映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

カールじいさんの空飛ぶ家

2009年12月28日 | 洋画(09年)
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。

 少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろうかと思っていたら、この映画が公開されたというわけです。

 この映画も特別のメガネを使って見たところ、3Dに関しては、「クリスマス・キャロル」でも思いましたが、観客をも引き込むような臨場感のある場面というのは数えるほどしかなく、あとは別に3Dにしなくともといった感じでした(自然の風景を描くシーンでは、近景・中景・遠景と分離されるものの、通常の場面はマア立体的だなといったレベルです)。

 それではストーリーの方はどうかというと、予告編からすれば、カールじいさんの妻であるエリーがもっと活躍するのかな、話自体はエリーが死んでからのものになるにせよ、何らかの形〔誰かに姿を変えて〕で登場するのかな、と思っていましたら、当初の10分間で色々動き回った後はまったく登場しないものですから、一寸拍子抜けといった感じになりました(エリー以外の女性はほとんど登場しない少し不思議な映画です)。

 代わりに登場するのがラッセルという子供で、カールじいさんと二人で大冒険をします。
 ただ、邦題からすると今度はカールじいさんの出番かと思うと〔原題は「UP」〕、確かに彼は頻繁に登場することはしますが、風船で空中に吊り上げられた家(カールとエミリーが暮らしていた家)を目的地まで引っ張っていくのが主な仕事で、様々に活躍するのはこちらのラッセル坊やなのです!

 なにしろ、ラッセル坊やが、怪鳥ケヴィンの救出を強く主張したがために、カールじいさんは、大事な思い出の詰まった家を手離す破目になってしまうのですから!
 それでも、どんどん飛行船の上から下の方に落下していった彼らの家は、最後の場面からすると、偶然なのでしょうが、目的地だった滝の上に着地したことになっていて、まずは目出度しといったところです。

 そうなのです、この映画の前半は、カールがエリーに行こうと約束していた南米ギアナ高地の“パラダイスの滝”(実際の滝は「エンジェル・フォール」)のそばに、二人が暮らしていた家を運ぶお話なのです。
 そして、このアニメでは、最近まで人跡未踏だったギアナ高地の様子がかなり克明に描かれていて、それを見るだけでも心が躍ってしまいます。
 というのも、このところいろいろな映像がTVでも放映されますが、あの巨大な台地が雲の間から覗いている様子は何度見ても不思議で、もっと探索を進めれば、これまで見たこともないような動植物などに遭遇できるのでは、と期待を持たせるところなのですから!

 そうした興味津々たる奇怪な地形を持った場所と、現代のアメリカとが簡単につながってしまうのですから、これはアニメの独壇場と言えるでしょう〔とはいえ、何故そんな途方もないところを訪れてみたいとカールとエリーが考えていたのかは、何も描かれてはいないので酷く唐突に感じられはするのですが!〕。

 怪鳥ケヴィンとか犬のタグと伝説の冒険家たちとの戦いなどの描き方は、これまでのディズニー映画そのものであまり新鮮味は感じられないものの、ギアナ高地を前面に取り出したという点で、このアニメ映画には○を与えてもいいのでは、と思いました。

 なお、評論家たちは次のように評しています。
 前田有一氏は、「本作はピクサーが初めて「飛び出す」立体映画にチャレンジした作品だが、正直なところメガネの立体効果を生かしているとは言いがたい」ものの、「2009年のアメリカ人が心地よく感じるであろう要素を主軸に組み込んだ、高度な計算に基づく作品」だとして85点の高得点を与えています。
 渡まち子氏も、「この映画の最大の見所はと聞かれたら、迷わず、冒頭の、セリフなしのモンタージュ形式で描く、カールとエリーの人生の物語だと断言する」云々として80点をつけています。
 ただ、福本次郎氏は、「いくら年をとっても未来に目を向けている限り人生は有意義なものであり続けることをこの映画は教えてくれる」ものの、「それはカールほどの元気があればの話で、たいていは加齢とともに体力も衰え気力を無くしていく現実をこの作品はもう少し考慮すべきだろう。。。」として50点しか与えていません。

