON鍼灸院は、パワースポットで~~す!

2014-05-22 16:11:24 | テラファイトと三鍼法とStapsalon鍼灸院

2014年5月19日(月)

「上森さんが居られる場所は、奥宮なんです。施術が終わられた方とお話するテーブルの場所が本殿です。そうでしょう!ほらっ、手水鉢があって・・、お賽銭箱があるところが拝殿でしょう。ここは神聖な神社と同じなんです。パワースポットなんです。ゼロ磁場ポイントなんですよ」と、 かごめかごめを研究する会の代表、立脇さん。

「ひぃえ~~!そうなんだぁ!!」とその場にいた私たち

「じゃ~~神社だったら、阿吽の獅子が要りますねぇ」と言うことで、元町商店街へと調達に出かけると、小物やさんのウインドウになんと可愛らしい阿吽のシーサーが、私たちが来るのを待っていたように見つめていました。

「か~~わい~~」と、言うことで連れて帰ることにしました。

店主のおばあちゃんがウインドウからから取り出す様は、それはそれはゆっくりとした動きのコアラかなまけもの(ちょっと失礼かな・・)のようにスロースローな動きでしたね。

「おばぁちゃん、こけないでよ!」と添うように身構えた私でした。

私 :「おばあちゃん鶴はあるぅ!?」

店主:「そのあたりに小さいのが・・」

おばあちゃんは、シーサーを入れる箱を、無造作に集められた沢山の箱をかき分けて、取り出そうとしています。 これぐらいかな・・・、こっちかな・・?と。

私 :「おばあちゃん、箱は要らないから・・、どうせほかしてしまうから・・」

店主:「そうですかぁ・・」

私 :「うん、すぐ飾るから・・、六甲道まで大事に持っていきますから」

院長先生:「田中屋さんて言うお店なのね」

店主:「田中っていう名字、沢山ありますからね・・」

私 :「この方も田中さんなんですよ」

店主:「そうですかぁ・・、じゃ~この鶴さんはおまけにしておきますね」

・・・

 店主はゆっくりした動作でいつまでも私たちを見送っていました。

・・ということで、STAPSALON鍼灸院に入ると、阿吽の獅子がさりげなく足元でお出迎えしています。

しかしまぁ~~、神社の造りの配置を考えたわけでもないのに・・不思議ですぅ

一級建築士上森三郎君は、奥宮で、神森龍三郎と名前を改めたとか、改めなかったとか・・

 武部さん、坪庭はいつごろになりますかねぇ~~。

手水鉢の後ろの場所に、武部さんの力作が近々に出現しま~~す。

Dscf4261 Dscf4259

Dscf4258 Dscf4296

Dscf4267 Dscf4266

Dscf4294

Dscf4293 Dscf4295

 


この記事をはてなブックマークに追加

STAPSALON鍼灸院オープン

2014-05-21 17:45:34 | テラファイトと三鍼法とStapsalon鍼灸院

2014年5月17日(土)

STAPSALON鍼灸院が神戸六甲道にオープンしました。

オープンにあたり、沢山のお祝いのお花や絵画などをいただきました。

温かい御心遣いにただただ感謝です。

本当にありがとうございました。

また、早速沢山の方々にも施術に訪れていただきました。

本当にただただ感謝、感謝です。

 私としましては、このような人生になろうとは全く思ってもみませんでした。

でも・・、川の流れのように、あるいは風にふかれるまま、自然の流れに身を任せてただただ動かされているようです。 全く無理のない動きの中で、心地よささえ感じることができます。

どうして STAPSALON鍼灸院 を開設することに至ったのか、そしてこれから私に契約を迫った主がこれから何をしようとしているのかを、書き続けたいと思います。

  不思議な不思議な出来事は、今も続行中です

Dscf4258 Dscf4247 Dscf4246 Dscf4262 Dscf4263

Dscf4266 Dscf4267 Dscf4251 Dscf4245

Dscf4254 Dscf4255 Dscf4257

Dscf4264 Dscf4265 Dscf4240 Dscf4241

Dscf4291 Dscf4292 Dscf4270

201405181741440001

201405181742030001

 


この記事をはてなブックマークに追加

この記事が意味することは重大です

2014-05-18 15:37:54 | かごめかごめの真実とは

5月13日(火)の読売新聞の朝刊に小さな記事が載っていました。

12日にイスラエルのネタニヤフ首相が首相官邸で安倍首相と会談した内容ですが・・、日本の国家安全保障局とイスラエルの国家安全保障会議による会合をイスラエルで開くことで合意。防衛当局間の交流については、自衛隊幹部のイスラエル訪問で一致したとの内容です。

