映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アバター

2010年01月17日 | 洋画(10年)
 『アバター』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。

 予告編からそのストーリー展開は十分推測できるように思えるところから、わざわざ見に行かないつもりでしたが、アニメ監督の押井守氏が、「あれには10年かけても追いつけない」と言っていたりして、そんなにすごいのならば見てみようという気になり、銀座の大劇場まで出かけてきました。

 実際に映画を見てみますと、ストーリーは、やはり事前に予想がつくくらいの単純なものでした。地球からある星の衛星パンドラに派遣された民間の資源開発会社が、その衛星で見つかる貴重な鉱物を大量に採掘・確保しようとして、採掘場所に住む原住民ナヴィ族と死闘を繰り広げる、というものです(原住民ナヴィ族は、鼻が低く有色で、尾を持っているものの人類に属すると思われます)。
 これに、この会社に雇われた主人公が原住民との恋に落ちるというラブストーリーが絡みます。

 見るとすぐに気がつきますが、どうもこの映画は宮崎駿監督のアニメとの関係が深そうです。貴重な鉱物が埋蔵されている場所が、空に浮かぶ城「ラピュタ」に似ていたり、原住民たちが、その星に生息する様々な異様な生き物にまたがったりして民間会社の傭兵と闘うというのも、雰囲気としてナウシカに似ているのではと思えてきます。なにしろ、ナヴィ族は、その星の自然と実にうまく調和して生活しているというのですから。
 もっといえば、原住民が矢を射る格好は西部劇のインディアンそっくりですし(頭の飾り物も類似しています)、ナヴィ族がまたがっているその星の生き物の顔は、映画『エイリアン』に登場する異星生物によく似ています(あるいは、『ジェラシック・パーク』に登場する恐竜でしょうか)。
 また、原住民が執り行う宗教的な儀式の様子は、アフリカとか東南アジアに住む未開人を描いたハリウッド映画でよく見かけたものに似ているといえるかもしれません)。
 ですから、資源開発会社の傭兵たちが先端兵器を手にしてナヴィ族とたたかう様は、銃を手にしてインデアンと闘う騎兵隊さながらに見えてきます。尤も、そういった原住民の方が地球人(文明人)に打ち勝つという点が、従来の西部劇とは異なっていると言えるかもしれません。

 また、いつも違和感を感じてしまうのが、地球からこの星にやってきた主人公たちが英語で話しても、ナヴィ族とコミュニケーションが簡単に取れてしまうのです。無論、全員とではなく、ナヴィ族の幹部クラスとの間でだけですが(これらのナヴィ族は、どこでどうやって英語を習得したというのでしょうか?)。

 ともあれ、この映画は、そんなストーリーを追いかけるよりも、やはり3Dを楽しむべきではないか、と思われます。
 最近、3Dについては、『クリスマス・キャロル』と『カールじいさんの空飛ぶ家』の2本の映画を立て続けに見たばかりです。この二つとも実写場面のないアニメですが、前者は、パフォーマンス・キャプチャーを使って、登場人物の映像を徹底的にリアルなものにしていますし、後者はCGアニメそのものといった作品です。ただ、両者とも、これまでの3Dアニメに比べたら格段に優れた出来栄えなのでしょうが、いまいちの感じがなきにしも非ずでした。
 今回の『アバター』は、ジェームズ・キャメロン監督が、満を持して制作しただけのことはあって、実にすばらしい映像を見ることができます。
 民間会社の関係の場面は、ほとんどが実写のところ、その画面が実にスムーズにナヴィ族が動き回る場面(パフォーマンス・キャプチャーが駆使されています)や衛星パンドラのCG場面につながって、それらの出入りが何回繰り返されても、どの画像にもリアルさを感じてしまいます。

 それにしても、CGを駆使して描かれたパンドラの自然の光景は、息をのむ綺麗さで、「聖なる木の精」がフワフワと句中に漂う様はこの世のものとも思えません(尤も、CGの世界のことですから、「この世」でないことは当然なのですが!)。
 そして、そうした自然を味方につけて戦うナヴィ族と、地球からの傭兵軍との戦闘場面は手に汗握るシーンの連続で、最後まで観客を見飽きさせない迫力に満ちていました。
ストーリーは別として、3Dの技術的成果だけでも一見の価値はあるのではと思いました。

