映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アデル

2010年08月16日 | 洋画(10年)
 フランス版インディ・ジョ−ンズもあるいはおもしろいかもしれないと、『アデル ファラオと復活の秘薬』を丸の内ピカデリーで見てきました。
 実は、7月31日の記事の冒頭で、「あるフランス映画を見ようと思って出かけたところが、狙った時間帯には上映されていないことがわかり」見逃してしまったというのがこの作品だったわけで、それが打ち切り間際だったところから、慌てて別の映画館を探して見た次第です(現在は、既にここでも違う作品が上映されています)。

(1)単に“フランスの冒険映画”ということで見てみたわけですが、あにはからんや、かなり面白い映画になっているので驚きました。

 舞台は1911年。ちょっとした手違いで、双子姉妹の妹・アガットを植物人間にしてしまった姉・アデル(ルイーズ・ブルゴワン)は、死の淵にある妹を助けるべく、古代エジプトで使われていたとされる「復活の秘薬」を手に入れようとして、まずラムセス2世の侍医と思われるミイラをエジプトからパリに持ち帰ります。
 そして、大昔の翼竜の卵を孵化させることに成功したエスペランデュー教授ならなんとかなるだろうと、処刑寸前だった彼を救出します。そして、その力でそのミイラを蘇らせようとしますが、……。

 前半は、まさにインディ・ジョーンズばりに、アデルは、盗賊やマッドサイエンティストにギリギリのところまで追い詰められながらも、ミイラの棺の中に入り込んだりして、なんとか追及を逃れます。その追っかけごっこは、大きな石の玉が転がってこないにせよ、なかなかスピーディで楽しめます。
 ただ、盗賊はわかるにしても、アデルの宿敵とされるマッドサイエンティストの出現は酷く唐突で、何でこうもしつこく彼女のあとを追いかけてきて殺そうとまでするのかよくわかりません。
 でも、ラストシーンに突如として姿を見せるところからすれば、続編ではその正体が明らかになるのでしょう。

 後半になると、インディ・ジョーンズから離れて、古いものの復活という点に焦点が当てられます。その中心がエスペランデュー教授で、彼の蘇生法によって、なんと翼竜の中でも古いものとされる「プテロダクティルス」が現代に復活してしまいます。
 その点はファンタジーとして大層面白いのですが、孵化して出てきた翼竜が、馬車を橋からセーヌ川に突き落として中に乗っていた政府高官を殺してしまったことから、その責任を教授が負わされてたちまち死刑の判決が下る、というのは余りに話の展開が急すぎる感じがしてしまいました。
 とはいえ、これは1911年の設定ですし、さらには、問題の翼竜が空から飛んできて、ギロチンの前に立たされた教授を足で捕まえて救出するのですから良しとすべきでしょう!

 という具合に、この映画は見どころを2つも持っていて、それぞれでアデルが男性顔負けの活躍をするのですから、面白くないわけがありません。
 若干、パリの観光案内といった側面が強調されているところがあるものの、国外の観客に対するサービスだと鷹揚に構えましょう。

 それに、翼竜の捜査のためにわざわざエッフェル塔を使うのも、1889年の第4回万博に合わせて建造されたのだという点を皆に分からせるためでしょうし、ラストでルーブル美術館の全景が映し出されるところ、当然あるべきメインエントランスのピラミッドが映っていないのは、それが1989年に作られたものであることを強調したかったためでしょう(パリ万博からルーブルのピラミッド建設まで丁度100年とは!)!

 ところで、映画の冒頭の会話からすると、アデルは元々ペルーに行くと会社の方には言っていたようです。続編は、今回の映画のラストからするとタイタニック号の話になりそうですから、あるいは南米での冒険はその次になるのでしょうか。その際には、マチュピチュのみならず、20種類近くの翼竜プテロザウルスの化石が発見されているブラジルのアラリペ高原にもアデルには足を延ばしてもらいたいものです!

