日々是好日

懐かしき過去、期待の未来を希んで!

睦月の最後の日、春の気配が!

2014年01月31日 | Weblog

 昨日の冬の雨に比べて、今朝は幾分暖かく春の気配すらする。公園には水仙の花が咲き誇り、何所を見ても霜柱など立っていない。夜来の雨で地面が湿っていて来たくして玄関に入ると靴跡が著しい。家内がモップで直ぐさま拭き掃除をしてくれていた。メイも5回程ボール投げをやった。帰途ジャック3匹の小母さんの後を着いてメイも、世田谷観音の別院前まで行ってしまった。ここでは何時も生理現象を終えて帰るのが常で、今朝も事実その通りであった。昨夜留守中に久し振りの友人から電話があったそうで、凶学校へ着いて交歓から早々に電話があった事を知らされた。何事ならんと?聞けば被災地の医大新設の話しらしい。現役を去って既に19年余、現在も現役だが昔の颯爽たる現役とは、相応に異なっているので、相談相手になるかどうかである。今月の最後の日であり、明日は2月如月、初春の訪れの兆しが見えている。

コメント

月末の雨、降って地固まる

2014年01月30日 | Weblog

 午前中原稿の骨子を書いて、その該当条項を選択して付箋した。尚先般病人を病院に見舞いした折の主治医の意見を、考察し纏めた。但し、これは個人情報に関わり事項で、医師として他に公表すべきでない事は篤と了知しているので、責任者として正式訪問の事実のみを会議で伝えた。夕頃から学校の課題や運営の問題点などを拾い上げ、20項目を明文化して、パソコンとメモりーチップに納めた。雨が久し振りに降って来て、地固まる思いの慈雨であった。会議を終えて気分良く爽やかであった。メイの元気さは通常通りで安心している。家内の妹の亭主が亡くなって、今日は午前中荼毘に付された。健康について論調は尽きないが、健康に近い生活を享受出来ている事に感謝をして、毎日を過ごして行きたいと思う。

コメント

三寒四温

2014年01月29日 | Weblog

 文字通り三寒四温だ!朝の散歩はどうしても北風が冷たい。実際はまだまだ四寒三温と言うべきであろう。今朝もいつも通り公園で一回だけのボール投げを行い、その後は何時もの街頭の散歩を行い、緑道をすり抜けて又公園に戻ったのだったが、公園にコロちゃんが居たので、犬も親もお互い同士、一少時間を世間話や歓談で費やす事が出来た。家内がメイの鞠投げのご褒美の、おやつを忘れたので、一回だけの鞠投げだった。まだ北風が冷たく、これからスーツに着替えて、廊下までメイに送って貰って勤務に出掛けようと思う。メイは階段を下りる事がここ3週間位前から、恐くて出来なくなってしまった。止むを得ず、2階の絨毯の廊下までは見送りをして貰い、何時ものように玄関までの階段を使っての見送りは、この3週間で遂に出来なくなってしまった。と、言うこととなった。

 

 

コメント

後4日で睦月は終わり、直ぐ如月

2014年01月28日 | Weblog

 後4日で今月も終わって今日から春3月の温暖な気候が続きそうである。三寒四温は正に今そのものの季節だそうだ。公園の梅が綻び、葉が落ちて芽も出ていない桜の枝先には、四十雀が移りながら囀っている。高木には鵯が飛び交い、電柱には雀が4−5羽纏わり付いて囀っている。冬と春が交互に訪れては去り、去っては訪れる、気温の変化の激しい季節だ。道理で今年は体調を崩し、体の免疫機能が障害される不顕性感染症の流行で、全国10都市のあちこちで数百名が、下痢や腹痛を主症状とするノロウイルスに感染し発症して、流行しているようだ! 屋上は綺麗に仕上がり、物干台も竿も整頓されて、機能が発揮し易くなっている。午前中晴れて午後から曇りで、夜分にはまた晴れるそうである。今日は年賀状の当選はがきを調べてみようと思う。全400枚近く調べたところ、切手の当選が11枚当たっていた。今日は昼頃から風が又強く寒い一日であるが、気温は15度を上回るらしい。

コメント

連日の早朝出勤

2014年01月27日 | Weblog

 昨日の入試は早朝出勤であったが、今朝も朝礼の為の早朝の出勤である。昨日に比して今朝は余程寒い。でも皆元気に、定刻には何時もの朝礼の会議室に集合した。昨日の礼を述べて国試に望む意気込みと、22日間の最後の仕上げに全力を活用するよう希求して、健康で後大事な一ヶ月を無事過ごせる様、互いに注意するべく、この睦月を切り抜けたい。就いては春真近な如月の節分が、すぐそこまで迫って来ており、この際最後の奮闘を祈るや切なりとの旨を述べた。今日の寒さは格別である。昨日の入試の時と比べたら比較にならないくらい寒い。大寒を過ぎて漸く一週間経ち、現在から卒業試験最中でもあるが、当然それを経過して、間もなく国試だけが、総仕上げの主戦場となる訳である。学生は無論先生も大変な大事な時期である。健闘を祈るや喫緊の事態である。

コメント

日曜出勤で意気軒昂

2014年01月26日 | Weblog

 昨日と打って変わって今日の朝は素敵で間もなく朝日が輝き始めた。丁度7時半には学校へ着いて入学志願者の応対を受け付けでは始めようとしていた。7時40分最初の応募者が玄関に現れ、所定の手続きを終えて教員に導かれて、控え室に向かった。教職員は皆頑張って親切に応対をしている。8時20分教員が相談に来て意見を交歓した。大変有意義であった。これから今日一日は無論の事、今後も頑張って行こうと思う。天気は快晴、受験生もきっと助かっていると思う。

