「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

風炉から炉へ

2014年10月31日 | お茶三昧


今日は朝から風炉と炉の入れ替えをしました。
まだ暖かですし、炉を開くのはもう少し後でもと思いましたが、
切りの良い所で、今日準備をして明日の11月1日から炉の稽古にしようと。

そういえば先日の徳川茶会は、濃茶席は炉でお点前でしたっけ。

半年間を思い出すとやはり、
10月のお茶会に向けて準備をしていた日々が心に残っています。

「お稽古は直球しか飛んでこないし、それを打つ勉強だけど、
お茶会で飛んでくるのは変化球ばかりですよ。大変だったでしょう。」

お茶会の後は、そんな言葉で、皆さんを励ましたり慰めたり。

「今までの五年間はなんだったのかと落ち込みみました。」
半東を務めて、ちょっと失敗をした方の反省の弁です。
「何をおっしゃいます。私など、いつも今までの40年を超える修行はは何だったのと
反省ばかりですよ。まだ5年ではないですか。これから頑張ってください」と。
男性の方はとても真面目に反省なさるのですね。
よく頑張られたと思っていますよ。

「水屋ででお茶碗を洗っていて、
一椀だけ、帰ってきたお茶碗にお茶の粒がのこっていました。
私たちにはたくさん点てたうちの一椀だけど、
お客様には一期一会なのですよね。申し訳ないと思いました。」
お茶会は、陰で点ててお出しするお茶が大事と、
美味しいお茶を点てる練習を心してしたからこその言葉ですね。
そんな言葉を聞くと、そう思ってくださっただけでも嬉しいです。

水屋でのパニックだった話なども、今は笑い話ですが。

いろいろありましたが、
「お茶がとてもおいしかったです。」
そんな言葉がたくさん聞けたことが、何よりの喜びに感じたお茶会でした。

明日から始まる炉の季節。
また新しい楽しい思い出作りが出来ますように。



よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村












この記事をはてなブックマークに追加

機能は同じですが

2014年10月30日 | お茶三昧

お稽古にきれいなお着物でいらした方が、水屋でお袖を濡らしそうなので、
「タスキをかしてあげますね」と渡したのがたのが・・愛用の「襷」



これでございます。

以前はこんなきれいなものを使っていたのですが。


古くなって伸び切ってしまったので、新しくしようとしましたが、
間に合わせにゴムを結んで使って見ました。

見てくれは悪いけれど、機能は同じでちゃんと役に立つので、
それ以来これを使っています。

「便利ですね」という若い方に、
「本当はきれいなものがあって和装小物で売っていますよ。」
というと、
「私もこれでいいです~」と。

どうも師匠の美意識はそのまま弟子に受け継がれるようで。
これはまずいかも。

さて今日は風炉での稽古が最後になりました。
風炉に名残を惜しみました。
明日は道具の入れ替えをします。




よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村






この記事をはてなブックマークに追加

気になります

2014年10月29日 | 日記

どうでもよいことなのですが・・・
↑のテンプレートが時々勝手に変わります。

珈琲を注ぎ終わると、ドーナツを乗せたお皿が現れます。

初めは四つ乗っていました。
しばらく続いたのですが、ある日突然二皿になりました。
「なんで増えたの~」と喜んでいたら、
数日するとまた一皿になったのですよ。
それもドーナツの数は一つ乗っているだけです。

なんだかとてもひもじいと思っていたら、
数日たつとまた四つに。
そしてまたお皿の数が増えて…

記録しておいたわけでないので、周期はわかりませんが。
それともアットランダムなのでしょうか。

二皿の喜びの期間は短くて、今日再び一皿に減ったので、
順番だと次はドーナツはお皿にたったひとつになるのですね。

毎日ブログを開くたびにドーナッているかが気になる。
今度出かけたらおいしいドーナツを買って来よう!!


