映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

トランスフォーマー3

2011年08月27日 | 洋画(11年)
 『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』を吉祥寺で見てきました。

(1)映画の評判が大層よさそうなので、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』と同様、シリーズの他の作品は見ていないのですが、映画館に出かけてみました。

 物語の方は、邪悪なエイリアンが地球を乗っ取ろうと攻めてくるのを、主人公らの必死の闘いで撃退するという、マアお定まりの至極単純なストーリーに過ぎません。
 そのため、今回の映画は、第1作、第2作を受けての完結編ながら、これを単独で見ても、冒頭でこれまでの経緯を極く簡単にですが描いてくれていることもあって、舞台設定のあらましはスグに飲み込めます。




 もう少し映画の内容に近づくと、人類を支配しようとする邪悪なエイリアン(メガトロン)だけでなく、なぜか人類と共に彼らと闘ってくれる善良なエイリアン(オートボット)もいるという点が、このシリーズの特色でしょう。
 それに、エイリアンが、瞬時に車などに変形できる金属生命体であるのも、特異な点でしょう。とはいえ、ガンダムのモビルスーツに、車の部品が所狭しと貼り付いている感じの外形は、かなり滑稽です(といっても、これは部品を貼り付けているのではなく、エイリアンの体の各部が部品に変形しているのでしょう。そうでなければ、瞬時に車に変形できないでしょうから;注1)。



 それに、エイリアンは、善と悪のサイド共に英語が堪能でコミュニケーションに何の不自由もなく、また目に相当する部分を破壊されると視界が遮断されてしまう欠陥を持つなど、人間の単なる相似形でしかないという点も、ナンダかなあという気にさせます(エイリアンは遠い異星からやってくるのですから、本来なら思いもよらない姿形をしているのではないでしょうか。尤も、それでは映画のわかりやすさが犠牲になってしまうでしょうが!)。



 どうやら、エイリアンといいながら、実のところは、人類のうちの邪悪な者たちと善良な者たちの誇張された姿にすぎないように思えてきてしまいます(注2)。

 こうしたエイリアン達と絡むのが、主人公のサムシャイア・ラブーフ)です。
 サムは、大学を卒業して就活中ながら、会社社長ディランパトリック・デンプシー:実は邪悪なエイリアンと通じています)の秘書をしているカーリーロージー・ハンティントン=ホワイトリー)と恋愛関係にあるというわけです。
 サムは、一方で、恋人がディランに取られないように頑張らなくてはならず、他方で、上記のエイリアンの戦いに呑み込まれてもいきます。さらに、地方からサムの状況を見にきた両親も絡んできて、気の休まる暇もありません。



 サムの両親は、彼の窮状などそっちのけ、自分たちのことしか考えない実に愉快な存在なのですが、さらにまた、サムが就職することになる会社の副社長があのジョン・マルコヴィッツですから、サムの大変さはいや増すばかりです。
 なにしろ、この副社長は、常に新しいことを追求しなくてはならないなどと言いながらも、自分は、女性職員の実に些細なこと(自分が嫌いな色のジュースを飲んでいるなど)を見とがめてしまうような狭量な性格の持ち主なのですから!

 ですからこの映画は、トランスフォーマーに滑稽実を感じてしまうこともあり、全体としてコメディではないか、とも思えました(注3)。

 でも、この映画は筋立てというよりも、3Dを見てみたいということで出かけたもので、その点で言えば、3Dは昨年9月に見た『ヒックとドラゴン』以来ながら、専用メガネも随分と軽くなり、また画像自体も一段と見やすくもなり、悪くはないなと思いました。
 といっても、別にわざわざ3Dにせずとものストーリーだな、という感じがしてしまうのは相変わらずですが。

 なお、これまでに3Dは、『クリスマス・キャロル』と『カールじいさんの空飛ぶ家』や『アバター』を見ています。本来的には、IMAXを見るべきでしょう。ですが、そこまでお金をかけるのもいかがかと思え、実のところはIMAX方式の映画館まで行くのが遠くて大変なため、また別の機会としました。

 それでも、微細なところまで拘って作成されているCG画像の出来栄えは素晴らしく、おそらくこの一作を見れば、後1年くらいはSF物を見なくても済みそうだという気にはさせられます(昨年1月に見た『アバター』の時もそう思いました。なお、その後で見た『ヒックとドラゴン』は、何も3Dだからということで映画館に出かけたわけではありません)。

