映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

LUCY ルーシー

2014年09月09日 | 洋画(14年)
 『LUCY ルーシー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)スカーレット・ヨハンソンモーガン・フリーマンが共演するというので、映画館に行ってきました(注1)。

 本作(注2)は、類人猿が水辺で水を飲んでいるシーンから始まります(注3)。
 そして、10億年前に生命が誕生(注4)したとのナレーションが入ったあと、場面は現代の台北に移り、あるホテルの前でルーシー(台湾への25歳の留学生:スカーレット・ヨハンソン)と男が言い争っています。
 彼は、「アタッシュケースをホテルにいるチャン氏に届けてくれれば、1000ドル手に入る」と言って、嫌がるルーシーの腕に手錠で鞄をつなげて無理やりホテルの中に送り込みます。
 ホテルの中では人相の悪い男たちが現れ、鞄を持ったルーシーを強引にチャンチェ・ミンシク)の待つ部屋に拉致します(注5)。



 その鞄の中身は「CPH4」という新種の覚醒剤であり、密輸するためにチャンの一味のギャング団は、ルーシーや3人の男の腹部にその覚醒剤の袋を埋め込みます。

 他方、脳科学者のノーマン博士(モーガン・フリーマン)は、パリのソルボンヌ大学で講義をしていて、「人間は、脳の機能のごく一部しか使っていない」、「ヒトよりも脳を使っている動物はイルカで(20%も機能)、そのエコーロケーションはいかなるソナーよりも優秀だ」などと話しています。



 さらに、ノーマン博士は、「人間の脳の覚醒率(cerebral capacity)が20%にアクセスできたらどうなるだろう?」(注6)、「40%にアクセスできたら、他者をコントロールできるだろう」などと語り、学生から「100%に到達できたら?」と質問されると、「考えもつかない」と答えます。

 さて、監禁されているルーシーは、チャンの一味のチンピラに腹部を足蹴にされますが、そのことで腹部に埋め込まれた覚醒剤の袋が裂けて、中身が体内に飛び散ってしまいます(注7)。
 ルーシーは部屋中を転げまわり、気がついた時、脳が覚醒して何か特別な能力が身についていることを自覚します。何しろ、彼女を取り押さえようとしたギャング団をいとも簡単にやっつけてしまうのですから!



 ルーシーは、友人の家に行ってパソコンを借りて色々調べた挙句、ノーマン博士と連絡を取ることとします。
 さあ、この先、どのような展開になるのでしょうか、………?

 本作は、『her 世界でひとつの彼女』では声だけの出演だったスカーレット・ヨハンソンが同じような役柄で生身の人間として画面に登場したらどうなるのかを、お馴染みの超能力者対ギャング団の争いという至極単純なストーリーの中で描き出したものながら、脳の覚醒率アップという観点を取り入れて全体をまとめていて、まずまずの仕上がりなのではと思いました。

(2)本作は、やはりヨハンソンつながりで、『her 世界でひとつの彼女』と比べてみたくなってしまいます。
 まず類似していると思われるのは、どちらも取り扱われている範囲が比較的小さいように思われる点です。
 一方の『her 世界でひとつの彼女』は、主人公のセオドアホアキン・フェニックス)とAIのサマンサ(その声がヨハンソン)との関係が中心であり、他方の本作の場合も、舞台が台北からパリへと動いたり、ギャング団が出現しパリ市内で物凄いカーチェイスなども行われたりするとはいえ、人類存亡の危機といったSF特有の大掛かりなシチュエーションにはなりません。
 また、『her 世界でひとつの彼女』で大きな役割を与えられているのはサマンサというAIであり、本作の主役のルーシーも、最後はUSBメモリを残して、サマンサ同様に消滅してしまいます。
 反対に両者が異なっている点もあり、特に『her 世界でひとつの彼女』が優れたラブストーリーであるのに対して、本作ではその要素は殆ど見られません(注8)。せっかく生身のヨハンソンが出演しているのに、この点は至極残念なところです。