Dscf4226

 兵庫県朝来市生野町と神崎郡神河町にまたがる、播磨国風土記に記載されている埴岡の里の地域には、山を使って壮大なスケールで鶴と亀 蛇(玄武) ひょうたん 一対の巨大なメノラーなどが旧約聖書に則って地上絵が造形されていました。

これらのことをイスラエル空軍にも関係する博士に情報を教えてあげて後、それまで見えていたグーグルアースが見えないように白くぼやけて見えないようにシールドされたままです。

また、「今まで自衛隊機などほとんど飛んだことがなかったのに、日の丸が肉眼で見えるほどに低空で飛んでいる」と教えてくれた地元のうどん屋さんの店主と八幡山へと昇って、下山途中に眼下をゆっくりと自衛隊機が飛んでいました。

もう十二分に埴岡の里や高砂市、加古川市の重要ポイントの綿密な調査が自衛隊によって行われたのかもしれません。

いずれにしても・・、自衛隊幹部がイスラエルへ行って話し合う重要な案件が浮上してきたということでしょう。


この記事をはてなブックマークに追加

最後の大阪セミナー

2014-05-15 16:54:08 | かごめかごめの真実とは

長い間お世話になりました大阪ドーンセンターでの講演会は、明日でいったん休息いたします。

長い間ご支援いただきましてありがとうございました。

明日の一日を思い出に残るひと時にしたいと思います。

かごめかごめ・・も、新たなステージへと移行して行くようです

201405151421370001


この記事をはてなブックマークに追加

Stap Salon

2014-05-09 17:24:36 | テラファイトと三鍼法とStapsalon鍼灸院

2014年5月9日(金)

 STAPSALONに備品が搬入されました。

スタップサロンは5月17日(土)にオープンですが、亀さんたちも 「どんなことをするのぉ~」と、心待ちのご様子ですぅ。

StapSalonの目的を東京セミナーでは皆さんに説明する必要がありそうです。

かごめかごめのお話とサロンの展開とどう結び付くの!?」と聞こえてきそうですが、「急げ!時間がない!!」と当初から言われていた事を急いで、しかも多くの人達の協力をいただきながら進めてまいります。  着々と神様の計画は進んでいるようです

Dscf4131 Dscf4129 Dscf4130


この記事をはてなブックマークに追加

10日 11日 東京で会いましょう!

2014-05-08 20:46:35 | セミナー・イベント

 自由に楽しく、皆さんを身近に感じながらも神様からのメッセージを届けていました、東京でのいつものセミナーと講演会は、10日 11日 で、今しばらくお休みとなります。

最後になるやも・・、知れません

毎回、筋書きのないドラマの展開で、私自身も当日をワクワクドキドキしながら楽しみにしています。

  思い出に残る楽しい二日間にしたいと思います。

             よろしく!!

    201405082029300001

201405082029160001


この記事をはてなブックマークに追加

Kukai---main messenger

2014-05-07 20:53:07 | かごめかごめの真実とは

Mr Uemori is always receiving various messages from many people not only the people who live on the earth currently. I want to introduce few of the spiritual beings here.

-----------------------------------

Kukai---main messenger

Most of the messages which Mr Uemori receives from spiritual beings are from Kukai .
Kūkai (空海), also known as Kōbō-Daishi (弘法大師) 774?835, was a Japanese monk, civil servant, scholar, poet, artist and founder of the Shingon or "True Word" school of Buddhism. Kūkai is also famous as a calligrapher and engineer. He managed existing temples, worked as a civil engineer, built new temples and opened a new school for civilians to learn Buddhism. Even in this day and age, his work sounds as if he was like superman; he did those things more than 1000 years ago. He must have been ultra super man back then.

Kukai was fluent in not only Japanese, but also Chinese and Sanskrit, and current research shows he could have been fluent in Hebrew as well. There are so called “7 blank years” that no record shows about him in all the Japanese history books. It is said that he had been traveling around and acquiring ascetic practice however, some people now say he might have taken the holy items from the place where they were hidden at that time and transfered them to the place where they are now.

