「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

八月はなぜ葉月

2016年07月31日 | 日記

       

 

明日から八月に入ります。
梅雨明けで、やっと夏らしくなりました。
でもなぜか8月に入ると秋を近くに感じてしまいます。
今日も朝から降るような蝉しぐれが、
"早く頑張って鳴かないと秋が来る~"と言っているように聞こえるのです。
そんなことを言っていても、この頃は九月いっぱい残暑で暑いですから、
本当に秋が訪れるのはずっと先でしょう。

八月を「葉月」といいますね。
私はかなり最近まで、青々と葉の茂る月と思っていましたが、
むしろ葉が黄色く色づく頃だから「はづき」とか。
それどころか、「葉落ち月」が「葉月」になったという説もあります。
定説はなく、他にもいろいろと説があり、はっきりしていないようです。
『葉』の字を当てていますが、葉とはまったく関係ないとも言われています。

実際には梅雨時の6月を「水無月」というくらいですから、
暦上の季節とのギャップは仕方がないですね。
八月はもう「中秋」なのです。

 

先日稽古の時に、
「最近車のことで色々とアクシデントが続いているのです」
という方がいらして、
「大きな事故にあわないように気をつけてくださいね。」と。

幸い、私の上半期はどうやら無事に終わりました。
今年の運勢はよく見ていないので、わかりませんが、
神社でお祓いをしていただいたし、
お札も飾ってあるので大丈夫でしょう。

運が良いとか悪いとか、それは気の持ちようですね。
これで済んで運がよかったと思うか、
こんなことになって運が悪いと思うか、
何を基準に考えるかでずいぶん違いますから。
幸・不幸も同じ。
無い物ねだりをしたら、すべて不幸になりますね。

かなり楽観的でプラス思考を自認する私ですが、
お守はいろいろ持っています。

神社仏閣でいただいたお守りもありますが、
身に着けるとよいという、水晶だとか、数珠だとか・・・
  

             

これは、私が初めて海外旅行をすることになった時に、
母がサンゴを身につけていると事故にあわないと、
わざわざ買ってくれたものです。
可愛らしすぎて最近はほとんど身に着けることがないのですが。

お盆も近いことですから、
母を思い出しながらちょっと着けてみようかしら。

八月もよろしくお願い致します。

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 


この記事をはてなブックマークに追加

寒天のお菓子作り( 画像追加)

2016年07月29日 | お茶三昧
 
6年も前に、他のサイトで書いていたブログの記事です。
もうこちらに引っ越しをしてずいぶん経ちます。
ちょっと昔の写真を探していて見つけました。
新しいいパソコンには保存していない写真でも、
ネット上にはちゃんと残っているから、
便利というか不思議というか。
ある意味怖いことでもありますが。
 
 
           
『 「すみません・・ちょっとお菓子の写真を撮らせてください・・」
ご挨拶か済むとカメラ片手にお菓子に突進した方が・・
「ホームページの更新をしたいのですが、ネタが見つからなくて・・」
 
わかります・・
「困ったときのお菓子の写真」ですよね。
 
その日はちょうと、自作のお菓子も用意したので、
「話の種に師匠の自作のお菓子なんて言うのはどうですか・・」
と無理やり話題をおしつけてしまいましたが。
 
           
 
久しぶりにお稽古の前に時間がとれたので、
何かお菓子ができないかとさがしたところ、
寒天と、甘納豆があったので、それに梨を加えて「梨羹」をつくりました。
甘納豆は丹波の黒豆で作ったもので、抹茶がまぶしてありました。
寒天の中で、梨の香りと、抹茶と黒豆の味わいが広がり、思った以上の味が出ましたよ。
 手作りのお菓子が用意できた時は、気持ちの余裕もでて良いですね。』
 
とまあこんな内容でした。
 
毎年今頃は「葛切」をお出しするのですが、
この記事を見て、こんなものも作ったっけと、
今年は違うものをと、思い立って寒天を用意しました。
寒天を使ったお菓子を久しぶりに作ってみます。
予定していたことが日延べになり、ちょっと時間が取れましたから。
さあこれから取り掛かります。
 
