映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ロビン・フッド

2010年12月25日 | 洋画(10年)
 きっと痛快無比な映画に違いないという予感がして、『ロビン・フッド』を見に、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。こうした冒険活劇を見るなら、大画面を備えた劇場に限ると思ったものですから。

(1)『ロビン・フッド』というからには、シャーウッドの森の奥に隠れ住んでいながらも、リトル・ジョンなどの仲間らとともに、悪行の限りを尽くす時の権力者を懲らしめるヒーローの物語であり、それをおなじみのラッセル・クロウが演じるものだとばかり思い込んでいました。
 ですが、実際には、この映画は、その前史というべきものなのです。
 すなわち、第3回目の十字軍遠征の帰途、ロビン・フッド(ラッセル・クロウ)が、瀕死のノッティンガム領主の息子の依頼で、その剣を届けに父親の元に出向いたところ、領主から息子の身代わりになるように求められます。どこと言って行く当てのない身、ロビンはすぐに了承しますが、妻(ケイト・ブランシェット)は、当然のことながら、とてもすぐには受け入れてくれません。
でも、ロビンの誠実さが通じたのか、次第に馬が合ってきます。そして、そうこうするうちに様々な出来事が起こり、ついには、ジョン王の下でフランス王の侵略を阻止してしまうという、とても考えられない活躍をしてしまうのです!
 そんなことなら、ジョン王の右腕となってさらなる飛躍がと思われたところ、マグナカルタへの署名をジョン王に強制したというトガで、逆にジョン王に追われる身となってしまうのです。
 そのため、シャーウッドの森に仲間たちと逃げ込んで、その後はよく知られた活躍をするという次第。

 いってみれば、映画『ゲゲゲの女房』が、これから水木しげるの漫画が大いに売れだす直前で、映画『ノーウェアボーイ』がジョン・レノンらがハンブルグ行きが決まったところでジ・エンドとなってしまうのに似ているかもしれません!
 とはいえ、これら2作では、主人公たちはこれ以降世の人に知ってもらうことになるのに対して『ロビン・フッド』は、これからは世の中から隠れることになるという点で、180度違っているとも言えるかもしれません。
 でも、世の人がロビン・フッドに喝采を浴びせかけるのは、これからの活躍によってなのですが!

 それでも、いくら領主が彼の父親を知っているからと言っても、石工の息子にすぎないロビン・フッドが、直ちに領主の息子の身代わりとなるなんて、それも貴族の集会での演説によって、皆の心を一つにまとめあげてしまうなんて、という気にもなります。ですが、ロビン・フッドにまつわる話は元々全て伝説なのでしょうから、どんなことが起きても不思議ではないのでしょう。すべては歴史ファンタジーであって、むしろ余り本当らしさを追求すべきではないのかもしれません。

 ノッティンガムの村の様子などは、『黒く濁る村』で描かれている村と比べたら、はるかにリアルな感じがします。きちんと農作業が映し出され、ジョン王の過酷な税金の取立てで、周格もままならない様子まで、見ている方はよく理解できます。
 ただ、ファンタジーとするならば、ここにやはり洞窟などの装置が何か必要なのではないでしょうか?とはいえ何もないわけではなく、ノッティンガムではありませんが、ロビン・フッドの生まれ故郷のバーンズデイル(ノッティンガムのすぐ南)には、石の塔があり、その礎石を動かすと、父親が刻んだ標語が現れるのです!

 主演のラッセル・クロウは、このところかなり肥満気味でしたが、『プロヴァンスの贈り物』や『ワールド・オブ・ライズ』はともかくも、『消されたヘッドライン』は地味な映画ながらもなかなかの出来栄えで、この映画もと期待したところ、弓を射る格好とか乗馬姿などなかなか精悍で見直しました。



 相手役のケイト・ブランシェットは、『アイム・ノット・ゼア』(ボブ・ディランに扮しました!)とか『ベンジャミン・バトン』以来ですが、男勝りの性格で、ついには鎧兜に身を包んでロビンのもとに馳せ参じる姿はこの女優ならではでしょう!



