‘雑草’燃え尽きる、上原浩治お疲れ様でした

99年からジャイアンツやボストンをはじめとしたMLBで、21年にわたって活躍していた上原浩治が先日引退を発表した。  上原の素晴らしさは引退発表からあらゆるデータやエピソードが示されたり語られたりしているので、敢えてコチラでは書かないが個人的には江川卓に勝るとも劣らない凄いインパクトを 与えてもらった投手である。  大体大時代から日本代表に選出され97年のインタコンチネンタ ル杯では決勝でキューバに勝つなど国際試合での強さには定評があったわけで、プロ入りする時もジャイアンツかMLBか迷っていた逸材だった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

組織内に敵がいるという事が判明するEp32

 ウルトラマンネクサスのEP32のラストで溝呂木眞也は西条凪の 腕の中で息を引き取るのだが、死ぬ間際に‘気をつけろ、本当の敵はすぐ傍にいる’と警告するのだった。  一方ラストで謎の人物がパソコンに映し出された溝呂木の画像を 消去しながら‘目覚めの時は近い’と語っていたのだが、画面の中には西条凪と孤門一輝の名前と画像が姫矢准や斉田リコらと共に掲載されており2人もデュナミストだという事が判明する。  このEPはもともと2話分あったのを放送短縮の影響で1話分に 圧縮されてまとめられたため以前から記しているように齟齬が発生 しているのだが、凪と溝呂木の別れという孤門とリコの別れに匹敵 するシーンの後に謎の男が‘目覚めの時は近い’とやるのだから大いに意味深だ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

‘大関病’は厄介だ

 令和初の大相撲本場所の夏場所も今日で12日目を終え残り3日となっているのだが昨日まで1敗でトップだった平幕の朝乃山が玉鷲から敗れて2敗目を喫し、横綱の鶴竜は辛うじて2敗を守ったので今日敗れて3敗目を喫した栃ノ心ら3人の優勝争いに絞られている。  そんな中で一抹の寂しさを感じるのは高安と豪栄道の両大関が例によって優勝争いから完全に置いていかれ、豪栄道は今日何とか勝ち越したのに対し高安は5敗目を喫し勝ち越しに届いてないという事だ。  今場所は横綱の白鵬が休場した事から横綱の鶴竜と新大関・貴景勝をはじめとした三大関が優勝争いに絡むかと思われたのだが、貴景勝が休場したにも拘わらず先輩大関2人は優勝争いからカヤの外という感じなのだ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

キックベース朝練も今日で4日

5月9日から始まったキックベース朝練も今日で4日目を迎え、 来週が神幸祭明けと週末に運動会が行われるという事から今日が今月最後の朝練となった。  今日も欠席者は4人という事から出席者49人に中学生3人が来てくれたので総勢52人でのミニゲームになったわけで1週間 前同様に6年2チームに中学生+3年の3チームがバックネット があるAコート、女子同士をBコートで5年のみの1チームと4年のみ2チームをCコートで行う事に。  1コート3チームという形でのミニゲームは先攻・中攻・後攻という3部制になるのだが1チームが休みの時があるので、この間は水分補給をさせたりする。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

グラスゴーの観客を敵に回した要素の1つに

   先日グラスゴーで行われたWBSSバンタム級準決勝でIBF王者エマニュエル・ロドリゲスを2RTKOで破ったWBA王者・井上尚 弥の一戦を見ていたら、両者にとって中立地ながら会場の雰囲気が完全に井上のホーム状態になっていた。  試合前の公開練習で井上の父・真吾トレーナーが練習シーンをスマホで撮影していてロドリゲス陣営のウイリアム・クルストレーナーに小突かれた事件や、モンスターといわれる強打の井上の人気だけでなくマスコミが報じてない意外な理由があると思われる。  それは試合前の記者会見でロドリゲスがイギリス国旗・ユニオン ジャックデザインの帽子を被っていたというのが、細かい要素では あるが絡んでいるのではないかと思ったりする。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゴジラ キング・オブ・モンスターズが楽しみだ