(3)本作の問題点と思える点についてもう少し触れておきましょう。
 無論、本作は娯楽SFファンタジーであり、オカシナな点はいくらでも見つかるでしょうが、細かなことを論っても仕方がないでしょう。

 でも、例えば、本作ではCPH4によってルーシーの脳の機能が現状より著しくアップするところ、その外観はいかにも覚醒剤であり(注9)、そうだとすれば、もしかしたら本作は覚醒剤の肯定に寄与しかねないのではと思ってしまいます(注10)。

 それに、本作は、人間の脳は現状その能力のごく一部しか機能していないということが前提になって制作されているものの、そのようなことを簡単に言えるのでしょうか(注11)?
 素人目にも、人間の器官に機能していない部分がかなりあるとしたら、人類誕生以来の長い年月の間にとっくに退化してしまっているのではと思ってしまいます(注12)。

 さらに、人間の脳が100%覚醒したらどのような状態になるのかが本作でははっきりしておらず(コントロール不能とされています)、現在は10%しか機能していないと言われても、なんの1割なのか明確にされていないのではないでしょうか?
 あるいは、100%覚醒状態というのは「神」と同一になることなのかもしれません。でも、全能の神というものがどういうものであるのか誰もしっかりとしたことが言えないのではないでしょうか?
 脳の機能のアップにより何ができるのかという点につき本作で描き出されているのは、時間をどんどん過去に遡及できるようなことです。でも、それもせいぜい宇宙の始まりの時点(それも、人間が現時点で解明しているもの)までであって、その始まりとされる前はどうなるのかということになると、もうどうしようもなくなってしまう感じです。
 また、ルーシーは、最後にコンピュータに蓄積されているすべての知識をUSBメモリにしてノーマン博士に手渡します。ただ、100%覚醒状態というのは、過去の人間の知識の蓄積にすぎないのでしょうか?

(4)渡まち子氏は、「脳が100パーセント機能してしまったヒロインの戦いを描くアクション「LUCY/ルーシー」。人間離れしたス・ヨハを楽しむ映画」として50点をつけています。
 青木学氏は、「荒唐無稽なのにテンポの良い展開と簡潔なストーリーで妙な説得力がある」と述べて82点をつけています(注13)。



(注1)最近では、スカーレット・ヨハンソンは『ヒッチコック』で、モーガン・フリーマンは『トランセンデンス』で、それぞれ見ました。

(注2)本作の原題も『LUCY』で、監督・脚本は、『アデル ファラオと復活の秘薬』を見たことがあるリュック・ベッソン
 ちなみに、本作は、オープニングでの米国興収(本年7月28日発表)が首位となり(この記事)、次週も2位で「グロス(最終興収)は1億2000万ドル前後になりそうだ」とされています(この記事)。 尤も、1か月後にはトップ10から脱落しました。

(注3)この類人猿は後の方でもう一度登場するところ、初期人類とされる「ルーシー」なのでしょう。

(注4)例えばこのサイトの記事によれば、「現在の学説では地球が誕生してから6億年ほど経った頃(40億年前)、海で生命が誕生したといわれてい」るとのこと。

(注5)ここでチータがガゼルを追い詰めて食らいつく画面が挿入されますが、なんだかあまりにも安易な連想ですし、さらには『悪の法則』において、マルキナキャメロン・ディアス)がウサギを追いかけるチータを双眼鏡で見ているシーンを思い出してしまいます。

(注6)その後本作で描かれていることからすると、20%の覚醒率では、1時間で外国語をマスターできたりするようです。そうだとすれば、『万能鑑定士Q』においてフランス語を身につけるのに一晩かかる凜田綾瀬はるか)では、まだその域に達していないようです。

(注7)そのあとでルーシーは、病院に行って体内から覚醒剤の袋を取り除いてもらいますが、医師から、CPH4は妊婦が胎児にごく少量作り出して与えるものであり、体内に大量に入れたら長時間生きて入られないということを知らされます。

