映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

her 世界でひとつの彼女

2014年07月08日 | 洋画(14年)
 『her 世界でひとつの彼女』をシネマライズで見てきました。

(1)アカデミー賞脚本賞を獲得した作品ということで映画館に行ってきました(注1)。

 本作(注2)の舞台は、近未来のロスアンジェルス(注3)。
 主人公セオドアホアキン・フェニックス)は、本人に代わってメールを送る代筆業を営む会社に勤務。
 幼馴染で結婚したキャサリンルーニー・マーラ)と折り合いが悪くなって離婚調停中で別居中ながらも、彼女との思い出に浸りきっています(注4)。
 チャットをしても鬱な気分の晴れないセオドアは、「AI型OS」のことを知って家でアクセス。
 最初にいくつかの質問(注5)に答えると、パソコンでそのOSが起動し、女性の声(スカーレット・ヨハンソン)で「ハロー!お元気?お会いできて嬉しい」と言ってきます。
 セオドアが「名前は?」と尋ねると、「サマンサ」と答え、さらに彼が「どうやってつけたの?」と訊くと、「本に書かれている18万の名前の中から音が一番好きなのを今選んだ」と応じます。
 また、彼女が「自分は、基本的には直観で作動するが、経験から学んでどんどん進化している」と言うのに対して、セオドアが「それは奇妙だ(weird)」と感想を述べると、彼女は「非人口知能の理解力はその程度」と答えたりします。

 酷く興味を覚えたセオドアは、サマンサをインストールした携帯端末を胸ポケットに入れて外出したりしますが、「沢山のメールが保存されてるが、必要な物は86件だけ」とか「あと5分でミーティング」などと言ってくれたりするので、たちまち彼女は、セオドアの仕事とか日常の営みに無くてはならない存在に。



 そんな時に、セオドアは、大学時代の彼女で同じマンションに住むエイミーエイミー・アダムス)が夫と別れたと聞きます(注6)。



 さあ、セオドアとサマンサ、そしてエイミーとの関係はどのようになっていくのでしょうか、………?

 本作は、離婚調停中の主人公が、どんどん進化する「AI型OS」のとの会話を通じて心の空洞を埋めていくというとても優れた近未来SFながらも、そんなソフトならその内に開発されそうな感じがしますから(注7)、かなりリアルな印象を受けてしまいます。とはいえ、数千人の相手を処理できる能力を持っているとされるサマンサを、受け入れることはとても難しい気がしますが。

 俳優陣については、主演のホアキン・フェニックスにしてもエイミー・アダムスにしても、このところよく見かけるところ、この人ならではの抜群の演技力を示していますし、声でしか登場しないスカーレット・ヨハンソンは、ローマ国際映画祭(注8)で最優秀女優賞を受賞するのもなるほどと思える見事さです(注9)。

(2)セオドアは、女性とのデート(注10)に失敗して家に戻ってきて、サマンサに「もう無理だ。新しい感情はもう湧かないんだ。既に味わった感情の劣化版でしかない」と言うと、サマンサは「あなたの感情はリアルよ。私も、あなたのことを心配したり、傷ついたりするけど、これってリアルな感情?そうじゃなくて単なるプログラミング?」と応じ、それに対してセオドアが「僕にとって君はリアルだよ」と答えます(注11)。

 続いて、セオドアは、離婚手続きを進めるためにキャサリンと会います。



 その際、キャサリンが「彼女は?」と尋ねると、セオドアは「いるよ、ここ2、3ヵ月。人生にときめいている」と言ってOSであるサマンサのことを打ち明けてしまいます。するとキャサリンは、「コンピュータとデートしているって!あなたがリアルな感情に向き合えないとわかって悲しくなる。あなたは、リアルな事柄に挑戦しようとする妻を好まなかったんだ」と怒りだしてしまいます。

 ここらあたりは、AIの反応はリアルなものといえるのかどうか(単にプログラミングされたものにすぎないのではないか)、そしてAIは感情を持つことができるのかどうか、など酷くセンシティブな問題が絡まっている感じがします。

