日々是好日

懐かしき過去、期待の未来を希んで!

早くも春が

2007年11月29日 | Weblog
孫の大学入試合格で、家には一気に春が訪れた気分だ。しかし陽気に浮かれてばかりは居られない。全てが今までの臨戦態勢から、持続可能な実戦体勢に入り、それを維持発展させるよう、具体的に早速孫には希望して置いた。
それやこれや何と言っても、華やいだゆとりの雰囲気が家中に漂い、穏やかな時間が、今日はとりわけ静謐に流れている。早くも春という感じだ! お蔭で祖父母の私たちまでもが、心強く長生きが出来そうで、嬉しく楽しくて堪らない。よくぞここまで頑張ってきたと、孫に感謝したい。
コメント

果報は訪れる。

2007年11月28日 | Weblog
着任して学院の制度変更などが進んだ。教職員一体となって、無理無く進めてきたいろいろの事どもだ。心の繋がりの有る相互理解と職責を全うする姿勢を貫いてきた。その成果が上がった。皆の朝の明るい挨拶が堪らなく嬉しく、元気とやる気が自然に湧出してくる今日この頃だ。兎に角、有り難い限りだ。少しずつ真剣に努力した成果だろうと思う。
無理せず自然にやるべき事を果たしていれば、果報が今日も又、訪れる事であろう。
やはり果報は訪れた。昼夜年中休みなく受験勉強に没頭した甲斐が,今日見事に結実した。孫が大学に合格したことを,家内から勤務先に午前10時7分、嬉しい知らせとして、電話が入った。家中の喜びばかりでなく,一族一統の誇りと医師一家の念願達成だからだ。さあ!明日から、ささやかな祝福と慰労の集まりを準備しようと思う。全てに感謝だ。
コメント (3)

小春日和

2007年11月24日 | Weblog
昨日に続き小春日和が続き、寝具タオルや下着類の洗濯がはかどり,柿や隠れ蓑、木犀、樫などの剪定も全部終了した。メイの生理が4週間振りに終わり、絨毯や肌掛け、布団類までオキシドールで清拭脱色できて、家の中も掃除がうまく行き届いて完璧に綺麗になった。家内が大喜びだった。
前脚の肉球横の上の部分が赤味は取れたが、腫瘤状の高まりが気になる。痛みも無いし毬投げも復活できた。来週獣医さんに診て貰おうと思う。
日本海寄りの地方と北海道はすごい寒さと大雪で雪崩で昨日は遭難者が出たそうだ。痛ましい事である。小春日和が勿体なく有り難い。
学校も勤務が板に付き、元気よく楽しい毎日である。亡き父母や家族一同に感謝したい気持ちだ!健康のみが頼りであって、家内との食事こそが健康の基だ。さあ又明後日から元気を出して頑張ろう。
コメント

62年前の今日

2007年11月23日 | Weblog
今日と同じく62年前の昭和19年11月23日は、快晴であった。小学校で友人と手旗信号の練習と交信を実施していた。肋木の狭い縦長の地上3mの上面で起立しつつ、多少移動しながらの手旗の送・受信だから、体の平衡感覚を併せ磨くことにもなり、手旗解読と共に一寸怖いが興味が湧き練習意欲が滾り立つ。大東亜戦争酣で最中の時代である。何しろ陸士入学前の緊迫した中での、ゆとりの一時であり楽しかった。その思い出が、昨日の事のように憶い出され懐かしくててならない。海兵なら未だしも、陸士では手旗信号は余り使わないのではないかと、知りつつも、父に馬を買って貰い、乗馬練習の合間の日程での真剣な遊びの一つであった。冬の陽光を浴びての2時間余りの一日一時懐かしく甦って来る。
娘から送ってもらった柿百数個昨日で食べ終え、とても美味しかった。家の隅の柿の木にたった1個の貴重な実が、鳥にも食べられずに残っているのを見付けた。枝卸を兼ねて早速収穫し神棚に上げた。明日皆で賞味しようと思う。
コメント

メイのボール投げ再開

2007年11月20日 | Weblog
怪我かどうか不明のまま、メイの脚指の発赤腫脹、消毒と抗生物質の軟膏を塗布して一週間、やっと赤みと腫れが下り坂になり、今朝の散歩でボール投げをせがんできた。敏捷さは無いが兎に角10数回実施できた。めでたしめでたしと言うところだが、腫れが減退しないのが気になる。まさか腫瘍ではないだろうと思いつつ、触っても痛がらず、腫瘤状の高まりが平らにならず、痛がらず元気そのもので、それだけが気掛かりである。昨日は、近畿・関東圏は木枯らしが吹いて、一気に冬に入ってしまった。今日からセータやズボンも厚げの冬物に着替えたところだ。勤務一か月半やっと勤めが板についてきた感じで、勇んで楽しみに勤務できているので幸せである。娘から送ってもらった100個余りの柿が、あと2つになった。美味しく食べられたこの1か月、健康増進が図れて嬉しい。
コメント