(注8)ルーシーは、フランス人のピエール・デル・リオ警部(アムール・ワケド)にキスをするものの、脳の覚醒率のアップによって人間性を失って、その事自体を忘れてしまいます。

(注9)引き出された男にチャンがCPH4を与えると、その男は覚醒剤を使ったのと同じような状態になりますし、なによりチャンの一味はCPH4の密輸によって荒稼ぎしようと企んでいるのですから、単なる薬品でないことは明らかでしょう。

(注10)例えば、外国語の短期習得のために覚醒剤を使おう、といったようなことにもなりかねないかもしれません。

(注11)劇場用パンフレットのコラム欄に、中野信子氏の「なぜ人間の脳は100%覚醒することがないのか?」という文章が掲載されていて、そのなかでは、「普段から脳を100%で機能させてしまうと、本来、力を出し切らなければならない局面で発揮できないため、制限をかけていると考えられます」と述べられています。
 でも、いざという場合リミット以上の力を出せるというのであれば、それは(潜在的には)覚醒しているということになるのではないでしょうか(「機能する」とか「覚醒する」といった言葉の意味合いの違いなのかもしれませんが)?

(注12)Wikipediaの「」のところには、「「人間は脳の1割ほどしか有効に使っていない」という俗説があるが、これはグリア細胞の機能がよくわかっていなかった時代に、働いている細胞は神経細胞だけという思い込みから広まったものと言われる。最近では脳の大部分は有効的に活用されており、脳の一部分が破損など何らかの機能的障害となる要因が発生し た場合にあまり使われていない部分は代替的または補助的に活用されている可能性があると考えられている」と述べられています。

(注13)それにしてもこの青木氏の論評は、「〜けれど、〜」とか「〜のだが、〜」という逆接の構文が酷く目立つ文章だなと驚きました。



★★★☆☆☆



象のロケット:LUCY/ルーシー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロミスト・ランド | トップ | バルフィ! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TOHOシネマズ渋谷仲間(笑) (すぷーきー)
2014-09-10 20:30:08
TBありがとうございます。
ツッコミどころ満載でした。(^^;)
アクションに期待していたのに、途中から超能力を使いだしてまともな戦いにならず…。
ルーシーはサマンサ(『her 世界でひとつの彼女』)になったという冗談を知って、ウケました。(笑)
Unknown (クマネズミ)
2014-09-10 21:15:38
「すぷーきー」さん、TB&コメントをありがとうございます。
アクションスターとしてアンジーの後継者と目されてもいるヨハンソンが主役を演じているにしては、おっしゃるように、アクション・シーンがイマイチだったように思います。それでも、パリ市内のカーチェイスのシーンでは随分と頑張っていましたが!
Unknown (ふじき78)
2014-09-19 23:19:57
> 本作は覚醒剤の肯定に寄与しかねないのではと思ってしまいます

この手の映画の中で先駆的な傑作は『シャブ極道』で、作品中、主人公が「シャブは身体にええんじゃ」と叫び続け、映画内でその言説を何一つ否定せずに終わる状態に唖然としました。
まあ、映画は映画、現実は現実。あれ見てどうってのはないと思います。現実の「やせ薬としての効果があるから覚せい剤に手を出す」って状態の方がずっと悪いなあ。
Unknown (クマネズミ)
2014-09-20 09:28:02
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおり「映画は映画、現実は現実」であり、映画で悪いことを描いてはいけないということはないと思います(善人ばかり登場する映画ほど始末に悪いものはありません!)。
ただ、「危険ドラッグ(←脱法ドラッグ)」関連のニュースが伝えられると、同じような事件が引き続いて何件も起こるという事態を憂える者です。
笑いもできないが (milou)
2015-01-17 14:14:49
ルーシーという名前が人類の母とされる類人猿(?)を意識して付けられたことは間違いないだろうが『ニキータ』に始まりベッソンの作品には女性の名前をタイトルにしたものが多いのも意図的なんでしょうか…

この映画を見たのは半年近く前で細部はほとんど覚えていないし評価しない作品なのでコメントするまでもないが、まあ映画同様に出来の悪い笑話としてトップ(前提)とラストだけ。

そもそも(あくまで映画の世界で)CPH4 という物質は新たに開発された驚異の新薬品だと思われるが、どこで誰が開発し、どの程度(覚醒20%?)臨床実験で効果を確認しているのか。ホテルの部屋で1人の男を実験台にしたあと殺すのは本物かどうかの確認?

