かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

行きなさい! 今すぐ・・

2011-11-27 19:20:06 | かごめかごめの真実とは

2011年11月27日(日)

昨夜は穴掘りから帰ってきて・・、それから夜遅くまで地図上に線を引かされました。

そして朝、事務所に着くなり・・「行きなさい! 今すぐ・・」と、言われているようで・・、あまりにもその場所が気になるので、電車に飛び乗りました。

そして数時間後には稲枝のホームに下り立っていました。

それからタクシーに乗って・・その地に立っていました。 ゆっくりゆっくり360度見回して・・・、

おお!なんと・・その時、大きな日輪です。  大きな・・・

私に教えた秘密の場所・・「それは本当ですよ!」と 微笑んでいるようでした。

Dscf4727

Dscf4693_2 Dscf4697_2Dscf4696_3

Dscf4698 Dscf4702_2

Dscf4720 Dscf4733_2

Dscf4734


この記事をはてなブックマークに追加

立ち入り禁止

2011-11-26 22:26:50 | かごめかごめの真実とは

2011年11月26日(土)

 人が近付かないように立ち入り禁止のトラロープを張りました。

穴掘りの手伝いに来た人たちも、「ホントに 鶴ですね! 亀ですね! 魚ですね!・・見る角度によって・・」と、御満足の様子でしたね。

穴はだんだん深く深くと・・なって・・     奥の隙間から風が吹き出しているのを見て皆さん ワイワイ、ガヤガヤ  ホントだぁ・・

Dscf4682

Dscf4683 Dscf4688Dscf4684

Dscf4689


この記事をはてなブックマークに追加

白山に何か大きな秘密が隠されている気がしますが・・

2011-11-25 21:44:41 | かごめかごめの真実とは

何を問いかけてくるのでしょうか・・・

白山から南西へと一直線上に重要なポイントが並んでいて、その線を中国へと伸ばしたら・・

またまた不思議なことがぁ・・・、 んん・・ 三つの十字架と、鶴と亀とのポイントとに、何やら怪しい臭いがただよいますねぇ・・・

Photo

Photo_2


この記事をはてなブックマークに追加

最初に建てられた稲荷神社と重要な場所を結ぶと・・

2011-11-22 20:14:27 | かごめかごめの真実とは

2011年11月22日(火)

朝、出勤途中に産土神様へ数日ぶりにご挨拶へ行きました。

私 :「・・感謝しています。どうぞ最後まで・・、頂いた台本通りの役を私に演じさせてください」

・・・と、手を合わせてから電車に乗って、・・会社へ着くと・・、着くなり・・。

「じゃ~、いつもの通りやってもらいましょう」・・と、どこからともなく言われたような・・。

・・で、朝から PCを開くと・・ 下記の情報が現れて、読み終えるなり・・、テーブルの上に地図を広げて線を引いている私が居ました。 もう地図を広げて線を引くことからは解放されたと思っていましたが、・・またまた・・でした。 (ありがとうございます。感謝です)

さっそく、台本通りのお勤めと思って取りかかりました。

・・・

稲荷神社; 景教(ネストリウス派・東方キリスト教)では、イエス・キリストのことを、しばしば、「JNRI」、あるいは、「INRI」と表現する。これを読むと「インリ」、すなわち、「イナリ」となり、”稲荷”は当て字である。安閑天皇の時代に、秦氏はイエス・キリスト神社として稲荷神社を建てた。最初に建てられた稲荷神社は、和歌山県有田市の糸賀稲荷で、この地方は現在も”王子信仰”が盛んな地でもある。建立時の稲荷神社は霊験あらたかで、瞬く間に日本全国へ広がった。(狐が祀られるようになったのは、後の8世紀になってからで、空海による。)
・・・

