映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ヒッチコック

2013年04月17日 | 洋画(13年)
 『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。

(1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。

 映画では、まず、映画『サイコ』の原作小説の素材となった殺人事件が再現されます。
 そこに、ヒッチコックアンソニー・ホプキンス)が登場して、「ごきげんよう、撲殺された兄も驚いたことでしょう、石に頭をぶつけたんだという弟の話を警察が信じたのですから」などと、紅茶のカップを手にしながら、いつもの調子で話します。
 そして、タイトル・クレジットが流れ、『北北西に進路を取れ』が上映される映画館にヒッチコックらが入って行く場面に。
 ただ、「60歳だともう引き時では?」などという声がかけられ、また新聞に掲載された批評でも、「クライマックスが退屈」と書かれる始末。
 これに対して、ヒッチコックは、皆の鼻を明かすべく新企画用の素材を必死で探します。
 そんな中で、誰もが対象となり得ないとした長編小説『サイコ』を、ヒッチコックの嗅覚が探り当てます。
 さあ、新企画の映画はうまく制作されてヒット作となるのでしょうか、……?

 本作の主役はヒッチコックとなっているものの、実質的な主役は彼の妻アルマヘレン・ミレン)でしょう。なにしろ彼女は映画『サイコ』のキャスティングに関与し、「女優は最初の30分のうちに殺すことよ!」と言ったり、ラストの場面は脚本家でもある彼女の手にかかるもので、また観客に衝撃を与える映画の作りも彼女の編集の才能によるところが大きかったように、映画の中で描かれているのですから。
 それに、本作では、妻アルマが、夫ヒッチコックが映画に出演する女優に色目を使うのを苦々しく思っていたところ(注1)、脚本家のウィットフィールドダニー・ヒューストン)と親しくなって、ヒッチコックに強い嫉妬心を抱かせたりもするのです(注2)。

 まあ要すれば、大ヒットした映画の背景にはヒッチコック夫妻の強い絆があったというところなのでしょう。
 ただ、せっかく映画『サイコ』を持ち出すのですから、本作自体のラストにも観客をアッと驚かす仕掛けがあったらなと無い物ねだりをしたくなってしまいます。

 ヒッチコックに扮しているのがアンソニー・ホプキンスだということは見る前に知っていましたが、その妻アルマを演じるのがヘレン・ミレンで、さらには映画『サイコ』にマリオン役で出演するジャネット・リーに扮するのがスカーレット・ヨハンソンだとは知らずにいたので驚き、本作を見るのが俄然楽しくなりました。

 アンソニー・ホプキンスは、既に76歳ながら相変わらず達者な演技で、もともとそんなにソックリさんになる必要はないことながら、メイクもよくできており、ヒッチコックになりきっている感じです(注3)。



 ヘレン・ミレンは吉永小百合と同じ年ですが、本作でも水着姿でプールに飛び込むなど頑張っています(注4)。



 こうした二人を見ると、洋画では年配の俳優が主役級でかなり活躍しているのに(注5)、邦画ではあまり見かけないなという印象を持ってしまいます(注6)。

 なお、スカーレット・ヨハンソンは、このところ『幸せへのキセキ』を除いてあまり目立たない感じでしたが、本作ではその魅力を十分に振りまいています。




(2)ところで、本作は、映画『サイコ』の舞台裏を探究したスティーヴン・レベロ著『ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ』(岡山徹訳、白夜書房、2013年3月)(注7)に基づいて制作されています。
 ただ、メイキング物としたら通常はドキュメンターとなるところ、本作では、原作本に存在しない「脚本家ウィットフィールド」が登場することからも分かるように、かなりの脚色がなされていて、それ自体が劇映画となっているのです(冗談ながら、本作のメイキングすらも考えられるところです)(注8)。

