それゆけ!ぶんぶん一家☆ミ

不器用な3人家族と、ゆかいな仲間たちのブログです。

鯨にお酒。日本に生まれて良かったと思った件☆まんてんや☆大阪市住吉区♪

2017-03-21 05:16:14 | グルメ

久しぶりにやってきた。あびんこ。地下鉄御堂筋線あびこ駅周辺。

大人気焼き鳥店は、既に予約が詰まってて、次は21時だと。

うん、4時台に来ても無理・・・って、奇跡を祈ってみたのだが、あかんわ。

で・・・もう暖簾出てるからいけるかな?4時台だってぇのに、ええよ~ってマスター。

全国の日本酒が飲める専門店にて、夕方5時から7時まで1杯200円の生で乾杯

お通し2人分は、違うのん出てくるから好き。

近所の人気焼き鳥店に入れなくっても悔いはない!って思える生鶏2種。

肝とタタキ。むちゃくちゃ美味しい~!!新鮮やないと出来ないもの。

で、ちょっと悩む。大好きなサラダメニューが豊富なのは良いけどね、どれもボリュームが半端ない。

そして決めたのはお連れの大好物、豆腐が入ってるやつ。手伝ってくれるでしょ。

野菜もりもり。この量にしたら、ここのサラダってどれもお安いと思う。

豆腐はやっぱり醤油が良いって顔に書いてるお連れ。ドレッシングも酸っぱいの嫌いって。

甘めの胡麻ドレッシングならOK~って、子供か!?

野菜は美味しい。がむしゃらにわしゃくしゃわしゃくしゃ・・・・・・・。

ほんま野菜すっきゃな~って笑われながら、この程度の野菜、火~通したら3口やわ!って反論。

宇和島のじゃこ天

じゃこ天には、ちょっと煩い人。じゃこ天頼んでも、ほんまもんと偽物があるらしい。

どう違うの?って聞いてみても・・・ほんまもんは美味しいねん。って・・・・だから。どう違うの?

まあ良い。って思ったのは私の大好物が届いたから

美しい!!本当に嬉しい。何がって、鯨を食する文化がある日本人として、生まれてきて良かった。

そしておチビの頃には、鯨ば~っかり食べていたし、冬場は水炊きに次ぐ鍋物ははりはり鍋だし、

おでんには普通にコロが入ってたし。それが今や高級食材。お久しぶりね、鯨ベーコン。

鯨は自然のサプリメント。EPAとDHA、美味しいエイコサペタエン酸&ドコサヘキサエン酸

凄い美しい脂、何も付けなくっても、そのままで美味しい。その旨み、独特の甘み。

実は、ゴマ油かけると、セサミンとの相乗効果で動脈硬化も抑制できる・・・って、

そんなん、食べるときには忘れてるの。今度食べるときには言おう。『ごま油下さい』って。

にんにく丸揚げをお願いしたら、今までに無かったスタイルでやってきた

これはかなり画期的!!いつもは、熱!あちちち・・・・って言いながら皮を剥いていたものだけど、

竹串でくるりん・・・簡単に中の身だけをピックアップできる仕様になってる。

ご機嫌さんでにんにくを楽しんでる隣で、ど~も気になって仕方ないお酒があった。

日本酒は辛口の方が好きなのだけど、『+28』ってのを見つけてしまって、もう目が離せない。

マスターに『爆雷辛口って、死ぬかな?』って聞いてみた。う~ん、いけるいける!!

もう、いい加減200円生ビールは入りません。(何杯飲んだ?) +28、いただきましょう。

山法師 純米 爆雷辛口 弐拾八 生原酒。山形県東根市の、六歌仙さんのお酒。

昭和47年に北村山地区にある、5つの酒蔵が集まって創設されたそうな。

爆雷な辛口・・・?って事。ん?んん?辛口なんやんなあ。辛口のシャープな感じを通り越して、

まったりした甘みを感じるのだけど何故かしら?精米歩合70%。お米の甘みなのかしら?

柑橘系の香りも感じたり。(あくまでも個人の感想)。美味しいわ。

鯨を食べて日本酒を飲んで。やっぱり日本人で生まれてきて良かった~って、思った。

ここは日本酒の店、他の日本酒を物色してたら危険を察知したのか、お連れさん、『おあいそ!』

はいはい。ご馳走様でした~

まんてんや

大阪市住吉区苅田7-12-28

TEL  06-6608-0363

営業時間  夕方~翌1:00

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閉店前のおでんは出汁まで飲... | トップ | ヒラメ刺し200円の甘い罠にま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。