かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

水とは何か! 非常にためになる中島さんの話を是非聞きましょう!!

2015-09-30 19:28:58 | かごめかごめの真実とは

関西日本サイ科学会研究集会案内(メール)

第402回平成27年10月17日(第3土)

タイトル:「水と珪素の集団リズム力」・いのちの水はコロイダル

講師:中島 敏樹氏(コロイドとは牛乳のように溶液中に微小粒子が混在しているもの)

 

「いのちを成している水とは、どの様な水なのだろうか」。

ミクロな素材ばかりに科学の焦点が当てられ過ぎている。この触媒の場を成す大宇宙には、「寄り集いて和し、群れて和す」構造の仕方で自己触媒の場を形成し、さらに周囲を巻き込んで自己組織化を果した無限のモノが顕在化している事は誰一人として疑う余地は無い事実です。宇宙の摂理に習い従がい「集団になることの意義」を求めて、水の本質「性格?味?」を模索しております。

幸いにも、2012年、日本サイ科学会本部7月例会で「水と珪素の集団リズム力」と題して、水は数千万個から数億個の集団構成で動的リズムの自己触媒力を発揮している事実を話す機会を得ました。前回講演以後の新たな珪酸塩コロイドの定量的物性値「ゼータ電位とその粒度分布」などの関連データを用いて、溶液コロイダル論を一歩進めて「いのちの水はコロイダル」にフォーカスし、再び水の生命場の実証についてお話をさせていただきます。

中島敏樹氏(なかしま としき)のプロフィール

昭和16年生、石川県出身、1級海技士(機関)水産大学校機関学科専攻科卒

昭和40年 日本水産

昭和63年 ニッスイマリンサービス㈱代表取締役

平成7年  ニッスイエンジニアリング㈱取締役

平成12年~23年 東洋化学株式会社技術顧問

水の分析器アクアアナライザと出会い、スペクトルの解明に取り組む。誘電分極の原理を用いて、水集団の新たな振動領域(500~4000kHz)を世界に先駆け明らかにし、水の内在リズムの存在、触媒能的な溶解力、コロイド表面陰電荷について論じた。また、気、想念、音響など微弱ネルギーを水を介して測り、その本質解明の道筋をつけた。水と珪素(シリケートSiO4)の集団を一体と見倣し、その隠れた機能「波動特性」を追いかけている。

 

著書

著書「水と珪素の集団リズム力」Eco・クリエイテイブ2800円(当日販売) 

「水の本質発見と私たちの未来」(文芸社)2006年

論文

 ・水の相状態の振動場概念の顕在化と外乱相互作用の実体について

 (2007年サイ科学会)

・焼成牛骨粉の水溶解の不可思議な事象について(2008年サイ科学会)

・水の自律リズムに働くコロイドの表面陰電荷除去について(2009年サイ科学会)

・水溶液の秩序と活性をはぐくむ放射線ホルミシス効果(2009年サイ科学会)

・気、および想念のエネルギー作用を水で測る(2011年サトルエネルギー学会)

 

●場所:大阪科学技術センター701号室

大阪市西区靭(うつぼ)本町1-8-4 Tel06-6443-5324

(地下鉄四つ橋線本町下車北へ徒歩5分靭公園内)

●時間:午後1時30分から午後5時まで●会費:会員及び同伴の家族2,000円 非会員3,000円 学生1,000円  申し込み不要

●講演後講師の先生を囲んで懇親会を予定。懇親会会費3,500円終了7時半頃、奮ってご参加下さい。研究集会のカセットテープ2,000円。(送料込み)

 関西日本サイ科学会・会長河野明夫(Email:kawano3sen@silk.ocn.ne.jp)

 事務局659-0011芦屋市六麓荘町9-39 木村のり子Tel/Fax0797-22-6425


この記事をはてなブックマークに追加

怪しすぎる三郎岳

2015-09-30 11:59:57 | かごめかごめの真実とは

2015年9月30日(水)

三つの三郎岳を結ぶと・・! 古代の何かが浮かび上がってきそうです。

何か怪しすぎる三郎岳です!