 確かに、映画『サイコ』はヒッチコック監督の最大ヒット作ですから(注9)、どんな経過で制作されたのかは大層興味深い点です。
 とはいえ、それをわざわざ劇映画で描くというのはどうでしょうか(スティーヴン・レベロ氏の本で十分では)(注10)?
 でも、映画制作者はそうは考えなかったのでしょう。
 あるいは、その映画に盛り込まれている様々の斬新なアイデアがどんなところからやってきたのか(創造の秘密!)、という点に興味があったのかもしれません。
 というのも、一つは、映画『サイコ』の原作小説の素材となった殺人事件の犯人エド・ゲインの映像が何度も本作では映し出されるからですが。あるいは、ヒッチコックの夢の中に、エド・ゲインが何度も現れたのかもしれません。
 でも、そんなことは原作本には書かれていないことです。
 加えて、ヒッチコックの夢については、『定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー』(晶文社、1981年)のなかで、彼自身が、「あまり夢はみないな。……ときどきだね……それも、ちゃんと筋のとおった、まともな夢しか見ない」と言い(邦訳本P.269)、インタビュアーのトリュフォーも「あなたの作品には夢の影響が強くあるのではないかと思って質問してみたのですが、この夢談義からは、率直に言って、期待した成果が得られないことがよくわかりました」と匙を投げています(邦訳本P.270)。

 また、本作においては、上でも書きましたように、映画『サイコ』を巡る重要な事柄には妻アルマの役割が大であったとされています(注)。
 でも、この点もまた、ざっと読んだにすぎませんが、原作本ではそのように書かれてはおりませんし、仮にそうであれば、今度は妻アルマのことをもっと仔細に描き出さなくてはいけなくなるだけのことでしょう。
 それに元々、そんな天才的なアイデアがどうやってもたらされたのかなど、本人以外にはうかがい知れないものではないでしょうか(あるいは、本人でも分からないことかもしれません)?
 これまでも、例えば、『マーラー 君に捧げるアダージョ』では、マーラーの音楽的才能の因って来るところが、また『これでいいのだ!!』では赤塚不二夫のギャグ漫画の素晴らしさの背景が描かれたりしているものの、その創造の秘密に分け入ることはできなかったのではないでしょうか?

 ということから、本作の見所は、ヒッチコックとアルマとの愛情関係ということになりそうですが、それがごく他愛のないものとなると、本作に対するクマネズミの評価も大したものにはなり得ないところです。

(3)渡まち子氏は、「描かれるのは、コンプレックスや嫉妬心、殺人や倒錯を嗜好する異常性。さらに、公私ともに強い絆で結ばれた夫婦の葛藤を浮き彫りにするアプローチが新鮮だ」などとして65点をつけています。
 他方、前田有一氏は、「自分を日陰者と感じている主婦とか、あるいはいわゆるフェミ的な思想を持って男社会に不満をもっている女性とか、そういう人にはぴったりだ」が、他方「映画ファンにとっては再現された未公開の「サイコ」撮影セットをみて、有名な殺害場面の撮影風景について想像を膨らませたり、レーティングや製作費における対立で監督自ら相手方とやりあう様子を楽しんだり、相変わらず唯我独尊の役作りで、本人とは似ても似つかないけれどそれなりに魅せてしまうアンソニー・ホプキンスの演技に注目するといいだろう」などとして40点をつけています。




(注1)映画『サイコ』にマリオンの妹役で出演するヴェラ・マイルズジェシカ・ビール)について、本作のヒッチコックは、「『めまい』の主役に抜擢したのに、妊娠したと言われた。なぜ、私を裏切るのだ!スターにしたかったのに、主婦になったのだ」とジャネット・リーに話します。
 さらにヴェラに対しても、ヒッチコックは「グレース・ケリーのようなスターにしたかったのに」と言いますが、彼女は「あなたのブロンドの大スターは幻想よ」と答えます。
 下記の「注7」で触れる『ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ(改訂新装版)』では、「マイルズは、「『めまい』でスターダムにのし上がるチャンスをうしなったことを達観してこう語っている。「ヒッチコックは自分の映画を生んで、わたしは自分の子供を生んだのです」」と述べられています(邦訳書P.120)。

(注2)二人は、海辺に設けられているウィットフィールドの秘密の別荘に行ったりしますが、ウィットフィールドが期待しているのが、自分の手掛けている脚本の手直しとヒッチコックへの売り込みに過ぎないことが分かると、アルマの熱も一遍に冷めてしまいます。

(注3)本作の前には、『恋のロンドン狂騒曲』に出演しているのを見ました。

(注4)『RED/レッド』や『終着駅―トルストイ最後の旅』など、着実に映画に出演してきている感じです。

(注5)女優で言えば、他にも、『007 スカイフォール』に出演したジュディ・デンチ(78歳)とか、これから公開される『カルテット!人生のオペラハウス』に出演したマギー・スミス(78歳)など、偉い人たちだなと思います。

(注6)女優で言えば、樹木希林(70歳)とか吉永小百合(68歳)くらいではないでしょうか?

