セラピストのつぶやき

まあ、おもにつぶやきです。オモニ!

モンド

2013-03-29 22:22:18 | Weblog
とりあえず今日は、


『モンドセレクション』を追っています。



お菓子を買ってもしょうゆを買っても、


「モンドセレクション金賞受賞」。



金賞というのはなんとなくひとつだけの気がするから、


カテゴリー別、


例えばお菓子、調味料とかに分かれているのかと思いきや。




金賞は何個出してもよく、


まさかの絶対評価!




絶対評価っちゅうと「絶対いい!」と思ってしまいがちですが、



金賞を何個出してもいい、



そういうことです。




詳しくは知らないので責任は持たないが、



2008年度は、応募された実に19パーセントが金賞受賞。




銀、銅まで入れると応募した内の81パーセントが受賞。




モンドセレクション、なかなかのヤンチャぶりです。





でもあのマーク見たら、


「ほほぅ!」って思って買ってまうもん。










それがたとえ、『らっきょう』でも。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習

2013-03-29 02:24:18 | Weblog
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=Yfk3y0Jqb1Y

とりあえず後2週間は目先に差し迫っている本番もなく、


束の間の自分のための練習時間。



ひさびさに『DESTINY』を。



世界広しと言えど、


ユーミンとヤニングスのモノマネを同時に練習しているのはぼくだけだと思う。



そしてそれはとても光栄なことだと思っています。



どうもありがとう。




ユーミンって実は本来、



丁寧にまとめ上げたショーを観せるタイプでは全然なく、



その瞬間の情熱でライブを魅せるタイプで、



それが真骨頂なのですが、



意外とみんな知らんのよね。




ユーミンのライブもずいぶんご無沙汰してしまったけれど、


そろそろ行きたいなあ。




このビデオ、


中学生の時に買って、


いまとなっては再発もされていない幻のビデオやのに、


いとこに貸したまま返ってこない。



何度か言ったのに返ってこない。





自分の大切なものって、


案外人にはわかってもらえない場合もある、というお話。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空腹の春

2013-03-27 00:46:26 | Weblog
春眠、暁を覚えず。



春腹、満腹を覚えず。



タケノコご飯と鶏肉と水菜の味噌鍋。



まあ、ヘルシー。




問題はここからですよね。



コンビニに酒の追加買いにいったついでに、


冷凍ギョウザが目に映り、


好物のカプリコも視界に入ってきて、


カプリコのアイスまで発見!!


新製品!



ぜんぶ食べたわ。



前にB子から噂で聞いたコメダ珈琲のシロノワールだっていまは食べたくてたまらない。

(B子のブログより拝借)

夢々しいわ。


こんなもん一生食べることはないと思ってたのに・・・。


夢々しいわ!


コメダがデリバリーやってなくて助かった。






一週間前からこんな食生活が続いてたけど、


サイレント映画に取り組んでいたせいか、


なぜか体重は増えず。




でも、体重の増加は時差があるからおそろしい限り。



今日も揉んでる最中やのに、



「・・コロッケパン食べたいわ。」



と勝手に口が言ってるしまつ。





コロッケなんて敵と思ってたから、



半年以上食べてなかったのに。



敵と思ってた人たちが意外と親切な友達だった、




そんな仲直りの今年の春。




ブクブクブク~!!



あ!シーチキン食べよ。






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の栄光

2013-03-25 23:58:13 | サイレント映画
これが、


こうなる。




自分の吹く悲しすぎるピアニカのメロディーが頭から離れぬ夜。


無事、『最後の人』上映終了いたしました。




主演は、エミール・ヤニングス。




先ほど知った情報によると、



第一回アカデミー賞男優賞受賞。




見れば見るほどその演技の深さとスゴさに惹かれ、


本番演奏しながら見ていてもあたらしい発見の連続。




制作費の6割がヤニングスのギャラに支払われた、と言うことだけど、



わかるわ。





早速ヤニングスのモノマネの練習にとりかかっております。




ポーターから便所掃除係に降格されたヤニングスが、



フラフラに傾きながら歩くシーンのモノマネなど、



だいぶイイ線いってる気がするけど。




誰がわかるというのか。




明日、傾きながら歩いていたら、


それはヤニングスのモノマネです。




次回上映は、


4月26日(金)19:00~


こちらもヤニングス主演の『ヴァリエテ/曲芸団』です。




『カリガリ博士』に引き続き見に来ていただいたみなさん、



どうもありがとうございました!!




