よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2017-10-31 13:44:51 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日011

2017-10-31 13:43:46 | 日記
続きです。

その後のブレセ・チルマ・フェイバリットとの知恵比べは木曜日になりますかね?

もっと早くアクア編の説明が終わると思っていましたが、意外にかかるもんですね。

まだ、001話の所ですね。

という所で以上となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日010

2017-10-31 13:42:45 | 日記
続きです。

正体を隠していますが、ゼルトザームという男はカノン達を瞬殺出来るほどの力を秘めています。

答えを言ってしまえばゼルトザームはクアンスティータのオモチャと言われる道化でクアンスティータの勢力の一部ですので、強くて当たり前なのですが。

その辺りの事を説明していこうと思っています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日009

2017-10-31 13:42:20 | 日記
続きです。

期間を延長してもらったカノンは見事、ネロの食材を用意したのでした。

そして、住民とネロが和解して、一件落着という所と、明日はゼルトザームの登場シーンまで言えれば良い方かな?と思っています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日008

2017-10-31 13:41:50 | 日記
続きです。

明日の説明としては、カノンが一週間の期限に間に合わないので、手付けとしてカノンは自分の血を提供することを提案します。

既に寝る間も惜しんでの状態なので、ふらふらです。

それを見かねた住民達が自分の血を使ってくれと申し出てきます。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日007

2017-10-31 13:41:23 | 日記
続きです。

ですが、ネロは席を立ちます。

後にはネロが飲み残したコップが置いてあったのですが、カノンはそれを持ち帰り、次の日、再び、ネロの元を訪れて、このコップの唾液を使わせてくださいとお願いします。

カノンにとっては、そのまま持ち帰る事も出来たのに、わざわざ、ネロに使用許可を求めに来たという誠意を感じ、ネロは一週間だけ、時間を与える事にしました。

という所で時間切れになってしまいましたね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日006

2017-10-31 13:40:55 | 日記
続きです。

ネロはオラと違ってあんたは綺麗だからオラの気持ちなんか解りっこないと言います。

カノンはオラという一人称は恋人の吟侍が自分の事をオイラと呼ぶので親近感が沸いたり、ネロとの共通点を探そうとしたりして、交渉を進めます。

カノンはネロが人の血を吸わないでも済むように新しい食材を用意する事を約束し、そのため、彼の唾液や爪、髪の毛を少し提供して欲しいとお願いします。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日005

2017-10-31 13:40:21 | 日記
続きです。

ネロは昼間は住民にいじめられていて夜は住民達を襲っているという悪循環を繰り返していました。

そこで昼間の弱い時期のネロとカノンはお茶をする事にしました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日004

2017-10-31 13:39:54 | 日記
続きです。

その後、第七本体の従属側体の話などもあり、七英雄達と合流する予定になっていて、その後、ウェントス編と合流してファーブラ・フィクタ編になっていきますと説明しました。

全体の説明はそこまでにして、後は昨日の続きとして、クロス・シティーのネロとの交渉について話しました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日003

2017-10-31 13:39:26 | 日記
続きです。

第005話のシリーズは第一側体から第四側体までのコンタクト・ポイントで4話、第006話のシリーズは第五本体の従属側体である第五側体から第七側体までで3話、第007話のシリーズは第六本体の従属側体である第八側体から第十一側体までの4話という用に側体のエリアを一つずつピックアップして行った話になりますと説明しました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日002

2017-10-31 13:39:01 | 日記
続きです。

アクア編は1~3話までは惑星アクアでのカノンの交渉がメインで話が進みます。

続く第004話のシリーズは、ユリシーズ達が8番の化獣(ばけもの)オリウァンコの一味とひたすら戦って行く物語になります。

そして、第005話のシリーズからカノン一人でのトルムドア・ワールド編になります。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日001

2017-10-31 13:38:17 | 日記
それでは、今日言った事から書いて行きますが、今日も遠いところから待ち合わせ場所に行ったので一分以上時間を損しています。

なので、少しは身になる内容をと思って最初はアクア編の構造を言いました。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて……2

2017-10-31 13:37:52 | 日記
さて、それではいつもの人に今日言った事と明日言う事を書いて今日は終わりたいと思います。

今日も遠い所から休憩に入りましたので、あんまり言えませんでしたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ 奇譚(きたん)005

2017-10-31 13:37:27 | 日記
続きです。

なまりは冷たくされた生みの親よりも優しく接してくれた育ての親であるスティーナを選ぶのですが、そこに行き着くまでの葛藤などを描くという事になりますかね?

という所で5回目になりましたので次回に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ 奇譚(きたん)004

2017-10-31 13:37:00 | 日記
続きです。

言ってみれば生みの親の関係者が引き取りに来たというものです。

スティーナは育ての親になりますので、生みの親と育ての親がなまりを奪い合うという構図ができあがる事になりますね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加