かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

比叡山延暦寺の阿弥陀堂は聖母マリアの墓に手を合わすようになっている

2016-06-30 07:11:11 | かごめかごめの真実とは

2016年6月30日(木)

 最澄さまの御命日ツアーで、比叡山山頂の第一駐車場に着くなり土砂降りの雨に見舞われました。

そしてそこには、延暦寺さんから案内をしてくださるお坊さんが待っていてくれました。

そのお坊さんに真っ先に案内していただいたところが、阿弥陀堂でした。

阿弥陀堂への石段を上がり切ったところで先ほどの雨が嘘のように・・、そして薄明光線が真上から差し出しました。 

「天使のハシゴが下りてきました」とSさんがみんなに告げていました。

皆さんはもう、不思議な世界に入り込んでいました。

そして皆さんは吸い込まれるように御堂に上がって、手を合わせて居られました。

・・阿弥陀堂で手を合わせれば274度の方角へ向かって手を合わすように設計されていました。

なんと! ここで阿弥陀様に手を合わせると、岡山県久米郡美咲町角石祖母にある聖母マリアのお墓に手を合わすようになっていました。

根本中堂で手を合わせて祈れば、女王卑弥呼、そして重なるようにイエス・キリストに手を合わすように造営されています。

根本中堂で手を合わす向きは、281度の方角です。 

根本中堂と阿弥陀堂で手を合わす方角の角度の差は7度でした。

最澄さまもこの国の真実の歴史と、その王家の方々の陵墓の位置までもこれらの建物と仏像の方角を見れば、すべてご存じの上で設計されたことが理解できます。

是非とも多くの方々が、比叡山延暦寺へと行かれて、阿弥陀堂からマリアさまへ、そして中堂へと行って、卑弥呼さまとイエス・キリストに話しかけていただきたいと思います。

「世界平和の為に私は何をしたら良いのでしょう?」と言われる方居られますが、是非とも比叡山延暦寺へ行かれて、心沈めて・・この国の礎を築かれた方々に手を合わせていただきたいと私は願います。

このことを知って御参りする方々が増えれば、必ず、神河町にある卑弥呼の陵墓の岩戸が開かれ、イエス・キリストの陵墓の存在などが世界へと発信されることでしょう。

そして・・、間違いなく、朝来市生野町にある地下神殿の扉も開かれることでしょう。

来月はそのことを分かった上で、マリア様の御命日の21日に皆さんと御参りに行くことになっています。

聖母マリアはAD43年7月21日に亡くなられました。 享年64歳でした。

BC21年9月20日 キルギス生まれで、イエス・キリストはマリアが19歳の時に出産されました。

ちなみに身長159cm 血液B型でした。

 

 亀さんが何か言ってま~~す!! もしもし・・もしもしぃ!

 

 武部さんもそろそろ気づきだしましたかねぇ

   

  


この記事をはてなブックマークに追加

アゲハチョウは平家の紋章

2016-06-29 10:02:26 | かごめかごめの真実とは

2016年6月29日(水)

 日吉大社は特別な意味を持った神社です。

日吉大社の大鳥居横の境内案内看板の2ヶ所の宮にタッチアンドゴーをしたアゲハチョウさん。

アゲハチョウさんは、その2ヶ所の宮である白山宮と宇佐宮に注目せよと私には聞こえました。

実は昨日27日の昼、事務所に黒いアゲハチョウさんが飛び込んできて、夕方近くまで居座っていました。

またまた私に「ちゃんと分かりましたか」「記録してくださいね」と言ってるようで・・、国土地理院地図を開きました。

・・なんとぉ! 看板があったあの場所、大鳥居から神河町の卑弥呼の陵墓までと、伊勢神宮外宮までの距離が全く同じでした。

もう、偶然や奇跡は通り越していますね。 

そして・・、その鳥居から見える山頂のコンタラインがひょうたんの形をしている八王子山から、神河町にあるイエス・キリストの陵墓までと、伊勢神宮内宮までの距離がこれまたキッチリと同距離でした。