 聖書研究家の久保有政さんは「日本の中のユダヤ文化」の中で、上記のように述べています。

・・・

 不思議ですねぇ! 偶然を通り越していますね。

キッチリと菱形の図形ですよ。 生野と、空海様が修行したという室戸岬の御蔵洞(御厨人窟と神明窟)と、最初に建てられたという糸賀稲荷神社との関係。その先にはまたまたキッチリと千ケ峰トライアングルの玉置神社です。

何を私に教えているのでしょうか。

私は今年5月24日(火)室戸岬の御蔵洞へ行きましたが、行って思ったこと、それは、「ここ、この洞窟では空海様は修行はしていない」ということでした。空海様は、大変な秘密を知りえていて、大変な任務を担って隠密的行動をやっていたのではと推測しています。

空海様の空白の7年間と、中国は長安から帰ってきてすぐにどこへ行っていたかを、私に語りかけてくるようです。

いつものように・・、「時間がない、早く取り出せ!」と・・、お叱りを受けている私です。

Dscf3218 Dscf3233Dscf3227Dscf3220

Dscf3226Dscf3225 

Imgy221833110001


この記事をはてなブックマークに追加

重大な秘密があるようです

2011-11-21 20:51:00 | かごめかごめの真実とは

2011年8月29(月) 自宅を朝6:00頃に出発して、最初は 胡麻の丸山へ行きました。

Photo_6

 生命の樹に現れたポイントの不思議な山の山頂へ行くと、何か上空が気になるので写した写真に・・・

Photo_5 Photo_6

   

そして重要な次のポイントの 愛宕山へ。

生命の樹(男・女) のセンターライン上で重要なポイントの一つが この山 です。

Photo_5

Photo

Dscf4291 Dscf4299 Dscf4285 Dscf4278 Dscf4269 Dscf4297

   愛宕山  あたごやま  アタゴヤマ  アタゴ  アタゴ

鶴と亀を造形している 生野銀山の資料館のケースの中にあるいつの時代のものなのか

・・ 古い絵図がありますが、川で囲まれていて、その中に アタゴ って書いてあります。

そのアタゴがある山には・・ 御林 絶峯 と書いています。

Photo_2

・・・

「綺麗な声で歌を唄うお姫様を奉っている神社があるはずだから探して行きなさい。そこへ行けば人が待っています」と言われて行ったのが、2011年9月23日(木・祝)でしたが、その神社で会った男性にすかさず私は聞きました。

私   :「この山の名前は何ていう山ですか」

男性  :「ゼッポウ と言います」

私   :「ぜっぽう !?ですか。 ・・どんな字を書くんですか」

男性 :「絶対の  に、 です」

・・・この瞬間、 私は 間違いない! と電気が走ったような瞬間を今でも覚えています。

 絶対の王様の ミウネ  対の王様の お墓 ・・で、 絶峯 ゼッポウ なんですね。

 ミウネ・・とは、ヘブライ語 でお墓なんですね。

ちなみに・・ 段ヶ峰は・・、 ダン族のミウネ  で、 ダン族のお墓 なんですね。

ダン族のシンボルは何ですか?・・蛇 ではありませんか。 神格化したら 龍 ですね。

ダン族の任務は何ですか?・・・・王様の頭上、または北を守護する任務ですよ。

北の守り神は・・、亀に蛇  ・・ 玄武ではありませんか。

まさにそれを段ヶ峰には 亀と蛇(龍)を造っていますね。 大きく大きく山を使って・・。

悲しいのは、亀さんの甲羅にあたるところは、ゴルフ場で壊されていますから・・。無残ですねぇ。

Photo_3

Photo_4

Dscf4005

Dscf4004

Jjmark


この記事をはてなブックマークに追加

どんどん世界へ情報発信です。日本の皆さんは誰も真剣にならないから仕方ありませんねぇ。

2011-11-20 22:32:33 | かごめかごめの真実とは

Photo_5 Dscf4126_6   

かごめかごめの唄は、空海様が千ヶ峰(兵庫県)の山頂から伊勢神宮の方を向いて唄いました。

 かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ? 