(2)上で、トランスフォーマーたちが、どうも人間のように見えてきてしまうと申しあげましたが、ソウ見てしまえば、この間の『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でミュータントが活躍する世界までホンの一歩といえるでしょう。
 その映画においても、ミュータントが支配する地球を作ろうとするセバスチヤン・ショウたちと、人間と協力し合ってそれを阻止しようとするチャールズ・エグゼビアたちのミュータントたちが存在するのですから。
 おまけに、この映画で、人類の味方と思われたオートボットの司令官のセンチネルプライムが裏切る様は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のエリック・レーンシたちを髣髴とさせるものがあります。センチネルプライムだったと思いますが、人間はオートボットのことを「機械めが」としか思っていない、といったような内容のことを言うわけで、それは、ミュータントたちが人間たちから受ける差別に悩むのと同じことのように思われます。

 そして、この映画と『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』との類似の極めつけは、両者にケネディ大統領の姿が映し出される点でしょう。前者にあっては、アポロ計画(人類の月面着陸)の推進者として、後者にあってはキューバ危機の当事者として。
 ただ、後者ではすべてニュース映画からの映像のところ、前者では、当初ニュース映画からの映像ながら、途中からなぜかソックリサンに代わるのです。こんなところで実話性にこだわっても意味がないように思えるものの、あるいはユーモア精神の表れと見るべきなのでしょうか?

 逆に、この映画と『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』との相違点といったら、トランスフォーマーに「」の区別がなさそうな点でしょうか。ミュータントには、ミスティークといった魅力的なミュータントが登場しますが、戦闘員だからでしょうか、女性的な感じが漂うトランスフォーマーは見つかりません(注4)。
 でも、トランスフォーマーは、金属を身にまとうとはいえ生命体なのですから、「繁殖」は極めて重要な点であるはずです。この点はどうなっているのでしょうか?
 オートボットは、センチネルプライムに打ち勝ち人類の危機を救ったにせよ、このままでは次第にその数を減らすだけのことになってしまいます(メガトロンの軍団ディセプティコンには何体かやられているのですから、死を免れている存在ではないでしょう。としたら誕生だってありうるはずですが?)。(注5)

(3)渡まち子氏は、「シカゴの街が壊滅状態になり、悪の金属生命体が巨大ビルに巻きついて、建物をなぎ倒していくド迫力。3Dによる大がかりな破壊シーンが延々と続くのに、ほとんど眼が疲れないのだからお見事というしかない。2時間34分の驚異の映像体験。間違いなく料金の元が取れる」として65点をつけています。
 また、福本次郎氏も、「ラスト30分はスクリーン上で何が起きているかを正確に把握できないほど混沌としているが、それでも画面の隅々にまで神経の生き届いた表現力はCGの最新技術力の見本市のよう。このスケールの大きさが、他国やTVの追随を許さないハリウッドの底力なのだ」として50点をつけています。


(注1)「変形」→「transformation」→「転形」→「転形問題(transformation problem)」と連想が働くと、これはマルクスをもってしても解決できなかった難問なのですから、そんな簡単にエイリアンが自動車などに「変形」出来るわけがないとも思えるのですが!

(注2)アムロ達の地球連邦軍とシャアらのジオン公国軍とのモビルスーツによる戦いを連想すればいいのでしょうか。

(注3)さらには、すべてが片付いた後に、サムはカーリーに「どんなことでもするよ」と言うと、彼女は「私を離さないで」と言います。実際にどう喋っているのかは聞き取れなかったので、ここは想像でしかありませんが、もしかしたら、カズオイシグロの作品を原作とする映画『わたしを離さないで』の引用なのではないかとも思ってしまいました。
 ただ、その作品のパロディというには、もう少し検討する必要がありますが。でも、トランスフォーマー→ミュータント→クーロン人間という関係性を辿ることくらいはできるでしょう!
 さらに、原題の「Never Let Me Go」は「Let Me In」を思い起こさせますから、あるいは『モールス』までも行き着くのでは?