(注7)原書は1990年に出版され、その邦訳本も『ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』として同じ年に出されています。ただ、今書店で並んでいる邦訳本は、原書が、著者の新しい序文入りで本年再刊されたのに合わせて、『ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ(改訂新装版)』として発刊されたものです。

(注8)メイキングを劇映画にしたものとして最近作としては、例えば『マリリン』が挙げられるでしょう。その映画では、映画『王子と踊り子』の制作状況が描かれており、なおかつ監督・主演のローレンス・オリヴィエも登場しますが、あくまでも焦点はミシェル・ウィリアムズが扮するマリリン・モンローに当てられているので、本作とはかなり性格の違った作品と言えるでしょう。

(注9)このサイトの記事を見ると、なるほど『サイコ』の興業収入が他のヒッチコック作品を圧倒していることが分かります。

(注10)スティーヴン・レベロ氏の本が1990年に出版され、その後2004年に2人のプロデューサー(2人は本作の「製作」にも名を連ねています)から映画化の話が持ち込まれたようですが(上記「注7」で触れるスティーヴン・レベロ氏の本の2012年の「序文」によります)、それからおよそ10年経過し、本作まで実現することはありませんでした。




★★★☆☆




象のロケット:ヒッチコック
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランシス・ベーコン展 | トップ | 君と歩く世界 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Paramount Release (milou)
2013-04-18 09:13:56
『サイコ』については10年近く前に詳細に分析したことがあり10冊以上のヒッチ関連書籍も読んだ。だから『サイコ』についてなら色々ネタも持っているが、今回の作品に関しては…特に言いたいこともない。当然ながら描かれた多くのエピソードは“事実に基づいている”のだが、一番気に入らなかったのは映画を見る限り撮影所がパラマウントにしか思えないこと。

映画でも描かれたようにパラマウントは“配給”するだけで製作はヒッチの会社シャムリー・プロが担当し最初からTV並みの短期間低予算(30日80万ドル)で作ることを目指し、音楽と編集以外はTVの“ヒッチコック劇場”のスタッフを使いユニバーサルのスタジオで撮影されている。だから映画の最初はパラマウントのマークなのに“Paramout Release”という珍しいマークになっている。

あとは“せっかく映画『サイコ』を持ち出すのですから”“世界一有名な”シャワーシーンだけでなく、当時の技術では実現できなかったトップシーンの“昼下がりの情事”のヘリコプターショットから室内までワンカットで撮ろうとした苦労(ガス・ヴァン・サントのリメイクで実現)や(台詞では触れたが)アルボガストが階段を落ちるシーンなどヒッチがこだわった場面も再現して欲しかった。

関係ないが見ていて、いまさらながら気づいたのは“アルフレッド・ヒッチコック”なら普通は愛称は“アル”とか“フレッド”だろうに“ヒッチ”と姓の頭を短縮する。そのような例は多くはないと思うが映画でも確かに“ヒッチ”と呼んでいた。
こんにちは。 (みぃみ)
2013-04-18 11:26:50
今ほど技術力の発展していない時代。

巨匠と呼ばれた人でさえも抱える苦悩や、
作品作りに懸ける情熱や駆け引き等を
夫婦愛を基調に描いてあって、物作りっていいなぁ☆と思わせてもらいました。
私にとっては、秀逸な教科書のイメージです(^^)。