「うえもりさんは、三男さんですか」と皆さんが言われます。

・・ので、

「そうです。三男なので三郎です」と。

小さいころは、親が手抜きして付けた名前のように思っていた時もありましたが、

ここにきて、何かその大いなる意味が含まれている名前のように思えてきました。

サブロウには何か・・、それはそれは大きな秘密がありそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

先人達は瓢箪とハートに願いを託しました

2015-09-29 11:26:18 | かごめかごめの真実とは

2015年9月29日(火)

「宮司さん、拝殿上の懸魚(げぎょ)の彫り物にはどんな意味があるんですか」と私。

「あれは勝手に大工が彫ったんだ。何も意味はありませんよ」と、つっけんどんな宮司さん。

それを聞いて私は、日本の歴史、文化が根底から崩壊していると感じた次第でした。

定年退職するまで、どんな組織でどんな偉いと言われた立場に居られたのか・・。

その思い上がりが、定年後に縁あってその神社の神主となってもそのまま神社創建と先人の願いも知らずに

「俺は偉いんだ!」と言う態度。 恥ずかしい、みっともないと他人に思われていることも知らずに・・・。

「俺はここの神主だ!」と。

神社やお寺の懸魚や柱や梁の飾りには、キッチリと先人達の教えと願いが込められています。

    

この国の礎を築かれたモーセを瓢箪で、 イエス・キリストをハートで先人達は表現しています。

イエス様の陵墓には隣接してハートの丘も造営されていましたね。

瓢箪は宝珠の意味をも持たせていると思っています。

由緒ある社寺では必ず見つけることができます。

  

   

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ペガスス

2015-09-28 11:42:06 | かごめかごめの真実とは

2015年9月28日(月)

セミナーに来られて、懇親会の席でMさんが、

「星座で国造りがされていたなんて・・感動しましたぁ! 秋の星座もきっとあると思います・・」

と、言われるので思いあたる山を見つめると・・・! 

Mさんが言ってたのは、天馬ペガススのようです。

・・

遠い昔に観た夢の話ですが、それはそれはリアルな夢で、

その時の情景は今でも鮮やかに記憶しています。

身体は眠りについていて、でも・・意識はハッキリと目覚めていて・・。

その時、耳から馬の蹄の音が、遠くからだんだんと大きくなってきて、近くまで馬が来たと思いきや、

真っ暗闇の中に、遠くからこちらに虹の架け橋ができて、その虹の上を向こうからと、こちらから真っ白い白馬が羽を広げながら

虹の中央で戯れる・・、それはそれは印象的な光景でした。

セミナーでは少し話しましたが、三郎さんが何か大きな秘密を持っているようです。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

目に見えないお方が・・!

2015-09-27 11:12:50 | かごめかごめの真実とは

2015年9月27日(日)

昨日のセミナーには多くの方々に集まっていただきました。 

遠方より、本当にありがとうございました。 感謝いたします。

・・

「私が伝えたことを確実に実行していますか!?」と、目に見えないお方がやって来られていましたね。

それで私は、「ちゃんとやっています」と、その方にご報告をしていました。

「武部さんの都合が付いたら実行します」と。

この日本に隠された古代の秘密を誰かが私に必至に教えているようです。


この記事をはてなブックマークに追加

できるだけ早く行きなさい!と。

2015-09-25 20:18:57 | かごめかごめの真実とは

2015年9月25日(金)

いつものように、どうしようもない睡魔が襲ってきて・・・。

その結果、あまりにも綺麗なシンメトリーな図形が・・・。

「早急に行くのでしょうか」と私。

「できるだけ早く行きなさい!」と言って居られます。

・・・

この話は明日のセミナーで話します! 大変な場所のようです。 日本の秘密が・・・!!


この記事をはてなブックマークに追加

延命寺から堺へ

2015-09-24 12:43:20 | かごめかごめの真実とは

2015年9月24日(木)

23日 河内長野の三日市町にある延命寺さんに呼ばれているような気がしましたので、行ってみました。

建物の彫り物には、瓢箪 ハート ・・それはもうバチバチにモーセ イエス・キリストを表現する暗号の彫り物ばかりでした。

そして・・、門から一番奥で真正面にある毘沙門堂がどこを意識しているかを調べると・・、なんとぉ!!