 アデルに扮するのは1981年生まれのルイーズ・ブルゴワン。期待の若手女優とされてはいるものの、30歳が目の前。本作の主人公のような気の強い女にピッタリにしても、これからどんなふうに役の幅を広げていくのか楽しみです。

(2)この映画では、現代に復活した翼竜が大活躍するところ、ちょうど職場近くの日本橋の三越7階ギャラリーでは「恐竜展」が開催されていたので、ちょっと覗いてみました(〜8月9日)。
 デパートで開催されるものですから期待は持ちませんでしたが、大きなトリケラトプスの全身骨格が展示されていたりして、夏休み中の子供たちが大勢見に来ていました。
 お目当ての翼竜も展示されています。「アンハングエラ」という翼竜で、ブラジルのアラリペ高原の白亜紀前期末(1億1千年前)の地層から発掘されたもののレプリカです。


〔「日本橋三越本店「恐竜展」」より〕

 ただ、展示の説明に「大型翼竜」とあったのでアレッと思いました。展示されているものは、体長が1.5mくらい、翼を広げたときの長さが5 m程度で、他の恐竜に比べたら随分と小型です。そして、これで「大型翼竜」ならば、『アデル』に登場するプテロダクティルスは、いったいどんな大きさだったのだろうと疑問がわきました。
 そこで『恐竜』(小学館の図鑑NEO POCKET4)を調べると、プテロダクティルスは、翼を広げたときの長さが「約0.5〜2m」となっているではありませんか!どうも、三越の恐竜展で展示されているアンハングエラよりもずっと小さかったようです。


〔「恐竜のデジタル図鑑」より〕

 これでは、エスペランデュー教授を救出するどころではありません。馬車を橋から川に落とすことさえできないでしょう!

 むろん『アデル』は純ファンタジーですから、こんなことは全くどうでもいいのですが、どうせなら、これまで地球上に現れた空を飛ぶ生物の中で最も大型だったとされる「クェツァルコアトルス」を復活させるお話にしたらよかったのにと思いました。なにしろそれは、翼を広げたときの長さが約10mもあり、4人乗りの小型飛行機と同じくらいの大きさとされているのですから!

(3)映画評論家の意見はやや分かれているようです。
 渡まち子氏は、「本作はヒロイン・アドベンチャーでたっぷり楽しませるエンタメ映画」で、「ハリウッド映画ばりの冒険アクションと、フランス映画らしいおしゃれなセンスが効いて」いて、「元はお天気お姉さんだというルイーズ・ブルゴワンのキュートな魅力と共に楽しみたい、のどかな冒険映画」だとして60点を与えていますが、
 福本次郎氏は、「抜群の行動力と胆力・鼻柱の強さを持つ彼女に次から次へと危機が襲いかかり、間一髪で難を逃れる姿は手に汗を握る。そんな導入部に、血沸き肉躍る冒険が彼女を待ち受けているのかと期待するが、舞台をパリに移すと急にトーンダウン。作り手はエスプリを効かせているつもりなのだろうが、まったくセンスが合わないコメディを延々と見せられるハメになる」として40点しか与えていません。

 恐らく福本氏は、翼竜とかミイラ男といった類いのものにマッタク興味がないのではと思われます!


★★★☆☆


象のロケット:アデル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの夏の子供たち | トップ | トイ・ストーリー3 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (ゴーダイ)
2010-08-16 16:30:36
この映画笑えて楽しかったです。
あえてハリウッド映画の王道の展開をはずしてきたというのも・・・

翼竜はドイツのゾルンフォーフェンというところからもたくさん発掘されます。
ただ私も作中の翼竜はブラジル産の翼竜がモチーフなんじゃないかと思っています。
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-08-16 19:07:18
うーん、私はいまいちでした。

ルイーズ・ブルゴワンの人となりと言うか、お天気おねえさん時代の様子を先に見ていれば評価は変わったかもしれませんが。

台詞が多かったです。
フランス語ですらわからないのに、時々何語かわからない(字幕も出ない)し、あんなにまくしたてられても面白さが伝わってきませんでした。
多分、台詞もエスプリが効いていたと思うんですけど。