 映画評論家も、この映画の技術的な面を高く評価する向きが多いと思います。
 小梶勝男氏は、「アバター」は、単なる3D映画ではなく、「映像革命」だと伝えられてきた。果たして「革命」は成功したのか? 答えはイエスだ」、「モーション・キャプチャーと実写が、一つの画面の中で全く違和感なく融合している。CGと実写の「ベルリンの壁」が崩壊したのである。これこそ、「アバター」がもたらした映像革命だろう」として、「悔やまれるのはストーリーだ。せっかくの映像革命に、なぜもっと夢のある話を用意しなかったのか」としながらも、93点もの高得点を与えています。
 また、渡まち子氏も、「異文化との共存や環境保護を訴えること自体に新味はないが、ここまで先端的で美しい映像で語られたら、そのメッセージは否が応でも力強く響く」などとして90点を与えています。
 他方、福本次郎氏は、やはりストーリーに拘泥して、「筋金入りの海兵隊員だったジェイクの心境の変化に説得力が弱く、スパイ活動中に敵と恋に落ちるなどあまりにも通俗的だ」などとして、60点しか与えていません。ですが、そんなことまで描いていたら、ただでさえ長めのこの映画(上映時間162分)は、常識的な時間内では収まりきれなくなってしまうことでしょう!

 なお、前田有一氏は、一般の見解とは逆に、「この映画でもっとも驚くべきは、CGや立体の出来栄えなどではない。そんなものは枝葉の問題」だとキッパリ断定した上で、この映画で「大事なことは、気持ちの悪いブルーマンの世界を、いつの間にか観客が現実の世界のように感じ、受け入れてしまうことだ。それを綿密な計算の元にやりとげたキャメロン監督の、手綱の引き具合が凄いのである」などと毛色の変わった見解を示して、福本氏と同じように60点しか与えていません。
 むろん、前田氏のような映画評論を専門とする方しか見えてこない部分はあることでしょう。ですが、「多くの人々は自分が物凄いテクニシャンの監督の手の上で転がされ、翻弄されたことなど気づく事さえないだろう」と前田氏がひとり悦に入られても、だから何なのだと対応するしかないでしょう(別に疑問点が氷解するわけのものではありませんから!)。


★★★★☆


象のロケット:アバター

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (78)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロダンと光太郎 | トップ | 怒る西行(Ⅰ:映画編) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
丁寧な解説すばらしい! (どんぶら~)
2010-01-17 10:12:05
ナヴィに対して時間を掛けての英語教育を行ったというのは、最初の頃にでてきましたよ。
「(我々は学ぶが、)彼ら(地球人)は、何も学ばない」と。
って、ちょっとつついてみましたw
でも、丁寧ですね。自分のテキトーさとは大違いです。
英語教育 (クマネズミ)
2010-01-18 05:05:02
 「どんぶら~」さん、コメントありがとうございました。
 おっしゃるように、確かに、「ナヴィに対して時間を掛けての英語教育を行ったというのは、最初の頃にでてき」ましたね。ですから、括弧の中に書き込んだ点は言い過ぎでした。ご指摘ありがとうございます。
 ただ、この関連で不思議に思ったのは、もし両者の意思疎通が英語を通して十分に出来るのであれば(ナヴィ族の幹部クラスとだけだとしても)、いきなりアバターをパンドラに送り込まずとも、まずもって両者の話し合いによって問題の解決に当たることから始まるのでは、という点です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

