映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

十三人の刺客

2010年10月30日 | 邦画(10年)
 ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。

(1)工藤栄一監督が1963年に制作した映画のリメイクとのことですが、リメイクするのが『ゼブラーマン』や『ヤッターマン』の三池崇史監督ですから、いやがうえにも期待が高まります。

 実際に見てみますと、ラストの50分間の戦いの場面は、これまで見たこともないほどの素晴らしさだと思います。普通ならば、刀を使った闘いの繰り返しとなりますから、とても50分もの長丁場を観客として見てはいられないでしょう。でも、そこには様々な工夫が凝らされていて、退屈するどころではありませんでした。
 なにしろ、300人以上の軍勢に僅か13人の侍が挑みかかり、そのトップの首を取ろうという戦闘なのですから、なまじの描き方ではありません。
 まず、闘いの舞台となる落合宿に明石藩主の軍勢が入り込んだと見るや、その退路を断つべく出入り口にある橋が景気よく爆破されます。
 さらに、相手の勢力を削ぐための工夫が様々に凝らされています。
 旅籠の横から通路を塞ぐ柵がいくつも飛び出てきて、軍勢は小さなグループに分断されますが、その柵は山から切り出された木々で作られているとはいえ、実に巨大で、追い込まれた侍達はとてもそこを乗り越えるわけにはいかない代物なのです。
 さらに、そうやって袋のネズミになった明石藩主一行に対して、縦横に張り巡らされた空中回廊を島田側の侍は、動き回りつ無数の矢を放ちます。
 また、角に松明をくくりつけた牛が何頭も突進してきたりもします。これは、木曾義仲が倶利伽羅峠の合戦で用いた作戦を借用したのでしょう(もっと昔にハンニバルが用いたようでもありますが)。
 こうして相手の勢力を十分に削いだ上で、リーダーの島田新左衛門(役所広司)の「斬って斬って斬りまくれ」の合図で壮絶なチャンバラ合戦が始まります。

 ただ、問題がないわけではないと思います。
・明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)らが国元に戻るに当たって、鬼頭半兵衛(市村正親)が島田新左衛門の家に乗り込むくらいですから、鬼頭側は島田側の動きを逐一追っているはずで、そうだとしたら、一足先に落合宿に向かった刺客2人の行動も把握でき、さらには要塞と化した落合宿の状況も事前に知りえるのではないでしょうか?
・島田側が、明石藩主の一行を追っていくと、途中で鬼頭が事前に配置しておいた浪人達が出てきてその行く手を阻止しようとします。鬼頭がそのくらい用意万端に行動しているとしたら、明石藩主の行列の後方だけでなく前方にも人を多数放って、安全を十分確認しようとするのではないでしょうか?落合宿の入口にたどり着いてから、やにわに安全を確認しようとするは、慎重な鬼頭らしからぬ手落ちではないでしょうか?
・参勤交代の行列の中には鉄砲を担ぐ者もいたはずですが(時代設定が江戸末期ということもあり)、落合宿での戦いには鉄砲の出番が全くありません。
 他方で、落合宿の出入り口にある橋とか宿の建物が爆破されますから、島田側にも鬼頭側にも、そうした武器が念頭に浮かばなかったはずはないと思われるのですが?
〔それに、明石藩主の一行の尾張藩通過を牧野(松本幸四郎)が阻止する際には、鉄砲隊が登場してますし〕

 とはいえ、そんな詰らない些細なことなどドウでも良いのです。なにしろ、突貫工事で要塞化した落合宿に鬼頭達300人を誘い込み、それを13人の島田達が粉砕してしまう死闘の有様をヴィヴィッドに描き出すことがこの映画の最大の狙いなのでしょうから!
 ある意味で、島田側は、正規軍である鬼頭側にゲリラ戦で挑んで勝利したと言えるでしょう〔でも、その勝利も、老中・土井大炊頭(平幹二朗)が意図する幕府体制の維持強化に役立っただけのことであり、真の意味のゲリラ活動といえるか疑問ですが〕

 主役の役所広司は、黒沢清監督の作品に常連でクマネズミご贔屓の俳優のところ、最近では監督業にうつつを抜かしていたのか、『トウキョウソナタ』とか『劔岳 点の記』くらいでしか見かけませんでしたが、この映画では、12人の命を与って目的を達成する島田新左衛門役二扮して十分その存在感を発揮していて、さすがだなと思いました。
 相手方の鬼頭半兵衛を演じる市村正親も、ミュージカル俳優にもかかわらず、長年時代劇俳優をやってきているような雰囲気を出しているのを見ると、一つの分野でトップにいると他の分野もうまくこなせるものだな、と感心いたしました。
 明石藩主・松平斉韶に扮したのは稲垣吾郎ですが、アイドルグループSMAPのメンバーがそこまでするかというくらい残酷なシーンを演じていたのには驚きました。
 この他にも、『シーサイドモーテル』の山田孝之吉田新太、『さんかく』の高岡蒼甫などが印象に残りました。

とにもかくにも、2時間21分を、TOHOシネマズ日劇の大画面で十二分に楽しめました。

(2)この映画に関しては、同じタイトルの元の作品と見比べてみると面白いと思います(そうした分析はすでにあちこちでなされていて、単に屋上屋になるだけだとは思いますが)。