何錠(?)服用で20%になるか知らないが効果が分かっていて安全なら、まず自分たちが服用して‘ずば抜けた’能力を持てば世界を支配できる。逆に買い手が20%でも能力を高めれば金で取引しなくても簡単に元締めの新痲薬も奪える。力より金のほうが好きなのかな?

画面で見たところポリエチレンか何かの袋に入っているがあの大きな袋を“体内”のどこに入れたのか。当然内臓しか考えられないが蹴られて破れるような袋なら胃液で溶けるかも知れず到着するまで無事に体内で原形を保つ保証もない。税関で何らかの疑惑を持たれX線検査でもすれば大きな異物もすぐ見つかる。

そんな心配はないなら見ず知らず(?)の素人を運び屋にしなくても部下にやらせる方が安全確実だろうに。

パリの空港で痲薬探知犬に狙われ確か超能力(眼力?)で撃退したが新たに開発された新種の物質を痲薬探知犬が発見できるはずがない(つまり被害妄想だったのね)。あるいは探知される既存痲薬を単に改良した程度だから体内に隠したのかな?探知されないなら体内に隠すなんて馬鹿なことをしなくても1人1袋ぐらい委託荷物で運べばいいし手芸用品(ビーズにしか見えない)とでもして輸出してもいい。

あのラストは何でしょう。何でもありの映画だからいいけど何ギガのUSBメモリー(現在1テラまであるらしい)か分からないが最先端の大型コンピューターの内容もメモリー1つに収まるような“全知”ってどんなものか知りたいですね。意外や解凍も解読も必要ない簡単な文章のテキストファイル(私はどこにでもいる)だったりして…