 歴史ファンタジーと豪華配役陣とのとりあわせですから、否が応でも楽しい映画にならざるを得ないところです。

(2)この映画については、2つの点に興味をひかれました。
イ)リチャード獅子心王は、お追従ばかり口にする部下を嫌って、兵隊の間に入り込んで、彼らの本心を聞き出そうとします。
 その誘いにうかうかと乗ってしまって本心をぶちまけてしまったロビン・フッドとその仲間は、獅子心王が城攻めをしている最中、首かせ。足かせのさらし刑に処せられてしまいます(幸い、獅子心王が戦死したどさくさにまぎれて、彼らは逃げ出してしまいますが)。
 このエピソードは、上司が部下の本心が知りたくて、どんな厳しい意見でもいいから言ってくれと部下に求めるものの、自分を批判する意見を求めているわけでは決してなく、やはり求めているのは支持してくれる部下にすぎない、という職場でよくある光景を髣髴とさせるものでした!

ロ)この映画のラストは、フランス王が兵隊を連れてイングランドに攻め込んでくるのを、ロビン・フッドなどが阻止する場面ですが、さながら第2次世界大戦の連合国軍によるノルマンジー上陸作戦の真逆を見るようでした!

 なにしろ、ドーバー海峡に面した切り立った崖下に向かってフランス軍は上陸してくるところ、驚いたことにあの「上陸用舟艇」が何艘も登場するのです。
 まさか鋼鉄製ではなく木製ですが、接岸すると船首のところが前に倒れて渡し板となり、そこを通って兵士は敵前上陸するようになっています。
 ただ、これをロンメル将軍が迎え撃つのかと思いきや、出迎えるのはフランス王側のスパイであるゴドフリーとその部下。上陸部隊がこれに合流してイングランド軍と激突することになります。

(3)渡まち子氏は、「伝説とフィクション、さらに重厚な史実を上手くブレンドさせた脚本は、娯楽性にあふれていて、手堅い出来栄えだ。何よりハリウッド大作ならではのスター共演で華やかさはバツグン。見る前は、手垢のついたヒーローものを何をいまさら…と思っていたが、見終われば、見事にスコット版ロビン・フッドを楽しめた」として65点をつけています。



★★★☆☆




象のロケット:ロビン・フッド
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武士の家計簿 | トップ | ノルウェイの森 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ゴーダイ)
2011-04-16 16:42:54
最後の英仏戦は確かに『プライベートライアン』みたかったですよねw
しかも鎖帷子が重いので海に落ちたら一大事という・・・
しかしあんなものを着て戦っていたんですから、当時の兵士の身体能力って一体・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

