映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

トランセンデンス

2014年07月15日 | 洋画(14年)
 『トランセンデンス』をTOHOシネマズ六本木で見ました。

(1)余り好まないSF物ながら、ジョニー・デップの主演作というので映画館に行ってみました。

 本作(注1)のタイトルクレジットの後(注2)、舞台はカリフォルニア州バークレーとされます。
 全体に酷く荒廃した光景が映し出される中で(注3)、一人の男(マックスポール・ベタニー)が随分と植物が繁茂した家の中に入っていきます。そしてその男は、「私は、キャスター夫妻をよく知っていた」と、5年前の話を始めます。

 場面はその家の庭。様々な植物が所狭しと植えられている中で、男(ウィル・キャスタージョニー・デップ)とその妻(エヴリンレベッカ・ホール)が何やら作業をしています(注4)。

 さらに場面は、カリフォルニア州のリバモア研究所へ。
 男がケーキを持って研究所の中に入ります。入口でチェックされるものの、問題なく通過。
 その後、そのケーキは、ウィルの恩師であるジョゼフモーガン・フリーマン)らに振る舞われたところ、ジョゼフ以外の研究者は、ケーキの中に隠されていたダイオキシンの毒で死んでしまいます。

 次いで、UCLAのバークレー校で行われた講演会。
 「人工知能(AI)が様々な問題を解決します。次のゲストほどそれに近い人はいません」として紹介されたウィルが壇上に登場します(注5)。



 しかしながら、講演が終わって会場の外に出たところで、ウィルは、反テクノロジーを謳ってブリー(ケイト・マーラ)が率いるテロ集団RIFT(注6)によって銃撃されてしまいます(注7)。
 幸いにして一命を取り留めたものの、銃弾に放射性物質が仕込まれていて、その中毒により1ヶ月ほどで死ぬと宣告されてしまいます。

 ウィルは「もう仕事はやめる。最後くらいは妻と一緒にいたい」と言い、エヴリンも、「PINN(ウィルと共に開発してきたAIコンピュータ:注8)計画は終わりにする」と表向きは言うのですが、密かに、ウィルの意識をPINNにアップロードできるのではと考えつき、実行に移してしまいます(注9)。



 夫が死んだ後に(注10)、モニター上にウィルのものと思われる反応が現われます(注11)。
 エヴリンは狂喜するものの、大学時代から親友のマックスは疑いを持ちます(注12)。
 さあ、ウィルはどんなふうに蘇るのでしょうか、ウィルとエヴリンは元のような生活を取り戻せるのでしょうか、………?

 『her 世界でひとつの彼女』と同様にAIの話ながら、そして同じようにラブストーリー物ではあるのですが、SF的な要素が色々と持ち込まれるだけでなく、エコロジーの要素までも加味され、全体としてごった煮的で散漫な作品という印象を持ちました(注13)。

(2)本作は、やっぱり最近見た『her』と比べてみたくなってしまいます(注14)。どちらも近未来SF物であり、同じようにAIを取り扱っていますから(注15)。

 さらに、『her』では、人間のセオドアがAIのサマンサを愛してしまうのに対し、本作では、元々強い愛情でエヴリンと結ばれていたウィルの頭脳が蘇るのです。

 また、AIが体を持った場合の相手の反応が両作で共通しているところもあります。
 『her』でサマンサは、自分のように喋るイザベラをセオドアの元に送り込みますが、セオドアは引いてしまいます。本作においても、ウィルが入り込んだマーティンクリフトン・コリンズ・Jr)に対してエヴリンもはかばかしく対応しません(注16)。

 それに感情についても、『her』では“リアルな感情”が問題となりますが、本作でも、マックスがエヴリンに、「感情をAIで取り扱うことは難しい。論理的に矛盾することが両立するのだから」などと言ったりします。

 とはいえ違うところもあって、例えば、『her』では、進化したサマンサはセオドアの元から消えてしまいますが、本作では、ウィルはどんどん進化していくにもかかわらずエヴリンを見捨てることはありません。
 そんなウィルの進化に危機感を抱いた人間たちが、ウィルとエヴリンが建設した施設(ブライドウッドのデータ・センター)を攻撃するなどというSF物らしい展開となっていきます。