それから男性陣のメークが汚すぎ。
もう少しきれいでもよかったんじゃないかと思っちゃいます。
マチュー・アマルリックもひどかったし、ジャッキー・ネルセシアンはほんとに死ぬんじゃないかと思いました(実はまだ60にもなってない)
Unknown (vic)
2010-08-17 00:33:12
私の感想も、福本次郎氏の批評に似ています!
おフランス人のエスプリの面白さというものが、ちょっと理解できなかったので辛かったです。

そうですね。私も翼竜には興味がないので...インディージョーンズのような冒険を期待していましたので...
Unknown (SunHero)
2010-08-26 13:32:25
クマネズミさん、ただの音楽好きが書いた映画感想文にコメント&TBを頂きまして、大変ありがとうございました。

いつもながら、クマネズミさんの徹底した調査振りには脱帽します。「恐竜展」まで行ってしまうとは!

ベッソン監督には珍しいコメディ映画でしたが、あのドタバタぶりはエスプリとは別物だと思いますよ。英米公開に向け意図的に大袈裟に描いたんだと思います。エスプリの効いた映画は英米ではヒットしませんから。

アデルの七変化(ちゃんと数えた訳ではありませんが)にしても、ブルゴワンの前職を知っているかどうかでウケ方が全然違う気がします。
フレンチトーストがお好き? (饅頭屋)
2010-08-27 16:21:33
  ハリウッド映画のアンジュリーナ・ジョリーがフランスへ行って映画を作ったら、こんな映画になるのかもしれない。冒険的要素がすっかりファンタスティックになって、都合の良い展開が続く。だから、その辺の感覚に問題なければ、結構楽しめる映画なのでしょう。要は、フランス人のジョークが受け入れられるかどうかという問題が根底にあるようです。