梅雨が明けて暑い一日ですが、なんとなくこれが待ち遠しかったような・・
洗濯にもベランダの水やりにも力が入り、何かやりたい気持ちがわき出して。
でもこれが毎日続くと、それはそれで大変ですか。
もしかして短い夏かもしれません。
夏もちゃんと楽しまなくてはね。
 
 
 
写真を追加します。
 
           
 
           
 
出来上がったので、盛り付けの例です。
メロンと小豆を寄せました。
お好みで、黒蜜を添えます。
 
 
 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

この記事をはてなブックマークに追加

食べ頃が難しい

2016年07月27日 | 日記

             

今日はお稽古で、水菓子にスイカを。
お皿ごと冷やしておいて、さあどうぞ。
こんな冷たいものが、何よりですね。

スイカの次は…

        

何だと思いますか。
メロンです。
やっと食べごろになりました。
書いてある日付を信じて、じっと我慢をしていました。

この"食べごろ"の目安、なかなかぴったりと合うことは少ないです。
保管状況にもよりますものね。
切ってみたら、少し熟れすぎていたり、まだ若かったりと。
熟れているのはまだ急いでいただけばよいのですが、
「う~んもう少しかな」という時が困ります。
満足感に浸れないですから。

実は先ほど切ってみました。
あと一日早くてもよかったみたいですが、
でも十分熟れていて美味しかったですよ。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ梅雨明けは明日

2016年07月26日 | 日記

              

ようやく関東も梅雨明けの兆し。
やっと「瀧」の文字も、生きてくるというものです。

最近テレビでは認知症の話題がしきりです。
これからは年寄がどんどん増えるということですから、
自分も周りの人にも、
それぞれ身に降りかかってくるかもしれないことですから、
一大関心事ですね。
私もせいぜい予防に努めようと思っています。

常に新しいことに挑戦するとよいようですから、
浮気者の私は大丈夫かな。

外に出てることが大事。
お友達の皆さんたくさんお付き合いください。

人との触れ合いが大事とも。
社中の皆さん、いつまでもお稽古に来てくださいね。

そしてお点前が突然わからなくなるようなことが無いように、
せっせといろいろなお点前を教えて、
いつも忘れないようにしておきます。

というわけで、今日はお茶の仲間と、お点前勉強会。
目的は、たまには緊張して、人前でお点前をすることです。
いつも口ばかりですので、体も気持ちも鈍ってしまわないようにです。

そして夜は、少し遅れて誕生会をしてくれる仲間とのディナー。
話題は間違いなく、認知症予防と老後のたくわえ・・・かな。

そうそう毎日の少量のお酒は認知症の予防になるとか。
これはあまり努力しなくても、実行できそうです。
最近本当に少量しかいただけなくなりましたから。
先日、
「あなたのブログを見ていると、すごくお酒が飲める人みたい」
といわれてしまいました。
そんなことないですよ。
お酒を頂く雰囲気が好きなだけですから、誤解無く。

明日から暑くなるようです。
皆さまどうぞご自愛くださいませ。

                          にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

五分で作った一輪挿し

2016年07月25日 | 日記

             

一度作ってみたかった小さな一輪挿し。
壁掛けで、小さな私の手よりもっと小さいですよ。

制作時間は、成形4分、釉掛け1分の五分です。
先日、陶芸体験グループにお供して、
私も何かと手抜きの物を思いついて作りました。
あまり繊細でない私にはぴったりの作品造りです。
焼きあがって早速使えるのも嬉しい。

実は10年以上も土とはご無沙汰でしたので、
すっかりノウハウをわすれてしまって、
力作?を仕上げる自信がなかったのです。

でも・・あまりに簡単だったので、おまけに作ったのが、
手作り感満載のコーヒーカップ。

             

「こういうのがいいのよ」と、
自分だけがご満悦で、これも早速使ってみました。

私はこれだけだったのですが。
皆さんの力作もたくさん出来上がってきました。
処女作を手にするみなさんの姿が目に浮かびます。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