 作品のリメイクについては、次の3点から見てみたらどうかと思っています。
a.現代性の取り込み
 今回の映画では、元の作品と同じ時代設定となっていて、この点は総じて無視されています。
 とはいえ、たとえば、襲撃側のリーダーである島田新左衛門について、元の作品ではいわゆる日本型の大将タイプといえるでしょう(大所は押さえ最後の責任はしっかりとるものの、戦術などは参謀以下を信頼してすべて任せ切る←日露戦争における大山巌的なタイプでしょうか)。
 他方、今回の作品においては、現代企業の管理職に要求されている点がいろいろ見て取れます。すなわち、役所広司は、戦略・戦術から実際の戦闘においても、すべて自ら取り仕切るという前線の部隊長的な姿を披露しています。
 とはいえ、こうなるのも、あるいは、今回の映画で島田新左衛門を演じる役所広司が54歳とまだ十分若いのに対し、元の映画の片岡千恵蔵は、映画出演の際は60歳で、十分な動きができなくなっていたのかもしれません(と言っても、今回の映画で、島田の参謀役の倉永を演じる松方弘樹は、68歳であるにもかかわらず随分と元気のいい立ち回りをしていますが!)。

b.より合理的なものに
 今回の映画では、元の映画にでは描かれていなかった場面がいくつも見られます。
 たとえば、一揆の首謀者の娘ということで、松平斉韶により手足を削がれ“芋虫”(!)状態になった女が、島田新左衛門の前に連れてこられます。
 息子と嫁を奪われた尾張藩士の話に加えて、この場面によって、松平斉韶の暴虐さは到底許し難いものとなり、その首を取るという反逆的行為の正当性に説得力を持たせることでしょう。
 ただ、口もきけないこの女が「みなごろし」と書いた幟を鬼頭達に示してから戦闘に入るという手順は、この襲撃に相当程度私怨的な要素が紛れんでしまい、島田側の大義名分にいささか陰が射すことになるといえないでしょうか?

c.面白さ・迫力の増加
 元の作品では、13人の襲撃側は、53人の侍を相手に戦いましたが、今回の映画ではそれが300人と6倍に膨れ上がっています。
 その結果、随所で火薬が使われ(元の作品では、一切使用されません)、明石勢の力を分断する柵も、可動式であり、かつかなり頑丈にできているようです。襲撃側の位置の移動を容易にする空中回廊がいくつも設けられていたり、取り換え用の刀もふんだんに用意されています。
 こういうことから、元の作品では30分程度のチャンバラ場面が、この映画では約50分間という前例のない長いものになり、面白さも迫力も増加することとなったと思われます。
 また、役所広司が扮する島田新左衛門が、戦闘開始ということで「斬って斬って斬りまくれ」と大声をあげますが、斉韶を斬った片岡千恵蔵は、「無用の殺し合いを止めるよう、早く笛を吹け」と指図します。トップを倒すことが襲撃の大目的なのですから、元の作品の方が正しいと思いますが、相手が300人もの軍勢では、今回の映画のように叫ぶのも当然のことかもしれません。

 なお、ラストで松平斉韶を倒すシーンについては、漫画(森秀樹による単行本〔小学館〕)まで含めると3つの違った描き方がなされています。
・元の作品:島田が斉韶を斬り捨てますが、鬼頭との対決では島田はわざと鬼頭にやられてしまいます(その鬼頭は、襲撃側の侍に槍でやられますが)。
・今回の作品:まず鬼頭と島田の一騎打ちがあって、島田は鬼頭を倒したあと、斉韶を斬ります。ただし、同時に島田は、斉韶の剣を腹に受けてしまいます。
・漫画:まず、島田は斉韶を切って捨てます。そこにやってきた鬼頭との一騎打ちでも、島田は鬼頭を倒します。

 ある意味で一番現代的であっけらかんとしたラストと言えるのは、漫画の描き方ではないでしょうか(生き残った襲撃側の侍も8人で、他の作品―いずれも2人?―よりもずっと多いのです)?

(3)映画評論家は総じてこの作品に好意的なようです。
 渡まち子氏は、「様式美とは無縁の集団抗争のパワーの、なんと壮絶なことか。無論、オリジナルの先見性あってのことだが、時代劇を爽快や美意識ではなく、政治性と虚無感を含ませてリブートしたところが素晴らしい。だからこそ「侍とは面倒なものだ」との新左衛門の言葉が活きる。そしてそれらすべてを見届けて、生きるべき場所に戻っていく男の存在も。三池流・生の肯定の怒号が聞こえる」として、70点を与えています。
 前田有一氏も、「暗殺側は13人もいるので、末端のキャラクターまで十分に描けていないのが残念だが、決死隊としてのヒロイックな魅力は十分」、ただ「彼らの立ち回りは時代劇というより「クローズZERO」のようで、江戸時代を舞台にヤンキー同士がケンカをしているような趣である。ど派手な大仕掛けや、13人vs.300人といった常軌を逸した大立ち回り、抒情的すぎる各人の最期などがそう感じさせ」、「時代劇の様式美にこだわらぬ人にとっては、画面にあふれる大和魂にこちらの心まで燃え上がる魅力的な一本だ」として、70点を与えています。
 ただ、おすぎは、『週刊文春』10月7日号の「Cinema Chart」で、「もうシッカリした時代劇を撮るのは、日本映画には無理かもしれない、と心底、思いました。ハデならいいのか?」と述べて、☆2つしか与えていません。
 確かに、山田孝之や吉田新太、高岡蒼甫などの面々に(あるいは、松方弘樹以外のすべての俳優でしょうか)、昔の中村錦之助や東千代之介時代のチャンバラの雰囲気を求めるのは無理でしょう。
 とはいえ、その時代のチャンバラも、またその時代に創り出されたものであって、それだけを金科玉条として守らなければならないということはありますまい。現代は現代のチャンバラがあれば十分なのではないでしょうか〔要すれば、チャンバラといっても、実際の斬り合いなど見た人は誰もいないのですし、所詮ダンスの一つに過ぎないと思えますから!〕。