籠の中とり は、 トットの  と、の  ですね。

そしてもちろん も・・。 鳥は 鶴です。

レトリーカーな空海様ですねぇ。

後ろの正面の向こうには龍を作っています。

段ヶ峰の山頂にです。

段ヶ峰は ダン族のミウネ(お墓)ですね。

それで・・、ダンガミネ・・、段ヶ峰ですね。

ちなみに千ヶ峰は、ヘブライ語で トセー ガド ウィッシュ ミウネ で、殉教者を持ち帰り祀ったガド族のミウネ(お墓)の意味でしょう。

・・・

鶴と亀や、女神ハトホルなどの地上絵の場所場所を、地図上のベンチマークポイントからキッチリと教えてくれています。

先ずは伊勢の青峰山から千ヶ峰トライアングル(千ヶ峰、玉置山、剣山の正三角形)の千ヶ峰(1005m)と、その先の段ケ峰まで線を引きます。

次に、

大峯山(奈良県)から淡路三山の最高峰、諭鶴羽山(608m)へ線を引き、そこから直角に北へ直角二等辺三角形の地点が鶴と亀の場所、生野です。

又、大峯山山上ケ岳(1719m)から淡路三山で二番目に高い、柏原山(569m)へ線を引き、そこから直角に北へ直角二等辺三角形の地点が女神ハトホルの場所、丹波市山南町五ケ野です。

又、大峯山山上ケ岳から淡路三山で三番目に高い、先山(448m)へ線を引き、直角に北へ線を上げると、生野へ行き着きます。

又、大峯山上ケ岳から高砂沖の上島(神島)へ線を引き、直角に北へ線を引いて、天橋立にある籠神社まで伸ばすと・・・どうでしょう。  十字架ができてしまいます。 十字架の交点が女神ハトホルです。

青峰山(336m)から上島へ線を引き、直角に北へ引くと、生野へピタリと行き着きます。

どうして伊勢神宮を現在の場所に決めたのかもキッチリと教えてくれています。

・・・

そして かごめ唄をヘブライ語で解読すると・・

なんと 

誰が守るのか?誰が契約の箱に安置されている神器を取り出すのか?それを取り除き、お守りと差し替えよ。そして誰もいない荒地に水を引き、そこを聖地として支配せよ」(中島尚彦氏・成田ジャーナル) という意味のようです。

・・・

さぁ  後ろの正面だ~~れ!? の場所が特定できました。

いよいよ とうりゃんせ の唄の舞台です。 これもヘブライ語と中国語で、

 トセー  ・・  殉教者を持ち帰り祀った  取り出せ の二つの意味があるようです。

 リャン ・・ 二人

  ・・で、 とうりゃんせ~、とうりゃんせ~  は、 二人の殉教者を持ち帰り祀っているので、取り出して! と伝えているようです。 

かごめかごめと、とうりゃんせの唄は、二つでセットのようです。

大地震、大津波、大噴火 世界の政治経済も常識では考えられない 「まさか!」が起きる時代になってきたということです。 夜明けの晩に・・入ってきたということです。 さぁ・・時もその時が来ましたよ!と教えてくれています。 だから・・、早く取り出せ!と天界から空海様が・・・。

そして・・、これからの出来事こそが・・世界再生へのシナリオのようです。

Photo_5 Photo_5

古代エジプトの女神 ハトホル様

Photo_6 Photo_11

お魚(トット)

Photo_7 Photo_10

龍(玄武・・蛇と亀)  私には龍が今でも生きているように観えてしかたありません・・

Photo_8 Photo_9

鶴と亀  さぁ・・みなさん 観えますかぁ!

     中央から右に亀さん、左に羽を広げた鶴さんです。

     中央の四角い聖地の中で亀さんと鶴さんがキスしていますぅ?