 感情を持つという点からすると、インド映画『ロボット』を思い出します(注12)。
 その映画で主人公のバシー博士は、善悪の判断が出来る感情を持ったロボットの開発に成功するものの、あろうことかこのロボットは、バシー博士の恋人サナを愛してしまうのです。
 AIにとって感情はやはり難問のように思えるところです。

 そして、ここまでくると、サマンサは、『ロボット』に出てくるロボットのように、どうして体を持たないのだろうか、と思えてきます(注13)。
 特に、日本は「パワーアシスト技術で世界をリードする」等と言われていて(14注)、人間に類似する体躯を持ったロボットが生身の人間にように動きまわるのを見る日もそう遠くないのではと思えるものですから(注15)。

(3)渡まち子氏は、「近未来を舞台にした作品なのに、驚くほど真実味にあふれた物語だ」として80点をつけています。
 前田有一氏は、「なるほど、OSと人間などといってはいるが、要するにこの極端なストーリーは、そのじつ普通の男女がたどる物語そのもの」などとして70点をつけています。
 相木悟氏は、「“AI(人工知能)と人間との恋愛モノ”と聞くと一発ネタに思われるが、さにあらず。誠実に心をうつラブ・ストーリーであった」と述べています。



(注1)今年の第86回アカデミー賞関係の映画として注目してきたものの最後になりました。
 今年は、作品賞にノミネートされた映画は全部見ようと思っていましたが、結局は、作品賞のみならず、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、脚色賞、美術賞、編集賞にノミネートされた映画を全て見たことになります(と言っても、重複するものがかなりあるからにすぎませんが)。
 逆に、ノミネートされていながらも見ていない作品がいろいろとあることから、クマネズミの見ている映画の傾向がわかるというものです(『ホビット』とか『グランド・マスター』などは見ておりません)。
 なお、今回のアカデミー賞にノミネートされた作品のタイトルはこのサイトに掲載されています。

(注2)監督は、『脳内ニューヨーク』をプロデュースしたスパイク・ジョーンズ
 なお、彼が制作した約30分の『I’m Here』はYouTubeで見ることが出来ます。
 また、彼は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』にも出演しています(ペニー株を取り扱う田舎のしがない証券会社社長の役で)。

 ところで、タイトルの「her」ですが(常識的にはサマンサを指しているのでしょう)、日本語ならば「彼女」になるところ、それを邦題にしなかったのは、「彼女」の英訳は「she」とされているからではないかと思われます。
 この辺りのことについて、スパイク・ジョーンズ監督が日本で行った記者会見の記事において、次のように書かれています。
 「なぜタイトルが「she」ではなく「her」なのか”という質問は、日本に来て他の人にも聞かれたという。ジョーンズ監督はその理由について「herは sheよりも親密な感じがするんです。セオドアの心の中、彼の視点で描かれているこの物語にはこの方がぴったりだと思いました」と話した」。
 おそらくは、このサイトの記事にあるように、「she」では堅苦しすぎ、口語的な「her」を使ったということではないでしょうか?

(注3)劇場用パンフレット掲載の「Production Note」によれば、監督は「具体的に何年先の時代かは断定されていない」と言っています。

(注4)離婚に同意して1年経つものの、セオドアは離婚届にまだ署名をしていないのです。

(注5)例えば、「社交的(social)ですか?」、「声は男性のものと女性のものがありますが?」、「母親との関係はどんなもの?」。

(注6)そのエイミーが、PCに夫の残していった「OS」と友達になったと言うので、セオドアも、OSのサマンサに恋していると答えると、エイミーは、「恋に落ちた人は奇人だし、恋ってクレイジーなものよ」と理解してくれます。

(注7)なにしろ先月5日には、ソフトバンクが、最新の音声認識技術や人の感情を推定する感情認識機能を搭載し、自らの意思で動く世界初のロボット「Pepper」を発表したくらいなのですから(この記事)!