72 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロビン・フッド (あーうぃ だにぇっと)
12月1日(水)@よみうりホール。 “ロビン・フッド” は早く観たくて一所懸命葉書で応募した。 ところが、現実は厳しい! まあったくカスリもしなかった。 しょうがない映画館で観よう! と思っていたら、美女様から嬉しいお誘いがあった。 いつもありがとうご...
ロビン・フッド (LOVE Cinemas 調布)
伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』の巨匠リドリー・スコット監督が壮大に描くスペクタクル大作だ。主演は同作でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。共演に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェット、『シャーロック・ホー...
グラディエーターの再来?『ロビン・フッド』 (水曜日のシネマ日記)
12世紀のイギリスを舞台に伝説の義賊ロビン・フッドを描いた作品です。
劇場鑑賞「ロビン・フッド」 (日々“是”精進!)
「ロビン・フッド」を鑑賞してきました「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が、再びラッセル・クロウを主演に迎え、伝説の義賊“ロビン・フッド”の物語を映画化したスペ...
ロビン・フッド/ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット (カノンな日々)
『グラディエーター』のリドリー・スコット監督が同作でオスカーに輝いたラッセル・クロウと再びタッグを組んだ歴史スペクタクル・アクションムービーです。ロビン・フッドのお話 ...
ロビン・フッド(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Robin Hood。リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、マーク・アディ、オスカー・アイザッ ...
ロビン・フッド (Akira's VOICE)
ロビンの名を借りた英国奮起ドラマ。   
映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとな...
ロビン・フッド (心のままに映画の風景)
12世紀末。 弓の名手、ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、イングランドの獅子心王、リチャード1世(ダニー・ヒューストン)率いる十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。 ...
「ロビン・フッド」みた。 (たいむのひとりごと)
『ワールド・オブ・ライズ』や『消されたヘッドライン』ですっかりしまりのないボディになっていたラッセルだけど、ちゃんと伝説の英雄”ロビン・フッド”として耐えうるラインまでは絞ってくれたようでひと安心。ま
ロビン・フッド (悠雅的生活)
幾度でも立て。子羊が獅子となるまで。
ロビンフッド (うろうろ日記)
試写会で見ました。イギリスの十字軍の遠征の途中に王様が亡くなり、混乱のついでにこ
タイトルデザイン_22・「ロビン・フッド」Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『グラディエーター』『キングダム・オブ・ヘブン』に続いてのリドリー・スコット監督による歴史スペクタクル『ロビン・フッド』。主人公ロビンには5度目のタックとなるラッセル・クロウ。よく知られている緑のタイ
「ロビン・フッド(2010)」 伝説の男ができるまで (はらやんの映画徒然草)
ご存知の通りロビン・フッドは実在の人物ではなく、イギリスで語り継がれている伝説上
『ロビン・フッド』(リドリー・スコット&ラッセル・クロウ) (ラムの大通り)
(原題:Robin Hood) ----リドリー・スコット&ラッセル・クロウ。 この顔合わせって多いよね。 「そうだね。 ふたりの代表作は アカデミー作品賞に輝いた
映画レビュー「ロビン・フッド」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Robin Hood - O.S.T.◆プチレビュー◆伝説的義賊の誕生秘話を虚実を巧みに絡めて描く歴史アクション。肉食系オヤジヒーローに注目だ。 【65点】 12世紀末。イングランドの十字軍遠征の ...
ロビン・フッド (だらだら無気力ブログ)
『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・ スコット監督が同じく『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャング スター』のラッセル・クロウを主演を迎え、イギリスの伝説の義賊“ロビン・ フッド”の誕生を描いた歴史スペクタクル大...
映画 「ロビン・フッド」 (英国日記)
ロビンが無法者として 森で暮らすようになるまでのストーリーが 描かれています。
★ロビン・フッド(2010)★ (CinemaCollection)
ROBINHOOD彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。上映時間140分製作国アメリカ/イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2010/12/10ジャンルアクション/アドベンチャー映倫G【解説...
ロビン・フッド/ROBIN HOOD (いい加減社長の映画日記)