Mr Uemori says Kukai was instructed to do some secret work by the then Emperor Kanmu to build new capital city in Kyoto.
(During those years, the capital was in what is now the current Nara prefecture. The Buddhist monks’ power had been getting too strong and involving politics. People were quite tense because of many coups and political unrest, additionally there were major troubles like the spreading of epidemic disease and natural disaster. Emperor Kanmu shifted the capital to Nagaoka (Kyoto) to avoid the influence of the monks, however there were still political issues there. So he tried to make the capital city well planned and designed so that no big problems would occur. Later he established the beautiful capital city called 'heian-kyo'.)

Kukai’s name suddenly re-appeared in the records when he went to Tang Dynasty (China) with other delegates.  (The Japanese Government, Yamato, which was around Nara as mentioned above, had been sending delegations to China). We cannot be sure if he was sent by the Government as one of the official delegates or private students however, he studied Chinese Buddhism, Indian Buddhism and Sanskrit over there. Recently it is said that he might have learnt Christianity (Nestrianism) and Hebrew as well while he was in China. According to Mr Uemori, Kukai came back to Japan after he was taught the truth about the Arc of the Covenant, Holy Grail, Jesus and Himiko (an ancient Japanese shrine maiden) by a Chinese priest of high virtue.

The very famous old poems and songs by unknown authors, like “Iroha”,  “Kagome Kagome”, “Sakura Sakura” and “Tohryanse” could have been written by Kukai. These lyrics contain hidden true messages beyond the standard literal meaning of the words.

The three main messages from Kukai to Mr Uemori are:
1. Show the apocalypse
2. Dig out the holy items and enshrine them as soon as possible
3. Popularise the zero magnetic field generating tools (like Terafight)
 

The one who forced Mr Uemori to sign the contract

One day after Mr Uemori had started to visit shrines and temples, he was sitting at a big table in the office, thinking through various things deeply. He suddenly heard a voice from an angle of about 45 degrees to the left side above his head.

*Sign the contract quickly!*

He thought he heard something mistakenly and so ignored it. Then a few days later the voice became rough and asked him the same things. So Mr Uemori replied in his head ”How can I sign the blank power of attorney?”

This being always talked to him around 10am from the 45 degree angle above the left side of his head and was getting irritated as Mr Uemori didn’t agree to sign the contract. The being at last shouted to him: *Get a life! Are you underestimating me? Shall I take away your life?*
(In my personal opinion, it surprised me that higher spirit would threaten people like this!!! Anyway------)

“Please take my life away. I have experienced married life and have had a happy life however, if I have to live with financial difficulties like this, it would be easier if my life was taken away immediately. Please-----“   Surprisingly he was so calm.
*Dammit. This doesn’t seem to be a threat to you----* The origin of the voice disappeared.

However, the being again appeared next day at the same time and said,  *Leave your wife and child!*
(OMG--- Is this being really a higher spirit????)

Mr Uemori “ I cannot do that. ”
The Voice *Well, do you accept whatever might happen to your wife and child?*
Mr Uemori ”Please forgive me about it” The being sounded as if he had expected Mr Uemori’s answer and said
*Then you should make a contract. You need to sign----.*
The being disappeared triumphantly. However, the being appeared a few days later in an upset manner as Mr Uemori hadn’t done anything and had left the issue.

The voice *Why don’t you sign it! ----Because of money?*
Mr Uemori ”No, it’s not the money”
The voice *Then, what?*
Mr Uemori “ I know very well that once I am chosen, I cannot run away from you but --- I will be honest with you-------.”
The voice *-----------*
Mr Uemori “Honestly, I don’t have the confidence to sign”
The Voice *Why is that?*

Mr Uemori ”Well, I have an almighty (he calls his wife 'almighty') at home. I can imagine what will happen if I sign the contract - just obeying you and start moving around following whatever you say. Since we got married, we have been doing quite well. I have been going shopping with the almighty at home once a week, sometimes we go to have a meal at a restaurant following watching a movie or go to Karaoke together.
However, if I follow your instructions and move around, it will be very obvious that my almighty will get angry and say
‘What are you doing and where have you been until late every day and night without doing anything for the family! Are you having an affair??? ‘
So I don’t have the confidence to sign. If you force me to make a contract with you, you need to make sure of the following things: I’m not saying that she smiles at me all the time when I come home, but I want her at least not to sprout  horns on her head or bear tusks. If you can take responsibility of her, I can sign it immediately now”

The voice *U----------m*
Mr Uemori felt that the being turned his back while folding his arms and disappeared.

