映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ヒックとドラゴン

2010年09月08日 | 洋画(10年)
 アニメ『トイ・ストーリー3』が大人の鑑賞に十分耐えられる作品であることがわかったことから、もう一つの評判の高いアニメ『ヒックとドラゴン』も見てみようと思って、吉祥寺バウスシアターに行ってきました。
 ここはやや小ぶりの映画館ながらも、「3D」(吹替え版)で上映しているのには驚きました。また、映画館の前の方の席には、子供に混じって、一人で見に来ている大人が何人もいて、この映画に対する一般の関心の高さをうかがわせました。

(1)この作品の物語は、バイキングのリーダーの息子ヒックが、トゥースと名づけられた最強ドラゴンとの友情を深めたことから、敵対していたバイキングとドラゴンたちとが友好関係を築くようになり、ついにはドラゴンたちを背後で支配していた巨大な「怪物ドラゴン」を打倒することに成功し、バイキングの村に平和が訪れるというものです。

 将来はバイキングのリーダーと目されていたヒックは、バイキングの伝統的な武器をもってドラゴンと戦うことにかけてはからきし駄目なところ、ドラゴンと親しい関係を作る面は勇敢で、それを通じてバイキングたちの信頼を次第に勝ち得るわけですが、その過程がこのアニメでは実に見事に描き出されていると思いました。

 まずヒックは、自分の弓矢で仕留めた最強ドラゴンのナイト・フューリーを探し出して殺そうとしますが、どうしてもそれができずに、逆に痛めた翼の代わりになるものを取り付けてあげます。また、食料となる魚を獲ってきて差し出したりします。そういう過程を通じて、両者の間には次第に友情が芽生えてきます。
 それを出発点として、ドラゴンたちは決してバイキングに敵対的ではないことがわかり、そのことがヒックの仲間のアスティたちにもわかってきて、さらには、他のバイキングたちが多数詰めかけている競技場で、様々のドラゴンと親しい関係を持つようになる様を見せることで、バイキングたちの認識を変えるように促します。
 こうしたプロセスが丁寧に描き出されているために、弱虫に見えたヒックがバイキングの支持を得るに至っても、見ている方は違和感なく受け入れることができます。

 それと、「3D」の点では、これまでのどのアニメよりも優れているのではないかと思います。無理に画面が前に飛び出さず、画面に自然に奥行きが出ていて、見ていて疲れることはありません。まさに、下で触れる映画評論家の渡まち子氏が言うように、「ヒックがトゥースに乗ってフワリと浮き、一気に加速する飛行シーンなど、ワクワクする3Dの映像が素晴らしい」と思いました。

(2)このアニメは、ヒックがナイト・フューリーのトゥースに乗って空中を飛んでいる様子を見ると、『アバター』で、ジェイクらがバンシーに跨って飛んでいる姿とダブってきます。



 そこで、もう少し『アバター』と比べてみましょう。
 いうまでもなく、『ヒックとドラゴン』は純然たるお伽噺の延長線上にある物語ですし、『アバター』は近未来のSF物で、リアリティの度合いは随分高い感じがして、相違点の方が多いかもしれません。ですが、どちらもファンタジーであって、類似するところはいくつも見つかります。
 そんな類似点を探すには、ナヴィ族側から見た方が好都合かもしれません。

 たとえば、次のようには考えられないでしょうか?
 ナヴィ=バイキング
 地球人=ドラゴン
 クオリッチ大佐(資源開発会社RDAの保安部門の指揮官)=怪物ドラゴン
 アバターとしてのジェイク=ヒック
 ネイティリ=アスティ
 バンシー=トゥース

 すなわち、衛星パンドラの希少鉱物資源を確保したい地球人と原住民ナヴィとの小競り合いは、バイキングとドラゴンとの間の戦いに類似していますし、地球人の科学者グレースがジェイクの行動に理解を持つところは、バイキングがドラゴンに親しみを懐くようになるところに似ています。
 そして、ヒックらが怪物ドラゴンを退治するシーンは、まさにクオリッチ大佐が操縦するスーツとジェイクとナヴィらとの闘いの場面に相当すると言えるのではないでしょうか?