アゲハチョウは平家の紋章ですが、豊臣秀吉の財宝がある島の所有者を訪ねて行った時、「こちらさんは豊臣か徳川に所縁のある方ですか」と聞いたら、「家は豊臣でも徳川でもない。平家だ」と言われて、そのとき瞬時に私の御祖父さんが言っていた、「うちは平家の立派な武士だ。貧しくても人に施しをせよ」と、遠い昔に聞いたことを思い出したものでした。

    

 

 

 

   

 


この記事をはてなブックマークに追加

あなたに会えてよかった

2016-06-27 17:05:21 | かごめかごめの真実とは

2016年6月28日(火)

 ツアーの集合場所は新大阪駅の千成びょうたんの前でした。

私には、「千成」と「ひょうたん」が妙に懐かしく思いました。

この物語の最初のころに、千ヶ峰の霊能者の女性Iさんが空中から突然「千成」と書かれたコインが出てきて・・、と言われて、その写真を「上森さん、持っててください」と言われ、

又、その方と大王岬に行くとき、京都で待ち合わせ場所に指定されたところが豊国神社で、その神社は豊臣秀吉を祀る神社で、そこも千成びょうたんがありました。

そこから豊臣秀吉の財宝が隠されている大王岬のとある島を見つけに行ったりしたことなど思い出します。 その島を大きな大きな龍神がとぐろを巻いて守っていると、謎の女性、筒井翼さんのことなども思い出しました。

最初のころ「千成」は、トセーで、取り出せ!祀れ! という二つの意味があるヘブル語だと教えられ、空中から「千成」のコインが出現したという出来事は、目に見えない世界からのメッセージだと私は受け止めました。

それからどんどん不思議な世界へと誘われていきました。

このようなことで、朝から何か起きる予感がしていました。

矢野さんが予約していた昼食会場の名が「鶴喜そば」で、折鶴の庭もあったりして・・と。

最澄さまがお生まれになった生源寺の隣にある大将軍神社で、「金龍が現れて空に登っていきました」とHさん。

「エエ~~、そうですかぁ!」と、私。 そこの神社には精霊や小人や龍神も住み着いていても不思議でないような、滋賀県指定自然記念物の見事なスダジイの存在には圧倒されました。

推定1300年と書かれていても疑わないような気もしました。

そこから、勢いよく水が流れる溝と瀟洒な塀を見ながら日吉大社へと、大勢の御一行様が上がって行かれました。

その日吉大社で、境内の大きな案内看板が目に入りました。

そこで藤田さんが、「アゲハチョウが・・、アゲハチョウが飛んでる」と声を上げて居られるので、アゲハチョウを見ると・・・。

なんと、そのアゲハチョウは、看板に描かれた2ヶ所の建物にタッチアンドゴーでサインをくれたので、その場所を見ると・・、宇佐宮と白山宮でした。

境内はあまりにも広すぎて時間もないので、アゲハチョウさんは、この二か所だけは行ってほしいと言ったようで、私はその2ヶ所だけに行くことにしました。

その宮へ行くと、2人の姫神が祀られていましたね。私には、初代女王卑弥呼と二代女王神功皇后とを祀っていると聞こえてきましたが・・。

神仏習合の信仰を表す「合掌鳥居」とも呼ばれる独特の形の山王鳥居。

    

 

