山形市社会福祉協議会

「誰もが安心して暮らせるまちづくりをめざして」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋田県湯沢市社会福祉協議会で山形市社会福祉協議会を視察

2012年10月25日 | 活動レポート

本日、午後1時30分~秋田県湯沢市社会福祉協議会の会長はじめ役職員の方々13名が来所され、成年後見法人後見事業の説明と山形市総合福祉センターの視察をされました。

 

湯沢市社協では、成年後見制度法人後見事業と市民後見人の養成や受任調整なども併せて事業を展開していく計画をされているということでした。

成年後見は高齢化社会が進むかな、当社協でも18年から始めた成年後見法人後見事業も年々受任件数が伸びており、今後ますます相談や受任が増加する傾向にあります。

視察研修の中では、

  • 報酬はどのくらいなのか?
  • 何人体制でやっているのか?
  • 生活支援員は何人いるのか?
  • 死後の事務はどうか?
  • 弁護士などに依頼するようなケースはないのか?

などなどたくさんの質問がだされました。

そのあとは、山形市総合福祉センターの視察をされました。

遠路、誠にご苦労様でした。

 

コメント

山形市立商業高校で福祉学習を行いました。

2012年10月25日 | ボランティア情報

山形市立商業高校の総合ビジネス化3年生37名が

「人の発達と福祉」の授業の中で福祉を学びました。

生徒にも自分の考えを出してもらったり、ゲームをしながら

楽しく進めることができました。

1分間ゲームで、人の感覚の違いについて体験しています。

 

山形商業高校の皆さんお疲れ様でした。

コメント

河北町社協で災害救援ボランティア講演会が開催されます。

2012年10月24日 | ボランティア情報

河北町社会福祉協議会では、10月28日(日)

 河北町ボランティアフェスティバルを開催します。
 その中で、「東日本大震災における自衛隊活動」をテーマに講演会が開催されます。
詳しくは下記の通りです。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

災害救援ボランティア講演会「自衛隊活動を聞いてみよう」

 日時:平成24年10月28日(日)
 
 場所:河北町総合福祉センター2階会議室
 
 内容:「東日本大震災における第20普通科連隊の活動」
     講師 第20普通科連隊
         副連隊長 佐藤 明 氏
 
 参加費:無料
 
 申込み:河北町社会福祉協議会(0237-72-7800)
      へお電話ください。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
コメント

第十小学校の5年生が福祉学習をしました。

2012年10月23日 | ボランティア情報

第十小学校の5年生が山形市総合福祉センターで福祉学習を行いました。

 グループに分かれて学習

第十小の皆さんがたくさんの質問をしてくれました。 

山形市内の子育てサロンなどについて勉強しています。

身体障がいについて、勉強をしています。

 

ボランティアについて勉強をしています。

 第十小学校の皆さんお疲れ様でした。

 

コメント

第一地区地域福祉推進会議が開催されました。

2012年10月23日 | イベント情報

第一地区地域福祉推進会議が平成24年10月15日(月)に開催されました。

「身近にある高齢者の施設一覧」と題して、第一地区近隣の入所施設について、事業所の担当者から説明を受けました。

利用の方法や、利用料金、現状など細かい様子をうかがい、各施設の違いなどが明らかになりました。

コメント