(3)映画評論家のこの映画に対する見解は、両極端に分かれるようです。
 前田有一氏は、「いくらほめてもたりないほどの傑作であるが、それは様々な要素が高いレベルで融合された、すなわち完成度の高さによるもの。何かが突出して良いのではなく、すべてがハイクオリティ。まさに死角のない横綱」として97点を、
 渡まち子氏は、「敵同士が歩み寄って互いのことを理解する。言うは易し行うは難しのこの行動を、弱虫の主人公がやってのけるファンタジー・アニメの秀作」であり、「ヒックがトゥースに乗ってフワリと浮き、一気に加速する飛行シーンなど、ワクワクする3Dの映像が素晴らしい。3Dがストーリーに自然にフィットする作品で、存分に楽しめる」として80点を、
それぞれ与えていますが、
 福本次郎氏は、「映画はバイキングの少年とドラゴンの交流を通じて、己の論理を相手に押しつけるのではなく、お互いが幸せになるような道を探り合うことの大切さを描く」が、「クライマックスで、ドラゴンの女王を見つけたバイキングたちはそれに集中攻撃をかけるのだが、他のドラゴンは女王を守ろうとせず、むしろバイキングを女王の専横からの解放者のように迎え入れる。「独裁国家から民衆を解放する米国」という構図を見ているような気になった。。。」として40点しか与えていません。

(4)前田有一氏は、この映画についてさらに、「伝えようとしているのは、建国当時から続く「皆殺しによる平和」「敵を圧倒するアメリカ」の精神ではない。殺しあってきた敵と、共生の道を探る。少年ヒックと最強のドラゴン・トゥースのコンビを架け橋に、両種族を平和へ導こうとする挑戦は、現実の国際政治が抱えるあらゆる紛争問題へのひとつの回答である」と述べています。

 確かに、死闘を繰り返してきたバイキングとドラゴンたちは、ヒックが最強のドラゴンと親しい関係を築き上げたことを通じて、敵対するのを止めるに至ります。
 ですが、ドラゴンたちがバイキングの家畜を襲った元凶である「怪物ドラゴン」については?
 ヒックは、トゥースたちに使ったコミュニケーションの技を、どうしてこの怪物には使わないで、問答無用とばかりにいきなり攻撃してしまうのでしょうか?

 ここには、最近のアメリカの対テロ戦争に取り組む姿勢と同じものが垣間見られるようです。
 すなわち、イラクやアフガニスタン等におけるテロ攻撃に関して、真の敵は、イラク国民やアフガニスタン国民ではなくアルカイーダだとして、その指導者ビン・ラディンらの行方を執拗に追求しています。
 この姿は、ヒックらが、普通のドラゴンとは友好関係を結びながらも、「怪物ドラゴン」とは敵対関係を継続するのと類似していると言えないでしょうか?
 そして、そうだとすれば、この映画が「現実の国際政治が抱えるあらゆる紛争問題へのひとつの回答である」とする前田氏の姿勢も疑問に思えてくるところです。
 レベルは一層掘り下げられているにしても(対峙する勢力の中に真の敵を見分けるという点で)、凄惨な殺し合いが続く事態は何も変わらないのですから!


★★★☆☆





象のロケット:ヒックとドラゴン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セラフィーヌの庭 | トップ | シルビアのいる街で »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ゴーダイ)
2010-09-08 21:59:20
『アバター』もこの映画も、面白いっちゃ面白いのですが、良くも悪くも子供向けなんですよね。

ボスドラゴンとの戦いは、「矛盾があるから素晴らしかったんだ」という意見もありますが、ちょっと違和感もあります。
なにしろヒックがトゥースに見せた行動の美しさが全否定されてしまいますからね。
「結局人間は動物を愛そうが殺そうが、一方的な感情の押し付けにしかならない」という、すっごい皮肉の利いたメッセージが、あのラストの「ドラゴンはペット」発言なのでしょうか?

とにもかくにも、この矛盾にひっかかる記事がvicさんの記事以外なかなかなかったのでちょっとほっとしてます。
Unknown (vic)
2010-09-08 23:12:35
>凄惨な殺し合いが続く事態は何も変わらないのですから!