(注4)そればかりか、驚いたことに、この映画には、若々しく魅力的な雰囲気を持つ女優は、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー以外に登場しないのです(もちろん、国家情報局長官ミアリングを演じるフランシス・マクドーマンドや、サムの母親役ジュリー・ホワイトといった貫禄ある女優も登場しますが、この場合は失礼ながら対象外とさせていただきます)。

(注5)この点で、高野和明著『ジェノサイド』(角川書店、2011.3)は、さすがに周到です。同書には、現生人類より知性がはるかに進化している「ヌース」が登場するところ、「生殖の相手」となる超人類をモウ一人(「エマ」)ちゃんと用意しているのです。
 なお、同書は、『本の雑誌』の2011年上半期ベスト10の1位だけあって、無類の面白さを持っています(とはいえ、超人類の精神構造を、現生人類である作者はどうして推し量れるのかといった問題点をいくつか抱え込んでいるのでは、とも思いますが)。



★★★☆☆



象のロケット;トランスフォーマー ダークサイド・ムーン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一枚のハガキ | トップ | ツリー・オブ・ライフ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
金属生命体 (ふじき78)
2011-08-27 09:07:11
あんな外観のくせにトランスフォーマーはロボットではなく、金属生命体だと言い張ります。なので変形するのは物体Xみたいなもんだと思えばいいのでしょう。

生物なので、「ジュラシックパーク」でオスしかいなかった筈の恐竜にメスが現れたように環境変化でメス化するんじゃないでしょうか? というか、あまりあのボディーで授乳とか考えづらいので、現時点で人間が見て分からないだけで、両性ともいるかもしれないですけどね。
ストーリーや論理性 (KGR)
2011-08-27 09:44:21
SFと言えば、無茶ぶりであったとしてもある程度観客を納得させる論理的整合性が必要だと思いますが、この映画は「そんなもの関係ない」と言わんばかりの無理やりな設定です。

ディズニーの偉い方が映画はストーリーなんか関係ないみたいなことを言って物議を醸してますが、まさにこれはその通りで、とにかくド迫力で魅せる映画でした。

オートボットが地球外の金属生命体だとして、形状や変形自体に疑問を持つと次から次へと疑問/矛盾が生じてしまいます。

監督やプロデューサーの目指すものは、ストーリーではなくとにかく圧倒的な迫力なんだろうなと思える作品でした。
Unknown (リバー)
2011-08-27 10:06:09
このシリーズはストーリーというよりかは
映像の迫力ですよね

