明日できること今日はせず
人形作家・写真家 石塚公昭の身辺雑記
 



西洋の陰影、遠近法を日本人は日本人的勤勉さで取り入れて行ったが、何かを取り入れたら、代わりに何かを失うということはあるだろう。私のハードデイスクは容量に問題があることもあり、それを恐れて要らない物を見ない学ばないことに昔から結構気を使ってきた。情報過多のこの時代、自分の身は守らなければならない。それはともかく。 逆に印象派の画家たちは浮世絵の影響を受ける。日本人より冷静な受け入れ方のように見えるが熱狂的なのがゴッホである。弟への手紙でも書いている。「たとえよそより高くつくとしても、南仏にとどまろうというのは、そうだろう、みんな日本の絵が好きで、その影響を受けている。これは印象派画家ならみんな同じこと、それなのに日本へ、つまり日本に相当する南仏へ行こうとしないだろうか。だから、なんといっても未来の芸術はやはり南仏にあると僕は思う。 君がここでしばらく過ごすといいのだが、そうすれば、このことがよくわかるだろう。しばらくすると見え方が変わり、もっと日本的な目で見るようになり、色も違った感じがしてくる。』 そういえばあんたの絵もどちらかというと陰影無し派だな。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




度々書いていることだが、こう見えて私は不器用である。今回鏑木清方へのオマージュということで清方の円朝図と同じ構図で制作したわけであるが、そこで同じ位置に、筆でサインとハンコを押そうと思い、ハンコを自分で彫ろうと試みた。清方の作品はかなり大きいが、私の作品の縮尺にあわせるとハンコも小さく上手くいかない。印材は柔らかく、失敗すれば、紙ヤスリで削ってやり直せば良いのだが、どんどんチビていく。それでもなんとか作り画廊に向かった。ところがサインの墨がへんに滲み、それに動揺し、ハンコも曲がった。なれないことはするものではない。一カットは買っていただいているし、そもそもカッコ悪くて、そのまま展示する訳にもいかず、直前に来てくれた田村写真の田村氏に再プリントを依頼、Fさんが届けてくれ事なきを得た。鉛筆だろうとなんだろうと本日はサインを入れる気にならず。  近所の老舗飲み屋にクーデターが起こり、絶縁の貼り紙とともに常連が出禁となった。ところが現女将は常連がボイコットをしてうちを潰そうとした、と客にいっているという。自分で書いた貼り紙をすっかり忘れてしまったらしい。前女将は隠居状態だし、有名だった煮込みもない。残るは防空壕が残る店の風情であったが、そこにもついに手がはいり、木に竹を継いだようなブラックジャックの顔調な様相になってしまった。本日は落武者となったかつての常連に集まってもらい、乾杯の後はこれで諦めもついたとばかりに盛り上がった。芋焼酎に馬づくしを堪能し、カラオケまで。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、頭の中のイメージに陰影がないのに気付いてビックリしてしまったが、つまり江戸川乱歩先生曰くの“夜の夢こそまこと”の私のまことには、そもそも陰影がないということになる。頭の中のイメージを取り出すのが私の創作行為だ、などといっておきながら実に不誠実であった。せっかく石膏デッサンも十代の頃に30枚くらいしかやったことがないのに、そんな私ともあろうものが、ここがこうだったらここにはこんな陰影が、などと常識顔して長年やっていたことになる。 アンリ・ルソーが正確に陰影を描けたなら、あの世界はなかったろう。“あんたの頭の中にも陰影がなかったんだな”。よってたまに影を描いたと思ったら興味なさ気に申し訳程度である。陰影がないからこそ浮世絵同様、遠近感からも開放されている。これは整合性云々言われながらも、独自の世界を築いた江戸川乱歩の世界のような物で、陰影、遠近感を云々していたら乱歩の世界は理解できない。私は浮世絵師やルソーの絵筆と違い、まず立体を作るので、あくまで“身も蓋もないツール”であるカメラ、写真という手段でやるところに面白さを見いだしたい。間もなく人物写真でもこの手法を試すことになろう。そもそも陰影がないのだから不自然もクソもない。いよいよ私の念写も正確性が増してきたといえよう。
(明日夕方前には青木に出向く予定です。)