 少し揚げ足取りをすれば、前田氏は評論の中で、「本作のテーマは、何度も繰り返される「別れ」。すなわち「別れの重層構造」のなかにあった」と、「この映画の中でしつこいくらいに描かれる「別れ」」を発見したことで有頂天になっている感じですが、何か新しいものを「見つける」からこその「別れ」なのであって、別に「別れ」だけがそこらに転がっているわけではないと思われますが。
 また、福本氏は、「加齢とともに体力も衰え気力を無くしていく現実」を考慮すべきと言いますが、何もこうした楽しいアニメでわかりきった厳しい現実をことさらめかしく「見つけ」なくとも良いのではないか、と思えるところです。


象のロケット:カールじいさんの空飛ぶ家
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くるみ割り人形 | トップ | パブリック・エネミーズ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (かめ)
2009-12-31 01:24:08
福本次郎氏のコメントは、根本的なところで、まったく共感出来ません。
希望がひとつのテーマになった作品に対して、老人の気力、体力を考慮しろとは、最初からこの作品を作るな、というのと同じです。
こういう見方しか出来ない揚げ足取りの評論家は、ある意味かわいそうな気がします。

町山智浩さんのような、評論が自分には合っています。
http://www.tbsradio.jp/kirakira/2009/06/65-1.html

すみません、長くなってしまって。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

72 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
劇場鑑賞「カールじいさんの空飛ぶ家」 (日々“是”精進!)
カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました~!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が...
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・“冒険はそこにある!” (SOARのパストラーレ♪)
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をど...
「カールじいさんの空飛ぶ家」みた。 (たいむのひとりごと)
3Dに限らず、2Dでも字幕上映が無いのは何故?ガックリだ[E:despair] ・・となればいずれも吹替版なのだし、気を取り直して3Dにしようかと迷ったが、上映時刻の関係から2Dで鑑賞。それでも、映像
『カールじいさんの空飛ぶ家』 ('09初鑑賞179・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。 日本語吹き替え版、2Dでの鑑賞です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味-BIMI-)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよい...
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味-BIMI-)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー (カノンな日々)
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・...
『カールじいさんの空飛ぶ家』夢の映像化はリアリズムから (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
こちらのブログへお引っ越しして初めての新作鑑賞です。で、今回は鑑賞『前』と『後』の二本の記事に分けてお届けしますね。
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後用ver./実はすごく意味深 (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
邦題はいかにもお子様ファミリー向けっぽいですが、原題と中身を考え合わせるとかなり深いものがあります。読めば読むほど、娯楽作とはほど遠いテーマ。
カールじいさんの空飛ぶ家 3D [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡く...
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
冒険しようよ~『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 (水曜日のシネマ日記)
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
【映画評】<!-- かーるじいさんのそらとぶいえ -->カールじいさんの空飛ぶ家 (未完の映画評)
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。
カールじいさんの空飛ぶ家 【幸福も 心も愛も 形無き】 (猫の毛玉 映画館)
『カールじいさんの空飛ぶ家』 UP 2009年・アメリカ ディズニー×ピクサーのお爺ちゃんアドベンチャー・アニメ。 2Dの字幕版を鑑賞。  予...
カールじいさんの空飛ぶ家 東京厚生年金会館 2009.11.26 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
試写会で観てきました あらすじ:78歳のカールは、一人暮らしの孤独な老人。彼には、「いつか叶えよう」と亡き妻と誓ったまま、諦めかけていた夢があった。それは、二人で冒険の旅に出ること。妻の思い出でいっぱ...
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味-BIMI-)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出...
カール少年が可愛くて… (美容師は見た…)
