巨匠 ~小杉匠の作家生活~

売れない小説家上がりの詩人気取り
さて、次は何を綴ろうか
【連絡先】
cosgyshow@gmail.com

自由の束縛

2018-11-08 02:53:33 | 
「自由の束縛」

幼い頃から胸に秘めた変身願望。
随分と成長した無表情の三十路は時折りアルカイックスマイル。
少し気恥しい紅色の思いは肌をくすぐる清風の通り道を行く。
周囲の視線や思惑を振り払い、黒の舞台に軽やかに足を運ぶ。
冷たい秋雨の憂鬱は無限に透明の未来が洗い流してくれるはず。

遥か遠い空の彼方で誰かが引きちぎった白雲
そのピースを繋ぎ合わせるままに至った現実
今は互いに背と背を向け合い、行先は逆方向
柔らかな秋風が包み込もうとする恋路を逆走

赤、青、黄。強さも弱さも油絵具のように溶け合う。
真実の自分を知る者は思いのままカンヴァスに描く。
誰もが望まぬ道であってもきっとそれが正解だろう。

惑わない、躓かない、間違わない
思いのほか早く訪れた人生の分岐点

流されない 惰性ではないから
赦されない 情が邪魔するから
やり切れない 裏切り者の烙印
待ち切れない いま始まる人生

ずぶ濡れの大観衆の透き通る声が夜空に響き渡る。
月光は恋人達のお似合いのシルエットを映し出す。
笑顔が溢れる結末の夜は皆でハイタッチを決めた。
こんな舞台が用意されるから、決断は一層鈍った。
黄金色に照る月を無理やりセピア色に塗り込めた。
夢は自力で掴み取る、何度も自分に言い聞かせた。

大粒の涙を隠すように大地に豪雨が襲う。
憶測は憶測を呼び、赤の群れが揺れ動く。
自由意思を貫く事は非情としか映らない。
結論は我のみぞ知る、我が心にひた隠す。
悩まない、迷わない、語らない。それでよし。

ありあまる想い 孤高の存在
我に決断を迫る神をときに恨む。

もう時は動いた。
コメント

冬がその姿を現すとき

2018-11-04 20:50:16 | 
「冬がその姿を現すとき」

蒼色の大空が太陽を包む
日常という名の不感症は
お決まりの行動パターン
それが生きてるってこと

空に溶け込むノッポ煙突
我が町の見守りシンボル
巨大なキリンの破壊行為
人々は指を加えて無抵抗

寒空にコホン!と咳払い
昨日の通り雨にやり返し
もうすぐ冬のはじまりだ
樹々の後ろ姿が寒々しい

ほんの少し季節に抗って
この町の春を探してみた
時々刻々と過ぎゆく毎日
普遍の価値を見出したい

秋が過ぎ、また冬が来る
夏が来れば、春が終わる
廻る、廻るよ、順序よく
人々は踊り、踊らされて
自動的に四季を通過する

天空が群青に暗転する頃
ぐーっと伸ばした掌一杯
星の金貨よ、降り注げ!
シリウス、プロキオン、ベテルギウス
星空を遮る摩天楼を透過
都会の空は汚れちまって
希望も絶望もごった煮だ

今宵はキラ星の大運動会
春を探した私は天邪鬼か
ただただ季節に弄ばれる
その心地よさで床に就く

冬がはじまる、もうすぐ
冷たい指先
コメント