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




HPを開設してからながらくトップページに“ピクトリアリスト”とうたっていた。しかし、今でこそ古典印画法を試みる人が増えたが、当時は誰にも伝わらないだろう、といつか消してしまったのだが、復活させよう、と思っている。ウイキペデイアで、ピクトリアリズムの項を久しぶりに見たら、『アルフレッド・ホースリー・ヒントン は、写真がリアルなものを写している、という考えへの異議申し立てとして勃興した印象派絵画の理論を導入して、逆に写真そのものを本来の事物に近づけるためにそれらの手法を用いようとしたのであり、単に古典名画から構図を借りたという類のものではないという反論を行った。』今見ると、私がいっていることとほぼ同じである。写真は真など写さない。 思えば写真を始めて以来、人形という虚構にさらに虚構を重ねて、私なりのリアルを表現する、ことをずっと続けてきた。そういう意味ではオイルプリントが最強の最終手段だと思っていたが、圓朝により成功した新たに得た手法により、重ねることと一味違う手段を得た気がしている。単に被写体から陰影を消しただけだが、いずれ何か手法に対する名前を考えたい。  先日オイルプリントの早回しの動画を公開していただいたが、海外からあんたの秘密はなんだ。随分簡単じゃないか、と書き込みがあった。石塚式の秘密はゼラチン層を厚くしたことにある。簡単に秘密を明かしてたまるか、といいたいところだが、単に英語が出来ないだけなのさ。17年間もHPで方法を公開しているのだ、あんたらもたまには日本語訳しなさい。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




鏑木清方の圓朝図と同じところに筆でサインとハンコを押すはずが初日に間に合わず。 青木画廊の歴史がつまった『一角獣の変身 青木が郎クロニクル』本日のオープニングには皆さん集まるだろうから、と各掲載ページにサインを貰おう、と金のペンを持って行ったが、面識がある方が少ないので、アーテイストと客の区別が付かず。それでも随分いただいた。本書の記録を見て解ったのが青木画廊で初めて観たのは83年の四谷シモンさんの『解剖学の少年』が四谷シモンさんが自らゼンマイを巻くのを目撃したのがそうだったらこれが初だろう。だとしたら次は84年の「杉原玲子遺作展」か。これが酒を飲んでる人等に背を向け、壁面を二周して帰った展覧であった。その中に御本人がいたつもりでいたが、今見ると遺作展となっている。シモンさんは会場を出たら向こうから黒いロングコート姿でユラリというイメージで歩いていらして、慌てて戻って著書にサインをもらった。人見知りの私は一緒に行った友人に頼んだのだが。 私の作品は147Pの江戸川乱歩『盲獣』。合成ではなく、ヌードに乱歩を置いて撮影した。工夫といえば、太腿のカーブに合わせるため乱歩のそでは布にした。今回はもしかしたら、今後作風を変えるかもしれないきっかけとなる『鏑木清方三遊亭円朝図へのオマージュ』を急遽出品した。周囲でもこの手法を理解してくれているのは田村写真の田村さんくらいしかおらず、単に日本画調にしただけのように思われるか、と懸念していたが、さすが青木画廊に集ったアーテイストの方々。何人かに適切な反応していただき喜ぶ。来廊者の中には画材は?という人がいたが、すべてカメラで撮影した写真である。いわれなければ私でも画だと思うだろう。次回顔を出すのは火曜日の午後の予定である。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




立体を作る、ということは陰影を作り出すことにほかならず、撮影時にはその陰影を生かすために光の状態をああだこうだし続けてきた、何しろ陰影こそが立体の特徴、生命といえるだろう。それが自ら作り出した陰影を排除することになろうとは思わなかった。 ここ数年、浮世絵、日本画の発想、自由さなどが気にかかり、羨ましくてしょうがなかった。身も蓋もなく写ってしまう写真という手段の不自由さに制作を諦めることも多く、少々辟易としていた。そこで自ら作った陰影を排除したら、西洋絵画、写真などの不自由さがなくなるのではないか? 子供の頃に、頭に浮かんだイメージはちゃんと在るのに、これはどこへ行ってしまうんだろうと不思議に思っていたが、そこで頭に浮かんだイメージを取り出し、やはり在ったな、と確認することが私の創作行為となった。ところで本日、永代通りを歩いていてふと、私の頭の中のイメージには陰影がない!ということに初めて気付いて、危うく持ってる荷物を落としそうになった。そりゃイメージの中に陰影がないなら、取り出して陰影付けちゃダメだろ?