私も全く同じように感じました。
ドラゴンと人間の対立の形を借りて、現実社会の、誤解しあい殺し合う人間にメッセージを送っているのではないかと感じました。

他のドラゴンとは「誤解を解けばお互い理解し合え、殺し合う必要はない。共存出来る!」と
理解し合うこと、和解すること、共存する大切さを訴えておいて

諸悪の根元のドラゴンは結局殺さないと平和は来ないの?
同じドラゴンなのに、どうして?
と、そこだけ腑に落ちなかったのです。

「頭」で見過ぎたでしょうか
もっと感覚的に楽しむべきだったかも知れません。
こんな考え方はどうです (ふじき78)
2010-09-09 00:30:55
こんちは。
値が単純なので単純に考えます。
一応、あのでっかいのは女王蜂に相当するって説もありますが、あえてその説はとらずに、ただ、でっかいドラゴンだったとして。

ヒックが猫だったとしたら、あれは全長1000メートルの虎みたいな存在。貪欲に何物をも食らおうとする存在に対してはコミュニケーションが取れなかったという事では。ドラゴン同士でさえ、食べ物を与えておかないと食べられてしまう存在ですから、存在その物がイレギュラーな状態の鬼っ子というところ。
ケアレス (ふじき78)
2010-09-09 08:47:40
ヒックじゃないね、トゥースだね。
いつもTB/コメントありがとうございます。 (KGR)
2010-09-09 11:47:16
敵の裏にいる真の敵と言う意味では政治的な
意味合いを持たせることもできると思いますが、私はメッセージ性を強く受けとらないタイプなので、あまり何かになぞらえて観ることはしませんでした。

映画としてはよくできていたし、3Dの効果もよく出ていたと思います。
こんにちは、はじめまして。 (おくやぷ)
2010-09-11 10:16:16
TBありがとうごずいます。


最後の、
>この姿は、ヒックらが、普通のドラゴンとは友好関係を結びながらも、「怪物ドラゴン」とは敵対関係を継続するのと類似していると言えないでしょうか?

この部分についてはそう思わないです。

そういった投影はしませんでした。

なぜなら、バイキング側をアメリカに投影するほどバイキングとドラゴンに力の差が感じられません。

ドラゴンとバイキングは拮抗していたと思います。

そして、最後のデカドラゴンヘの対応ですが、
あの事態はすでに緊迫していた状態ではなかったですか?

先に攻撃を仕掛けたのはバイキングですが、ここにヒックの意思は反映されていない。

現場にかけつけたときは既にデカドラゴンに炎を吐かれ船を焼かれて同志(バイキング)の命も危ない。

この状況で話し合いの交渉は無理ではないでしょうか。

その前に…というならばお話はわかりますが、それでもこれをアメリカvsアルカイダにするのはこじつけに感じます。

もともとバイキングは血気盛んに戦う種族ですし。
ドラゴンの巣への特攻もお話の流れとして自然と思いますよ。

そういう世界観と思います。
怪物ドラゴン (クマネズミ)
2010-09-12 21:49:01
「おくやぷ」さん、わざわざコメントをいただき、ありがとうございます。

私のブログの記事に、「この姿は、ヒックらが、普通のドラゴンとは友好関係を結びながらも、「怪物ドラゴン」とは敵対関係を継続するのと類似していると言えないでしょうか?」とあるところを、「この部分についてはそう思わない」とコメントしていただきました。

私の方では、アメリカが中東で戦争をしている様を、「アメリカ≒バイキング、中東諸国の国民≒一般のドラゴン、アルカイーダ≒怪物ドラゴン」といった図式で捉えているようにも見えるのではないか、と申し上げたのですが、「おくやぷ」さんの方では、「アメリカ≠バイキング」とされておられるようです。
その理由として、現実には、「アメリカの力>中東諸国の国民の力」であって、アニメのように「バイキングの力≒ドラゴンの力」といった関係にはないからだ、と述べていらっしゃるように思います。
確かに、おっしゃるように、経済力・軍事力等の面で「アメリカの力>中東諸国の国民の力」でしょう。ただ、こういう図式の当て嵌めにあたっては、図式という性質から具体的な様々の点が捨象されてしまいますから、焦点を何処に当てるかによって説得力が違ってしまうのではないでしょうか?私の場合は、「力」のレベルという点ではなく、友好・友情関係の求め方という点で、中東における戦争とアニメが描く闘いとで類似性があるのではと思ったところです。

そして、なにより一番申し上げたいのは、こうしたアニメの見方をすべきだと言うことではないのです。
元々、こうも考えられるのではとして申し上げたのは、映画評論家の前田有一氏が、至極ノーテンキにも、この映画が「現実の国際政治が抱えるあらゆる紛争問題へのひとつの回答である」などと述べていることに対する批判としてにすぎません。こうした楽しい優れたアニメに対して、わざわざ政治的な含意などを汲み取ろうとする前田氏の姿勢及びその中身を問題にしたまでです。
ですから、私も「ドラゴンの巣への特攻もお話の流れとして自然と思います」し、この戦闘の場面は大変優れた描写ではないかと思っているところです。