(注8)同映画祭については、このサイトの記事を参照。
 なお、その記事によれば、監督賞は日本の黒沢清(『Seventh Code』)が受賞(『もらとりあむタマ子』についての拙エントリの「注5」で、ちょっと触れています)。

(注9)最近では、主演のホアキン・フェニックスは『エヴァの告白』、エイミー・アダムスは『アメリカン・ハッスル』、ルーニー・マーラは『ソーシャル・ネットワーク』、オリヴィア・ワイルドは『ラッシュ/プライドと友情』、スカーレト・ヨハンソンは『ヒッチコック』でそれぞれ見ました。

(注10)あるとき、セオドアの友人が紹介してくれた女性(オリヴィア・ワイルド)とのデートについて、サマンサは世話を焼いてくれます(デートの場所を予約するなど)。

(注11)ここらあたりからセオドアとサマンサの感情が高ぶってきて、ついには二人が「全身であなたを感じる」と言うに至ります。

(注12)それと、上記「注7」で触れた「Pepper」は、「表情と声からその人の感情を察する最新のテクノロジー(感情認識機能)が備わってい」るとされています。ただ、これは、対する人間の感情を推測するだけで、ロボット自ら「感情」を持つわけではなさそうです。

(注13)サマンサも、セオドアに「君がここにいたらいいのに!抱きしめて、君に触りたいよ」と言われて気にしていて、イザベラ(若い女性ですが、イヤホンと付け黒子によってサマンサが考えているとおりにサマンサの声で話します)をセオドアの元に送り込みますが、セオドアは引いてしまいうまくいきませんでした。

(注14)6月25日放映のNHKTV番組「クローズアップ現代:“パワーアシスト”が社会を変える」から(同番組の内容についてはこのサイトの記事でその概要が分かります)。

(注15)さらには、映画『ロボジー』に関する拙エントリの(3)で触れました大阪大学大学院教授の石黒浩氏(「人間酷似型ロボット研究の第一人者」)も各方面で活躍されています(この記事を参照)!



★★★★☆☆



象のロケット:her 世界でひとつの彼女
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の、息子 | トップ | 渇き。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-12-06 10:45:48
sheとherについて思った事

