「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

知られざる茶書「茶人つれづれ草」

2016年09月29日 | お茶三昧

            

 

先日ご紹介した「茶の湯ブンガク講座」、
親しみやすい題と、軽妙な帯コメント、
「思わず話したくなる茶の湯の名作イッキ読み」でしたが、
とても内容が濃く、面白い本でした。
一つ一つの原典に触れてみたくなります。

多くの文学作品の中に見られる茶の湯は、
作者の茶の湯な対する様々な認識が、
作者らしい切り口で表現されていたように思います。

特に興味深かったのが、付録として紹介されていた、
「茶人つれづれ草」(抄訳)です。

おなじみの兼好法師の「徒然草」の文章を生かしつつ、
茶の湯の世界になぞらえて、語っています。

例えば
「つれづれなるままに、日暮し硯に向かいて、
心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、
怪しうこそ物狂おしけれ」が、
「つれづれなるままに、日暮し茶の湯に向かいて、
よしなし道具を、そこはかとなくかき集むけば、
あやしうこそ物くるおしけれ。」

などと続きます。
多くは茶をたしなむものには、「あるある」と耳の痛い話題です。

「付録」となっていますが、多くのぺージを割いていて、
わかってはいるけれど、改めて反省させられたりすること多しでした。
あまり単独の本としては、手にすることができないようですから、
この本で、垣間見ておくのも良いと思いました。

ここのところはっきりしない空の毎日ですね。
シャキッとした日差しを浴びたいと、
人も、植物も、恋しく思っているものを。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ




この記事をはてなブックマークに追加

秋は来ぬ

2016年09月27日 | 日記

しばらく見ないでいたホトトギスの鉢です。
今朝じっくりと見たら、つぼみがちゃんとついていました。
いつ出るかいつ出るかと、楽しみにしていたのに、
毎日見ているときはちっともその期待には応えてくれなかったのに。
ここの所の雨で、水やりの手間を省いているうちに、
気が付いたらこんな風に顔を出していました。

                  

隣の萩はもう散り始めていて、

                

春先に株分けしたシャコバサボテンは、ますます元気に。

                

数日前に、夏の初めに咲いてそれきりだった木槿が、
しばらくぶりに一輪花を開きました。
茶室の床で一日眺めました。

少し不規則で、思い通りにいかないのが自然ですが、
九月も終わりに近づいて、本格的に秋は来ぬです。

 

今日は午前中はつくばに、知り合いの方の「個展」を見に。
このあたりよりたくさん秋の兆候が見られるかしら。
そしてその足で表参道まで飛んでいきます。
都会のウインドウは、間違いなく秋・冬でしょうね。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

よく回ります

2016年09月26日 | お茶三昧

 風炉の灰形を作るときに便利なものに回転台があります。

           

この上に風炉を乗せて、回転させながら、
やりやすい角度から灰を作ることができます。
私はこの回転台を持っていませんので、
いつも角度を変えて見てみたい時は、自分が風炉の周りをまわるのです。
傍目にはさぞ滑稽な景色かと。
そのうちにとは思いますが、絶対なくてはならないものでもないような。

私の欠け風炉は小型であることもあって、とても灰が作りにくく、
(と風炉の所為にしていますが)
これはやはり回転台が必要かなと思っていたところ、
はたと思いつきました。

"そうだ陶芸用のロクロがあるではないか!!"と。

                               

ちょっと不安定ですが、小型の風炉が幸いして何とかなりました。
力を入れなくともすっと風炉が回ってくれるので、想像以上の快適さです。
よく回りすぎるくらいです。
ひとまずこれで、そろそろ本腰を入れて、
欠け風炉用の「二文字掻上げ灰」を完成させなくては。

先日少し筋を入れるコツを伝授していただきました。
言葉としては「そうかなるほど」と思いましたが、
やってみるとそれでも手ごわいです。
解決策は一度でも多く作ることのようですよ。

今日は茶事の前日にお菓子を一緒に作る、お菓子担当の方から、
「こんなお菓子にしてみたいのですが」
とイメージ写真が送られてきました。
お菓子の銘も考えているようなので、
あとは亭主役の方との打ち合わせですね。

亭主の方にはご招待状のお返事も届き始めたと思います。
懐石係りの方も、献立に悩みつつ試作を重ねていることでしょう。
皆さんの力の結集で、楽しいお茶事になりますように。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 


この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと嬉しいことが

2016年09月23日 | 日記

昨日は二子玉ライズへ。
先日ここでもご紹介したオペラ、
「セビリアの理髪師」を楽しんできました。

          