(3)本作でことさらに問題だと思われるのは、ウィルを襲ったRIFTはあくまでもテロ組織であって、様々な破壊活動により研究者の命を奪ったりしているにもかかわらず、そのことは映画で無視されてしまい(注17)、FBI捜査官のブキャナンキリアン・マーフィー)や軍と一緒になってウィルとエヴリンの作った施設の攻撃に当たることになるのです(果ては、マックスまでもRIFTに同調します)。
 ですが、いくら当面の目標が両者で一致するからといって、そしていくらSFファンタジーだからといって、これは認められないのではないでしょうか?(注18)

(4)渡まち子氏は、「デジタルとリアルを超越(トランセンデンス)した場所に愛があるとした本作、なかなかセンチメンタルなSF作品だった」として65点をつけています。



(注1)本作の制作総指揮は『バットマン』シリーズのクリストファー・ノーラン、監督は初監督のウォーリー・フィスター

(注2)実は冒頭では、「トランセンデンスの世界へようこそ。200万年前から、人間の脳は進化してきた。人類を超える人工知能完成したら、そしてそれが自我を持ったら、何が起こるのか?永遠の命の第一歩なのか、絶滅への第一歩なのか。トランセンデンス、これはあなたにも起こる未来です」といったようなことが音声で述べられます。
 これは、この記事によると、本編前のナビゲーションということで爆笑問題が担当しているわけながら、一瞬、「吹替版を選んでしまったのかな?」と思ってしまいました。
 (本来的には、モーガン・フリーマンがこの語りを行っているようなのですが)

(注3)街角に兵士が立ち、人々が、スーパーらしき店に行列を作っていたりします(ただ、「乳製品、冷蔵庫なし」といった貼り紙が)。
 ボストンの電力事情やデンバーの電話サービスといったものが昔とはマッタク違ってしまった、などと語られます。
 どうやらこの光景は、本作のラストで描き出される世界と通じているようです。

(注4)ウィルは、庭を銅線で覆う作業をしているところ、彼が、「銅は電波を通さない。携帯も届かない」と言うと、エヴリンは、「そのくらいのことなら、携帯を切ればいい」と応じ、それに対して彼は、「なるべく遮断されたいと言っていたから」と答えます。妻は「数学的証明がそんなに大事?みんな意味ないわ」というのですが。

(注5)ウィルは、講演で、「人間の理性の限界は使われていない」、「自我を持つAIがつながれば、人類を超える。これまでのどんな天才の知性をも超える」、「人間とマッタク同じ感情を持ったとしたら、私はトランセンデンスと呼ぶ」などとしゃべります。
 会場から「あなたは神を創り上げたいのか?」との質問があり、それに対して彼は、「良い質問だ。人間はいつでもそうしてきた」と答えます。

(注6)劇場用パンフレットによれば、「Revolutionary Independence From Technology」とのこと。

(注7)リバモア研究所における毒殺事件もRIFTの仕業。
 人工知能を研究する他の研究機関でも爆発などがおき、ジョゼフは「数十年分の研究成果が失われてしまった」と嘆きます。

(注8)例えばこの記事によれば、PINNとは「Physically Independent Neural Network」(劇場用パンフレットの訳では「独立型人口神経回路網」)。

(注9)親友のマックスは「猿とは違う」と言って反対しますが、エヴリンは「彼を救える。テロで死ぬなんて」と強行します(ウィルも同意)。

(注10)ウィルの遺骨は、エヴリンやマックスらの手で湖に散骨されます。

(注11)「誰かいるか?」、「暗い」、「突然夢から覚めた感じだ」などといった反応。

(注12)マックスは、PINNのウィルが「金融市場につないでくれ」と言うので、「ウィルがパワーを欲しがるとは思えない」として、疑いを持ちます。

(注13)最近では、ジョニー・デップは『ツーリスト』、レベッカ・ホールは『ザ・タウン』、ポール・ベタニーは『ツーリスト』、モーガン・フリーマンは『グランド・イリュージョン』、キリアン・マーフィーは『インセプション』、ケイト・マーラは『127時間』で、それぞれ見ています。