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




27日のオイルプリントワークショップの準備とデモンストレーションのために八丁堀のアトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオへ。オイルプリント紙(ゼラチン紙)は田村写真謹製のを使えるのでハードルが低くなり、小学生でも絵が出る。ただしピアノは誰しも音は出せが、上手く弾けるかは別の話である。この技法は、デジタルで拡大ネガを作ることを別にすれば、写真的教養はたいして必要がない。素人同然だった私はよくこの技法に出合った、と未だに感心するのだが、逆にいえば何が何パーセント、露光時間、露出が、という写真的教養を持って制作する人にとっては、教養があまり役にたたない。つまり写真的でないのが手がでないところだろう。もう一つ、細江英公がある講演でいっていたが、印刷での再現性が悪いので絵の具を使うピグメント法は伝搬力に乏しい。大正時代はやったのは、写真展で実作を見れたからであろう。2000年に技法公開のために開設した当HPだが、当時は今とはネット環境も違い、とにかく画像は軽く、という時代でなおさらモニターでは伝わらなかっただろう。メール一つ来ず、私に続いて始めた人も聞かない(試した人は結構いるようだが)一時はオイルプリントでの個展を連発したが、出版やフリーペーパーの表紙を担当してしばらく休んでいたら、その間に時代はデジタル全盛となり、その反作用で古典技法花盛りとなっていた、久しぶりにオイルにより個展を開催し、作品を見てもらうことができた。広沢虎造もいっている「待てば海路の日和あり」。ところで今回のワークショップはどこかの財団が主催のようだが、アトリエを提供している方に挨拶したら、1999年九段下の画廊でオイルプリントの個展をしたとき、朝から晩まで同じ質問をされ、受付の方が笑いをこらえていたが、その中でも特に熱心に質問され、私にホームページ制作を決心させた方々のお一人であった。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




青木画廊に合いそうな作品はエドガー・アラン・ポーぐらいしかない。二時に到着し、できたばかりの「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」を見る。青木画廊の歴史が詰まっており読み応えがある。私が初めて訪れたのは70年代の終わりか80年代の初めだったが、出不精もいまほど重症ではなく、情報誌を持って画廊巡りをしていたころである。作家が関係者と酒をを飲んでいるのに背を向け、壁にかかつた作品を一、二周して帰ったものである。 高松潤一郎さんがみえたので本にサインをいただく。第3世代/新世代などに分かれており、編集者が拙著『貝の穴に河童の居る事』の編集者でもあったので、「タッチの差で新世代じゃなく第3世代に入れやがったな」。とメールをしておいた。もっとも三遊亭圓朝が引退した歳だから新世代は無理があるが。あちらは脳病が原因であった。 今回は新手法による、できたての「鏑木清方作三遊亭円朝図へのオマージュ」も出品する。今後これ以降、すべてこの手法で行くのかどうか。まずは初披露である。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