「なんで she じゃなく her にしたのてすか?」
「はぁあ!?」

ちゃんちゃん
Unknown (クマネズミ)
2014-12-07 06:08:54
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
秀逸なコントのコメントですね!
(ただ、アメリカ人にはどこが面白いのかわからないでしょうが)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スパイク・ジョーンズ監督『her/世界て?ひとつの彼女』ホアキン・フェニックス、スカーレット・ヨハンソン、ルーニー・マーラ、エイミ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。(そして、この記事はアップデートされるサマンサのように加筆、訂正ありです)『her/世界て?ひとつの彼女』(her)スパイク・ジョーンズ監督ホアキン・フェニックス、スカ
トランセンデンス/her/世界でひとつの彼女 (あーうぃ だにぇっと)
6月28日公開の電脳映画2本@よみうりホール
「her/世界でひとつの彼女」 人生にときめくAIは愛の夢を見るの♪  (天邪鬼みーすけの映画な日々)
「her/世界でひとつの彼女」 (2013)アメリカ 原題/ 監督/スパイク・ジョーンズ 出演/ホアキン・フェニックス  スカーレット・ヨハンソン(声) エイミー・アダムス ルーニー・マーラー 他 そう遠くない未来のロサンゼルス。 手紙の代筆業屋で働...
her/世界でひとつの彼女~奥様はOS (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Her。スパイク・ジョーンズ監督。ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド、クリス・プラット、マット・レッシャ ...
her/世界でひとつの彼女 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
her/世界でひとつの彼女(スパイク・ジョーンズ監督) [DVD] [DVD]魅力的な人工知能と孤独な男の恋を繊細に描く「her/世界でひとつの彼女」。ハイセンスな映像と深い洞察力に満ちたユニー ...
『her -世界でひとつの彼女-』 2014年6月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『her -世界でひとつの彼女-』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画だったし、SEXYな映画だったし、切ない内容だったけど良かった 【ストーリー】  近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に代わって思いのたけを手紙にしたためる代...
『her 世界でひとつの彼女』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「her 世界でひとつの彼女」□監督・脚本: スパイク・ジョーンズ □キャスト ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド        スカーレット・ヨハンソン(声)■鑑賞日 6月29日...
her/世界でひとつの彼女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) AI(人工知能)を題材にしたSF映画であるけど、庶民的内容に
her 世界でひとつの彼女/HER (我想一個人映画美的女人blog)
「マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」「I'm here」の スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けた近未来ラブストーリー 今年いちばんくらいに楽しみにしてた、久々のスパイク・ジョーンズ監督&脚本作。 アカデミー賞作品賞ほか5部....
her 世界でひとつの彼女 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞her 世界でひとつの彼女/HER 2013年/アメリカ/126分 監督: スパイク・ジョーンズ 出演: ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド 声の出演: スカーレット・ヨハンソン 公式サイト 公開: 201...
her 世界でひとつの彼女 (映画好きパパの鑑賞日記)
 二次元に恋をするというのは日本だけの現象かと思いきや、アメリカでも一緒なのですねえ。もう少しITが進化したら、本当にこういう世界が来そうで、なんとなく怖い気もします。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:スパイク・ジョーンズ 出演:ホアキン・フェ...
『her/世界でひとつの彼女』 (2013) (相木悟の映画評)
異端の形で真っ当な恋愛成長を説く上質作! “AI(人工知能)と人間との恋愛モノ”と聞くと一発ネタに思われるが、さにあらず。誠実に心をうつラブ・ストーリーであった。 本作は、『マルコヴィッチの穴』(99)、『アダプテーション』(02)、『アイム・ヒア』(...
映画:her/世界でひとつの彼女 次の一手がいつも読めない スパイク・ジョーンズ新作は、期待以上の出来! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
期待の一作。 スパイク・ジョーンズの前作「かいじゅうたちのいるところ」は、かな~り 印象的だったので。 子供の「心」の揺らぎ、を的確に描いていて、その痛みが突き刺さって仕方なかったのだ! このためその年のベスト10(2010年)でも 3位(上期ではトップ....
her/世界でひとつの彼女 (♪HAVE A NICE DAY♪)
この作品、じみ~~~に楽しみにしてました。 映像は赤・オレンジ系で綺麗でしたが んん~~切ない寂しい感が出てましたね~ ストーリーはよく出来てると思いました。 コンピューターやら色々な物が進化し続けるこの時代 この作品観ても、わあ~凄い!と思いながら、....
「her/世界でひとつの彼女」 (或る日の出来事)
かなり、きました。ナケマシタ。
her 世界でひとつの彼女 (to Heart)
原題 HER 製作年度 2013年 上映時間 126分 脚本:監督 スパイク・ジョーンズ 出演 ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド/クリス・プラット/スカーレット・ヨハンソン 人工知能型OSの声に惹かれる主人公と、生身の女性よりも...
her 世界でひとつの彼女 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。題名の印象から感動物なのかなと思っていました。"AIとの恋”に人間じゃなくてロボットなの・・・と思ってたら OSだったんだ。遠くない未来のロサンゼルスが舞台で、妻と離婚し寂しく暮らしてたセオドアは人工知能型OSサマンサに出会いま...
「her 世界でひとつの彼女」 みた。 (たいむのひとりごと)
第86回アカデミー賞脚本賞の受賞作品。「人間と人工知能との恋」を描いた作品なのだけど、人工知能:サマンサとしてスカーレット・ヨハンソンが声だけ出演してところも注目ポイント。・・で、声だけだとあのハスキ