土日も仕事を持ち込んだせいで、書いてない映画が4本も溜まってるwww まずは、その1本目。 ずいぶん前から予告編が流れていたけど、最初は、あんまり興味がなくて、どうしようかと思ってたんだけど。 公開前になって、結構面白そうに思えてきて、「
シネトーク45『ロビン・フッド』●ロビン・フッドになったと思ったら話が終わっちゃったよ (ブルーレイ&シネマ一直線)
? 映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク シアター45/『ロビン・フッド』の回 監督・製作:リドリー・スコット 製作・出演:ラッセル・クロウ 出演:...
「ロビン・フッド」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Robin Hood)舞台設定からいえば以前リドリー・スコットが監督した「キングダム・オブ・ヘブン」(2005年)の続編みたいな作品だが、質の面では“前作”よりもかなり落ちる。それは本作に現代性が欠如しているからだ。  十字軍遠征を題材にした「キング...
ロビン・フッド■反体制ゲリラのすすめ (映画と出会う・世界が変わる)
ロビン・フッドといえば、シャーウッドの森の義賊ということでスポーティーなイメージなのであるが、ここでは全く違う。重く、肉食系のヒーローである。ケビン・コスナーの軽量級ロ...
「ロビン・フッド」 Robin Hood (2010 ユニバーサル) (事務職員へのこの1冊)
ロビン・フッド?  確か悪代官と対決する弓の名人だよな。シャーウッドの森にいるん
「ロビン・フッド」 (セレンディピティ ダイアリー)
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演の最新作、「ロビン・フッド」(原題:
「ロビン・フッド」 (prisoner's BLOG)
夫の死を知らされたケイト・ウィンスレットがなんでもない顔して先導して歩いているところで、一瞬ぐらっと来るあたりの芝居が細かい。マックス・フォン・シドーの目が見えなくなっているのをわからせるまでの、さりげなく矯めを聞かせた芝居も細かい。このランクの役者だ...
映画「ロビン・フッド」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ロビン・フッド(デジタル上映)』(公式)を、本日(12/12)鑑賞。観客は30名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 『ヤマト』で惨敗したので、私の好きなリドリー・スコット監督の出番ってとこで、監督以外の情報は、予告...
ロビン・フッド (I am invincible !)
12世紀末。 獅子心王と呼ばれるリチャード?世(ダニー・ヒューストン)率いる十字軍は、フランス軍と戦いながら故郷イングランドを目指していた。
ロビン・フッド(映画2010年) 【印象度:75】 (蚊も無視する・・・そんなブログ)
2010年のアメリカ・イギリス合作映画。 歴史スペクタルということで、 大スクリーンで見てこその作品だと思うのですが、 公開2週目にして、巷のシネコンでは軒並み 小スクリーンに追いやられてしまったようです。 ということで、どこで見てもあまり変わらないだ...
Robin Hood / ロビン・フッド  (我想一個人映画美的女人blog)
暴れん坊、ラッセル・クロウ×リドリー・スコット、5度目のタッグ よっぽど好きなのね
ロビン・フッド (ミケランジェロ広場の午後)
「ロビン・フッド」 (2010/ROBIN HOOD) 伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』のリドリー・スコット監督と、ラッセル・クロウの黄金コンビが手掛けた歴史スペクタクル大...
『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは? (映画のブログ)
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...
映画を観た~ロビン・フッド~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
ロビン・フッド(2010)★ROBIN HOOD (銅版画制作の日々)
 彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日...
ロビン・フッド (2010 映画観てきましたっ!)
11/25 道新ホールでの試写会で 観てきましたっ!
ロビン・フッド (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
イングランド北部のノッティングガム、シャーウッドの森にいたとされる弓の名手ロビン・フッドの伝説と12世紀末の歴史上の人物とうまく融合した歴史アクション映画になっている。戦闘シーンは迫力満点で、フランスとイギリスの領土争いやマグナ・カルタまで取り込んだ脚本...
『ロビン・フッド(2010)』('10初鑑賞159・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 14:15の回を鑑賞。
ロビン・フッド (風に吹かれて)
羊が獅子になるまで 公式サイト http://robinhood-movie.jp監督: リドリー・スコット12世紀末、イングランドの獅子心王リチャード1世が率いる十字軍遠征隊の兵士に、弓の名手ロビン
ロビン・フッド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これは“ロビン・フッド:ザ・ビギニング”だ。 リドリー・スコット監督とラッセル・クロウの五度目のコンビ作は、永遠のヒーロー“ロビン・フッド”の大胆な再解釈。 「L.Aコンフィデンシャル」の脚本家、ブラ...