After that he signed the contract and moved around following the being’s instructions. According to him, his wife’s attitude suddenly changed three times since then, and those were the times when Mr Uemori couldn’t follow the instructions.

Himiko (卑彌呼)

She was a queen and a shrine maiden who ruled Japan, which was then called Yamataikoku, around the late 2C to the middle of the 3C. Her name and Yamataikoku have not appeared in the Japanese history books (it seems like they were purposely hidden) however, there were some records in the Chinese and Korean history books.
They say there was political unrest in Japan at that time but once Himiko took over the position as leader, it became peaceful. Yamataikoku’s location was not confirmed academically and there are two major theories for it. One says it existed around Nara and the other says around northern Kyusyu Island. Recently people support the Nara theory however, there is a researcher who says it was in Korea.

Mr Uemori says the true name of  Yamataikoku is Shamoikkoku which was in the wider Kinki area (Kinki includes Hyogo, Osaka, Kyoto, Nara---Similar to Kansai. They are not mad peoples areas though) and it was ruled under the commandments of Moses.

His surprising claim is not limited to this.
He says that Himiko is a descendant of Jesus and she was offering her prayers at Mt. Hachiman (some people say it is an artificial mountain which is a pyramid) towards to the Zeppou Onhayashi, where there is a hidden underground shrine to Jesus, and to Kojyozan Onhayashi where there is a hidden underground shrine to Moses.
Mr Uemori says the ruler in Japan at that time ruled the whole world.

Mr Uemori has specified the location of Himiko’s tomb, which has not been officially confirmed yet. He named that area Azukiyama as Himiko was called Azuki when she was young. He has been researching that area since then.


He received a message from Himiko saying ” Please inform the people of the world what I have done.”

Back to The journey towards  Kagome


この記事をはてなブックマークに追加

千山の神様へご挨拶にと中国へ

2014-05-07 19:40:09 | かごめかごめの真実とは

2014年5月3日(土)~5日(月・祝)

AM10:00関空から中国は大連空港へ。

大連空港から大連北駅へと行って、そこから新幹線で鞍山西駅へと行きました。

何一つ不安、心配がないようにお友達が出迎えてくれ全て手配してくれていました。 

着いた当日もお友達ご一家から歓迎の食事会へと招かれ、それはそれは歓待されました。

「残念だけど明日、千山は朝から雨で、気温も13度と寒いから・・山は無理みたい」とお友達の関さん。

「でも・・心配要りませんよ。良い天気になりますよ。 良い天気にしましょう!」と千山の道家気功の秘宝秘儀である三鍼法を授かったT先生。

それが何とぉ・・、その翌日です。T先生が気象を触ったかの様に神様は、大切なお客様を迎える時に打ち水をするがごとく、真夜中に雨を降らせてしまい、太陽が昇るころには雨は上がり、肌寒い気温ではありましたが、埃っぽい大気から一切の埃も残さず大地に落とされ、清々しい朝でした。

恐るべきT先生。 千山の神様とで何かをやらかしたようでした。

Dscf3982 Photo

Dscf4124  Dscf4125

それにしても中国では、朝早くから車のクラクションの音で目が覚める騒々しさですね。

でも、3年前と比べてハッキリと変わったことは、ボロボロのタクシーがなんと全て新車に変わっていました。 中国の発展ぶりが感じ取れる大連や鞍山の街の風景でした。

それと・・

「以前から中国でも、値段の頭に日本円の¥のマーク付いていましたか・・」と私。??

あまりにも沢山過ぎて、ここではこの続きは後日・・・、と言うことにしま~~す。

千山の旅は、日中友好親善の旅でもありましたぁ

Dscf4120 Dscf4041

Dscf4049 Dscf4075 Dscf4077 Dscf4122 

Dscf3985  Dscf4118

Dscf4098


この記事をはてなブックマークに追加

Messengers

2014-05-02 08:25:12 | 空海 -KUKAI-

Mr Uemori is always receiving various messages from many people not only the people who live on the earth currently. I want to introduce few of the spiritual beings here.

 -----------------------------------

**Kukai---main messenger**           Photo

Most of the messages which Mr Uemori receives from spiritual beings are from Kukai .
Kūkai (空海), also known as Kōbō-Daishi (弘法大師) 774?835, was a Japanese monk, civil servant, scholar, poet, artist and founder of the Shingon or "True Word" school of Buddhism. Kūkai is also famous as a calligrapher and engineer. He managed existing temples, worked as a civil engineer, built new temples and opened a new school for civilians to learn Buddhism. Even in this day and age, his work sounds as if he was like superman; he did those things more than 1000 years ago. He must have been ultra super man back then.