 私はアゲハチョウさんが教えた 白山宮 宇佐宮 2ヶ所の宮だけを注視しました。 

皆さんが境内を見歩いてバスにもどると、雨がポツポツと降りだしてきました。

でも大きく崩れる天気ではなさそうでした。 今日は一日晴れの気配だったので傘は持って行っていませんでした。

そしてそこから45分ほどかかって山頂の第一駐車場に着くと同時に猛烈な雨。

最澄さま達お出迎えの皆様方が、こらえきれずに大勢さまが大粒の涙を流されたようでした。

そこで武部さん、「この雨はすぐに止みますよ」と、スマホの天気情報を見せてくれましたが、本当に山頂だけに雨が降ったようでした。

本当に武部さんが言ったように雨はすぐに上がって、一切ホコリが立たないように、丁寧にもう一度打ち水されたようでした。

雨が上がるのを待った数分のバスの中で、あることを私は話しました。 それは・・、空海さまと最澄さまの溝ができていた重大なことがらだったと思っています。

1200年ぶりの再会を果たすためには、最澄さまにそのことを伝える必要が空海さまにはありました。 

最澄さまもやっと空海さまに教えてもらったのでした。 その瞬間、 雨は嘘のように上がりました。 

このことは、亀さんが詳しく教えてくれるでしょう。・・でも100%教えてもらえるかは定かではありませんが・・。

 

バスの近くまで大勢のお出迎えの方々が、来られたようでした。

ビックリ仰天の様相でまたまたHさんが私に伝えてくれました。

「もう大勢の方々が来ておられますよ、大勢の方々が・・見える見える・・沢山の方々が・・」と。

最澄さまの御命日に、空海さまからすすんで1200年ぶりに比叡山で再会を果たされたようです。

根本中堂で最澄さまの心を汲み取られた空海さまは、私に胸の内を語られたようでした。

京都駅で皆様とお別れした後、少しだけ喉を潤すこととなりました。

その席には間違いなく空海さまが居られるのを強烈に感じていた私でした。

祈念撮影をとお願いした店員さんが、「いいですかぁ」とカメラを構えた後ろに大きな一文字が目に飛び込んできました。

6月26日 最澄さまのご命日でした。

6月24日 は、弟の命日。「良かったな~空海さまの弟子にしてもらったんだな」と、弟に言ったことがある私です。

6月24日には、私が関西に出てきてから、よ~くお世話になった照子おばさんが亡くなられ、

前日25日には御通夜に行ってた私でした。

「告別式には出れませんが・・」と言って、おばさんと最後の別れをした私でした。

いろいろな思い・・。

でも強く感じたのは、やはり空海さまでした。

1200年ぶりに・・・。   空海さまも・・・   最澄さまも・・・

 あなたに会えてよかった   と、自然と肩を抱き寄せあって居られたました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

思い出に残る素晴らしい一日でした

2016-06-27 11:26:23 | かごめかごめの真実とは

2016年6月27日(月)

 昨日は素晴らしい日でした。 

こんなことが起きますか!!というドラマがありました。

遠方より沢山の方々に、「最澄さまご命日ツアー」に参加していただきました。

そしてその方々と共に高貴な方々がそれぞれついて来られたことだろうと私は思っています。

本当に厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

最澄さまと空海さまも皆さんに感謝されていました。

                上森三郎

アゲハチョウがやはり現れました。  このことは後日詳しく書きたいと思います。

          

         


この記事をはてなブックマークに追加

アゲハチョウも飛んでいるかもしれません

2016-06-26 07:11:11 | かごめかごめの真実とは

201月2日(日)

 新大阪駅から、最澄様と空海さまと縁ある人達がノアの箱バスに乗って、比叡山への旅です。

1200年ぶりの再会なのかもしれません。

 アゲハチョウも飛んでいるかもしれません。


この記事をはてなブックマークに追加

最澄さまと空海さまがご対面

2016-06-25 07:11:11 | かごめかごめの真実とは

2016年6月25日(土)

 明日は最澄様の御命日です。 AD822年6月26日この世を去られました。享年56歳とのことです。

最澄様の命日に、比叡山延暦寺根本中堂から最澄様の思いを胸に、卑弥呼さんとイエス様に手を合わせたいと思います。

根本中堂からご本尊様に手を合わせると、ご本尊様の向こうに卑弥呼さまの陵墓があり、その先にイエス・キリストの遺体が埋められた陵墓に手を合わせるように最澄様は設計されました。