298°・・その方向には、ズバリ、岡山の王山です。 そしその近くにマリア様のお墓。  

空海様は全てを知って居られて、  私にこのことを教えたかったのだと思いました。

それから・・、上にある蓮池に龍神様が・・・。

行ったときは、全てが死んだように止まっていましたので、テラファイト水を池にかけてあげると、一変に水面にあちらこちらから泡が上がりだし、ゲンゴロウやアメンボウも動き出しました。

不思議な光景がみてとれるようななりましたので、下の手水舎からまたまたテラファイト水を作ってきて、何度も池の中に撒いてあげると、生き生きしてきました。

それで上の段の池にも行くと、そこは全く死に絶える寸前のように悪臭も漂うような・・・。 それで今度は、そこに流れ込むほんのわずかな水を少しだけ溜めて、そこに置いたテラファイトを水が通過するようにしました。

流し込む間、その広場のところにある祠を覗き込むと、そこには空海様の父、母をお祀りされていました。

間違いなく空海様に呼ばれて・・と言いますか、私に空海様が乗って行かれたようでした。

池の水面も急に動きだし、閉ざされていた太陽の光がその水面だけに差し込み、雲が動き出して・・・、不思議な光景をまたまた見せていただきました。

                     

 

 

延命寺から三日市町駅までブラブラ歩きながら風景を楽しみました。

そして急に堺へと立ち寄ってみたくなって堺東駅で降りて観光協会へと行って、

「小西行長ゆかりの地はありませんか」と期待して尋ねましたが、私の期待を裏切るものでした。

それで真向いの市役所の21階展望ロビーから町並みを眺め、そこに居られたボランティアの男性に小西行長のことを尋ねると、

屋敷跡の石碑があるということで教えてもらってそこの場所へとブラブラ歩いて行きました。

「ここが行長氏が一時住んでいて、ジュリアおたあの思い出の地なのかぁ・・」と、テラファイトの水を石碑にかけて、横の植木にも水をやって、

その土に浸み込んだ後の土に手をやってご挨拶をしました。

・・そうしたら、偶然の産物か、風が一気に私に吹きました。爽やかな風が・・・。

なんとなく対面を果たしたような、晴れ晴れとした気持ちで帰路に着きました。

  

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

26日(土) 上森三郎セミナーです! 事前のお申込みをおねがいします!!

2015-09-22 13:36:00 | かごめかごめの真実とは

2015年9月22日(火)

 早いもので、あっと言う間に1ヵ月が経ってしまいます。

毎月第四土曜日に開催しています私のセミナーが今週の土曜日と近づいてきました。

「一度、奇人変人とやらの話を聞いてみようか」と当日突然来られる方も居られますが、

できましたら、事前にお申込みしていただけましたら会場の用意もありますし助かります。

よろしくお願いします。

そうそう、5時で終わって、机を並べ替えてその場所が懇親会ルームへとなります。

懇親会の費用は 0円です!  

この時間に私が皆さんからいろいろ教えられ気づくことが沢山今までもありました。

先月もそうでしたね。

「岡山が、岡山が気になるんです」と言われて、早速岡山へと言った次第でした。

そうしたら・・・、大変な発見が! ということのお話になろうかと思います。

 十字架の宗教もやっていない私が、何故かイエス様イエス様と・・、

そしてマリア様のお墓に行ってからなぜか、身近にマリア様が居られるような気がしてなりません。


この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに急に睡魔に襲われて・・!

2015-09-21 17:52:28 | かごめかごめの真実とは

2015年9月21日(月)