話変わって、朝食のお皿の一枚です。



トーストしたパンと一緒にちょこんと乗っているのは、
コレステロールのお薬です。
飲み忘れることが多いので、かならず一緒に乗せることにしています。
こうしておけば、食後のコーヒーを飲んでそのまま薬は飲み忘れ。
ということにはならないと思うからです。
もう薬は朝食のメニューの一つです。

コレステロールといえば、お茶会も終わったので、
そろそろ人間ドックの予約を取らなくてはと思っています。
お茶会前に何か見つかっても困るので、終わるまで待っていたのでね。
ドーナツが気になるようでは、きっと異常なしですね。



よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村






この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに出して着ました

2014年10月28日 | 和服生活

美味しそうな点心を前に



先日の「徳川茶会」
名古屋まで行って、多治見まで足を延ばす・・
何を着て行こうかと迷いましたが、
あまり仰々しくない、一見小紋感覚の訪問着を着て行きました。

これはまだ30代の初めに、
父が唯一私のためにわざわざ呉服屋さんに来てもらって、
染から頼んでくれた思い出の着物です。

縮緬に紅型で、訪問着に染めてあります。
色合いと好きな紅型ということが気に入って、
父の思い出とともに大事に着ています。
ここしばらく手を通していませんでしたが、
何とも落ち着く着物なのです。

生前は、ちょっと口やかましくて、
もう少し自由にしてくれてても・・・と時々煙たくも思う父でしたが、
亡くなった時に、父の知り合いの方達から、
「いつも娘自慢をしていたね」とうかがい、
束縛は可愛さゆえだったのかもと。
時には反抗したこともある自分を、ちょっと反省もしました。

母親と違って、父親なんて、損な役回りなのでしょうね。

予報は雨で少し着物を心配しましたが、当日は天気予報は外れ。
私は晴れ女だと自信を持てました。
濡らしてなるものかという天国の父のおかげかもしれませんが。




よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村





この記事をはてなブックマークに追加

徳川茶会と大織部展へ

2014年10月27日 | お茶三昧


早朝の新幹線に乗って、名古屋まで。
徳川美術館に着いたのは、予定通り9時30分でした。
もうすでに並んでいる方達の後ろに並び、
受付を済ませて、いただいた席札は、
「薄茶席11時50分・濃茶席12時40分」でした。
前日からの宿泊組もおありでしょうから、仕方のないところでしょう。

徳川美術館で催される≪徳川茶会」は、 今年は第五十回記念と言うことです。
十月から十一月にかけての土・日・祝日に、九日間催されています。
私が参加した日は所属する「桃夭会」の担当のお席です。

順番待ちの間にまずしたことは、点心を頂くことでした。
とにかく朝五時に、軽く取った朝食です。
十一時にはもう、空腹に耐えられず。
同じ思いで集まった皆さんで、点心席はたちまち満席。


期待通りのお食事を頂きました。
お酒も一口。同行のご人と酌み交わし。
「今日は車でないから大丈夫ね」と、もう一献と思ったのですが、
お銚子は、ハルカ遠くに行ってしまって、
回してくださいと声も掛けるのもちょっと恥ずかしく、一献にて終了。

お腹が満たされたところで、茶席の待合に向かいました。


茶席に続くたたずまい

濃茶席となりにある「心空庵」


濃茶席は筒井紘一先生、薄茶席は奥様がご亭主を務められていました。
筒井先生のご説明はいつもながらわかりやすく、伺っていて心に沁みます。
今回のお道具では、床の軸「遠浦帰帆図」( 重要文化財 名物)、
古備前の水指 銘 青海 ( 重要文化財 大名物)が素晴らしいと。
茶席で目の当たりにすることができたのは本当に幸せでした。

お釜は芦屋釜。
良いお釜の蓋は素手で持っても熱くないと。
試しに蓋にちょっと触れてみました。確かに・・・

いつも稽古で、男性陣に、「小習はお釜の蓋は男性は素手でとりますよ。」
と言いつつ熱さに負けて、帛紗を使ったりしていますが、
それは男性陣が軟弱なのではなくて、お釜のせいなのねと思い、
今度説明して謝らなくてはと。

写真は待合でいただいたお菓子だけで、お許しください。

「千代のゆかり」(両口屋是清製)


