「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

初めてがいっぱい(東京湾ナイトクルーズ)

2016年08月31日 | 日記

 

若いころはたくさんの物に感動し
心に残しておこうなんて思わなくても、
鮮明に記憶に焼きつきました。

今も感動はするけれど、
しっかりと心に残しておこうと思う自分がいます。
またあることが確信できないからかしらね。
そう、一期一会。

 

ナイトクルーズは、予定通り出発しました。
誘ってくれた友人が、台風の予報にかじりつき、
朝から心配してくれていました。

                     

船出を待つ間に、船長服を来て客船をバックに。
自由に着て、写真が撮れるので、
ちょっと恥ずかしかったけれど、写し合いました。

                     

夜目遠目、このくらいなら公開可能かな。        

台風の去った後の東京湾は、思ったほど荒れてはいず、快適に食事を。
でも少し外海に近くなったところで、さすがに大きな船も揺れました。
船酔いの前にワインでほろ酔いしましたから、影響なしです。

フランス料理のフルコースを頂いてから、展望デッキで涼みました。
岸の明かりがきれいでした。
綺麗な明かりで、人気スポットのコンテナ埠頭。

                     

 スマホで揺れる船からは、なかなか鮮明には撮れませんね。

頭の上を羽田空港に降りる旅客機が、低く通過していきました。
初めて味わう迫力でした。
子供みたいにはしゃいだおしゃべりも楽しくて。
夏の終わりを感じさせるような海風も気持ちよく。

                     

レインボウブリッジの下をくぐるのも初めて。
初めての事、まだまだいっぱいありますね。

やっぱりちゃんと心に残しておこうと思いました。


 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

決行の知らせ

2016年08月30日 | 日記

         

 

茶道具がわが身に遠く思える日
         自作並べて一人楽しむ・・・

石川啄木の気持ちに寄り添う一日。
箱書き礼賛のお茶への抵抗。
きっと持てないものの歯ぎしりだと思いますが。
もし、巨万の富を得たら(宝くじが当たる)、わき目もふらず買い集めるに違いない。
人間は弱いから、環境に人格も変わるものと。
でもそのような環境に陥ることは絶対この先ないので、
意に反した自分を観ることはないと思うので安心していますが。
自分らしいお茶とは・・もう結論は出ているのです。

「今日のクルーズ、実施するそうよ」
電話の先の声に、"良し!"と気持ちを入れなおしています。
台風の予報に、二~三日前から心配していた、ディナークルーズ。
夏の行事の一つとして、楽しみにしていたのです。

関東は午後から天候も回復するようなので、
かたちを変えてでも決行するそうです。
これから台風が向かう地方の方たちには申し訳ないのですが。
予定通り夏の思い出をもう一つ作ってきます。

地震や、水害などの災害に見舞われた地方へのお見舞いの気持ちは、
その地方の農産物を積極的に買うことで、少しずつ表わすようにしています。
古希間近の凡人は、社会に迷惑やお世話をかけないことが、
一番の社会貢献と頑張るしかないですね。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 




この記事をはてなブックマークに追加

茶と花の融合展

2016年08月29日 | お茶三昧

ホテルオークラで開催された、「茶と花の融合展」に行ってきました。

・茶花講演
・生け花作家のデモンストレーション
・花展
等を見て、二席お茶席に入りました。

       

       

花入れに納まった野の花は、可憐であったり、凛々しかったり。
流儀花の花展にはない趣がありました。
一つ一つ確かめる野の花の名前も、いとおしく感じてしまいました。

            

午後は特別講演会として、
林屋晴三先生の「名碗は語る」を聞くことができました。

           


先生のお茶碗に対する深い愛情がしみじみと伝わってきて、

「名碗を持ったら、それにふさわしいお点前をすることが、名碗に対する礼儀」

という一言が心に残りました。
どのお茶碗が一番かといわれれば、
今は「喜左衛門井戸」が一番好きとのこと。
あまたの名碗をその手に取り、
お茶を頂く幸せを味あわれたとのこと。
我々には夢としか言えない体験ですね。

御茶席は、あえて自分の流儀は避けて、
表千家と武者小路千家のお席に。
自流に凝り固まった頭には、時々他流を拝見することで、
新しい発見があったり、リフレッシュもできて、
又、自分の流儀の良さを見直すこともできるものですね。

台風が近づいていて、はっきりしないお天気でしたが、
会場は花と和服で、格別のハレの世界を楽しめました。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

 

          