だんだん見に来てくれる方が増えているようで大変うれしいです。



























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感じる・・・

2013-03-23 23:55:22 | サイレント映画


打楽器のモミーと我が家で2人練習。



モミーは音大受験もしたので、


ピアノだってぼくなんかより全然うまい。




ピアニカでぼくが吹くメロディーに即興の伴奏をつけていってくれるのですが、


ポップスの人とはやはり違い、左手が何してるかわからないくらい動く。




同じジャンルの人とやるのは、


言わなくても分かり合えることも多く、


それはそれで気持ちいいのですが、


今夜は予定調和にならない新鮮な体験の連続でした。





技術的には全くたちうちできないけれど、



「フジシロさんは空気を作るのがほんとにうまい!」



と言ってくれて、とてもうれしかった。




そこは自信あるし、



自信あるところをちゃんと評価されるととてもうれしい。




練習が終わり駅まで送る道すがら、




「フジシロさんはやっぱりエロいわ~!」




とけっこうな大声で発するモミー。





ぼくの出す音や書くメロディーがエロい、



と言うことやけど、



商店街の真ん中でそんなこと誰かにか聞かれたら、



練習終わりの汗ばんだ2人が、



一仕事終えたとこみたいに思われるわ。





クラシックの人って、


いちいち指定しないとやってくれないし、


融通効かないイメージがあったけど、



このサイレントの音楽隊は、



おもしろい化学反応がいつもあって、



ほんとにやってよかったと思います。





ここに弁士の大森さんの声が入ると、



また化学の方程式は複雑になり、



その瞬間にしか存在しない空気が生まれるのです。






なんか文化度高いブログになってもたわ。




とにかくたのしく生きています。




しあわせ。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラスト・マン 2

2013-03-22 02:25:38 | サイレント映画
オホホホ~!




イケる!!




『最後の人』、ひとり練習。



今回も大変おもしろい作品なので見に来ていただきたい。




●『最後の人』


3月25日(月)19:00~

中崎町PLANET+1にて。

http://www.planetplusone.com/access/





今回はキーボードやめて全部ピアニカにしよっかな~。




なにしろテーマは、『チープゴージャス』やし!




名ポーターからトイレ掃除係に落ちぶれた老人。



「変な情けをかけず、どん底へ突き落としてあげてください。」



と、演出家に弁士の大森さんが言われてましたが。




ぼくがどん底まで落として差し上げるわ。





中途半端な情けをかけられたら、



老ポーターもやってられへんわ。



中途半端な情けほど貧乏くさいもんはないからねぇ。




やっと自分だけの解釈を見つけられて、



フジシロさんご満悦。



他の人でもできることなんなら、ぼくはやりたくない。




ん~、サイレント映画、おもしろい!



おもろい映画なので、


我々の友情を見せてる時間はなくなりました。




そしてやはり音楽はおもしろい。



どんどん広がってゆく魂やね、こりゃ。





残酷と美。



春にとっておきの映画です。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラスト・マン

2013-03-21 02:07:24 | サイレント映画


サイレント映画、『最後の人』。



今日は第一回目の合わせの練習。




今回の作品は大変かなしい作品。




長年有名ホテルのポーターとして務め上げた男が、


老いを理由にトイレ掃除係に降格されるというお話。




現実を受け入れることができないその気持ちと、



ひとたび目を閉じればポーターとしての過去の自分が瞳の奥に浮かび上がる交錯。



けっこう人間の普遍的なかなしみがそこにある。






何曲か作って行ったけど、


かなしい場面でかなしい音を鳴らせば、


ただ貧乏くさいだけの映画になってしまい、


自分では全く納得いかず。




映画自体は、ホテルの回転ドアをメインに、



美しい絵が広がる世界。




思い通りいかずめずらしく自信をなくしていると。




「カリガリ博士のときも一回目はフジシロさんそんなもんでしたよ。」




と打楽器担当のモミーに言われました。




けっこう自分はちゃんと仕上げてきてたくせに、


イライラするわけでもなくフォローの一言を。




本番を迎えるのは次で3回目だけど、



思いやりあり、笑いあり、夢ありで、



すごいいいチームなのかも、と思えた今日のお稽古でした。



信じてくれたモミーにも、



そしてすばらしい映画にもちゃんと応えるために、



いい曲書いて本番を迎えたい。





映画のほかに友情まで見れるかもね、



今回の上映会は。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイレント映画 上映会のお知らせ

2013-03-19 21:46:31 | サイレント映画
第3火曜は定休日。


しかし今日は臨時営業いたしました。




花粉症がツライ季節、


ひとりでも多くのお客様をお楽にしてさしあげたい!