★★★★☆

象のロケット:十三人の刺客
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (94)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メッセージ | トップ | 桜田門外ノ変 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました♪ (はなこのアンテナのはなこ)
2010-10-30 14:29:14
初めまして。

充実した内容の記事を興味深く読ませていただきました。オリジナル作未見なので、それと本作とさらにマンガ版との比較など、とても面白かったです。

文中で映画評を引用された二人の評論家は、的確な論評、広く深い知識、巧みな文章と三拍子揃っていて私も好きな方々です。一方、おすぎ氏は淀川長治氏の直弟子のはずですが、的外れな論評が多いような気がします。そのくせ、一時期新作映画のCMで太鼓持ちに勤しんでいましたよね。

以前は映画評が中心のブログだったのが、最近は殆ど書いておらず、久しぶりに書いてみたら予想外に反応が大きく、貴ブログのような読み応えのあるブログにも出会えました。たまには時間をかけて映画評を書くのも良いものですね。

それでは、また。ご縁がありましたら。
こんばんは (ななんぼ)
2010-10-30 20:56:07
こんばんは。「続・蛇足帳〜blogばん〜」のななんぼです。
TBありがとうございました。

ウチのblogは何故かgooと相性が悪くTBをしてもエラーが出てしまうので、申し訳ありませんがコメントのみ残させて頂きます。

元の工藤監督作品も観ていましたが、コミック版は読んでいなかったので、展開の違いなどが判り易く書かれていて嬉しかったです。

私は派手なチャンバラ時代劇が大好きなので(昔で言うと『将軍家光の乱心 激突』など)、この『十三人の刺客』は本当に好みの作品だったし、やたら若い女性向きに改変されてしまう今時の時代劇とは真逆の作りに感激しました。
それに派手なだけではなく、前半は正統派な時代劇の撮り方で(だから、おすぎの批評は的外れに感じました)緊張感が静かに流れていき、役所さん演じる新左衛門の「斬って、斬って、斬りまくれー!」の怒号と共に激しい立ち回りシーンへと展開していくところなんて一気にテンションが上がりました。

無意識に刺客と同じような気持ちで力を入れながら見入ってしまったようで、観終わった後にドッと疲れを感じた作品は久しぶりかもしれません。
あああああ、おすぎとは相性悪い (ふじき78)
2010-10-31 00:04:46
もう確実におすぎとは相性が悪い。

そもそも「もうシッカリした時代劇を撮るのは、日本映画には無理かもしれない、と心底、思いました。」って、三池崇史の映画にそれを求めるのは最初から間違えているでしょ。

女子トイレに入って「なんで小便器がないの、キーっ」って騒ぐようなもんです(例えが悪いなあ)。
シッカリした時代劇とは (KGR)
2010-10-31 00:39:21
いったいどういうものを言うんでしょうね。

確かに「派手ならいいのか?」感は無きにしも非ずですが、華麗な立ち回り、見事な殺陣がしっかりした時代劇だとは思いません。

むしろ、所作はもちろん、行灯の暗さや化粧など、ちゃんと作りこまれていたと思います。

戦いのシーンにしても
>現代は現代のチャンバラがあれば十分
に同感です。
十三人目はゾンビ (不死身ではない男)
2010-10-31 22:16:28
  映画の見せ場に関して、邦画なら剣劇、洋画ならカー・チェイスがあげられるが、それらが効果的に使われるのは是としても、個人的には、延々長々と続けられるのは好きではない。だから、「十三人の刺客」についても、新旧の両映画を比較した貴見を読むと、旧作のほうが時代劇として合理的に作られているようだし、内容も好ましいのかもしれない。この辺は、感覚の時代による差異というより、監督の感覚の相違とみたほうがよいのかもしれない。もっとも、ポスターまで見ると、旧作はいかにも古くさい感じもある。

  実際の映画設定では、史実や原作から大きく変更するのも否定しないが、ストーリー的に無理がないものとするのなら、13人という少ない人数で、藩主の暗殺をはかるわけだから、できるだけ攻撃対象を少ない人数になるように、守る側の明石藩士を分離、囲い込みをして、攻撃するのが常道のはずだが、剣劇の見せ場を続けるため、僅かな人数で300人もの護衛側藩士と戦う場面が延々と続く。火薬を使いながら、鉄砲を使わず、弓と剣が武器というのも、問題が多いところ。藩主暗殺という最終目的に合わない行動が刺客側に多すぎて、欧米人の感覚に合わないとも考えられる。戦闘そのものは適当な長さに縮めてほしかったという気持ちがまずあり、その分だけ評価が低くなった。
  だから、本作は、あまり歴史考証と合理性・残虐性を考えずに、剣劇場面だけを気楽に楽しく観ることができれば、それはそれでよいのであろう。そして、そのような展開が好きな人たちには良いのだろうが、私の肌合いがあまり良くはなかった。本作監督の自己満足的なものが多分に見られて、あれでは、国際映画祭で受賞することは無理なのであろう。
  歴史的に考えると、子沢山で知られる将軍徳川家斉の子女がどのような生涯を送ったのか、その一環として明石藩という親藩大名家を考える手がかりになるのかもしれない。
TBありがとうございました (maru♪)
2010-11-02 02:35:17
こんばんわ♪
相性が悪いらしく、こちらからTBのお返しができません・・・
URLのリンクも貼れませんので、コメントのみで失礼します。