季節はまだ早いが扇風機を引っ張り出す。牡丹灯籠に仕込んだライトを着け、扇風機で扇ぎ、空中を浮遊させる場合にそなえてユラユラと。足がないということになっている幽霊に下駄を履かせ、カランコロンと登場させる演出は秀逸である。これがなかったらゲゲゲの鬼太郎の主題歌も変わっていただろう。 このカランコロン♪だけでいいから圓朝の声で聴いてみたい。アメリカから録音隊が来日したおり、便宜を計ったのが、元祖“ヘンな外人”イギリス人の快楽亭ブラックだが、圓朝の晩年、関西から乞われて、弟子等をつれて興行した中にブラックも混ざっていた。圓朝を差し置いてクセのあるヘタクソな録音を残している。自分はいいから、まず大名人圓朝師匠の録音を、となぜいえない。九代目團十郎はぎりぎり菊五郎と映像に残されているが、自分が生きている間の公開は許さなかった。圓朝は旅行の際に、当時珍しかったヘルメットを被っていた、というから新し物好きだったに違いない。気が利かないブラックが悪い。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ずっと寝っぱなしだった母は食欲ももどり、送迎車に同乗しショートステイへ。私と同居を始めた時はげっそり痩せていたが、同居以後相当太り、床に座ると自分ではなかなか立てない。このまま食べたいというものを食べさせつづけていたら大変なことになるだろう。本日もなんだかんだと小競り合いを続け、ホームに着いたら身体チェックで低温火傷がみつかる。本人はけろっとしているが明日また来て、皮膚科に連れて行かなければならなくなった。 鍵盤の間にブルースがある。というが、本日のブログの行間には、そのままはとても書けないブルースがある。唯一良いことといえば、そのブルースから逃避するため集中力がいやおうなしに高まり、アイデアは冴え、目はランランと輝き、想定していたより作品が良くなってしまったことである。これを母のおかげ、といって良いものかどうか。また上手くしたもので、相手が幽霊だヒトダマだ、と現実から逃避するにはもってこいの対象である。 青木画廊用に額装した作品を受け取り、月末のオイルプリントワークショップの準備などし、母との前半戦のこともあり疲れた帰りの車中。ショートステイの担当者から母が熱を出し、足の火傷やむくみもあるので、病院へすぐ行った方が良い、との連絡を受け、行くとそのまま入院となった。母が点滴を受けながら「私がいないと寂しいでしょ?」というので「俺を笑わそうとしていってんのか?」付いて来てくれたショートの担当者が私の代わりに笑った。
「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中。残り1名。
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




三日ほど体調を崩していた母だが、昨日定期検診にいった時点ではすっかり回復し、薬も貰わなかったくらいだが、本日寄席風景をほぼ完成させ、夜中の3時過ぎに寝ると、母の熱いから窓を開けてくれ、の声でおこされる。額に手をやるとかなり熱がある。コンビニに行き、栄養剤と熱冷まシート。冷たい物が欲しいというのでジュースと氷とガリガリ君。まだ4時であった。母が寝るまで、と仕上げを再開し完成の後寝る。こういう時の私はピストルに撃たれたように数秒で寝る。 10時過ぎに目が覚め、ヨーカドーに風邪薬、体温計他買いに行く。コンビニの前で、なにやらリハーサル。白い犬のぬいぐるみが置いてある。というと“髪が後退したんじゃない、私が前進したんだ”社長のCMか? 母熱も下がり落ち着いたようなので世界堂へ。『鏑木清方作三遊亭圓朝図へのオマージュ』用の額を買いに行くが、注文後、2時間も待っていられないので帰る。母熱も下がりひたすら寝る。 私は物心つく前に百日咳をやっている。随分こんな目に遭わせて来たのであろう。それにしても、息子のいうことをもっと聞け、といいたい。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午前中、母を定期検診に連れて行く。3月以来で間が開いた。雨なのでタクシーで行くが、俵を運んでいるのとは訳が違い、やり取りをしているだけで疲れて来る。一時ゲッソリしていたが、随分太り、その分、行動が遅くなった。母をタクシーで返し、その足で額を買いに行こうと思ったが、止めて寄席外観用に撮影。 遠景に川面が見える、というのも考えたが、どうも洲崎の遊郭を連想させるので止めた。ここに圓朝と、遠ざかる牡丹灯籠のお露とお米の後姿、というのが最初の構想だったが、陰影のない圓朝を作り始めてしまっている。新版画的イメージの中にどうやっ入れるか入れないのか、である。看板には圓朝の名と牡丹灯籠’もう一行にも何か入れたい。 空中を漂う灯籠で充分ではないか、と思わなくもない。