会記にある、茶入( 唐物丸壷・大名物)、茶杓( 千利休作 銘 虫食い)
茶碗( 井戸 銘 大高麗  大名物)は別展示で、道具飾席に飾られていました。

副席の薄茶席も、大変和やかで、たっぷりとお薄を頂けました。



記念品は織部茶碗と、当日開催中の「やまと絵」の図録です。
図録はさすがにどっしりと重かったので、
記念品は軽いほうがいいかしらと、ちょっと思いましたが。
何故かというと名古屋まで来たのですから、多治見まで足を延ばし、
「大織部展」の最終日に駆けつける予定だったからです。

それでも頑張って、大織部展もしっかり堪能してきました。

岐阜県現代陶芸美術館

残念ながら、期間限定で、目にする事のできない名品もありましたが、
十分に見ごたえのある展示でした。

はしごをした私の足はさすがによれよれになりましたが、
帰りの新幹線の中で、ビールで乾杯をして、
味噌カツ弁当を食べて、疲れをいやすこともできましたので、
「満足満足」の一日になりました。


よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村





この記事をはてなブックマークに追加

松風庵に寄せて

2014年10月25日 | 日記

私の稽古場を「松風庵」と名付けたのは、
お茶のお湯の煮え音「まつかぜ」から来ています。

それはこの音を聞きながらお茶を頂く時間が、
何よりも好きだから。

初めにこの松風を使ったのは、
以前出していた社中向けの茶道新聞の題としてです。
その時は「まつかぜ」とひらがなで使いました。

今は茶室「松風庵」で、ショウフウアンと読ませています。

と言っても誰もそんなこと知らないと思いますし、
「先生のブログの題ね」くらいなものなのですが、
自分だけのこだわりで、自分だけがそう呼んでいる。
マンションの稽古場でも、何かかっこいい名前を付けたかっただけなので、

そしてブログを始める時に、
またそれをタイトルにして「松風庵日記」となりました。
ブログをはじめてからは、それで満足してしまって、
社中新聞は以後休止状態ですが。

最近同じ名前のお店を二軒見つけました。
ネットで検索していて目についたのですが。。

一軒はお蕎麦屋さん。
う~ん・・有りそうな屋号ですね。
なんと同じ街にあります。

もう一軒はお菓子屋さん。
嬉しくて思わずお菓子を注文してしまいました。
宅配で送られてきたそのお菓子を、ちょっとしたお礼の品にしたり、
お稽古で皆さんに味わっていただいたりして楽しんでいます。

お蕎麦屋さんを探してまで行って見ようとは思いませんが、
同名のよしみで、やはり繁盛していてほしいですね。

茶室「松風庵』は、おかげさまで身に余る繁盛をしています。
もったいないくらいです。
好きなことを楽しめる幸せをいつも噛み締めています。


よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

進級試験合格ですね

2014年10月23日 | お茶三昧


入門から半年。
"割り稽古""盆略点前"と、
「何時まで経っても覚えられません」と悲鳴を上げながら頑張ってきた方に、
来月から炉になるのをチャンスに、平点前の稽古に移っていただこうと、
「今日は盆略点前の卒業試験ですよ」と宣告しました。

「どうしましょう」とおっしゃりながらも、
まずはウォーミングアップで一点前なさいました。

そこへ先輩が二人いらしたので、
「さあ審査員がお二人ですよ。美味しいお茶を点てて差し上げてくださいね。」
と私に言われて、プレッシャーの中で始まったお点前でした。

進級試験も、審査員も冗談ですが、
緊張感が功を奏して、今までで一番の出来栄えでした。
お湯の量がまだよくつかめていないようでしたので、
私が鉄瓶から注ぐお湯が適量になったところで、
「はい!」と声をかけて差し上げましたが。