以上が、いただいたコメントに対する十全な回答になっているかどうか分かりませんが、いずれにしましても、「おくやぷ」さんからキチンとしたコメントをいただきましたことに対し、心から感謝申し上げます。
真摯にお答えいただき、ありがとうございます。 (おくやぷ)
2010-09-13 19:42:19
おっしゃるとおり、私は力関係に焦点をあててみていると思います。それと、戦いの理由です。

そして、正義の名のもとに力をふるうアメリカとこの作品のバイキングがわたしの中では重ならず、その点を強く押し出してコメントしておりました。

クマネズミさんのおっしゃること、よく理解できました。ありがとうございます。

わたしはヒックとドラゴンの中のバイキングとドラゴンの戦いの面においては、
単純というよりは根源、と感じており、
戦争の良し悪しはここではおいておいて、双方自身を守る戦いであると感じました。
そして冒頭のヒックのナレーションにもあったとおり、逃げはしない。
そこで、売られたケンカに背を向けないというバイキングの世界観をみて、くどいようですが善し悪しは別にして、その世界観を受け入れ、観ておりました。

その中でヒックは違う道を模索し、ドラゴンとのつきあい方を変えてみせた。
それでも自身(同志含む。)を守る戦いは続くのだと思います。
無抵抗主義でやられるのをただ受け入れるというのではない種族だ、という認識で観てました。
ゆえに、ラストの戦いについても納得できます。

リンクを辿り、前田氏の評も読ませていただきました。

クマネズミさんが問題にされていた点も理解しました。

一部分に焦点をあてたコメントになり、内容を否定するかのようにみえたかもしれませんが、決してそうではありません。
クマネズミさんの感想に共感したり、気づいたりする部分が多々ありました。
言葉足らずで申し訳ありません。

ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『ヒックとドラゴン<2D/日本語吹替え版>』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、クリス=サンダース、ディーン=デュボア。脚本、クリス=サンダース、ディーン
ヒックとドラゴン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヒックとドラゴン」監督・製作:ディーン・デュボア、クリス・サンダース声の出演:田谷隼、田中正彦、寿美菜子、岩崎ひろし、淺井孝行、宮里駿ほか配給:パラマウント ピクチャー...
ヒックとドラゴン (LOVE Cinemas 調布)
ドリームワークスが贈る3Dアニメ最新作。バイキングの少年とドラゴンの出会いと友情を描いたファンタジーアドベンチャーだ。監督は『リロ&ステッチ』のコンビ、ディーン・デュボアとクリス・サンダース。主人公ヒックの声に『魔法使いの弟子』のジェイ・バルシェルを起...
[映画『ヒックとドラゴン(3D吹き替え版)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いい作品でしたね^^  話は、オーソドックスな二つの種族の戦いと融和の物語であるが、  何よりも、バイキングの族長の息子・ヒックが、ドラゴン族のトゥースと友情を育み、その背に乗り、空を自由に飛び交うシーンが素晴らしい。  中盤から、傷ついたトゥースの...
ヒックとドラゴン/きな子~見習い警察犬の物語~ (あーうぃ だにぇっと)
6月27日(日)「ヒックとドラゴン」@東商ホール⇒「きな子~見習い警察犬の物語~」@ニッショーホール。 こども向け?作品二本立て上映会に三女と行ってきました。 9時15分、水滴を少し感じながら自転車で家を出発。 飯田橋⇒九段下⇒竹橋⇒二重橋前コースで9...
『ヒックとドラゴン』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
”小さなバイキング”ヒック少年は、一族を率いるリーダー、ストイックの息子。父のように立派なバイキングになり、宿敵ドラゴンを退治しようと夢見ていますが、現実は失敗ばかりで出来そこない扱いされ、友だちもいません。ところが傷ついたドラゴンと出会ったことから、...
ヒックとドラゴン 3D吹替版/ジェイ・バルシェル (カノンな日々)
原作は本屋で見かけたことはありますが手にとったことは一度もありません。有名な作品なのでしょうか?バイキングの少年とドラゴンの出会いと友情を描いた児童文学をドリームワークスが3Dアニメーション化した作品です。 吹替版での鑑賞ですが日本語キャストの資料がみ...
ヒックとドラゴン (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  大嫌いなテレビゲーム「モンスターハンター」よりはマシ。  面白い。久々に面白い!っていう面白い。つまり発想が何とか・・・と
ヒックとドラゴン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ヒックとドラゴン 制作:2010年・アメリカ 監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 出演:ジェイ・バルチェル(田谷隼)、ジェラルド・バトラー( 田中正彦)、アメリカ・フェレーラ(寿美菜子)、クレイグ・ファーガソン(岩崎ひろし) あらすじ:...
ヒックとドラゴン 3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ドラゴンは人間と敵対する存在で、交流不可能な生物だ。3D映像を見ると、主人公の少年ヒックがドラゴンに乗って自由自在に空を飛ぶ迫力を味わえる。その醍醐味は映画館のスクリーンだけでしか味わえない。言葉が通じなくても共存する可能性の物語が感動を呼ぶ。
映画「ヒックとドラゴン」@チネチッタ (masalaの辛口映画館)
 「ヒックとドラゴン」を上映するチネ7にはお盆休みと言うことで、ちびっ子を含むファミリー層を中心に6~7割位の客入りだ。今回は3D吹替え版を鑑賞した。   【送料無料】...
ヒックとドラゴン (だらだら無気力ブログ)
バイキングの血を引いていながらも非常になれない弱気な少年と怪我をして 飛べなくなったドラゴンの間に芽生えた友情と少年の成長を描いたドリーム ワークス制作のファンタジーアドベンチャー映画。 監督は『リロ&スティッチ』のクリス・サンダース&ディーン・デュボ...
ヒックとドラゴン (迷宮映画館)
3Dにて鑑賞。ドラゴンの飛翔はなかなかの迫力!
『ヒックとドラゴン』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
以前より、バイキングとドラゴンとの戦いが続いているバーク島。ある日、平凡な少年、ヒックはケガをしたドラゴンのトゥースと偶然に出会う。本来なら敵同士であるヒックとトゥース。しかし、二人の距離は少しずつ縮まり、やがて誰にも知られないように友情を育んでいく。...
映画 ■■ヒックとドラゴン■■ (Playing the Piano is ME.)
「ドラゴンがネコみたいでカワイイ」 という感想が Twitterにチラチラあったので 見るつもりなかったけど 気になって、見てみました!
『ヒックとドラゴン』・・・復活の翼が奇跡につながる (SOARのパストラーレ♪)
『トイ・ストーリー3』に『借りぐらしのアリエッティ』と、この夏はアニメ作品にハズレがない。バイキングとドラゴンの戦いが続く遠い昔を舞台に、弱虫少年の成長を描く本作もまた珠玉のファンタジー・アドベンチャーである。