特に今回はそれが顕著で
3Dのためのというか、後半はバトル続きで

流石にやりすぎ感もありましたが
繁殖の方法 (クマネズミ)
2011-08-27 11:26:13
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、「環境変化でメス化」することも考えられるかもしれません。
でもその場合は、「オス」が「メス化」するのでしょうが、その「オス」は、「メス化」が起きるまではどうやって“性欲処理”をしているのでしょう?
それで「人間が見て分からないだけで、両性ともいる」ことも考えられます。
ただ、オートボットは人類の味方なのですから、金属生命体の生態についてはもうつぶさに人類にわかっているのではないでしょうか(「繁殖の方法」のみならず、その「弱点」といったことも)?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」 (日々“是”精進! ver.A)
最終決戦 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107290004/ トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン posted with amazlet at 11.07.26 オリジナルサウンドトラック ワーナーミュージック・ジャパ...
映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』  (よくばりアンテナ)
1作目も2作目も観てないし、 たいして予備知識もなくいきなり3だけ観てもわかるのかなぁと 不安に思いながらも、 予告編や過度なTVでの宣伝に誘われてレイトで3Dを観賞。 ファンがたくさんいて、...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (あーうぃ だにぇっと)
7月19日(火)@パラマウント試写室。 パラマウントの試写室はオフィスから近い。 自転車だと5分ほどでついてしまう。 わりと早く行ったつもりだったが、既に10人ほどが三々五々並んでいた。 直前までマスコミ試写が行なわれていたらしく、18時すぎにプレスを...
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」2Dアポロ計画に隠された先にみた地球侵略と友情の絆で結ばれたトランスフォーマーとの共... (オールマイティにコメンテート)
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」はトランスフォーマーシリーズ第3作目のファイナル作品で、1960年代に月で衝撃波を感知したアメリカ政府が月へ人類を向かわせたその裏 ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン IMAX-3D 字幕版/シャイア・ラブーフ (カノンな日々)
先日『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』をIMAX-3Dで鑑賞したときに予告編を観てその映像クオリティに圧倒されちゃいました。その後すぐに一般スクリーンでの3D予告編も目にしました ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン2D (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Transformers:Dark of the Moon。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督。シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ジョシュ ...
『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』を109シネマズ木場シアター2で観て、ふんふんバリバリふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆面白いけど疲れるは疲れる】 アイマックス3D・・・初・・・ 昔、東京アイマックスシアターで一応観てるけど、 その時は眼鏡がごっつく重かったから一応 ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (LOVE Cinemas 調布)
大人気「トランスフォーマー」シリーズ第3弾。製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、そして監督マイケル・ベイというお馴染みの超人気コンビによるSF大作だ。最終章の本作では、いよいよディセプティコンの本格的な地球侵略が始まり、それにオプティマスたちオートボ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン「トランスフォーマー」シリーズの第3弾はド迫力の3D映像が堪能できる。驚異的な映像と大雑把なストーリーがマイケル・ベイらしい。1 ...
映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 (FREE TIME)
映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」を鑑賞しました。
映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/8/13、109シネマズ木場。 IMAX3D字幕版で鑑賞。 かなりの人気で、ほぼ満席になることは判っていたので3日前にネットで予約。 ポイントカード会員は、ピンポイントで座席指定ができるので まずまずいい席を確保できた。 *** シャイア・ラブー...
映像に酔いしれる (笑う学生の生活)
11日のこと、映画「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」を鑑賞しました。 大ヒットシリーズ 3作目 IMAX 3Dで見ました とにかく、映像の凄まじさ 戦い、戦い、戦い 破壊、破壊、破壊・・・ 1作目、2作目もすごかったですが 今作はそれ以上で これでもか ....
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (Akira's VOICE)
ド迫力を無心で楽しもう!!!  
マイケル・ベイ監督 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
シリーズ第一作目は観ましたが、目が回っちゃったことから第二作目はスルー 今回は3Dだとか… 更に目が回るンじゃないかと、やはりスルーするつもりでした。 が、公休の日、少しでも涼しいところで過ごそうと映画館に ま、いいか?(^m^:) オフィシャルサイ...
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 前作の反省を踏まえたバトルシーン (はらやんの映画徒然草)
人気シリーズの第三作になります。 一作目は観たこともない映像に驚喜しましたが、二
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン [DVD]クリエーター情報なしメーカー情報なし 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 2011年(米)監督マイケル・ベイ ●怒涛のようなアイディア  『トランスフォーマー/リベンジ』(09)は、マイケル・ベイのダ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (とりあえず、コメントです)
スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮&マイケル・ベイ監督のSFアクションシリーズ第3弾です。 車からロボットに変身する映像がカッコよくて楽しいシリーズの上に、 今回の映像は凄いと聞いていたので楽しみにしていました。 噂に違わないリアルで迫力のある映像に飲み込...
映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D 字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D 字幕版)』(公式)を、初日のレイトショーにて鑑賞。終演時間が24時過ぎにも関わらず観客は約100名ほどと流石の人気。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら65点。一言で表現すれば、「...
