かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

知らないのは日本に住む私達だけのようです

2011-05-31 21:15:23 | かごめかごめの真実とは

5月27日(金) 神戸平和研究所の杣(そま)さんに、かごめかごめの集いに参加 していただきました。集まった30名ほどの方々は、それはもう杣さんの話にクギ付け状態でしたねぇ。その杣さんがパワーポイントで映し出して皆さんに見せてくれた資料には、英文で紹介がなされたりしていま~す。

この話、どうやら世界第一級?のお話になりそうな・・・・・ そんな予感!です。

いえいえ、もともと世界第一級のお話なんですね。日本に住む私達が知らない、知らされていないだけで、日本の外から眺めている人達は、「もうそろそろ日本から出てきてもよさそうなぁ・・」と、注視しているようですよ。

日本のマスコミが騒ぎだすXデーは・・ 何時?

Photo_3


この記事をはてなブックマークに追加

第一回の集い

2011-05-30 15:28:43 | かごめかごめの真実とは

9月21日(火)

8月11日からあまりにも日々不思議なことの連続でしたので、一度関係者みなさんに集まっていただいて、何も起きなかったらもう、図面とにらめっこして線を引いたり、神社や山やお寺に行ったりすることを一切止めようと決意し、私の事務所に集まっていただきました。 私を含めて10人ほどの方々に集まっていただきました。

・・・

私  :「ここに一枚の絵があります。実はこの絵は I さんが夢に描いてる風景を一枚の絵にされたものなんですが、 真っすぐ一直線に伸びた道、神光寺、五霊神社、滝、昔栄えていたという沢山の建物・・ などなど・・私が以前夢で見てワクワクする高揚感が残る情景を探して行った千ヶ峰の真南に位置する、岩座神(いさりがみ)の情景と全く配置が同じなんですね。 こんな偶然があるのでしょうか。・・・」

「どれどれ・・」 「へぇ~~」 ・・と、思い思いに語らいだしました。

660


この記事をはてなブックマークに追加

知らないとは言え・・・

2011-05-22 16:01:51 | かごめかごめの真実とは

026_2 Dscf2771 092 093 095 097 098 初めて行った大龍寺の空海様自作の亀石がどれか知らなかったとは言え、なんと亀さんの上に乗っていましたねぇ。(5月22日、ブログ編集中たった今、気づきましたぁ)

亀さん、空海様~、ごめんなさい!合掌 ペコリペコリ


この記事をはてなブックマークに追加

六甲白山神社から再度山大龍寺へ

2011-05-22 15:41:11 | かごめかごめの真実とは

9月20日(祝・月)

事務所に訪ねてきたUさんと話をしているところへ、前日泉佐野で出会ったTさんから電話が・・

Tさん :「くくり姫神社とも言いますが、六甲白山神社へ行かれたらどうですか」

私  :「どこにあるんですか?行ってすぐに分かりますか?」

Tさん :「縁有る人は素直に行けると思いますが、そうでない人は何度行っても行けないようです・・」

私  :「じゃ行ってみます」

・・・と電話を切るなり、

私  :「Uさん、六甲白山神社って知ってますか」

Uさん :「私は知らないけど、うちの旦那は神社が好きだから聞いてみるわ」

・・・

Uさん :「うちの人も知らないみたいだけど、家に居てるから一緒に連れてってよ」

・・・

と言うことになり、初対面のUさんの御主人と二人で六甲白山神社へとドライブ。

007 008

運よく探し当ててお参りし、実はこの日、空海様を訪ねて大龍寺へ行く予定だったので、その足で六甲再度山の大龍寺へ行くことにしました。着いた時はもう境内は薄暗くなっていました。 一時建築をやっていた時には縁あって市発注の工事を、再度山、六甲山内で幾度となくいただいて何度も幾度も大龍寺の前を通っていた私でしたが、初めて門をくぐって参道の石段を登り本堂で手を合わせ、そしてさらに上へと登って空海様を祀る大師堂で手を合わせて、本堂の裏手に湧き出る霊水の瓶にピンクの物体を浸けて手を合わせていました。

009 010 018 020 019 017 014 013 012 011

 ピンクの物体を霊水に浸けて堂の前に戻ってくるとUさんが、「空海様自作の亀石があるようですが行かれますか?」と言われるので 「行きましょう!」ということでさらに山を登ることになりました。(私一人だったら絶対に行ってなかったでしょうね、もう薄暗くなっていましたから・・Uさんに感謝です)

034 033 029 030 028 026 025 024 023 032

037036


この記事をはてなブックマークに追加

新たな出逢いが

2011-05-21 20:03:45 | かごめかごめの真実とは

9月18日(土) 

 久しぶりに我が家の大神様とデートでしたねぇ。映画を観て、カラオケへ・・

前日の十字架の完成からの達成感と解放感からか、思う存分・・3時間も・・♪

この不思議道に誘い込まれてから、ほぼ帰宅するのは土、日曜日関係なしに毎晩12時前後でしたからねぇ。一週間に一回のスーパーへの買い出しもピタッと無くなっていましたが、小言ひと言もないどころかテーブルの上には、「お先に休ませていただきます。ご飯は温めて食べてください」と手紙があったりして・・、いえいえそれだけではありません、その最後に の絵が描いてあったりと・・。 

9月19日(日) 

Mさんに誘われて大阪泉佐野にある『新井邸』へ。“和来輪く祭り”の会場で「ゼロ磁場の体験コーナー」を行うとのことで応援に駆け付け、そこで「気づきの郷」を立ち上げていたTさん夫妻と、作家のKさんと出逢いましたねぇ。

体験コーナーで背中を丸めて並んでいたおばあさんが、「じゃ私もやってもらお!」と・・。

それでおばあさんが身に着けていたブレスレットなどを私がピンクの物体に通して、「ハイこれを持って!」と渡すなり、・・なんとぉ!一瞬なにが起きたのか私はビックリ仰天!でしたねぇ。

それはもう、周りの人たちも驚きの声を上げていましたぁ。

Photo Photo_2


この記事をはてなブックマークに追加

「分かりませ~~ん!?」と皆さんが言われるので・・

2011-05-10 18:36:55 | かごめかごめの真実とは

 分かるように書いてみましたぁ。・・今度は観えますかぁ・・

 世界の人達が涙するような立派な地上絵が日本に存在しています。

 空海様の封印をそろそろ皆で解く時が来ているようです。

Photo_14

「もう許します!」と、空海様も言ってらっしゃるようですよ。

「さあ・・、みんなで力合わせをして、第七ステージの扉を開けなさい!」と。

・・・

とうりゃんせ~♪、トォ リャン セ~ ?  

祀っている二人の殉教者を取り出せ! って言ってらっしゃいますぅ。

Photo_5 Photo_5

古代エジプトの女神 ハトホル様

Photo_6 Photo_11

お魚(トット)

Photo_7 Photo_10

龍(玄武・・蛇と亀)  私には龍が今でも生きているように観えてしかたありません・・

Photo_8 Photo_9

鶴と亀  さぁ・・みなさん 観えますかぁ!

     中央から右に亀さん、左に羽を広げた鶴さんです。

     中央の四角い聖地の中で亀さんと鶴さんがキスしていますぅ?

Photo_15


この記事をはてなブックマークに追加