確かにツッコミどころ満載ではあるのですが、娯楽作品としてよく出来ていると思いました。
もちろんいい意味です♪
50分間の死闘 (クマネズミ)
2010-11-03 17:55:06
「不死身ではない男」さん、コメントをありがとうございます。
クマネズミとしては、この映画について、「明石藩という親藩大名家を考える手がかりになる」かどうかなどとは一切考えずに、「剣劇場面だけを気楽に楽しく観」ただけですので、評価は随分と高くなってしまいました。
なお、国際映画賞のことですが、下記の記事によれば、ベネチア映画祭の審査委員長のタランティーノ監督と三池崇史監督とが親しすぎたことや、海外版は15分短縮されていて、三池監督らしさが薄められたものになっていることなどによって、賞を逃してしまったのでは、と述べられているところです。
http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/20070925-479958/news/20101013-OHT1T00170.htm

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

94 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
十三人の刺客 (LOVE Cinemas 調布)
1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主演は役所浩司だが、共演にも稲垣吾郎、松方弘樹、市村正...
十三人の刺客 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
刀を使うことを忘れた侍が、主君のためと体制維持のために戦うことになる。泥にまみれて命を掛けた戦いの壮絶さを実感するほどに、なんという愚かなことかと思う。究極の反戦映画であり、一級の娯楽作品にもなっている。傑作だ。
『十三人の刺客』は世界を目指す! (映画のブログ)
 トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ...
十三人の刺客 (Akira's VOICE)
痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!  
十三人の刺客 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  たった13人で300人に立ち向かう。一人当り23人倒さなければならない勘定だ。そして結局は、ラスト50分の大バトルで、これを成し遂げてしまうのだからもの凄い。 そもそもなぜこんな事になってしまったのか。将軍の弟と言われる明石藩主・松平斉韶の...
【十三人の刺客】 (日々のつぶやき)
監督:三池崇史 出演:役所宏司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、波岡一喜、石垣佑磨、稲垣吾郎、   松本幸四郎、市村正親、三石研     命を、燃やせ。 「江戸時代末期、老中就任が決まっている明石藩主松平成韶、将軍の異母兄弟であま
十三人の刺客 (to Heart)
命を、燃やせ。 製作年度 2010年 上映時間 141分 原作 池宮彰一郎 脚本 天願大介 監督 三池崇史 出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/...
十三人の刺客 (花ごよみ)
監督は三池崇史。 出演は 役所広司、山田孝之、 市村正親、伊原剛志、松方弘樹、 稲垣吾郎、伊勢谷友介、沢村一樹、 古田新太、松本幸四郎 六角精児、、高岡蒼甫、 窪田正孝、吹石一恵等、 超豪華キャスト。 島田新左衛門(役所広司)以下、 13人の刺客は、 将軍の弟...
映画 「十三人の刺客」 (ようこそMr.G)
映画 「十三人の刺客」
映画「十三人の刺客」@朝日ホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、客年齢は高い。今回は「yahoo!映画」ユーザーレビュアーとして招かれました。      十三人の刺客オリジナル・サウンドトラック 映画の話 幕府の...
劇場鑑賞「十三人の刺客」 (日々“是”精進!)
「十三人の刺客」を鑑賞してきました1963年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした時代劇エンタテインメント大作。権...
『十三人の刺客』 (こねたみっくす)
斬って、斬って、斬りまくれっ! これぞ日本映画史に残る息抜き知らずの壮絶なる死闘を描いた傑作。もうラスト50分に興奮しまくりでしたよ。 活劇時代劇の傑作と謳われたオリジナルに「これぞ三池!」色を見事に融合させてこの映画。やはりこの作品を高く評価したQTの...
十三人目の刺客?もとい『十三人の刺客』Ver.2 (はなこのアンテナ@無知の知)
[画像] ベネツィア国際映画祭でも好評だった(上映終了後、7分間に及ぶスタンディングオベーションだったらしい)と言う三池崇史監督、役所広司主演の『十三人の刺客』を見て来た。今から47年前の1963年に公開された『十三人の刺客』(工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演)のリメ...
2010年9月19日 『十三人の刺客』 朝日ホール (気ままな映画生活)
今日は、『十三人の刺客』 を試写会で鑑賞してきました。 期待通りに素晴らしい作品でした。 稲垣吾郎の悪役は・・・見てみてくださいね 稲垣吾郎扮するマリツグは傍若無人な振る舞いで 人を人と思わないそんな男であった。 図書は自決し訴えを老中へ、しかし、老中...
十三人の刺客 (2010年版) (映画道)
島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返し、幕府の権力を我が物にしようとする史上最凶の暴君・斉韶。その軍、総勢300人超。斉韶の名参謀にして新左衛...
十三人の刺客  監督/三池 崇史 (西京極 紫の館)
【主演】  役所 広司  山田 孝之  伊勢谷 友介 【ストーリー】 島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返し、幕府の権力を...
十三人の刺客 (とつぜんブログ)