ヒックとドラゴン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
敵同士が歩み寄って互いのことを理解する。言うは易し行うは難しのこの行動を、弱虫の主人公がやってのける、見事なファンタジー・アニメだ。現状に風穴をあけるのは、いつの時代も意外性である。遠い昔、バイキングとドラゴンは長きに渡って戦いを繰り返していた。バイキ...
ヒックとドラゴン (How to Train Your Dragon) (yanajun)
映画『ヒックとドラゴン』は、イギリスの作家、クレシッダ・コーウェルによる児童文学を基にして、ドリームワークスが製作した3Dアニメーションです。監督は『リロ&スティッチ』のディーン・デュボアとクリス・サンダースが務めています。先日、劇場に観に行きました...
『ヒックとドラゴン』 トゥースが守る7番目の戒律とは? (映画のブログ)
 ドラゴン・ライダー、すなわちドラゴンに乗ることを描いた作品は多い。  子供向けの作品なら『エルマーのぼうけん』シリーズが有名どころ...
★ヒックとドラゴン(2010)★ (CinemaCollection)
HOWTOTRAINYOURDRAGON映時間98分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2010/08/07ジャンルファミリー/ファンタジー/アドベンチャー映倫G少年はドラゴンに翼を与えドラゴン...
『ヒックとドラゴン』を池袋シネマロサ2Fで観る男ふじき (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆傑作です】 これは面白い。 そんなに観るつもりはなかったんだけど、 おたぴょんさんの掲示板で誉めてたんで、 「じゃあ」って観に行った。 良かった。 人の勧めは聞いてみるもんである。 映画の成功要因で、もっとも大きな物は一つ。...
拍手喝采!『ヒックとドラゴン』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
既に2D吹替、2D字幕、3D吹替、合計3回(全てのバージョンで)見ているが、まだまだ見たい気分になる素晴らしい作品。『ヒックとドラゴン』。もし未見の方は是非スクリーンで、さらには3Dで見ることをオスス
ヒックとドラゴン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ドラゴンのトゥースが猫みたいな表情をクルクル見せてくれるのが、最高にうれしいなっと思ったのは、この夏公開の『ヒックとドラゴン』大体、ドラゴンものは基本的に好きなので、そっちはOK問題は、人間側のキャラデザインがどうなのかな?っと思ってた予告だったんですが...
【映画評】<!-- ひっくとどらごん -->ヒックとドラゴン (未完の映画評)
バイキングの少年ヒックと傷ついて飛べなくなったドラゴン・トゥースの心温まる交流を描いたファンタジー映画。
ヒックとドラゴン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) クレシッダ・コーウェル原作の児童文学をア二メ化。 ドラゴンとバイキングが戦いを繰り広げていた時代を舞台に、少年と傷付いたドラゴンの間に芽生えた友情を描くファンタジー・アドベ...
ヒックとドラゴン  (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://hic-dragon.jp/ 今回は、3Dの吹き替え版を観賞。 アメリカでこけたと...
ヒックとドラゴン (とりあえず、コメントです)
ディズニーアニメ『リロ&スティッチ』の監督がドリームワークスで作り上げたアニメーションです。 予告編を観た時、ドラゴンの顔がスティッチに見える!とちょっと気になっていました。 2D&吹替版の試写会にチャレンジしてみました(^^)
ヒックとドラゴン (I am invincible !)
バーク島は、ストイック(声:ジェラルド・バトラー)を頭とするバイキングが暮らす島。 そして、ドラゴンが現れる島でもあった。
「ヒックとドラゴン」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ドリームワークスのCGアニメだと、「シュレック」とかが思い浮かびますが、個人的に「シュレック」は、先入観だけですが、「キャラがキモイ」と言うイメージしか湧かなく、スルーし...
【ヒックとドラゴン】 (日々のつぶやき)
監督:ディーン・デュボア、クリス・サンダース  ひとりぼっちから、ふたりぼっちへ ― 「昔からバイキングとドラゴンの戦いが続いているバーク島。 まだドラゴンとの戦いに参加を許されない少年ヒックは自分の作った武器でドラゴンに命中させた。でも誰にも信じ
「ヒックとドラゴン」(2D字幕) (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; 地元のシネコンで吹き替え版の上映しかなかったので、新宿まで足を運びました。(最近、このパターンが本当に多い…。何とかしてほしいです…)本国アメリカで興行成績が比較的長いこと上位だった本作。公開を楽しみにしていました。長い...
DRAGON RIDERS ~『ヒックとドラゴン』 【2D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 HOW TO TRAIN YOUR DRAGON  ドラゴンと闘うバイキングが暮らすバーク島。リーダーであるストイックの息子 として生まれながら、少年ヒッ...