  この辺は好みの問題ですが、概していうと、イギリス映画はシックで比較的好みなのですが、フランス人はどうも意地悪のようであって、映画も少しひねくれていると感じてます。本作は、娯楽ものであり、フランス版ファンタジーという観点で、ストーリーにはあまり期待せず、気楽に観に行って、その通り気楽に帰ってきました。
  その意味で、フランス風味は弱いかも知れません。フランスで人気のあるお天気お姉さん(やや熟女)の活躍ぶりを楽しく観たとなると、そこは目くじらを立てるほどのものではありません。一般的な映画の評価としては、時間があったら、暇つぶしにどうぞと言うところでしょうか。
続編を匂わせる終わり方で、次はタイタニック号で彼女は何をしようとしているのでしょうか。
お天気お姉さん (クマネズミ)
2010-08-29 10:42:47
「饅頭屋」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
 なお、「フランスで人気のあるお天気お姉さん」とあるところ、あるブログで知ったのですが、ルイーズ・ブルゴワンがTVでやっていることは、日本の「お天気お姉さん」とはまるで違うようで、むしろ「アデル」そのもののように思えます。
 時間があれば、例えば次の動画をご覧になっては如何でしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=5yfdS6BGH3Y&feature=related
退屈してしまった (ふじき78)
2010-12-29 00:10:07
三つの僕を引き連れた「アデル二世」だったらきっと面白く観れたかもしれない(とりあえず怪鳥はいる事だし)。この映画には乗り損ねました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アデル/ファラオと復活の秘薬 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
縲後い繝絋/繝輔ぃ繝ゥ繧ェ縺ィ蠕ゥ豢サ縺ョ遘倩脈縲咲屮逹」菖絋繝・繝紊怨サ繝吶ャ繧ス繝ウ蜃コ貍費シ壹Ν繧、繝シ繧コ繝サ繝悶Ν繧エ繝ッ繝ウ繝槭メ繝・繝シ繝サ繧「繝槭Ν繝ェ繝紊怨ク繝」繝紊繝シ繝サ繝阪Ν繧サ繧キ繧「繝ウ繝九さ繝ゥ繧ケ繝サ繧ク繝ュ繝...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (あーうぃ だにぇっと)
6月8日(火)@ユナイテッドシネマ豊洲 最速試写会?で観てきました。 もう3週間も経ってしまったんだねえ。 会場はユナイテッドシネマ豊洲スクリーン1。 ずいぶん大きな会場に見えましたが、座席数は273席しかないようだ。 開場19時、開映19時30分と遅...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (だらだら無気力ブログ)
『レオン』『フィフス・エレメント』などで数々の印象的なヒロインを 描いてきたリュック・ベッソンが手掛けるファンタジー・アドベンチャー。 フランスの人気コミックシリーズを原作に、エジプト王家に伝わる秘薬を めぐる冒険が繰り広げられる。ヒロインに抜てきされ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 とんでもない自己中女っ!(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=33 -10-】 Luc Besson (リュック・ベッソン)監督が好き、グランブルー、ニキータ、レオン、フィフスエレメントが特に好き、だからどんな映画かはよくわからんが(予告編って流れていたか?観てないぞ!)レイトショーで鑑賞。  1911年。パリでは、博物...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
リュック・ベッソンが脚本・監督を担当して映画化した。コミックが原作なのであり得ない展開のお話になっているが、案外大人向けのジョークが散りばめられている。最後のシーンはブラックジョークだろうか。
アデル ファラオと復活の秘薬 (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  最高のフレンチコメディ映画!  これはほんっとうに私が考えそうな話。キャラといいギャグといい・・・作風がとっても私好みでこ
アデル/ファラオと復活の秘薬 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★☆【2,5点】 本作の男性陣は、ほぼ全員が特殊メイクで登場!
アデル/ファラオと復活の秘薬 (LOVE Cinemas 調布)
フランスで人気のコミックス・シリーズをリュック・ベッソン自らが監督し映画化したファンタジー・アドベンチャーだ。エジプトとパリを舞台に、妹の為にエジプト王家・ファラオの侍医の作る秘薬を求める冒険が繰り広げられる。主人公アデルに抜擢されたのはルイーズ・ブル...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (放浪映画人)
監督:リュック・ベンソン 2010年公開(フランス) J−COMオンデマンド試写会で昨日観ました。 コメディータッチなストーリーです。 ただ、内容は浅いですね。 でも、要所要所がうまく押さえられていて、なかなか楽しい作品です。 特に主人公のアデルは活発的な女性...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (映画尻エリカ)
『アデル/ファラオと復活の秘薬』 “LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC−SEC” (2010・フランス) 1h47 監督・脚本 : リュック・ベッソン 出演 : ルイーズ・ブルゴワン、ニコラ・ジロー、ロール・ドゥ・クレルモン=トネール フレン...
【映画評】<!-- あでる・ふぁらおとふっかつのひやく -->アデル/ファラオと復活の秘薬 (未完の映画評)
可憐で男勝りなアデルが愛する妹のために奔走する、アドベンチャー大作っぽいフレンチ・ファンタジー・コメディ。
