セラピストのつぶやき

まあ、おもにつぶやきです。オモニ!

休日、ハレ、仕事

2012-04-28 21:54:28 | Weblog
今日はお天気もちょうどよく、行楽日和だったね。





・・・お客さんひとりしかけぇへんかったわ!



うまく揉めそうやったのに~。



でも今週は、ず~っと忙しかったからね。



気になりながらできなかった場所の掃除をしたり、


気になりながらできなかった洗濯を回したり、


気になりながら読めなかったマンガを読んだり、


気になりながらできなかった昼寝をしたり。




なかなかに充実の一日。





まだ夜は早い。




ご飯食べて、



三線の練習じゃー!!






コメント

てぃーだの下で 4

2012-04-21 03:20:35 | 沖縄

出発前から決めていたことがありました。



ぼくは関空からバスで帰るつもりだったので、



関空でお別れの際、両親に言う言葉を胸の中に用意していたのです。




「また来よな~。」





しかし二泊三日の旅の間に精魂は尽き果て、



堪忍袋の緒は切れたまま結ぶひまもなく。




やっとの思いで出た言葉は、




「ほなまた。」





関空から帰るバスの中で姉から電話が鳴る。



「お疲れ~!」



ほんま疲れたわ。





でも、こうして何日か経って思い返してみると、



どう考えてもよい旅でした。




長い人生の中、この中途半端な時期にできた両親との思い出。




やんばるでも今帰仁城跡でも歩きまくったけど、



文句は言っても弱音は吐かずよく着いてきてくれた。





年に一回くらいこういう旅があってもいいのかも。





酔っ払ってお土産のちんすこうをまた食べてしまったので、




とりあえず親に余ってる土産を早急にもらいにいかなくては。


(完)














コメント (6)

てぃーだの下で 3

2012-04-21 02:17:17 | 沖縄
今回沖縄に行ってから初めて聞いたのですが、


父は結婚前、2回沖縄に行ったことがあったらしい。


それも返還前、パスポートのいる時代に。



国際通りで仕入れた時計やらデゥポンのライターやらを沖縄の民芸品の中に隠して密輸してたらしい。



父の話はいつも、白タクやらなんやら軽犯罪の臭いがまとわりつく。



沖縄に住むことも考えてたそうで、


「住んどいてくれたらよかったのに!」


と思ったけど、そうしたらぼくは生まれてないわけで。



人生は軽く不思議。





2日目のホテルは那覇。



行こうと思ってた魚料理の店が閉まってたので、


国際通りの適当な店へ。


入ると民謡ライブの真っ只中。




・・・ヤバイ!!



こういうライブってたいてい最後に客もみんなで踊ったりする。



お調子者の父はいいとして、


母はそういうの絶対無理。




我々の料理が並ぶ間もなくライブは佳境へ。



「さ~!みなさんご起立ください!!」



来たーーー!!



立ってる気配は一応してたけど、


どんなことになってるのか恐ろしくてもう母のほうは見れませんでした。



(つづく)


コメント

てぃーだの下で 2

2012-04-20 00:12:02 | 沖縄
「沖縄ではどんなところにいくんですか?」


とお客様に聞かれ、


「う~ん、小学校。」



ほんと小学校がすきっす。




背の高さの低い水道、


校庭の遊具、


子供たちが大切にされるべく作られた場所。




なんか『いのち』が繋がれていくということをリアルに感じます。



二日目メインはやんばる。



ひとり運転で行くには多少遠いので、


運転代わってくれる父がいるこの旅では必ず行きたかった。




道中、道に座り込むおばあがひとり。



声をかけると畑仕事してきて帰る道中。



まだ家まで2キロ歩かなくてはいけなくて知り合いが通るのを待ってるけど誰も通らん、と。




車で送らせてもらうことに。




感謝の気持ちで『新グロモント』をくれたので、



「ありがとう~!!」ともらったのですが、これがまた母に後ほど叱られることに。





「おばあさん疲れてはんのにあんたが飲んでどうすんの!!」


と。




おばあちゃん、シートが土で汚れるのを気にして自分のシャツをしいて座ってたし、


せめて気持ちだけはきちんと受け取らなければ、と思ったんすけど。



母からすればいつまでたっても子供は子供。



「わ~い!グロモント!」



とただただゴクゴク栄養摂取する遠慮を知らない息子に見えたのでしょう。





んなわけないやろ!!