    少女エリーにもヤラれてしまい、  序盤のツカミはOK!    『カールじいさんの空飛ぶ家』  これが想像以上に、  面白かったんです^^冒険家のチャールズ・マンツに憧れる少年。。。それがカールじいさんだったのね~!そしてあの猛烈にプッシュプッシュ...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
カールじいさんの空飛ぶ家 (心のままに映画の風景)
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに...
【カールじいさんの空飛ぶ家 3D】 (日々のつぶやき)
愛する妻が死にました―  だから私は旅に出ます。 甥っ子初の3Dに連れていってきましたー ストーリーは勿論、3Dの立体感に甥っ子ったら始終ワクワク興奮しっぱなしでしたー♪ 私は・・ 冒頭やられてしまいました! カールとエリーが出会った恋に落ちて、哀し
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
『カールじいさんの空飛ぶ家』(3D・字幕版) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Up】 2009年/ディズニー/103分 【オフィシャルサイト】 監督:ピート・ドクター 出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、チャールズ・ムンツ、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター...
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
『カールじいさんの空飛ぶ家 (3D版) 』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
去年の今頃はWALL・E/ウォーリーを観た時期。つい、そのレベルの作品を期待してしまいます。予告編もかなり印象が良かったし、心に残る作品なんじゃないかと、想像していました。冒頭の追想シーンは、 あの加藤久仁生監督の『つみきのいえ』を髣髴とさせる
カールじいさんの空飛ぶ家 (悠雅的生活)
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。
カールじいさんの空飛ぶ家 (5125年映画の旅)
冒険家に憧れていたカール少年はある時、同じ夢を持つ少女エリーと出会い、後に結婚した。幸せは数十年続いたが、エリーはカールを残して先に旅立ってしまう。孤独に打ちひしがれるカールじいさんは、エリーとの約束を果たすために南米にあるパラダイスの滝を目指して...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (首都クロム)
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版』を本日観て来た。 採点は★★★★☆(5点満点中4点)。 一言でいえば、"期待を裏切らない人間が主人公のピクサーアニメ"とでも言おうか。 前の記事『映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採...
カールじいさんの空飛ぶ家 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 爺の帰還 妻が死んでから家に閉じこもって、心も閉ざしてしまったじいさん。 過去の出来事や思い出に囚われて、ただの偏...
カールじいさんの空飛ぶ家3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
長年連れ添った妻を亡くして孤独になり、思い出がいっぱい詰まった家が再開発で立ち退きを求められたとき、老人が奇想天外な方法で旅に出る物語だ。カールじいさんは愛する妻がいる間は幸福だったけど、一人きりになって世間の人を寄せ付けなくなる。孤独に凝り固まった老...
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
★カールじいさんの空飛ぶ家(2009)★ (CinemaCollection)
UP愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。上映時間103分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/12/05ジャンルアドベンチャー/ファミリー/コメディ映倫G【解説】「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメー...
カールじいさんの空飛ぶ家 (日々緩々。)
『カールじいさんの空飛ぶ家』観て来ました~ あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
カールじいさんの空飛ぶ家(3D日本語吹替版) (映画通信みるみる)
「パラダイスの滝よ。伝説の場所って言われてるんだ…… あなたが飛行船で連れてって。ぜったい約束ね。」 解説:『モンスターズ・イン...
映画レビュー「カールじいさんの空飛ぶ家」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
カールじいさんの空飛ぶ家 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
ディズニー&ピクサーの冒険アニメです。原題は『UP』。邦題は見た目そのまんまですが、原題よりわかりやすい。鑑賞したのは2D字幕版です。109シネマズのポイントで、エグゼクティブシートで観ました。冒険家チャールズ・マンツに憧れるカールとエリーは1軒のあばら家で...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 (映画道)
冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。 幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。 喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。 ひとり残され偏屈な老人...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (めでぃあみっくす)