78 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アバター 3D 日本語吹替え版 (映画道)
元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。 パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思い...
劇場鑑賞「アバター」 (日々“是”精進!)
アバター オリジナル・サウンドトラック/サントラ「アバター」を鑑賞してきました時間の都合上、3Dの吹き替え版を。3Dは目が疲れるので、吹き替えでちょうど良いか・・・?今年最後の劇場鑑賞作品。「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督....
アバター (生まれてから今まで観てきた映画全部)
ご無沙汰してますが、本日久しぶりに映画を観てまいりました。ジェームズ・キャメロン監督の最新作「アバター」でございます。いろいろバー...
「アバター」 (或る日の出来事)
予告編などを見るたびに、わりと楽しみにしていたジェームズ・キャメロン監督作品。 でも、3Dの効果というのが、私にはあまり感じられず。...
『アバター』 ロジャー・ディーンの驚異の世界 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この日が来ると誰が想像し得ただろう。  ロジャー・ディーンの流麗なイラストレーションの世界が、映像になって動...
アバター (悠雅的生活)
3D 字幕版
シネマ『アバター』のめくるめくばかりの魅力 (マダムNの覚書)
シネマ『アバター』の見所
アバター 通常版/Avatar (いい加減社長の日記)
やっと追いついた^^; といっても、これも公開日に観た作品だから、既に1週間くらいは立ってるけど。 やけに宣伝がすごくて、予告編も何回も観ちゃったけど、「アバター 」を鑑賞。 「UCとしまえん
「アバター」:荒川一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あら、こんなところに、取り残されたように一軒の家が・・・。三方から攻められたら逃げ場がないわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、そんな物騒なこと、言うなよ。 {/hiyo_en2/}でも、平和に暮らしてたって、いつ襲われるかわからないっていうのは、宇宙的な真実...
アバターもエクボ (美容師は見た…)
違うかっ(笑)予告で見てたこのナヴィ族の顔には惹かれなかったんですよね~。それがもう終盤にはすっかりファンになってましたもん!リアルなアバター(ナヴィ族)の表情や映像にも感動。テレビで撮影風景も見ていたので尚感動^^今年最後にと決めていた『アバター』、観...
アバター (3Dタイ語字幕版) / AVATAR  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 地球に似た青い星、パンドラ。この世界観が圧倒的に凄い{/ee_3/} ジェームズ・キャメロン監督、構想14年 製作4年を費やした最新SF超大作{/ee_3/} ...
『アバター』(3D/吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アバター」□監督・脚本 ジェームズ・キャメロン □キャスト サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、CCH・パウンダー、ジョエル・デヴィッド・...
[映画『アバター 3D・字幕版』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年最後の大作を、<MOVIX昭島>の公開前夜祭で観てきました。  面白かったです!  恋人たちがクリスマスデートで観ても楽しいひと時を過ごせますよ^^(←余計なお世話^^;)    ◇  J・キャメロン監督らしく、しつこいほどのサービス精神を、尻尾...
アバター (勝手に映画評)
構想に14年、製作に4年を費やして「タイタニック」のジェームズ・キャメロンが完成させた大作。2Dでも上映されるが、基本、3D作品。実写での本格的3D作品になっている。 典型的な「ミイラ取りが、ミイラになる」と言うストーリーの作品であるが、構想と制作に長時間掛け...
アバター 3D (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
構想およそ14年、製作およそ4年半、そして「タイタニック」を超えるフォックス史上最大の制作費をつぎ込んだジェ-ムズ・キャメロン監督作品がオリジナルSF大作である。 今回の大きなポイントのひとつは、ハリウッドの主流になりつつある3D影像。 キャメロン...
(映画)アバター(AVATAR) (ゼロから)
アバターは、大人気で直ぐに満員になってなかなか見られませんでした。ようやく映画を見られましたが3Dの眼鏡を長くしていると軽い乗り物酔いになった感じでした。映像は、3Dだけあって冒頭の自然の美しさを実感出来ましたが、戦闘シーンになると3Dの良さが旨く生か...
アバター (to Heart)
観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 原題 AVATAR 製作年度 2009年 上映時間 162分 監督/脚本 ジェームズ・キャメロン 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーヴァー/スティーヴン・...
アバター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。』  コチラの「アバター」は、「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの新作となる12/23公開のSFアドベンチャーなのですが、3D特別前夜祭で早速観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
アバター (Akira's VOICE)
かつてない規模のウルルン滞在記。  