映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の感想です。 (MOVIE レビュー)
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」を観てきました。 私は今回もIMAX3Dで観ました。その映像は他の追随を許さない緻密さと、圧倒的な迫力と存在感で迫ってきました。通常のスクリーンより大きなIMAX3Dの大画面映像と音響の中、2時間半を超える長い...
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 ('11初鑑賞104・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 7月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:10の回を鑑賞。
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 (こねたみっくす)
映画史上最高の映像と、映画史上最低の脚本が織り成す映画史に残る大興奮映画…なんですが、よ〜く考えてみたらマイケル・ベイ監督作品の興奮するシーンを繋ぎ合わせただけの映画 ...
トランスフォーマー/ダークサイドムーン字幕版3D (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
シリーズ第3弾でストーリーの展開はそれほど重くなく、変身する機械の様子に見とれているうちに映画が終わってしまった。3Dの大画面で車から変身するロボット同士の戦いは、ものすごい迫力だ。ロボット同士の戦闘シーンに人間のドラマが負けていると思った。でも、映画館...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) キャメロンも絶賛した3D映像は確かに凄かった!
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
完結編を謳いながら、既に4作目の話も聞こえてきている「トランスフォーマー」の3作目で、今回が初の3D映画。 監督のマイケル・ベイは3D映画に興味がないと言ってたけど、ジェームズ・キャメロン監督に唆され(?)、作り始めてみたら結構ハマったらしい。実際、な...
映画 トランスフォーマー3を見てきました(お色気シーンはタイトルロゴ直後がMAXです。) (翼のインサイト競馬予想)
トランスフォーマー3「ダークサイド ムーン」を見に久々に映画館に行ってきました。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (ダイターンクラッシュ!!)
2011年7月28日(木) 20:20〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1400円(レイトショーvit購入1100円+メガネ持参3D料金300円) パンフレット:600円(買っていない) 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』公式サイト 破壊王マイケル・ベイのシリーズ3作目は、より...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン  (Memoirs_of_dai)
不死身のシャイア・ラブーフ 【Story】 1969年、アポロ11号は月面着陸に成功し、人類で初めて月に降り立ったが、この歴史的偉業の陰で、NASAとアメリカ政府は、ある事実をひた隠しにしてきた…。 評...
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン (RISING STEEL)
この夏、一番ザ・ハリウッドな超大作、見てきましたよ トランスフォーマー ダークサイド・ムーン TRANSFORMERS : DARK OF THE MOON 2011年 アメリカ映画 パラマウント製作 監督:マイケル・ベイ...
「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」:驚異のビジュアルだが・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』を3D字幕版で鑑賞。第1作を観て
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン (がらくた新館)
公開初日だったのですが、2D版のせい?時間帯のせい?で意外とすいていたので観賞。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン  監督/マイケル・ベイ (西京極 紫の館)
【出演】  シャイア・ラブーフ  ロージー・ハンティントン=ホワイトレイ  ジョシュ・デュアメル 【ストーリー】 遥か宇宙の彼方よりやってきたトランスフォーマーたち。その地球侵略の第一歩は月の裏側(ダークサイド・ムーン)にあった!今から40年前の1969年...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (映画情報良いとこ撮り!)
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 昨日は、トランスフォーマーの映画が、地上派で放送されましたね。 アニメ版とは内容が違いますが。 トランスフォーマーは、もともとは、アメリカだったと思いますが、途中から日本が買ったんじゃなかったのかな、アニ...
映画「トランスフォーマー/ダークサイドムーン 3D」の感想【ネタバレあり】 (ライトノベルシアター)
月の秘密が明かされる時、新たな脅威が訪れる!
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.tf3-movie.jp/ 初めて予告を観てから、その映像と音楽がずっと気になっていた作品。 劇場版前2作は鑑賞済みで、3D字幕版を鑑賞。 1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功し、ニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは人....
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) 154分 (極私的映画論+α)
原題は TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON です。
『トランスフォーマー 3』 ロボ萌え〜♪ (美容師は見た…)
バンブルビーに逢いたかった〜。。。可愛かった〜♪またこんなお茶目なビーが見られて嬉しかったです。どうして君はそんなに健気で可愛いの〜(ノ゚ο゚)ノこれは1を観ないと伝わらないと思う。1作目『トランスフォーマー』からの〜、3作目『トランスフォーマー/ダークサイ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
マイケル・ベイ監督による、巨大変形ロボットアクションの第三弾にして、一応の完結編。 地球を狙うディセプティコンの侵略は、遂に全世界的な規模へと拡大し、オートボット軍団と主人公ののび太・・・いや、...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (だめ男のだめブログ)
「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」 監督 マイケル・ベイ 出演 シャイア・ラブーフ ロージー・ハンティントン=ホワイトレイ ジョシュ・デュアメル タイリース・ギブソン ジョン・タトゥーロ 内容 1969年7月20日、アポロ11号は月面...
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』字幕版 (Matthewの映画日記?)
今日、前夜祭ということで、レイトショー料金で観られるので、楽しみにしていた『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』通常上映版を観てきました(字幕は通常版しかありませんでした) あらすじは、 1969年、アポロ11号が月面に降り立った。人類は歓喜に沸...
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン (迷宮映画館)