コメント

曇り乍ら3月半ばの陽気

2014年01月25日 | Weblog

 天気予報では晴れて気温も15℃位になり、丁度3月半ばの陽気になるそうである。それらを予定して敷布を洗濯し、ベットの薄縁布団を干した。更にウールの掻巻を屋上のパラペットに広げて干して、いざ太陽の出るのを心待ちに待っていた次第である。時折くらいしか陽光は見えなかったが、気温が高くそれに湿度が低かったので5時間程干して取り込んだところである。午後には家内が寝室の改造をすると言うのでお手伝いをした。家具を2−3移動して配置換えを行い、その後家具裏面を清掃し雑巾で拭いて綺麗にしたところである。来月3日には、三茶の丸彦から新しい家具を整理のために購入した事に因る。午後3時半には終わって、今お茶を飲んでいるところだ!さっぱりして気持ちが良い。明日は入試であり、明後日は朝礼で、又早出をせねばならず28日になってやっと気楽になりそうである。

コメント

元気一杯さぁー今日も頑張るぞ。ブログメールが近々サービス終了とか!?

2014年01月24日 | Weblog

 朝からお天気も快晴だし、今日の気温は3月末に匹敵するよい天候の気温だと言う。道理で公園や町並みが華やいで明るい感じがする。公園の梅が1本満開に近く咲いていて、中々綺麗だ! 昨夜は頻尿も無く、今朝明け方迄ゆっくり安眠出来た。そのせいか元気旺盛である。これから登学用のスーツに着替えて、いよいよ出発である。メイも5回のボール投げも出来て、他所のわん子達よりも一段と元気で助かる。

 今まで盛んに利用していたブログメールが、この3月15日のAM11:00で、サービスを終了するとの案内の文章が、このところ出て来て居る。その文章の文字全部をプリントアウトして、京都の娘の所へ送って、今後の対応策を教えてもらう事と考えている。封筒に入れて送ろうかとも考えている。その前に今夜スカイプでその案内の文章を読んで知らせて、今後の対応を考慮したい。

コメント (1)

今日は0%の晴れ、検査結果が若干良いので!

2014年01月23日 | Weblog

 まさかの晴天100%の晴れだ!寒さは大寒直後だけあって大分寒い。メイは急いで玄関を駆け上って勇んで公園へ向かう。こんな毎日の朝の日課である。鞠投げも5回、それから街中を散歩し又公園へ戻った。モモちゃんが抱かれて日向ボッコデ寝ていた。その内やぶの後継の黒い小さいワン子もやって来て、交歓をしていた。メイがせかすので、朝の日課は忙しい。屋上にこれから物干に行き、序でに防水塗装の仕上がり具合を、又楽しみに調べようと思う。今日は0%で真っ更の晴天らしい。昨夜友人に長文のメールを送ったが、これで30日の会合の前準備が整った感じだ!午後から小憩の後2時少し前に家を発って、2ヶ月振りの検診のため病院へ向かった。3時半の診察前の午後3時4分には検査も終えて待合室で、名前の呼ばれるのを待っていた。検査の結果は前より少し良くなっているので、このまま様子を見る事とし、次回は4月24日(木)午後3時半である。少しでも良い方向にあると言う事なので、嬉しく喜んでいる。臨床症状が無いので検査結果が正常値より上にあるので、今後は日常生活で、プロスタータを保護する何かしらを生活の一部に取り入れ、保全する様心がけたい。

コメント

まだまだ大丈夫、長時間労働でも今朝は元気

2014年01月22日 | Weblog

 昨夜は早く寝んだが暫く寝着けず、メイと家内が寝室に戻って寝着いたんは午後10時過ぎであった。寝物語に言えの将来像と、一族の今後の繁栄の数々を夢見乍らいつの間にか寝てしまった。3度ばかりトイレに起きたが。朝方は6時の時報の鐘の音で目覚めた次第である。あれだけ中腰での作業も、一晩寝れば回復する事を知り、自信と勇気が湧いたと言うものである。メイの朝の見送りは、階段の上の絨毯の廊下までで、それからはどうせ階段が降りられないので、そこでお終いである。これで良いのだと思う。朝の洗濯物を屋上に干すべく、昨日のペンキの仕上がり具合を調べつつ、物干竿の懸架位置を決めて屋上を整えたところである。防水性が極度に強いせいか,あちこちの丁度蓮の葉の上の水滴を思わせる水滴が滞っていた。そん訳で今朝のメイトの散歩は家内と二人?きりであった。脚を洗ってメイをとことん可愛がってあげた。

   一昨日突然事務に電話が入りボスがこれからで掛けるから誰か迎えに!との事早速事務部の I 君がタクシーで老人ホームへ迎えに。程なくボスと共に学校へ到着、外註のそばを昼飯に摂って、午後の決済打合会に出たものの、一切発言もせずまた I 君と共にタクシーで老人ホームへ帰って行ったまさかの出来事としか思えない。突然の退院、そして一日後の車椅子での登学、一体これはどうなっているのか、皆目分からない。後日談では、退院帰室の翌日に突然登学勤務、まるでお化けだ!

コメント