『アデル ファラオと復活の秘薬』 (RATTLE YOUR GODDAMN HEAD!)
『インディー・ジョーンズ』『ハムナプトラ』『トゥームレイダー』あたりの美味しいとこどりしたような映画だと思って観ると、似て非なるものでした。アドベンチャー/アクションの要素は少なく、大きく期待ハズレ。良くも悪くもド派手な演出がない分、「ファラオ」も「...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (いい加減社長の日記)
「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! 」と迷ったけど、混んでいたので、こちらを選択。 新しい女性のヒーロー誕生というキャッチに魅かれて「アデル/ファラオと復活の秘薬 」を、土曜日のレイトショーで鑑賞。
「アデル/ファラオと復活の秘薬」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 ジャック・タルディ原作の人気コミックを、鬼才リュック・ベッソン監督が映画化。20世紀初頭のフランスを舞台に、知恵と勇気と美貌を兼ね備えた女性ジャーナリスト・アデルが、...
アデル/ファラオと復活の秘薬/ルイーズ・ブルゴワン (カノンな日々)
だいぶ前から宣伝していたこともあって期待値も高まっていたこの作品。「彼女が、戦う。かなり、強い。」という宣伝コピーもなかなか魅力的でしたね。リュック・ベッソン監督の13作目となるのはフランスの人気コミックシリーズが原作のアクション・アドベンチャー・ムービ...
アデル ファラオと復活の秘薬 (そーれりぽーと)
「『ミニモイ』三部作以外もう映画は撮らん」と言ってたリュック・ベッソン最新作は、ヒロインが主役のアドベンチャー映画? 『アデル ファラオと復活の秘薬』を観てきました。 ★★★ もしかしたらこういうアドベンチャーもの自体フランス映画では初めてなんじゃ? ハリ...
試写会「アデル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/24 なかのZERO。 まずまずの入り。 中段は混んでおり、前方3列目に陣取る。 本当は前3列は可動席で、高さが同じため、前列が気になるし、 見上げるようになることと合わせ、あまり位置的にはよくない。 5列目以降は段差があるので、そちらの方が良い。 ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (りらの感想日記♪)
【アデル/ファラオと復活の秘薬】 ★★★ 映画(36)ストーリー 1911年。世界の不思議と秘宝を追う女性ジャーナリスト、アデル(ルイーズ・
アデル/ファラオと復活の秘薬 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
今日の朝になって何か映画観ようかなーと思ってネットをいろいろ観てたら昨日公開のベッソンさんの映画がやってるそうじゃないですか。私は...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (悠雅的生活)
無政府主義者の陰謀。プテロダクティルス・ライダー。死後に生はあるか。
『アデル/ファラオと復活の秘薬』 ('10初鑑賞91・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 7月3日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
「アデル /ファラオと復活の秘薬」 ベッソンの好きなもの詰め合わせ (はらやんの映画徒然草)
この作品はたぶんダメという方が多いでしょうね。 その理由は想像がつきます。 スト
「アデル/ファラオと復活の秘薬」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec」...aka「The Extraordinary Adventures of Adèle Blanc-Sec」「Adèle」2010 フランス アデル・ブラン=セックにルイーズ・ブルゴワン。 デュールヴーに「キングス&クイーン/2004」「ミュンヘン/2005」「...
『アデル ファラオと復活の秘薬』 (ラムの大通り)
アデル ファラオと復活の秘薬 (原題: Les aventures extraodinaires d'Adele blanc-sec" ----この映画って、リュック・ベッソン監督の作品ニャんだって? あまり、そんな感じしないニャあ。 「そうだね。 ぼくなんか、観る前はフランソワ・トリュフォーの 『アデルの...
[映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは悪いほうのリュック・ベッソンが作った作品かと思いきや、  予告編のアクション大作としての宣伝の仕方からはあまり想像できなかったのだが、  実はコメディ作品なんだと認識できたら、途端に、いいリュック・ベッソン作品だと理解できた。  何よりも、主演...
アデル/ファラオと復活の秘薬(2010) (銅版画制作の日々)
原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC MOVX京都にて鑑賞。う〜ん想像していたようなものではなかったなあ。もっとアクションぽいものを期待していたんですけれど、、、、、。主人公アデル役のルイーズ・ブルゴワンはモデル出身だそうです。リュック・...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
コミック原作、リュック・ベッソン監督の映画です。予告編を観た感じではアドベンチャーでしたが、実はコメディでした。20世紀初頭のパリ。博物館に展示されていた卵が割れ、翼竜...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
良くも悪くも仏映画をエネルギッシュにしているのがリュック・ベッソンだが、本作はヒロイン・アドベンチャーでたっぷり楽しませるエンタメ映画になった。1911年のパリ。世界中の不思議を追う美人ジャーナリストのアデルは、仮死状態の妹を救うため、エジプト王家に伝わる...