最澄様の心にくい建築設計をとくとご覧になって、最澄様の御霊に触れていただきたいと思います。

明日のツアーには一緒に空海さまも行かれることでしょう。 1200年ぶりの再会なのでしょう。

根本中堂と金剛峯寺金堂の位置は、和気清麻呂の指示によるものと私は思います。

根本中堂から卑弥呼さん陵墓までと、高野山金剛峰寺金堂前にある弁天池までの距離はほぼ同じ距離です。

1200年前はキッチリと同距離であったと私は推測します。

弁天池の島の社には普通は弁財天ですが、ここ高野では、「善女竜王」として祀られていました。

そこから神河町にある卑弥呼の陵墓へとラインを引くと、山頂に弁天岳(984.2m)と名が付いた山。

この山から卑弥呼の陵墓まで遮る山は一つもありません。

この弁天岳から大比叡(848.1m)までも遮る山は一つもありません。

でも、卑弥呼の陵墓と大比叡の間は山で遮られています。

最澄様と空海さまは、間違いなく、平安京を造った第50代桓武天皇や和気清麻呂らの指示のもとに任務を忠実に遂行したことでしょう。

平安京の生命の樹(カバラ)もそのことを教えていました。

そして、空海さまは、金堂で手を合わせると、和気清麻呂に手を合わすように金堂を設計されました。

清麻呂氏も又、イエスの陵墓やイエス王家の陵墓を意識したポイントに、そちらに手を合わせるように建物も設計されていました。

もう、初代大王イエス・キリストと、その血を受けつぐ女王卑弥呼が何を成したかとそれらの真実を、平安京を造った人達は皆、ご存じでした。

この大地に、幾重にも幾重にも壮大なスケールで、三角法を駆使して幾千年経ても消えることのない記録を残してくれていまた。

かごめかごめの唄と、とおりゃんせの唄は、これらのことを教えていました。

 

 

    


この記事をはてなブックマークに追加

空海さまに導かれて高野山へ

2016-06-24 10:32:43 | かごめかごめの真実とは

2016年6月24日(金)

 6月26日(日) 最澄さまの比叡山延暦寺根本中堂に行くに当たり、「行く前に、高野山金剛峰寺金堂の秘密を知ってから行ってほしい」と空海さまが言われているようで、それまでに行って秘密を教えてもらうことにしました。

それはやっぱり先に空海さまにご挨拶に行かなければ、筋が通りません。

金堂前に着くなり、彩雲での歓迎でした。 

   

そして雲もいろいろ語りかけているようでした。

「遅かったぞ! でも・・ぎりぎりセーフだ!」と雲でサインをだしていました。

「最澄氏のことを語る前に・・、根本中堂の秘密を言う前に、高野の秘密、空海のことを言え!」とな。

      

「善女龍王」「青龍大権現」・・ = 弁財天 = 女王卑弥呼 と教えていますね。

      

 

     

 

この凛々しい空海さまの像は、高野山にはありません。 日本のどこにもありません。

中国の西安(旧長安)にある像です

 やはり空海さまは全てをご存じでしたね。

空海さまは大事なものをチャンととある場所に隠して居られましたね。

「空海さま、しかとウエモリ君は見届けました!」

「武部さん、ありがとうございます。感謝します」と、「武部さんにお伝えください」と、空海さまからの伝言でした。

  感謝いたします!

