よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2015-11-30 11:00:44 | 日記
多分、途中で作業は終了すると思いますので、先に終了の挨拶をすませておきます。

お休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作業を開始します。

2015-11-30 11:00:22 | 日記
それでは、作業を開始します。

恐らく、途中で作業が終わると思いますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今回で……

2015-11-30 10:58:25 | 日記
今回で、ブログ2の更新は711回目となりました。

先月を超えないと思っていましたが、気づけば700回超えとなっていましたね。

新記録じゃないですかね?

さすがに来月はこうはいかないとは思いますが、とにかくめでたいです。

出来れば777回でラッキー7を出したかったですが、ちょっとそれは無理っぽいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語010

2015-11-30 10:57:53 | 日記
続きです。

主人公はヒロインの気持ちをくんで、亡くなった別の男性の後を引き継いで、訳ありの女の子達の悩みを解決する仕事をしていく事になるのです。

謎が、ヒロイン一人というのも味気ない気がしたので、目を醒まさない眠り姫もつけてみましたがどうでしょうね。

今回はまぁ大体、こんな感じのストーリーにしようという所まで考えました。

続きは明日以降という事にしますね。

今日はここまでです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語009

2015-11-30 10:55:42 | 日記
続きです。

訳もわからない内に、その時の危険を逃れた主人公はヒロインともう一人、寝たきりで目を醒まさない女の子と出会います。

ヒロインはその寝たきりの女の子の世話をしています。

主人公から別の男性の最期を聞いたヒロインは泣き崩れます。

そして、その時、主人公はヒロインを守ってあげたいと思うようになり、気になり出します。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語008

2015-11-30 10:55:10 | 日記
続きです。

うーん……、もうちょっと頭をひねって考えると、途中経過を省かせていただきますが、こんなのはどうですかね?

物語の冒頭で、主人公は別の男性が死亡する現場に遭遇します。

もう自分には、時間が無いと悟ったその男性は自らの力を主人公に託し、ヒロイン達を頼むと言い残し、息を引き取ります。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語007

2015-11-30 10:52:19 | 日記
続きです。

うーん……そうですねぇ、じゃあ、こういうのはどうですかね?

主人公の男性は別の男性の後継者。

ヒロインはその別の男性を思い続けていて、そんなヒロインの事を主人公が好きという設定です。

結ばれないまま終わるのもちょっと悲しいかな?と思うので、サブヒロインをたくさん用意して、そのサブヒロイン達には好かれるけど、主人公はヒロインを思い続けるという方向で考えるというのはどうでしょう。

好きという気持ちの一方通行ですね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語006

2015-11-30 10:51:25 | 日記
続きです。

やって見たい事を考えて見ると三号店の【復活の森】の【ぴえろ君の恋愛事情】とかで使った、主人公がモテないという設定はやりましたが、主人公とヒロインが結ばれないという設定のお話というのは作った事ないですね。

それを、今回やってみましょうか。

と、するとどうしたら良いだろう……?

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語005

2015-11-30 10:46:54 | 日記
続きです。

そうそう、キャラクターの名前とかを考えないといけないんでしょうが、名前を考えるのはちょっと苦手なので、とりあえず、世界観などを固めてから、必要な人数分とかの名前を後で考える事にします。

次は大体どんなストーリーにするかを決めましょうか。

どんなストーリーが良いかな……そうですねぇ、女の子を出すので、出すための切っ掛けか何かに関係するようなものにしないと行けないですね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語004

2015-11-30 10:46:22 | 日記
続きです。

パッと思いつくのは学園物にしたりするのを思いつきますが、それだと、ありきたりになってしまいそうなので、学校という概念を省いて考えようと思います。

勉強などは仕事をしながら覚えていくという世界で、人々はそこで、仕事をしたり遊んだりしているという事にしましょう。

食べ物を買ったりするにはお金が必要で、必要最低限の仕事はする。

ただ、それ以外は自由に自分の時間を使って生活をしているという世界観にしようと思います。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語003

2015-11-30 10:44:20 | 日記
続きです。

となると、不思議な力が出てくる冒険物というのがパッと思いつく事ですね。

ただ、それだと、【ファーブラ・フィクタ】の落選設定の使い回しではないかという思いが強くなるので、ちょっと変えたいと思います。

となると、冒険に出るのではなく、住んでいる地域を主体とした物語にしようかと思います。

う~ん、しかし、考えている事を文章にしてみると、僅か一瞬で考え終わるような事でも結構、書く事になってますね。

これは完成までいつまでかかるか解ったものではないですね。

ちょっと部分的にはしょった方が良いかも知れませんね。

以後、そうしてみます。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語002

2015-11-30 10:43:50 | 日記
続きです。

ではどんな話にするかを考えて行きましょう。

ちょちょいのよったろーとしては、今の所、考えているのは【ファーブラ・フィクタ】で腐るほど考えてしまった設定で多すぎてボツになった設定を少しでも活かしたいという気持ちがあります。

【ファーブラ・フィクタ】ではそれ以上の設定や時間軸の流れなどから泣く泣くカットとなった設定は本当に山ほどあります。

今回はその使えなくなった設定を上手く使って、物語を作ってみようと思います。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロからはじめる物語001

2015-11-30 10:41:01 | 日記
それでは、【ゼロからはじめる物語】をやって行こうと思います。

まず、この時点で決まっているのは一つ目となる作品のタイトルが仮に【訳ありガール】という事になっています。

これには現時点で深い意味はありません。

ただ、ちょちょいのよったろーが作る話だから女の子が多いかなと思い、ガールという部分をつけて、それならお話にするなら何か訳ありな方が物語りとしても面白みを増してくるのではないかと思って考えただけの名前です。

では、この【訳ありガール】に設定の肉付けをしていきましょうか。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて……2

2015-11-30 10:39:49 | 日記
さてと、このまま作業に入っても良いのですが、せっかくだから、今日【ゼロからはじめる物語】をやり始めてしまおうかと思います。

新作のタネと【ファーブラ・フィクタ】は10回ずつやったので、【ゼロからはじめる物語】も大奮発して、10回やりましょうか。

それでは、次からちょっと実際にやって行きましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーブラ・フィクタ010

2015-11-30 10:37:43 | 日記
続きです。

幼いクアンスティータの代わりに宇宙世界を管理しているという立場になりますね。

彼女には二の腕と太ももの四カ所に袋があって、そこから色んな物を出せるという設定にしています。

言ってみればドラえもんの四次元ポケットのようなものが四つあるという事になりますね。

オルオティーナの場合はアイテムだけではありませんけどね。

というところで10回目となりました。

さすがに、10回で書くのは色々と無理がありましたね。

3キャラとも満足に書けませんでしたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加