Photo

生贄の鹿 も中心ライン上に発見されましたねぇ。

生命の樹も 4つ浮かび上がりましたねぇ。

Photo_2 Photo_4Photo_5Photo_3

3つの十字架の不思議です。

大きな十字架の先は、キッチリと空海様が学びに行った長安、現在の西安に行きます。そしてもっと西へ西へと行ったら、イスラエルのガリラヤ湖へ行きます。

二番目の十字架は バチカンへ行きます。

一番小さい十字架は、中国は遼寧省の千山です。千ケ峰の先は千山です。

あまりにも不思議な不思議なお話です。

Photo_6

Photo_11Photo_7 Photo_9Photo_10Photo_8

Photo_12


この記事をはてなブックマークに追加

そのまま翻訳したら・・

2011-11-20 18:58:04 | かごめかごめの真実とは

November 2011

DayMonthFireWaterTreeKimSoil
One Two Three Four Five
Six Seven Eight Nine Ten 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

Search OCN

<form action="http://cgi01.ocn.ne.jp/cgi-bin/find/find.cgi" method="post" target="_blank"></form>

Recent Articles

Powered by Blogzine [People Blog]

August ?2011 | Main | ?October 2011

2011/09/29

A magical experience

Dscf4427

Dscf4428 

Dscf4430

September 28, 2011 (Wednesday) empress temple in Nara I hope to give Mr. companions visited the門跡like us.

? ? ?

Mr. I: "Is that so per cent, of those that come from there some way related to the Emperor"

Me: "That's right, as soon as possible to tell that I have not A"

Mr. I: "~'ll, tell!"

Me: "Oh no! What is an acquaintance I I"

Mr. I: "It is so important to hurry"

And ? ? ?, it will say, the story was that day like a dream realized.

But ? ? ?, what I would. You put that car from the back gate, and came suddenly feel nostalgic if anything soon walk the garden, overlooking the surrounding was slow. The surge came as suddenly feeling nostalgic about perspective and view, full of tears from the eyes, the cheeks felt 伝I flow. Has been bubbling up without even wiping clean Tomedo even those that flow. Information was well into the room, and let alone stop, and do not raise a loud cry of, and barely able to keep track of their own that were in Korae Korae. Despite the presence of those who were accompanied, could only hold a handkerchief in the other eye.

So when I met so 門跡 us, would be felt strange. ? ? ?

? ? ?

What is this, what would? A first place to go but "nostalgic!" I raged sentiment.

Long ago, living in the countryside away from urban areas, when returning to home and grew up a long time, like feelings that come home and write stations gradually toward the train. That was exactly the same feelings come bubbling up from the depths of the mind that when parents and again after a long time.

And, like a voice from somewhere, had collapsed as a bulwark of the word at once in tears. To that word.

But for the first time made the place, Nantes hand full of tears. Such was mixed in with someone inside of me. Experience was a strange strange.

 

2011/09/27

Miroku civilization of high-dimensional meta-

Img9272002400001_2

September 25 (Sunday) had met with Dr. Akira Yoneda. I submitted a story to listen to the teacher in this magical year. 26 And the next day (Monday), is an important place in the tree of life, as submitted by Kukai's own look at the Turtle Stone 再度山 大龍寺.

Was authored by Dr. Miroku high dimensional meta civilization from you for a teacher, I read astonished, I received a heart-stopping shock. And experience the wonders of this year, the futuristic predictions in vague sense that I could from there, the teacher had written in the text closely.