『アバター』を観てきました。 (よーじっくのここちいい空間)
素直な感想は、面白かったです。とても楽しめました。あくまでアクション娯楽作としてです。思っていた以上に、お話はシンプルです。別に2時間40分を使わなくてもいいんじゃないかとは思いますが、見せ場がタップリなので、私は退屈はしませんでした。
『アバター』(吹替) (Matthewの映画日記?)
公開、楽しみにしていたジェームズ・キャメロン監督最新作『アバター』を、観てきました。 主人公・ジェイクを演じるのは、ジェームズ・キャメロンの秘蔵っ子(?)サム・ワーシントンです。 ターミネーター4もキャメロン監督の推薦で出演が決定したとありましたが、確かに...
映画「アバター 3D 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります ※追記あり (ディレクターの目線blog)
映画『アバター 3D 字幕版』を本日、前夜祭上映で観て来た。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。 一言でいえば、"古典的なストーリーを最新デジタル3Dで楽しむSF映画"とでも言おうか。 なにせ上映時間が162分と言う意味でも超大作だが、腰が抜けるほどビックリ...
AVATAR アバター 3D吹き替え版 2回目 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様...
アバター AVATAR 字幕版 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャ...
映画「アバター」3D版@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 昨年末に引いた風邪をこじらせて自粛していた映画活動を再開しました。今年初鑑賞作品はずっと楽しみにしていた「アバター」です。お正月休みも終わった平日のTOHOシネマズ川崎で一番大きいスクリーン5には、542席に対して40~50名位の閑散としたものでした...
アバター (まさとの素人映画レビュー)
ジェームズ・キャメロン監督が久しぶりにメガホンを取った大作、アバター。 アバターというのはインターネット上でよく使われる自分の分身の事。 映画では他の惑星の先住民を模して作られ、自分の自由に動かせる体の事。 映画の予告は何度か観ていたけど、あまり興味...
アバター (サム・ワーシントンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。 先日、3D版で鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
アバター、字幕版3D (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
映画史に残るような実写版3D映像が、驚異的な体験をさせてくれる。パンドラが、すべて製作された世界とは思えない。物語の内容が目新しくないことが、この体験をしない理由にはならない。技術の進化を是非体感してほしい。
「アバター」 キャメロンは映画業界の牽引車 (はらやんの映画徒然草)
3D映画元年と言っていい2009年のオオトリを飾る3D映画はジェームズ・キャメロ
アバター (Memoirs_of_dai)
宮崎世界を3Dで 【Story】 下半身不随になり、車椅子生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間と...
アバター (3D字幕版) (風に吹かれて)
行け行け行けーーー [E:sign03]飛べ飛べ飛べーーー [E:sign03]公式サイト http://movies.foxjapan.com/avatar 監督: ジェームズ・キャメロン元海兵隊員
アバター 3D (そーれりぽーと)
ジェームズ・キャメロン渾身の一作『アバター』を、IMAX3Dの字幕版で観てきました。 ★★★★★ 凄い!凄いCG技術! IMAXの効果も相まって、まるで本当にその世界が目の前で展開しているかのような、つーか、背景も含めてほぼ全部CGなシークエンスがほとんどなんだと思う...
「アバター」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:AVATAR)3D上映で観ないと意味のない映画だろう。断っておくが、私は3D上映で観ていない。理由は、あの偏光メガネを装着すると目が疲れるからだ。しかも本作は2時間40分もの長尺。とても耐えられそうにないと思い、通常映写での鑑賞となった次第。だか...
アバター 3D 融然として相容れ、怡然として共生す (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=1 】 ガンバ大阪{/m_0025/}天皇杯2連覇やったーっヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ で、昨日、お正月の夜は今年1本目の映画、再び「1ヶ月フリーパスポート」ゲットを目指すので、鑑賞マイルを貯めるのは今年からリスタートしたかったために、封切りしてからも...
『アバター』・・・“もうひとつの体”が運命を決める (SOARのパストラーレ♪)
やっぱりジェームズ・キャメロンはこういう映画を撮らせたら天下一品だ。
アバター IMAX 3D【字幕版】 (小部屋日記)
AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつ...
アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...
「アバター」(3D・字幕)みた。 (たいむのひとりごと)
はじめて”3D”にて鑑賞!前売券や割引券、サービスデー(タイム)でも「+300円」するだけでOK!と制度が変わらなかったらきっとまだ観ていなかっただろうし、業界全体で頑張ってくれたことを評価したい。そ
アバター/AVATAR (LOVE Cinemas 調布)
『ターミネーター』、『タイタニック』と日本で最も有名な監督の一人ジェームズ・キャメロンが送るSFアクション超大作。主演は『ターミネーター4』で一躍脚光を浴びたサム・ワーシントン。共演に『スター・トレック』のゾーイ・サルダナ、キャメロン監督とは『エイリ...