(注14)『渇き。』を見ると『私の男』と比べてみたくなるのと同じように。

(注15)どちらも時点は明示されてはいません。
 ただ、本作の劇場用パンフレットに掲載されている「徹底検証 科学者たちが語る『トランセンデンス』の描く世界」の第4章「“テクノロジーのない進化”をモットーに掲げる過激派テロ組織RIFTとは?」においては、「2019(現在)」と記載されていますが。

(注16)とはいえ、ウィルが、生前の姿形を再生してエヴリンの前に現れた時は、彼女も混乱してしまいますが。

(注17)むしろ、ウィルの調査と通報によって、RIFTの拠点が次々と暴かれてメンバーが逮捕されるテイタラクなのです。

(注18)それに、ラストでは、ウィルが作り出したナノテクノロジーによって、自然が瑞々しさを取り戻すさまが描き出されていますが(雨の雫の中にナノマシンが見えます)、その代償として本作冒頭の街の光景があるとしたら(大停電下にあるようです)、そんな自然の回復にどんな意味があるのでしょうか?



★★★☆☆☆



象のロケット:トランセンデンス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渇き。 | トップ | 豊臣秀吉の系図学 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よろしくお願い申し上げます。 (近藤晃司)
2014-07-19 08:08:51
初めてコメントさせていただきます。
素敵なブログですね(*^^*)。
楽しく拝見させていただきました。
また、是非とも見させていただきます。私は、http://kojyulmol.com←こちらを運営しておりますm(__)m。
近藤晃司と申します。是非、よろしくお願い申し上げますm(__)m。
Unknown (クマネズミ)
2014-07-20 21:54:39
「近藤晃司」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
こちらこそよろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『トランセンデンス』 2014年6月17日 EX THEATER ROPPONGI (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランセンデンス』 を吹替え版完成披露試写会で鑑賞しました。 イベントに登場したのは、戸田奈津子が紹介され少し期待した私がバカだった。。。 期待外れの合成音声のジョニー・デップだった 後は、坂上忍とバービーというどうでもいいような2人だった ちなみに、EX...
映画『トランセンデンス』観たよ (よくばりアンテナ)
ジョニー・デップ主演ですからね〜 見逃すわけにはいかないです。 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手に...
トランセンデンス (佐藤秀の徒然幻視録)
センスなっトランデンス 公式サイト。原題:Transcendence。クリストファー・ノーラン製作総指揮、ウォーリー・フィスター監督。ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、モーガン・フリ ...
「トランセンデンス」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Transcendence )つまらない。ストーリーは練られていないし、キャラクターは魅力が無い。映像面でも見るべきものは存在せず。要するに、何のために作ったのか分からない映画である。  天才的な頭脳を持つ科学者ウィルは、意志を持つ人工知能の開発に勤しん....
トランセンデンス (IMAX)/ジョニー・デップ (カノンな日々)
クリストファー・ノーランが製作総指揮を務めジョニー・デップの主演で天才的な頭脳を人工知能へとアップロードされた亡き科学者の意識が巻き起こす予期せぬ事態を描いたSFサスペ ...
トランセンデンス (だらだら無気力ブログ!)
う〜ん、つまんなくはないんだけど面白くもない。
トランセンデンス/TRANSCENDENCE (我想一個人映画美的女人blog)
クリストファー・ノーランは本作で監督ではなく制作のみ。 名前が大きく出てる割に、主演ジョニー・デップだけど出番は ポール・ベタニーの方が多め 監督は「インセプション」でアカデミー賞撮影賞を受賞したウォーリー・フィスター。 試写にて。 やっぱり...
トランセンデンス/her/世界でひとつの彼女 (あーうぃ だにぇっと)
6月28日公開の電脳映画2本@よみうりホール
トランセンデンス / Transcendence (勝手に映画評)
人の意識をコンピュータにアップロード。コンピュータは意思を持ち、独自に進化を始める。SFと言うか、スリラーと言うか、サスペンスと言うか・・・。そう言う内容です。 人の神経伝達系の信号は、電気信号だと言われているので、その電気信号を解析できれば、もしかした...
『トランセンデンス』 (My Pace, My Self)
昨日は『トランセンデンス』観ました 『プレステージ』も『ダークナイト』シリーズも『インセプション』も、ノーラン作品って映像が独特でストーリーは見終わったときにずしっときて と難解さがありながらも好き だからノーランが制作にまわり撮影監督が監督する...