-->


この記事をはてなブックマークに追加

15菊花紋の謎

2011-11-20 13:06:06 | かごめかごめの真実とは

生野銀山の資料館のケースの中に素晴らし刺繍を施したものがあります。玉手箱を持って龍に乗った乙姫様、亀に乗った浦島太郎。 その中央には龍宮城を背景にした菊紋。・・・・ん?? ん???????????  いち にい さん・・  数えてみてください。 花弁はいくつでしたか。

これは何を意味するのでしょうか。

 龍宮城に立っている旗の文様にも 大いに意味がありそうです。生野銀山に行かれることがありましたら、ぜひともじっくりと観て謎を解いてください。

Dscf2924 Dscf2932

Dscf2931 Dscf2933

Dscf2925 Dscf2929


この記事をはてなブックマークに追加

収録

2011-11-19 22:22:37 | かごめかごめの真実とは

11月19日(土)

「私は、この日本に人類的世界遺産である地上絵を発見した事実だけを情報として発信したいだけです。初めはわかりませんでしたが、不思議な図形は旧約聖書に出てくる 生命の樹 だと解りました。しかも・・表と裏と言いましょうか、男性と女性と言いますか・・。古代エジプトの女神ハトホル 魚 鶴と亀 龍 生贄の鹿というようにこの地上絵は、図形の中心ライン上に見事なほどに一直線に並んで造られています。 ・・・今、穴を掘っている場所に眠る、人類的神宝を一刻も早く取り出すことと、地上絵の保護をすることが、私達の使命だと思うようになりました」・・と、私。

「では・・、喋ってもらえますか」・・と、カメラマンのMさん。

11月11日、三重県名張市桔梗が丘で行われた世界再生コンサートの収録も合わせて、どのようにDVDを作成するのかをお昼から延々と夜遅くまでTさんと共に3人で行っていました。

・・そこへ・・

「こんばんわ~~~」とおばあさんがやって来ました。

Eおばあさんは、事務所の前の高層マンションに住んでいて、いつも私の事務所の様子を観ているとのことで・・・ いつも・・「こんばんわ~~~~」と、夜になると差し入れをもって来るんですぅ・・・。

さぁ・・来月の中までに出来上がるでしょうかぁ・・・。

改めて平原誠之氏が奏でるあの時の「描写組曲 火の鳥」の演奏と顔の表情を観ていると・・、あの感動と興奮が増幅されてきました。 あの時、まさに 神の儀式 だったことが理解できるでしょう。

氏の顔の表情もピアノと同様、まさに芸術であり神業です。

Photo





この記事をはてなブックマークに追加

準備万端整えよ!

2011-11-17 17:24:22 | かごめかごめの真実とは

11月11日の興奮のうず巻きも遠く過去へと去ってしまったような・・今日この頃です。

事務所に出入りする皆さんを見つめ続けている亀さん達と会話する時間も少しはできて・・

・・・

亀さん達 :「ゆっくりしている場合じゃないでしょう、早く書類を作りなさい!時間はないですよ」

  私   :「すみません、 そうでしたね・・。 急いで作ります」

亀さん達 :「言わなかったら、ギリギリまでやらないんだから・・」

大亀様  :「準備万端整えよ!!」

  私   :「はい!」

・・・

  第一幕のクライマックスも終わり、いよいよ第二幕のステージが始まります。

いよいよ世の人々が、先人達が残してくれた壮大なスケールの世界的遺産がこの日本にあったことを認識することになるでしょう。かごめかごめとその仲間たちは、休む暇もなく次の第二幕の幕を開ける準備で大忙しです。  ああ・・・、 早くしないと・・・  始まり始まりぃ・・

火の鳥になった平原誠之氏も新たなステージに突入したようです

Photo


この記事をはてなブックマークに追加

夢のあと

2011-11-12 21:24:40 | かごめかごめの真実とは

2011年11月11日(金)

三重県ヴェルージュでの儀式は二人のビッグショーから始まっていました。

Dscf4644_3 Dscf4645

Dscf4637_3 Dscf4641_3

その時、他の会場(山水園)では・・平成維新塾が開催されていました。

Dscf4649_2Dscf4648_2

開演前・・

二人のビッグショーが終わり、急きょピアノがホール中央に設営され慌しくピアノの調律と打ち合わせが・・

Dscf4650 Dscf4652

・・開演開始直前、突然に・・

Tさん:「椅子、二つありますか・・、大変な方が来られました。朝6時前に電話があって・・と」

私 :「そうですか(私は非常に冷静でした)、〇〇様の命を受けられた方が来られましたか・・」

・・そして世界再生コンサートは始まりました。・・どうして、この日、この会場でこのコンサートが開催されることになったのかの意味が淡々と説明されてゆき、1部(出逢)が終わって休憩の時間も終わり・・

