「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

高いか安いかわかりませんが

2011年06月30日 | お茶三昧

植木を買いに行った時のことです。
矢筈ススキを見つけました。



売り物だかわからない風情で、置いてありました。
「これ売ってくれますか、おいくらです」と聞くと、
まさか買いたいという人がいると思わなかったのでしょうか、
一瞬考えて、「八百円です」と答えました。

「八百円ね・・」と今度は私が一瞬考えてしまいました。
高いのか、安いのか判断がつきかねて・・
そこへ同行のおばさんの一声、
「五百円にならないかしら」
またまた一瞬の間があり
「いいでしょう」の一声。
有難う、言ってみるものですね。

それでも高かったのかお得だったのかはわかりませんが。
私は欲しかったので満足しました。
実はこのススキは「ナンバンギセル」と共生しているそうです。
出てきたら嬉しいですね。

10年ほど前からプランターで、毎年新しい芽をだしていた矢筈ススキが、
五年ほどたった頃にだめになりました。
やはり狭いプランターでは、それ以上根がはれなかったのでしょうか。
シーズンが過ぎたら、もう少し大きな鉢に植えかえようと思います。

値切ってくれた方にも分けて差し上げなくてはね。

裏千家我孫子茶道教室


この記事をはてなブックマークに追加

思いは同じ

2011年06月29日 | 日記
買い物から帰ってくると、
玄関付近で見つけたもの。



トンボです。
今年初めて見ました。
急いでカメラを取り出し、逃げられないように望遠で一枚。

そのあとふと横を見たら、
通りがかり人かしら、
やっぱりカメラを向けていました。

この記事をはてなブックマークに追加

光と影が作る美

2011年06月28日 | 日記

物が一番きれいに見える瞬間を演出するもの
それは光だということに気がついてから、
物を置く場所にこだわってしまうようになりました。
でも悲しいかな、外の光の差し込む方向は変えるわけにもいかず、
室内の照明も簡単には動かせないし。

それでも、一日のうちにちょっとだけ、
ベランダや和室に素敵に光が差し込むときがあります。
そんな時はしばらくそこに坐って、
つかの間の光の演出に浸っていたりします。
これは晴れの日に限りますが。

なぜ光が物を美しく見せるかというと、
それは影を作るからだということは納得しますね。
それはぼんやりでも、くっきりでも、
それぞれに思いを呼びさましますね。


     冬の山荘の窓の夕刻(2010.12.4)

木々の姿も、すべてをあからさまに見せる昼よりも、
朝夕の光の落とす影とのコントラストがいいですね。

茶室に見られる、光と影の演出に、
美の追求の極意を見る思いもします。
残されている名茶室は、光を絶妙な量で取り入れているといいます。
消して明るくは無い、むしろ暗い茶室の中。
それは時間とともに移ろいながら、
刻々とその美しさを変化させているのでしょう。

そんな空間に、一度くらい我が身を置いてみたいという夢などを思い描きながら
リビングのスタンドのそばで、
夕食後のうたた寝をする私なのでした。




裏千家我孫子茶道教室


この記事をはてなブックマークに追加

夏のお稽古作戦も決まりました。

2011年06月27日 | お茶三昧
そろそろ七月。

梅雨明けの待たれる日々ですが、
その後に来る暑さを思うと、嬉しいような怖いような・・

先週から、新しく準備をした省エネエアコンも活動を始めました。
午後の15パーセント節電は可能かしら。

本格的な夏の稽古に向けて、
七月と八月はいろいろと工夫をしてと、
作戦の腰を上げました。

七月はこの時期しかできない酷暑のお点前で、
少しは涼しさを感じたいと思っています。
「風鈴」の音が、「ミント」の香りが、
涼しさを感じるのに効果があるという話を聴くと、
お茶で工夫されている夏のお点前も、
きっと一時の涼を感じさせてくれるでしょう。

ガラス越しに見える外の風景には、
緑と、打ち水と、ヨシズの影を見せて差し上げたいです。

風炉のお炭手前は、ちょっと酷かもしれませんが、
風通しを良くして、頑張っていただきましょう。

八月は、今年初めての趣向で、
冷茶を点てて遊んでみようかと思います。
ちょっとした夏休み気分です。
氷水を用意して、「流し点て」と「茶箱」をして見ようかと。
今それにふさわしい道具をあれこれ考えていますよ。