監督 三池崇史 出演 役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 松方弘樹 稲垣吾郎 市村正親  傑作だ。面白い。ものすごく面白い映画であった。面白い娯楽活劇映画の条件は二つ。お話がシンプルであること。悪役が魅力的なこと。この映画はこの二つの条件を充...
十三人の刺客 (迷宮映画館)
贅沢三昧!このくらいしちゃってもらっていい!!
《 十三人の刺客 》 (映画 - K'z films -)
工藤栄一監督の『十三人の刺客』(1963年)のリメイク作品です。本作の監督を務めるのは、最近では『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』が記憶に新しい三池崇史。次回作はあの『忍たま乱太郎』ということですから、何ともバラエティに富んだラインナップです。そんな本作...
十三人の刺客(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。池宮彰一郎原作、三池崇史監督。役所広司、山田孝之、稲垣吾郎、市村正親、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、石垣佑磨、高岡蒼甫、波岡一喜、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、石垣佑磨、斎藤工、阿部進之介、内野聖陽...
十三人の刺客 (うろうろ日記)
試写会で見ました。今ポスター見て気づきました。六角さんてドコにいたんだろう・・・
「十三人の刺客」 (元・副会長のCinema Days)
 三池崇史監督が前に手掛けた時代劇「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」に比べれば、随分とマシな出来映えで、退屈しないで観ていられる。ただし、諸手を挙げての高評価は差し控えたい。それは、この監督の持ち味であるオフビートさ加減が作品のカラーと十分シンク...
庄内映画事情PART16〜「十三人の刺客」その1 (事務職員へのこの1冊)
庄内映画事情PART15「鶴岡まちなかキネマその2」はこちら。  開巻、その所作
映画「十三人の刺客」 (またり、すばるくん。)
三池崇史監督の「十三人の刺客」を観ました。
十三人の刺客 (りらの感想日記♪)
【十三人の刺客】 ★★★★ 映画(49)ストーリー 江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ) (稲垣 吾郎)の暴君ぶりは
「十三人の刺客」 戦の虚無感 (ももたろうサブライ)
監督 三池崇史少しあらすじ将軍の弟として次の老中就任が内定している明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)は、民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君だった。明石藩の家老・間宮の命を懸...
十三人の刺客 【燃え尽くせ 熱き刀の 魂を】 (猫の毛玉 映画館)
『十三人の刺客』 2010年・日本 '63年の時代劇を三池崇史がリメイク。  普段、時代劇を観ません。なんでだろ?って考えてみたら、時代劇独...
侍の道〜『十三人の刺客』 (真紅のthinkingdays)
 江戸時代末期。時の将軍の弟で、明石藩主である松平斉韶(稲垣吾郎)は極悪 非道な暴君。しかし、年明けには老中への就任が決まっている...
「十三人の刺客」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「十三人の刺客」の試写会に行ってきた。将軍の弟である暴君(稲垣吾郎)を倒すよう命令された御目付役(役所広司)が、13人で200人だか300人だかを相手に戦うお話、かな。なかなか豪華な...
十三人の刺客 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年10月3日(日) 16:20〜 TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『十三人の刺客』公式サイト リメイクとは知らなかった。オリジナルは、1963年の工藤栄一監督作品。 弱弱しいイメージの...
十三人の刺客 (にわうたぶろぐ)
 集団戦闘を扱う映画は特に珍しいわけではないし、多勢に無勢というシチュエーションも決して斬新な設定ではありません。  でもさ、殺陣って萌え燃えるんだよ何故か!!!!  洋画では決して味わえない何かが、日本刀での殺陣にはあると私は思う。だからこの映画も公...
[何かしら無理矢理に話す(7:十三人の刺客)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆工藤栄一の傑作『十三人の刺客』がリメイクされるそうだ。    ◇  私は『必殺』シリーズが好きで、特に、中学時代(四半世紀前)の夕方に再放送されていた『必殺仕業人』や『新・必殺仕置人』には猛烈に夢中になった。  シリーズの中でも...
十三人の刺客 (だめ男のだめ日記)
「十三人の刺客」監督三池崇史原作池宮彰一郎出演*役所広司(島田新左衛門(御目付七百五十石))*山田孝之(島田新六郎(新左衛門の甥))*伊勢谷友介(木賀小弥太(山の民))*沢...
十三人の刺客 (映画尻エリカ)
『十三人の刺客』 (2010・日本) 2h21 監督 : 三池崇史 出演 : 役所広司、稲垣吾郎、市村正規、松方弘樹 狂人が幕府の要職に就こうとしている。「各々方の命を懸けて阻止せよ」と密命が下る。 言い換えると「お国のためにお前ら死ね」とい...
『十三人の刺客』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、 ...
「13人の刺客」は何故リメイクされたのか (再出発日記)
「13人の刺客」この映画を見てから4週間たった。どのように書けばいいのか、悩んでいるうちに日にちが経ってしまった。当初は、この映画で二回行われる切腹の場面が共に「罰を受け...
「十三人の刺客」万民のため殺された者たちの無念を晴らすため暴君と戦った刺客たち (オールマイティにコメンテート)
9月25日公開の映画「十三人の刺客」を鑑賞した。 この映画は1963年に公開された 「十三人の刺客」を再び映画化した作品で、 暴君により殺された人々のために命を懸けて 暴君を討とうと13人の刺客を集めて 暴君を討とうとする仇討ストーリーである。 映画に...
★ 『十三人の刺客』 (映画の感想文日記)
2010年。「十三人の刺客」製作委員会。   三池崇史監督。  1963年の工藤栄一監督版のオリジナルの『十三人の刺客』は見たことがない。集団時代劇の最高傑作とも称さ...