そしていよいよ平原誠之氏が1階入り口から紋付き袴姿で登場し、氏がピアノの前に姿勢を正して・・息をのむ時間の静寂の中からかすかな音が聞こえてそして・・第2部(祈りの再生)が始まりました。中、休憩が入りましたが、それはもう皆さん興奮状態でしたぁ。

神の儀式のクライマックスには・・・ 描写組曲「火の鳥」

第1曲:プロローグ「火の鳥の眠り~目覚め」

第2曲:邪馬台国

第3曲:火の鳥と決戦「弥生民族VS火の鳥」

第4曲:火の鳥の死~卑弥呼の死~悲しみの邪馬台国

第5曲:エンディング「火の鳥の復活」~不死鳥~

最後、平原氏の身体の全ての動きが止まり・・もう皆さん総立ちで興奮の坩堝でしたぁ。

それから彼は階段を上がって天空へと消えてゆきました。

この日、この時の出来事は、人類史上永遠に語り継がれるシーンであることを強烈に知っているのは私だけでしょうか・・・ですから記録は映像としてキッチリと収録されました。

・・・

コンサートの翌朝・・平原誠之さんと皆さんで記念撮影を(山水園さん玄関前にて)

Dscf4654

かごめかごめのつどいを終えて 笠置山

ここでも発見がありましたねぇ。 生命の樹の重要なポイントにあたる笠置山がどのような役割を果たしているのかということが・・・。

Dscf4656

Dscf4657 Dscf4661Dscf4658

Dscf4662 Dscf4665Dscf4664

Dscf4672 Dscf4674


この記事をはてなブックマークに追加

満員御礼

2011-11-09 20:51:02 | かごめかごめの真実とは

11月11日(金) 三重県ヴェルージュでの世界再生コンサートのチケットはお陰さまで完売いたしました。ありがとうございました。

誠に申し訳ございませんが、当日会場におこし頂きましても会場に入ることができません。

本当に申し訳ございません。 ごめんなさい・・・

Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13


この記事をはてなブックマークに追加

私への強烈なメッセージが・・

2011-11-09 13:18:20 | かごめかごめの真実とは

2011年10月30日(日)小雨

29日、東京からお医者さんのOさんと、日本超古代文明研究者のKさんが穴掘りの手伝いに参加してくれました。最初から穴掘りを手伝ってくれている元JリーガーのNさんと私との4人で生野銀山で観光と食事を済ませてから山へ入りました。4人のチームワークよろしく、かなり掘り進みましたねぇ。そして宿泊は、黒川ダムの麓にある民宿やまびこ山荘さんで夜が更けるまで不思議な話がはずんでいました。あまりにも・・と言いますか、 プレアデスが シリウスが・・ UFO が・・と お三人さん方はもうどこまで話が行くんだろうか、宇宙のかなたまで行ってしまうのでは・・と思うぐらいに盛り上がっていましたが、私だけが全く知らない世界の話しに、ただただイキイキ話すお三人さん方の話しにポカ~~ンとしているだけでした。私以外の3人は完全に宇宙人のようでしたが、 「夕食の魚料理は美味しかったですねぇ~!!」と、強烈に4人が合意するところでした。

翌朝は朝からあいにくの小雨模様でしたが、Kさんのお友達が京都から参加されるということで、生野まちづくり工房 井筒屋さんでタイミングよく合流できました。そして会議室をお借りして、皆さんにプロジェクターで映し出して・・Img_3023