Unknown (クマネズミ)
2013-04-19 07:12:38
「milou」さん、コメントをありがとうございます。
「音楽と編集以外はTVの“ヒッチコック劇場”のスタッフを使いユニバーサルのスタジオで撮影されている」ことに関連して、劇場用パンフレットに掲載されている鷲巣嘉明氏の「Making of Psycho」には、ヒッチコックは、「62年にユニバーサルとの契約の一部として、「サイコ」と「ヒッチコック劇場」の全ての権利と引き替えに、親会社であるMCAの役15万株を取得し、同社の3番目に大きな株主になった」などと述べられています。
なお、『サイコ』にまつわる話しをもっと映画に取り入れたらということですが、クマネズミには、この映画は『サイコ』は単なるダシ・舞台装置であって、主な焦点はヒッチコック夫妻の愛情関係の方に置かれているために、せいぜいこの程度なのかなと思いました。
Unknown (クマネズミ)
2013-04-19 07:13:28
「みいみ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、本作では、「巨匠と呼ばれた人でさえも抱える苦悩や、作品作りに懸ける情熱や駆け引き等を夫婦愛を基調に描いてあ」ると思いました。
ただ、それは「今ほど技術力の発展していない時代」だけのお話ではなく、現在のような技術力の発展した時代であっても、「苦悩」や「情熱や駆け引き」等は変わらなく存在するように思いますが。
「公私」を公然と (iina)
2013-04-20 09:49:44
ヒッチコックが、ノーカットで屋外から室内に移動するシーンを思ったりしました。

漢字の成り立ちについては、諸説あることを例をひいて説明いただきました。  m(_ _)m 礼
人は、おのずと公私が混然としています。だからといってこのことを指して「公私混同」といったのではニュアンスが微妙に異なる如くであります。
ヒッチコックは、映画監督という立場は「公」であったかかと思いますが、クマネズミさんとこうして「公私」について、公然と格子戸を立てないで論じられたことがTBの効果でした。

 
クマネズミさんの記事を拝読して、「ヒッチコック」を見たいと思うな至りました。

Unknown (ふじき78)
2013-11-09 09:00:15
ヘレン・ミレンとアンソニー・ホプキンス、『RED2』で共演するみたいなんですよね。何かお手頃な組み合わせチックだなあ。そう考えるとブルース・ウィリスのヒッチコックとか、ジョン・マルコビッチのヒッチコックとかもやればできたんじゃないか、と思う。モーガン・フリーマンのヒッチコックはちょっと無理があるけど。