まあ面白く楽しめれば、どうでもいいが、まったく面白くなかったので…
Unknown (クマネズミ)
2015-01-18 17:37:13
「milou」さん、コメントをありがとうございます。
本作は、スカーレット・ヨハンソンが出演しているからいいようなものの、ストーリー自体は、いわゆる「危険ドラッグ」のような覚醒剤を密輸するギャング団のお話を、要領の得ない脳の覚醒率のお話と絡めて描いただけのことであり、クマネズミにとっても、「面白く楽しめる」シロモノではなく、ワースト作品に挙げてもいいくらいの「評価しない作品」でした。
なお、CPH4を「“体内”のどこに入れたのか」という点ですが、クマネズミは、直接内臓に入れるのではなく、内臓と内臓との隙間に入れたのではと思っています。それにしたって、「税関で何らかの疑惑を持たれX線検査でもすれば大きな異物もすぐ見つかる」でしょうが!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「LUCY ルーシー」 (日々“是”精進! ver.F)
進化は、これから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408290001/ ★枚数限定ポスター[両面印刷Ver]★【スカーレット・ヨハンソン】『LUCY ルーシー』映画ポスタ...価格:6,800円(税込、送料別) 【送料無料選択...
映画「LUCY/ルーシー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LUCY/ルーシー(字幕版)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点はギリギリ ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。予告編を抜きに本編のみなら100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ごく普通の生活を送っていた女性ル...
ルーシー (♪HAVE A NICE DAY♪)
面白かったというより楽しめた! 凄いのよ〜〜 ここまでくるまでの内容、省きますが 気が付いたらお腹の中に紫色の怪しい 物を入れられて、それがもれて 驚異的な力?を発揮するようになるんですねー そんな、悪人とはいえ殺しちゃっていいの?ってくらい殺します。 ....
LUCY/ルーシー (あーうぃ だにぇっと)
LUCY/ルーシー@TOHOシネマズ日本橋
LUCY/ルーシー〜世界になった彼女 (佐藤秀の徒然幻視録)
脳100%使ってスカちゃん見たら何が見えるかな? 公式サイト。原題:Lucy。リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケ ...
LUCY/ルーシー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★【2点】(11) これはスカーレット・ヨハンソンのイメージビデオでよろしいかと。
LUCY ルーシー / LUCY (勝手に映画評)
人類の脳は、その能力の10%程度しか使われていない。もしそれが、100%使われるようになったら・・・。 脳が活性化していくのがルーシーと呼ばれる女性。この“ルーシー”と言う名前だが、地球上最初の人類(=女性)が『ルーシー』と呼ばれているのから名づけている様で...
『LUCY』 (beatitude)
ごく普通の生活を送っていたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれ、下腹部に新種のドラッグの入った袋を埋めこまれる。だが体内でドラッグが漏れ出すアクシデントによって、彼女の脳は突如覚醒し始める。「頭脳拡張20%」――驚異的...
「LUCY ルーシー」:荒唐無稽で笑えます (大江戸時夫の東京温度)
映画『LUCY ルーシー』は映画監督廃業宣言がいつの間にやらなかったことになって
LUCY/ルーシー/スカーレット・ヨハンソン (カノンな日々)
リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に放つサスペンス・アクション・ムービーです。なんでもリュック・ベッソン監督の歴代1位を記録したそうですが、私はリュ ...
LUCY ルーシー (映画と本の『たんぽぽ館』)
生命の証 * * * * * * * * * * 台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまうルーシー(スカーレット・ヨハンソン)。 彼らは人間の体内に薬物を詰め込んだ袋を埋め込み、密輸しようというのです。 そんなこととはなんの関わりもないルー....
LUCY/ルーシー/スカーレット・ヨハンソン (カノンな日々)
リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に放つサスペンス・アクション・ムービーです。なんでもリュック・ベッソン監督の歴代1位を記録したそうですが、私はリュ ...
『ルーシー/LUCY』 2014年8月31日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ルーシー/LUCY』 を鑑賞しました。 この映画は不思議な映画で後半に眠気が襲ってきた 【ストーリー】  マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が...
LUCY/ルーシー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