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサーならではの言葉要らずの演出が加わった、まさに「大人のための映画」です。特に独身者より...
カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (古今東西座)
泣けそうな映画だよなぁと予測していたので、いかにも観客の少なそうな日曜日の最終回というタイミングを狙って劇場へ。「これなら映画が終わってメソメソしていても、あまり他人から見られなくて済むので恥ずかしくないかも」という目論見は外れ、3Dメガネを受け取って...
■カールじいさんの空飛ぶ家~3Dアニメ演出の為のストーリー? (AKATUKI DESIGN )
昨日、レイトショーにてカールじいさんの空飛ぶ家を松戸のシネマサンシャインで見て来ました。 我が家からは電車一本の為、上野の次に近い映画館。 レイトショーの時間も20時以降の上演と好条件なので、一度どんな映画館かを見ておきたかったんですよね。 しかし、一つ忘...
UP カールじいさんの空飛ぶ家 予想をはるか越え奇想天外、かつハートウオーミング、とは 凄くないか (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。 そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。 さて、その中身は?! 全く予想してなかったことだが、 家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚嘆...
カールじいさんの空飛ぶ家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたら...
「カールじいさんの空飛ぶ家」:西日暮里五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ビルメンテナンス・・・カールじいさんの家もメンテナンスしてくれないかな。 {/hiyo_en2/}冒険の旅でボロボロになっちゃったもんね。 {/kaeru_en4/}いまはなき愛妻の夢をかなえようと、自宅に風船をいっぱいつけて南米の滝をめざすじいさんのア二メーショ...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (みんなシネマいいのに!)
 我が家に大量の風船をつけて旅立つ老人! 目指すは亡き妻との約束の場所だ! 予告
カールじいさんの空飛ぶ家 (Diarydiary! )
《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - UP 愛す
カールじいさんの空飛ぶ家 (とりあえず、コメントです)
ディズニー&ピクサーの最新アニメです。 長年連れ添った妻を亡くして家に引き篭もっていたカールじいさんと 父親の愛情を求めている少年ラッセルの冒険は ディズニー&ピクサーらしくとっても楽しい物語でした(^^)
「カールじいさんの空飛ぶ家」飛びます!飛びます!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月7日(月) 19:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1550円(チケットフナキで購入した前売り1250円と差額300円) パンフレット:600円(買っていない) 『カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版』公式サイト 恒例のピクサーの新作は、ディズニー・デジタル3...
カールじいさんの空飛ぶ家3D★★★★+劇場3本目:小ネタがいっ... (kaoritalyたる所以)
レビューを半分書いたところでPCフリーズ!また書き直しです^^;どうやら、ネットにも接続が・・出来ません。もう一度接続をし直して、一旦切って、また接続して何とか復活したようなので、改めて・・。同じ事は書けないので、気分を変えて書きますね。解説等はいつも...
カールじいさんの空飛ぶ家(’09) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨年末見た「WALL・E/ウォーリー」に続くピクサー作品、今回3D字幕版で見ました。監督は「WALL・E・・」脚本担当だったピート・ドクター、共同監督が犬のダグ・アルファ役声優もしたボブ・ピーターソン、主人公カール、共に旅するラッセル少年の声優はエド・アズナー、...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語 (映画のブログ)
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけ...
『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフ...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
年明けてすぐに、やっとのことで観てきました、『カールじいさんの空飛ぶ家』。 3Dにこだわらずに2Dで観ちゃいましたが。 ******************** 『ウォーリー』のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Beyond Borders)
先日、DVDで借りてきた。 78歳のカールじいさんが、亡くなった妻との約束を果たすため、空飛ぶ家に乗って冒険に出掛けるという物語。 カール...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
カールじいさんの空飛ぶ家 (銀幕大帝α)
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ....
■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
カールじいさんの空飛ぶ家 (いやいやえん)
冒頭の妻との出会いから旅に出るまでの物語が秀逸。台詞がほとんどないにも関わらず二人の背景が読み取れる。子供が出来なくて二人だけの生活でも、幸せな人生だったんだろうなと思える。 主人公は偏屈気味なおじいさんで、要所ででてくる妻への愛にはジーンとくる。...