ロビン・フッド (ゆっくり、長く走るには...)
出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、 監督・製作:リドリー・スコット
ロビン・フッド / Robin Hood (勝手に映画評)
12世紀の伝説の人物、ロビン・フッドを描いた映画。 ロビン・フッド自身は、その実在性が疑われている人物ですが、言い伝えられている伝承を下に上手く描かれています。劇中では、ロビン・フッドはロビン・ロングストライドと呼ばれていますが、何故ロビン・ロン...
伝説となった無法者~『ロビン・フッド』 (真紅のthinkingdays)
 ROBIN HOOD  12世紀末。ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)はイングランド王リチ ャード一世の十字軍遠征に従軍していた。帰国途中、ロビンは瀕死の騎士、 ロバート・ロクスリーか...
ロビン・フッド (キノ2)
★ネタバレ注意★  リドリー・スコット監督の映画を観るといつも、どうしてこの監督の作品を観るのはこんなに楽チンなんだろう、と思います。楽チンっつーか、ストレスフリー。まるでカスタード・プディングを食べるがごとく、咀嚼にも消化にも全く何のエネルギーも...
ロビン・フッド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 さすがはリドリー・スコット!映像演出の重量感は凄い。
映画「ロビン・フッド」 (FREE TIME)
映画「ロビン・フッド」を鑑賞。
ロビン・フッド (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】リドリー・スコット 【出演】ラッセル・クロウ/ケイト・ブランシェット/ウィリアム・ハート/マーク・ストロング/マーク・アディ/ダニー・ヒューストン/アイリーン・アトキンス/マックス・フォン...
ロビン・フット (とりあえず、コメントです)
『グラディエーター』のリドリー・スコット監督がラッセル・クロウを主演に描いた歴史大作です。 名監督がどんなロビン・フット像を創り出すのかなあと楽しみにしていました。 人々を惹きつけるカリスマ性を持った力強いロビン・フットの姿が生き生きと描かれていました。...
『ロビン・フッド』(2010)/アメリカ・イギリス (NiceOne!!)
原題:ROBINHOOD監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 9本目)公式サイトはこちら。<Story>時代は12世...
「ロビン・フッド」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
姫君には、騎士(ナイト)も夜(ナイト)も大切だ。セピア色とブリティッシュグリーンの背景、主人公の馬は白、姫君は青いドレス、衣装も鎧も色彩の組み立てもキャラクターの設定も...
ロビン・フッド Marionよ、そこに来たらあかんやろ!ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=56 -16-】 年末年始になって、観たい映画目白押しなのに、自分自身が忙しくて観に行けない!(ノ_<。)ビェェン 年末年始に掛けて精力的に見なければ!p(。・_;。)qガンバルッ  12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊...
ロビン・フッド (映画鑑賞★日記・・・)
【ROBIN HOOD】 2010/12/10公開 アメリカ 140分監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オ ...
ロビンフッド (迷宮映画館)
いかにもブライアン・ヘルゲランドの脚本!!
『ロビン・フッド』 (こねたみっくす)
オッサンとオバハンの年齢不相応の色恋沙汰をジィさんが撮った、既視感だらけの時代活劇。これって正直どうなん?という感想しか出てこない映画でした。 本当にリドリー・スコッ ...
ロビン・フッド(2010) (りらの感想日記♪)
【ロビン・フッド(2010)】 ★★★★ 試写会(13)ストーリー 12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊に参加
RobinHoodとShrekforeverafter観てきた。 (下り階段をかけのぼる。)
久々に映画観てきたよー。RobinHood、日本公開12月って遅くね?http://robinhood-movie.jp/あとこのトレーラー・・・だいぶニュアンスが歪められてるな・・・。えーと、この話はかなり史実っぽ...
「ロビンフッド」だんだん暑苦しく (ノルウェー暮らし・イン・London)
日本公開は12月なんだー? ラッセル・クロウ演じるマッチョなロビンフッドと共に、額に汗を滲ませながら熱く戦う戦士たち。 やっぱり日本の暑い夏に観るのは、辛いよね。 子供の頃に親しんだ『ロビンフッド』は、緑のタイツで弓の名手の爽やかな青年。 それがいつの...
[映画『ロビンフッド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事の後のレイトショーで見て、上映前まで多少の眠気があったのだが、すぐに吹っ飛んだ。  燃える男の作品だった。  私は、いわゆる「ロビンフッド」の定番の流れを知らなくて、この作品ではじめて知ったのだが、今回のリドリー・スコット監督版が...