メイのボール投げ、敬遠の理由

2007年11月14日 | Weblog
あれほどボール投げを吠えてせがんでいたメイの朝の散歩、昨日一昨日と公園での様子が変だ!元気はあってもボール投げを望まない。その原因がやっと判明した。左前脚の小指の肉球の上部が赤く腫れ上がっていることを発見した。
冬の日当たりで脚ばかり舐めているので、良く覗いてみると肉球の外側が赤く腫れており、道理で、触ろうととすると避けて逃げてしまう。この行動がここ2~3日有ったことに気が付いた。うっかりして気づかず可愛そうだった。早速消毒剤を塗布したが、すぐさま舐めてしまった。今日は散歩の前後しっかり観察して、消毒し抗生剤を塗布して様子を見ることとしよう。私たちにとり、朝の散歩こそが健康維持のもとだけに、メイの怪我?が早く治ることを期待し願っている。今日の記事はメイ一色で終わる。
コメント

新しい意気込み

2007年11月12日 | Weblog
朝礼に何回か出席して、お話をする度にテーマは違えど、一貫した精神が背骨になっていなければならない。今朝は高齢少子化時代を工夫して乗り切るために、具体的には、如何に良い学生を志望させ入学させるかに絞ってみた。近くそのための長期展望を見据えた委員会を発足させることとした。新しい意気込みが勇気とともに湧いてくる。少しく苦労が有るがやり甲斐が有る仕事だ。
せめて、頭をクールにして、皆と相談し意見を集約して具体化して行きたいと思う。
メイは今日も一度に半箇の柿を喜んで食べている。ビタミンはきっと有効に作用するだろう。明日は遠出を試みよう。
コメント

友人の淋しさを思う

2007年11月06日 | Weblog
昨夜は先輩友人の奥さんのお通夜に出席し、今日はこれから葬儀に出掛けるところである。80余歳で74歳の最愛の妻を喪った悲しみは、他人では、到底推量せざるものが大いに有ると思う。淋しさはその後ろ姿や挨拶の言葉などから十分汲み取りこともでき、心痛の念限りなく、切ない、共感できるよう極力努めてみたい。今日の葬儀式で、十分故人のお悔やみを祈り、哀悼の誠を捧げてきたいと思う。そして友人を慰めて、今後も元気づけていきたいと思う。
葬儀式の夜分、そっと電話を差し上げ、淋しさをお慰め致したが、有り難く思われておられた様子にホットした次第である。明日から往復3日間、名代で宮崎に出張となるが、弔電やお花をいただいた方々の名前を挙げて、それぞれに宜しくとお伝え下さいとの依頼もあり、明後日お伝えすることとなった。故人のご冥福を祈り先輩友人の心身のご健康保持をお願いしたのであった。
コメント

去年の今日

2007年11月03日 | Weblog
昨年の今日、郷里市民文化祭での講演で、多くの市民の出席を受けての約1時間半ばかり、文化の日に相応しい講演をさせてもらった。大きな反響を受け、こちらが感動してしまったあの日の、嬉しい爽やかな思い出が甦ってきた。あの日も快晴の日和で、今日東京でも同じ快晴の文化の日を居間のパソコンを相手に満喫しながら寛いでいる。生涯の記念すべき思い出だ!この10月から着任した学校の理事会報告を、従来のやり方を一変させて、一目で分かり易いパワーポイント仕立てのスライドで説明しようと思い、昨日で全部準備が整った。その部分修正を今やっているところである。秋の日差しを背側面から受けて、余りカラフルにすぎないように、しかも分かり易いプレゼンテーションがコツだからである。昨年の演者自身の感激感動!を想起しながら!
娘からの沢山の柿を贈ってもらい美味しく食べている。おいしい最中、今日は家のたった8箇の柿のうちの2個を収穫した。鵯が盛んに啄んで傷つい柿が熟れ過ぎてしまうからである。pptでの修文が終えたら柿の木の枝降ろしを実施したい。折角の好天気、大事に思い出とともに楽しみたい。息子夫婦はアメリカでの学会に出席中で、昨日無事サンフランシスコに到着の電話をもらった。元気で頑張ってほしい。
コメント