脳が100パーセント機能してしまったヒロインの戦いを描くアクション「LUCY/ルーシー」。人間離れしたス・ヨハを楽しむ映画。ごく平凡な女性ルーシーは、台北で、マフィアの闇取引 ...
LUCY/ルーシー (そーれりぽーと)
リュック・ベッソン監督が次に目をつけたのは、やっぱり趣味っぽい美人女優のスカヨハちゃん。『LUCY/ルーシー』を観てきました。 ★★★★ 『アベンジャーズ』では生身のスパイとして、他の超人たちの異能力から比べると劣りはしつつも、美味しいところは持ち前の美しさ...
『LUCY/ルーシー』 (こねたみっくす)
クスリの大量摂取で神様になりました。 通常の人類は脳の10%しか機能していない。もしそれが100%機能するようになったらどうなるのか。答えは流体生物に変化してから砕け散って、 ...
LUCY/ルーシー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に迎えて贈るヒロイン・アクション。新種ドラッグの影響で脳機能が驚異的に覚醒し、超人的な能力を発揮し始めたヒロインの暴走の行方を描く。共演はモーガン・フリーマン、チェ・ミンシク...
「LUCY/ルーシー」 (或る日の出来事)
少し物足りなかったけど。
『LUCY ルーシー』 (時間の無駄と言わないで)
人間の脳の機能を100%引き出すとどうなるかって映画。 でも「何%使うとこうなる」ってのは予告編がほぼ全てだったから残念。 ついでにストーリー自体も予告編がほぼ全て。 予告編 ...
LUCY/ルーシー (映画好きパパの鑑賞日記)
 リュック・ベッソン監督でもあり、予告編から脳筋の女性アクション映画だと思いきや、良い意味で裏切られました。スカーレット・ヨハンソンは「her」といい、人間離れした役が続きますね。  作品情報 2014年フランス映画 監督:リュック・ベッソン 出演:スカーレ...
LUCY (小人閑居為不善)
■9/6鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年42本目の洋画20本目。観た動機は、映画館で予告編を観て面白そうだと思ったのと、主演のスカーレット・ヨハンソンが好きだからということ。 ■いやいや、いい意味でかなり大雑把な映画でした。主人公ルーシーはたぶん台湾に留学中の...
LUCY/ルーシー (映画情報良いとこ撮り!)
LUCY/ルーシー ルパンと迷ったけど、こっちで。 ルーシーは、麻薬の運び屋になってしまう。 それも特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれて。 一体、ルーシーは、どうなるのでしょうか? そんな彼女は、体内で、その薬が、漏れてしまう。 それで、能力に目...
LUCY/ルーシー (Break Time)
8月最終日です・・・
映画「LUCY/ルーシー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LUCY/ルーシー(字幕版)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点はギリギリ ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。予告編を抜きに本編のみなら100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ごく普通の生活を送っていた女性ル...
『LUCY ルーシー』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「LUCY ルーシー」 □監督・脚本 リュック・ベッソン□キャスト スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、       アムール・ワケド、ジュリアン・リンド=タット■鑑賞日 8月30日(土)■劇場 ...
LUCY ルーシー/LUCY (我想一個人映画美的女人blog)
人類の脳は10%ほどしか機能していない。 しかし、それが100%まで覚醒したら、、、、 リュック・ベッソン監督×スカーレット・ヨハンソン 出会ったばかりのチンピラ運び屋から突然頼まれ 運悪く運び屋仕事をさせられたスカちゃん演じる、ル....
自己犠牲、自己満足、自己完結ー!!(おいおい)〜「LUCY」〜 (ペパーミントの魔術師)
大半のひとが予告編みて こりゃすごいんちゃうんって映画見に行って なんか違う、こんなはずじゃなかったんだけどって首をひねりながら 出てきたんとちゃうかな〜ってのは思った。(爆) 思ったんだけどね、 これが意外にもすんなり受け入れられた。(え) とんでもな....
LUCY/ルーシー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LUCY】 2014/08/29公開 フランス 89分監督:リュック・ベッソン出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド 人類の脳は、10%しか機能していない100%覚醒した彼女は、人類を救うのか?滅ぼすのか? 訪れた台北のホテル...
LUCY/ルーシー (心のままに映画の風景)
台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、新薬が入った袋を体内に埋め込まれ、運び屋として利用されてしまう。 しかし袋が体内で破れてしまい、謎の物質あふれ出したことから、脳機能は驚異的に覚醒。 ルーシーは脳科...
LUCY/ルーシー (痩せたいVSでも食べたい)