ヒックとドラゴン3D (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全米で公開7週目でついに興収2億ドルを突破したロングランヒット作品。英国人作家クレシッダ・コーウェルの児童書を原作にした、勇ましいバイキングと野生のドラゴンたちが争って暮らす世界を舞台にした3Dファンタジー・アドベンチャー。監督は「リロ・アンド・スティ...
ヒックとドラゴン 【喧嘩せず まずは相手を 理解しよう】 (猫の毛玉 映画館)
『ヒックとドラゴン』 HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2010年・アメリカ クレシッダ・コーウェルの児童小説をドリームワークスが映画化。  ヴァイキン...
ヒックとドラゴン (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「ヒックとドラゴン」を試写会で見てきました。 バイキング族長の息子でありながら、ひ弱なヒックは、ある日傷ついた ドラゴンと出会う。 バイキングとドラゴンは長年に渡り、戦
ヒックとドラゴン (シネマ日記)
原題は「How To Train Your Dragon」で実際の登場人物はHiccup(しゃっくり)とToothless(歯ナシ)なんだけど、日本語ではヒックとトゥースという名前に変えられていました。“ヒカップ”と“トゥースレス”だと日本語的にはちょっと長すぎるし、子供たちには分かりにく...
ヒックとドラゴン (Akira's VOICE)
ケガの光明。奇跡の友情。  
映画「ヒックとドラゴン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/8/10、109シネマズ木場。 毎月10日は、109シネマズの日で、一人1000円。 3D作品は、1300円で見ることができる。 * DreamWorksの3Dアニメ。 日本国内公開の3Dは吹替え版のみ。字幕は2Dのみ。 英語版の声は、ジェイ・バ...
「ヒックとドラゴン」How to Train Your Dragon (2010 ドリームワークス) (事務職員へのこの1冊)
監督・脚本:ディーン・デュボア、クリス・サンダース原作:クレシッダ・コーウェル音
ヒックとドラゴン 【印象度:75】 (蚊も無視する・・・そんなブログ)
結構評判がいいのですが、公開されている劇場数がそれほど多くなく、 新宿ピカデリーまで出かけてみてきました。 19:10からの回で、子供も少なめで、比較的空いていてよかったと思います。 3D吹替え版で見ました。 巷に溢れる「なんちゃって3D映画」または「偽3D映...
ヒックとドラゴン (Peaceナ、ワタシ!)
一緒だから、強くなれる! 『ヒックとドラゴン』を観てきました! 夏休み映画の3Dアニメなので、『トイ・ストーリー3』とどちらを観ようか悩んだのですが…CMでオードリーの2人が号泣している姿が忘れられず(笑)、チャンティと一緒に観てきましたよ。 …それにしても。9月...
ヒックとドラゴン<2D吹替え> (りらの感想日記♪)
【ヒックとドラゴン<2D吹替え>】 ★★★★ 試写会(9) ストーリー 遠い昔。バーク島と呼ばれる島には海賊のバイキングが暮らしていた。彼ら
『ヒックとドラゴン』 ('10初鑑賞108・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月11日(水) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 12:00の回を鑑賞。
ヒックとドラゴン (ルナのシネマ缶)
トゥース!!! 可愛過ぎぃ~~~! すっかり魅了されてしまいました! ストーリー的には トイ・ストーリーには かなわないかもしませんが・・・ 個人的には、こっちの方が 好きかも・・・? だって、私はドラゴン好きなんだもん! バイキングとドラゴンとの戦...
ヒックとドラゴン・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ヒックとドラゴン」は、ある歴史の転換点を描いた神話的物語である。 人とドラゴンが殺し合うドラゴン・スレイヤーの時代から、二つの種が...
「ヒックとドラゴン」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米・ドリームワークス/配給:パラマウント原題:How to Train Your Dragon監督:ディーン・デュボア、クリス・サンダース原作:クレシッダ・コーウェル脚本:ディーン・デュボ
『ヒックとドラゴン』 (beatitude)
9/1は映画1,000円の日。『トイ・ストーリー3』の影に隠れて目立たないけど、いい映画だよと聞いてせっかくだから3Dでと、わざわざ2,000円出して『ヒックとドラゴン』(吹替版)行ってきました。(チケット取りや...
映画:ヒックとドラゴン ドリームワークスのアニメが一皮むけた! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アメリカでの評価が高かったので、さっそくチェック。 観たのは、2D版かつ日本語版と、残念ながら当ブログ的には、あまりお好きな環境ではない(ベストは英語版) その感想は。。。 まずバイキングの一族のストーリーというのが新鮮、でつかみはok! で自然に物語に...
ヒックとドラゴン (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ トゥースレスのはなし 非の打ちどころの無い傑作だ。 観る者のツボを的確に突いてくるストーリー展開。 相対するエピソ...
ヒックとドラゴン (菫色映画)