2009-101『アバター』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-101『アバター』(更新:2009/12/23) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) いやぁ、凄いですね。 映像が凄い。 クリチャーも凄いけど・・・ 敵対心がある訳でなく自然界に共存する為のルール。...
『アバター』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:AVATAR監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、スティーヴン・ラング公式サイトはこちら。<Story>元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシ...
アバター 3D・吹替版 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:AVATAR公開:2009/12/23製作国:アメリカ上映時間:162分監督:ジェームズ・キャメロン出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア...
「アバター」飽きたー (大江戸時夫の東京温度)
映画「アバター」(3D 字幕版)観たー、飽きたー、疲れたー。 だって序盤を除いて
独断的映画感想文:アバター (なんか飲みたい)
日記:2009年12月某日 映画「アバター」を見る. 2009年.監督:ジェームズ・キャメロン. 出演:サム・ワーシントン(ジェイク・サリー),ゾーイ・サルダナ(ネイティリ),シガーニー・ウィーヴァー
★アバター(2009)★ (CinemaCollection)
AVATAR観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。上映時間162分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/12/23ジャンルSF/アドベンチャー/アクション【解説】「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監....
アバター (Recommend Movies)
観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 【感想】 ジェームズ・キャメロン監督の最新作、『アバター』...
映画レビュー「アバター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
アバター◆プチレビュー◆深淵な世界観が見事なSF冒険物語。最新の3D技術で提供される美しい映像に思わず息を呑む。 【90点】 22世紀。戦傷で下半身不随となった元海兵隊員のジェイクは、亡き兄に代わってアバター・プロジェクトに参加する。目的は、5光年離れた...
【映画】アバター Avatar (3D) (HASの庭)
タイタニックのジェームズ・キャメロン監督、映像技術を駆使した壮大な3D映像美、これだけでも見たいゾ!と思わせる映画なんですが、ショウビズの予告編を見ましたが、青緑インディアン(ナヴィ族)の地(星)で超高価な石(だったかな)を探す白人(人間)族。障害のある...
【アバター】聖なる自然を守る (映画@見取り八段)
アバター~AVATAR~ 監督: ジェームズ・キャメロン    出演: サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、ミシェル...
【アバター 3D】 (日々のつぶやき)
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ゾーイ・サルダナ 初の3D字幕版でした! 3Dはやっぱり吹替えの方がいいなーちょっとキツかったです。 「元海兵隊のジェイクは宇宙彼方の星パンドラで、
「アバター」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
 (2009年・20世紀FOX/監督:ジェームズ・キャメロン) 「タイタニック」以来、12年ぶりのジェームズ・キャメロン監督によるSF超大作。 いやー、待たせてくれましたね。キャメロン監督。しかし待っ
アバター (Diarydiary! )
《アバター》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - AVATAR 22世紀、人
アバター IMAX3D版 AVATAR (まてぃの徒然映画+雑記)
日本で4館しかないIMAX3Dシアターが近くにあるので、せっかくだからと初体験してきました。3D映画自体の鑑賞もお初です。3D用のメガネは十分大きくて、普通に眼鏡をしている自分でも違和感なくかけることができました。で、まず3Dですが、全部が全部立体的になっていると....
アバター (だらだら無気力ブログ)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の...
「アバター」飛び出す!豪華絢爛・大戦闘スペクタクル絵巻!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アバター] ブログ村キーワード  「タイタニック」から12年。ジェームズ・キャメロン、遂に動く。全世界待望の新作!「アバター」(20世紀フォックス映画)。はい、吾輩も待望でございました(^^;。しかし、12年も経ったんですか。待たされた分だけ当然期待は高まりま...
「アバター」見た男性、脳卒中で死亡=過度の興奮が原因か―台湾 (ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像)