この記事をはてなブックマークに追加

冷凍ブドウにしてみました (写真追加)

2016年08月27日 | 日記

             

                                      一閑張七宝蒔絵瓢形茶箱

 

去年の秋のお茶会の立礼席で使った茶箱。
八月は茶箱も楽しみましたので、懐かしく思い出しています。
あれほど練習して臨んだのに、
お点前の方は皆さん、完全には覚えていませんが。
いいのでよね、それで。
楽しい思い出さえ残っていればね。
日々新たにで、すべて新鮮。

ブドウがたくさん届いて、嬉しい悲鳴です。
少し冷凍ブドウにしてみました。

             

こうすると急いでいただかなくても、
好きな時に食べられますよ。

             

さっと洗うと、皮もくるっと剥けます。
自然解凍をして食べても美味しいです。
冷たいおやつになりますよ。
お稽古でちょっと味わっていただけるかしら。

少し前にフィリピン直送マンゴーもいただきました。
こちらは熟れ熟れでしたので、
食べる前に傷んでしまいそうと、
やはり半分むいて冷凍しましたよ。
こんなメニューはいかがですか。

                                 

                冷菓 「マンゴーとピオーネの水羊羹添え」

冷菓がいっぱいの冷蔵庫が太って見えます。

              

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

一日一つならできそうでも

2016年08月26日 | お茶三昧

                 

              

片付けるとは捨てることなりと。
一日一つ物を捨てれば、
一年間で365 個の物が減る。
一日に一つ物を増やさなければね。

たくさん覚えなくてもいいのですよと。
一日一つ覚えれば、
一年間で365個の知識が増える。
一日一つ、忘れていかなければね。
最近は二つくらい忘れるような気がする。

ああ・・若い時にもっと勉強しておくのだったと、
今更嘆いても遅しかな。

 

集中豪雨でも、うだるような暑さでも、
皆さんガンバって稽古にいらっしゃる。
時々、茶杓を茶碗でなく棗の縁で払う人や、
「お点前頂戴いたします」でなく、
「お茶碗頂戴いたします」という人がいたりするけれど。
暑さの所為と、一同爆笑。
これも一座建立に一助かな。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

着火炭がより必要になりました

2016年08月24日 | お茶三昧

             

                                             なつぎく(塩野製)

エアコンをかけての夏の稽古では、
換気が悪いので、炭を使うことが少ないのですが、
お茶事となるとそうもいきませんね。
そんなときは本当に換気に気を使います。

去年の暮に、20年近く使ったガスコンロを取り替える時、
ガスコンロにするか、炎のない電気コンロにするか悩みました。
そして気が付きました。
炭を熾すには炎がないとダメだということに。
そこで、電器はあきらめて、
最新の安全センサーのたくさんついたガスコンロに。

さて、そのコンロがまた問題でした。
炭を熾す時にセンサーが働いて、ガスがたびたび止まってしまうのです。
十能の底が゛うまくセンサーに触れなかったり、
優れもののセンサーが危険を察知したりしてのようです。

そこでまた、切らしていた着火炭のお世話にならなくてはと、
急いで注文しました。

着火炭は10秒炎にかざせば付きますから、
その上に下火の炭を組めば、10分で熾してくれます。

都会のマンション生活では、
茶の湯の環境を整えるにも工夫がたくさん必要なんですよ。

10月の名残の茶事に向けて、
中置での炭手前をそろそろ稽古しなくてはという方が。
ちょっと気が早いですが、
こんな時こそ、炭手前に力が入るのですよね。

暑い時に熱い火のお話しでした。

 

(着火炭のお店はここです。参考まで。
ブックマークにも載せてあります)

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

どちらも難解だけれど

2016年08月22日 | 日記

           

 

姪がプロデュースをして仕上げた、小さな演奏会。
それは四人の若き作曲家の発表会。

夏目漱石の「こんな夢を見た」から始まる、「夢十夜」を題材にして、
音楽でオムニバス風にまとめた四話の夢。
主人公が見た10の夢についての難解なものがたり。
この難解なものを現代音楽で表現するのだから、
尚更聴く者には覚悟がいると思った。

聴きに行くという形でしかできない応援。
姪の家族と待ち合わせをして観賞すべく川崎まで。
せっかくだから、昼と夜の二回公演の両方を聴いた。
一人でも多い観客がいたほうが良いだろう、
との親心にお付き合いしたのだけれど。
それと、講演にこぎつけるまでの苦労話を聞いていたので、
ぜひとも成功させてあげたいとの「伯母さん心」ででもありますが。

