zaigoppe

暇人のストレス解消

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

甲斐犬仔犬 完売の御礼

2018-04-17 07:49:57 | 甲斐犬
出品して2日で飼い主様が決まってしまいました。
 甲斐犬はマイナー犬種で日本犬の中で一番登録頭数の
 少ない犬とされてきまして不人気というよりは
 知られて無かったと言う事で中々売れず親類・縁者に 
 無理やり引き取ってもらっていた時期がありましたが
 今や出品すると即飼い主が付く犬種になってしまいました。

 
 全く無関係な画像です。

 


  
コメント

甲斐犬の仔犬が育っております。

2018-04-14 08:09:58 | 甲斐犬
農作業に追われ気が付いたら生後24日になっていました。
 生後49日を過ぎますと販売できますので危うく販売機会を損失する所でした。

 慌てて今朝写真を撮りまして dogoo.comに出品しました。

 ご検討、宜しくお願い致します。

 

 黒虎毛と中虎毛の牡です。

鼻っ柱が見事に潰れておりますので成犬になる頃には精悍な
 たくましい牡顔になると思います。
 
牡犬の場合、仔犬の頃ブサイクでとても人様に見せられない様な犬の方が
 より精悍で日本犬らしい犬になります。
  

又、両方とも綺麗な虎毛が出ております。
コメント

甲斐犬の仔犬が産まれました。

2018-03-30 09:11:12 | 甲斐犬
甲斐犬の仔犬が産まれました。
 3月21日の午後9時頃お産が始まりました。
 前日とはうって変わって雪がちらついている中でのお産でした。
 屋外飼育で、風も通り抜ける犬舎ですので凍死も頭に入れ
 見守っておりました。
 こういう風になって何時も電気マットを購入しておけばよかった・
 屋内にお産設備を準備しておけば良かったと思いますが、
 後の祭りでしたが死産無く無事生まれました。
 夕方の散歩の際急いで小屋に戻りたいような感じだったので
 今晩当たりお産かなと思い、チェックを入れておりました。

   

 今回は1月の交配でしたので寒かったせいか 牡 2頭のみの出産でした。
 甲斐黒信の直子の種牡が 10歳と歳がいっておりましましたので、繁殖用後継犬(?)
 として牝を残したかったので、少し残念でした。

 

  次回期待として今回も dogo.comに出品しますので検討宜しくお願い致します。
   お渡しは5月9日以降になりますが、お楽しみにしていて下さい。
   
  
コメント

百まで生きるには

2018-01-06 09:31:58 | その他
百まで生きるには健康を保つ、お金を残す等色々気をつけねば
 なりませんがそれよりもっと大事な事が有ります。
 それは百歳になった時自分を知っている人が回りに
 何人いるか?です。
 でないと浦島太郎の世界になってしまいます。
 平均寿命は約、男が80歳・女が87歳です。と言う事は
 男性で30歳、女性で25歳下の友人を作っておかないと
 老後は全く楽しく有りません。
 30歳・25歳離れた人と言う事は自分の子供より
 若い人を友人に向かえると言う事ですのでなかなか大変だと思いますが
 ある意味その為の努力が自分の頭を柔軟にしますので
 これまた長生きの秘訣かも知れません。

 と言う事で年の離れた友人を作り百歳まで生き延びる
 準備をしましょう。

  

 これは昨年手放したセプターワゴンです。
 買い替えの時担当したセールスより1歳若い
 車でした。
  因みに21年も所有していました。
コメント

東電の農作物に対する賠償について

2017-10-23 13:26:03 | 水田
毎年東電に対する賠償金は自分で行っておりました。
 が、27年度は自主流通米業者が用紙を持ってきてこれに
 サインをしてくれと言われまして、忙しかったので良く確認せず
 サインしてしまいました。
29年春になってその米取扱業者が東電からの賠償金を持って来ました。
 何のことかわからず賠償金については自分で請求しているのでと
 持ち帰ってもらいました。
 その晩東電ホ-ルディングスなる所から電話が有り委任状にサインをしているので
 取り消しは出来ないので受け取って欲しいと言っています。
 何気なくサインした用紙が委任状だったみたいでした。
 それでも私の勘違いなので無かった事にして欲しいと言う事で
 納得してもらいその場は収まりましたが翌日米買い付け業社長と
 東電ホ-ルディングスの関係者2名が来宅しました。
 何度も私の勘違いなので取り消しして欲しいと依頼しましたが
 決算されてしまった物は取り消し出来ないと言う事だったので
 勘違いとは言えサインしてしまった自分の責任も有りますので
 今回は受け取ると言う事にしました。
そして今月28年度分の賠償金が届けられました。
 今回は委任状にサインはしてないので受け取れないと言うと
 27年度に書いた委任状の効力が継続していると
 訳の分からない事を言い始めました。
前回あれだけもめたのになんでその委任状が今も効力を発揮しているのか
 訳が分かりません。
 
 東電が言うには、今回業者が賠償請求を行った際に私の名前が
 載っていたので大丈夫ですかと問い合わせた所
 業者が大丈夫、と言ったので決済したとの事ですが
 私を抜きにして決めた事についてなんで私が責任を
 負う事になるのでしょうか?。

 又27年度の委任状が今も効力を持っている等と言うなら
 前回来た東電の関係者2名はどうしたのかと聞くと
 部署替えでいないとの事、
 又、団体請求だろうが個人請求だろうが業者に販売した
 商品に関しては支払われる金額は同一だとの事。

 一人一人経営方針が異なるのになんで同じなんでしょう。

 私は事故前までは個人販売をしていました。
 原発爆発後は放射能被害により顧客が一人減り
 又一人減りで殆どいなくなってしまいました。
 で、止む無く業者に販売しています。
 ですから1俵の重み・単価が全く違いますので
 雀の涙程度の団体賠償金では首を吊るはめになってしまいます。

 個人で賠償金を請求すると、提出前に必要書類を問い合わせ
 すべて揃えて提出しても回答が遅いので、
 進行状況を尋ねると資料が足りないのでこれから
 言うところだった等と言い、支払を遅らせる為の
 言い訳を言っていたのに、団体請求だと
 個人の委任状も無しに決済すると言う
 訳の分からない体質です。

 お金を決済するからにはいくら団体請求とはいえ個人の
 経営状態を示す資料提出はもちろん、最低個人の委任状・印鑑は
 必要かと思う。

 私の関知し無い所で勝手に決済し、受け取れ等と言う事は
 論外です。

因みにまだ受け取ってはいず、自分で損害賠償請求を行い
  提示金額が低い場合は同意せず長期戦で
 戦う所存です。

 長文失礼しました。



 癒しの写真です。


  校正なしです。
  誤字・脱字は後日行います。取りあえず
  思っている事を書きだしメモとしてupしました。
コメント