            


この記事をはてなブックマークに追加

逆勝手を楽しむ

2016年07月24日 | お茶三昧

風炉にも慣れたころです。
七月後半は、逆勝手と酷暑のお点前です。
逆勝手は、年に炉と風炉で、一~二度の稽古ですが、
それでも皆さん随分楽に動けるようになりました。
そこで少しひねりを入れて、
薄茶は洗い茶巾を逆勝手で楽しんでみました。
平水指でしたり、棚を付けたりと、
お好きな逆勝手をどうぞという具合です。
「逆勝手もいくつかのポイントを押さえれば難しくないですよ」
と言って一つ、二つ・・三つ四つ・・・と言いだしたら、
「そんなにあるんですね」といわれてしまいましたが。

今日は「作務衣を新調しました」という方がいらしたので
早速記念写真を撮ってLINEで送って差し上げました。
「懐があるっていいですね。」と嬉しそうにお稽古をしていました。

少し前から蝉の声も聞こえるようになりました。
猛暑猛暑といわれて覚悟をしていましたが、
まだ少し余裕のある毎日ですね。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

かき氷が食べたい

2016年07月22日 | 日記

                        

 

五年前のかき氷と去年のかき氷です。
毎年一度は食べていると思うのですが、見つけた写真はこの二枚です。

かき氷には思い出がたくさんあります。
一番の思い出は、学生の頃、友人と食べたかき氷。
今のように豪華なものでなく、
小さな器で、シロップがかかっているだけのシンプルなもの。
その器を重ねて、何杯食べたか数えて。
鼻の奥ががつ~ンといたくなった、それがとても懐かしい。
もう少し清純で、まだ夢いっぱいで、
何をしても感動していたころの思い出です。

 

少し下って、仕事帰りにどうしてもかき氷が食べたいと、
バスに乗らずに、駅までの道すがら、
あの"氷"という目印を探しながら歩いた暑い日の夕暮れ。
やっと駅近くで、店の軒下で揺れている赤と青の旗が目に入った時の嬉しさ。
仕事の疲れも吹き飛びました。

 

天然氷のかき氷が美味しいといわれ、
炎天下30分以上並んでやっと口にできた、
とろけるようなかき氷は、最近の思い出。

なんでこんなにもかき氷を食べた時のことは、
はっきりと覚えているのでしょう。
きっとひと夏に一回の出来事だからかもしれないですね。
何故か、一度食べればそれで満足するのです。

クリームあんみつではない、やっぱりかき氷。
出来たら可愛いレトロなガラスの器で。

夏になるとこんなにかき氷が恋しくなるのは、
暑さのためではなく、青春の思い出が恋しいからでしょうか。

いよいよシーズン到来。
今年の思い出作りは、何時できるかしら。

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

釣瓶こそ・・・・(利休道歌)

2016年07月21日 | お茶三昧

                                 

 

「釣瓶こそ手は竪におけ蓋とらば釜に近づく方と知るべし」
釣瓶の水指の扱いを教えている利休道歌ですね。
釣瓶の水指を楽しむ季節です。

(利休道歌とは利休の教えを和歌であらわしたもので、
百首ほどあります。)

また利休道歌の中には、
「水指に手桶出さば手は横に前の蓋取り先に重ねよ」
という手桶の水指の扱いについて教えている歌もあります。

これだけでは扱いの詳しいこと、微妙なところはわかりませんが、
基本的な約束はわかります。
これを頭に入れて道具を扱えばよいということです。
それでも時には臨機応変の働きも必要なのですが。

こんな風に利休道歌には、お点前の約束や心得、意味、
などについて歌っている物がたくさんあります。
必要に応じて、読み返すと、新たに"ガッテン!!"のいくこともたくさん。

 