ロビン・フッド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
誰もが知っている中世の吟遊詩人が生んだという伝説の義賊、ロビン・フッド。『グラディエーター』のリドリー・スコット監督と主演のラッセル・クロウのコンビで映画化した歴史ス ...
ロビン・フッド (シネマDVD・映画情報館)
ロビン・フッド スタッフ 監督: リドリー・スコット キャスト ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット マーク・ストロング ウィリアム・ハート マーク・アディ オスカー・アイザック ダニー・ヒューストン  劇場公開日:2010-12-10 ...
ロビン・フッド (シネマDVD・映画情報館)
ロビン・フッド スタッフ 監督: リドリー・スコット キャスト ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット マーク・ストロング ウィリアム・ハート マーク・アディ オスカー・アイザック ダニー・ヒューストン  劇場公開日:2010-12-10 ...
ロビン・フッド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ROBIN HOOD) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写で鑑賞(★★★☆☆) 中世イングランドの伝説上の義賊ロビン・フッドを、史実とフィクションを織り交ぜながら等身大の人物として描いたアクション・アドベンチャー。 12世紀末。弓の名手であるロビン・ロング...
ロビン・フッド (そーれりぽーと)
スーパーヒーローモノの映画がどんどん量産され、そのビギニングモノも作られ尽くした昨今。 ヒーローモノの元祖“ロビン・フッド”のビギニング映画も作っちゃいました的な感じなんでしょうか、アウトローの英雄誕生までを描く『
ロビン・フッド (5125年映画の旅)
12世紀末。十字分遠征に参加していた弓の名手・ロビンは、王の戦死を機に軍を脱走する。その途中、襲撃された騎士・ロクスレーと遭遇し、王冠とロクスレーの剣をイングランドに ...
『ロビン・フッド』 (kuemama's_webryblog)
【Robin Hood】 2010年/米・英/東宝東和/140分 【オフィシャルサイト】 監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オスカー・アイザック、ダニー・ヒューストン、ア...
「ロビン・フッド」を見てきました。 (「プレシャス」な女になりたい)
 六本木の映画館。 プレミアムシートで見ました。 ここは、お席がリクライニングシートだし、飲み物は1杯つくし、お席も広いしと、いたれりつくせりです。1席3000円 私は...
映画『ロビン・フッド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-79.ロビン・フッド■原題:RobinHood■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:140分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月11日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円...
ロビン・フッド (いやいやえん)
ラッセル・クロウ×リドリー・スコット監督作品。 ロビンフッドといえばケヴィン・コスナー版を思い浮かべてしまいますが、内容がまるきり違います。どちらかといえばこちらは英雄譚に近い。 約束を守って剣を届けたらロバートの身代わりになることになり、彼の妻レデ...
ロビンフッド (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」  我々の要求は陛下…自由です。法が認める自由です。  いや~長い!長いけどよくストーリーがまとめられている!すごい。普通ならドチャ
ロビン・フッド (銀幕大帝α)
ROBIN HOOD/10年/米・英/156分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:リドリー・スコット 製作:リドリー・スコット、ラッセル・クロウ 出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シ...
ロビン・フッド (Robin Hood) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リドリー・スコット 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/イギリス映画 156分 アクション 採点★★★★ なんとも当たり前の事なんですが、伝説の人物って、その伝説の部分が面白いから人気があるんですよねぇ。実在の人物の伝説であっても、本当か嘘かを...
ロビン・フッド (RISING STEEL)
ロビン・フッド / ROBIN HOOD 12世紀末のイングランド。弓の腕を買われて傭兵として十字軍遠征に参戦していたロビン・ロングストライドは 騎士ロバート・ロクスリーの暗殺を目撃。自分の剣を故郷に届...
『アメリア』『ロビン・フッド』を新橋文化で観て、忘れちゃったからこの2本を探す旅に出ようふじき☆☆,☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
鑑賞日4月9日。半年前、夢うつつだなあ、もう。 チラシを片手に思い出していこう。 ◆『アメリア』 五つ星評価で【☆☆確かつまんなくてイライラしたのを覚えてる】 えーと『 ...