<font size="3"><font face="Arial">みんみんです<img src="/im/emoticon/twinkle2.gif" align="absmiddle">。<br><br><br><br>ネットのニュースで観たのですが、アバター(映画)で脳の血管が切れて死亡された方が出たそうです。<br><br><br><br><font color="#993333">...
アバター (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ 悪いひとたち 「悪いひとたちがやって来て みんなを殺した 理由なんて簡単さ そこに弱いひとたちがいたから」 ブランキ...
アバター  AVATAR (映画の話でコーヒーブレイク)
先週土曜日の26日、海老名TOHOシネマズにて「アバター」を見てきました。 今年最後の劇場鑑賞です。 年末の大掃除や何やかやが気になって・・・映画に行ってる場合やない{/hiyo_oro/} TOHOシネマズで上映前に流れる「秘密結社、鷹の爪団」の鑑賞心得が新しくなっていて...
★「アバター」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30~の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。
アバター (充実した毎日を送るための独り言)
・アバター(12月23日より公開 ジェームズ・キャメロン監督 サム・ワーシントン主演) 今話題の映画「アバター」を上映から1カ月遅れで見に行きました。 自分が見たのは「3D」ではなく「2D」の方でしたが、2Dでも十分迫力のある自然や戦闘シーンなどが楽しめました...
アバター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採...
アバター (とりあえず、コメントです)
ジェームズ・キャメロン監督が年月をかけて創り上げたSFアドベンチャーです。 ずーっと公開を楽しみに待っていました。 3Dで描かれた惑星パンドラの美しさに圧倒されました~
『アバター』(ジェームズ・キャメロン監督/09年) (たいようの映画の感想)
  監督の「10分の8スタイル」が遺憾なく発揮!! 次世代エンタメ映画の出発点となる超大作  3D映画で上映されることを前提とした劇場版...
映画『アバター』〈3D吹替〉 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
『ターミネーター』『エイリアン2』『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が
アバター (TRUTH?ブログエリア)
原題:AVATAR監督・脚本・制作:ジェームズ・キャメロン映画 米 09☆☆☆☆
映画「アバター」を観た。 (何処ぞの奮闘記)
なにかと話題の映画、「アバター」を観てきました。 もちろん3Dでっ! カール爺さんもやってたけど、なぜか土日は3D上映していないらしい。 ・・・社会人いじめか? しかし、カールおじさん(お菓子のCMのキャラクター)をどうしても思い浮かべてしまうのは...
アバター 3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーンにめっちゃ奥行きがあるねんっ 自分がその場面に入って...
「アバター」 (古今東西座)
現在興行収入の新記録を更新中の『アバター』。ずっと3Dで観ようと劇場が空くのを待っていたが、一向に客足が衰える気配がないので、しびれを切らせて通常の2Dで観賞することにした。
映画『アバター』を鑑賞した! (ほっと、break-エンタメ編)
今までの映画などに登場してきた異星人(エイリアン)とは違い、どこか親しみのある造型美を持つパンドラの住人『ナヴィ族』だけど、ヒロインの【ゾーイ】は怒るときに爪をたてて「シャーーッ!!」ってアンタ【青い猫娘】か{%びっくり1webry%}宇宙人というよりそれじ...
アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...
「アバター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
遅ればせながらの3Dデビューです(^^ゞ
映画 ■■アバター■■ (Playing the Piano is ME.)
TVで初めて予告編を見た時は 私の嫌いなタイプの映画だと思って パスするつもりだったけど...
【映画】アバター…3Dと字幕は相性が悪い? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}はまたまた鳥栖プレミアムアウトレットに行ってきました{/car_pink/}{/dododo/} 今回は就職で関東に行く息子{/face_naki/}の普段着を買いに行くのが目的だったので、私の収穫は長袖Tシャツが1枚のみ{/face_acha/}{/down/} 帰りの古賀サービスエリアで食...
mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサ...
アバター (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン...
アバター (RISING STEEL)
アバター / AVATAR かの超ヒット作をレンタルでやっと見ました。 2009年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 製作・監督・編集・脚本:ジ...
『アバター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アバター 』 (2009)監  督 :ジェームズ・キャメロンキャスト :サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、 スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス 『タイタニック』の...
アバター (いやいやえん)
いまだ見てなかった作品。レンタル開始日早々に借りてきて、母に貸したら一年半以上戻ってこなかったという…^;3D映画の先駆けですね。 この作品は、鑑賞者が一緒にパンドラの中へ入っていくような感覚の作品でしょ、最初は違和感ありまくりのナヴィ達にも自然と...