独断的映画感想文:十三人の刺客(2010) (なんか飲みたい)
日記:2010年10月某日 映画「十三人の刺客」を見る. 2010年.監督:三池崇史. 出演:役所広司(島田新左衛門(御目付七百五十石)),山田孝之(島田新六郎(新左衛門の甥)),伊勢谷友介(木賀小弥
十三人の刺客 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】 ドラマは満点評価!だが、戦が続いて行くうちに評価はどんどん下降線へと
『13人の刺客』をユナイテッドシネマ豊洲スクリーン4で観て心地よい血に酔う男ふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
【冒頭で注意】 ライブドア・コメント機能が故障してるっぽいので、 コメントがエラーになるかもしれません。22:10 詳細は「ライブドア・ブログのトラックバック機能、コメント機能の不調に付いて」 直ったっぽいです。10/12 23:00【冒頭で注意】 五つ星評価で【...
十三人の刺客 (だらだら無気力ブログ)
1963年に公開された工藤栄一監督の傑作時代劇『十三人の刺客』を『ヤッタ ーマン』の三池崇史監督がリメイクしたエンターテインメント時代劇。 将軍の弟ということでやりたい放題の凶悪な暴君を暗殺するために、集めら れた13人の刺客達が、暴君を守る300人以上の藩士を...
試写会「十三人の刺客」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/9/15、よみうりホール。 ほぼ満杯。 「一階席は満員」と出ていたが、あちらこちらに空きがあった。 前方左手に陣取る。 ** 刺客は「しかく」と読むが、「しきゃく」が一般化してしまった。 今では「しかく」も「しきゃく」も常...
『十三人の刺客』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・台詞、内容に触れています。1963年に公開された工藤栄一監督『十三人の刺客』を『オーディション』『中国の鳥人』『ゼブラーマン』『妖怪大戦争』『クローズZERO』『神様のパズル』など(本当に多数、撮
映画レビュー「十三人の刺客」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
十三人の刺客 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆集団抗争劇の傑作をアクション大作としてリメーク。熾烈なバトルは侍の大義も忠義も蹴散らしていく。 【70点】 島田新左衛門は、悪行の限りを尽くす明石藩主の暴君・松平斉韶(なりつぐ)を暗殺するため、13...
『十三人の刺客』 (beatitude)
1963年の東映時代劇『十三人の刺客』を三池崇史監督によるリメイク作品。「お勧めだよ。」と友人に言われ観に行きましたが、いやぁ〜“ラスト50分の壮絶な死闘”に疲れましたホントに斬っ...
『十三人の刺客』・・・殺陣それぞれの魅力 (SOARのパストラーレ♪)
片や正義のために暴君を斬らんと命を賭して戦う男たち。片やその暗殺集団から主君を守るべく命を賭して忠義を尽くす男たち。 泰平の世にあって人を斬ったことのない侍たちが、要塞と化した宿場を敵味方入り乱れながら駆け抜ける。 返り血を浴び、自らも血を流し、汗にま...
★「十三人の刺客」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
三池崇史監督の時代劇は「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」以来かな。 これ好きだったので、今回も期待してました。
十三人の刺客【試写会&舞台挨拶】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:十三人の刺客 制作:2010年・日本 監督:三池崇史 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、岸部一徳、松本幸四郎、稲垣吾郎、市...
「十三人の刺客(2010)」斬って斬って斬りまくれ! (はらやんの映画徒然草)
300人対13人、まさに多勢に無勢。 現実的には、この戦力差を逆転することはほと
十三人の刺客 ?〜Get busy living or get busy dying〜 (Piattの私的映画生活)
                          63年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした     時代劇エンタテインメント大作。権力を笠に言語道断の蛮行を繰り返す将軍の弟を暗殺すべく集められ...
十三人の刺客 (あーうぃ だにぇっと)
9月16日@一ツ橋ホールで鑑賞。 会場内に入ってみると、いつもと感じが違う。 座席がリニューアルされていた。 座席数が、882席から802席に約1割減。 スクリーンも少し上になって見やすくなった。
『十三人の刺客(2010)』 ('10初鑑賞124・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 9月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:55の回を鑑賞。
十三人の刺客 (ぷち てんてん)
先日日曜日、見てきたよ。☆十三人の刺客☆(2010)三池崇史監督役所広司島田新左衛門(御目付七百五十石)山田孝之島田新六郎(新左衛門の甥)伊勢谷友介木賀小弥太(山の民)沢村...
十三人の刺客■マカロニ・ウエスタン的チャ... (映画と出会う・世界が変わる)
「斬って、斬って、斬りまくれ!」と叫ぶ役所の姿が予告編のポイントであり、この作品のキャッチコピーのようなものであるが、まさにその通りの作品である。63年に公開された同名作...
十三人の刺客 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/09/25公開 日本 PG12 141分監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親命を、燃やせ。幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣...
十三人の刺客 (うふふ・映画三昧。)