100席ほど椅子を並べた、小さなホールだが、
昼・夜のどちらの公演も、席はほとんど埋まっていた。
作曲家四人と演奏者五人の努力が実を結んで、
身内としては本当にほっとした。
夜の回には、お世話になっている方々の姿も多かったように見えた。

同じ公演を昼・夜二回聴いてわかったこと。
一回目は初めて聞く曲で、現代音楽・・・
どんな曲かと、必死で耳を傾けていたと思う。
不思議と二回目は力が抜けて、
わからないなりに安心して、音を楽しめた。
二回聴くのも悪くないと思ったりして。

姪のおかげて、
あまり縁がないと思っていた現代音楽にも触れるチャンスができて、
人生がまた少しにぎやかになったよう。
まだまだ学生の作曲家を目指す卵。
ひよこになったら、皆さんにも応援していただこうと。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 


この記事をはてなブックマークに追加

秋の訪れ 九月の稽古予定(一部訂正)

2016年08月21日 | 茶道教室 お知らせと稽古予定日

           

 

「田んぼのあぜ道で見つけました」と「ガマ」をいただきました。
昼間はまだ蝉しぐれ。でも夜には虫の音も聞こえます。

九月になると、もう暮れまでの予定に話題が向きますね。
「今」の積み重ねが確実に加速していくのがわかります。

10月の名残と12月の夜咄の茶事に向けて、
担当の皆さん、準備にそろそろ動き始めていますよ。

       

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ




この記事をはてなブックマークに追加

夏の思い出はシングルマザー(写真追加)

2016年08月19日 | 日記

お盆が過ぎましたが、暑さはこれからが本番といわれて、
このままで終わるはずもないと覚悟を決め直しています。

それでもお盆を過ぎると、気持ちは夏も終わったの感があり、
これから少しの間、稽古の時の皆さんの話題はひと夏の思い出。
自分の家が一番の避暑地と決め、
たまに都会に出て楽しむ時間もありますが、
暑さに参らぬうちにと、そそくさと我が家に逃げ帰っている私には、
ひと夏の思い出など作れません。
それでも、この時期だからこそ体験できることも結構あります。
決してドラマチックではありませんが。

暑い中、きちんと着物でお稽古に見えた若い方、
近々結婚式に参列するので、練習だそうです。
先輩にこれで大丈夫ですかとアドバイスを受けていました。
その方はまだ独身ですが、
ここの所三か月くらい、子育てに勤しんでいたというのです。
居合わせた皆さん、いつの間にそんなことになっていたのかとびっくり。
といっても猫のお話しと聞いて、納得。

生まれたばかりで保護した子猫が、
無事に育ってくれて一安心したというのです。
180gだった体重も今は1kgにもなったそうな。

                

 

                       

可愛いですね。
縁あって出会った命ですから、絶対見捨てられませんね。
きっと毎日必死で、世話をしたのでしょう。
その方曰く。
「シングルマザーになった気分です。」
これからますます可愛くてたまらなくなるのですよ。
覚悟していてねと。

これはきっとドラマチックな体験に入るのでしょうね。

追伸・・
ブログに写真を載せましたよと報告したら、
「もっとかわいらしいのがあります!」と、
親バカ(そうですよね)の写真が届きましたよ。

            
全く、子供と同じなんですよね。
どうぞ見てやってくださいませ。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ


この記事をはてなブックマークに追加

お盆休みの収穫

2016年08月17日 | 日記

            

二日間のお盆休み。
やりたかった納戸になっている部屋の整理をしました。
部屋の中をなにも跨ぐことなく歩けるようになりました。
収納用に取っておいた段ボール箱を幾つもつぶし、
着ないでいる衣類や、膝が抜けたり裾の切れた着物を捨てました。
物は並べ替えるだけで、隙間を作るということもわかりました。
これからはひとまず置く、を止めようと心に誓いました。

そしてオリンピックで頑張る選手を応援しながら、
浴衣を一枚ほどきました。
もう寝巻にしか使えなくなった浴衣です。
でも他のことには十分使えます。
そのまま刻んで雑巾でもよかったのですが、
思い出のある布地でしたから。
着物を洗い張りに出す時、手間賃を取られるほどの仕事です。
結構根気のいる作業でした。
選手の頑張りに勇気づけられたわけでもないけれど、
途中で折れそうな気持に鞭打って貫徹しました。

こんなことが私の、お盆休みの収穫です。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ




この記事をはてなブックマークに追加