そして夏恒例の「花月」の勉強会を今年もしましょうか。
会場の「近隣センター」を二日間予約できました。

覚悟を決めて、花月三昧も暑気払いになると思いますよ。
皆さんまた浴衣持参でどうぞ。

こんなことをいろいろ考えて準備する時間が、
とても楽しいのですよ。


裏千家我孫子茶道教室



この記事をはてなブックマークに追加

年金減額・・なのにデジカメ

2011年06月26日 | 日記

お茶に関係ないただのつぶやき・・・

消費者物価指数が下がったため、
年金の支給額もそれに連動して減額になりました。

なんということと、落胆していたら、
働き盛りの友達が、
「給料が五万円も減額になったのよ~どうしてくれるの・・」と。
このご時世、どこも、誰も、大変なんですね。

「美容院はこれから三か月に一回にするわ」というので、
私も防衛策を何か考えなくてはならないかなと。
でも、ショートへァーで三カ月は我慢できませんね。
いっそロングにしようかな・・

なのに・・

デジタルカメラをネットで買って、
着払いで送ってもらうことにしました。

春の旅行で、カメラを落としてしまってから、
新しいカメラを、どうせ買うなら良く考えてと思っていました。
でもなかなかお店で調べる暇もなく、
写真はずっと携帯で撮っていましたが、
ぶれぶれの写真ばかりでちょっとつまらない。
かといってカメラで良い写真が私に撮れるという自信はないのですが。
ブログに乗せる写真もちゃんと撮りたいし、
やはりないと不便だと、ネットで検索して評判の良いものを買ってしまいました。

年金を減額されたばかりですから、
結局「ニコンでこの値段!!」というのにしましたわ。


ところで、
お稽古の方のお父様が素敵なブログを開いています。
魅力的な写真がいっぱいです。
こんなブロクを見ると、
いい写真が撮りたいな、いいカメラが欲しいなと思ってしまいます。

ご紹介しますね。

~彩撮々(いろとりどり)~

この記事をはてなブックマークに追加

鎮魂「レクイエム」の夕べ

2011年06月24日 | 日記


先日久しぶりに顔を合わせた茶友。
「お母様にどうぞ。いかにも仏さまのお花みたいのは好きでないので」
と可愛いお花を持ってきてくださいました。
母の写真のそばで、しばらくこんな風に微笑んでしましたよ。



昨日は夕方から、前々から予定していたコンサートに出かける日でした。

午後の最後のお稽古の方が、何十年来のお友達なので、
「途中まで一緒に行きましょ」
と着替えるのをちょっと待っていただいて、一緒に家を出ました。
その方と駅までの道すがら、
夏至の午後の西日を避けようと持って出た日傘をさしかけながら、
なんとなく母を思い出していました。

長いお付き合いの、年上のお姉さん。
先日81才のお誕生日を迎えましたが、元気にお稽古に通ってこられます。
お稽古に夢中になって、お昼を抜いてしまうことがあろうかと、
いつも食事のことを心配してくれる優しいお姉さんです。
歩調を合わせて、ゆっくりと歩いていると、
ふとよびさまされた感覚・・・
去年までいつもこうやって、少し後ろに母を感じながら歩いていたなと。

心の中で、ながいきしてくださいね・・
そして時々甘えさせてくださいね・・・
そんな思いをかみしめながらの駅まで短い時間でした。


オペラシティーでのコンサート。
最後の曲は大震災の追悼の曲、「モーツァルトのレクイエム」でした。
開始前の「演奏後の拍手はご遠慮ください」のアナウンスに、
曲の終了後は、しばし沈黙がありました。
そしてその数秒の祈りの後、
控えめに演奏者をねぎらうかのように拍手が起こりました。