徳川家慶の弟・斉韶(SMAPの吾郎ちゃん)が権力を手にすることになる。 この人が、とんでもなく悪い奴で、こんな人が偉くなっちゃたまらん! 密かにやっつけちゃおう! と、参勤交代で移動中の斉韶様ご一行を、十三人の刺客が狙い打つ物語。 ざっくばらん。 ...
★十三人の刺客(2010)★ (CinemaCollection)
命を、燃やせ。上映時間141分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2010/09/25ジャンル時代劇/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】63年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤ...
十三人の刺客 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『悪人』を観ようか、コチラにしようか迷ったんだけど・・・【story】罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す暴君、松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親...
『十三人の刺客』(2010年・三池崇史監督版) (ラムの大通り)
「実はこの映画、 もう少し経ってからじっくりと喋りたかったんだけど、 今日のうちに話すことこそ意味があると思って…」 ----ん、どういうこと? 今日は、確か広島に原爆が落と...
十三人の刺客 162回映画レビュー 衝撃の血みどろ時代劇 (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
三池崇史監督によるリメイク版「十三人の刺客」 観て参りました。 いやあ、すごかった。 何がすごいって、チャンバラがものすごい。 ...
13人の刺客 (シネマ大好き)
 将軍の腹違いの弟であるため、 残忍な非道な行いにもお咎めのない明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)。そればかりか彼には次の老中職が待っている。彼が幕府で権力をふるうのを阻止するため、お目付け役の島田新左衛門(役所広司)に斉韶暗殺の密命が降り、新左衛門は集ま...
十三人の刺客 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
三池崇史監督の時代劇アクションです。休日出勤の帰りに109シネマズ川崎のエグゼクティブシート(会員一般料金)で鑑賞。  江戸時代末期、弘化元年。老中・土井利位の屋敷の門...
十三人の刺客 (試写会) (風に吹かれて)
どこまで丈夫なの伊勢谷友介公式サイト http://13assassins.jp9月25日公開1963年の工藤栄一監督作のリメイク監督: 三池崇史江戸時代末期、明石藩江戸家老、間宮図書(内野聖陽)が、
十三人の刺客 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】三池崇史 【出演】役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/高岡蒼甫/波岡一喜/近藤公園/窪田正孝/伊原剛...
十三人の刺客☆独り言 (黒猫のうたた寝)
公開してからやっと時間がとれました。『十三人の刺客』の稲垣くんの極悪非道の殿様堪能しに行ってきました。あれ?主役は役所さんだっけ?(笑)三池監督の作品でかつての同タイトルのリメイク。オリジナルは未見です。一人二人と刺客仲間が増えていきますが、十三人ってそ...
十三人の刺客 (ルナのシネマ缶)
オリジナルは観たことは ないのですが、 結構ハードボイルドな 時代劇でした。 前半のゴローちゃんの悪行の グロさには、ちょっと 引いてしまいましたが 後半のバトルはなかなか 見応えがありました。 将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす...
映画[ 十三人の刺客 ]おのおの方のいのち、使い捨てに致す! (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 十三人の刺客 ]を吉祥寺で鑑賞。 [ オーディション ]の脚本天願大介と監督三池崇史が、アメリカ資本で作ったホラー映画[ インプリント ぼっけえ、きょうてえ ]に続き、みたびコンビを組み、挑んだのが名作として呼び声高い1963年のリメイク版の本作だ...
十三人の刺客(2010) (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://13assassins.jp/ 1963年に制作された同名映画のリメイク版で、オリジ...
『十三人の刺客』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣...
映画:「十三人の刺客」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年10月11日(月)。 映画:「十三人の刺客」感想。 【監  督】三池崇史 【原  作】池宮彰一郎 【脚  本】天願大介 【音  楽】遠藤浩二 【キャスト】役所広司・山田孝之・伊勢谷友介・沢村一樹・古田新太・高岡蒼甫・六角精児      ...
十三人の刺客 だいわはうちゅ〜o( ̄ー ̄;)ゞううむ (労組書記長社労士のブログ)
【=42 -13-】 試写会、三池監督と役所広司が舞台挨拶で、お客さんを巻き込んで写真撮影があった。おはよう朝日(関西ローカルの朝の番組)とかスポーツ新聞に取り上げられるかと思ったけど扱い小さめ、スポーツ報知は文字だけやし、日刊スポーツは2人だけしか写ってない...
十三人の刺客 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
池宮彰一郎によって書かれた脚本「十三人の刺客」。その傑作が47年の時を経て再構築され、圧倒的なスケールとリアリティを追及したアクションエンターテインメントに仕上がった。共同プロデュースするのは、『おくりびと』など数々の作品を手がけた中沢敏明と、『戦場のメ...
十三人の刺客 (Diarydiary! )
《十三人の刺客》 2010年 日本映画 江戸時代の末期、将軍の実弟で明石藩主の松