her/世界でひとつの彼女・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ミステリアスな、心のありか。 面白いとか感動するとか言うよりも、非常に興味深い映画である。 斜に構えた独特のスタイルを持つ、スパイク・ジョーンズ監督によるユニークなラブストーリー。 コンピュータが感情を持った近未来、結婚に失敗して孤独を募らせた主人公...
 (大江戸時夫の東京温度)
映画『her 世界でひとつの彼女』
『her/世界でひとつの彼女』 FOMO症候群の私たちへ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  東京ディズニーリゾートを訪れたときのことだ。  例によってアトラクションは長蛇の列で、数十分にわたり見知らぬ人の後ろをのろのろ歩かねばならなかった。  私の前には高校生らしい女の子の二人連れがいた。図らずも私は彼女たちの言動を何...
her/世界でひとつの彼女 (とりあえず、コメントです)
今年のアカデミー賞で脚本賞を受賞したスパイク・ジョーンズ監督のラブストーリーです。 パソコンのOSと恋をするってどういうこと!?と気になっていました。 ホアキン・フェニックスの演じる主人公と、声だけの出演のスカーレット・ヨハンソンの織り成す物語は、 予想以...
her 世界でひとつの彼女 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アカデミー賞脚本賞を受賞し、数々の賞に受賞 やノミネートをされた話題のラブストーリー、 『her 世界でひとつの彼女』が公開されました ので観に行ってきました、同時期には同じくAIを 題材にした映画『トランセンデンス』も公開 されており、そちらとの比較も興味深い...
恋するOS~『her/世界でひとつの彼女』 (真紅のthinkingdays)
 her  "Hello,I'm Samantha."  手紙の代筆を生業とするセオドア(ホアキン・フェニックス)は、別居中の妻 (ルーニー・マーラ)との離婚に踏み切れずにいた。街で見かけた新しいソフ トウェア 「OS1」 をインストールしたセオドアは、「サマ...
『her/世界でひとつの彼女』 (こねたみっくす)
ラブレターのようなステキな恋の映画。スパイク・ジョーンズ監督のロマンチストぶりに酔いしれてしまいます。 子供心をベースに大人の様々な感情をトッピングする名手が人口知能 ...
her/世界でひとつの彼女 (単館系)
her/世界でひとつの彼女 ヒューマントラストシネマ有楽町 6/28公開。 近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に 代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。 長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・...
her/世界でひとつの彼女 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『かいじゅうたちのいるところ』などの鬼才スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けたSFラブストーリー。人工知能型OSの声に惹(ひ)かれる主人公と、生身の女性よりも魅力的なシステムとの恋のてん末を描く。『ザ・マスター』などのホアキン・フェニックスが主演を務め...
劇場鑑賞「her 世界でひとつの彼女」 (日々“是”精進! ver.F)
OSと純愛… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409270000/ ★枚数限定ポスター★【ホアキン・フェニックス】her 世界でひとつの彼女 映画ポスター [DS]価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならいつで...
映画『her/世界でひとつの彼女』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
14-57.her/世界でひとつの彼女■原題:Her■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:120分■料金:1,800円■鑑賞日:7月5日、ヒューマントラストシネマ有楽町(有楽町) □監督・脚本:スパイク・ジョーンズ◆ホアキン・フェニックス◆エイミー・アダム...
『her 世界でひとつの彼女』『ルビー・スパークス』をギンレイホールで観て、バーチャルな恋人括りやねんなふじき★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『her 世界でひとつの彼女』 五つ星評価で【★★こんな「人生ふられ節」みたいな映画好きかって言われても……】 スパイク・ジョーンズのテンポが苦手で、 なかなかどう ...
her/世界でひとつの彼女 (いやいやえん)
【概略】 そう遠くない未来のロサンゼルス。ある日セオドアが最新のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしい。セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり...
OSと恋をして、 (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「her/世界でひとつの彼女」を鑑賞しました。 近未来のロサンゼルス、他人の代わりに思いを伝える手紙を書く代筆ライターのセオドアは長年連れ添った妻と別れ、傷心の日々を送っていた。 そんな時、人工知能OS「サマンサ」の個性的で魅力的な声に....
her/世界でひとつの彼女 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HER】 2014/06/28公開 アメリカ PG12 126分監督:スパイク・ジョーンズ出演:ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド、クリス・プラット、マット・レッシャー、ポーシャ・ダブルデイ声の出演:スカーレット・ヨハンソン ...
映画「her/世界でひとつの彼女」レビュー(もしあれが脇の下にあったら) (翼のインサイト競馬予想)
映画「her 世界でひとつの彼女」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『her/世界でひとつの彼 ...
「her/世界でひとつの彼女」:美しく多層的に... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「her/世界でひとつの彼女」は、2013年公開のアメリカのSF恋愛映画です。近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に代わって想いを手紙に書く代筆ライター...
映画・her/世界でひとつの彼女 (読書と映画とガーデニング)
原題 HER2013年 アメリカ ムービープラスにて鑑賞 近未来のロサンゼルスで独り暮らしをしているセオドア(ホアキン・フェニックス)勤務先はハートフルレター社-他人の手紙の代筆をする会社-で成績は良さそうですが帰宅の様子からしてどこかしら寂しげそれも...