『LUCY/ルーシー』 "LUCY" (2014・フランス・1h29) 監督・脚本 : リュック・ベッソン 出演 : スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド 脳を100%活用できるようになった時人は宇宙の真理を知るという...
映画「LUCY/ルーシー」 (放浪の狼のたわごと)
リュック・ベッソン監督と、スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだアクションスリラ
LUCY ルーシー。 (すぷのたわごと。)
『LUCY ルーシー』を観に行ってきました。 リュック・ベッソン監督&スカーレット・ヨハンソン主演なら、アクションに期待できるかも、と思っていたら、そうでもなかった。(爆) 原題も『LUCY』。 リュック・ベッソン作品の定番、説明不足のまま無理矢理展開。 台...
LUCY/ルーシー (キノ2)
★ネタバレ注意★  リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演のフランス映画です。(言語は英語)。  平日だったのですが場内は満員で、そのほぼ全員が男性でした。  スカーレット・ヨハンソンの「Tシャツ越しに揺れる胸」効果、恐るべし。  や...
「LUCY/ルーシー」 最初の新人類 (はらやんの映画徒然草)
リュック・ベンソンはつくづく強い女性が好きなんですね。 「ニキータ」「レオン」で
LUCY/ルーシー (だらだら無気力ブログ!)
何か思っていたのと違う内容だった。
「LUCY ルーシー」みた。 (たいむのひとりごと)
スカーレット・ヨハンソン×リュック・ベッソン監督作品。脳の覚醒が強調されているだけの予告編しか見ていなかったので、スカちゃんのルーシーも、アンジーが演じた”ソルト”みたいな女スパイで、そうした作品かと
LUCY/ルーシー (ダイターンクラッシュ!!)
2014年9月1日(月) 19:20〜 TOHOシネマズ日本橋7 料金:1200円(ファースト・デー+TCX料金) パンフレット:未確認 トンデモ映画。モーガン・フリーマンと邂逅後、話はあらぬ方向へ 『LUCY/ルーシー』公式サイト チェ・ミンシク親爺に、謎の薬の運び屋に選ばれ...
LUCY (はるみのひとり言)
めちゃくちゃ楽しみにしてたわけでもないんですが、初日に鑑賞して来ました。男友達に騙され、マフィアの闇取引の運び屋にされたルーシー。お腹に新種の薬CPH4を埋め込まれたが、マフィアの手下にお腹を蹴られ袋が破れて体内に漏れたことで、ルーシーの脳機能が覚醒し始め...
LUCY/ルーシー (Some Like It Hot)
■「LUCY ルーシー/Lucy」(2014年・フランス) 監督=リュック・ベッソン 主演=スカーレット・ヨハンソン モーガン・フリーマン チェ・ミンシク  リュック・ベッソンご乱心。"人間は脳の機能を10%しか使っていない"という事実をもとに、も...
■LUCY/ルーシー (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第357回「リュック・ベッソンらしさ満載の映画でした。」 私が好きな映画ベスト3に入る「レオン」。その作品を監督したリュック・ベッソン。彼は監督・プロデューサーとして多くの映画を手掛けているが、どれもある一定以上のクオリティーを保ち、とても楽しめる作品....
LUCY/ルーシー  監督/リュック・ベッソン (西京極 紫の館)
【出演】  スカーレット・ヨハンソン  モーガン・フリーマン  チェ・ミンシュク  アムール・ワケド 【ストーリー】 マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシーは、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機....
【映画】『LUCY/ルーシー』:超越するスカヨハ (シネマ・クレシェンド)
リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演の『LUCY/ルーシー』を初日鑑賞しました。LUCY/ルーシー(2014)フランス原題:Lucy 監督/脚本:リュック・ベッソン 出演:ス ...
【映画】『LUCY/ルーシー』:超越するスカヨハ (シネマ・クレシェンド)
リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演の『LUCY/ルーシー』を初日鑑賞しました。LUCY/ルーシー(2014)フランス原題:Lucy 監督/脚本:リュック・ベッソン 出演:ス ...
LUCY ルーシー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『レオン』や『フィフス・エレメント』 などで知られるフランスのリュック・ベッソン 監督最新作で主演は『アベンジャーズ』などに 出演している人気女優スカーレット・ヨハンソン が務めるSFアクション映画『LUCY ルーシー』 が公開されましたので観に行ってきました。 ...
「LUCY/ルーシー」 (Con Gas, Sin Hielo)
今までのS.ヨハンソンは10%しか機能していなかった? S.ヨハンソンは「セクシー女優」と呼ばれることをいやがっているという報道を見たことがあるが、独立事象として彼女が「セクシー」であり「女優」であることは、ほぼ万人が疑うことのない事実だから仕方がないとい....
LUCY/ルーシー (とりあえず、コメントです)
スカーレット・ヨハンソン主演のリュック・ベッソン監督が創り上げた新作です。 主役のカッコいい予告編を観て、今度はどんなアクションなのだろうと気になっていました。 アクション映画というよりはSFのような展開に、ちょっとビックリさせられるような結末が待っていま...