十三人の刺客・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「十三人の刺客」と言えば、1963年に工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演で封切られた、所謂東映集団時代劇の傑作。 リメイクしたのが全く作家性の...
試写会:十三人の刺客 (伊八のいろいろ)
試写会:十三人の刺客 2010-9-17(福岡明治安田生命ホール) ストーリー:幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛...
十三人の刺客 (もののはじめblog)
役所広司・主演の「十三人の刺客」が本格的なチャンバラ映画というので観てきた。さらにSMAPの稲垣吾郎が悪の権化を演じるというのも興味を抱いた。少人数で多勢に立ち向かう仕掛けも様々で痛快だった。 中でも伊原剛志が、いかにも強そうな剣豪の雰囲気をもっていて...
十三人の刺客 (2010) (青いblog)
あらすじ '63年に公開された工藤栄一監督による時代劇映画『十三人の刺客』を、三
「十三人の刺客」 (Con Gas, Sin Hielo)
あの線の向こう側。 かつて子供が立ち入れない領域が存在した。 それはいわゆる赤線であったり、被差別者の集落であったり、単なる噂だったのかもしれないけど恐くて近付け...
『十三人の刺客』 現代性と様式と (Days of Books, Films )
オリジナル版『十三人の刺客』(工藤栄一監督)を見たのは高校一年のときだったと思う
十三人の刺客 2010年日 ☆3.9(5点満点) (映画に浸れ。)
2010/11/04 Mhb vol.1143  三池崇史監督。役所広司、稲垣吾郎、松方弘樹出演。  名作時代劇といわれる1963年公開の『十三人の刺客』のリメイク。明石藩の藩主、松平斉韶は将軍の弟であるが極悪非道の人物であった。理不尽な形で民の命が奪ったり、他藩とのトラブルも...
十三人の刺客 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 このたび1963年の作品を三池崇史がリメイクした「十三人の刺客」を観てきましたよ〜。  残虐の限りを尽くす殿様・稲垣メンバーを暗殺するため極秘裏に集められた十三人。  彼らは参勤交代の行列を襲うため、宿場町を丸ごとに要塞化する。 ...
十三人の刺客 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
暴政の限りを尽くす、将軍の弟を暗殺せよ。 極秘裏に終結した13人の刺客に、幕末最大の密命が下った──。 命を、燃やせ。 池宮彰一郎の原作脚本の集団抗争時代劇「十三人の刺客」のリメイク。
【レビュー】13人の刺客を見てきた。 (映画小毒)
10月の誕生割ももうぎりぎりであと一回くらいはあと一回くらいは なにか映画を見たいなあということで評判がよかった13人の刺客を鑑賞してきた。 今更だなあと思いながらも書いてみる。...
「十三人の刺客」(試写会) (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 上映時間 : 141分 監督 : 三池崇史 出演 : 役所広司 、 山田孝之 、 伊勢谷友介 、 沢村一樹 、 古田新太 、 高岡蒼甫 、 六角精児 、 波岡一喜 、 近藤公園 、 石垣佑磨 、 窪田正孝 、 伊原剛志 ...
「十三人の刺客」 (てんびんthe LIFE)
「十三人の刺客」TOHOシネマズ日劇で観賞 何かと話題の作品が次々公開になりますが、今年は公開後にしか見られないのでなかなか追いつきません。 何も、誕生日なのにこの作品を見るとは思ってもいませんでした。 トシをとったので最近時代劇も苦手ではなくなりました...
「十三人の刺客」はトラウマになりますよorz 【ネタバレ含む】 (JAP on the blog)
周りにいる近しい関係の人も含めほとんどが鑑賞後絶賛している映画も珍しい。これはまさしく傑作なのだろうと想像できる。 そうして、映画館の大スクリーンで観てしまって、こんなに残る映画も珍しいと思った。ただ残ったのは非常に苦々しいトラウマである。オープニ...
■映画『十三人の刺客』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
いやいや、これはすごい…。まさに“手に汗握る”衝撃作でした。 前半は“いかにも時代劇”なカット割りやカメラワークで静かに物語を説明していき、後半は怒涛の大アクション・ムービーに変身するこの映画『十三人の刺客』。 堪能させていただきました。 ここのと...
【映画】十三人の刺客 (【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog)
『十三人の刺客』(2010年・監督:三池崇) 1963年に制作された工藤栄一監督による同名作(ワタシは未見)のリメイク。 冒頭から何だが、評価の高い本作が海外の主要な映画賞を逃したの
十三人の刺客 (いやいやえん)
密命を受けた御目付たちが参勤交代の大名行列を襲うというシンプルなストーリー性が、この作品を面白くしていますね。脚本がお上手です。これ、リメイクなんですね。オリジナルも観たくなりました。 稲垣吾郎さん演じる松平斉韶は、いわゆる悪役なのですがこれが意外と...
十三人の刺客 (銀幕大帝α)
10年/日本/141分/時代劇アクション/PG12/劇場公開 監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、神楽坂恵、岸部一徳、松本幸四郎...
『十三人の刺客』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 十三人の刺客 』 (2010)  監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開された工藤栄一...
三池崇史監督 「十三人の刺客」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
工藤栄一監督が1968年に撮った名作「十三人の刺客」を、「ヤッターマン」や「クローズ・ZERO」そして「忍たま乱太郎」等を撮った三池崇史監督がリメイクした2010年の作品 SMAPの稲垣吾郎が残虐な殿さま役だった事で話題に DVDでやっと観ました。 ht...
映画「13人の刺客」のDVDを見ました(お盆には帰ります)  (翼のインサイト競馬予想)
映画「13人の刺客」のDVDを見たので、レビュー記事を書いてみたいと思います。(