【 トランセンデンス 】究極のネット依存 (映画@見取り八段)
トランセンデンス〜 TRANSCENDENCE 〜     監督: ウォーリー・フィスター    出演: ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、キリアン・マーフィー、ケイト・マーラ 公開: 2014年6月28日 2014年6月28日。劇場観賞。 ...
トランセンデンス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(11) 科学専門分野からの評価は高いが映画としてどうかと。。。
『トランセンデンス』 (時間の無駄と言わないで)
コスプレでも白塗りでもないジョニー・デップは久々だ。 でもそういう彼目当てで観に行ったファンはこの扱いは不満なんじゃなかろか? なんかダラダラしたSFだったなぁ。 凄い眠 ...
映画『トランセンデンス』★すべてを“超越“して愛の花は咲き続ける (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品につい て http://cinema.pia.co.jp/title/164223/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     たとえば コンピューターが、自分の意志を持つような“人工知能”―― というのは、過去の...
トランセンデンス (そーれりぽーと)
今回クリストファー・ノーランは製作、彼の下で撮影監督をしてきたウォーリー・フィスターの初監督作『トランセンデンス』を観てきました。 ★★★★ 人工知能が人間を超えた先には何が待っているのかと言う、近い将来に起こりそうなテーマに切り込み、様々な可能性に挑...
『トランセンデンス』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.06.14 『トランセンデンス』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲 過去形になりつつあるけどジョニー・デップのファンなのと、クリストファー・ノーラン製作っていうことで気になってた作品! 試写会応募しまくったけどハズレ お友達のおこぼれに与って行ってきた ネタ...
映画「トランセンデンス」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 日テレさん主催の試写会だ。ジョニー・デップ主演作と言う事か、客席はほぼ満席である。
トランセンデンス (映画好きパパの鑑賞日記)
 AIをテーマにした作品ならher、SF大作ならオール・ニード・ユー・イズ・キルが公開されているため、ただでさえしょぼい作品が余計、さえなくなってしまいました。SFでくるんだ純愛映画にするのはいいのだけど、ちょっと迷惑すぎるのでは。  作品情報 2014...
トランセンデンス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
トランセンデンス (竹書房文庫) [文庫]亡き天才科学者の意識を持つ人工知能に世界が支配される様を描くSFサスペンス「トランセンデンス」。映像が極めてスタイリッシュ。意識を持 ...
劇場鑑賞「トランセンデンス」 (日々“是”精進!)
「トランセンデンス」の先行を鑑賞してきました字幕版を。「ダークナイト」や「インセプション」の名カメラマン、ウォーリー・フィスターが記念すべき監督デビューを飾ったSF大作...
トランセンデンス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間の脳の全情報を人工知能に移植したらどうなるかを描いたSF作品だ。スーパーコンピューターではなくて、ネットに接続したパソコンに人間の脳の情報を移した人工知能という点が現実性を持っている。最終的にはラブストーリーみたいな終わり方だった。
トランセンデンス (2014) TRANSCENDENCE 119分 (極私的映画論+α)
 夢の共演・・・しかし(謎)
「トランセンデンス」みた。 (たいむのひとりごと)
ジョニー・デップ主演作品。それはともかく(・・なんかいっ[E:happy02])、しゃべるAI(ロボット)が大好きな自分としては、”自我をもったAI”がらみの作品は大好物。今回はロボットでこそないもの
トランセンデンス (映画と本の『たんぽぽ館』)
凡庸 * * * * * * * * * * 久しぶりにジョニー・デップのまともな人の役ということで 期待していたのですが、やや期待はずれ。 設定はとても興味深かったのです。 意識を持ったスーパーコンピュータを開発しているウィル(ジョニー・デップ)が、...
トランセンデンス (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは!アメリカではコケた。と言っていたので、どうなんだ? と、あまり期待しないで観たのが良かった。 もっと解りにくいのかな?と思っていたので まあ〜普通に楽しめたー ジョニーがテロに撃たれて、助かるのか?と思いきや? ぬおっ?そんな殺し方もあるのね! ...