事務所に12時頃に来て、いろいろとやらねばならない仕事を静かに休日の間にやろうと思いきや、

急に睡魔が襲ってきたので、サマーベッドを開いて横になると・・、1時間半ほど意識を失ったように寝ていました。

いつものパターンで、それからPCの国土地理院地図を開いて、勝手にマーキングし出したようで、 そこから浮かび上がった霊ライン上に二つの寺院を教えられました。

一つは、河内長野の延命寺。  真言宗のお寺です。

もう一つが、兵庫県の日本海側にある安泰寺でした。 こちらのお寺は曹洞宗です。

どうも空海様が教えているようです。  「大事なポイントだから早く言ってくれ!」と言われているようです。

特に安泰寺は、千ヶ峰トライアングルの中心である淡路島由良町にある成ヶ島から

加古川市志方町にあるイエス・キリストの公的な陵墓の山頂点を通り、本当のイエス・キリストの陵墓を通った霊ライン上にピタリと位置しています。

このことから、道元禅師も、この国の成り立ちと初代大王イエス・キリストの陵墓の位置を知っていて、そこから日夜、祈っていたことでしょう。

せっかくですから、安泰寺さんで禅を組む時、方位磁石で175°の方角に向かって禅を組んでいただけたらという身勝手な私の思いがいつか届きますようにと・・・。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

9月20日はマリア様生誕の日

2015-09-20 11:00:05 | かごめかごめの真実とは

2015年9月20日(日)

 今日はマリア様生誕の日です。 BC21年9月20日 現在のキルギスでお生まれになりました。

ちなみに、お生まれになって2036年となります。

19歳でイエス様をお生みになられました。

AD35年に現在の岡山の児島の港に着かれたということです。

そして安住の地として暮らされたのが現在の岡山県久米郡美咲町でした。

そして、お眠りになられた陵墓もその土地の御山の上にありました。

マリア様はAD43年7月21日にお亡くなりになりました。 享年64歳でした。

・・・

どうして発見できたのですか!? と言われますが、

・・一つ一つ教えられた線上に、時間の流れの中でいろいろな人が登場して教えられていきます。

先月のセミナーに2人の女性が来られて、一人は岡山から、もう一人は神戸市内ですが、「岡山が気になるんです・・」と言われたりして、

私に、以前教えられていたモーセの十字架の交点に急いで行くようにというメッセージと捉えて、

素直に動いた結果、現地へと行ってシンクロが起きていることやそのポイントに行ってそこにはビックリする磐座が存在していたことで確信が持てるという状況です。

・・そうそう、いつものように脱線しそうですが、 その十字架の交点付近に王山という山があって、その南東に位置するところに、

祖母前、祖母中、祖母後 という地名を地図上で見ていて、 お婆さんの前、 お婆さんの中、お婆さんの後 って何なの?? と思ってしまいました。

そして、それはお婆さんが眠る山を教えているのだろうと思い、その地名に合致する等高線地図上の山の頂上ラインがまん丸くなっています。

これはもうそれが陵墓だと誰でも推測できます。

こうやって 現地に行くにも、不思議すぎるシンクロが起き、そのポイントまで導かれてそこに行くと、ビックリする磐座が存在していました。 興奮と感動でした

いつもいつもあまりにも出来すぎている状況を見る時、それは自然に神様の声にしたがっている証拠であると認識します。

阿吽山房さんに御縁されて、今日も確実に誰かが陵墓にお参りに行かれていることでしょう。  感謝いたします。

 

  

 


この記事をはてなブックマークに追加

龍神様が動き出す!?

2015-09-18 09:55:35 | かごめかごめの真実とは

2015年9月18日(金)

日本時間17日午前8:39分に南米チリで巨大地震が発生。

私はこのニュースは今日の朝にTVの津波情報で知りました。

実は昨日の夕方、私はたまたまグーグルマップを見て、偶然かはたまた・・と眺めていて今日のTVからのニュースでしたから

さもありなん! とも・・。

  

南米の海底に巨大な龍が潜んでいるのではないかと常々思っている私ですが、昨日のグーグルの映像にはその上空に龍に見える大きな雲が映っていました。

この地球はひょとしたら・・、私達が知らない・・でも確かに気象も操れる巨大なエネルギー体で成り立っているようにも思えます。

 

今度出版される本には、龍神を解放した後に出現した下記の雲の写真を掲載しましたが、本当に信じられないような光景を目のあたりにすると、さもありなん!・・とも。

   