How to Train Your Dragon2010年 アメリカ 監督:ディーン・デュボア クリス・サンダース 原作:クレシッダ・コーウェル 声の出演:ジェラルド・バトラー      アメリカ・フェレーラ      ジェイ・バルチェルby G-Tools 今年のアニメ映画の最高峰。 ...
『ヒックとドラゴン』 (ラムの大通り)
(原題:How to Train Your Dragon) ----- 「今夜はワールドカップを見てるからフォーンが喋るように」だって。 う~ん。どこから話しちゃおうかな。 まずは、この映画にフォーンがついていくことになった理由から。 それは監督が 『リロ&スティッチ』のクリス・サンダー...
ヒックとドラゴン (映画尻エリカ)
『ヒックとドラゴン』 “HOW TO TRAIN YOUR DRAGON” (2010・アメリカ) 1h38 監督・脚本 : クリス・サンダース/ディーン・デュボア 声の出演 : 田谷隼、田中正彦、寿美菜子 バイキングとドラゴン。対立と融和の物語。 対立と融和。...
『ヒックとドラゴン(3D)』を観てきました。 (よーじっくのここちいい空間)
ヒックとドラゴンが仲良くなっていく過程の描写は、とても丁寧に描かれていて好感が持てますし、空中シーンは、この作品の白眉と言えるもので、観ていて気持ちよくて、アニメ作品を観る事の満足感と充実感を味わえます。
ヒックとドラゴン (ハクナマタタ)
わたしは北欧ものが好きなんです 神話ではケルトと北欧が好きだし、イレギュラーでクトゥルー DQモンスターズの設定も好き オーディーン!(フェードイン4714) 北風がバイキングを作った!! だからイヤなわけないじゃないですかこの説定 バイキング...
ヒックとビッケ (美容師は見た…)
ヒックが兜を被ると、小さなバイキングビッケを思い出しました。ひ弱なヒックと、部族のリーダーである大柄の父親。息子は腕力よりも脳力が優れ。。。バイキングって海賊のイメージがありますけど、『ヒックとドラゴン』はそういうものとは違ってました。。。ネタバレあり...
ヒックとドラゴン 3D<日本語吹替版> (そーれりぽーと)
ドリームワークスCGアニメ『ヒックとドラゴン』3Dの日本語吹替版を観てきました。 もう映画館でアニメの字幕版を観る事は出来ないんだろうか。 ★★★★★ 残念ながら日本ではIMAX版の公開も無いので、3Dが好条件で観れるなんばTOHOの中央席を押させての鑑賞。 ドリーム...
ヒックとドラゴン (5125年映画の旅)
バイキングが暮らすバーク島では、島を荒らすドラゴンとバイキングが対立していた。バイキングの首領の息子ヒックはある日、尾羽を失って飛べなくなったドラゴンを見つける。そのドラゴンを殺さずにトゥースと名付けたヒックは、彼に新しい翼を与える。それは、人間とドラ...
「ヒックとドラゴン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 クレシッダ・コーウェル原作の児童文学を、「リロ&スティッチ」のクリス・サンダース&ディーン・デュボア監督・脚本で映画化。 ひ弱だが賢く、人一倍優しいバイキングの少年・...
「ヒックとドラゴン」(3D吹替え版) (映画鑑賞日記)
評価:★★★ ストーリー(Yahoo!映画より) 以前より、バイキングとドラゴンとの戦いが続いているバーク島。ある日、平凡な少年、ヒックはケガをした ドラゴンのトゥースと偶然に出会う。本来なら敵同士であるヒックとトゥース。しかし、二人の距離は少しずつ 縮まり、...
●映画 『ヒックとドラゴン』 (Wonderful Everydays)
元々はコメディとか人間ドラマが好きなのに、最近はアニメを観ることも多くなってます。 『ヒックとドラゴン』もそんな映画の一つ。 あからさまに子供向けなアニメは、あまり好きではないのですが、 ドリームワークスのアニメは実は大人が観た方が楽しめるもの
「ヒックとドラゴン」 (Con Gas, Sin Hielo)
北風と太陽と父と息子と。 今夏のドリームワークスアニメは正統派の冒険もの。 「シュレック」シリーズにしても「カンフーパンダ」にしても、どこか毒のある笑いやキャラクターが印象深かったが、今回はかなりの万人向け。 個性が消されてしまうのではと若干危惧した...
《 ヒックとドラゴン 》 (映画 - K'z films -)
おすすめ度:4.0 『リロ・アンド・スティッチ』の監督によるドリームワークス作品。ジェラルド・バトラーの吹き替えにも興味がありましたが、日本語吹替&3D版で鑑賞しました。物語は、バイキングの少年ヒックが天敵であるドラゴンのトゥースと出会い、友情を深め...
【映画】ヒックとドラゴン…2010年の残務整理(13)2010年観賞映画はここまで (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の行動は毎月通っている内科に通院モスバーガーで昼食を調達コンビニでデザートも調達帰宅⇒昼食(デザートは保留) で、家で少しまったりした後、 娘の上履きを買いに近所の文具店久しぶりにトイザらス(何も買わず)書店(何も買わず)帰宅。 で、嫁さんの仕事が終...
ヒックとドラゴン (RISING STEEL)
ヒックとドラゴン / HOW TO TRAIN YOUR DRAGON あまり期待しないで見たところ思いのほか良かったという感想も多いですが 自分は結構期待して見にいきました。 2010年 アメリカ ドリームワークス製作...
ヒックとドラゴン (映画に耽溺)
いやあこんなにいいとは思わなかった! ってかおそらくネットで信頼する映画好きの人が強くプッシュしてなきゃ絶対に手にとらなかったと思うのよ~~。 「ヒックとドラゴン」。 わたくしと同じように案外この作品の良さ知らない人多いんじゃない?勿体無いよ~う「子供向...