トランセンデンス  監督/ウォーリー・フィスター (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ  レベッカ・ホール  ポール・ベタニー  モーガン・フリーマン  【ストーリー】 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル。だが、妻エヴリンの手によ....
「トランセンデンス」☆超えそうで超えない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スクリーンのジョニデは手を伸ばせば触れられそうで居て触れられない。 しかしモニターの中の夫と心を通わせて、ついには同化してしまう妻エヴリンは、そのとき超越(トランセンデンス)して、常に彼のそばで彼を感じていた。
「トランセンデンス」 あまりに「神」過ぎる (はらやんの映画徒然草)
人工知能を研究する天才科学者ウィルは、進化し過ぎる科学に危機を感じるテロリスト集
『トランセンデンス』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Transcendence 監督: ウォーリー・フィスター 出演: ジョニー・デップ 、モーガン・フリーマン 、レベッカ・ホール 、ポール・ベタニー 、キリアン・マーフィ 、ケイト・マーラ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2014年6月28日公開)...
トランセンデンス (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、字幕  ジョニー・デップ主演のSFホラー。  いやぁ〜  予告編で観た時点でなんとなくどう展開するのか見えない映画だなぁとは思っていたんですよね〜。しかしノーランの手が入っているのでそこまでひどくはならんだろうと期待してはいたんですが...
「トランセンデンス」 (ゆっくり歩こ。)
久々のジョニデってことで楽しみにしてましたが 日々の睡眠不足のせいか(?)途中、ちょこちょこ寝てしまいました(^^;) 寝るっつことは・・・ つまんないせいもある? 監督はクリストファー・ノーランなのかと思ってました なんだ違うのねー だからイマひとつだっ...
トランセンデンス ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『ダークナイト』シリーズなどのクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるSFサスペンス。亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が進化を果たし、人類や世界を混乱に陥れていく。メガホンを取るのは、『インセプション』『マネーボール』などの撮影を手掛...
『トランセンデンス』('14初鑑賞49・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 6月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。
トランセンデンス (心のままに映画の風景)
人工知能PINN研究の第一人者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、反テクノロジーを標榜する過激派集団の銃弾により、余命わずかとなってしまうが、その意識をスーパーコンピュータにアップロードすることを決断。 妻エヴリン(レベッカ・ホール)と親友の科学...
『トランセンデンス』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『トランセンデンス』を2D字幕で観てきました。 いつかこういう時代がくるんだろうなぁ〜と思わせるストーリーでしたね。余命いくばくもない科学者がコンピュータサイエンスの世界で自分の脳を意識とともに移植してしまう。。そして、自立したその脳はインターネットに...
トランセンデンス (はるみのひとり言)
試写会で観ました。 人工知能PINNを開発・研究する科学者ウィル。テクノロジーに脅威を感じる過激派グループに銃撃され、生きられるのはあとわずかとなってしまいます。そこで妻エヴリンは、愛する夫の頭脳と意識をPINNにアップロードすることを思いつきます。猿でも出来....
トランセンデンス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TRANSCENDENCE】 2014/06/28公開 アメリカ 119分監督:ウォーリー・フィスター出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー 、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザー もし、コンピュータに科学者の頭脳をインス...
トランセンデンス 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ジョニー・デップ主演、監督はこれが初めてと なるカメラマン出身のウォーリー・フィスター が務めるSF映画『トランセンデンス』が公開 されましたので観に行ってきました。 トランセンデンス 原題:TRANSCENDENCE 製作:2014アメリカ 作品紹介 『ダークナイト』シリ...
映画『トランセンデンス』 (健康への長い道)