Kukai was fluent in not only Japanese, but also Chinese and Sanskrit, and current research shows he could have been fluent in Hebrew as well. There are so called “7 blank years” that no record shows about him in all the Japanese history books. It is said that he had been traveling around and acquiring ascetic practice however, some people now say he might have taken the holy items from the place where they were hidden at that time and transfered them to the place where they are now.

Mr Uemori says Kukai was instructed to do some secret work by the then Emperor Kanmu to build new capital city in Kyoto.
(During those years, the capital was in what is now the current Nara prefecture. The Buddhist monks’ power had been getting too strong and involving politics. People were quite tense because of many coups and political unrest, additionally there were major troubles like the spreading of epidemic disease and natural disaster. Emperor Kanmu shifted the capital to Nagaoka (Kyoto) to avoid the influence of the monks, however there were still political issues there. So he tried to make the capital city well planned and designed so that no big problems would occur. Later he established the beautiful capital city called 'heian-kyo'.)

Kukai’s name suddenly re-appeared in the records when he went to Tang Dynasty (China) with other delegates.  (The Japanese Government, Yamato, which was around Nara as mentioned above, had been sending delegations to China). We cannot be sure if he was sent by the Government as one of the official delegates or private students however, he studied Chinese Buddhism, Indian Buddhism and Sanskrit over there. Recently it is said that he might have learnt Christianity (Nestrianism) and Hebrew as well while he was in China. According to Mr Uemori, Kukai came back to Japan after he was taught the truth about the Arc of the Covenant, Holy Grail, Jesus and Himiko (an ancient Japanese shrine maiden) by a Chinese priest of high virtue.

The very famous old poems and songs by unknown authors, like “Iroha”,  “Kagome Kagome”, “Sakura Sakura” and “Tohryanse” could have been written by Kukai. These lyrics contain hidden true messages beyond the standard literal meaning of the words.

The three main messages from Kukai to Mr Uemori are:
1. Show the apocalypse
2. Dig out the holy items and enshrine them as soon as possible
3. Popularise the zero magnetic field generating tools (like Terafight)
 

**The one who forced Mr Uemori to sign the contract**

One day after Mr Uemori had started to visit shrines and temples, he was sitting at a big table in the office, thinking through various things deeply. He suddenly heard a voice from an angle of about 45 degrees to the left side above his head.

*Sign the contract quickly!*

He thought he heard something mistakenly and so ignored it. Then a few days later the voice became rough and asked him the same things. So Mr Uemori replied in his head ”How can I sign the blank power of attorney?”

This being always talked to him around 10am from the 45 degree angle above the left side of his head and was getting irritated as Mr Uemori didn’t agree to sign the contract. The being at last shouted to him: *Get a life! Are you underestimating me? Shall I take away your life?*
(In my personal opinion, it surprised me that higher spirit would threaten people like this!!! Anyway------)

“Please take my life away. I have experienced married life and have had a happy life however, if I have to live with financial difficulties like this, it would be easier if my life was taken away immediately. Please-----“   Surprisingly he was so calm.
*Dammit. This doesn’t seem to be a threat to you----* The origin of the voice disappeared.

However, the being again appeared next day at the same time and said,  *Leave your wife and child!*
(OMG--- Is this being really a higher spirit????)

Mr Uemori “ I cannot do that. ”
The Voice *Well, do you accept whatever might happen to your wife and child?*
Mr Uemori ”Please forgive me about it” The being sounded as if he had expected Mr Uemori’s answer and said
*Then you should make a contract. You need to sign----.*
The being disappeared triumphantly. However, the being appeared a few days later in an upset manner as Mr Uemori hadn’t done anything and had left the issue.