お茶はきれいに点てられて、先輩二人からは、
「おいしいですよ」と言っていただけて、
無事に来月から、柄杓が持てることになりました。


鉄瓶を柄杓に持ち替えてのお稽古。
「まだまだはやいです」とおっしゃいながらも
柄杓デビューは待ち遠しかったと思います。

風炉の稽古もあと少しです。
皆さんの半年間の思い出は何でしょうか。
年の暮れを前にして、
お茶の正月「口切り」も、もう目の前に迫ってきましたね。



よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村





この記事をはてなブックマークに追加

お帰りなさい

2014年10月22日 | お茶三昧


カワラナデシコが、10月になって咲きました。
先週はその名残の花を少し楽しみました。

雨の朝、どんよりとした空。
こんな日はなかなか意気が上がりませんね。
気候が人格や性格の形成に影響するというのはよくわかりますね。

四季や天候の変化の細やかな日本は、
底抜けに明るくもなく、痛いくらい辛抱強くもない。
移り変わる季節の中で、無常を受け入れられる。
そんな国民性なんですよね。

常夏の島ハワイに二年間暮らした方が、先日帰国の挨拶に見えました。
帰国してすぐに九州にお引越しなさって、
里帰り中によってくださいました。

あちらでも楽しいお茶生活を送ることができたそうです。
ハワイ大学で毎週のようにお稽古ができ、
時には鵬雲斎大宗匠にもお目にかかれたとか。
ご主人はお茶名を、ご自分も上級の許状を取られたそうです。
茶道をたしなんでいたことが、
海外での生活を、より充実したものにしてくれたとおもいます。
日本ではありえないような出会いもああるものです。
「良い経験ができました」という言葉に、
まだお若いその方のこれからのお茶生活の充実がうかがえました。

久しぶりに一点前していただいたりして、、
お土産話に花を咲かせて、無事の帰国を喜びました。

ハワイから九州へ。
私には遠さは同じように感じますが、
またの再開を楽しみにしています。



よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村




この記事をはてなブックマークに追加

本屋で立ち読みも久しぶり

2014年10月21日 | 日記
お茶会の写真をプリントしてもらいに写真屋さんへ行きました。

「仕上がりは五時半ごろです」
そういわれて空いてしまった待ち時間。
出直すまでもないと、近くの本屋で時間つぶしをすることに。

特に目的の本もなく、店内をぶらぶらして、
目についた本を手に取ってパラパラとながめるだけです。

立ち読みなんて随分していないです。
最近はお目当ての本をネットで探して、送料無料で送ってもらえるので、
本屋にわざわざ行くこともなく済むことが多いですから。
便利ですが、このために町の小さな本屋さんが、
立ち行かなくなって店じまいという現象もあるようですが。
便利さの追求と、文化を残すことはいつも裏腹の現象なのでしょうか。

そのためか、偶然に出会う本が少なくなりました。
こんな楽しみがあったのだと、
久しぶりの暇つぶしの立ち読みで思い出しました。
30分で、読み易そうなエッセイ本を一冊読み終えました。

禅宗のお坊さんが書いた、
人生の悩みの元をなくすには…そんな内容の本です。

"苦しみはすべて思い込みから来る"
そうそうわかっているのですけれどね。

"落ち込んでもいい、立ち直りを早く"
私の得意とするところです。

こんな言葉を残して私の久しぶりの立ち読みは終わりました。
一仕事終えた後の思わぬ時間。
気持ちが少しゆったりしました。



出来上がった写真を皆さんに「お疲れ様」とお渡ししています。
前回もお一人、今回もお一人、集合時間に間に合わなくて、
写真に納まれなかった方がいらっしゃいました。
朝早く着物を着て、集合時間に間に合わせるのは、大変なことですね。
「着物を着るために四時半起きで頑張りました!!」
「着物を着ただけで、今日のエネルギーを使い果たしました~」
そんな苦労話も聞きましたよ。
またまた「お疲れ様でした」
お茶会を機会に着付けの勉強を始めた方もいますよ。
次の機会には、もう安心ですね。



よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村






この記事をはてなブックマークに追加

11月の稽古予定

2014年10月20日 | 茶道教室 お知らせと稽古予定日
お茶会が終わり、
のんびりとしたお稽古の時間が戻ってきました。
それもつかの間、もう炉を開く時期が近づきました。
季節は移り変わりは、足を休めず、着実にやってきますね。
爽やかな行楽の季節も今年は長く続きますように。

11月の23日に、少し間が空きますが、
今回のお茶会の打ち上げを兼ねた懇親会が、
有志の発案で計画されています。
勤労感謝の日です。
お茶会の労をねぎらいつつ、美味しいものに舌鼓を打ちましょう。
どうぞお時間を空けておいてくださいね。







よろしかったらぽちっとお願いしますね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村









この記事をはてなブックマークに追加