八月には毎年友人が主催するチャリティーコンサートでも、
フォーレとモーツァルトの「レクイエム」を聴くことになっています。

震災で亡くなった方と、七月に一周忌を迎える母柄の追悼になるでしょうか。

今年は何度もこのレクイエムを聴くことになりそうです。



裏千家我孫子茶道教室

この記事をはてなブックマークに追加

少しは庭らしくなりました

2011年06月21日 | お茶三昧
梅雨の晴れ間の一日、
ベランダの庭づくりをすることにしました。

前日に、土やプランター、植木鉢、そして何種類かの植え木を用意して、
その勢いに乗って、早速の作業です。

まず日よけの取り付けからしました。
少しでも日差しが弱まればと、簾を下げてみたのですがどうでしょう。
物干し竿を利用したので、ベランダ全体とはいきませんが、
稽古場にしている和室に入る光は和らげそうです。



植え木は皆一回り大きな鉢に植え替えました。
こうやって並ぶと、なんとなく庭らしく見えませんか。
シンボルツリーが欲しいと、
洋風ならオリーブの木を置きたいところですが、
和風ですので、夏椿(シャラの木)を置いてみました。


大きな鉢なので土も大変でしたが、
もっと少し大きく育ってほしいのでね。



簾越しにやってくる風を感じながら、
和室に坐っ眺めてちょっと満足しています。

残りの半分は洋風にと計画中です。

これから少しずつ手を入れて、
もっと花や木も増やしてみたいと思っているので、
しばらくはこの庭で楽しめそうですよ。

裏千家我孫子茶道教室



この記事をはてなブックマークに追加

雨の鎌倉は紫陽花も人もいっぱい

2011年06月20日 | 日記



鎌倉成就院の紫陽花です。


週末に鎌倉まで紫陽花を見に。
今はどこに行っても紫陽花の花は楽しめるのですが、
鎌倉という町の雰囲気と一体になった紫陽花が見たいなと思ったので、
休日に約束をして出かけることにしました。

北鎌倉の駅を過ぎる時は、駅のホームからあふれんばかりの人に、
やはり休日のシーズンまっただ中の紫陽花見物は、
人の波にもまれに来たようなものと覚悟をしました。

食事をしたお店から、腹ごなしにと小一時間ほど歩いて長谷寺まで。
良い具合に雨も落ちてこず、閑静な鎌倉の住宅街と、
そこここに咲く花を楽しみながら歩きました。

最近話題の「柏葉紫陽花」も見つけて、
本当に面白い花の房にみな感嘆の声をあげて。



長谷寺に着いたとき、とうとう予報通りに雨が降ってきました。
梅雨時ですから、雨もまた良しですね。

境内で頂いたまあるい紫陽花団扇を濡らさないようにしながら、
人の流れに乗って一回りしました。

もう一か所は成就院に寄りました。
由比ヶ浜を望める絶景ポイントの石段は、
「立ち止まらないでください」のマイクでの呼びかけもあり、
ゆっくりと写真も撮れず残念でしたが。

紫陽花の花を存分に眺めての、締めくくりは、
なんとまあ満員ですし詰めの「江の電」でした。

でも、なかなか紫陽花のシーズンに行くことができなかったので、
とても満足しました。

この記事をはてなブックマークに追加

風呂敷包みが増えたら

2011年06月17日 | お茶三昧



この風呂敷包みなんだかわかりますか。
教室に通ってこられる方の稽古着なんですよ。

着物を着てこられる方は問題ないのですが、
そうはいかないという方は、何とか稽古の支度を工夫します。
市販の簡易稽古着を使ったり、自分で手づくりしたりと。
皆さんそういうものを持参でお稽古に来られます。

中には袖のあるものがいいと、浴衣のようなものを着てお稽古する方もいます。
この包みはその浴衣一そろえが入っているのですよ。

夜勤め先から駆けつける方や、
電車やバスを乗りついで来るので、初めから着てくるのはちょっと大変・・・
という方の稽古着なんです。
「かさばるものは置いといていいですよ」と言ったら、こうなりました。

いくら省エネでスーパークールビズが許されるといっても、
お茶のお稽古をノースリープや、ミニスカートではできないですものね。
これがあれば、そのような格好でいらしても大丈夫。

もう少し増えたら、専用の収納棚を用意しなければとおもっていますが。

この記事をはてなブックマークに追加

七月の予定表

2011年06月17日 | 茶道教室 お知らせと稽古予定日


この記事をはてなブックマークに追加