やっぱり何度見ても、区別がよーつかない。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) (肩ログ)
TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON アメリカ 監督:マイケル・ベイ 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 出演:シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ジョン・タートゥーロ、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・マルコヴィ...
[映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』を観た(その1)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆詳しい感想は、もう一度観るので、その時に。  今は、明日も朝が早いので、ちょいと書いて寝る。  先ず、私は2D版で見たことを告げておく。  「もう一度見る」のは、傑作だからと言うわけではない。  でも、もの凄いダイナミックな展開が延々と続くので、終盤...
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』・・・使いっ走りたちのプライド (SOARのパストラーレ♪)
待望のシリーズ第三弾! いや〜今回もすっかり楽しませていただいた。長尺が全く苦にならない怒涛のロボアクション! 特に終盤のシカゴ決戦は圧巻だ。オートボットとディセプティコンのファイナルバトルに人類も果敢に加わっての死闘に息をつく間もなかった。 ド派手な...
トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
いや、たぶんきっと寝るはず・・・っと思って観に行くのどうしようか悩んでいたら、友人が快気祝いで映画奢ってくれるなんていう申し出。しかも太っ腹にIMAXで。寝る理由として、3D苦手で上映時間長いことがかな〜〜りなネックになっていたんだけどIMAXなら、もしかして寝...
『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 (ラムの大通り)
(原題:Transformers : Dark of the Moon) ※※ネタバレ注:一部キーワードを書きました。カンの鋭い方はご覧なってからお読みください。 ----このシリーズ、あまり相性が良くなかったのでは? 前回の『トランスフォーマー/リベンジ』なんか、フォーンが喋っちゃ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (3D吹替版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON】 2011/07/29公開 アメリカ 154分監督:マイケル・ベイ出演:シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タートゥーロ、タイリース・ギブソン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、パトリック・デンプシー、ケヴィン・...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (I am invincible !)
ワシントンDCで新たな恋人カーリー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)と共に暮らすサム(シャイア・ラブーフ)は、世界を2度も救った身でありながら、大学を卒業して3ヶ月が過ぎた今も就職活動中。
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 」 (てんびんthe LIFE)
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 」TOHOシネマズ日劇で観賞 2011−056 誰に何を言われようと、好きです! このシリーズとトワイライトシリーズ。 子供っぽかろうが、幼稚と言われようがやめられません。 しかし、今回のこの作品、主人公のシャ...
★トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)★ (Cinema Collection 2)
TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON 人類は 今 立ち上がる 映時間 154分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2011/07/29 ジャンル アクション/SF 映倫 G 【解説】 人気アクション・フィギュアから生まれた大ヒット・シリーズ....
「トラン.スフォーマー/ダークサイド・ムーン」 (ここはここ)
映画3D 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」        TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON (日本語吹替版)を観ました         マイケル・ベイ監督 2011年 アメリカ (ネタバレしてます) 毎度、前作の復習をせずにまたシリーズ新作を観ま....
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター2 鑑賞日時:7月28日 評価:A- 原題:Transformers: Dark of the Moon 製作:2011年 アメリカ 監督:マイケル・ベイ 出演: シャイア・ラブーフ ロージー・ハンティントン=ホワイトリー ジョシュ・デュアメル タイリース・ギ...
映画:「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年8月12日(金)。 映画:「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」。 【原  題】Transformers : Dark of the Moon 【監  督】マイケル・ベイ 【脚  本】アーレン・クルーガー 【撮  影】アミール・モクリ 【美  術】ナイジェル・フェルプ...
【トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン】 (日々のつぶやき)
監督:マイケル・ベイ 出演:シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトレイ、ジョシュ・デュアメル、パトリック・デンプシー 「人類が初めて月に降り立った時、アポロ11号のクルーたちは密かに与えられた任務があった。月に不時着していたトランスフ
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン / Transformers: Dark of the Moon (勝手に映画評)
前作『トランスフォーマー/リベンジ』では、大学に入学していたサムが、卒業しているので、前作から4年後くらいの設定のようです。合わせて、ミーガン・フォックスが降板し、サムの彼女役はロージー・ハンティントン=ホワイトリーに代わっています。 前作では、結構下....
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D字幕版)」★★★★☆ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'11年制作 監督:マイケル・ベイ  出演:シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、ジョン・マルコヴィッチ、パトリック・デンプシー ほか 大学を卒業し、社会人となった...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (心のままに映画の風景)
1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功。 全世界が見守った歴史的偉業の陰で、飛行士たちは、ある極秘任務をこなしていた。 NASAとアメリカ政府は、月の裏側に未知の金属生命体であるトランスフォーマ...
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン 3D (そーれりぽーと)