舞台装置は、スクリーンと椅子が一つという、
とてもシンプルなものでしたが、
聞きごたえのある歌声と、軽妙な演技に、
あっという間にその世界にひきつけられ、終わりました。

お誘いした方にも喜んでいただけ、
帰りには応援する村田孝高さんのCDまで買ってくださいました。
とても嬉しいです。

そしてもう一つ嬉しいことがありました。

会場近くで、私に声をかける方が。
「もしかしてブログをかいていらっしゃる・・・」
といわれて、驚きました。

ブログを覗いてくださっている方で、
先日の記事を見て、この公演にきてくださったということです。
私自身はとても恥ずかしかったのですが、
わざわざ足を運んでくださったことに感激です。

こんなこともあるのですね。
このような社中との連絡の延長の様なブログを、
見てくださる方もいらっしゃいますから、
ちょっと責任も感じますね。
それと、もう少し頑張ろうという気持ちにもなりました。

お名前まで伺うことができませんでしたが、
ありがとうございました。
これからもブログにおつきあいいただけたら幸せです。

一夜明けて、今日は朝からの稽古です。
三日間の外出で歩き回り、足の方は少々疲れ気味ですが、
気持ちはとてもリフレッシュして。
いつもに増して張り切りようで、
皆さんちょっと押され気味・・でしたかしら。
いえいえ「充実していました」ときっと思っていますよね。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 



           


この記事をはてなブックマークに追加

茶入の仕覆を新調しに

2016年09月22日 | お茶三昧

            

茶入れの仕覆と、茶入れを入れる挽屋の仕覆です。

この仕覆をまとう茶入本人は、
ただいま、新しい仕覆を作るための採寸中。

もともと添っていた青海波緞子も渋くてよいのですが、
少し雰囲気の違う仕覆を作ってあげたくなりました。

裂地を二種類選びました。
一番気に入った裂地は、少し分量が足りないかもといわれ、
駄目な時のためにもう一つ候補に選び、お願いしました。
もう少し、胴のあたりが痩せていればよかったのですが。
私ではありません、茶入れの話ですよ。

実は布地と仕立て代込でのお値段は、
私の洋服よりも高価になりました。
自分の服の時は躊躇するのに、
道具の時は思い切りが良いのが不思議です。

自分の衣装より、
茶入の衣装が新しくなった方がなぜか嬉しい。
これでまた今年も、私用の新しいコートはお預けです。

でもこれくらいは豪勢にと、
久しぶりで、パフェなるものを食べました。

              

同行三人とも、美味しく一気に平らげました。
私の体は衣装より、これで内側から満足させました。

         

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 


この記事をはてなブックマークに追加

ほめられて育つ

2016年09月21日 | お茶三昧

            

あるところで、こんな公衆電話を見ました。
最近少なくなった公衆電話ですが、
こんなものもあるのですね。
ちゃんとプッシュホンになっていますけれど。

今日は六本目の茶杓を削りました。
材料の竹を選ぶときに、
削りやすそうなものと、ちょっと大変かなというものがあって、
「どれににしますか」と見せられたので、
「簡単なのでは削りがいがないですよね」といったら、
「そう思うようになったということは、上達したということです」と。
それならうれしいけれど本当かしら。
先生は決してけなしませんからね。
途中までの物を見ていただくと、何時でも、
「ああ、いいですね」といいながら直してくださいますから、
きっとほめて育てようとなさっているのでしょうね。

褒められて育つ私は、いい気持で削り、
茶杓がどんどん増えていくのです。

皆さんに差し上げるのもいいかしらと思っているのですが、
もらっていただけるかしらね。

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

いつも通りの月曜日

2016年09月19日 | 日記

今日は敬老の日だったのですね。
敬老する親は今は無し、敬老されるほどの年でもなし。
世間は休日で連休なのだという意識もなくて、
でも私には大切ないつもの月曜日。
私にとっての日曜日ですからね。

今週は明日から三日間、何やかやと都心に出て行くので、
今日はやる事をやっておかないと、
次のチャンスは一週間先になってしまうことになるのです。
気になっていることを済まそうとむまず美容院へ行きました。
だましだまし、自分で染めていたけれど、
もう私には手に追えなくなったのでカラーリングをしに。
二十年以上もお願いしている美容師さん。
おしゃべりをしたくないときは黙っていてくれて、
話したいことがあると付き合ってくれます。
イケメンの美容師さんが良いという人もいますが、
私は気を使ってしまい、どうも落ち着きませんね。

そして夕方からは、頂いた栗が新鮮なうちにと、
栗きんとんを作りをしました。

            

皮つきで1kgほどの栗で、22個できました。
和菓子屋さんのように整っていませんが、
かたちはこんなものでいかがでしょうか。
冷凍しておいて、皆さんにも食べていただこうと思います。

土日と絡めて、祝日を動かすのが、
どうも落ち着かないと思いませんか。
敬老の日は9月15日と決まっているほうがいいのに・・
とぶつぶつ言っています。

今日の大切な月曜日は、このように過ぎました。
まあまあの私の休日でしたよ。

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

「ただもんじゃあない」アイテム?