 


この記事をはてなブックマークに追加

空海さまが現れ犬飼山轉法輪寺へ

2016-06-23 07:11:11 | かごめかごめの真実とは

ツアーは26日、今度の日曜日です。 毎月第四土曜日のセミナーはお休みです。

2016年6月23日(木)   

 竜王山から銀峯山波宝神社へと行って、車で山を下りだすと突然、空海さまの坐像が目に飛び込んできました。

なかなか見れない大きな像でした。 「やはり空海さまが・・・」と思った私でした。

その空海さまの像がある場所からほどなくして、古い石段に吸い込まれるように上っていくと、大きな岩が・・。

王子社と灯篭には文字が刻まれていました。

    

そこから目指すは高野山へ。

途中、武部さんも寄って見たかったという犬飼山轉法輪寺 を覗くことになりました。

不動明王を祀る明王堂がありましたが、明王堂はイエス王家の陵墓である岡山の天神山の方角(295度)にきっちりと向けて建っていました。

人々が手を合わす先(115度)には、黒滝村の山頂895mに墳長250mほどの前方後円墳のようなものがありますが、何か大きな意味を教えているようです。

 

        

 


この記事をはてなブックマークに追加

竜王山から銀峯山の波宝神社へ

2016-06-22 13:30:01 | かごめかごめの真実とは

2016年6月22日(水)

 山の山頂に立派な神社がありました。 

波宝神社 ・・ 奈良県五條市西吉野町夜中176番地

役行者がここでここで秘法を行った伝承があるとのことです。

立派な赤い鳥居に神蔵大明神の難しくて読めない文字。 

桜と菊の手水鉢。

立派な三羽の鶴の絵。 私には三羽の鶴は、マリア様イエス様女王卑弥呼と聞こえてきますが・・。

本堂は竜王山に向かって建っていましたが、その逆、すなわち人々はどこに向かって手を合わすかと言えば、

伊賀国分寺跡・長楽山廃寺跡に祈るようになっています。もっと遥かその遠くには、弥彦山が存在しています。 

大いに意味ある山であり神社です。

武部さんも感心して見入っていましたねぇ。

            


この記事をはてなブックマークに追加

竜王山・イエス・キリストの陵墓・上一宮大粟神社は正三角形

2016-06-21 12:04:51 | かごめかごめの真実とは

2016年6月21日(火・夏至)

 イエスの陵墓を中心に半径130.84㎞の円上に、お墓や山が並べられているようです。

この円上にある滋賀県八幡市にある竜石山は、第6代孝安天皇の陵墓です。

空海さまが修復した満濃池も同距離に存在します。

イエス・キリストの陵墓から竜王山と徳島の神山温泉にある上一宮大粟神社の3点を結ぶと、見事な正三角形を描きます。

偶然でしょうか。  偶然ではありません。

 

  

竜石山は第6代孝安天皇の陵墓で、墳長370mもある綺麗な巨大な前方後円墳です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

竜王山は大王イエス・キリストを遙拝する特別な山でした

2016-06-20 11:27:05 | かごめかごめの真実とは

2016年6月20日(月)

竜王山の東南にまっすぐに伸びた稜線は、等高線地図で見たとき、意図的に造形されているように私には見えます。

現地へと行きましたが、何とも言えない素晴らしい光景が以前はあったと想像できました。

でもその情景を作り出していた赤松の参道も今は朽ち倒れた赤松の残骸から推測するだけでした。

なんと、広場からそびえたつ竜の磐座を眺めると、そのはるか遠くには、イエス・キリストの遺体を入れた神河町上小田のイエスの陵墓へと行きつきます。

偶然であろうはずがありません。

ここの竜王山はオリオン座のサイフという星ですが、ここからイエス・キリストに手を合わすと、サイフにお金が貯まるとか・・??

・・であれば良いですねぇ。 この日を境にして私のサイフにお金が貯まるようでしたら・・ ・・ んん 楽しみにしたいと思いますぅ。

 

この季節には、祈りの広場からみていると、丁度、龍の磐座がある竜王山に太陽が沈んでいく素晴らしい光景が空海さまの時代には見えたことでしょう。

邪馬壹国(邪馬台国)は、オリオン座、子犬座、大犬座をこの大地に下して、それをモデルとして国土設計していましたが、やっとこの目でその重要な山々を見ることができました。

やはり、オリオン座でも一番赤く輝く星がベテルギウスですが、その場所に赤い土だけで前方後円墳が造られていたことも、大いに意味あることでした。

これだけの壮大なスケールで国造りが行われたことは、多くの方々に夢と感動と生きる勇気を与えたことでしょう。

その感動の主人公こそ、今尚世界中の人々を魅了してやまない要因なのでしょう。

そろそろ我が国の初代大王、イエス・キリスト=大国主命の再臨のようです。

いつもながらに武部さんは、重要な磐座を真っ先に発見します。 

さすがに今回も、モーセの直系武部さんの存在があればこそでした。 

本当に感謝です! 武部さん、 ありがとう!

