よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

ファーブラ・フィクタ タティー編第004話13

2017-06-14 15:36:22 | 日記
 確かに、ぼーっとして奪われたタティーが悪いのかも知れないが、ここはまだ闇コスの大会が行われている会場じゃないか。
 大会会場での盗難事件は大会本部が責任を持っても良いじゃ無いかと思う【クインスティータ】だった。
 盗賊をこの会場に入れたのは大会本部なのだから。
 と言いたいが、来場した者全てをチェックする事など出来はしない。
 残念だけど泣き寝入りしかない――とは思わないのだった。
 【クインスティータ】は、
「追いますわよ。ふん捕まえて、ぎゃふんと言わせて差し上げますわ」
 と言った。

 その頃、消えた盗賊達は、悪女【ヴィホヂット】の元に居た。
 【ヴィホヂット】は、
「ご苦労様、じゃあ、この娘達、あんた達の好きにしていいから」
 と言った。
 自分を慕う女の子達を盗賊に差しだそうとは見下げ果てた根性だった。
 さらに闇コスで、失格になった【ヴィホヂット】は盗賊を雇い、優勝賞品を盗む様に企てたのだった。
 盗賊Aは、
「嫌、やめておくわ。盗っちまってから思うんだが、こいつは普通の存在がどうにかして良い物じゃねぇな。こいつから禍々しいオーラみたいなのを感じる。マジでやべぇよ、こいつは」
 と言い、
 盗賊Bは、
「悪いことは言わねぇ。こいつと関わるのは止めた方が良い。俺たちはこの星を離れる事にした。あんたの口車に乗るんじゃなかったよ。いい迷惑だ」
 と言った。
 【ヴィホヂット】は、
「男のくせに根性ないのね。これさえ、もらえばあんた達になんかに用は無いわ。どこへなりとも消えなさい」
 と言った。
 盗賊Cは、
「わかってねぇんだよ、そいつのやばさが。とてもあんたが扱えるようなものじゃねぇ。俺たちは裏社会でずっと生きてきた。だから、わかるんだ。そいつの超激やばさに」
 と言い、
 盗賊Dは、
「普通の存在が手を出しちゃなんねえって感覚がヒシヒシと伝わってくる。俺たち裏社会の存在はクアンスティータの害にならねぇって方針でやっている。あれを敵に回したら終わりだからな。そいつは、それに近い危険性を持っている。それと比べちゃクアンスティータが怒るかも知れねぇが、それだけやべぇ代物だよ、そいつは……」
 と言った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファーブラ・フィクタ タテ... | トップ | ファーブラ・フィクタ タテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。