最近利休道歌の本を求めて読み始めたという方がいらっしゃいます。
色々と教えられて面白いとおっしゃいます。
又ちょっとお茶への興味が深まったそうです。


そういえば私が全部通して読んだのは、20年ほど前のことです。
それまでは、有名な歌や、研究会などで読み上げる歌くらいの知識でした。

初めて全部目を通したときは、よく理解できない歌もたくさんありました。
お茶の知識や、点前の知識が深まっていなかったからでしょう。

ところがそれから10年ほどして、
自分がお茶を教えながらあれこれと勉強したことからでしょうか、
新たにたくさんの歌を、なるほどと心に落ちる歌だと実感しました。
茶室をしつらえるときの約束や決まりなどに関する歌は、
必要を感じてはじめて参考になることですから。
それにしてもよくここまで丁寧にと思います。

きっと読み始めた方も、
一回目は何のことやらの歌もたくさんあると思います。
でも一回だけでなく稽古が進んだらまた読んでみる。
するとまた新しいことが興味深く迫ってくるはずです。

私が以前時々短冊に書いて掲示板に貼っていた道歌を、
皆さんどのくらい覚えていてくださるかしらね。
何事も必要になって初めて頭に入り、身につくものです。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

茶杓削り、やっと五本

2016年07月19日 | お茶三昧

             

今日五本目の茶杓を削りました。
自分の好みの形があるということに気が付きました。
そしてその形に削ることが簡単ではないということも。

削り始めてから、この本を読みました。
茶杓に込める想いとか、その人の個性とか、
美意識や感性、そして素材の魅力。
こんなにも色々と語っていることがわかりました。

茶人の洗練された茶杓も魅力的ですが、
文人や、芸術家の茶杓が、強烈な個性で迫ってくること驚きました。

時には本来の目的である、
点前に適うとか、使いやすいとかいうことを忘れて、
そこにあるだけて面白いものも。

銘は確かに大切。
でも無銘でもいい。
愛する一本がほしいと思いました。

晴れの席には使えなくとも、それが自作なら最高だと。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

既に古希なのですね

2016年07月18日 | 日記

 

               

古希だからといって、
人生旅をしてきた証の草履を並べているわけではありません。
先日の朝茶事で使った露地草履を干しているのです。
打ち水をした露地を歩きましたから、
しまう前によく乾かすためですが、
梅雨時ですので、なかなかすっきり行きませんね。
今日は日差しも出ているようですから、何とかなりそうです。
草履だけでなく使った器も、
お湯や水で使ったものはすべてよく乾燥させてからしまいます。
次に使うときにかびているなんてことの無いように。

さて私は昨日誕生日でした。
あまり認めたくないのですが、数えで70才です。
まだ69才ですよと叫びたいところですが。

誕生日のお祝い事は数え年でしますから、
今年の一月一日から十二月三十一日までが70才になるので、
今年中にするのが古希のお祝いということになるようです。
そのことをしっかりとわきまえた方に、
「古希ですね。おめでとうございます」といわれて、
少しうろたえてしまいました。

でも最近は満年齢ですることもあるということで、
70才になる年の誕生日の前まではお祝いはできるとか。

と言ってもすでに私には、お祝いをする親はいませんので、
そのことを気にして、年齢を数える対象もいません。

それに自分のお祝いは自分が考えることでもないので、
同年齢の友達とは、「こんな年になったのね」と嘆いたり、
健康であることを喜んだりして、年忘れの誕生会をしていますが。
これだけ高齢者が増えると、もうお祝いの対象は、
100才達成まで待っていても良いのかもしれませんよ。

それでも自分の中では自分なりに、
記念として何か残さなくてはと考えていますが、
それは自分に秘めたる思いとして温めながら、
今年一年過ごしていこうと思います。

といいつつ七月はいろいろなところで、
誕生日をネタにして、美味しいものを頂く会をしています。

 

余談ですが・・・・・
私の母は、満90才を目の前にして他界しました。
当然数えて90才はクリアーしました。
市からのお祝い金が出るということでちょっと楽しみにしていたのですが、
それをいただけませんでした。
どうやらお祝い金は、その年に達しないといただけ無い様です。
年金の後出しと同じですね。 
財政を考えると仕方のないことでしょうが。

 

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

       


この記事をはてなブックマークに追加