   5月31日に世界同時公開されるハリウッド版ゴジラの新作・ゴジ ラキング・オブ・モンスターズの、壮絶なバトルシーンを収めた最新日本版予告映像が解禁されたらしい。  14年に公開されたGODZILLA ゴジラから5年後の世界という設定からスタートする本作にはゴジラだけでなく、ラドンとモスラにキングギドラの4大怪獣が登場し壮絶なバトルを繰り広げるというもの。  ゴジラをはじめとした4大怪獣といえば64年に公開された三大怪獣 地球最大の決戦を思い出すが一方、01年に公開されたゴジラ・モス ラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃もバラゴンを含めて4体の怪獣が登場しているわけでどちら系だろうかと思ったりする。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昨日は6年&5年男子のみの朝練で

 昨日は6年&5年男子中心の朝練を行った。  3年前からスタートした1学期朝練だが1年目の16年は38人だったのだが、2年目から40人越えとなり今年は遂に53人という大所帯になった事から6月第1日曜日に行われる運動会前は木曜日のみというのを覆し体力のある6年と5年男子を中心にしたメンバーで月曜日に行おうと考えたのだ。  もっとも6年&5年男子といっても19人はいるし中学生も来てくれるし4年男子は希望者OKという形にした一方で欠席もOKだから最終的に6年9人、5年5人、4年3人に2年1人プラス中学生3人の計21人が参加した。  今日は前日自転車がパンクしたため歩いて登校したのだが6:45に到着すると5・6人だったし、雨雲が垂れ込めて時おり雨がパラつく状態だったので激しくなった場合は直ちに片付けて体育館に移動するためにコート1面でスタート。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昭和怪獣の残り香がある火炎怪獣フレムラー

 昨夜BS-11でOAされた電光超人グリッドマンに登場したのが火炎怪獣フレムラーで、その名の通り口から3万度の高熱火炎を発 射して あらゆる物を焼き尽くす。  電子レンジのコンピューターワールドに侵入しマグネトロンを暴 走させ使用していた ゆかを爆殺しようとするのだが、ここで疑問に思うのはコンピューターワールドのマグネトロンを暴走させるのに3万度の火炎が必要なのかという事。  こういった突っ込みが出るのも柳田理科雄氏の著書・空想科学読 本の影響もあるだろうが、グリッドマンは93年の作品なのに対し空想科学読本は96年の出版だから仕方ない面もあるだろう。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

世代交代を迎えた男子体操界

 昨日行われた男子体操のNHK杯で全日本選手権優勝の谷川翔が優勝し、2位に入った兄の航と3位に入った萱和磨と共に10月にドイツのシュツットガルトで開催される世界選手権の代表に内定した。  前年のNHK杯では全日本選手権で優勝しながら最終種目である鉄棒で落下して3位に終わり世界選手権を逃した苦い思い出が残る谷川翔にとって、前年の悪夢を払拭するための大会だが昨年優勝をさらわれた内村航平やリオ五輪代表の白井健三が不在の中での演技はスタート。  最初の床は14,733のハイスコアでスタートしながら2種目目のあん馬では落下するという失敗で崩れるかと思われたものの、何とか立て直し最終種目の鉄棒でも着地をきっちりまとめて逃げ切り優勝を決めた。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初のアーケードでの山笠飾り

昨日は今週末に迫った神幸祭の山笠飾りつけを10:00から行う作業に出かけたのだった。  例年10:00から公民館で始める山笠飾りつけだが、手違いで9:00集合という情報が流れ私を含めて9:00過ぎに公民館に到着したものの誰もいないというハプニングからスタート。  先週末に切って張り付けたバレンを山笠の屋根に取り付けるのだが、よくしたもので作業開始時間の10:00前から細かい雨が断続的に降り始めたではないか。  雨に濡れるとバレンのノリが溶けて色紙が取れやすくなるため年配者達は難色を示しており‘今日は山笠掃除だけにして天気のいい日にやるか’という意見も出たものの、平日に行っても屋根に上れる人が集まるか怪しいという事でアーケードで作業を行う事に。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