『アデル/ファラオと復活の秘薬』・・・ベッソンが見出したニュー・ヒロイン (SOARのパストラーレ♪)
壮大なフランス版アクション・アドベンチャーだと思っていたら見事に裏切られた。間違ってもインディ・ジョーンズの『失われたアーク』あたりを祖とするような一連のハリウッド作品に通ずるハラハラドキドキワクワクを期待してはいけない。エジプトのシーンなど序盤であっ...
映画 ■■アデル/ファラオと復活の秘薬■■ (Playing the Piano is ME.)
リュック・ベッソン監督が結構好きなゴーンさんと 久しぶりの観劇。 遺跡アドベンチャーものだし リュック・ベッソンだし、面白そうと思って 見ましたが...
《 アデル / ファラオと復活の秘薬 》 (映画 - K'z films -)
おすすめ度:3.5 「リュック・ベッソン監督が放つヒロイン×アドベンチャー超大作!」という触れ込み。確かに間違ってはいませんが、そこから受ける印象とはだいぶ違った作品でした。フランス流?ジョークがとにかく満載。それが一見真面目そうな主人公アデル(ルイ...
映画「アデル ファラオと復活の秘薬」@ヤ... (masalaの辛口映画館)
 試写会の主催はラジオ日本「イエスタディポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。司会は横山明日香さん、映画上映前にスポンサー様からの商品抽選会が行われた。客席は8〜...
★「アデル/ファラオと復活の秘薬」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりのリュック・ベッソン監督作かな。 あたりはずれが大きい感のあるベッソン関連作・・・ アドベンチャーものは意外とお気に入りが多いかな。
『アデル/ファラオと復活の秘薬』(2010)/フラ... (NiceOne!!)
原題:LESAVENTURESEXTRAORDINAIRESD'ADELEBLANC-SEC/THEEXTRAODINARYADVENTURESOFADELEBLANC-SEC監督・脚本:リュック・ベッソン出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、フィリップ・ナオン、ジ...
「アデル ファラオと復活の秘薬」 (古今東西座)
デビュー当時は野心的な作品を発表して注目に値する監督だったけど、次第に商業的な方向に偏っていき、気がつけばどこにでもいる10人並みの監督になっている…最近のリュック・ベッソンは、こんなよくあるダメなパターンの道を歩んでいるように思える。20世紀初頭、ルポラ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (映画鑑賞★日記・・・)
【LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC】2010/07/03公開 フランス PG12 107分監督:リュック・ベッソン出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、フィリップ・ナオン、ニコラ・ジロー、ジャッキー・...
アデル ファラオと復活の秘薬 (5125年映画の旅)
世界を股にかける冒険家にしてジャーナリストである美しき女性アデル。彼女の次なる目的地はエジプトの王家の墓。そこでアデルは一つのミイラを発見する。アデルの目的はそのミイラを復活させ、生死の境を彷徨う妹の命を救ってもらうことだった。 「『アーサー』三部作で...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
リュック・ベッソン映画からまたもや魅力的なヒロインが誕生!__知的でウイットに富んだ美人ジャーナリストが世界を魅了するって__?物語: 1911年、エジプト。アデル・ブラン=セックは、いま砂漠を越えている。世界中の“不思議”を追い“秘宝&rdqu...
アデル ファラオと復活の秘薬 (迷宮映画館)
アデルの周りに群がってる中年と年配のおっさんたちが多すぎ!
アデル / ファラオと復活の秘薬 (Diarydiary! )
《アデル / ファラオと復活の秘薬》 2010年 フランス映画 − 原題 − L
アデル ファラオと復活の秘薬 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
突き進め。 幻の秘薬を求め、エジプト“王家の谷”から パリ“ルーヴル美術館”へ── ユーロコミック(バンデシネ)の人気シリーズ「アデル・ブラン=セック」の実写映画化。 幻の秘薬を求め冒険するヒロイン&アドベンチャー。 1911年のフ...
『アデル/ファラオと復活の秘薬』 (kuemama's_webryblog)
【The extraordinary adventures of Adele Blanc-sec】 2010年/仏/アスミック・エース/107分 【オフィシャルサイト】 監督:リュック・ベッソン 出演:ルイーズ・ブルゴワン、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、マチュー・アマルリック
アデル ファラオと復活の秘薬 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
リュック・ベッソンの描くパワフルなヒロインの物語は,どんな作品でもとりあえず観てしまうのは,あの名作レオンの後遺症かもしれない。マチルダのようなヒロインにまた会えるかと期待してしまうのだ。 案の定,マチルダを超えるヒロインには今回も会えなかったけれど,...
10-174「アデル ファラオと復活の秘薬」(フランス) (CINECHANの映画感想)
5000年の居眠り  1911年。世界の不思議と秘宝を追う女性ジャーナリスト、アデルは、最愛の妹の命を救うため、古代エジプトの“復活の秘薬”を求めてエジプトへとやって来る。  やがて、カギを握るラムセス2世に仕えた医師のミイラに辿り着くが、宿敵のマッドサイ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