私 :「この場所が上空から観れば、鶴と亀が造形されている場所ですPhoto_3

皆さん:「・・???・・・??」

私 :「そこの窓の障子を開けてもらえますか」

034

・・

私 :「そこに見える山が・・、絶峯です! 世界の聖地になる山です」

 「エエ~~~ッ! そうなんですかぁ・・」

 「エエ~~ッ、感激ですぅ・・」

・・・ もう、皆さんがドラマの中にいるようでした。

・・・でも、・・その後にもっと驚くドラマが待っていようとは・・

・・・

 下の写真を見て下さい。

山に白い動きをもった光の玉が映し出されています。

実はこの写真を撮った女性がこの日写した写真には、不思議な光が沢山写っていて、私しか知らないところに光が写っていて、あまりにも不思議なので、女性が写したカメラを借りて私が写すと、キッチリとそこに妖精らしいものが羽を広げて飛んでいるような光が映ったりもしました。 ティンカーベルのような・・。 他の二人の男性が写しましたが写っていませんでした。その女性が何もしらずに写した岩にも山に現れた光の玉が写っていて・・・

私しか知らないところに、光が写っているので、それで私はその女性と皆さんを大事な場所へお連れして、そこで説明をしていました。・・・が、その場所をまたまた、その女性が写真を撮ったら・・・

中央にいた女性の耳元に オレンジ色の五芒星 が写っていました。

ああ・・・ これは 誰かが私に強烈にメッセージを発信しているようです。

Photo Photo_2 Imgy091048340001_2 Imgy091048180001_2


この記事をはてなブックマークに追加

神戸から世界へ

2011-11-07 11:44:08 | かごめかごめの真実とは

2011年11月6日(日)

神戸ポートピアホテル ポートピアホール で世界平和への祈りと音楽の祭典が開催されました。

世界の宗教、宗派を超えて・・・、みなさんが集いました。

「どうして対立し、奪い合い、殺し合いをするのだろう・・」と、素晴らしい音楽を聞きながら私は涙していました。 争いのない平和な地球であってほしい。 そのために何が私にできるのだろうか。 問いかけていました。

素晴らしい、とても素晴らしい一時を過ごさせていただきましたぁ。 感謝です!

Dscf4622 Dscf4623 Dscf4632 Dscf4631 Dscf4629 Dscf4628 Dscf4627 Dscf4626 Dscf4625 Dscf4624


この記事をはてなブックマークに追加

禊ぎ、祈りの場所

2011-11-07 09:46:46 | かごめかごめの真実とは

2011年11月5日(土)雨

鶴であり亀でもある岩の上の山へとけもの道を上がって行った場所に滝があります。

その滝には、人が安定して立てるように岩が水平に掘られていました(波動の塩が置いてある場所)。その場所に立って背中を水に打たれながら観える方向には亀の甲らにあたる山がキッチリと正面に見えます。

私はそこで自然に左手を差し出し人差し指を立てて、そこに右手の親指を水平に重ね、他の指で左手の人差し指を包んでいました。そして・・、M~ K~ R~ B~ A~と、唱えていました。それから上へ上へと道なき山を登っていましたが、登り、歩いて、確かな何かを感じ取っていました。(一人で雨の日に、知らない山をよく歩くよな~、と自分自身不思議で仕方ありません)

そして山から下り、着替えてY宮司さんの家へ。

ピッポーン

・・・   一枚の絵図を差し出して・・

私  :「この絵図の中に、〇林とあります。普通このような書き方はしませんよね」

宮司 :「そうですが・・、もうひとつ反対の山にもそれはありますが・・」

私  :「そうでしょうね。当然、そちらの山にも〇林があると私は思います」

Photo

  

Dscf4601 Dscf4619 Dscf4602 Dscf4605 Dscf4604 Dscf4609_2 Dscf4608

Photo_2


この記事をはてなブックマークに追加