グラスゴーの衝撃!井上尚弥WBSS決勝進出

日本時間の今日早朝にグラスゴーのSSEハイドロアリーナで行われたWBSS準決勝のIBFバンタム級タイトルマッチでWBA王者の井上尚弥が、IBF王者のエマニュエル・ロドリゲスに2RTKO勝ちしてIBFタイトルを奪取すると共にWBSS決勝進出を決めた。  1Rは固さの見える井上に空振りが目立つのに対しロドリゲスがプレッシャーをかけ軽いパンチをヒットさせるなど振り分けるならロドリゲスだったものの、2Rに入ると30秒過ぎにロドリゲスの放ったフックより一瞬早く左ショートフックが炸裂するとロドリゲスはあっさりダウン。  立ち上がったロドリゲスは鼻血を出しており効いている様子で20秒もしないうちにボディブローで2度目のダウンを奪うと、ロドリゲスは首を横に振って戦意喪失状態で何とか立ち上がるものの再びボディでダウンしレフェリーがストップ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いろんな円谷作品の要素を含むアノシラス編

先日OAされた電光超人グリッドマンに登場したアノシラスは電 子楽器のコンピューターワールドに音の精霊といわれるユニゾンと共に生息する怪獣で、入力された音楽のノイズを吸収し音を浄化す るだけでなく破壊されたコンピューターワールドのシステムを修復する能力をも持っている。  アノシラスといえばアニメ版でも人間体で登場して響裕太と接触しアカネの秘密や住んでいるツツジ台の真実を教えるなど、物語の コアの部分を象徴しアニメ版とオリジナル版の世界をつなぐキャラ になっていた。    個人的にはOA当時オリジナル版を見損ねていたしレンタルビデ オにもなってなかったので、内容は知っていたものの詳細まで分か らずにいたしアニメ版を見てからオリジナル版を見たクチである。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コパ・アメリカの中継がDAZNのみとは・・・・・

 6月に開幕するサッカー南米選手権=コパ・アメリカの中継が同じ時期に女子サッカーW杯が開催される事などの影響で、DAZNでの中継となり地上波では見られないという事が話題になっていた。  コパ・アメリカといえばW杯以上に歴史の古い由緒ある大会で今から20年前の99年にはフィリップ・トゥルシエ監督率いる日本代 表が招待され、ボリビアとは引き分けたものの開催国のパラグアイと ペルーに敗れ1分2敗でグループ最下位に終わった事があった。  もっとも20年前はシドニー五輪アジア1次予選と被ったため後のトゥルシエ・ジャパンの主力選手を招集できず結果的にフランス組のサバイバルマッチという位置付けになっており、特にDFラインがトゥルシエの基本戦術であるフラット3をマスターできなかった事からこの成績も当然で大会後一気に世代交代が進む事になる。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

急行能登に乗って10年

今から10年前の今日09年5月17日と18日は翌日富山で行われる東京本部講師セミナー出席のため、東京発の夜行列車・急行能登に乗った日である。  私が所属している研究団体dhkでは当時毎年5月の第3月曜日に東京本部講師セミナーが東京で行われていたのだが08年に某支局の支局長が‘たまには地方でセミナーをやりましょう’と言い始めた事から、東京で新年総会が行われる西暦で奇数の年のセミナーを地 方開催にする事になり翌09年に富山開催となったのだ。  富山には04年に開催された新年総会で行った事があり東京本部の会長以下のメンバーと上越新幹線と特急を乗り継いで日帰りした事があったのだが、新年総会は午後からの開催だったのに対しセミ ナーは朝からだったので富山支局からは飛行機か夜行で来るように との事だった。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

貴景勝の休場は残念だが

 令和初の大相撲は夏場所最大の注目力士である新大関の貴景勝が4日目の御嶽海戦で勝ったものの右膝の裏を痛め、診断で右膝内側側副靱帯損傷という事になり昨日の5日目から休場となった。  今場所の貴景勝は3日目に北勝富士に敗れた以外は順調な相撲で4日目には相性の悪かった御嶽海に勝つなど好調だっただけに、右膝を痛めるとは正しく好事魔多しだろう。  今場所は先場所全勝優勝を果たした横綱・白鵬が初日から休場しているので最近の取り口を見ると新大関の貴景勝にも優勝のチャンスありと思っていただけに、大いに残念だし協会側も看板力士の相次ぐ休場には頭が痛いのではないか。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