下の写真は、一番目の龍神を解放した時の写真です。

「ぐったりとしていた龍神が、一気に元気になって空へ上がって行った」と皆さんが騒いでいるので、

「どこですか!?」といぶかる私に、「あの白い雲です!」と、その言われた白い雲をおさめたのがこの写真ですが、

私には、白い雲で穏やかな老人の顔を現し、対照的にその右後ろに牙をむき出した黒い獣が見えてしまいます。

もっともっと背景にはいろいろ見えるのですが・・・。   

善の向こうで悪が牙をむき出していて、「急げ、時間がない!」とその時は映像で教えられました。 (兵庫県春日にて)

下の写真は帝釈峡の龍神湖での、二番目の龍神の解放の後の写真です。

この時は、カメラを持って行ってなかったことを今も後悔している私です。 

龍神を解放した後、それはそれは幻想的な世界を見せられました。 

そしてしばらくすると、湖面上空にべったりと立ち込めていた雲が突然グワグワグワ~~と動きだし、

「そうだ!携帯電話があった!」とすかさず撮った写真が下の写真です。  私はこの風小僧みたいな写真が大好きです。

下の写真は、生野、神河町へと行く道中、前方にづっと立ち続けていましたので、中国高速道路のパーキングに車を停めて写しました。

本来は上下が逆の状態でした。

これはカメラのレンズのいたずらもありますが、その瞬間の映像に意味があるといつも思っています。 龍に見えてしまいます。


この記事をはてなブックマークに追加

スタップサロンへFAX頂いたお方へ

2015-09-17 16:53:47 | かごめかごめの真実とは

2015年9月17日(木)  

スタップサロン鍼灸院の田中先生へご相談のFAXをしていただきましたが、

こちらの機械の調子が悪くて、内容が判読できません。

大変申し訳ございませんが、サロンへ電話をお願いいたします。スタップサロン TEL 078-855-2854

又、サロンの方が留守の時は、TEL 078-855-8817(トーラステラファイトクラブ)へ電話してください。

よろしく お願いいたします。

                  上森三郎


この記事をはてなブックマークに追加

どのようなタイトルに・・

2015-09-17 10:03:42 | かごめかごめの真実とは

2015年9月17日(木)

  ヒカルランドの社長様からメールが届きました。

 一つの案としての・・と、注釈付で

 

ツノ:イエスがなぜこの国で復活したというのか⁉︎

 メイン:謎だらけ《秘密日本の超建国》裏返史

上森三郎  

モーセの墓、イエスの墓、マリアの墓、アブラハムの父テラの墓までが なぜこの国にあるのかーー

卑弥呼、空海、信長、秀吉、家康らもみなこの《超秘密》に関わったーー

古代賢者たちから授かった《タイムカプセルの鍵》をあなたにリレーする

 

さぁ 最終的にはどのようなタイトルになるかが楽しみです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

鶴島、亀島は山として今も残っています。 魏志倭人伝に記載された20日で着く投馬国の港は大門です

2015-09-16 14:19:21 | かごめかごめの真実とは

2015年9月16日(水)

2015年9月15日にスタップサロン鍼灸院に広島からKさんご夫妻が来られました。

「大門から来ました」と言われます。

私は大変うれしく思いました。

魏志倭人伝に記載された20日で着く投馬国の港は大門なんですね。 

そこには江戸時代まで 鶴島、亀島があって、それはそれは風光明媚な港だったでしょうね。

今は、海が埋め立てられてしまっていますが、鶴、亀の山は今でも残っていますよ。

邪馬台国の謎を解こうと思ったら、カバラ(生命の樹)を理解し、その隠されたカバラの図形と磐座や神社や寺を照合しないと解けません。

机の上では解けません。 答えは山と磐座が知っています。 そしてその場所へと行けば教えてくれます。

 2013年1月6日未だ正月休みも開けないときに急に思ったって電車に飛び乗って一人で大門に行った日のことを思い出しました。

大門町誌「大津野のあゆみ」の上古大津野沿岸図の中に鶴島 亀島 が記されていたので、それを確かめに行ったんですね。

その時の写真は、「邪馬壹国 保存その3」に残していました。

その日、大門についてから空に浮かぶ怪しい雲の気配をづっと感じていた私でしたが、最後の最後に大門のホームに立って、鶴島 亀島を再度眺めていたとき、

ハッキリと鶴と亀の雲を私に見せてくれたのが、今でも忘れられません。 電車が入ってくる寸前でした。

   

 2013年1月6日 12:57 の撮影記録です。 鶴と亀、 分かりますかぁ!