吉永小百合さんには機銃操作するような役を是非ともやってもらいたいですね。水着とかは特にいいから。
Unknown (クマネズミ)
2013-11-10 07:15:45
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、現在のメイクの技術をもってすれば、アンソニー・ホプキンスでできたのですから、「ウィリスのヒッチコックとか、ジョン・マルコビッチのヒッチコックとかもやればできたんじゃないか」と思われます。特に、ブルース・ウィリスは、『ムーンライズ・キングダム』では、機関銃をぶっ放したりしない優しい保安官を演じたりしているのですから。
それに反し、吉永小百合は、なかなかこれまでの枠を抜け出すことは難しそうに思えるところ、ヘレン・ミレンができて彼女が出来ないことはないとも思えます。以前、『天国の大罪』で麻薬シンジケートと対決する女性検事の役を演じていますし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヒッチコック (あーうぃ だにぇっと)
ヒッチコック@有楽町朝日ホール。
劇場鑑賞「ヒッチコック」 (日々“是”精進! ver.F)
「サイコ」制作秘話… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304050002/ HitchcockSoundtrack Masterworks 2012-12-04売り上げランキング : 1314Amazonで詳し...
『ヒッチコック』 2013年3月14日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヒッチコック』 を試写会で鑑賞しました。 今日は『サイコ』と2本立て! 【ストーリー】  1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称される『サ...
ヒッチコック/HITCHCOCK (いい加減社長の映画日記)
作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインの物語に心を奪われた。 妻のアルマは、その陰惨なテー...
映画「ヒッチコック」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒッチコック』(公式)を昨日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1959年、映画『北北西に進路を取れ』が大ヒットし...
『ヒッチコック』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TO...
「ヒッチコック」みた。 (たいむのひとりごと)
今から25年くらい前だろうか、地元にもレンタルビデオショップというもの登場して、初めて借りたビデオが『鳥』だった。また『サイコ』はもちろんだが有名なヒッチコック作品はテレビかビデオでほとんど観ているし
映画レビュー「ヒッチコック」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ...
ヒッチコック/アンソニー・ホプキンス (カノンな日々)
サスペンスの帝王と呼ばれた巨匠アルフレッド・ヒッチコックとヒッチコックを支え続けた妻で優れた映画編集者・脚本家でもあったアルマ・レヴィルの姿を描くヒューマン・ドラマで ...
ヒッチコック~本人がサイコぽい (佐藤秀の徒然幻視録)
ピーピング・トムの神様 公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ...
映画:「ヒッチコック」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年4月6日(土)。 映画:「ヒッチコック」。 監   督: サーシャ・ガヴァシ 脚   本: ジョン・J・マクロクリン 原   作: スティーヴン・レベロ キ ャ ス ト: アルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス) アルマ・レビル(ヘレン・...
ヒッチコック/Hitchcock (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻による、 傑作「サイコ」(1960)の成功に至るまでの道のりとふたりの天才の知...
ヒッチコック (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HITCHCOCK】 2013/04/05公開 アメリカ 99分監督:サーシャ・ガヴァシ出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビール、マイケル・スタールバーグ、ジェームズ・ダーシー、マイケル・...
『ヒッチコック』 (こねたみっくす)
サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック改めアルマ・ヒッチコック。 アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『サイコ』の製作裏話というよりは、製作過程での亀裂が入りつ ...
映画『ヒッチコック』★ヒッチコック夫妻の描写が素晴らしい☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161173/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     アンソニー・ホプキンス が、ヒッチコック役ということで鑑賞しました。 アンソニーの作品は、必ず観ておきたいです...
「ヒッチコック」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・アメリカ/フォックス・サーチライト・ピクチャーズ 配給:20世紀フォックス映画 原題:Hitchcock 監督:サーシャ・ガバシ原作:スティーヴン・レベロ脚本:ジョン・J・マクローリン音楽
ヒッチコック / Hitchcock (勝手に映画評)
サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を意識した映像・演出になっています。特に、冒頭にヒッチコックその人が出てきて解説する辺...
ヒッチコック (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(P) ヒッチコック映画の金字塔『サイコ』の舞台裏は必見
「ヒッチコック(HITCHCOCK)」 と 「The Girl」 (映画の話でコーヒーブレイク)
帰りの飛行機の中で鑑賞した2作品です。 共に「サスペンス映画の神様」アルフレッド・ヒッチコックの知られざる一面を描いています。 「サスペンス映画の神様」「サスペンスの巨匠」としてそっとして置いちゃダメなの? 亡くなって30数年、今さらダークサイドを暴く必....
映画:ヒッチコック Hitchcock  キャリアのピークを迎えた時代の「サスペンスの神様」の実態とは?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ヒッチコキアンには堪らない今作。 TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑) まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。 1956  知りすぎていた男The Man Who Knew Too Much      間違えられた男 The Wrong M...