これで最後? 『アバター』より3Dが凄いらしいので、IMAX3D版の『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』を観てきました。 ★★★★ このブログを読まれたのか(ないない)、ネット上の大多数が同じ事書いてたのが反映されたのか、前2作の不満点が払拭されててびっく...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 吹き替え版 (海外ドラマ☆SFワールド)
「トランスフォーマー/リベンジ」に続き吹替え版で観てきました。第一声にオプティマスの玄田哲章さんの声を聞くと吹き替え版で観てよかったよ思うんですよねー。これでトランスフォーマーは3作とも制覇したわけですが、今回が一番良かったんじゃないでしょうか。海外ド...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (だらだら無気力ブログ)
人気アクション・フィギュアから生まれた大ヒット・シリーズの第3弾に して、ヒットメイカー、マイケル・ベイ監督がシリーズ初となる3Dカメラ での撮影に挑んだSFアクション超大作。 主演は引き続き「イーグル・アイ」のシャイア・ラブーフ。 また新ヒロインの大役...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」監督:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー/リベンジ』)出演:シャイア・ラブーフ(『ウォール・ストリート』『トランスフォーマ ...
トランスフォーマー/ダークサイドムーン<3D字幕> (りらの感想日記♪)
【トランスフォーマー/ダークサイドムーン】<3D字幕> ★★★☆ 映画(42)ストーリー 1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸に成功
『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 (R.LiFE)
IMAX 3D で見ると明るさが違ったりスクリーンの迫力の違いもあるからだろうけど、ボクが見た XpanD よりもイイらしい。その所為か 154分 の超大作もあっという間に終わったという感想が IMAX で観たひとには多いようだ。ボクはというと‥‥ 長かったなぁって感じでした。...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
日本製の玩具にルーツを持つ世界的な大ヒットVFXアクション「トランスフォーマー」シリーズ3作目にして完結編が、いよいよ登場。メカやテクノロジー機器にトランスフォーム( ...
「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」Transformers: Dark of the Moon (事務職員へのこの1冊)
あのね、2作目の「リベンジ」は、こりゃーダメだろという駄作フラッグ立ちまくりだっ
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン #57 (レザボアCATs)
’11年、アメリカ 原題:Transformers : Dark of the Moon 監督:マイケル・ベイ 製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、イアン・ブライス 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴールドナー、マー...
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(3D) (kuemama's_webryblog)
【TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON】 2011年/パラマウント/154分 【オフィシャルサイト】 監督:マイケル・ベイ 出演:シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、ジョン・...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (B-scale fan's log)
公開中 マイケル・ベイ監督     出演 シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル、     ジョン・タートゥーロ、タイリース・ギブソン、     ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、     パトリック・デンプシー、ジョン・マルコヴィッチ 他 新評価...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 日本製の玩具がアメリカで大ヒット。 1980年代に人気を博した日米合作のアニメを、実写化したSFアクション映画の第3弾。 1969年7月20日。アポロ11号が月面着陸に成功し、人類...
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン (secret boots)
評価点:33点/2011年/アメリカ/154分 監督:マイケル・ベイ その戦争に、人間はどこにもいない。 サム(シャイア・ラブーフ)は英雄になったものの、就職難にあえいでいた。 新しい恋人カーリー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)からも応援され....
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン3D (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D)'11:米◆原題:TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON◆監督:マイケル・ベイ「アルマゲドン」「トランスフォーマー」◆出演:シャイア・ラブーフ、ロ ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (Transformers: Dark of the Moon) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・ベイ 主演 シャイア・ラブーフ 2011年 アメリカ映画 154分 アクション 採点★★★★ 猛烈にお腹が空いている時って、一つのメニューに絞り切れずついつい食べたい物を二つ頼んじゃうことってありますよねぇ。「カレーも食べたいけど、このチーズハ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (銀幕大帝α)
TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON/11年/米/154分/SFロボット・アクション/劇場公開 監督:マイケル・ベイ 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ 出演:シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タートゥーロ、タイリース・ギブ...
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (いやいやえん)
完結編です。映像の進化が凄すぎます、とにかく圧倒される。 しかしながらメガトロン様が空気、空気過ぎだよ!!後半になるにいたって完全に存在感がなくなっちゃってました。しかも決着あっさりー!(笑) ヒロインの変更もいただけない、何で交代しちゃったんだろ...
【映画】トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン…逃げる野生動物、ムササビ部隊他、要らないもの多数 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
暑いです…暑いのでずっとクーラーの利いた部屋に居ます。節電とか言われても厳しいモノがあります さて、以下は映画観賞記録…まだ1月分ですけどね 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」 (監督:マイケル・ベイ、出演:シャイア・ラブーフ、ロージー・...