2016年09月19日 | 日記

                                   

稽古が終わった後、思い立って、栗ご飯を作りました。
二合分として、15個の栗をむきました。
きんとんなど他のものを作るときは、
ゆでて半分に切ってスプーンでほじくればよいのですが、
栗ご飯はそうもいきませんね。
これが私の普段の一食のご飯の量ですが、
もち米7割で炊いたので、美味しくて、
今日はちょっとおかわりをしてしまいましたよ。

 

昨日はオペラを鑑賞に出かけました。
前日の涼しさに安心して、着物で出かける用意をしていました。
ところが打って変わって残暑の戻った暑さ。
でも今更着ていく洋服を考えるのも面倒と、
予定通り和服で出かけました。
オペラの会場に向かう前に、鳩居堂により、
必要になった奉書巻紙を三つ買いました。
それを手提げ袋に入れてくれました。
その足で今日のお稽古に使うお菓子をと三越へ。
手提げ袋はいくつも持ちたくないので、
お菓子は鳩居堂の袋の中に一緒に入れてもらい、いざオペラ会場へ。

会場で会った友人の知り合いの方に、
「お着物素敵ですね。それに鳩居堂の紙袋!
ただもんじゃあないとお見受けしていました」といわれて、
「とんでもない、ただものです」と恐縮。

そうか!!和服に鳩居堂の紙袋は、
「ただもんじぁない」アイテムなのかも。

                   

これからは何か勝負の時は、
和服で決めて、この紙袋を持つことにしようかしら。
すぐにはゴミ袋なんぞには使わないことにしました。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ






この記事をはてなブックマークに追加

名残の季節~10月の稽古予定~

2016年09月17日 | 茶道教室 お知らせと稽古予定日

 いよいよ名残の季節ですね。
「名残の茶事」の準備も進んでいます。
ご亭主は招待状を、客はお返事を、
初めての「巻紙体験」の方もいらして頑張っています。
近くで巻紙の手に入らない方もいらしゃるので、
銀座に出たついでに、鳩居堂で求めてきました。

来週はたくさんいただいた栗で、栗きんとんを作って、
秋の味覚をご馳走できたらと思っています。
タイミングで、お口に入らなかった方にはごめんなさい。

先日、
「ブログで紹介されていたお菓子に出会えるなんて嬉しいです」
といわれてしまいました。
日持ちりこともありますから、
全員にご賞味いただくことができない場合が多いので。
「本日限定なのよ」なんて言いながらお出しすると、
「わあ~よかった」とということもありますよ。
何しろお稽古の目的にお菓子が占める割合は大きい。

10月もよろしくお願いいたします。


  

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ




 


この記事をはてなブックマークに追加

名月は見られましたか

2016年09月15日 | お茶三昧

            

15日の十五夜。
これはとても珍しいのですね。
十五夜は旧暦の8月15日ですから、
新暦に直すと毎年十五夜の日が違いますね。
このように新旧の15日が重なった十五夜は、
1970年以来、46年ぶりということです。

栗の枝を頂きました。
まだ青いイガが付いています。
早速十五夜のお供えにしました。
中秋の名月を「芋名月」といい、
後の月の九月十三日の十三夜の月を「栗名月」といいますが、
立派な栗を早くもお供えしました。

そんな十五夜の日は、朝から月見団子を作って、お稽古のお菓子に。

        

お団子の脇には、ゴルビーという大きな葡萄と、
ゆでた落花生を添えてみました。
忘れずに朝一番にお仏壇にもお供えをして。

        

お干菓子は薄氷の「風の盆」バージョン。
過ぎゆく夏の名残です。
お盆の兎がチラリと見えます。

稽古が終わると、
「月見団子まだ間に合いますね。私も今晩のために作ります。」
といって帰られた方もいらして、
今頃はお団子を食べているかしらね。
あいにく我が家の月は薄い雲に少しぼやけていましたが。
それでも今も居場所だけはおしえてくれています。

いつだったか、十五夜の夜とお稽古が重なり、
煌々と照る月をベランダ越の空に眺めながら、
風流にお茶を点てて楽しんだことがありました。
名月の夜の幸せな思い出の一つです。

今日は一人月見酒・・なんてしていませんよ。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ



 


この記事をはてなブックマークに追加