情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ヤマハ UTMアプライアンス『UTX100』と『UTX200』を発表

2021-01-26 14:49:53 | ヤマハルータ
ヤマハが本格的なUTMを正式に発表しました。発表資料によると、これまでの独自開発とは異なり、「Check Point Software Technologies Ltd. 」との協業での製品です。Check Point Software Technologies Ltd. 社はFireWall/UTM分野での老舗です。

■UTX200

■UTX100


セキュリティ分野は、セキュリティ業界での知見の蓄積が必要です。世界的に著名なCheck Point社との協業は、セキュリティ・エンジンへの不安を払拭します。

基本的なファイヤーウオール機能はこれまでのヤマハルータも備えていますが、それを統計的に分析するには仕掛けが必要でした。

まだ実機を見たことはありませんが、CheckPointエンジンをヤマハのGUI管理機能で包んだイメージで仕上がっています。また、ヤマハVPNルータとの接続性も確保されているようです。

ターゲティングは、UTX100が小規模、UTX200が中規模でサポートサービス付きですね。これは、専門性の高い領域のサポートは販社では出来ないので、UTXをよく知っているサポートを提供するということでしょう。一般的なソフトウエアライセンスとは異なります。

詳細仕様や価格などまだ判らないこも多いのですが、セキュリティ強化の時代に即していると思います。セキュリティ分野は、国産がほとんど活躍できていないので、ヤマハの活躍に期待しています。



いつもアクセスありがとうございます。
セキュリティ分野も、設計・運用が大事です。ネットワークと一緒で、簡明に仕上げることがノウハウです。引き続き、情報を共有していきます。

コメント   この記事についてブログを書く
« Linux等でswap領域を無停止で... | トップ | AlmaLinux8-Betaがリリースさ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヤマハルータ」カテゴリの最新記事