   、

              

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

竜王山から高野山へ

2016-06-19 11:19:41 | かごめかごめの真実とは

2016年6月19日(日)

 おお~~、龍の磐座がありましたねぇ!

竜王山は、大変な遥拝の山でした。 祈りの場でした。

竜王山から高野山へと行って、金堂前にやっと着くと、空に不思議な光が出現しました。

そして雲も・・。 雲は、「セーフ!」と表現してくれているように見えました。

時間ギリギリで滑り込みセーフ!ということのようでした。

素晴らしい素晴らしい一日でした。 それにしても 不思議な不思議な世界ですねぇ。

詳しいことは後日・・。

     

 


この記事をはてなブックマークに追加

最後の地点へ

2016-06-18 07:59:20 | かごめかごめの真実とは

2016年6月18日(土)

 オリオン巡礼最終地、竜王山へ。

何があるのか、無いのか・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

綺麗ですねぇ!千鶴山

2016-06-16 20:22:51 | かごめかごめの真実とは

2016年6月17日(金)

 古代史研究家の市川慎さんが、千鶴山が一番きれいに見える絶景ポイントを見つけられたとのことです。

メールで写真を送っていただきました。  感謝いたします。 ありがとう!

 

7月24日(日)TTCセミナールームで、感動塾さま主催で市川慎さんの講演が予定されています。

市川先生は、日々、古代史研究に励んでおられますので、是非とも皆さんには聞いていただきたいと私は思います。

予約は感動塾さまへお願いいたします。

  

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

最澄様と空海さまの夢

2016-06-16 09:42:28 | かごめかごめの真実とは

201616日(木)   

 今月26日(日)に行われる「最澄さまはすべてを知っていた」のツアーに、古代史研究家の市川慎さんも行かれることになりました。

集合場所は新大阪駅です

大型バスで、日本天台宗の開祖である最澄様がお生まれになった近江国滋賀郡古市郷(現在の大津市)へと行きます。

お生まれになった生源寺、 遊ばれたであろう日吉大社、そして人生での大舞台、比叡山延暦寺根本中堂へと行きます。

今月のいつものTTCでのセミナーは、26日の野外セミナーと言うことになります。

市川先生にも話してもらいます。 武部さんにも話してもらいましょう。 

最澄様の御命日の日に、根本中堂の建築設計から最澄様の胸の内をみなさんに汲み取ってもらいたいと思います。

そしてその場所そのものがどのような重要な意味を持っているかを肌で知って頂きたいと思います。

最澄様と空海さまの夢は同じだったと私は思います。

そして・・、お二人は今、「成就」ということを切に願われています。

「みなさん、よろしくお願いします」とお二人の言葉が聞こえてくるようです。

ノアの箱バスへの搭乗申込みは、20日(月)に締切いたします。

 

 畑山とは秦氏の重要拠点の山のようです。

神河町のイエスの陵墓と比叡山延暦寺根本中堂と、畑山はほぼ二等辺三角形で角度は30°30°120度です。

応神天皇の代に弓月の国(現在の中央アジア、カザフスタンあたり)から19万の民を引き連れてきた秦氏。

この国の歴史と秘密を秦氏はキッチリと知っていますね。

最澄様のルーツも弓月にあるようです。

 

201616日(木)   どこかで・・何か・・、重大なことが・・!?

 

 


この記事をはてなブックマークに追加