・・・

ご主人様が施術されている間に、奥様に大門のことなどいろいろ教えていただきましたが、目に見えない誰かをお連れになられたのか、

またまた何かが始まるのか・・・。

施術を終わられたご主人様の表情は、最初の顔の表情とは全く違って見えました。 

スッキリ、シャキーン!と 健康そのもののお顔に変身して見えました。

テラファイトもお買い上げいただきましてありがとうございました。

テラファイトを大いに活用していただきまして、健康体で暮らされることを祈念いたします。

遠方より本当にありがとうございました。 感謝します。

  

 

大門はイエスの生命の樹の十字架で言えば、丁度その交点になります。 いかに重要な場所かということです。

生命の樹で言えば、セフィラの11番目のダートにあたる部分が現在の総社です。

間違いなくそこにを中心に宮造り、都造りが進められ、そこへの入り口が大きな門、 大門という地名が現在まで残されています。

初代大王、大国主命=イエス・キリストが設計したカバラを見る限り、現在の首都東京に例えるならイエスはそれを岡山の総社に決めています。

神社で言えば、本殿が岡山の総社で、その入り口が大門。 奥宮が埴岡の里(現在の兵庫県生野、神河町)でした。

卑弥呼がいた邪馬台国の時代は、纏向(奈良)が首都的な栄え方をしたでしょうが、イエス様が活躍した99年までは一番栄えた都市は、現在の岡山だったであろうと私は考えています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

第二校(二回目の校正)が今日で完成

2015-09-15 10:58:00 | かごめかごめの真実とは

2015年9月15日(火)

昨日、写真や図形などレイアウトされた原稿が届きました。

・・ので、昨日、今日で二校を済ませるべく最終チェックをしていますが、素晴らしい本に仕上がります。

100%私の体験談です。・・が、それにしても不思議な話の連続です。

本の中に、豊臣秀吉の財宝がある島の所有者の方を訪ねた話がありますが、

そこで上品な奥様が、

あなたは本当に神様が言われる通りに穴を掘ったり、山へ行ったりとしていると言われますが、神様の言うとおりにしなかったらどうなるの!?」

と聞かれるので、

ハイ、身体に異変が起きたり、事故したり、時には命までも取られたりしますので・・」

と言ったらその奥様は、

まぁ~~~!!」

と言われてその場を立ち去られた話など、それはそれは実体験の私でさえ滑稽な話なんですね。

自分でもつくづく、よくもまぁ真剣に純粋に動いてるなぁと思ってしまいます。

そのような連続の日々の中から、兵庫県神崎郡神河町と、朝来市生野町にまたがる、

播磨国風土記に記された埴岡の里が、邪馬台国の女王卑弥呼の居城であり、それはそこに大国主命=イエス・キリストの陵墓やその王家の方々の陵墓が埴岡の里に沢山あることがこの本が世に出ることで分かっていきます。 

世界の聖地に生野、神河がなるということです。  

埴岡の里は王家の丘です。・・そここそが世界の多くの方々が2000年間探し求めていたシオン(聖地)なのです。

      イスラエル国歌を聴いてください! かれらは切望していたのです・・希望の丘 シオンが発見されることを。

 実は、イスラエルに暮らす人達の故郷こそがシオンなのです。  

イエスとその血を引いた女王卑弥呼が眠る地が、王家の人達が眠る聖地だったのです。

聖地へと人々は歩き始めます!

 一人が歩き出せば、その人の後ろに人の列が又、続きます。 その列は世界各地へとつながります。 

ルーツ探しをしていた人々が次々と押し寄せることでしょう。

その先陣を切って、イエス様の命日であり、又、卑弥呼様が争いを止めるようにと入定したその11月17日にイエス様のお墓へと行きます

 世界の平和を実現するには、一人の一歩から始まります。

 まず私が一歩を踏み出しましょう!  聖地へと向かって・・・。

 

        

 


この記事をはてなブックマークに追加