公私 (もののはじめblog)
「公」と聞いて、どんな言葉を思い出すだろうか? 「公園」「公共施設」「公告」「公立学校」というような「みんなのもの」というイメージのものが多い。 では、反対語の「私」は、どうだろうか? 「私的な考え」「私営」「私立学校」など「個人の」という意味に使うこ....
[映画『ヒッチコック』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を思い出す)。  今、ちょいと部屋の中で振り向いただけで、こんなんが容易に見つかるほど...
ヒッチコック ★★★ (パピとママ映画のblog)
「レベッカ」「白い恐怖」などサスペンス映画の神と言われる監督アルフレッド・ヒッチコック。 代表作のひとつ「サイコ」製作に挑むヒッチコックと、彼を支えた妻のアルマ・レヴィルの姿を描いた人間ドラマ。監督は「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」のサーシャ・...
ヒッチコック (Some Like It Hot)
■「ヒッチコック/Hitchcock」(2012年・アメリカ) 監督=サーシャ・ガヴァシ 主演=アンソニー・ホプキンス ヘレン・ミレン スカーレット・ヨハンソン トニ・コレット あのスリラー映画の大傑作「サイコ」誕生にまつわる舞台裏を描いた物語。僕はヒッチコッ...
「ヒッチコック」☆愛あればこそ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの、あまりにも有名な最大のヒット作「サイコ」ができるまでを追った物語。 「サイコ」の血なまぐさい事件と、一度見たら忘れられないほどの恐ろしさとは無縁の、夫婦愛に満ち満ちたラストは、思わず涙が溢れ出す。
「ヒッチコック」 (或る日の出来事)
この映画を見ると、「サイコ」の驚くべき大きな、大事なネタが、ひとつ分かってしまう。 だから「サイコ」を未見の方は、「サイコ」を見てから「ヒッチコック」を見る、という順番にしたほうがいいと思う。
サスペンスの巨匠/メイキング・オブ・サイコ~『ヒッチコック』 (真紅のthinkingdays)
 HITCHCOCK  1959年。『北北西に進路を取れ』 の大ヒットを受け、ヒッチコック(アンソ ニー・ホプキンス)は新作のアイデアを練っていた。実在のシリアル・キラーが 主人公の小説 『サ...
ヒッチコック・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
メイキング・オブ・ヒッチコック。 サスペンス映画の神と呼ばれ、映画史に燦然と輝く数多くの傑作を残しながら、華やかな映画賞とは無縁だった無冠の天才、アルフレッド・ヒッチコック。 彼の傍らには常に...
ヒッチコック (とりあえず、コメントです)
『サイコ』製作の背景を通してヒッチコックの人間像を描いたドラマです。 予告編でアンソニー・ホプキンスが別人になっていたのを観て、これは観なくちゃと思っていました。 あのインパクトのある体型の中に怒りの闇を抱えながらも自分の映画への信念を貫くヒッチコックの...
ヒッチコック (心のままに映画の風景)
1959年。 新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ...
ヒッチコック (Memoirs_of_dai)
ヒッチコックとブロンド 【Story】 1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称さ...
『ヒッチコック』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
県内警報が出て土砂降りのなか『ヒッチコック』を観てきました!? たどり着く前にひざ下はすでにビショビショ。 んな天候だもんで、公開週土曜レイトにもかかわらずガラガラ。 まぁそれほど話題作でもないので無理に濡れてまで観にくるひとも少ないか。 しかーし。ひそ...
アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン『ヒッチコック』メイキング・オブ・サイコ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ヒッチコックを公私ともに支える妻アルマとの関係と最大ヒット作である映画『サイコ』が完成に至るまでのエピソードを交えて描く『ヒッチコック』。原作はスティーヴン・レベロ著『ヒッチコック&メイキング・オブ・
ヒッチコック (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヒッチコック」監督:サーシャ・ガヴァシ(『ターミナル』)出演:アンソニー・ホプキンス(『ザ・ライト -エクソシストの真実-』『マイティ・ソー』)ヘレン・ミレン(『RED/レッ ...
あらためて ヒッチコックを!  (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の理解者である妻アルマとの関係までほころびが生じてきて・・・ 名作「サイコ」制作過程....
ヒッチコック (そーれりぽーと)
アンソニー・ホプキンス×ヘレン・ミレンで描く『ヒッチコック』を観てきました。 ★★★★★ ヒッチコック愛以上に映画愛で描く、『サイコ』が出来るまで。 ヒッチコックの人となりを知ることが出来たのもさながら、彼を支え続けた妻とのプライベート秘話まで垣間見る...
ヒッチコック (だらだら無気力ブログ!)
彼の人となりが分かって結構面白かった。
★ヒッチコック(2012)★ (Cinema Collection 2)
HITCHCOCK 神と呼ばれた男、神を創った女。 上映時間 99分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/04/05 ジャンル ドラマ/伝記 映倫 G 【解説】 巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔 「サイコ」の波乱に富ん...
「ヒッチコック」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Hitchcock」 2012 USA 1959年。映画の企画探しを初めたヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説“サイコ”に惹かれ映画にしようと思い立つ。しかし優秀なる映画編集者であり脚本家でもある妻のアルマはこの企画に難色を示す。おまけに映画会社から...
「ヒッチコック」:似てないし、ぬるいし・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ヒッチコック』で、アルフレッド・ヒッチコックを演じるのはアンソニー・ホプキ
『ヒッチコック』熟年離婚の危機を乗り越えるサスペンス!? (Healing )
ヒッチコック HITCHCOCK ★★★★4.5 天才と呼ばれた“ヒッチコック”は その妻アルマと2人で完成形 『レベッカ』『裏窓』『めまい』『鳥』・・・ 代表作をあげればキリがない “サスペンスの神”といわれたヒッチコック監督を 30年以上も支えた妻・アルマとの知られざる...
『死霊のはらわた』『ヒッチコック』を新橋文化で観て、睡魔の正体を推理だふじき★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『死霊のはらわた』 五つ星評価で【★★眠いひたすら眠い俺が悪いのか映画が悪いのか】 実は感想アップできてなかったけど、二回目。 UCT豊洲5で金曜メンバー1000円均一 ...