茶事の準備も大詰め

2016年10月12日 | お茶三昧

              

ホトトギス(白楽天)・シュウメイギク・ムラサキシキブ
今日の稽古は、今ベランダで咲いている花を入れて。

名残の稽古茶事も目の前です。
午後からは亭主役さんが、熱のこもった稽古や準備をしていかれました。
お花の候補も、そろそろ決めなくてはなりません。
ご亭主さんもあちらこちらに手を回しているようですが、
私もお手伝いできたらと、気にかけています。

「やっと咲きました」と、
お稽古に、お花を持ってきてくださった方が。

             

キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)といいます。

「上臈(じょうろう)」とは、貴婦人とか高僧とかいう意味だそうです。
蕾のついている枝を涼しい所に置き、お茶事の時に使えたらと。

こうやって、お茶漬け?の日々が戻ると、
二日前の旅行がもう遠い昔のように感じます。

日常は非日常にあこがれを抱かせ、
非日常は、日常の良さを再認識させる。
旅から帰るといつもそんな気がするのです。
また頑張ろうという気持ちにさせられます。

袷の着物が暑く感じられなくなって、一気に秋が来たようですね。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ



ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻の夢二の油彩画と駅弁「貝... | トップ | 冷え対策の一つです »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。