LUCY/ルーシー (こんな映画見ました〜)
『LUCY/ルーシー』---LUCY---2014年(LUCY)監督:リュック・ベッソン出演:スカーレット・ヨハンソン、 モーガン・フリーマン 、 チェ・ミンシク 、 アムール・ワケド 「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に迎え...
失敗した“新ルパンスタンダード”(映画るろ剣とか映画ルパン三世とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【白銀の意思 アルジェヴォルン 第11話】昇進するさんとジェイミーさんと、無礼講するススムくんの巻。ジェイミーさんの魅力? そんなもん言わなくたって分かってるだろうに。( ...
『LUCY』をミラノ座1で観て、ベッソンらしくてとってもけっこうふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★今更ベッソンの映画に期待しようなんて!】   という訳で、当然、変な映画だろうと思って見に行ったから落胆なんかはしない。 スカーレット・ヨハンソン ...
I AM EVERYWHERE. 〜『LUCY/ルーシー』 (真紅のthinkingdays)
 LUCY  台北に留学中のルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、ホテルの部屋に怪 しげなスーツケースを運ぶ役目を押し付けられた挙句、コリアンマフィア(チェ ・ミンシク)に捉えられ、体内に麻薬を埋め込まれてしまう。  この映画、劇場予告が物凄...
[映画『LUCY ルーシー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・リュック・ベッソンの「撮り捨て及第点プログラムムービー」かと思っていて、まあ、スカーレット・ヨハンソンの容姿を堪能しようと気軽に観に行った、ら、なんか凄いことになっていた。  たかだか、90分のキレのいい小品のハズが、冒頭で、あたかも『2001...
LUCY ルーシー (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
LUCY ルーシー '14:フランス ◆原題:LUCY ◆監督:リュック・ベッソン「マラヴィータ」「アデル ファラオと復活の秘薬」 ◆出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、アナリー・ティプトン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド、ピルー・アスベック ...
映画『LUCY/ルーシー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-72.LUCY/ルーシー■原題:Lucy■製作年、国:2014年、フランス■上映時間:89分■料金:1,100円■鑑賞日:9月1日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・脚本・製作:リュック・ベッソン◆スカーレット・ヨハンソン◆モーガン・フリーマン◆アナリー...
LUCY/ルーシー (いやいやえん)
【概略】 マフィアの闇取引に巻き込まれたごく普通の女性・ルーシーは、アクシデントにより脳に異変を来してしまう。やがて脳が覚醒し、人知を超えた能力を発揮し始めるが…。 SF 10%しか機能していないと言われる人間の脳。それがもし覚醒したらどうなるか?と...
LUCY/ルーシー (銀幕大帝α)
LUCY 2014年 フランス 89分 アクション/サスペンス/SF PG12 劇場公開(2014/08/29) 監督: リュック・ベッソン 『アデル/ファラオと復活の秘薬』 脚本: リュック・ベッソン 音楽: エリック・セラ 出演: スカーレット・ヨハンソン:ルーシー モーガン・....
映画「LUCY/ルーシー」レビュー(リュック・ベンソン版AKIRAですね) (翼のインサイト競馬予想)
映画「LUCY/ルーシー」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『LUCY/ルーシー』予告編動画あ ...
「Lucy/ルーシー」:リュック・ベッソン監督... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
Lucy/ルーシー」は、2014年公開のフランスのSFアクション映画です。監督はリュック・ベッソン、出演はスカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンスク他。スカーレッ...
LUCY/ルーシー (miaのmovie★DIARY)
【LUCY】 制作国: フランス 制作年:2014年 10%しか機能していないと言われる人間の脳。 しかしルーシーの脳のリミッターは外されてしまったーー。 ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー。ある日、マフィ アの闇取引に巻き込まれてしまい、そこで起こった...
LUCY/ルーシー (miaのmovie★DIARY)
【LUCY】 制作国: フランス 制作年:2014年 10%しか機能していないと言われる人間の脳。 しかしルーシーの脳のリミッターは外されてしまったーー。 ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー。ある日、マフィ アの闇取引に巻き込まれてしまい、そこで起こった...