「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。
HP


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




真を写す、という意味の写真という言葉を蛇蝎の如くに嫌ってきたことは常々書いて来た。真なんていうものにできるだけ携わりたくないし、フレームの中から排除したい。こんな訳をしたボンクラがどこのどいつか知らないが、それまでの日本人がどれだけ日本人なりの真を創造してきたか。昔の日本画が近年“奇想”などともてはやされているが、あれは昔の日本人からすれば奇想でもなんでもなかったはずである。 頭の中のイメージを可視化しようと考えたとき、写真の身も蓋もないリアルさが邪魔になり、断念したことは多い。その行く手を阻んでいたのは“陰影”ではなかったか。そこで、立体を作るということは、陰影を作りだすことに他ならないが、自分で作った陰影をあえて排除してみた。すると虚実のドアが開け放たれ、“何処でもなんでもドア”を手に入れたような気になった。 本日田村写真の田村氏から圓朝図は和紙のインクジェット紙が向いていると連絡を受け、始めて手透き和紙にプリントしていただいた。例によって頭が付いて来れず『私はこんなことをしようとしていたのか』。おかげで帰りの電車は何駅も乗り過ごしてしまった。地元に帰り行きつけの居酒屋に行くと、カウンターに、先日肺に影が在り、初期の肺気腫と判定され、私に「人間に影がないんだから肺に影があるくらいで丁度いい」。といわれたオヤジがいた。作品を見せると、不思議なことにいつもの私の写真作品よりリアルに見えるらしく、陰影のないオヤジが陰影のない写真を盛んに不思議がっていた。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。旧作品ばかりですが。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




『鏑木清方作三遊亭圓朝図へのオマージュ』朝までかかってなんとか完成。母が珍しく風邪をひき、ずっと寝ぼけながら何か喋りつづけていた。 同時に制作していた寄席の外観図。遠景に川面は、川っぺりに寄席は変だろうと思っていたら、友人から“寄席は寛政の改革で豪奢禁止の中、密かに緒牙舟で川筋から通った。一つ目二つ目は過ぎた橋の数が由来。川っぷちで正解”とメールが着た。しかし明治時代を想定しているし、例えば現在の江東区、幕末からの寄席の数、場所も記録に残るが、各町内に、というくらいの多さである。もっとも川瀬巴水ばりに、川面に映る月の明り、をやってみたくもあり、まだ捨てきれていない。巴水木版の風景画は、カメラでいうと望遠の景色だが、私は手前に圓朝を立たせるつもりで広角で撮った。予定では圓朝とお露とお米を入れるつもりで作ったが、人は入れず、空中を牡丹灯籠が浮遊しているくらいの方が良いような気がして来た。 2作連続して集中して制作したのでくたびれてプリントを依頼に行けず。



「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

オイルプリントワークショップ参加者募集中
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ
オイルプリントについてはHPをご覧下さい。旧作品ばかりですが。
HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


一日  


名作鏑木清方作『円朝図』と大胆にも同じ構図で制作した圓朝図へのオマージュ作品。清方作は湯飲みで茶を飲んでいるが、私の方は両手を膝に置いているので手前に置くことにした。清方作もそうだが染め付けの色味が合うだろうと蓋付きの湯のみをヤフオクで落札。連休の合間に入金しようとしたら支店名の読みが判らず。結局、ようやく本日届いた。  昨日、遠景を残し一日でおおよそ完成させた明治時代の寄席は、看板は、清方作の寄席内部から見える看板のとおり文字を配置するつもりでいたが、すっかり忘れて作ってしまった。たしか人情はなし、と書かれていたような気がするが、かわりに怪談牡丹灯籠と入れた。結果こちらで良かった。こういう長い噺は何日にも渡って口演が続き、庶民は続きを楽しみに寄席に通った。当時はトリは人情噺と決まっていた。本日は寄席前の奥行き素材を撮りに行くはずであったが、銀座青木画廊のグループ展が20日からと迫っている。急遽出品することにした圓朝図へのオマージュの仕上げ。

「一角獣の変身-青木画廊クロニクル 1961~2016」刊行記念展Ⅰ
2017.05/20(土)~2017.06/02(金)
平日11:00~19:00 日祝12:00~18:00 5/28(日)休廊

今月末オイルプリントのワークショップ参加者募集中
2017年5月27日(土)13:00~
アトリエシャテーニュ・オルタナティブスタジオ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