このことだけは我慢ならなかったので、



その日の晩、友人に長距離電話で愚痴ることに。



(波乱の旅はまだつづく)










コメント

てぃーだの下で 1

2012-04-19 22:59:46 | 沖縄


沖縄の太陽の下、400キロの旅。




今回は夜遊びをしないことに決めていたので、


夜はぐっすり眠り、朝は早く起きて。



いままでにないくらい、いろんなところへ行くことができた。




那覇、名護、万座毛、やんばる、南部の平和公園、ニライカナイの橋・・・。




そんななかで今回一番こころに残ったのは・・・。




古宇利島。




青い青い海の上を橋で渡るのが車のCMなんかで有名なところ。



島を一周して帰ろうと思ってたけど、どうしても気になる小道があって入ってみることに。



島の小高い山を登っていくと、



小さな小さな町が現れる。




空中庭園のような、



チベットのような。




誰にも気づかれぬようひっそりとそこにある町。




この世と天国の間に存在するような。




窓を開け、



車のスピードを落とす。




ああ、今回はここで魂が調律されるんだろう・・・





そう思った矢先。





「あんた迷ってるん?目的地は?」



と地図を広げ出す母。




もちろんカチンと来て、



「目的地はここや!感じてるねん、いま!!」




目的ってなんだろう?



目的地に着くことだけが目的なんだろうか?



人生、何らかの目的を持って生きていくことがもちろんすばらしいけれど、



その道中で「いましあわせだ!」と思えたとするならば、



それこそが人生の目的ではなかろうか・・・?





魂の調律をさえぎられひとり悶々と哲学するオレでした。

(つづく)













コメント

生還

2012-04-18 18:40:47 | 沖縄
オレ、おつかれ~!!




二泊三日、


すべての行程を無事終え、



孝行息子のおかえりです。





朝5時から風呂場で洗濯をおっ始める母、



車に乗ったらすぐ「腹減った!腹減った!」という父。




ふたりのペースにできるだけ寄り添い過ごした3日間。




20年分くらいは孝行したわ!




沖縄がぼくを応援してくれたからできました。



天気もよかった。




明日は写真アップするよ~ん。





コメント (2)

行ってきまあす!!

2012-04-16 11:50:54 | 沖縄
やっぱり関空まで自転車ってのはちょっと大変やったわ。




うそうそ。





なんか父も水着持ってきたらしいし、


なんかたのしみなってきたわ。





行ってきます。




留守をよろしく!!


コメント (4)

2012-04-11 19:19:20 | Weblog
今回はiphoneとなかよくすることに決めたので、


siriだってじゃんじゃん活用しています。





まず、最初にこれだけは聞いておかねばと思い。





「『siri』ってお尻のシリ?」


って聞いてみた。






「”siriってお尻のCD”が私には理解できません。」





ハイ、もう一度。




「『siri』さんってお尻のシリですか?」





「”信貴山とするのスリーですか”が私には理解できません。


よければWebで検索できますよ。」





グダグダやん。検索までは別にいいや。





でも「○時に起こして。」



とかはしっかりお役立ちになってくれてます。




う~ん、すごい!





siriのモノマネ練習中。



「私じゃなくてあなたのことを話しましょうよ。」








コメント (2)

春眠

2012-04-10 16:59:49 | Weblog
はああああ~、



よく寝た!!




きのうは夕方6時に布団に入り、


そのまま起きることもなく、


夢を見ることもなく、


朝10時半まで寝続けた。




仮死状態?




「星野さん、バイタルとって!!」



とコトー先生がいたなら言ったでしょう。





おかげさまでなんか戻ってきました。




4月から遊ぶために、


3月まではおもいっきり働いたわけですがやりすぎたわ。





でももう4月なったもんね。




来週はとうとう沖縄~!




ちょうど出発の日に北朝鮮のロケットが飛ぶようですね。




親孝行がアダにならないことを願う。




コメント

さくら

2012-04-07 17:51:17 | Weblog
独唱。



先日、ズル早引きしてライブへ行った帰りに見た、


京都、桂川の夜桜。




桂川すきやわ~。




iphone新しいのに交換してもらいました。




iphoneの故障と、


自分のひきこもり期がちょうど重なり、


ケータイ生活は卒業してポケットベル生活に戻ろうと思ってたんですが。




電電公社に問い合わせたところ、


2007年で生産が終了しているとか。




んで、アップル行って新iphoneゲットしたというわけです。




せっかくやから今回は大切にしようとカバーも新調。



今回の機械は気が合いそうな気がしてきた~。






iphone生活リスタートです。


コメント