などという殊勝な理由からではもちろんなく、


貧乏ゆえの営業。




貧乏、それすなわち労働意欲。




親が適当な小金持ちやったりしたら、



とんだ怠け者の大人になっていたことは想像にむつかしくありません。





でも急に開けたのに3人きてくれたのでよかった!



洗濯も2回したし、よく働いたので今日はもう寝ましょうかね。





・・・寝ている場合ではないのである。



来週月曜は、



サイレント映画の本番。



ぜんぜん手をつけてない。



手をつけてないどころか見てもない。




前回は練習し過ぎた感があったので、



今回はギリギリにがんばるつもりやったけど、



ギリギリすぎたわ!





一緒に演奏する打楽器担当のモミーは大変マジメな方で、




「今回はどんな感じでいきましょうか?」



と前々からメールをいただいてまして。




「ん~っと、チープゴージャスな感じでいきましょう!」




などと抽象的な言葉で煙に巻いてたけど。




『チープゴージャス』って、なに?




自分の吐いた言葉を、今夜は紐解いていかないといけないのである。






怪奇サイレント、ドイツ映画の3回シリーズの2回目は。




●『最後の人』


3月25日(月)19:00~

中崎町PLANET+1にて。

http://www.planetplusone.com/access/

1500円




明日はみんなで合わせの練習。




作品の感想などは、


明日追ってお知らせいたします。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼 憧れの 花どんこ展

2013-03-19 01:55:52 | Weblog
友達の個展へ。



しいたけ頭の面々が集まっている、というので、


春の嵐の中、西天満まで。






想像をはるかに超えるしいたけたちが集まっていました。




もう音楽が聞こえて来そうな世界。



しいたけ界のシルバニアファミリー、と言ったところか。




音楽が聞こえて来そう、と思ったら、


実際、オフジーズの『I hope 花どんこ』が店内に流れてきました。




夏に向けてサンバ・バージョンのオファーが来ています。




『嗚呼 憧れの 花どんこ展』


人形制作:山中みゆき

しいたけ頭:ミノーリ・イッキネン


雑貨店カナリヤhttp://kanariyano.exblog.jp/19690070/

3/16(土)~3/30(土)



カナリヤさん、胸キュンな小物がいっぱいのたのしい小宇宙でした。



3/23(土)13時からは、


『I hope 花どんこ』にのせ、


ドンコとトンコがカナリヤ内で踊る様子。




ステキな踊りはYouTubeでも見ることができます。




「花どんこ」で検索!!


無精して「ハナ」だけ入れたらハナミズキが出てくるので注意!!





サンバ・バージョン制作せねば。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のglee部

2013-03-19 01:11:36 | Weblog
今日はglee。


来月の発表まで一ヶ月を切り。



今日は練習させてもらってる家の主が鍋を用意してくれてたので、


すこし早く集まってgleeのビデオ見ながら食べました。



たらふく食って飲んで、



「さあ、そろそろ風呂入って寝るか。」



という気分になったときに練習スタート。



本番が控えているので、


小芝居の練習なんかはせず、


ただひたすらダンスとハーモニーの練習。



どんどんよくなって来てるとぼくは思うけど、



みんなはけっこう焦ってるんかな。




なにを見せてなにを感じてもらうか。




あと3週間で、その焦点をみんなで合わせなければ。




緊張しても間違ってもぜんぜんいいけど、



やる気なく見えたり、貧乏くさい表情とかだけは絶対ヤダ。




でも、たのしみ。



見てる人よりも、うたうみんながその後に、


どう感じてなにを得るのか。



それに興味があります。




がんばらなければ得るものなんてなにもないから、



ぼくもがんばろ、っと。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加