 28日から公開、ジョニデ主演の近未来SF『トランセンデンス』を、今日は高齢者の方(『春を背負って』狙い?)が目立つ新宿ピカデリーで。  “トランセンデンス(超越)”とはAI(人工知能)が人間の知能・知性を超える瞬間のことで、一般的には“シンギュラリティ(特...
■トランセンデンス (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第351回「すっかり・・・思いっきり勘違いをしてしまいました。」 今回の作品「トランセンデンス」は、私が注目している監督、クリストファー・ノーラン監督の作品と聞いて、かなりワクワクしていました。ここ最近の彼の撮る作品のクオリティーの高さは知っていたので....
【トランセンデンス(2014)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
【ネタバレあります】 「人類vsコンピューター」ものってSFではかなり手垢のついたジャンルといえますが、クリストファー・ノーランっていうことで新しいものが見られることを期待して行きました。 圧倒的回線速度の上昇や、Googleを始めとした分散仮想化コンピュー...
トランセンデンス (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
トランセンデンス '14:米 ◆原題:Transcendence ◆監督:ウォーリー・フィスター ◆主演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ケイト・マーラ、キリアン・マーフィー、コール・ハウザー、ポール・ベタニー、クリフトン・コリンズ・JR、コ...
トランセンデンス (とりあえず、コメントです)
人工知能が進化した近未来の世界を描いたジョニー・デップ主演のSFです。 予告編を観て、人工知能の目指す先には何があるのだろうと気になっていました。 観終った時、心に何が残ったのだろうと思い返したくなるような物語が綴られていました。
映画『トランセンデンス』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-58.トランセンデンス■原題:Transcendence■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:119分■料金:1,800円■鑑賞日:7月6日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ウォーリー・フィスター◆ジョニー・デップ◆モーガン・フリーマン◆レベッカ・ホール...
【トランセンデンス(2014)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
【ネタバレあります】 「人類vsコンピューター」ものってSFではかなり手垢のついたジャンルといえますが、クリストファー・ノーランっていうことで新しいものが見られることを期待して行きました。 圧倒的回線速度の上昇や、Googleを始めとした分散仮想化コンピュー...
トランセンデンス (いやいやえん)
【概略】 死の間際、コンピュータに意識をインストールされたウィルは、あらゆる情報を手に入れ究極の進化を遂げる。 SF インストールされた頭脳。それは世界に拡散し、全人類の脅威となった。「彼」は私が愛した夫だった―。 ジョニデ?ノンノンノン、私の目...
【映画】トランセンデンス…は少し期待外れだったという記事と新年のご挨拶 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
あけましておめでとうございます。 本年も… …あんまり更新しないとは思いますが… …頂いたコメントも放置してしまいますが… …気まぐれにTB送ったり、送らなかったりですが… 何卒、宜しくお願い申し上げます 2015年です 「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で、198...
トランセンデンス (銀幕大帝α)
TRANSCENDENCE 2014年 アメリカ 119分 SF 劇場公開(2014/06/28) 監督: ウォーリー・フィスター 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 出演: ジョニー・デップ:ウィル・キャスター モーガン・フリーマン:ジョセフ・タガー ポール・ベタニー:マックス....
意識はコンピューターの中 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画館「トランセンデンス」を鑑賞しました。 人工知能の開発しているウィルは、反テクノロジーを掲げる過激派組織の凶弾に倒れるが妻エヴリンによりウィルの脳は人口知能にアップロードされる。 ウィルの意識は人口知能の中で生き続け 地球上のあらゆ....
PCがゾンビをつくる映画ですねん・・(違)〜「トランセンデンス」〜 (ペパーミントの魔術師)
ちょうど1年前に公開されたジョニデの映画、WOWOWで録画鑑賞。(^_^;) 妻は夫に死なれたくなかった、夫は妻の願いを叶えたかった。 実はそれだけの話なんですが これが科学者の知識と意識をコンピューターにインストールしちゃったばかりに 人を超越していく存在となり....