アデル/ファラオと復活の秘薬’10:フランス◆原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC/THE XEXTRAODINARY ADVENTURES OF ADELE BLANC-SEC◆監督:リュック・ベッソン「アーサーとミニモイの不思議な国」「アンジェラ」◆出演:ルイーズ・ブルゴワン...
「アデルファラオと復活の秘薬」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「アデル ファラオと復活の秘薬」の試写会に行ってきた。ここ10日ほど患ってる帯状疱疹が脳にまできてるらしく、日程を勘違いして昨日も会場に来たのは内緒だorz。ラジオ日本の試...
■映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
リュック・ベッソンが自ら監督を務めた映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』は、女流冒険作家アデル・ブラン=セックがフランス〜エジプトを股にかけて活躍するヒロイン・アドベンチャー。 1976年に初めて発表された、フランスの国民的人気コミックを原作にしているそ...
アデル ファラオと復活の秘薬 (2010フランス) [LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC] (音楽ウェブロッジSunHero)
新宿ピカデリーのポイントを使って、リュック・ベッソン最新監督作「アデル ファラオと復活の秘薬」を上映最終日の最終上映回に滑り込んで観ました。「インディー・ジョーンズ」とは違うんだという切り換えができていたので、ほぼ全編楽しむことが出来ました。
映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』 (オタマ・レベルアップ)
映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』を見たよぉ〜 メディア 映画 上映時間 107分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(アスミック・エース) 初公開年月 2010/07/03 ジャンル アドベンチャー/アクション 映倫 PG12 解説・・・ 漫画家タルディによるフラン...
『パリより愛をこめて』『アデル』を新橋文化で観て、トラボルタは満足ふじき☆☆☆☆,☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『パリより愛をこめて』 五つ星評価で【☆☆☆☆いや、単純にオモロイじゃん】 リュック・ベッソン印の仏産アクション映画。 当たり外れの振幅が大きいが、今回は当たりの ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (銀幕大帝α)
LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC/10年/仏/107分/アドベンチャー・アクション/PG12/劇場公開 監督:リュック・ベッソン 音楽:エリック・セラ 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャ...
アデル ファラオと復活の秘薬 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月17日(土) 19:00〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(大井町の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 『アデル ファラオと復活の秘薬』公式サイト その監督としてのキャリアが終わってしまっているようなリュック・ベッソンの映画。 女版インデ...
アデルとドクター (Akira's VOICE)
「アデル/ファラオと復活の秘薬」 「ディアドクター」 
【映画】アデル/ファラオと復活の秘薬…下衆い勘繰り込み。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日の昼は九州北部でも雪が吹雪いていました。寒いです まずは近況… 世の中は三連休らしいですが、昨日2011年2月11日(金曜日・建国記念日)はお仕事でした …他は、特になにも無い…買い物に行ったのとレンタルしてた映画「魔法使いの弟子」を観たぐらいかなぁ。 本...
アデル ファラオと復活の秘薬 (RISING STEEL)
アデル ファラオと復活の秘薬 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC 2010年 フランス映画 ヨーロッパ・コープ製作 監督・脚本:リュック・ベッソン 製作:ヴィルジニー・ベッソ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (まさとの素人映画レビュー)
女版インディ・ジョーンズ、あるいはハムナプトラだと思って観てみました。 フランスの映画、"アデル/ファラオと復活の秘薬"を。 しかも、このタイトルの付き方…いかにも続編が作られる感じじゃないですか?! 面白ければそれが楽しみにもなろうって...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リュック・ベッソン 主演 ルイーズ・ブルゴワン 2010年 フランス映画 107分 アドベンチャー 採点★★ 小学生の頃、マンガ好きの後藤くんの影響で、「ちょっくら自分でも描いてみるか!」と無謀にもマンガ作りに挑戦してみた私。しかしながら、残念な絵心の持...
アデル / ファラオと復活の秘薬 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 コピーライターにだまされたー。と思ったのが第一印象です。正直