The voice *Why don’t you sign it! ----Because of money?*
Mr Uemori ”No, it’s not the money”
The voice *Then, what?*
Mr Uemori “ I know very well that once I am chosen, I cannot run away from you but --- I will be honest with you-------.”
The voice *-----------*
Mr Uemori “Honestly, I don’t have the confidence to sign”
The Voice *Why is that?*

Mr Uemori ”Well, I have an almighty (he calls his wife 'almighty') at home. I can imagine what will happen if I sign the contract - just obeying you and start moving around following whatever you say. Since we got married, we have been doing quite well. I have been going shopping with the almighty at home once a week, sometimes we go to have a meal at a restaurant following watching a movie or go to Karaoke together.
However, if I follow your instructions and move around, it will be very obvious that my almighty will get angry and say
‘What are you doing and where have you been until late every day and night without doing anything for the family! Are you having an affair??? ‘
So I don’t have the confidence to sign. If you force me to make a contract with you, you need to make sure of the following things: I’m not saying that she smiles at me all the time when I come home, but I want her at least not to sprout  horns on her head or bear tusks. If you can take responsibility of her, I can sign it immediately now”

The voice *U----------m*
Mr Uemori felt that the being turned his back while folding his arms and disappeared.

After that he signed the contract and moved around following the being’s instructions. According to him, his wife’s attitude suddenly changed three times since then, and those were the times when Mr Uemori couldn’t follow the instructions.



**Himiko (卑彌呼)**

She was a queen and a shrine maiden who ruled Japan, which was then called Yamataikoku, around the late 2C to the middle of the 3C. Her name and Yamataikoku have not appeared in the Japanese history books (it seems like they were purposely hidden) however, there were some records in the Chinese and Korean history books.
They say there was political unrest in Japan at that time but once Himiko took over the position as leader, it became peaceful. Yamataikoku’s location was not confirmed academically and there are two major theories for it. One says it existed around Nara and the other says around northern Kyusyu Island. Recently people support the Nara theory however, there is a researcher who says it was in Korea.

Mr Uemori says the true name of  Yamataikoku is Shamoikkoku which was in the wider Kinki area (Kinki includes Hyogo, Osaka, Kyoto, Nara---Similar to Kansai. They are not mad peoples areas though) and it was ruled under the commandments of Moses.

His surprising claim is not limited to this.
He says that Himiko is a descendant of Jesus and she was offering her prayers at Mt. Hachiman (some people say it is an artificial mountain which is a pyramid) towards to the Zeppou Onhayashi, where there is a hidden underground shrine to Jesus, and to Kojyozan Onhayashi where there is a hidden underground shrine to Moses.
Mr Uemori says the ruler in Japan at that time ruled the whole world.

Mr Uemori has specified the location of Himiko’s tomb, which has not been officially confirmed yet. He named that area Azukiyama as Himiko was called Azuki when she was young. He has been researching that area since then.


He received a message from Himiko saying ” Please inform the people of the world what I have done.”



Back to The journey towards  Kagome  

 


この記事をはてなブックマークに追加

河野会長さん、叱り続けてくれてありがとう! 

2014-05-01 20:20:52 | かごめかごめの真実とは

2014年5月1日(木)

第385回関西日本サイ科学界研究集会報告

巨大地上絵発見でわかった世界文明の「起源は日本」だった!

とき 平成26年2月15日

ところ 大阪科学技術センター

・・で行われた講演内容が サイジャーナル第415号に掲載されました。

「魏志倭人伝」は三世紀末に西晋の陳壽に書かれ、それには「邪馬壹国」と表記されている。・・・

関西日本サイ科学会会長の河野明夫さんに会うたびに私はいつも怒鳴られていました。

「字が間違っているでしょう」と、私が手渡した小冊子や資料に書いていた「邪馬台国」の文字を見て、毎回毎回、私を叱る会長さんでした。

「どうして叱られるんだろう?」「皆が使っている邪馬台国の文字のどこが違うんだろう?」

「どうして毎回会うたびに私に会長さんは怒鳴るんだろう?誰でも邪馬台国と言ってるのにぃ・・」と、思い続けていましたが、ある時その答えが分かる瞬間が来ました。

「そうだったのかぁ!」と、その答えが分かった時は、それはもう嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。

「邪馬台国」でなく「邪馬壹国」だったのかぁ!

そしてその読み方を、「しゃもいっこく」と言って、「モーシェの律法を第一とする理想国家のことである」と見えざる御霊が教えてくれた時、それはもうありがたくてありがたくて、河野会長さんも神様のメッセンジャーだったことを後で知ることが出来て、ただただ感謝するばかりでした。

河野会長様、無知な私に辛抱強く何度も何度も叱っていただきまして、ありがとうございました。

本当に感謝しています。 

これからも末長くご指導の程、よろしくお願いいたします。

                                        上森三郎

201405011121490001

201405011122230001

201405011122540001

201405021207270001


この記事をはてなブックマークに追加